はぎれでの布おむつの作り方

レス13
お気に入り15
トピ主のみ4

のん

子供

現在第一子妊娠中です。
いろいろと自分の考えに合うようなので、まずは布おむつで行こうと思っています。

ネットで検索した限りですが、さらしやドビー織りなど適した布があるという事がわかりました。
さらしを利用するならば小巾(約幅34cm)を使う事もわかりました。
しかし、家に小巾よりも大きな三幅のさらし布があり、これを使えたらな、と思っています。
またネットでも浴衣などを解体して布おむつを作ったという記事をみかけました。
しかしどのように端を処理したかという記事を見つけることができませんでした。

そこで質問なのですが、このような小巾ではない布でおむつを作る場合、端の処理はどのようにするものでしょうか?
強度を考えて三つ折りの場合、ごろごろしたりしませんでしょうか。
ロックミシンを使った場合、ほつれてきたり、糸の間にうんちが詰まったりしませんでしょうか。

また、化繊のサテン地が一平米以上あります。
これで何かベビー用品が作れないかと思っていますが、何か良い使い道をご存知でしたら教えて下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:0007216573

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 手間を考えれば・・

    うーん、やはりオムツは赤ちゃんで最も大切な処にあてるんですし、さらしの並幅なら両端耳ですけど、、大幅だと裁ち目がありますし、その部分をわざわざ縫うのも、わかり切ったことですが、オムツの生地が一番手間がかからなくて、いいと思いますが。

    ユーザーID:2307736012

  • 30年前ですが

    祖母が将来の自分のためにと、古い浴衣をほどいておむつを作っていました。端は特に切りっぱなしでしたよ。私の子供が生まれた時、実家に遊びに行った時にそれを使っていました。いろいろな柄があって、1歳を過ぎてからは「どれにする?」と子どもに決めさせたり、一緒に洗濯したりしました。白一色よりは楽しいと思います。それに本当に使い古した浴衣だったのでとてもやわらかい布でした。新品の布はおむつには向かないのでは?と思いますが。結局祖母自身はおむつの必要はありませんでした。
    サテンについては、私はお宮参りの服を自分で作りました。もともと手作りが好きでしたので、いろいろな生地をもっておりレースなどをたくさんつけて作った記憶があります。

    ユーザーID:1588523548

  • ロックミシンをかけて二つ折り。

    姪(姉の第一子)が生まれた時、当時まだ元気だった祖母が、浴衣をほどいてたくさんおむつを作っていました。

    縫い代のことは覚えていなくて申し訳ないのですが、もし自分が作るとしたら、ロックミシンをかけ、かけた部分を二つ折りにして、赤ちゃんの肌に縫い目が触れないように手縫いでまつり縫いをすると思います。

    ちなみに自分の子供の時は、ドビー織りのおむつを買いました。

    赤ちゃんがウンチをした時は、トイレなどですすいであらかたウンチを落としておいて、おむつ洗いの洗剤を入れたバケツに浸しておけばよく落ちます。縫い目にウンチが引っかかったままになることはないので安心して下さいね。

    化繊のサテン地の服は、よく滑るので危ないですよ。

    うちの息子が幼児だった時、いただきもののサテン地のズボンをはかせてみたところ、イスから滑り落ちてしまいました。運良くけがはなかったものの、どうやらイスの座面が革張りだったため、つるっと滑ってしまったようでした。

    また、化繊はあせもができやすくなるので、できれば表面があまりつるつるしていなくて、汗をよく吸ってくれる素材の服を着せるのが一番いいと思います。(綿とかね。)

    ユーザーID:1463746483

  • さらしよりドビー織りがいいです

    さらしでつくってもいいですが、どうせたりません。少なくても30枚はいります。1日10枚くらい使います。
    端の始末は、おむつ用のやり方があります。もっとくわしく検索してください。
    サテンはベビードレスをつくります。お宮参りのときに美しいですよ。ぜひ記念写真を撮ってくださいね。

    ユーザーID:8442298174

  • 布おむつの端は縫いません

    晒し木綿や浴衣は一尺巾(38センチくらい)なので両端が耳になってますからそのまま使えます。(但し海外生産のは広巾を半分にして片端が断ち切りになっているのが多い、いわゆるB反)三つ折り処理したら赤ちゃんの肌が傷つきますよ!広巾だったら断ち切りのまま使うしかないのでは?
    浴衣を使ってのおむつも相当年季の入った浴衣でくたくたになった白地の物、紺地などはお勧めできません。今の染料は化学染料が多いし、その染料が赤ちゃんの肌にどう影響するのかわからない。
    新生児の肌はちょっとした刺激でもすぐに赤くなったりします。あるものを使うということは良いことですが、まずは赤ちゃんを第一に考えてください。

    ユーザーID:8803243049

  • 懐かしいなー

    15年以上前に縫いました。

    端(輪っかにするために縫い合わせるところ、ですよね?)の処理ですが

    端と端を重ねるとき、片方だけ縫い代が1.5〜2センチ位、長くなるようにして、まず縫います。
    それから、縫い代部分を開き、長いほうの縫い代を、内側に半分弱折り、短いほうの縫い代を巻き込むようにして(アイロンをあてるといいかも)、おむつ本体と重ねて縫います。

    赤ちゃんにあてるときは、縫ったところがおしりに当たらないようにします。

    ユーザーID:4029448507

  • トピ主です。ありがとうございます!

    21日 9:16 はーこ様投稿分まで拝読いたしました。
    みなさま情報をありがとうございます、どれもとっても「なるほど!」です。

    ワオン様> まさにそこが悩み所です。切り出して、端処理をし、輪おむつがいいなと思っているので織り伏せ縫い…時間がかかるのは目に見えています。既製品もそんなに高いものでも無いし…しかし目の前にある不要品。どうにかしたい!できれば有効に!私はエコな事をしたいんだ、というエゴに固まっているのかも、です。まだ時間はあるのでちょっと作ってみて、挫折したらさっさと別の道を探すのも手ですね。

    筋肉痛様> 筋肉、お大事に…。端は切りっぱなしということは、手拭いのような感じだと思えば近いでしょうか。手拭いも好きで良く使っています。使い始めの頃は洗濯するとほつれてほつれて嫌になりますが、ある程度いくとほとんどほつれないんですよね。これはテスト版を作って試してみると解決する問題のような気がしてきました。柄物も楽しそうですね!おむつが愛しくなりそうです。サテンの使い道もアドバイスありがとうございます。セレモニードレス、素敵ですね。

    ユーザーID:0007216573

  • トピ主です。ありがとうございます!2

    道草様> なるほど、うんちはなんとなく道ばたの犬の糞のような粘土状を想像してしまっていましたが、こちらが涙目になるほど反抗的ではないのですね。踏んでしまった時の事を思い出して、目地に詰まってしまうのではと戦々恐々でした。端処理のアイデアもありがとうございます、拝借してテスト版を作ってみようと思います。それから、大変重要な情報をありがとうございます!サテンの日常着はたしかにツルンと行きそうですね。おもちゃとかならいけるかな?

    はーこ様> ベビードレスはサテンだと写真写りが良さそうですね。用尺もちょうど間に合いそうです。アイデアありがとうございます。検索した所、型紙が売られているようなので早速検討したいと思います。そしておむつ、確かに30枚をちくちく縫って行くには根気が必要ですよね。頑張る事ができたとしても、おそらく今手持ちのさらしだけでは30枚分には足りないので、お勧めのドビー織りも購入して併用してみようと思います。

    ユーザーID:0007216573

  • トピ主です。ありがとうございます!3

    21日 13:46 うをのめ様投稿分まで拝読いたしました。
    情報をありがとうございます、色々と多方面から考える事ができてありがたいです。

    にゃん様> やはり三つ折り処理は触るんですね。裁ち切りでテスト版を作ってみようと思います(これはこれで、ちょろりんと解れた部分がどう出るか…という懸念がありますね)。そして浴衣の情報は目から鱗でした。化学染料なんてこれっぽっちも予想していなかったもので、驚かされました。新生児もヒトとは言え、大人とは全く違う肌質だという事を理解せねばならないと感じました。貴重な情報、ありがとうございます。


    うをのめ様> 魚の目お大事に…。すみません、わたしの書き方が悪くて誤解させてしまいました。一般のさらしの耳にあたるところの処理方法をお伺いしたかったのでした。失礼いたしました。しかし縫い目(輪を繋げたところ)がおしりに当たらないようにする、というのはわたしにとって貴重な情報でした。ズボラなもので、知らなければ何も考えず適当に折っていたと思います。もうちょっと赤ちゃんの身になって考えなければなりませんね。ありがとうございます。

    ユーザーID:0007216573

  • 他の物につかっては?

    さらしはあまり水分を吸いませんし、硬いのでスキマができます。
    昔、浴衣を使っていたのは、普段着で使ってくたくたに柔らかくなっているから使えたのです。 
    端の始末が必要では、乾きも遅いし、赤ちゃんの肌にあたるので適していません。

    そのさらしで、顔をこすればわかると思います。
    赤ちゃんの肌着は、「縫い代が外」にするほど、繊細なんです。

    輪に縫うための縫い代は、厚くならないよう、洗濯の回数に耐えれる「折り伏せ縫」にします。


    せっかくある布でしたら、布団カバーやシーツの替えになさってはいかがでしょうか。
    ボックスタイプにするか、敷き布団カバーになさるといいと思います。

    サテンの生地は、小物にお使いになってはいかがでしょうか。
    縫わなくても、空き箱に貼って、リボン等でかざるといいと思います。

    おむつや着替え、いろいろなグッズをいれておくのにいいですよ。

    ユーザーID:2638757774

  • エコティッシュって御存知かしら?

    布を適度な大きさに切ってカゴ等に入れて紙のティッシュの様に使う→洗う。

    又、濡らせばウエットティッシュの代わりに。

    オムツに拘らなくてもエコ(節約)になるわよ。

    ユーザーID:0211465250

  • mi-様に賛成

    適当に切って、紙オムツの上に敷くだけで、布オムツのメリットも享受出来ると思いますが。
    布オムツにする方って、吸水ポリマーの体への害が気になるって言いますし(肌荒れ・冷え)。
    布を敷けば、直接肌には触れませんし。
    余りに汚れが酷い時や洗うのが面倒な時は、サッと捨てられるし。

    布ナプキンの洗うのがちょっと…と思っていたのですが(汚れたのを持ち歩いたり)、まずは普通のナプキンの上に、要らない布を切って置くだけでも、体には全然違うよと教えてもらったので。
    これなら、気楽に始めやすい。

    オムツも同じ原理で。

    ユーザーID:7411774091

  • トピ主です。ありがとうございます!3

    2015年8月11日 9:02 二児の母様投稿分まで拝読しました、ありがとうございます。

    実は切迫早産にて急遽入院、そのまま出産まで病院にいましてお返事が大変遅くなってしまいました。すみませんでした。
    そんな事があり、結局布おむつを準備する間もなく自宅へ戻ってきたのですが、体力が無くなってしまったため現在は紙おむつを使用しています。体力が回復し次第布おむつにトライしてみたいと思っています。

    とまと様> 赤ちゃんの肌がこんなに繊細だとは!容易く肌トラブルが起きてしまい、肌触りには特に気をつけなければいけないんだな、と痛感しているところです。丁度何かに使えるかな?と取って置いた10年もののシーツがあるので、それを試しに使ってみたいと思います。ありがとうございます。

    mi-様、二児の母様> アドバイスを拝見して、横になりながら溜め込んでいた古着・古布をざくざく切ったりし始めました。紙おむつでもこまめに拭いてあげないと湿疹ができてしまうようなので、試しに温水での拭き取りに使い始めました。気軽に棄てられて、なおかつ布を最後まで使い切ったという自己満足が嬉しいです!ありがとうございます。

    ユーザーID:0007216573

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧