• ホーム
  • 健康
  • 本日子宮頚癌(腺がん)の告知されました

本日子宮頚癌(腺がん)の告知されました

レス75
(トピ主21
お気に入り277

心や体の悩み

レモン

独身36才です。本日、子宮頸がん(腺癌)の告知を受けました。細胞診で悪い結果がでていたので、覚悟はしていましたが、
でも半分は何かの間違いだろうと自分に言い聞かせていました。それでも、心配で御飯が食べれず1週間で4キロほど体重が減りました。
今日お医者さんから、告知され、MRIやCTの画像からおそらくステージ1Bだろうと言うことでした。
手術日のその場で決まり7月の最初の頃になりそうです。
手術は子宮全摘手術(卵巣も含む)と言われ、家に帰ってからずっと泣いていました。
ずっと、横になりながら、色んな人のブログや子宮頚がんについて調べてたりしていて、寝れそうにありません。
もうどうしていいかわからず、気力もわかず、しかも独身で一人暮らしで、頼れる人がいません。
母は3年前に亡くなり、父は別の家庭があるため。
みなさん、どうやって気持ちを切り替えたか等なにかお言葉いただけたらと思い、藁にもすがる思いでここに書き込みしております。

どうぞよろしくお願い致します

ユーザーID:8145883512

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数75

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 栄養と睡眠を取って

    しんどいですね。
    手術するとの事。
    手術には体力が必要です。
    食欲も湧かないだろうと思いますが、食べられるならなるべくたくさん食べて、
    夜はよく眠って備えてください。
    そういう準備しておけば回復が早いですよ。

    病棟には同じ病と闘う仲間がたくさんいます。
    彼らはあなたを心から励ましてくれるでしょう。
    私にはそこで出会った人と、友人以上の、もはや家族同然と思える仲間が出来ました。
    元気になるためには精神的な支えも大切です。
    きっと元気になります。信じれば叶いますよ。

    ユーザーID:6732191400

  • 可能であるなら

    一応、セカンドオピニオンを受けてはいかがですか?
    卵巣を残せないか?
    残せないなら、卵子を冷凍保存出来ないか。

    ユーザーID:1849128822

  • 大変ですね

    不運でしたね。全摘するまで進行していたとは…。

    まずは、ショックな気持ちを思い切り吐き出し、沢山泣くことです。
    そして、たっぷりの睡眠を取ってください。いっぱい寝坊して、昼過ぎまで寝て。
    そうすると、ちょっとずつ受容できるようになりますよ。

    そして、前向きな点を考えましょう。
    このまま気がつかなければ死んでいたが、手術を受ければ高齢になるまで生きられる
    生理が無くて快適な日々が来る
    子供は産めないけれど、癌にならなくても、どっちみちこの年齢では妊娠の可能性が低い
    手術が終わったら、拾った命で何をしたいか考える。
    結婚だって可能ですよ。

    どうか、トピ主さんがこの苦しみを乗り越えられますように。

    子宮頸がん、怖いですよね。一つ教えていただきたいのですが、子宮頸がん検診は毎年受けていたのに進行癌が見つかったのですか?

    ユーザーID:0539287915

  • 私は経験者ではないので

    お役にたつ情報はありませんが、どうか、くれぐれもお大事に。早くのご回復をお祈りします。

    ユーザーID:7213108307

  • 実はね、私も今日・・・

    子宮体がんと診断が下り、7月2日の手術が決まりました。
    私の場合は50過ぎているので、子宮と卵巣の摘出手術はまだ受け入れることができましたが、主さんはまだお若い。気の毒です。
    でもね、ステージから言えば早期の発見です。病気は不運ですが、早く見つかったことは幸運です。

    私は33歳で子宮内膜症の手術、45歳で右卵巣摘出、51歳で大腸がん、53歳で子宮体がんですよ・・・。お腹の手術痕は散弾銃を受けたかのように傷だらけです。
    でもこればっかりはしょうがない!!泣いていても始まらない。飛んできた火の粉は払わねば!!後は野となれ山となれ!!まな板の上の鯉です。いえ、私は小ぶりなので、おそらくイワシくらいでしょう。

    今日病院から帰って、「また手術かよ・・」とちょっとへこんだので、スーパーで握り鮨のパックを、ケーキ屋さんでプリンがのったケーキを買って帰り昼ご飯に食べました。おいしかったです(笑)。「あ〜〜うまかった!」と言えたので、へこみようは軽かったようです。

    転移か原発か?どちらにしても乗り切るしかない!!

    主さんも一緒に頑張ろうや!!!

    ユーザーID:2302514018

  • 一人じゃないぞ

    レモンさん頑張れー! 

    ユーザーID:5407851153

  • 経験者です

    ちょうど1年前、子宮頸がん(腺がん)1Bの診断を受けて、7月から8月にかけて治療をしました。
    遠方に住んでいるので、家族からの援助は受けず、基本的に一人で乗り切りました。(状況が似てますね)
    治療後9カ月になりますが、スキャンにはがんの気配も映らず順調で、感謝の日々です。

    私も検診で判明したので、青天の霹靂のような出来事ではありませんでした。
    不安と心配でいっぱいでしたが、親しい友人数人に頼んで、必要な時に手を貸してもらいながら、なんとか乗り切りました。

    治療に向けて一番大事なのは、体力と気力の充実です。
    これから手術も受けて、強い薬も体の中に入りますから、それに耐える体力が必要ですし、
    何回も注射をされることになるので、気持ちも強くなければなりません。
    治療が終わっても、再発の恐怖は付いて回ります。気持ちで負けないように。

    早期発見できて早期治療を受けられることに感謝して、前に進んでください!
    大丈夫。同志がここにいます!

    ユーザーID:7737298930

  • 生きて幸せを掴むための手術ですね

    子宮全摘出しても、あなたはあなたのままです。
    1bは、生存率がとても高いですよ。
    治すため、生きるための手術です。
    悪くなった場所を取ってしまいましょう!
    幸せを掴むために恋も結婚もしないとね!

    きっと沢山のコメントがあるでしょう。
    エールの数を見てください。

    あなたは一人じゃないですよ!

    ユーザーID:8558869661

  • お辛いことと思います。

    42歳で子宮頸がんで単純子宮全摘出をしました。今年で6年目です。

    まだ独身のトピ主さんが子宮を摘出されることのを辛さは大変なことだと思います。そして、腺がんということも、心配ですね。

    私も癌マーカーの数値が高く、転移していて半年くらいで死んでしまうかもと、不安で不安で。手術後も検査の度にビクビクし、やっと5年をすぎたと思った検査では、肺に蔭がでて、転移かもと数か月経過観察をしていた時は怖かったです。

    頼れる身内がおられないことは、お気の毒です。お友達につらい気持ちをきいてもらえないですか?私も家では子供が不安がるので、辛い気持ちをはきだせず、皆が寝静まってから一人台所で声を殺して泣きました。お風呂でも何度も泣きました。

    それでも、大変親しい友人二人に話せ、毎日のようにメールで励ましてもらったことが一番の救いです。トピ主さんも、信頼できる誰かに相談されてみたらどうでしょう。

    手術を無事乗り越えられて、どうぞご回復をなさって下さい。
    卵巣もとられるので、その後も不自由なこともあるかと思いますが、癌に負けないで!

    癌がきれいになくなりますように!!

    ユーザーID:9219763535

  • 大丈夫!

    私も二年前に子宮頚部腺ガン1bになり子宮全摘、卵巣も取り リンパ郭清しました。告知されしばらくは絶望し悲観的になり気力もわきませんでしたが時間が経つにつれ開き直り、病と向き合って前向きにいくしかないと思えるようになりました。幸い手術も成功し後遺症もなく今は元気に普通の生活を送ってます。三ヶ月に一度の通院の時だけ病気の事を意識するような感じです。不安は一杯だと思いますがとにかく目の前のやらねばならぬことを淡々と一つずつこなしてゆくのが良いと思います。ネットの情報も良い事だけを信じることです。腺ガンも初期なら扁平上皮ガンと治癒率の差はないそうです。大丈夫、治ります!

    ユーザーID:3244552358

  • おつらいでしょう…

    独身で子宮全摘はとても過酷な状況だと思います。おつらいですね。私は子宮の手術を32歳で経験し、また再発したため近々手術です。子宮全摘と言われています。子宮、残したいですよね。でも癌となるとあなたの命も危なくなりますからまずは命優先で…。出産に関しては諦める部分がでてきますが結婚については諦めないでいてほしいと思います。身近に頼れる人がいないのが心配ですがそういう時はネットでも大部支えて貰えますよ。私が不妊治療中、一番支えてくれたのはネットにいる経験者の方でした。夫でも親でもなく。

    ユーザーID:7911772407

  • 今のあなたを私と思ってレスしますね

     レモン様、あなたよりちょっと年上です、7年前乳癌を診断ステージ2b(レモン様ならわかりますね)右胸を失い、抗がん剤、ホルモン剤、分子標的療法を行いました
     時が過ぎ、少しづつ癌の事を考えない時間が増え、安心していた矢先、今度はあなたと同じ子宮頸部腺癌が見つかりました、半年前のことです、子宮と卵巣を摘出しました。
     子宮癌告知後は、胸も失い、子宮卵巣も失う、もう女性ではない、価値がないと、1週間ぐらい水しか飲めませんでした。あなたの辛さは痛いほど理解できます。
     でもね今の私は一杯笑えてますよ、友人との旅行や、食べ歩き、おしゃれだってばっちりです、ホルモンバランスの影響(年のせい)でお肌の衰えは歪めませんが、今の野望は美容整形で若返る!!です
     手術は次の日までちょっと痛いけど、すぐ歩けるし、入院だって8日間(OP後7日)でしたよ。準備をしっかりすれば大丈夫、
     早くお元気になりますように
     

    ユーザーID:3099771132

  • セカンドオピニオン

    心情お察し申し上げます

    私の知人の話ですが、検診で子宮頸がんが見つかり、
    円錐切除という方法で手術しました
    海外だったので、医療費も高いからか、1泊で退院だったと思います

    その数ヶ月後、妊娠して元気な赤ちゃんを産みました
    もう18歳になります

    できれば、検査結果を持って、他の先生のご意見も聞いて見てください

    何も、全摘しなくてもいいのでは?と思います・・・・

    同じ女性として、トピ主さまの苦しみ、悲しみが我が事のようで、
    胸が締め付けられます

    今はネットで、いろいろな情報を得られますから、どうか勇気を出して

    ここで、応援しています

    ユーザーID:9266512148

  • 大丈夫

    婦人科系は全摘しても生活にそれほど支障はありません。
    これが肺とか胃だったら部分切除でもかなり大変です。
    どうか前向きに生きてください。
    くよくよしていても身体は元に戻りません。
    頑張って!

    ユーザーID:4068412188

  • 病院で癒された

    6年前に卵巣がん経験しました。
    トピ主さん、告知されたばかりの今は本当に精神的につらい時だと思います。私も最初は、なんだか神様から、この世の中にお前いらないと言われたような気がして、ずっと泣いてました。

    これからトピ主さんは手術・治療をしていくわけですが、当たり前ですが病院にはがん患者が沢山入院しています。同じ病室の患者さんと話をするだけでも、「自分だけじゃないんだ」って気持ちになれると思います。ちなみにですが、私が入院した時は、まわりは子宮頸がんの患者さんがほとんどでした。
    看護師さん達も丁寧にケアして下さるし(これも仕事だから当たり前と言われたらそれまでですが、感謝しかないです)、私は入院して体だけじゃなく心も癒されました。

    今、無理して気持ちを切り替えようとしなくても、治療していく過程というか、時間を経て自然と体も心も力がついてくるように思います。

    難しいかもしれませんが、あとは「深刻に考え過ぎない」こと!世の中、がんと聞くとイコール死、みたいな印象がまだまだあるのが残念ですが、現実は発達した医療のおかげで沢山のがん患者が救われています。
    お体大事に!

    ユーザーID:8181556715

  • 私も同じです

    こんにちは。
    今日は私の住んでいる地域はとてもいい天気です。
    レモンさんの地域は如何ですか?

    昨日の今日で、全く気分は晴れないと思います。
    私も同じ病気をしており、少しは気持ちがわかります。

    円錐切除を2回して、その後の経過観察中に再度、発病してしまいました。
    同じ腺癌1Bで摘出手術を受けました。

    頑張ってとか励ましのような言葉など、今のレモンさんにはとても掛けることはできませんが、
    同じことを経験している人間が、ここにもいるよと言う気持ちで出てきました。

    一人ではありません、私も含め顔は見れませんが仲間は沢山いますよ。
    一緒に歩んで行きましょう。

    ユーザーID:3169340055

  • がんばれ!負けないで

    早いうちにわかってよかったじゃないですか

    お母さんもいないとなるといくら30代でも恋しくなりますよね

    でもきっと見守ってくれてるから頑張って!

    私もあなたの早い回復をお願いしときます

    まずはいっぱい食べて元気つけなきゃね!

    ユーザーID:1841920842

  • 体力作りをしましょう

    手術が7月初旬ということは、あと一ヶ月ありますね。
    その間にできるだけ体力をつけましょう。

    お気持ちは今も混乱と不安の中とお察しします。
    気持ちはそのままあるがままにいてくださって大丈夫です。

    でも手術日への準備だけは淡々と進めていきましょう。

    美味しいもの栄養のあるものを食べる。
    ただし、肥満は創傷治癒の点から好ましくないので、
    バランスよく、という意味です。
    便通を整えておく。
    もし喫煙しているのなら禁煙。
    ちょっとだけでもいいので運動して、
    筋力をつけておく。
    肺活量をちょっとだけでもいいので上げるようにする。

    開腹か内視鏡かにもよりますが、
    体力や栄養状態で術後の回復には大きな差が出ます。
    創の治りも違ってきます。

    準備をしながらも色々な気持ちが迫ってくることもあると思います。
    走る。ヨガをする。踊る。歌う。
    お風呂につかる。腹筋。背筋。食べる。
    忙しくして頭を空っぽにして、疲れたら寝っころがってください。
    眠れなかったら、好きな漫画でも読みましょう。

    経験者かつ外科系医師より

    ユーザーID:6426312663

  • だいじょうぶ。だいじょうぶ。

    現在同い年、独身です。
    32歳で子宮体癌が見つかり、子宮卵巣全摘しました。
    見つかってから治療方針が決まるまで、眠れず食べられず、同じでした。

    とりあえず、ネットでいろいろ見るのはやめましょう。
    Web上にはポジティブ情報よりネガティブ情報が多いです。
    病気の解説サイトだけ見て、どんな治療があるのか、リスクがあるのか
    というところぐらい把握しとけばあとは要りません。

    お腹を切るから少し痛いけれど、ものすごい生命力で回復するのは見ものです。
    子どもがほしければ、養子縁組という手もあります。
    子宮がないと女じゃないとかいう人もいますが、わたし、モテます(笑)
    更年期障害は多少ありますが、生活に支障はありません。

    ね、だいじょうぶです。
    命がけとはいえ、1bなら余裕で勝てる闘いです。
    手術の後の人生はたぶんそこから考えればOKで、今は闘いに備えて、
    笑って、食べて、眠ってくださいね。
    あとは仕事や保険の申請などなど手配もいろいろしてしまいましょう。
    本当、だいじょうぶだから!

    ユーザーID:0956152727

  • お大事に

    それはなんとも大変ですね。
    ステージIb期でも、卵巣まで摘出となってしまうのですね。やはり腺系の癌だから、慎重に手術することになってしまったのでしょうか。
    かける言葉も見つかりませんが、とにかく大事にしてください。
    これから入院・手術と大変な日が続くので、体力をつけてください。

    どうしたら良いか私も名案が浮かばないのですが、もし少しでも精神的に落ち着ける時が来たら、トピ主さんも闘病のブログなどを開設してみてはいかがでしょう?
    同じ病と闘う仲間や、応援してくれる方が現れれば心の支えになってくれるのではないか・・・と。
    トピ主さんが治癒されて、心から苦労を話し合える仲間が出来ることをお祈りしてます。

    ユーザーID:8356656213

  • 祈っています

    子宮頸癌のことも何も分かりません。
    レモンさんのことも知りません。
    お会いしたことも、これからお会いすることもないかもしれません。
    いえ、もしかしたらどこかですでに出会っているかもしれません、
    これから出会うかもしれません。
    ただ深い話をしていないだけかもしれません。
    私はそんな一人です。

    私が近くにいたら私が側にいてあげたいです。
    そんな気持で今投稿しようとしています。
    そんな人がモニターの前にたくさんいると思います。

    どうかどうか誰かに頼ってください。
    血が繋がっていなくても、人は人にやさしくしたいです。
    レモンさん、どうか誰かに甘えてください。

    ユーザーID:8030488618

  • はーい、私もでーす

    私も同じ子宮頸がん(腺癌)の1b1で、一昨年広汎子宮全摘+リンパ郭清の手術と抗がん剤治療をしましたよ。
    そして現在、体使ってバリバリ働いています。

    今はショックかもしれませんが、始まってしまえば怒涛の毎日です。
    考えてる暇もなくあっという間に過ぎます。
    手術も抗がん剤も思っていたよりずっと楽だった。
    (私のイメージがひどすぎた?)
    今は自分だけこんなことにと孤独を感じているかもしれませんが、この治療をするような病院には同じような状況の仲間がいます。
    お互い心身ともに支え合いがんばれました。
    家族や友達、職場の人などの心配や気遣いや思いやりも本当にありがたく幸せでした。
    がんがみつからなかったら見過ごしていた幸せです。

    不幸を感じた分、幸せも感じられることがきっとありますよ。
    さ、何か美味しいものを買ってきてください。

    ユーザーID:0417855241

  • 泣いている場合ではありません!

    私もrikaさんと同意見! 「卵巣まで取る必要があるのか?」と思います。

    お金はかかりますが女性の立場に立って最新のセカンドオピニオンを受けられるところもあります。調べて下さい。

    将来子供が欲しいのだったら取るべき方法がある時代なのですよ!

    ユーザーID:4603381548

  • 私もステージ1B

    10年前に子宮癌検診でひっかかり手術をしました。
    かなり凹みますよね。
    あとどのくらい生きられるのだろうか?と考えて毎日泣いていました。
    気持ちが軽くなったのは手術が無事に終わった時です。

    正直「1B」ってまだ初期の方だと思います。
    希望を持って手術に臨んでください。
    昨年の10年目に「もう病院の先生から定期検査に来なくてもいいです」と言われました。

    今は生きられる事に感謝しています。

    ユーザーID:3722759072

  • 患者会に行きましょう!

    こんばんは。
    私は43歳で乳がんにり患し、左胸を全摘しました。
    私も渦中の時はご飯が食べれず、10キロ痩せました。
    ネットで乳がん患者会があるのを知って参加し、同じ病に悩む人たちと交流することができ、友達もできました。
    今でも時々患者会に参加しています。
    ぜひ患者会に参加してみてください。
    ネットで調べればきっとあるはずです。
    同病者同士で悩みや心配事を話すことができるし、先輩患者さんからたくさんのアドバイスを受けられます。
    きっと同年代の友達もできますよ!
    一人で悩むよりまず行動です!
    大丈夫、きっといい結果になりますよ。
    お互い癌なんかに負けずに頑張りましょう!

    ユーザーID:3319863884

  • 大変だけど、頑張って。

    グレード3(4に限りなく近い)でリンパ転移、
    術後10年を超え、少し残った子宮を縛りながら子どもも産んで、
    元気にしてる人を知っています。

    ごめんね。
    たいしたことが言えないけど、
    父には一応連絡はしたほうがいいと思います。

    ユーザーID:5366836449

  • 患者の互助会へ

    トピ主さん、まだお若いのに、大変な状況になりましたね。一人でいろいろ悩むと不安だけ増しますから、患者さん同士のサポートグループがありますので、コンタクトしてみたらどうでしょうか。

    オレンジティ NPO法人女性特有のガンのサポートグループ
    パールポート 婦人科がん体験者のピアサポートの場
    ハーブ 女性がん患者の会 

    がん患者会一覧(かんしん広場)

    ユーザーID:8063740971

  • うさぎさん、円錐切除はごく初期の癌だけです。

    円錐切除術が可能なのは、ごく初期の癌だけです。

    1Bまで進行した癌は、円錐切除術では治せません。子宮広汎摘出が必要です。
    場合によっては抗がん剤も必要です。

    医師も、むやみに若い女性の子宮を取ることはしません。

    ユーザーID:0539287915

  • トピ主のレモンです

    みなさま、本当に本当に書き込みありがとうございます!!
    ずっと凹んでいて書き込みを見てなかったのですが、今見てみると沢山の方からのコメントがありもう涙がでそうです。

    私以外にもっと大変な手術をされている方なのに私を励ましてくれたり・・・
    同じ経験者の方からのコメントすごく頼りになりました。
    なんてお礼をいっていいのかわかりません。告知されたときは真っ白で、又、その担当医とは2回しか会ってないのですが、最初からこの先生無理って思ってたのです。
    昨日いっぱい考えてセカンドオピニオンに行くことに決めました。あの、担当医なら、セカンドオピニオンのこというと確実にイヤそうな顔しそうですが・・・
    みなさんの意見読んでて本当にがんばらないとと思いました。
    御飯も食べれず、なにもする気力もなくただボーットして、ネットで情報をみてたりしました。
    コメントいただいたおかげで少し前向きになれました!
    ありがとうございます

    ユーザーID:8145883512

  • モナさんへ

    子宮頚がんの検査は毎年なるべくしていました。開くときは2年ぐらい空いてました。
    たまたま、去年もできずに、今年行かないとと思っていました。腺癌なので、ちょっと奥のほうになるので、もしかしたら普通の頚がんの検診ではひっからなかたのかなぁっておもいました

    ユーザーID:8145883512

レス求!トピ一覧