人工股関節置換手術を受ける時期

レス17
(トピ主7
お気に入り62

心や体の悩み

筋肉痛

先天性股関節脱臼の既往があり、現在変形性股関節症と診断されています。股関節に痛みを感じたのは4年前です。その時整形外科で人工股関節置換手術の話をされました。股関節の痛みはしばらくはありましたが、今はありません。2年前からオステオパシーの施術を受けています。股関節の回りもよくなり、周辺の筋肉の状態もだんだんとよくなっていると思います。
股関節が悪くなる前から、街歩きの会に入っており、月1回のそれは今も続けています。2年前からは杖を使っていますが、約1万歩位歩いています。それ以外にも友人と月1回1万歩位歩くようにしています。
昨年で仕事をリタイヤし平日も時間が取れるので、毎日5000〜8000歩位は歩いています。歩くことで股関節が痛くなることはありません。
私としてはオステオパシーのおかげという気持ちはあります。先日、他の用事で以前行った整形外科に行ったとき、以前撮った股関節の写真を見ながらまた人工関節の話が出ました。今は整体のようなところに通っていて股関節の痛みはないという話をしたのですが、整形外科と整体は敵対するもののように、今の治療を全面否定されました。確かに整体(オステオパシー)は医師のように免許を有するものではありません。整体に行って悪くなったという話も聞きますが、その反対の話も聞きます。とても感情的になって「そんなことしたって何の役にも立たないことくらい小学生でもわかるだろう」と言われて唖然としました。
ここで質問なのですが、人工股関節置換手術を受けた方は、どの段階で決心しましたか?股関節に痛みを感じないで1万歩歩ける段階が手術の時期とは思えないのですが。痛みがなくても「早めに」と手術された方もいらっしゃるのでしょうか?

ユーザーID:5073821961

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご質問の対象ではありませんが

    先天性股関節脱臼の既往ありで
    以前軽い痛みを感じたこともありましたが
    運動により現在痛みを感じていない状態にある50代です。

    整形を受診した時、運動については
    筋力の保持よりデメリットが上回るといわれました。

    ただ運動しなければ筋力が衰えいずれ痛みがでる。
    変形性股関節症の進行は比較的ゆっくりで
    年齢も高いので痛みが出ればすぐ手術できる
    ならば上手に運動して筋力を保持し続けれれば
    手術をしないで済む確率を上げることができるだろう、
    と考え自己責任で運動を続けています。

    現在週20kmほどのジョギング
    それ以外に一日5000〜10000歩のウォーキング
    週1の筋トレ、ゴルフレッスンです。
    ハーフマラソンを走っても股関節の痛みはありません。
    あちこち筋肉痛はでますが。

    他の人に勧める気は毛頭ありません。
    専門医の意見は参考にします。
    でも私は自分の股関節については自分で決めるつもりです。

    ユーザーID:3827394811

  • 妻の事ですが

    4年前に両足の人工股関節手術を受けました。
    見ていてもつらいくらいに痛がっており、足が上がらないため階段はまっすぐ上り下りできない状態でした。
    整体医にもかかり、自分のところで施術すれば治ると言われ高額の施術を何度か受けましたが、
    全く改善はなく、結局人工股関節の手術を受けることになり、
    その後は普通の生活ができるまでに改善しました。
    痛みもないようで喜んでいます。

    主さまは痛みが取れたようで歩いても不都合はないようですから
    現状での手術の必要はないのではないでしょうか。
    手術にはリスクが伴いますし、身体の具合が悪いからこそ受けるべきと思いますよ。
    医師の話より自分の体で判断すればいいと思います。

    ユーザーID:3652724508

  • セカンドオピニオン

    先天性股関節脱臼のものです。
    最初にごめんなさい、手術はしていません。
    10年ほど前に股関節の激痛で杖の生活をしていましたが
    5年ほど前からは杖なしで大丈夫になりました。
    大学病院の股関節専門医に言わせると
    両股関節とも『及第点ではないが手術をする程でもない』状態です。


    手術については、QOLをどうするかにも関わってくるので
    他の股関節専門医のセカンドオピニオンを受けることを強くおすすめします。

    ユーザーID:8482507554

  • 年齢を見ないとわからない

    昨年リタイヤなら60歳前後でしょうか?

    ご存じかと思いますが、変形股関節症は治りません。

    整体でよくなった人も悪くなった人もいるというのは、逆に言えば
    「効果は保証されない」
    ってことです。
    民間療法のほとんどがそうでしょう?
    極端に言えば、何もしなくてもよくなる人も悪くなる人もいる。
    だから、よくなった人は「それでよくなったのか、もともとよくなる傾向だったのか」はわからない。
    極端に言えば、放置しても6割は軽快するものが、その民間療法で5割に減ったとしても
    「半分は良くなった」
    と表現することもできるんです。

    で、私の知っている知識としては、股関節のそのような症状は
    「生活に支障が出たら」
    というのが基準だとのことです。
    ただしこれは原則で、レントゲンやMRIなどで、歪みが出ていなくてもこれ以上悪化した(予人工股関節にしても)予後が悪いと判断される場合は早めに手術もあり得るそうです。

    また、年齢を考えて、寿命まで今後手術が必要じゃない(入れ替え不要)なら、恒例になって手術するより体力があるうちに主ジュルするのもひとつの選択肢です。

    どちらにしても「医師に」意見を聞いてですね

    ユーザーID:9077000121

  • 娘の立場から。

    母が両足とも人工股関節です。

    昨年お仕事をリタイヤとのことで私の母と同年代でしょうか?
    母は60代前半です。

    母が最初に痛みを感じたのは40代。
    しばらくは様子を見ていましたが痛みで日常生活もままならず・・・
    私の母の場合は痛みがあるのに手術は60歳過ぎてからと勧められてました。

    家族から見てもとても辛そうだったので家族からも説得し50代前半で片側の手術をしました。
    術後は翌日から歩けるようになりみるみる回復。
    そして片側も数年前に痛みだしました。母は前回の経験があるので二度目の手術は即決でした。

    母は手術のおかげで今は父とゴルフへ行き。
    孫も抱き上げられるようになりました。

    痛みが辛くなった場合はおすすめします。

    トピ主様はトレーニングやほかの治療の成果で現状なんとかなっているようですね。
    それならもう少し先延ばしでもよろしいのではないでしょうか?
    人工関節自体、耐久年数が限られています。
    もしかしたら入れ替える必要も出てくるかもしれません。
    それにみるみる回復と書きましたが手術は手術で大変だと思います。

    ユーザーID:6102687873

  • 急ぐ必要はありません

    同じ病気で自骨の手術をしたものです。私もいずれは人工を考えています。母も、妹も同じ病気で、人工を入れています。

    ただ、トピ主さんの場合は、生活に不便もなく痛みもないのに、なぜ手術をする必要があるのでしょうか?この病気は、放っておいて死ぬことはありません。なので、手術は、痛みなどの苦痛や不便を回避するためのものです。苦痛や不便がないなら、あわてて手術する必要は全くないと思います。

    手術は常にリスクを伴います。また、手術さえすれば、痛みを感じないかと言えば、必ずしもそうでもありません。股関節はよくなっても、傷がいつまでも痛かったり、かゆかったりすることもあります。脱臼の危険もあります。自分の骨で歩けるならそれに越したことはないのです。

    そのように手術ばかり急がせる先生は、あまり信頼できるとは思えません。先生を変わられてはいかがですか?先生の中には、手術の件数の多さを誇っている方もいるので、やたら手術をしたがる人もいますよ。実際、私はそういう方に見ていただいて(とても著名な先生だったのに)、嫌気がさして、他の病院へ移りました。

    ユーザーID:1057238687

  • 特別事情がない限り

    今どうしてもオペできない特別な事情がない限り、変形が進む前に手術したほうがいいのかもしれません。
    運動で筋肉をつけたりすることで、骨同士が擦れあうことが緩和されて、一時的に痛みがなくなることもあるようで、
    痛みがなくなると、このままいけるのではないかと手術を先伸ばししたくなる気持ちになるものですが、
    その間にも、股関節の変形は進んで行くようです。
    変形が進むと、人工関節を入れるときに、やはり不具合が生じて、本来ここに入れるという、収まるべきところに収まらなくなったりもするようです。
    なので、できるだけ変形が進まないうちに手術した方がいいそうですよ。
    今の人工関節は一昔前よりもどんどん丈夫で、細くなってきています。耐久年数もあがっています。
    今の変形の進み具合なども考慮にいれて、手術時期を決められてはいかがでしょうか?
    そのドクターが心配して親身になって警告してくれてるのか、単にさっさと手術したいだけなのか、
    もう一度今すぐする場合と、このまま様子見をした場合とでの違いなどを説明してもらってはいかがでしょうか?

    ユーザーID:2156014195

  • ひとそれぞれでは…。

    ただ今、54才。27の時もう歩けなくなった時に右の骨頭置換しました。それから20年以上経っていますが、レントゲンで見ると右も左ももうダメな状態ですが、痛みを我慢すれば歩く事も可能です。人口骨頭の寿命は10年くらいと言われていましたから大分もつもんなんですね。でも、特に痛みは個人個人で変わってくるので、オペしなくても他の施術でもたせる…とか今は色々あるみたいですね。
     私はもう自然と足が止まるくらいの痛みが出た時手術に踏み切りました。同じオペをされた方はそれからはもう仕事もしないで足に負担をかけないような生活をされていたり、やっぱり痛い、と言う方がいたりとそれぞれですね。私はあまり痛みがなかったのでオペから1年経つ前には仕事を始めていました。先生が早めにと仰るのは年齢的な事からでは?歩かなくなってから手術しても身体に負担をかけるだけだし、若いうちに置換しておけばそれなりに行動範囲も広がるからでは?ご自分の将来を考えて、それに合わせてオペを考えた方がいいと思います。難しい判断ですが、結局は自分の事なのでしっかり考えてオペに挑んで下さい。

    ユーザーID:2237442259

  • 母の場合

    私の母が人工股関節置換手術をしました。
    最初は60代の時で、痛みが出てからだったと思います。

    人工股関節には寿命があります。
    母は75才の時に最初のがダメになってしまい、再置換手術を受けました。
    7時間も掛かかった再手術は年寄にはかなりのダメージだったらしく、手術の後から持病が急に悪化し、一年入院したあと亡くなりました。

    そんな事もあるので、できれば再置換手術を受けずに済むよう、人工股関節の寿命と自分の寿命を予想して判断しなければならないでしょうが、やはりいくつかの病院で専門医の意見を聞いた方が良いと思います。

    ユーザーID:3302033969

  • レスありがとうございます1

    まず年齢を書き忘れました。この件に関しては年齢は必須でしたね。現在62歳です。できれば人工関節にはしたくないのが本心です。
    あららさまへ
    かなりハードは運動をされているのですね。私はウォーキングというよりは歩くというレベルのことです。運動というより関節を動かす、筋肉を動かす、を意識しています。

    還暦男さまへ
    自分のところで施術すれば治る、と断言するのは??ですね。私の場合はかなり楽になりました。股関節の回りもよくなりました。整体は相性があるとよく聞きます。

    こにゃさまへ
    セカンドオピニオンがトピに書いた整形外科です。(先生は別の人です)月に1回股関節専門の先生がいらっしゃるのでその日に診察を受けました。その先生にも整体の話はしたのですが、その先生は「それもいいかもしれない」というようなお返事で、人柄もとても信頼できそうでした。その先生の病院のHP見ましたが人工股関節の手術をかなりしているようで、もし受けることがあればそこに行こうかと考えています。

    ユーザーID:5073821961

  • レスありがとうございます2

    さんまさまへ
    年齢は62歳です。体を動かさないでいると筋肉は固くなったり癒着したりして筋肉本来の動きができなくなる、ということがありますね。整体ではそういう面の施術をしています。股関節の可動域も広がったように思います。
    私も痛みに耐えられなくなったので、という話をよく聞きますので私はまだかな?という気持ちもありますが、骨もどんどん老化すると思うのでそれを思うとどうなんだろう・・という気持ちもあります。

    おれんじさまへ
    手術を一生に一度にするために70歳位までは持たせるようにした方がいい、と最初に行った整形外科では言われました。セカンドオピニオンの先生は今は性能が上がっているので60代でも平均寿命位まで持つと言われました。術後の経過はよかったですね。すぐに歩けたということはもともと筋力の低下などはなかったのでしょうか?母が骨折で人工股関節にしましたが、かなりリハビリを頑張った姿を知っています。お母様も頑張ったのでしょうね。

    ユーザーID:5073821961

  • レスありがとうございます3

    びよさまへ
    迷うのは全ての人が「手術してよかった」という結果にはなっていないことです。「患者の会」のサイトを見ると迷いますね。それでもどうにもならなくなったら人工を選択せざるを得ないと思いますが。
    トピに書いた先生は他の件で整形外科に行ったときに、ついでに過去のことを聞かれたので、その先生に股関節を診察されたことはありません。もし、手術する場合にはここで、と思える先生に出会っていますのでその病院でと考えています。整形外科は切るのが専門だから、と人に言われたことがあります。ですから他のアプローチは認めないのだと思います。以前、テレビで変形性ひざ関節症で日本で一人手術以外のアプローチをしている整形外科の先生を紹介していました。股関節でもいないでしょうかね。

    はなさまへ
    タイミングなんですよね。痛みに耐えられなくなったら、という考えと変形が進む前にという考えが頭の中で交錯します。できれば自分の骨を温存したい気持ちがあるので迷います。自分の寿命がわからないですからね。トピに書いた医者は別の件の時についでに言われたことなので、今後もその医者とはかかわることはないです。

    ユーザーID:5073821961

  • 追加質問ですみません。

    人工関節にする際、長年脚の筋肉をあまり動かさないで暮らしてきたことによる筋肉の硬化、筋膜の癒着についてのリハビリはどのように説明がありましたか?歩行訓練だけで以前のように歩けるようになるのでしょうか?
    股関節の稼働が人工関節に変えたことによりスムーズに動くようになったとして、周辺の筋肉の問題も一緒に解決するとは思えないのですが・・。
    整形外科ではそもそも周辺の筋肉に対して筋肉の硬化、筋膜の癒着はないという考えでしょうか?

    ユーザーID:5073821961

  • ののさま、銀の花さま、ありがとうございます

    ののさま
    随分早くに手術をされたのですね。20年以上持っているわけですね。先生により70代になってからの方がいい(平均寿命83歳までと考えて)という方と今はかなり良くなっているから60代でも1回で済むという方がいらっしゃいます。
    私も、もう無理、と思うようになってからという気持ちもあります。できれば人工にしたくないというのと、母が骨折で人工股関節にしたのですが、手術後1か月後に脳出血で亡くなりました。家族に迷惑をかけたくないからとリハビリがんばったのに、と思いました。股関節の診察を受けた先生からは「自分のタイミングで」と言われました。

    銀の花さま
    お母様、二度も大変でしたね。再置換は7時間もかかるのですか?それは高齢者にはかなりの負担ですね。日常生活ができればいいので(特にスポーツの趣味はありませんので)どうにか折り合いをつけていかれないか、と思います。

    ユーザーID:5073821961

  • もうひとつ質問させてください

    人工関節の手術後、脚長差(3センチとか4センチとか)がなくなったという感想を見かけますが、脚長差があるのは骨盤が傾いているために起きるのだと思うのですが、人工関節部分で足の長さを調節して左右を同じ長さにしているのでしょうか?とすると、骨盤の傾きはそのままということでしょうか?

    ユーザーID:5073821961

  • 病院には行かれてるんですよね

    でしたら、追加質問ともうひとつ質問のトピ主レスの件はお医者様に聞いた方が確実だと思います。

    身内が60代半ばで手術を受けました。
    しばらく悩んでましたが、やはりトピ主様と同じように、手術後の経過が良い人もいれば良くない人もいるということを人づてに聞いていたからです。

    あとは年齢的に手術をもう一回受けなければいけなくなるかもという理由です。

    が、症状が日に日に悪化し、歩くのは痛いし、
    寝るときも痛くて眠れないようになってしまい、手術を受けることをようやく決心してましたね。

    手術後は、元々あった痛みはなくなり、足の長さも揃ったようです。
    しかし、現在術後3ヶ月ですが、なにかしらの痛みはまだあるようです。

    痛みが無いようであれば、手術はしない方が良いと思います。
    時が経てばまだまだ医術の進歩もあるでしょうし。
    筋量の維持は大切だと思います。

    私にも病気が遺伝しているかもしれないので、とても他人事とは思えません。
    今のまま、痛みが出ないと良いですね。

    ユーザーID:8104580070

  • モモさま、ありがとうございます

    遺伝的なことを心配されているということは、お母様は先天的な臼蓋形成不全ではないのですね。痛くて眠れないのではもう人工に変えるタイミングですね。私も、山登りもできるようになった、という人もいる反面、手術前の痛みはなくなったけど他に不具合が起きたという話も聞きます。
    私の母も祖母も骨折の為人工関節の手術を受けました。母は術後、敗血症を起こし不安なことがありました。退院後、数日でふとしたしぐさで(してはいけない動きをしてしまったようです)人工股関節を外してしまい、また入院しました。しかもその後自宅に戻ってから数日で脳出血を起こし他界しました。
    祖母は30年以上前の手術でしたので今とは技術的に違うところはあったと思いますが、退院後も杖なしでは歩けませんでした。
    身内のことでも人工関節にあまりいい印象がないので、今一つ踏み切れないでいます。
    股関節周辺の筋トレをして「もうむり」という段階で決心しようかと思っています。
    病院の先生にもレントゲンで見た骨の状態より、生活をしていて自分でタイミングを決めるのがいいと言われました。私も寝ていても痛むようになったら即決断だと思います。

    ユーザーID:5073821961

レス求!トピ一覧