悪気はないという慰めはNGですか

レス164
(トピ主3
お気に入り158

家族・友人・人間関係

りんたろう

レス

レス数164

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 164
次へ 最後尾へ
  • 6の理由

    私の言葉ではありませんが、以前、ある大作家の書かれたエッセイにこの理由が明快に説明してありました。

    悪意がある人は、多少人間の心を持っているなら、悪いことをしているという自覚があるためそこで手加減ができるが、悪意がないと狂った人間が凶器を持って振りかざしているのと同じでたたきのめすのにまったく手加減をしない。
    だから、相手を思う存分傷つけてしまう。

    人を傷つけるのに悪意がないと開き直る人の言い方は、ストレートに言う分、直接相手の心を砕いてしまう。

    と、いうようなことを読みました。
    だから、AであれCであれ、Bに対してそんな言葉を言ってはいけないんです。

    言うとしたら、CがAに対して「あなたも悪意がないのよね」とフォローする時だけでしょうが、そうすると、Aがますます増長して、反省をしないで、また別の人を傷つける悪循環になるのでやめましょう。

    BはAと縁を切るしかないと思います。傷つけられた方は、慰められても時間の助けを借りてでしか立ち直れません。

    私も姑にどれだけ「悪意がないのよ〜」と開き直られたことか。なのでこの本は身に染みました。

    ユーザーID:8382522276

  • A=姑、B=嫁、C=Bの夫(Aの息子)と当てはめてみたら……

    姑(A)の言動に嫁(B)が傷つき、夫(C)がフォローのつもりで「まあまあ、お袋も悪気はなかったんだから〜」と、やらかしたら……
    ここ小町でも、ちょくちょく話題に上がるケースですね。
    たいていの場合、Cの立ち位置の旦那さんが「無神経!」「母親>>>妻なマザコン!」等々、総攻撃レスを食らう案件ですが。

    確かにこのケースだと、
    >最終的にBはAの言動を許すなり昇華するなりしなければAとその後付き合うことが出来ません。
    となるでしょうね、C的には。
    妻の気持ちを尊重して母親と距離を置くことも、妻の気持ちに寄り添うことも、「母親に悪気はない」と思っている息子さんにはハードル高すぎますもんね。

    でも「俺は間違ってない!」とばかりに繰り返すと、奥様の忍耐の表面張力が限界を突破しちゃいますよ?
    まずは、このトピの皆さんのレスを熟読、熟考することをお勧めします。

    ユーザーID:6968694795

  • 最低の言い訳

    悪気はない、という言い方は
    他人の心情なんぞこれっぽっちも配慮していない、と言っているのと同義語です。
    カエルの面に小便、という言葉がありますが
    それと同種類の人間かとも思います。
    いっそ悪気があったほうが余程精神的には楽です。
    無責任な慰めなんてしないほうがいいですよ。

    ユーザーID:6410688629

  • なるほど

    Aさんとトピ主さん、2人ともBさんを見下しているのですね。

    ユーザーID:9380045938

  • 悪気がなければ何をしてもいいのですか?

    悪気がなければ何をしてもいいのですか?
    悪気がなければ、人を傷つける事を言ってもいいのですか?
    悪気がなければ、人を傷つけてもいいのですか?
    悪気がなければ、人を傷つけて殺してもよいのですか?

    違いますよね。悪いことをしたら、その行動に対して謝るべきなのです。

    第三者であるCさんが「悪気がないのだから」と言うと、
    謝ってほしいと考えずに放免してあげましょうよ、と言っているように感じるからです。

    個人的には、
    悪気があってひどいことをしたのであれば、改心させるという解決策はありますが、
    悪気がないという人には、自分を直そうという気持ちを感じることができず、
    解決策がないように思えます。

    ユーザーID:7334346958

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 解説しよう!

    Cが慰めるつもりで言った「悪気がなかった」という言動でBが怒っている。

    Cは何故、そこまでBが怒るのか理解できない。
    何故自分は慰めたのに責められなければならないのか、納得できない。

    Aは何故、そこまでBが傷ついているのか理解できない。
    悪気がなかったのに、何故そこまで傷つくのか、納得できない。

    今、AとCが一番考えなければいけない問題は「自分の言動でBを傷つけた(怒らせた)」事です。
    しかし「傷つけるつもりじゃなかった」「慰めたつもりだった」と
    自分の言動を正当化し、あたかも傷つく、怒る、Bの受け止め方にこそ
    問題がある、と考えている。
    だからBは傷つき、怒っているのです。

    同じ言動でも人によって受け止め方は違います。
    Bはそういう言動で傷つき、怒るのだ、とAとCが理解して
    謝罪し、Bに対して二度と同じ言動を取らなければ
    この問題は解決します。

    解決しないのはAもCも「人を傷つけた」「人を怒らせた」自分の言動に対する反省と学習がないから、です。

    ユーザーID:7479072774

  • 大役ですから

    まず慰めるという役は、被害者Bが日頃から心をゆるして信用している人物にしか不可能です。
    「A許せない!」と共に怒り泣いてくれる人。
    それを見てはじめてBは立ち直るきっかけを得るのです。

    つまり、「悪気はない」と言いはるAや、慰めに出向いておいてあわよくばBにAを許させようとか、B自身に落ち度や悪意があるかのように誘導する質の悪いCはお呼びじゃないってこと。

    ユーザーID:9129632594

  • Aはどうしてるの?

    C関係ないじゃん。
    AがBに謝るべきなんでしょ。Aはなにしてるの?
    もしかしてAがCをまるめこんで
    「悪気はなかったんだからとBを慰めてやるように。怒るかもしれない。様子を報告して」と指示したとか?


    誰もBに対して悪いことをしたとか申し訳ないとは思ってないんだね。
    最悪〜。

    ユーザーID:1253672683

  • 悪気はないという人

    悪気はないのだから最大限に好意的に受け入れろ!
    そんな人。
    悪気があろうがなかろうが剛速球の暴投を投げつけられる側の気持ちにはなれない。
    あくまでも「悪気はないのだからお前は好意か感謝で返し怒るなどもってのほか。」

    狙ったB以外には口達者でCのような人物を味方につけBを追い詰めていく。
    モラル・ハラスメントの加害者がよくこのセリフを言う。

    ユーザーID:0216606473

  • トピ主です

    レスありがとうございます。
    「中立おばちゃん」様まで拝見しました。

    今回はこの言い方に問題があると感じる方に意見を募っていますので、
    ここで多数派だから一般的にも多数派であるとはいえないと思います。
    ただ、たとえ少数派であったとしても嫌がる人がいる以上、
    cの立場に立ったら使うべきではない表現だと思います。
    その上で、なぜ嫌なのかを具体的に知りたいと思い、ご意見を伺わせていただきました。

    悪意がある方が良いという意見については、非常に疑問でしたが、
    悪意がない場合はその人の性格に寄るものなので、今後もそのような無神経な言動があり得るということで嫌だということなのですね。
    悪気がある方が反省できるという性善説に立った方が多いと感じました。私は根っからの悪人もいると思いますが、押し付けるつもりはありません。
    私自身は、Aに悪気はないと感じたときは直接Aに止めてくださいと言ったことがありますが、その後は言動に気を配っていただけました。どうしても嫌な言われ方というのはいくつかあるものですが、それさえ止めてもらえればその他の言動は許せるようになると感じています。

    ユーザーID:1596774921

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 反省してないよね?

    悪気がない=反省心がない
    謝罪の言葉がなければ、なんでもそれで済まそうとしているのが見え見え。

    第三者が言ったら、言ったほうの味方についてるだけだと思います。

    ユーザーID:9594412300

  • 人の心理というものは

    >4.Aを許せと言われているよう
    >最終的にBはAの言動を許すなり昇華するなりしなければAとその後付き合うことが出来ません。したがって、BのAへの悪意を増長するような言動はできるかぎり避けた方が良いと考えます。

    多くの人は、Aを許すべきと言われれば言われるほど、反感が増すのです。
    他人に同調してもらえれば、それで気が済み、悪意の増長にはつながらないのです。

    ・・・と言っても、トピ主さんの反感をあおるばかりなのかもしれませんね。

    ユーザーID:6648440540

  • NGですよ

    悪気があるかないかジャッジすることは、問題解決の役に立たないし、相手の方の気に障る以上、問題を大きくするだけです。

    悪気がある方がマシ派です。 悪気があるということは、何か相手に不満があって、わざと言っているわけです。 その問題を話し合ったり、誤解があるなら誤解が解ければ、仲良くなれる可能性があります。

    悪気もないのに、そのような失礼な言動を取る人は、天然だから、謝罪を求めても無駄だと思います。

    でもトピ様もそういう天然派の方ですよね? そういう人は中々人の気持ちが分からない、分かろうとしないで反論するだけでしょう。 そういう人を相手に愚痴る行為がNGです。 どうして「悪気はない」という言葉がいけないのかすら理解できない人に相談する人が間違っています。

    ユーザーID:2835145470

  • 悪気があるほうがましの私の意見

    悪気があれば正面切って喧嘩ができます。
    悪気という売られた喧嘩を買えます。

    ですが、悪気はないの〜と言いつつ、
    悪いことをしてくる人に対しては、
    全面戦争もできず、
    攻撃を一歩的に受けることになります。
    悪気はないのだから、あなたは我慢しなさいね。ということです。

    本当に相手を傷つけたりした時、
    素直に謝罪し、話し合えば分かり合えますが、
    悪気がないとごまかす人は同じようなことを何度も繰り返します。

    今回は当人ではなく、第三者が言うケースのようなので、
    「悪気はないんじゃない?」は、Aさん擁護派お意見なので、
    Bさんにとって慰めになるどころか、
    Bさんにあなたが喧嘩を売っているように思えるケースもあります。

    世間を知った大人はこういう場合、
    「そうなんだ〜」とAが悪いとも保護ともどちらも取られない相槌を打ちます。
    例え、腹の中に別の意見があるとしてもね。

    ユーザーID:1875006186

  • まだわからない???

    >なぜ嫌なのかを具体的に知りたい

    これだけ意見をいただきながら、まだわからないって、すごいですねぇ・・・

    じゃあ、シチュエーションを変えてみましょうか。

    子どものAちゃんとBちゃんが遊んでいました。
    Aちゃんが突然、Bちゃんのおもちゃであそびたい、と、
    Bちゃんが遊んでいるのに横から取ろうとしました。
    Bちゃんはびっくりしておもちゃを守るように抱きかかえたら、
    取れなくてAちゃんはBちゃんの事を突き飛ばして、怪我をしてしまいました。
    Bちゃん泣いています。

    ここでAちゃんのママであるCママがBちゃんの頭を撫ぜながら
    「Aは意地悪でおもちゃを取ったんじゃないし、怪我させようと突き飛ばしたんじゃないのよ」と言いました。

    Cママの言動を、Bの事を慰めようとしているのね、と感じますか?
    自分の子どものAをかばっているのね、と感じますか?

    「悪気がない」なんて慰めにならない、ってこれでもわからないですかねぇ・・・

    ユーザーID:0998932200

  • 世間的には駄目でも

    身内が悪気無く物を言う人ですが、言えば直してくれたので

    「悪気が無い」=本人は気がついていないだけで言えば直してくれる

    の図式がまだ頭にあります・・・。

    社会に出て世間的には駄目だと知ったのでもう言ってませんが
    本当はこの言い方がしっくりきます。

    でも、私が言われた本人なら怒ります。
    社会的には傷つけた方を庇う言葉らしいので一応その様に取ると思います。
    頭の中ではまだ納得しきれてないのでもやもやが残りそうですが。
    もしかしたら違う意味だった可能性もあるのではと考えてしまいそうです。

    ユーザーID:9139753704

  • 7.について

    > 「悪気はないんだろうけど、そんなこと言っちゃだめだよね」
    と言いましたか。「そんなこと言っちゃだめだよね」と言ってくれたら「悪気はないんだろうけど」がついていても
    Bは怒らないと思います。

    >悪気がないという言葉に無罪という意味合いはありません。
    と、トピ主さんが思っていても、それが伝わっていないのではないでしょうか。

    ユーザーID:2657865659

  • トピ主さーん

    みんなのレスが納得いかないみたいだけどさ
    みんなに悪気はないんだからね。
    悪気があってトピ主さんを責めているんじゃないんだから許してあげようね。

    ユーザーID:9882348222

  • 悪気があろうがなかろうが嫌な事をする人とは付きあいきれない

    トピ主さんはそもそも大いに勘違いしています。
    Bさんが嫌がっているのはAさんの悪気のなさではなく
    >BはAの言動を許すなり昇華するなりしなければAとその後付き合うことが出来ません。
    Bさんに怒りの矛を収めてAと今後も今迄通りの付き合いをせよと強要されていることです。
    トピ主さん、Cさんにそのつもりはないのかもしれませんが「悪気はないの」の後に続くのは
    「だから気にするな」「だから許してあげて」等、だからで始まる何かでしょう。
    それと、トピ主さんは直に言える人かもしれませんがBさんもそうでしょうか?
    言えずにため込むタイプの場合、それはBさんの非なのですか?
    トピ主さんは
    >それさえ止めてもらえればその他の言動は許せるようになる
    ようですが、Bさんには他にも嫌な事があるのでは?

    トピ主さん、
    「私は気にしないけど。」
    ってよく口にしませんか?
    あなたが気にならなくても他の人は気になるんです。
    トピ主さんは自分と他人が別の感じ方考え方を持っているということを本当には理解していらっしゃらない様に感じます。

    ユーザーID:0775855970

  • Cが自分の立場を分かっていない

    8.のように
    >悪気がない言動なのだから、傷ついた旨を伝えれば、謝罪してもらうなり、言動を改めるなりしてもらうことができる

    という考え方がでてくるのは、Cが自分の立場を勘違いしているからかも、と思いました。
    Cは客観的に、中立な立場から、公平で道徳的なジャッジをし、AとBを仲直りさせようとしているのではありませんか。
    まるで幼稚園の先生のように。

    どのような状況だったのかわかりませんが、
    BはCにそのようなことは求めていなのではないでしょうか。
    「どう思う?」から始まったとしても、
    意見を求めているのではなく愚痴なのでは?と思います。

    幼稚園児ではないのだから、Cは善悪を諭す必要はなく、
    Bが気持ちの整理ができるよう話を聞くだけで良いのでは。
    BはCの意見を参考にして気持ちの整理するのではなく、自分が話すことで整理するのです。
    うんうん、と最後まで聞いてあげれば、同調さえ不要なのかもしれません。

    Cの役割の捉え方が違うから
    「悪気はないはNG」かどうかの判断も違ってくるのではないでしょうか。

    ユーザーID:7845314464

  • 質問

    Aさんに悪気がない、という事実を知らされるということは
    不愉快極まりない思いをさせられたというBさんに現在起きている問題を解決する為の
    一体何の役に立ちますか?

    ユーザーID:0775855970

  • 共感は同意の強要

    物事にはいい面と悪い面が両方あって、一方が100%悪いと言う事はそうそうありません。
    ところが「共感」を使えば相手を一方的に100%悪くできます。

    それは「私は傷ついた!!」と言えばいいんです。理由など不要です。
    そうすれば、仮に自分が80%で相手が20%悪いような場合でも、相手の20%分だけに着目して100%相手が悪い事にできます。自分に共感すれば相手が100%悪いと認めた事になり、共感しなければ自分が100%悪いと攻撃した事になります。もちろん「敵認定」されたくないので、たいていは共感させられます。

    トピ題の「AさんがBさんに傷つく言動をしたとします」は話の前提としてそもそもおかしい。何があったのかを無視してAさんが傷ついた点だけを挙げているからです。

    共感を何より大事だと思っている女は、この「共感トラップ」に簡単に引っかかり、もうAを悪者としか考えられなくなります。だから「悪気はない」は悪を擁護してるとしか思えないのです。

    これでは皆が「私か傷ついた!!」と言い合う事になり、不毛です。真実を見逃し、傷ついた側も全く自省できなくなるからです。

    ユーザーID:4752689578

  • だからね

    慰める人がどこの立ち位置にいるかで全然話が違うんですってば。
    A寄りの人がいくら「悪気はないんだから」とBを慰めても火に油なんです。
    悪気なく上から目線でもあるしね。

    Bと仲のいい人や、Aではなく完全にAを見限っているB寄りの人にしか「慰める」ことは出来ないんです。
    Aの味方をしているCに慰められてどうするんだって話よ。

    個人的にはAもCも不愉快きわまりないので絶縁対象ですね。

    ユーザーID:5450000701

  • 悪気はない、だから何?

    トピ主さんは、

    >「悪気はないんだろうけど、そんなこと言っちゃだめだよね」

    「悪気はない」という言葉だけでは、
    「そんなこと言っちゃだめだよね」という意味合いもありませんよ。

    むしろ、
    「悪気はない」(悪意がない。だから不当性もない)から「Aさんはそれほど悪くない。」という意味だと思います。
    怒る人は、そう思っています。
    トピ主さんが、「そんなこと言っちゃだめだよね」と思っているだけでは、
    伝わっていないのです。
    だから人を怒らせたくないのなら「そんなこと言っちゃだめだよね」と付け加える必要があるのです。

    悪気がないというのは、悪意はないが相手が自分の言葉で傷つくことを全く想像できない、無神経、
    ということですね。

    「悪気はない」という言葉が慰めだとしたら、
    「Bさんはバカだ。バカは直らない。反省してもすぐ同じような間違いを繰り返す。
    なぜなら根本を理解していない、理解できない、バカだから。
    なので、相手にするな」
    という意味の場合ですね。慰めというよりは諦めにはなるかもしれません。

    ユーザーID:1560728013

  • Bにだけ、変わることを要求するの?

    >私自身は、Aに悪気はないと感じたときは直接Aに止めてくださいと言ったことがありますが、その後は言動に気を配っていただけました。どうしても嫌な言われ方というのはいくつかあるものですが、それさえ止めてもらえればその他の言動は許せるようになると感じています。

    トピ主さんはBがAを許すようにするのが目的であって、
    CさんがBさんを「慰め」ているつもりだったというのは、後付けの理由なんですね。
    「慰め」とはC(トピ主)の正当性を主張したいだけ、体裁を整えてるだけで本心じゃないんでしょう?

    で、割りを食うのはBさんだけ、という。

    CはBに「Aは悪気がないんだよ」というだけですか?
    CはAに「Bが傷つくから、そういうことを言うのはやめろ。Bに謝りなさいよ。」とは言わないんですか?
    それはなぜ?
    つまり、傷ついたBに「許すこと」を強いるだけですか?
    問題のAもなんとかしなさいよ。
    それがトピ主さんの主張でしょ?だったらやれば?

    AもCも、Bさんの気持ちには寄り添わず、軽んじているんですよね。
    トピ主さんがどう主張しようと、そういうことですよ。
    納得できないのなら、Aにも苦言を呈しなさいよ。

    ユーザーID:1560728013

  • 慰めではなくて単なる私見

    「悪気はなかった。」というのはトピ主さんにとっての事実にすぎません。そしてBさんを傷つける行為をしたことも事実です。
    慰めるのならせめて「悪気はないんだと思うけど、ああいうことは傷つくよね。」ぐらいは必要でしょうね。
    理屈がわかっても感情ではどうしようもない、という経験がトピ主さんにはないのでしょうか。
    自然災害で負傷したり、職を失ったり、家族を亡くしたりした人も「だれかがやったわけではなくて自然災害なんだから」といったら慰めになりますか?
    トピ主さんは「やめてほしい」と言うことで納得できたかもしれませんが、許しがたい行為というものの許せるレベルは人それぞれ違います。
    その違いに寄り添えないのならば慰めるなどという行為は不遜です。

    ユーザーID:0538486958

  • 訂正します

    6月3日の最初のレスはBとAを間違えていました。すみません。

    「悪気はない」という言葉を慰め風に解釈するなら
    「Aさんはバカだ。バカは直らない。反省してもすぐ同じような間違いを繰り返す。
    根本を理解していない、理解できない、バカだから。バカなAを相手にするな」
    という意味になるでしょう。

    トピ主さんは、御自分の発言によって、BがAを許すことを望んでいる。
    トピ主さんが「悪気がない」と言ったことに怒るAの気持ちもわからないし、
    納得できないんでしょ?
    トピ主さんが納得できようとできまいと、
    「悪気がない」と言う言葉には、
    「そんなこと言っちゃだめだよね」という意味は、全く、微塵も含まれていません。
    慰めとは共感が必要なんですよ。トピ主さんは、全然、慰めていません。

    トピ主とAが二人してBの気持ちを無視し、踏みにじっているようにしか見えません。

    トピ主さんが事態の解決をしたいのなら、AにもBにも「そんなこと言っちゃだめだよね」と言う必要があるのです。
    「悪気がない」という言葉だけなら、言わない方がましってもんです。

    余計なお世話。

    ユーザーID:1560728013

  • なぐさめとは違う

    「悪気は無い」はそもそも基本的に慰めの言葉ではありません
    例えば、上司などの逆らえない相手から叱責された時など
    くやしい気持ちを飲み込まなければならない人に対しては「悪気はない」は慰めになりますが
    これは特殊なケースだと思います


    基本的には、くやしい気持ちを飲み込むかどうかは本人に委ねられていますので
    「悪気はない」はその人をなだめたり、怒りの対象者を許す事を促す言葉です
    実際、悪意のあるなしで怒りの度合いは変わるものです

    慰める、となるとくやしい思いをした人の側に立たないといけません
    その人と一緒になって「そうだね辛かったねかわいそうに」という態度が慰めです


    問題解決のプロセスを考えますと
     まず慰め落ち着かせる
     次に、状況を正しく認識させ情報を整理(この時に場合によっては「悪気は無い」というフレーズが出ます)
     最後に今後どうするか結論を出す

    悪気はないという言葉に怒る人というのは
    最初の、慰めて落ち着かせる、という段階が終わっていないんだと思います
    言葉自体が悪いのではなく、話のもっていきかたの問題だと思います

    ユーザーID:4682077181

  • それはダメ

    それではCさんはAさんを擁護したことになります。何の慰めにもなりません。
    Bさんを慰めたいのなら「あの言い方はないよね」とBさんの気持ちに沿ってあげないと。

    ユーザーID:9469318609

  • そ・れ・は・・・

    確かに悪意が無かったにせよ、だったら何を言っても良いのか、許されるかって言ったら、そうじゃないですよね?Bさんに取ったなら余計に傷つくと思います。

    ユーザーID:6242624511

先頭へ 前へ
121150 / 164
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧