アゲハの幼虫(駄)

レス35
(トピ主2
お気に入り41

生活・身近な話題

蝶よ花よ

トピを読んでいただき有り難うございます。

もう随分前、夏蜜柑を食べていた時、冗談で「種を蒔いたら芽が出るかなあ」と思い、何粒か蒔きましたら、1つだけ本当に発芽しました。

鉢植えにしたので、今でも30センチほどの高さにしか成長していません。

さて、先日、青々とした新緑の葉っぱを愛でながらお茶していましたら、何やら動いている‘モノ’に気付きました。

よく見てみると、なんと、アゲハ蝶の幼虫が2匹、お食事中・・。いつの間に? とびっくり。

葉っぱと同色だからといっても、こんな(4センチくらい)になるまで気付かなかったなんて!

種から育てた大切な木が、そのうち丸坊主になるのではと、気が気じゃありません。

しかし、ここ数日、彼らが懸命にむしゃむしゃと葉っぱを食べる姿を見ていると生命の神秘を感じ、情が移ってしまいました。

可愛くて駆除なんてできない・・でも、夏蜜柑の木も大切・・。

このジレンマ、もし、皆さんならどうしますか? 彼らが美しい蝶になって旅立つのを見届けますか?

その間も、夏蜜柑は段々と無残な姿になっていきます・・・。

ユーザーID:8417227291

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じ

    私も以前トピ主さんと同じ状況でした。

    でもある時から、アゲハ蝶の為に柑橘系の植物を育てている感じでした。
    可愛いですよ。
    青虫は食欲旺盛ですし、さなぎの様子も見ることが出来るし・・・。
    ある時家の中にアゲハが飛んでいて、なんか挨拶してくれてるって勝手に解釈して嬉しかったです。

    ここは開き直るしかないかも・・・。
    成長を楽しんで下さい。

    ユーザーID:3171437648

  • 我が家も同じことが・・・

     気がついたときには、食欲旺盛なアオムシたちが蜜柑の木にてんこ盛りでした。
     遠からず食糧難に陥ると思い、慌てて、ちょっと大きい鉢の蜜柑の木を買ってきましたよ。。。
     以来、毎年アオムシたちが出現します。
     
     都会の狭いベランダとはいえ、自然はなかなか厳しいようで、蝶になれたりなれなかったり。サナギのまま越冬を選ぶ子もいたり。
     葉っぱをめぐって喧嘩をする子もいれば、そっと衝突を回避する子もいたり、じっと見ていると個性があるようで、面白いです。 
     アオムシたちが、地面(ベランダの床)からどのくらいの高さでサナギになるかで、その年の積雪具合が予想できたりします。

     あ、あとは雀たちには気をつけてください。
     3年目ぐらいからかな。残酷ですが、我が家のベランダは近所の雀たちに、オープンカフェ的な美味しい場所として知られてしまいました。。。
     去年は、雀たちに取られないように、アオムシたちを虫籠に保護して、巣立ちを見守りました。



     

    ユーザーID:3701693717

  • 悩みますね

    虫好きの息子がいるので私ならじっくり観察しますが、虫よりも木の成長を重視するなら即座にお別れですね。

    アゲハ蝶は葉っぱの裏側に小さな黄色い卵を生みつけるので注意して下さい。小さな幼虫は鳥の糞に擬態します。緑色ならそろそろ蛹になる頃なので、木から離れた所に放置すれば諦めて旅に出るか、蛹に変身します。
    木をネットですっぽり覆うのもお勧めです。

    我が家ではビオラが食べられてしまいました。でも子どもの為に我慢我慢。現在は蛹を観察中です。

    ユーザーID:2286394416

  • そろそろサナギに

    4センチまで育ったなら、そろそろサナギになるでしょう。
    そうしたらもうお食事しませんから、大丈夫。
    もう少し、食べさせてあげて。

    ただ、サナギになる時はその木でなく、移動してしまうかもしれませんから(できるだけ天敵から身を隠そうとするので)見届けられないかも。

    ユーザーID:1701373451

  • 同じです

    私の場合はベランダのプランターのグレープフルーツの木ですが木の違い以外、まったく同じ状況でビックリして嬉しくなりました。朝に晩に幼虫達が気になってしばらく眺めています。「大きくなったね」などと話しかけていたら目の前で枝からドサッと落下したドジな幼虫もいました。しばらくしたらはい上がってきましたが。もう何年も前から初夏の楽しみです。葉っぱがほとんど無くなるくらい食欲があります。めでたくアゲハとなって旅立つことはなかなか難しいようでいちばん多い年で12匹アゲハになりましたがあとは2〜3匹かなあ。本当は青虫は苦手ですがアゲハの幼虫だけは可愛がっています。

    ユーザーID:8425032208

  • 一匹だけ残しましょう

    あとの幼虫は捕殺!です。

    30センチでしょ?一匹が限度です。

    ユーザーID:0968598260

  • 餌になるものを買ってきて

    アゲハなら ミカン科の植物の葉が良いようです。

    農薬のかかっていないもの前提ですが・・・

    ユーザーID:9009055262

  • おねがいします

    アゲハ君たちを助けてください。夏みかんの木も大丈夫だと思います。
    私も毎日アゲハの幼虫の成長を見守っています。
    大嫌いだった青虫が今ではいとおしくてなりません。生命の神秘を感じます。
    お願いします。0.6%の成長率です。思わず出てきました。

    ユーザーID:4551569749

  • 隔離

    虫かごに幼虫を隔離したらどうですか?
    そして餌として柑橘類の枝を入れておく。
    この枝はどこからか融通してきてください。

    多分30センチくらいの若木なら、丸坊主になると思います。
    幼虫の食欲はすごいですから。

    あと、幼虫を隔離する、しないにしても、
    木に網をかけておいたほうがいいと思います。
    母親がいくらでも卵を産みに来ますから。

    もしかしてもうすでに増えているんじゃないですか??

    ユーザーID:9256575862

  • そのままだとおそらく枯れます

    我が家にも鉢植えのみかんの木がありました。
    ある年ふと気が付いたらアゲハがひらひらと。
    見た目ファンタジーですが、盆栽サイズのみかんの木にびっちり卵を産み付けてくれました。
    その後うっかり仏心をだして、幼虫を放置したら見事に丸坊主にされました。
    数ミリの新芽まで食べつくし、無残な姿のミカンの木は枯れました。
    それ以来、ガーデニングにつく虫は全部「害虫」です。
    私なら退治します。

    ユーザーID:6770725114

  • 自然に帰したほうが無難です。

     鉢植えは屋外にあるとして。

     どっか他の木に移し替えたほうが良いと思います。

     好きなのは柑橘系だけではないはず私の経験ではとげとげのある緑色の濃い低木の葉っぱも好物だったはずです。

     自然に戻すのがなぜよいかと言いますと、このまま成長しても必ずしも「蝶」になるとは限らないからです。

     せっかくサナギになっても小さな蜂がブンブン湧き出たら笑うことも泣くこともできません。

     ジカ蜂の仲間は幼虫の体内に卵を産みますのでご注意を。

     尚、卵から室内ケース内で育てている場合はその心配はありません。 

    ユーザーID:7906936595

  • パセリ

    遠い遠い昔。
    パセリに青虫がいました。
    青虫付パセリを根本で切って、ビンに入れて
    小学生のこどもの机で飼育しました。


    ある日、アオちゃんがパセリから脱走。
    3段ボックスの側面で、それはそれは、おいしそうな黄緑色の
    ずんだもち色の
    さなぎになっていました。

    そうしてやがて、アオちゃんは さなぎから キアゲハになり
    さようならも言わずに お空に旅立ちました。
    「アオちゃん バイバ〜イ」と子どもは叫んでました。

    アオムシでかくなりますよ〜。
    たくさん葉っぱたべますよ〜。

    私、アオムシをつぶすのが無理なので見守ります。

    ビオラもそうやってダメにしました。これは、ヒョウモンチョウになりました。

    ユーザーID:5502152942

  • 育てたことがあります

    アゲハの幼虫を育てたことがあります。
    彼らの食欲は非常に旺盛です。2匹いるのでしたら、おそらく鉢植えは丸坊主になるでしょう。それでも足りないかもしれません。
    悩ましいでしょうが、運よくさなぎから羽化するところを見られたら、きっと感動しますよ。

    ユーザーID:4323522137

  • 見届けました

    山椒の木を買って、鉢植えにして、夏蜜柑の側に置いてあげては如何ですか?適当に移動します。

    幼木の夏蜜柑、そのままだと枯れそうです。

    私も駆除せずにそうやって待ちました。

    今年はパンジーを沢山植えました。ヒョウモン蝶の幼虫がゴロゴロ。黒とオレンジレンジのグロテスクな色合いなので、蛾の毛虫と間違いそうですが…。食欲旺盛。パンジーの花が終わり、草が枯れるまでにサナギに早くなれ〜と毎日見てます。

    ユーザーID:2619472725

  • お近くにミカン畑は?

    大きなミカン畑を持ってるお宅は有りませんか?
    お願いして、アゲハのために時々数枚程度のはっぱを譲ってもらったら?
    でも、農薬がかかってるかもしれないのでよく洗ってからあげてくださいね。
    夏蜜柑とアゲハ、両方の成長をお祈りしています。

    ユーザーID:2146302978

  • 我が家は悟りました。

    我が家もみかんの種を植木鉢に蒔いておきましたら
    芽が出て、小さな木になりました。
    すると同じくアゲハチョウの幼虫がどっさりつくように
    なりました。

    でも幼虫の成長の過程を観察すると、色が変わったり
    みるみる大きくなったりとけっこう楽しいのです。

    高さ20センチの木は、何日かで丸坊主になります。
    我が家は、みかんの鉢が10個ほどありますので、
    幼虫をつまんで他の木に移してあげてます。

    幼虫のために木を育てているようなものですよ。

    でもね、みかん以外にもいっぱい鉢はあるのですが、
    みかんの葉しか食べません。

    ユーザーID:0617277541

  • 簡単!

    割り箸でつまんで、なにか容器に入れたら、近くの公園とか緑の多い場所に引っ越して頂く

    ユーザーID:1815157730

  • 参考になる漫画が有りますよ。

    とりのなん子さん著の”とりぱん”です。
    何巻目だったか忘れましたが、幼虫が出てくる話が有ったかと思います。

    4センチだとかなり大きいですね。

    出来れば隣に鉢植え等を置いてそちらに移動してもらうのも有りかと。

    可能ならキャベツなどの野菜で”ぷりっ!”とすくって虫かごに移すのも有りです。
    たぶんネットに飼育の方法が載っていると思います。

    子供の頃の記憶だとそろそろさなぎ化するのでは?って思いますが、そちらは調べてください。

    羽化すると良いですね。

    ユーザーID:3531781479

  • アゲハを羽化させてあげてほしいですけど。。

    昔は都会でもアゲハってわりと目にすることがありました。でも、今の
    都会では、滅多に普通のアゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハなど、
    殆ど見なくなってしまいました。

    見なくなってしまった理由は、はっきりしています。トピ主さんが育て
    ていらっしゃる夏ミカンを含めた『ミカン科』の植物が殆ど都市から消
    えてしまったから。アゲハの食草ってミカン科の木なんですよね。ミカン
    や山椒が昔は住宅の庭先などに植えてあったのだけど、今は、好まれない
    庭木になってしまったんですよね。

    私としては、アゲハを羽化させてほしいなあと思ったりしているのですが
    でも、樹高30cmの鉢植え夏ミカンということだと、たぶん、全部食べつく
    してしまい、その後食べるものがなくなり、羽化できないまま、あの世と
    いう可能性が高い感じがします。できたら、幼虫を他のミカン科の木に移
    せないかと。。無理かなやっぱり。ちょっと切ないですね。。

    ユーザーID:6452369618

  • 他の食草を提供

    私なら他の食草を提供して観察します。

    アゲハなら
    山椒かパセリかな?

    …値段やボリュームを考えてパセリにします。

    ユーザーID:6685779628

  • 多分足りない

    実生のミカンも、その木についたアゲハも、蝶になるまで育てたことがあります。
    多分ナミアゲハだと思いますが、最終的には物凄く大きくなります。
    中指くらいの太さと長さで終齢かな、もっとデカいかも・・
    30センチ位のみかんの木ってそんなに葉っぱないですよね。
    もうすぐ葉っぱを食べ尽くしてそれでも足りなくて餌を求めてどこかに行って、結局サナギになれずにお亡くなりになるかも。

    葉っぱはボウズになってもまた生えてきて、枯れてしまうわけではありませんが、いかんせん足りなさ過ぎる。
    どこかにもうちょっと大きな木はありませんか?
    そっと葉っぱのあるところに置いてきて、無事に育つことを祈って陰ながら見守るとか。
    葉っぱはちょっとくらいかじられても実はなるし、自然にしていても虫はつくんだし許してもらえないかなぁ。

    ユーザーID:6553960963

  • はらぺこのあおむし

    大切な木が無残な姿になるのを見るのは悲しいですが、
    元気な青虫を見てしまうと、この子をなんとかしなければ!と思ってしまうんですよね。

    もしチョウになるのを見届けたいなら、まずは幼虫を入れ物に移しましょう。
    寄生ハチに卵を産み付けられるのを防ぐためです。(4cmでは もう手遅れかもしれませんが)

    その上で、
    1:必要なだけ夏ミカンの葉を取って与える(食べかけの葉から)
    2:もう1本柑橘系の木を買ってきて、その葉を必要なだけ取って与える

    養子に出す、他、非合法?手段もありますが、それは大声では言えないので控えます。

    ・木にそのままにしておくと、文字通り虫食い状態になります。
    ・蛹化前の幼虫は、大量に葉が必要で、30cmの木では、葉が足りなくなるかもしれません。
    ・寄生された幼虫は成長が遅くて、葉を無駄に消費することになります。
    我が家は羽化が見たくて、木を買い足しました。

    今後は毎日葉をチェックして、卵を見つけたら即ポイするのがいいですよ。

    ユーザーID:8820623574

  • 苗木だと・・

    苗木だけだと蛹になるまでに食料が尽きてしまいます。

    近所にかんきつ系の樹木がお庭にある人がいれば、お願いして毎日葉っぱを頂戴してくればいいと思います。
    苗も枯れますし 蛹になれないですよ・・・そんな量では。


    私は山椒の苗についた3匹を 観察してましたが1日で数枚完食してました。
    ごくごく小さい幼虫でもです。
    仕方が無いのでご近所に みかんの木があるお宅にピンポンして、葉っぱを蛹になるまで毎日貰いに行きました。


    早く動かないと 蛹になれないですよー

    ユーザーID:6716030396

  • 考えてみました

    両方生かす方法を考えてみました。

    1.幼虫を他の木に移す。
      どこかのお宅ではなく、公園とかにある木に。

    2.幼虫を飼育用のケースに入れ、毎日、夏蜜柑の葉を与える。トピ主さんの木の  葉ではなく、たくさんはえている木の葉をもらうとかして。
      こうすれば、葉をまだらに食われなくてすむかと。
      

    ただ、この2匹だけでなく、他にも卵を産み付けられているかもしれませんので、延々続くかも。

    おいしい木なんでしょうね。

    ユーザーID:3178620999

  • 見守って

    是非、見守ってあげてください。
    うちも毎年数匹発生して育てています。
    今年もやってきました。近づいてよく見るとかわいいヤツです。
    そのうちきれいな揚羽チョウになって挨拶にきてくれます。

    ユーザーID:9509836158

  • 毎年、蝶のためにパセリ植えています

    私は育てる派です。ここ数年ほとんど収穫しないのですが蝶のためにパセリを育てています。

    ユーザーID:5146492731

  • 雀さんがお食事におみえになりました

    私のベランダにも、グレープフルーツの鉢植えがあり、アゲハチョウの幼虫が…。

    大きくなり、そろそろ、サナギ!!
    と思ったら、
    雀さんがお食事に…。

    その後も、毎朝、にぎやかにチェックに見えられます。

    ユーザーID:1058478677

  • 他の柑橘は手に入りますか?

    柚子、金柑、橙、檸檬二鉢もあると、新芽の揚がる頃にはどこからともなくひらひらと揚羽のお母さんがやってきて一生懸命産卵。
    そのままにしておくと、葉をすっかり丸坊主にされて収穫どころではなくなるので、孵化して小さいうちにせっせとピンセットで捕殺。そのうちアシナガバチやらやってきてはハンティングして生息密度は下がります。それでも数匹は難を逃れて緑の終齢幼虫になってしまい、そうなると諦めて成虫にしてさしあげます。
    揚羽はたいていどこか目につかないところまで移動してさなぎになるので、せっかくのきれいな姿を見せない不義理な奴だと思うのですが、先日水遣り中に振り向いたところに羽化したてで羽を広げているのを見つけてちょっとうれしかったんですよね。

    今、緑色ならもうすぐ蛹でしょうし、次の新芽は食べられないようにすれば夏みかんも枯れずになんとか持ちこたえるでしょう。

    ユーザーID:9265066436

  • 枯れちゃうよ

    我が家では以前庭に柚の木を植えていました。
    鉢植えから移したのでそれほど太い木ではありませんでしたが丈は1mを超えていました。

    ある年にアゲハチョウの幼虫がいることに気付いたけど放置しておいたら、葉っぱを食べ尽くされて結局木は枯れてしまいました。

    健気に葉っぱを食べる彼らを駆除するのはかわいそうだけど、葉っぱを食べ尽くしてちょうどサナギになるとも限りません。
    それに木が枯れるリスクも大きい。
    悩みますよね。

    ユーザーID:2707377966

  • いじらしいですよね

    でも、残念ながらそのままでは夏みかんは丸坊主になって枯れてしまうと思います。

    他の木に移せればいいのですが、確かアゲハの幼虫は、産み付けられた木の葉っぱしか食べなかったような・・・

    ですから、今、夏みかんの葉っぱを食べて育っているなら、別の夏みかんの木に移すしか、彼らの生きる道はないかも・・・

    ユーザーID:7745411908

レス求!トピ一覧