どの山がお好きですか

レス18
お気に入り19
トピ主のみ7

山と渓谷

口コミ

お好きな山の話 など
山登りにまつわるお話を聞かせてください。

白馬 つばくろ岳 剣岳 鳥海 などなど 30代40代のころ
登った山の景観を 時々 思い出しております。
(ほぼすべて 夏山です。)

当方 新潟出身です。苗場 御神楽 妙高 二王子 などなど
日帰りでふもとへ 戻れる山が 圧倒的に多く
しいて言えば 山暦 初級と中級の中間ほど?かと。
(上記の白馬などへ ごくたまには
グループに入れていただくことも) 


それぞれ 思い出があり ひとつには 絞れませんが
目下 膝を痛め もう登れないかと思うと 
懐かしさもひとしおです。

登った直後の 達成感もさることながら
途上で出会う 山野草の たたずまいに
清涼感と 励ましをもらったものです。

せめて 皆様からの 「山便り」を 楽しみに
と トピを開いたしだいです。

また、もし 今 山の上にいらっしゃる方
よろしければ 様子を教えてください。

 
  

ユーザーID:3415186311

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それぞれに良さがアリ・・・・

    山登り歴50数年。学生時代は厳冬期にも登山。40年前の年末年始、剣岳山頂(頂上祠から剣沢側に3m下がった場所)に、雪洞を掘り二泊しました。痩せ衰えたネズミが、レーションを食べに出てきて驚きました

    後立山連峰と穂高連峰(北鎌尾根〜槍ヶ岳〜大キレット〜北穂高〜奥穂高〜西穂高)も厳冬期縦走。槍ヶ岳には、娘5歳次男6歳長男8歳の時、妻を含む家族5人で、上高地から往復のテント山行しました。穂先まで全員完登。娘もザイル無しでしたが、今考えると怖い気が・・

    一昨年、雨飾山、火打山、妙高山、高妻山にマイカー登山。戸隠牧場から登った高妻山が印象に残っています。昨年は息子家族と妻と私の5人で、白馬三山に私7回目妻3回目息子3回目の登山。麓でホテル泊し、山中で山小屋に二泊。私の荷重15kg息子は家族3人分の30kg。5歳の孫娘が歩かず、持参した一反木綿11mで、孫を私が背負い、息子は45kgを背負いました。お嫁さんは標高50mに生まれ育ち、猿倉で高山病。空身で励まし続けて完登

    昨秋、白馬三山の油絵をデパートの展示会で見掛け、妻が誕生祝いとしてプレゼントとしてくれ、家宝と成りました

    ユーザーID:0085246448

  • 水晶岳

    折立から薬師岳・黒部五郎岳と縦走して、水晶岳に登りました。
    単独、テント泊できつかったぁ…。

    黒部五郎岳で一緒に歩いた単独行のおじさんは先に登って、戻るところで私に声を掛けてくれました。「今、誰もいないよ」と。

    風がそよそよ気持ち良かった。誰もいない静かな水晶岳。

    数年後、今度は高瀬ダムから登りました。
    水晶岳って、山が深くて、なかなかその姿は見れない。水晶小屋の雰囲気も好き。

    あぁ…、山に行きたくなってきた。

    ユーザーID:1025186745

  • 岳歴は短いですが

    ちょうどGWに燕岳〜常念岳を縦走してきたとこです。肩に食い込む荷物の重さで挫けそうになりながらも、雪が残る3000m級の山々に癒されました。

    天気に恵まれて絶景を拝めたのは、槍ヶ岳、剱岳、鷲羽岳、そして積雪期の富士山と大山です。

    私は雪山のほうが好きです。夏山に比べて危険は多いし、撤退の頻度も高いですが、仮に登頂ならずとも自然に抱かれているのを実感できます。もちろん、準備は万全にしていきます。

    今、40代半ばですが、体力を考えれば、雪山はあと数年かなと思っています。その間に外国の山(5000m級くらい)に行くのが夢です。50代になったら、東北あたりの2000m級の夏山をゆったり楽しもうと思っています。

    ユーザーID:3250246044

  • 至福の時間ですよね

    山と渓谷さま、山好きとしてレスします。

    山頂を少し外れた「自分の山頂」でお茶を飲むひと時、
    テントの傍で満天の星空に抱かれるひと時、
    掴んだ岩壁の割れ目に揺れる花を見つけた瞬間、
    小屋の談話室で初対面の「仲間」たちと談笑するひと時、
    緑の中を一人静かに歩く時間。

    全て至福のひと時です。
    私も数年前に岩や雪を楽しむ大掛かりな登山からは引退し、
    今はハイキングを楽しんでおります。
    私も燕は好きですよ。そこから眺める裏銀座も。
    今の根子岳は白樺やダケカンバの新緑が美しかったですよ。
    浅間外輪山からは、すっかり雪を脱いだ浅間が凛々しく眺められます。
    今年は多くの山で雪解けが早いようですね。
    これから梅雨を経て、山は賑やかな季節になります。

    山の記憶は、何年経っても鮮明ですね。
    大天井の星空、八峰キレットの花々、屏風絵のような穂高のモルゲンロート、黒戸尾根の深緑の世界。
    心の宝です。

    ユーザーID:1920665464

  • 早速 ありがとうございます

    恋次郎様

    50年とは 筋金入りですね! 冬の縦走・・・・
    5、6、8才の お子様連れでの登山・・・・
    などなど このレスで 恋次郎様の 半生が 凝縮されて居るようです。

    そう! 火打山 忘れてました! 
    妙高 火打・・・衣笠草 という 華麗な 白い花を 見た記憶が。

    恋次郎様の 山への愛情が 次世代へ 
    受け継がれていくことでしょう。
    山の絵を送られた奥様 なんて ステキなんでしょう!

    メープル様
    水晶岳・・・初耳です。
    なんだか 神秘的な 響きですね。

    アプローチの長い山って 好きです。
    自分だけが見つけたような
    気分になれて。
    その上 誰も いない場所・・・
    貴重な 思い出ですね・・・

    生意気40代様
    GWに 燕〜常念 すばらしい!
    おかえりなさい!

    雪山は 経験が 無いのですが
    なるほど そういう 美点も
    あるんですね。

    当方 あっという間に 還暦です。
    どうか 悔いのないように
    良い思い出を 創ってください。

    (続きます)

    ユーザーID:3415186311

  • お礼の続き

    CHEZ様

    誌のような レス
    ありがとうございました。

    確かに いつでも思い出せる 鮮明な記憶を
    山は 残してくれますよね。

    そう 一人で 静かに歩く時間

    これが 普段の 忙しい暮らしと
    対極を 作り出してくれて
    お書きのとおり 至福の 時空を
    作り出してくれます。

    山登り好きな人が 集まって暮らす
    都会なら みんながお互いの
    「一人の時間」を 尊重しあえる
    暮らしやすい町に
    なるんだろうな

    などと 勝手に 横道にずれて考えて
    しまいした。

    ***4名の方々 早速の レスありがとうございました!!

    ユーザーID:3415186311

  • 自作の歌を…

    山想歌

    天壌高く そびえる峰に
    己の卑小を知らされる
    谷間に響く 友のコール
    沸き立つ雲に 花が揺れてる

    酒酌み交わし 語り明かした
    岩と雪への憧れを
    富貴は追わねど 清貧の至福
    山が教えた 天幕の宴

    星を見つめて 独り想ふ
    異郷に瞑る 友のことを
    人を想えば 劔ぞ恋し
    今も忘れじ 心のザイル

    亡き友への鎮魂歌。山と山、人と山、今と昔を結ぶ「心のザイル」
    若い時にこそ、貧乏を体験しておくべき。年老いてからは心が歪むが、若い頃なら創意工夫と技術力と知識力を涵養する

    人生の途に迷ったら山道と同じく、いつも困難な方を選択。1時間の登り坂道を引き返しても、20分で元に戻れるし、楽な下り道を1時間下りると、引き返しには3倍を要するし、下りは崖や滝や峡谷に遭遇し、危険度が増します

    山は上方へ収束しているので、自ずと正しい途に出会いますし、苦に耐えればやがて眺望が開け、自らの足跡が俯瞰されます。その行程が自信をもたらせてくれる。「人生の至極は白秋の下山」。人生の実りに感謝しつつ、緩やかに下りを楽しみながら、待つ者の居る場所へ帰ることだと思う

    ユーザーID:0085246448

  • やはり飯豊

    何気に開いたトピに「二王子」の名を見つけて、思わず出てきてしまいました。
    小生は新潟に生まれ、まだ若い頃には月2のペースで山に入り、新潟の名だたる山を登りきるのだ!という目標を抱いていたものですが…
    仕事の関係で新潟を離れて西の国に根をおろしてからは、自然と山行からも遠ざかってしまい、最後の登山はもう20年も昔のこととなりました。

    思い出せば、あの頃の山行の景色が瞼に浮かんできます。
    膨大な山容を誇るあの飯豊の前衛である二王子には、いったい何回登ったことか…
    五頭、菱ケ岳、菅名岳、矢筈岳、妙高、巻機…新潟の山は素晴らしかったですね。

    その中でも、やはり飯豊。さすがに日帰りで入れる山ではないですよね…
    私はエブリ(漢字変換ができませんが、おわかりになるでしょう)差から北股までの縦走コースが大好きでした。
    北股からは湯平温泉に下りて、川べりの温泉に浸かるのは最高でした。

    いつかまた、山を眺めるだけでも出かけたいものです。

    ユーザーID:3546365191

  • たかおさん

    高尾山が好きです。いつ行ってもいい。でも最近は混雑しており残念。そばがうまいな。

    ユーザーID:6882942431

  • 山歩きいいですね

    今日トピを見つけ私も参加してみたくなりました。私の山歩きは20代から。最初は友と二人で。途中で地元の山岳会に入り、近隣の山々へ。人見知りの私は山歩きの為に入ったようなもの。(連れてってくれる)
    北アルプスはこの山岳会のおかげで行けた、立山〜剱岳。カニのヨコバイ、タテバイ訳も分からず怖いもの知らず。 雪渓の涸沢で尻すべりして奥穂高へ。
    蝶ケ岳〜常念岳〜大天井〜槍ヶ岳の縦走コース。このコース真夏のジリジリ太陽での、常念への登り・・苦しいのなんの!キツカッタ。でも常念頂上からの展望は・言葉に出来ません。感動もの!
    30代40代は登山ブランク有、50代半ばより又近畿の山々へ。三年前に40年ぶりに白山や立山や白馬へ。登山道は昔より良くなっていても、40年の時が一気に引き戻される。グループで歩いても、二人でも。無意識にひとり静かに歩いている。色々思い考え乍らも、いつの間にか無私で歩いている。この感じが好きです。小さな自分等どこかへ去り、名峰の姿、木々、可愛い花々、動物等に癒されながら。
    山と渓谷さん、膝の痛み大変かと思います。私も膝痛を抱えながらインソールと膝サポーターに助けて貰ってます。

    ユーザーID:3022564903

  • レス感謝! 恋次郎様 越後の元山男様

    恋次郎様

    すばらしい詩をありがとうございます。
    「清貧の至福」・・・・すばらしい!
    共感すること 多し!!です。

    人生をよく山のぼりに たとえる場合がありますが
    やはり 山登りを体験した方が 実感で
    語る言葉ですから 重みがあります。

    天候の悪いときの 時間のすごし方
    自分への励まし 一人の時間の貴重さ
    などなど

    山がらみの 話題は尽きません。

    越後の元山男様

    おお!飯豊!!わたしにとってこんな大切な山を
    忘れてました!!

    飯豊の 長いアプローチも 木陰に助けられて
    登りきれましたっけ。

    雪渓に 小熊の 姿をみつけ
    声を潜めて 通り過ぎました。
    (大声出すべきだった?)

    記憶を呼び戻させていただき ありがとうございます!!

    現在西日本とか。
    きっと ご当地でも すばらしい山が
    あるのでは? 良かったら 教えてください。

    さらに 五頭 巻機 ・・・これも
    思い出が 多い山です。

    下山の後の 温泉 ・・・コレですよね!!醍醐味は!!

    ユーザーID:3415186311

  • 角田山

    私も新潟出身です。
    低山ですが、灯台から登る角田山が大好きでした。
    弥彦山、五頭山など、思い立ったら気軽に行ける、低山が好きです。

    ユーザーID:0125276911

  • レス感謝 谷と丘陵様 おはぎ様

    谷と丘陵様

    高尾山 たしか 東京郊外?でしたっけ?(常識がなくてすみません)
    さすがに 東京に近いと 出向く人の数も多いのでしょうね。
    おそば 食べてみたいです!

    おはぎ様 つくづく思うのですが 山の名前って 美しいものが
    多いと思います。「蝶ヶ岳 常念岳・・・」なんて
    この名前だけで 一遍の詩ができそうです。

    おかげさまで ひざは 普通の生活のには 仕様が
    ありません。でも 残念なことに もう 高い山へ
    行きたいという 情熱がわいてこないんですね。
    膝に 相当負担が かかることが 予想され
    取り返しのできない事態を 招くよりは
    こういう風に 回想したり ご同輩 諸先輩方々の
    お話を伺うことで 満足しています。

    今後とも 皆様 いろいろな 山便り
    教えてください。

    ユーザーID:3415186311

  • みなず様 レス感謝

    みなず様

    そう わたしも よく 登りました 
    角田 弥彦 ・・・・
    五頭も・・ 春夏秋冬 いつ登っても いいですね!
    ありがとうございました!!

    ユーザーID:3415186311

  • ご近所登山

    先々週、急に思い立って、東名経由で車を飛ばして鍋割山に行って来ました。
    昨夏に新調し、その後履いていなかった登山靴の慣らしと、その後登っていなかった中高年おばさんの足慣らしのため。結果、足も靴も問題ありませんでした。

    そして10時のおやつに、お目当ての鍋焼きうどん。山小屋でそんなものを頂くのは邪道ですが名物ですし、ボランティアで水のボッカを2L、言い訳がましく手伝って来ましたので。

    塔ノ岳に向かう稜線は丁度、ツツジが見頃。適度に木陰で適度に眺望もあり、気持ちのいい尾根です。登山道の手入れはボランティアの方が相当頑張ってくれているようです。
    塔ノ岳へピストンし、大倉尾根から帰還です。

    ユーザーID:9499421619

  • 鍋焼きうどん様 レス感謝

    鍋焼きうどん 良いですね!!

    早速 グーグルしたら 神奈川県の山ですね、
    高尾山といい 鍋割り山といい
    大都市のイメージが 切り離せない
    都道府県にも 自然は豊かに存在してますね。

    それにしても いいな!山で食べる鍋焼きうどん!
    たとえば なんでもない日常の飲食物が
    山で出会うと とてつもなく 
    おいしく感じられますよね。

    ユーザーID:3415186311

  • 思い出色々

    若いとき登った山(といってもそんなにないのですが)で一番の思い出は大雪・トムラウシ。地形の雄大さに圧倒されました。大雪の登山道は登山道のイメージを覆されました。花が真っ盛りの時期であんなに広々と続くお花畑は後にも先にも見たことがありません。十勝岳の山頂を目前にして大雨で撤退したのも今となっては懐かしい思い出です。

    家族で登った富士山、雲海が黄金色に輝きすばらしいご来光をあがめました。真夏なのに寒かったあ!

    私一人で子どもたちを連れて登った谷川岳。主人が急遽仕事でいけなくなりおっかなびっくり高速を運転して行きました。行くのをやめようか悩みましたが、来てよかったと心底思いました。谷川岳は気に入ってその後2,3度行っています。

    最近登った中では穂高が印象深いです。天候に恵まれとてもよい山行になりました。山頂から眺めた涸沢の紅葉がきれいでした。北穂・奥穂・前穂と回ってちょっと自信にもなりました。

    丹沢は近いので大体の山に登っていますが一番登っているのは檜洞丸。シロヤシオとミツバツツジが競演しています。

    ユーザーID:8438289583

  • チングルマ様 レス感謝

    チングルマ様 レスありがとうございます!

    実は 白状しますと 「ひのきぼらまる」が
    長い間 読めずに お礼を書くことをためらっていた次第。
    (グーグル 感謝)
    大雪の 風景の描写が とても イメージをかきたたせてくれます。
    また 登ったときの 生活の周辺で 起きていたことと
    あいまって 山の様子が 記憶に残っていくものですよね。

    ステキな レスを ありがとうございました。

    それにしても思うのは 東京にしろ 神奈川にしろ
    たくさん 山が あるんですね・・・。

    多くの方々から お寄せいただいたレスで
    仮想山登り 堪能させていただいています!

    ユーザーID:3415186311

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧