• ホーム
  • 話題
  • 仕事人間だったのにキャリアを捨てた方いますか(当方WM)

仕事人間だったのにキャリアを捨てた方いますか(当方WM)

レス28
(トピ主0
お気に入り99

生活・身近な話題

さつき

勤続15年、年収2500万円(外資系)。新卒で就職以来、仕事人間でした。数年前に出産した時も、子供は預けて絶対両立してやるわ!と思って仕事には産後2ヶ月で復帰しました。

ですが、子供がかわいくて、仕事より子供が優先になってきてしまいました。子供は保育園で楽しそうですしとてもいい子に育っています。夫は理想的なパートナーなのですが、仕事は私より忙しいです。

当然ですが仕事のほうは、大きな案件は他の人にいくようになり、昇進は4年後輩に抜かれました。専門があるので今のところ辞めさせられることはなく、直属の上司からの評価は悪くありませんが、担当案件は誇れるものではなく、役職は上がりません。当然の報いなので不満はありませんが、気持ちの上ではみじめさもあります。忙しい時は責任と緊張で胃が痛くなり、帰宅後も電話やメールに追われてイライラします。

最近、夫の海外赴任の話が出てきました。年明けから2年の予定ですが、長ければ1,2年の延長はあると。夫のキャリアのためには行ったほうが絶対に良い話です。夫はついてきてほしいけれど、単身赴任も覚悟はしていると言います。でも、単身赴任されたら、仕事と子供を一人で抱えて、今より良い状況になるはずがありません。

ほぼ、仕事を辞めてついていこうと思っているのですが、赴任先で私が働ける可能性はたぶん低いです。その間、専業主婦になるか、いずれにせよ大幅なキャリアダウンになるでしょう。でも、子供と夫とずっと一緒に過ごせる毎日のほうが仕事より大事に思えてしまうのです。経済的には、夫の収入のほうが私より低いですが、食べていくには問題ありません。

同じように悩んだ話、辞めてよかった、後悔した、体験談教えてほしいです。

ユーザーID:0101848081

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一体、何のために稼ぐんですかね?

    年収2500万円を稼げる自分が、主婦や子育てなど、一銭にもならないことをするのは損失だ、とお考えのようで。

    ま、子育ての対価がいくらか、なんてことはわかりはしませんから
    トピ主にとっては無価値な生業に見えるでしょうね。

    でしたら働き続けて、金を稼ぎ続けてください。
    世の中には、貴方が無価値だと思うことでも、一生懸命やってくれる方がいます。
    貴方は働いた中から金を払って、子供を育ててもらいなさい。
    それが貴方にとっての幸せです。

    ユーザーID:1703092544

  • 辞めました

    トピ主さんほど華々しい年収でも仕事内容でもないけど、子育てと仕事に関しては同じような感じで、やる気満々で生後半年で復帰しました。
    実家も近く、育児サポートは万全で「このまま定年までのんびり働ける」と信じて疑っていませんでしたし、偉そうに小町でWMの皆さんに育児と仕事の両立について説教垂れていたこともありました(笑)
    私の場合は子供が小学校高学年の時、子供の様子から「うちの場合は、自分も子供も共働きに向いていない」と感じることが頻繁になり、そんな気持とウラハラにのしかかる仕事の責任、休日も鳴り止まない仕事用携帯、増える一方の残業に心折れて退職しました。
    1年ぐらいは「あーもう40代、どこも雇ってくれるわけないし私の仕事人生は終わったな、レジとかも打ったことないしどうしよう」なんて放心状態ながら、余った時間は全部机にかじりついてゴリゴリ勉強していたら、本当に不思議な縁で在宅仕事の声がかかり、子供にお帰りを言えて仕事もしています。将来的にも仕事を一緒にやりたいと言われる仲間ができました。
    本当に何のとりえもない私でさえこんなもんです。人生って心配するだけ損だと思います。

    ユーザーID:7245526393

  • 旦那様の海外赴任に一緒しましょう

    トピ主さん、
    ご主人の海外赴任に一緒に行くことに背中を押したいです。
    貴女のキャリアは数年して帰国してからまた再構築できると思います。
    それが役員クラスのトップまでとかですと分かりませんが、
    GMクラスとかであれば十二分にめざせるんじゃないかなあ。
    私は男ですが、社会情勢も変わってきて、男でも育休とれるでしょうが、
    出世とか考えると現実的には難しく、今貴女が子供さんを可愛く、その可愛い時代を一緒に過ごせるのは、
    替えがたい尊い時間であり、キャリアは横においといて子供さんとの時間を優先して、
    そしてご主人とその赴任先に行くことで、ご主人共々子供さんとの貴重な時間を持って頂きたいと思います。
    赴任先の国が分かりませんが、治安なども問題なければ是非そうして頂けると、
    貴女自身の今後のキャリアにも良い影響があるのではないかと思います。
    貴女の文章から受ける印象は、ご主人のことも大切に想っていて、子供さんも愛していて、本当に素晴らしい良い気を感じますよ。
    海外赴任先などからもトピックを立ててご報告して頂けると楽しいです。
    どうぞ引き続きお幸せに。心から応援していますよ!

    ユーザーID:7293938300

  • 経験者ではないけれど

    お仕事をやめて、ご主人の赴任先に一緒に行かれては?
    絶対に行きたくないわけではないんですよね?
    生活に困るわけでもなく。
    お母さんの気持ちに余裕がある方が、お子さんの成長には一番ですよ。

    ユーザーID:4425003796

  • 違う世界をみてもよいかも・・・

    私も仕事人間でした。職種は違いますが、ワークライフバランスがワークのみ。投稿者さんは、お子さんをご出産されているとのことすでに家庭も仕事も手に入れ素晴らしいと思いました。因みに私は、独身です。昨年突然、12年続けてきた仕事を辞め、今は海外留学しています。辞める理由は人それぞれですが、一つ言えることは私は仕事を辞めて今海外に来て正解でした。日本にいて仕事もバリバリ頑張っていた時、本当にどんどん視野が狭まっていくのが悩みでした。仕事は頑張った分、必ず自分に返ってきます。仕事第一の生活から海外生活で違う価値観に触れることで今までの仕事も大事だけど、違う視点から自分をみれるようになると思います。それだけのポジションと年収を手に入れるのはとても努力されてきたのだと思います。私は来年以降同じ職業に戻るつもりですが、これまでと違う価値観を手に入れた今、同じ関係の仕事でも違うポテンシャルが出せると考えます。長い人生に、少し休憩があってもいいのかなと思えるようになりました。今の方が、私は心は豊です。

    ユーザーID:7365343758

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 自分の気持ちに正直に

    私もトピ主さんほどではないですが、専門職を止めて、旦那さんについていきました。
    結果幸せです。
    どちらが正しい間違いとかはなく、恐らくご自身の気持ちに従うのが一番幸せになると思います。
    ただ同じ女性としては、キャリアを積んで、どんなに高給を取っていたとしても、家族で幸せに暮らしている女性の方を羨ましく思います。
    だって高給で得られるものって何ですかね?
    家?旅行?車?洋服?鞄?私はそんなもの一切要らないし、現に持っていません。海外旅行は独身時代に行きまくったので、もう行きたいところがないというのもありますが。
    トピ主さん、健康と家族はお金では買えないですよ。私は家族で遊んだりする何気ない日常が一番幸せだと思う今日この頃です。もし明日自分が死ぬと分かっていたとき、何を選ぶかを基点に考えられたらどうでしょうか?

    ユーザーID:7223543144

  • 辞めて良かったです

    そもそも結婚すらせず1人で生きていこうと思ってたし、働かざる者食うべからずで定年まで働くことが当然だと信じていました。

    なのに辞めようと思ってから実際に辞めるまではほんの2か月くらいでした。

    仕事に熱中していたころの心理って、学生のころからの延長で実は流されていただけのような気がします。
    学校行って当たり前、就職して働いて当たり前って感じで。

    レールから外れてしまうと後は自己責任で走り続けなければならないし、それが怖くて仕事にしがみついていた感じ。

    年齢を重ねるにつけ、周囲に定年退職する人が増えてきて、仕事ばかりで生きてきた人たちの喪失感や諸々を見て、仕事にこだわる必要あるのかな?と考えるようになりました。

    辞めてしまえば特に収入面で不自由はあるかもしれないけど、それ以外には特に問題無いように感じました。
    幸い私の場合は「家にいてもすることがない」ということは無い趣味人間なので専業主婦でも退屈することは無いですし。

    収入を手放すことには不安はありますが、それ以外では自分で生活を彩ることができるなら辞めても良いように思います。

    ユーザーID:1229424916

  • 仕事辞めました

    トピ主さんとかなり似たような状況でしたが、4年前に娘が小学校に上がるタイミングに海外で専業主婦となりました。現役時には産後6週間で職場に完全復帰、シッターさんや家政婦さんに子育てと家事をお願いしてやりくりしていました。

    子供とゆっくり過ごせるのはもちろん何にも変えられない喜びですが、私生活のほうはというと、習い事や料理に凝ったりと楽しかったのは最初の2年ほど。PTAの役員をやって忙しく過ごしてみたりもしましたが、仕事をして得られる満足感とは全く違うなと感じています。

    そろそろまた仕事に復帰しようかなと考え中です。

    ユーザーID:7264325089

  • 離れると

    もったいないかもしれないけど、離れると家族はよくないよね。よく考えてみて。

    ユーザーID:1461423550

  • 女性のキャリアは、らせん階段だと思って


    「女性のキャリアは、らせん階段だと思って」
    これは、作家の塩野七生さんがインタビューでおっしゃっていたことです。

    直線であがっていくのは難しい。時には大回りすることもある。
    でも、それでも、続けていけば、
    最初よりも高い場所に登っていくことができるから、
    コツコツと。自分のペースで登るのです。

    もう15年以上前、出産した頃に読んで、
    それから、いろんなことがあるたび、
    この言葉を思い出して、工夫してきました。

    トピさんの場合、現在がかなりハードなようだし、
    ここでいったん、ご主人の海外赴任についていくというのも
    アリだと思います。

    そこで気持ちを、完全に切っていまうのではなく、
    タイミングをみて、仕事はしていくのだという気持ちはもっていれば
    次のステップが必ず見つかります。

    外資で2500万稼いでいた人なら、やりようはいろいろあると思います。

    私の方は、かなり子育ては終盤ですが、
    かわりに親の介護と自分の定年とかが
    ちらちら見え始めています。

    どこまで、いっても「らせん階段」なんですけど、
    幸せかって聞かれると、幸せですよ。

    ユーザーID:9311769149

  • 子育ては人生の中でほんの一瞬です。

    元仕事人でした。米国の大学院卒後に都内の外資でそれなりの仕事していました。出張も多く、体力が許す限りでギリギリのところまで残業もしていました。結婚していなかったので時間は全て自分のもので、仕事に没頭することができました。

    でも結婚したんです。しかも外国に住む異国人と。当然離日ですので仕事は辞めました。30代前半の頃です。子宝にも恵まれて、専業主婦・ママしていました。日本での私を知る人は誰もそんな私の生活を信じられませんでした。下の子どもが小学生にあがるまで家にいました。

    それからキャリアアップを図るため、また大学院に戻りました。40過ぎてからの第2キャリへの挑戦でした。まぁ日本ではないこの国にいるから出来たことかもしれませんが、いま50代前半なんですが、また仕事人しています。でも、大学院に戻っている時に子ども達はまだ小学生だったので、本来ならしてあげられることでも出来なかったことが一杯あり、多少の子達に負の影響が残っているのは否定できません。

    一生懸命頑張れば、将来の道は開けます。でも子どもが小さいうちは一緒に過ごしてあげてね、というのが私の後輩へのお決まりのアドバイスです。

    ユーザーID:4505976196

  • 能力があればいつでも働ける

    世界的な超巨大企業の研究開発部門にいました。

    私も出産してしらばくは働いていましたが、どうしても自分の手で育てたくなってしまい、子どもが8ヶ月で仕事を辞めました。

    その後、自分で起業しました。
    能力があれば、いつだって仕事できますよ。

    離婚して子どもを育てながらがむしゃらに仕事してここまできました。

    今は週に3日ほど働いています。
    それでも普通の会社員の平均ほどは稼げるので、やっぱり持つべきは職業能力だと思いますね。

    仕事やめて大丈夫かどうかなんていうのは、職業能力のない人の悩みでしょうに。
    能力があれば、いつやめてもいつでも働けますよ。
    安心して大丈夫。

    ユーザーID:4668035134

  • 仕事に対する思い

    もう10年前になりますが、同じような状況で退職しました。
    夫の駐在は長くなりそうだったし家族は一緒にいるべきとの考えだったので、辞める以外の途はありませんでした。
    色々な場所を転々とし海外に計6年間いました。
    子供2人の育児で手一杯だったし専業主婦なので仕事の悩みを抱えることなく、生活は大変だったけど家庭は安定していました。

    前職では5年ほど管理職を務めましたが決してキャリアのトップを走ってはいなかったし、このまま行っても40代で足踏みだろうとの予測があり、石にかじりついてでも続けたいという思いはなかった。
    潮時だったのだと思います。

    今は上の子が中学生になり仕事を探しています。
    もう子供が大きいので選ばなければなくもないですが、管理職経験のある人間にとって低賃金の単純作業的な仕事は気持ち的に無理です。

    前職の収入は700万円台でした。
    主さんの収入はまさに桁が違うので正直勿体ないと思います。
    毎年2500万円を失った生活の想像ができますか。
    しばらく別居して頑張れるところまで頑張り、決断を先送りしてもいいと思います。
    結局は仕事に対する思いがどの程度かで決着すると思います。

    ユーザーID:3623470357

  • 年収がそれだけ多ければ…

    別に再就職に困るとも思えませんけれど…も?

    仕事と育児がある人は、仕事100%の人には敵いません。
    こればっかりは、仕方がないです。

    私はトピ主さんの25%程度しか、年収を稼げていませんでしたが、
    それでも仕事を辞めたくありませんでした。悩みました。
    …でも結局、辞めました。私も家族と過ごす時間を優先したかったからです。
    そのうち、パートで働くつもりです。

    考え方を変えましょう。
    トピ主さんの人生のステージが変わるのでしょう。
    「第3幕・海外駐在編」素敵じゃないですか!

    ユーザーID:0432087270

  • 同じでした。

    トピ主様ほど年収は高くないですが、
    共働き、産後復帰し、やはり大きな仕事は任されず
    後輩に追い抜かれていきましたね。
    今までのように夜遅くまで時間を気にせず仕事に打ち込むことはできないし、子供優先でいたかったので、仕方ないと思ってました。

    そんな時に夫の海外赴任。
    私は迷わず退職し、ついていきました。
    夫の会社の規則で働くことはできませんが
    学校に通ったりすることはできますので、語学の方に力を入れて帰国後に備えました。
    あとは料理の腕もかなり磨かれたかな?
    今まで忙しくて家のことも充分にできなかったので。

    時間があるので、子供ともゆっくり過ごせましたし、
    学校の時はプレやシッターさんに頼み、子供がお昼寝の時や
    夜寝てからコツコツ勉強してました。
    今まで出来なかったことをやれたので
    とても充実してたと思います。
    帰国後、また再就職しました。

    元々、家にいるのが苦ではないのと、
    夫の収入だけでも充分にやっていけるので
    こだわりがあまりなかったのもあります。
    友人の中には、ずっと家でおかしくなりそう・・って
    言ってた人もいるので
    こればかりはやってみないと分からない部分もありますね。

    ユーザーID:2088814052

  • 別の仕事を始めました

    私も、子どもを2か月で保育園に預けて働いていました。その後、夫の転勤により泣く泣く退職しました。

    夫の転勤の可能性はわかっていたことです。私は働き続けるつもりでしたけど、夫にとって、妻が仕事をし続ける生活は負担だったようです。仕事を続けるべくあらゆる方法を模索し、夫婦で話し合いましたが、私が折れる形で泣く泣く退職しました。

    世間から見れば、専業主婦の暮らしは贅沢なのかもしれませんが、私自身はなかなかなじめませんでした。何とか働いて自分の収入を得たいなと、それをよく考えていました。

    そして、別の仕事を始めることにしましたよ。家事育児をしながらずっと勉強してきました。その間、二人目も産みました。まだ園児がいますので、今は見習いといった感じでぼちぼちとやっています。下の子が入学する頃に、本格的に始めようかと思っています。

    前職とは違う分野ですが、前職以上に自分に合っていると確信しています。

    補足ですが、上の子が気難しい子でして、あの時辞めたのは子どものためには正解だったと思います。

    ユーザーID:1188443706

  • 捨てたとは思っていない

    38歳 女性。トピ主さんほどではないけれど・・・大手企業で専門職、キャリア積み重ねて”長”がつく役職でした。

    仕事が楽しくて楽しくて結婚する気はなかったのですが、36歳の時に4年お付き合いした方と結婚することになりそれを機に退職し、夫の地元の地方都市へ転居しました。

    辞める前は周りからキャリアを捨てるなんてもったいないとか、東京に居ないと仕事ないよとか散々言われました。

    そうですね。確かに東京に居ればこその仕事だったからかもしれません。
    部下がいて、役職付き、年棒も良い。その仕事を誇りに思ってました。

    でも思い切って退職したけどそれはそれで幸せです。
    全く違う仕事を始めたけど、やっぱりこれまでの仕事の経験は役に立っています。
    毎日、のんびり楽しく仕事しています。家庭もとても幸せです。

    私はキャリアを捨てたとは思っていないです。
    役職や部下はないけれど、夫や友人がいる。
    いまは、私のライフステージのなかで、こういうステージなのだと心から思えます。
    定時で帰って、お料理教室に通ったり、お買い物に行ったり。充実してます。

    ユーザーID:6314828736

  • もったいない

    そんなに収入があるのなら、住み込みのお手伝いさんをお願いしても良いくらいです。
    今まで、家事を外注しなかったのですか?
    ご主人の収入が、トピ主さんより低いのなら、やめない方がいいですよ。
    子供と夫とずっと一緒に過ごせる毎日が仕事より大事と言っても、
    2、3年のことですよね。
    お子さんだって、小学校は日本の方がいいでしょう?

    ユーザーID:9614869638

  • 自分は仕事が好きなんだとわかったのは40代になってからでした

     こんにちは、50代になり体力気力の衰えを感じ週4日から週3日に仕事を減らそうかなと考えている医師です。夫婦共に実家から遠く、子育ての為に母である私が仕事を質、量共にセーブして何とか両立してきました。なので、トピ主様の仰る「誇れるものでない」「みじめ」というお気持ちにはとても共感します。
     お子さんはまだ未就学児ですよね。赤ちゃんの時とは違った可愛さのある時期ですね。今は共に大学生になったうちの長男次男も、その頃はとても可愛かったですよ。今は今で若い男の子の可愛さがありますが。幼児期特に甘え上手の次男は「ママと結婚する」と言い、つたないひらがなでラブレターを書いてくれる等全身で愛情を表現してくれていましたが、何を言っても「うっせー」の反抗期を過ぎて今は彼女が一番大事みたいです(苦笑)
     よくおわかりと思いますが、子供が小学校に行き始めると母親であるトピ主様が1人で家におられる時間がかなり増えますので、その時「空の巣症候群」にならない自信がお有りなら辞められてもいいのかも。あるいは何か新しい事を始められるか。確かに帯同されればご主人は助かりますし絆は深まるし、お子さんにも良い経験ですね。

    ユーザーID:6936181155

  • 夫がどのように感じるかがポイントだと思う

    お子さんが夫と共に行くというオプションもありなのでしょうか。あなたが全て負担する必要はないのです。夫さんがとぴ主さんのどのようなところに魅かれて結婚したのかにもよりますが、経済力の喪失=発言権の低下になるととぴ主さんのストレスになるかと思うので収入を手放すことは慎重に考慮されたほうがいいと思います。

    ユーザーID:8013428064

  • 仕事なんていくらでもある

    バブルの頃に就職、海外との取引の中で受け皿が全く足りていない事をきっかけに、現地のスポンサーを見つけて起業しました。
    専業主夫をしても良いという男性と結婚しましたが、生まれた子供が丈夫ではなくて、会社を売却して家庭に入りました。

    その後主人の出身国に移住、子育てをしながらボランティアをしていましたが、数回その世界的な規模の非営利団体の日本支社で働いてくれないかと頼まれました。
    また、ボランティアを一緒にした人達から自分の会社で働かないかと声をかけられた事もあります。

    今は忙しい夫に代わって投資をしていますが、元手が夫の稼いだお金なので偉そうな事は言えませんが、年間1千万ほどは安定して入って来るようにしています。 それに関するこまごまとした事や、投資先を替える様な事は全て私がしています。

    どこに行っても一生懸命何かをやっていたら仕事に繋がる事は世の中に山ほどあり、専業でも暮らせる生活の中で夫や子供に無理の無い範囲で収入を作ってゆく事はさほど大変ではないと感じています。

    私にとっては、家族と一緒の時間よりも大切なものは無いので、会社を離れた後悔は無いです。

    ユーザーID:3821505990

  • どの時間が大事?

    どんな暮らしがしたいか…じゃないですか?

    お金で豊さを得て、好きな教育、物的環境を得ることができる。

    お金の心配は一切ない。

    しかし、心面だけは少し心配ですよね。

    単身赴任、時間的なゆとりがないということは、家族皆がそれぞれ精神的に犠牲を払う。
    お金と心のバランスですね。

    トピ主さんの場合、2500という数字の大きさが問題を少しややこしくしていますね。

    これからの生活水準をどこに置くかでは?
    セレブ並の暮らしを追究・維持したいなら、仕事は続けて単身赴任も覚悟して、シッターを雇って乗り切る。

    私は、暇なパート主婦です。
    今、一番の幸せは、子どもが家を出るのを見送る瞬間と、子どもが夢中で何かに打ち込んでいるのを見る瞬間と家族旅行です。楽しいのは、やっぱり家族との時間なんですよね…

    もし、仕事を続けるならば、子どもとのスキンシップやふれあいを大切にして下さい。私はキャリアママのもとに育って、それが無かったので寂しかったですよ。

    大変だろうけど、選択肢があるということは恵まれているのですから…
    よく検討されたらいいと思います。

    ユーザーID:4050166751

  • 好きな仕事なら続けて

    今のお仕事が好きなら、続けて欲しいです。

    私は離日するために離職して20年経ちましたが、年に数度は職場の夢をみます。
    すべて職場復帰する夢ばかりです。

    もしも今の時代なら、事実婚や家事の外注、時短などしてでも続けただろうと思います。

    好きな仕事、遣り甲斐のある仕事で賃金を得られる人はそう多くはありません。

    後に続く後輩女性のためにも、何かを手放さなくとも何でも掴める事を見せてあげてください。

    ユーザーID:3555313556

  • やめた!

    2000超えではないので経済面の問題については語れません。
    (ただ、子供一人なら夫の年収が2000あればオール私立、留学くらいは無理すれば大丈夫です。)

    仕事の生きがいと言う面については、子供のころからの夢をかなえることができ、仕事が人生でした。
    ただ若いうちからあまりに仕事に恵まれすぎて、30代に入るまでの間にやりたかったことはすべてやりつくしたんですね。

    そこからすぐ妊娠。3か月で復帰しましたが子供2歳のときに夫が海外転勤になり、スッパリやめてついていきました。
    子育てが面白くてしょうがなくて、後悔していません。
    ただ、周りのママがいまだに現役で働いているのを見ると懐かしくてまた仕事もしたいな〜という気分になり、今年から自分で開業して、やれる仕事だけやっています。依頼のあったときにだけやるかんじです。

    子育てに注力出来て、仕事をする姿も子供に見せられて、子供が巣立った後はまた少し仕事を増やしてもいい。
    これが今は美味しいどころどりできるかんじで私にとっては一番いいスタイルですね。

    今だけの事ではなくて長期計画でどうしたいか考えてみたら?企業に所属するのが全てではないと思う。

    ユーザーID:3048034814

  • 仕事より子供を取りました

    結婚前からずっとバリバリ働いてきて、結婚後も何年か同じ生活をしていました。
    トピ主さんと職種はおそらく違いますが、国家資格もちで年収は約3000万ありました。
    お金はたくさんたまりましたし、仕事も楽しかったです。
    子供を産んでからも、なるべく早く預けて復帰するつもりでいました。
    ですが、産んでみたら子供がかわいくて、子供の世話をするためにそばにいたいと強く思うようになりました。

    結局、フルタイムでの復帰はせず、少しだけ仕事をするという選択をし、収入はかなり落ちて1000万ほどになりました。
    その後もう一人子供を産んだのをきっかけに、今は無職、無収入です。
    下の子はもうすぐ2歳、機会があればまた働くかもしれませんが、子供との時間は大切にしたいです。

    夫の収入は2000万弱で、以前の私より少ないのですが、まあ食べていくには困りません。
    それに共働きしていたときの貯金も相当あるので、こんなかんじでゆるく暮らしていくのも悪くないなと思っています。

    ただ、私の場合復帰は望めばいつでもできるので、それもあってあっさり辞めることができたのかもしれません。

    ユーザーID:2110462103

  • レスありがとうございます

    ちいま さままで拝見しました。色々なお話が聞けてよかったです。皆様のレス本当に心に沁み、涙が出たものもありました。

    家事の外注、シッターさんは定期的にお願いしています。仕事は好きだし、今の生活なら続けていけそうでした。でも、夫と別居したら、一人でいっぱいいっぱいになるのは目に見えています。かといって今以上の育児の外注は望んでいません。子煩悩の夫が子供と別居するのも気の毒です。私が仕事をセーブして家事育児をメインで担うのは、二人で話し合って決め、合理的な結論なのです(もっと仕事したい気持ちは正直ありますが)。

    退職にあたっては収入がなくなること、主婦生活に馴染めるか、再就職できるのかなど不安もいっぱいあります。でもやっぱり私にとって「幸せな生活とは何か」と考えると、夫と子供と一緒に楽しく過ごすことです。赴任先は先進国の田舎で治安も良いようなので、子供に色々な体験をさせてあげたいです。私は現地の言葉を勉強したり、趣味のことを再開しようかな、と思っています。

    キャリアもらせん階段のように上に続くといいのですが・・というか、続けるという気持ちが大事なのでしょう。

    ユーザーID:9851286552

  • ナニーを雇ったらどうですか?

    うちは在米ですが、是非フェイスブックのシェリルサンドバーグが書いたリーンイン読んでみてください。
    育児のためにキャリアを一段中断することが、どれだけ後々のキャリアに影響があるのか書いてありますので。

    子供の送り迎え、そして帰ってきてから食事の世話などしてくれる人を雇ったらどうですか?年収がそれだけあるなら、良い人材を確保できると思います。

    私もフルタイムで働きながら乳児育ててて大変ですが、くたびれながらも頑張っている自分を誇りに思いますけどね。今日もこれから明日のデイケアでの赤ちゃんの離乳食作ります。

    仕事が無い自分って考えられないですけど、後で一番後悔のない選択をしてくださいね。頑張ってください。

    ユーザーID:7886844578

  • 難しいものですね

    色々なレスを頂き、やはり、夫婦フルタイムで働きながら子供に十分手をかける・・というのは、難しいことなんだなぁと思いました。夫婦ともに少し仕事をセーブし、交代で夕方に退社する、というのが私には一番理想的に思えますが、事実、私の夫などそういう働き方はできませんし。一方が夜遅くまで仕事をするとなると、一方が大幅にキャリアダウンするのはやむなしというのが現実だなと思います。

    レスを下さった方皆さんとても優秀そうで、仕事にもやり甲斐を感じていらしたのだと思いますが、色々な理由で離職されていました。でも、後悔しているというレスのほうが少なかったように思います。納得して退職して、色々なことに目を向け、できるスキルアップをしつつ、キャリアの継続は諦めずにいたいです。

    トピを立てて良かったです。ありがとうございました。

    ユーザーID:9851286552

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧