• ホーム
  • 働く
  • 30歳からパティシエになるってどうでしょうか?

30歳からパティシエになるってどうでしょうか?

レス42
(トピ主0
お気に入り73

キャリア・職場

あんな

今現在、27歳で彼氏と同棲しています。結婚出産は希望していません。結婚はいつかしたいけど、いつでもいいです。出産は望んでいません。それも踏まえて相談です。
ずっと子供のころからパティシエに憧れていましたが、家庭はとても大学とか専門学校に子供たちを入れれるほどお金はありませんでした。今もやはりきつそうです。
とりあえず社会人になることが先決で、高校卒業後すぐに就職。その後は兄弟と実家の借金やローンの返済などをして、24歳で家を出て彼氏と住み始めました。
今現在、仕事に就いてますが、辞めて製菓学校に通いたいと思っています。
ですが貯金はそんなにないです。
いろいろ試算したところ、あと2年、今の会社で勤め、29歳で学校へ。30歳で卒業して、パティシエとして就職。それが最短かと思います。
もしくはあと3年今の会社で勤めて31歳でパティシエになる。今の家計を考えると、あと3年そのまま働くのがいいと思っていますが。

30歳、31歳からパティシエってどうだろう、そんなうまくいかないでしょうか?やっぱり20代で足場固めるべきですかね・・・。

地元でパティシエを募集してるお店は結構ありました。
自分でお店を出すとかは考えていません。人の腹心になってる方が好きです。

経験談でも、アイディアでも構わないのでアドバイスいただければと思います。

ユーザーID:4760605924

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • スイーツの世界は甘くない。

    自営で洋菓子店を営んでます。

    今、27歳ということですが本気でやるつもりなら
    製菓学校は行かないででなんでもやりますので使ってください!! くらいの気概でいけば可能かと思います。

    製菓学校にいって30歳から始めても体力的にかなりきついです。
    いままで一般職を辞めてなんとなく製菓業界に来て逃げ出した人をたくさんみてきました。

    長時間労働(拘束12時くらい)、安月給、絶対の上下関係、休みの日(週一)も練習や食べ歩いて味の研究・・
    できますか?
    徒弟制度の修行の世界です。

    最近の製菓学校は厳しい現実は一切伏せているようですぐに辞めちゃう夢子さんが多いです。

    やる気があるなら今までの若い女の子としての幸せはいったんお預け、という気持ちで「出家」してください。

     

    まあ、そこまで・・という場合求人誌にのっているような
    でき合いの商品を盛り付けるだけのレストランのバイトみたいな方法で
    満足するのもよいかもしれません。

    よく、よく考えてみてくださいね。

    ユーザーID:1512350548

  • 大変ですよ。

    製菓学校は人気があり、受講しづらいそうです。卒業して、大きな会社組織に入社すると、工場で朝から晩まで同じ作業か、パートの労働管理。個人店だと朝は早く、夜は遅いし給料は安い。それでも有名店には人が集まるから、労働条件は劣悪の極みです。個人店だと、力仕事もけっこうありますから、30過ぎて一番下からは、厳しいと思います。最近良く目にするのは、有名製菓学校を卒業し、カリスマ店主の店で1年程度働き、親の資金で独立して2年を待たずに倒産するパターンですね。

    ユーザーID:0953720610

  • 学校に通わなくてもいいと思います

    私は製菓学校を出てますが、就職の際にそれが有利に働いたかというと、そこまで影響しなかったと思います。実際にその職場でも製菓学校出てない人も結構いたし、経済的に余裕がないのなら行かなくても良いと思います。
    看護師を目指すとかなら、通学は必須ですが、パティシエは通学しなくてもなれますよ。
    現場に入って、技術を身に着けたらいいし、知識を身に着けるのは学校行かなくてもできます。
    トピ主さんが10代とかなら学校行ったら良いと思いますけど、30近くになってたら行かないで、すぐに現場入った方が良いかと思いますよ。
    ただ本当に体力仕事です。休みは少ないし、給料もびっくりするくらい安いですよ。
    私はもうパティシエをしていないのですが、趣味にとどめておけばよかったなぁって思ってます。ケーキが作るのが好きだから、程度ではとてもやっていける仕事ではないです。

    ユーザーID:6240029699

  • 自分が経営者だったら?

     ご自分でお店を出すおつもりはないとの事ですが。
     仮にご自分がお店を出され、忙しくなってきたから人を採用したいと考えるようになった場合をお考えください。

     「このくらいの給料なら払う事ができる」

     まず、これを考えませんか?
     で。パティシエの給与水準を調べられましたか?
     相当安いですよね。

     30歳超えて、20歳そこそこの若者の給与としても低めの水準。今度は雇われる側の目線にたって考えた場合。納得いきます?

     私は人を雇う側ですが。30歳超えて未経験者を採用するというのはナシですね。しかも、30歳超えて起業家精神もなく「人の腹心になりたい」って、、、???腹心って相当優秀な人がなるものだと思うのですが、なんか矛盾してませんか?

     私なら腹心には「この人ならいつでも独立して競合他社を設立できそうだな。その気概がありそうだな」というような人を置きます。言われた事をするだけ、気概もないような人間を腹心にはしません。

     結局、何がしたいの?家庭の状況とか貯金とか関係ありません。やりたい事を当人がやりたいようにやるのが人生ではないでしょうか?

    ユーザーID:4734423907

  • 将来的な目標は

    29歳、パティシエ7年目、フランスで働いて4年目になります。
    私も子供のころからの夢でしたが、両親に反対され大学に行きましたが、諦めきれず、卒業後ケーキ屋さんに就職しました。
    18・19で始めるのが一般的なこの世界、大卒22の私はすでに遅れをとっていたので専門学校等は行かず、現場で叩き込んで覚えました。

    最初の一年は洗い物と片付けと掃除など雑務に追われます。耐えられますか?
    給料もびっくりするほど安く、週休1日で15.6時間労働、12月はほぼ無休。
    周りの社会人の同期が週末遊んでいても自分は行けず、ネイルやかわいい服ももてず
    自分にあるのは手荒れと作業服、耐えられますか?
    どれだけガッツがあっても、最初の2年は本当にきついです。若い子も流れるように辞めていきます。
    店を持つ気はないようですが、何か明確な目標がないと簡単に挫折する世界です。
    かといって挫折したって誰も助けてくれません。
    コルドンブルー等に通い、自宅でお菓子教室を開くのもひとつの手です。

    きついこといって申し訳ありません、けど現場で沢山夢見る女の子たちが壊れていくのを見てきました。

    ユーザーID:9042364596

  • それは

    働くにはやはりそれなりに必要な技術がないと 勤め先に迷惑をかけるのでは?

    専門学校、留学などで 確固たる技術を磨き身に付けてからにしたほうがよいと思います。

    ユーザーID:2825233770

  • やめた方がいいと思います

    元パティシエで、個人店と会社どちらも経験があります。
    率直に言ってお勧めしません。

    というのも製菓の世界はいまだ体育会系の業界でして、給与は安く、離職率も高いです(だから常に募集が出ているのですね)
    仕事は個人店であれば朝早くから夜遅く、1日12時間以上も珍しくありません。
    私は一番忙しい時で朝7時から夜1時まで働いていました。
    粉類(25kg〜)を何袋も上げ下ろししたり、重い器具を洗浄したり、体力勝負の力仕事でもあります。
    また、個人店のシェフパティシエ(オーナー)は正直昔ながらの「オレ様」気質の方が珍しくなく、そういったお店に当たった場合の職場環境の悪さといったらないです。
    クリスマスに忙しすぎてスタッフが倒れたのに救急車を呼ばなかった事を武勇伝にしていたシェフもいました。

    さらに、製菓専門の学生はほぼ高卒でそのまま入った若い子たちです。
    そしてそんな製菓専門に求人を出すお店や企業も、若い新卒が欲しい場合が多いです(年齢制限、25が多いです。30も探せばたまに……という感じ)
    30過ぎで経験者なら取るかもしれませんが、まっさらだと厳しいのでは。

    私はもう二度とやりません。

    ユーザーID:9154078449

  • プライドが許せばよいのでは?

    へたすると十代、二十代の人に先輩ヅラして使われますけど、それでいいならいいのでは?
    あと、代謝の落ちる三十代〜だと、学校で作ったお菓子を消費していくと太りますよ。そのへん大丈夫ですか?

    ユーザーID:8984496864

  • そんなパティシエ需要ないんじゃない?

    >自分でお店を出すとかは考えていません。人の腹心になってる方が好きです。

    つまり、「だれかにぶら下がって生きていきたい」「責任取りたくない」でしょ?

    トピ主さんが今行きたいと思ってる製菓学校、どれだけの人が毎年入学して卒業してるでしょう。

    学校の数 × 卒業する生徒数 × 今から31歳で卒業するまでの年数

    この生徒数の殆どは「自分で店を持ちたい、いつかは代官山とかで取材されるようなパティシエに」って頑張るような人ばかりでしょう。

    そういう情熱を持っている人は修行の為にパティシエとして就職し、独立していくのだと思います。そして独立した人の後はまた同じ情熱を持った人が入社する。

    ただ先輩パティシエの言うなりになってフルーツ乗せるだけ・クリーム塗るだけ・店頭で笑顔で接客なら、パートで十分なわけです。

    30代でもパティシエにはなれるでしょうが、トピ主さんには無理だと思います。多分学校も中退すると思う。

    お菓子作りは趣味程度に留めては?

    ユーザーID:8348258046

  • 元パティシエです

    はじめまして。

    高校卒業と同時に修行に入りました。
    『そこはいいじゃん!』と思うくらい全て手作りを徹底してるケーキ屋です

    とにかく、体が辛いです。朝6時から夜9時まで
    クリスマスやバレンタイン時期は朝6時から24時まで
    8年パティシエした後、疲労からなのか粉アレルギーになり引退。

    勤めた8年間で、30歳出前でパティシエに転職した人が何名かいましたけど2ヶ月で辞めました。

    10歳以上下の子が先輩として耐えられるか
    体調管理ができるか
    低収入でもいいのか
    体力に絶対の自信あるか
    イベントは彼氏と過ごせません

    会社員として生活してる今。もう戻れません

    ユーザーID:2836105256

  • 思い立ったが吉日

    いろいろな意見があると思いますが、私個人としては
    「何かを始めるのに遅いことはない」
    と思っています。

    ドキュメンタリーなどを観ていると、70代や80代の高齢の方が
    「50歳から始めました」
    「60歳から始めました」
    などとおっしゃっているではありませんか。
    ある方は、
    「60歳から三味線を始めて、今じゃ20年選手ですよ」
    と楽しそうに語っていました。

    反対する方っていうのは、その人自身がそういう挑戦をしたことがない場合が多いです。
    「年齢を考えなよ」
    「できるわけないよ」
    「現実を見なよ」
    という風に。
    逆に、賛成する方の大多数はその人自身も同じような経験をしたことがある場合が多いんですよね。
    かくいう私も、30代半ばでアメリカへ渡って仕事をしました。葛藤もあったけど、挑戦して良かった。
    ダメだったら日本に帰国すればいいんです。意地になって帰国しないなんて言わなくてもいい。
    人生は一度きり。でも人生の選択肢は沢山あると思います。

    ユーザーID:8651940347

  • 仕事しながら学校

    私は27歳の時金融機関で働きながら社会人向けの製菓学校のクラスに通っていました。
    毎週末、静岡から東京の学校まで朝6時の電車に乗っていきました。
    節約の為新幹線はあまり使わず...
    1日みっちり授業して、仕事の日の夜は復習の為作ったりノートまとめたりしました。
    すごく大変でしたけど充実した1年半でした。
    ちゃんと就職もありますよ。
    仕事忙しくて通えなくなってやめる人は数人いましたけど。
    私は結婚出産後は地元のカフェにお菓子を卸したりイベントで売ったりしています。普段は事務職をしています。

    27歳からなんて...ってすごい迷いましたけどやらないで後悔したくなかったんです。母が背中を押してくれたのです、後悔しないようやりなって。
    200万の貯金で足りました。

    いくつか学校を見学して選ぶといいと思います。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:2511500878

  • 急がば回れ

    過去の経済状態は余り関係無い。 それ以上に重要なのが貴方の熱情。  

    それは十分在る様に伝わって参ります。 先ずは、合格点。

    上を向いたらきりが無いのは重々分かっての話ですが、貴方の情熱にほだされて、専門学校に入る前、まだ現在仕事をしている最中(安定した収入がある間の意)、是非欧州の一箇所でも見聞される事をお勧めしたい。

    週末プラス金曜と月曜を繋げて休暇を取り、行く先は先ずウイーン。 菓子専門店を三軒くらい回り、その他は朝市なり材料屋をつぶらに研究する。 

    次の行き先はウイーンからそう遠くないイタリア北部の Venice - Verona − Milano  街道。 羅馬は避ける。 

    これで開眼したらもうしめたもの!  将来の自分の進む道が分かって参ります。 

    目くらめっぽう、菓子専門学校に通っても何を求めているのかが分からなくては元の木阿弥。 

    彼氏を甘ーい言葉で口説き落として、仕事先からは休暇の許可を得次第、行ってらっしゃい。 

    着の身着のまま、ズック靴にナップサックの出で立ちで十分。 物見遊山に非ず、真剣勝負の旅立ちなのです。 

    ユーザーID:8395881904

  • 元野球選手が

    元野球選手の小林敦司さんが、28歳で選手を引退し、その後料理の修行をしてパティシエになったそうです。
    20代なんてまだまだ若いです。熱意があれば30代でも40代でも大丈夫です。

    ユーザーID:6104375010

  • 先のこと、考えてます?

    労働環境の劣悪さは他の方が散々書いておられるので割愛します。
    でね、トピ主さん。今30歳。
    ずっと勤められると思ってます?
    トピ主さんのイメージする『ケーキ屋さん』に中年以上のおば様はお勤めですか?
    おそらくいらっしゃいませんよね。
    出産を希望していないということなので、就職に関して一縷の望みはありそうですが
    単純に力仕事なので続けるのは難しいのですよ。

    それからお金の問題。
    失礼ながら金銭面でご実家は頼れなさそう。
    結婚したとしてご主人に頼れる?ならいいけど、ご主人もほどほどの稼ぎで
    一般的な共働き家庭をイメージしているなら、菓子業界の給料の低さ、上がらなさを
    覚悟してもらわないと。

    それでもやりたいなら、とにかく学校は行ってみたらいいと思います。
    現実的に、同輩の子達が10代20代ってことを確認して、立ち仕事の疲れ方も実感して、それから学校にはバイト紹介システムがあるはずだから
    通学しながらバイトしてみたら?
    そもそもバイトで採用されないなら就職は難しいってことだし。

    最終的には根性があるかないかです。

    ユーザーID:9762167685

  • トピ文から察して無理

    >地元でパティシエを募集してるお店は結構ありました
    採用されるのは、使えるパティシエですよ。 
    東京の有名店で5年以上経験したような人材が採用される。

    トピ文を読んで思うのは、支離滅裂で、自分を見失ってる。

    >今現在、27歳で彼氏と同棲しています。結婚出産は希望していません。
    >結婚はいつかしたいけど、いつでもいいです。出産は望んでいません。
    こんな話、なんで書いたんですか。
    同棲と出産を結びつけるなんて気がしれない。正しくは結婚と出産でしょう。
    こんな女性は、スイーツのお店の厨房で、使いもになりません。

    ユーザーID:9797494061

  • 給料激安

    お菓子作りが大大大好きで、学生から10年間同じ店でバイトしました。
    ずっと最低賃金でした。
    後半はバースデーケーキなども任せてもらえて、やり甲斐はありました。

    でも、これ本職にしたら、生活キツキツになると思って、他の仕事に就きました。
    社員は、休み無しで朝から夜まで働いて14万円位でしたよ。

    ユーザーID:4124808488

  • 追記

    私が製菓学校に在学中、先生が言った言葉
    「このクラスには今55人ほどいるが、5年後に製菓業界に残ってるのは5名ほどだ。」
    それは本当でした。それくらい本当にきついんですよ。
    私がパティシエやってるときの一番の願いは「もっと眠りたい」でした。
    ある程度の休息がないと人間働き続けられません。
    朝は7時に厨房に入り、お昼の休憩以外は立ちっぱなしで23時まで働いて帰って寝て(夕食は23時にとってました)朝5時台に起きて仕事に行く。これの繰り返しで週休1日でした。
    クリスマスが近づくと週1回の休みもなくなり、休憩室に布団をひいて交代で寝るんですよ。クリスマス直前だと1時間しか睡眠がとれなかったりしました。
    これは私が20歳の時の話です。30でこんな生活できますか?
    休みの日に遊びにいくなんてとてもできませんよ。疲れすぎていて。友達とも疎遠になります。
    彼氏に会う時間もありません。
    それでも歯を食いしばって働く人はほぼ皆自分の店を持つという夢を持っているんです。雇われて働く方が良い人は長続きしません。
    きりんさんと同じく、私も二度とやりません。

    ユーザーID:6240029699

  • 夢をかなえた人に聞こう

    「年齢が高いから」
    「お金がないから」
    「学校に行ってないから」
    「有力なコネがないから」
    あきらめろという人は、自分が「あきらめた人」だからです。

    「あきらめた人」は、他人に「あきらめる」ように説得します。
    自分があきらめたのに、他人があきらめずに頑張って夢をかなえるのが腹立つからです。
    トピ主さんはどっちになりたいですか?
    「あきらめた人」か「夢をかなえる人」か。

    今できることをしましょう。
    貯金がそんなになくても、今できることはあるはずです。

    ユーザーID:8373916668

  • とどのつまりは

    「肩書」がほしいだけだよね。
    しかも一切の責任もリスクも負わずに。

    他の人も書いてるけどあなたの人生って全部「他人任せ」なんだね。
    この「パティシエ」云々以前にさ。

    あなたには無理だよ。

    今の彼と別れたらそれこそ自分の食い扶持も精一杯のの人生で終わるんじゃないかな?

    ユーザーID:0501062994

  • 娘が一応パティシエですが

    給料安いですよ。

    専門学校に200万以上かかったのに
    コスパ悪すぎという給料です。

    お店資金貯めるなんて無理だと思います。
    福利厚生はしっかりはしていますが
    それでも専門の同級生の子の中では
    恵まれた職場だそうです。

    趣味でお菓子を作るほうが楽しめると思いますけどね。

    ユーザーID:9519200330

  • この人はネット現実を求めているんじゃないですよ

    だから真面目に情報提供するのは無駄な行為です。

    この人の描く「パティシエ」ってのは若くてかっこういいけどなんとなくぶっきらぼうで過去にフランスのお店で修行したり超有名店で腕をふるっていてマスコミにも取り上げられたことあるような元凄腕のオーナーが商業主義に嫌気さして郊外の商店街に開いた知る人ぞ知る隠れ家的なこじんまりとした素敵なお店でトピ主さんがいきなりすごい才能発揮してオーナーの片腕として働くことですから。
    たぶん。

    どこの売れない少女漫画のラブストーリーだよ。

    ユーザーID:0843653511

  • 自分でお店を出したいと思ってないなら無理そうかなぁ

    >自分でお店を出すとかは考えていません。人の腹心になってる方が好きです。

    業界が厳しいっていうのはよく聞きますけど、そういうのは本人の熱意と努力と体力でカバーできるもんじゃないかと思います。

    ただ、就職を考えたとき、自分でお店を出すなら自分の好きなようにできるし、あとはお客さんをつかむだけになるわけだけど、トピ主さんは年下の同級生たちが店を開いたらいずれ雇ってもらいたいって言ってるようなもの、つまり他人任せだから、厳しいんじゃない?

    ユーザーID:3803496808

  • 「パティシエになる」とは?

    現在アラフォー、料理人とケーキやデザート作りの仕事を半々ぐらいこなしてきた
    人生です。
    結婚して2児の子持ちになった今は、パートでレストランに勤務し、デザートの
    担当(メニュー提案・試作から製作まで)と、ランチの営業を行っています。

    この職に就いて約20年、色んな年齢の人に仕事を教えてきましたが、やはり年齢が
    上がれば上がるほど物覚えが悪く、「使えないな〜」という印象を持ちました。
    また、非常に体力の要る仕事なので若い頃からやり慣れていないとすぐに身体を
    壊してしまうような気もします。皆さん12時間労働と書かれていますが、15時間
    働くこともザラです。そして、それが何週間も続くことも珍しくありません。

    15時間労働を週6日(週1日休めれば良いほうかと)、月給15万円ボーナス無しを
    何年でも耐えられるというのなら、チャレンジする価値はあるかと思います。

    そもそもパティシエの定義って結構曖昧だと思いますが、とりあえず私は自分を
    パティシエだと自称した事はありません。

    ユーザーID:4847429238

  • 試しにバイトしてみては?

    クリスマスの時期だけですが、ケーキ屋さんの工房でパティシエのアシスタントのバイトをした事があります。
    1日4時間、週3〜4日ほどでしたが、40歳代ということもあり、相当体がキツかったです。
    20代前半ぐらいの小娘に怒られ(笑)
    重い鉄板やばんじゅうを何十枚も運び腰を痛めました。

    志望動機は「お菓子作りは好きだしなんか楽しそう♪」というフワフワしたものでした。
    そのイメージは180度変わりましたね。
    センスとか才能とかの以前に、とにかく体力勝負の世界だと思いました。

    体も心もどんなにつらくてもそれを乗り越え、
    女性でパティシエを続けている方、お店を出している方は、尊敬しますね。

    試しに土日だけとか、バイトをしてみてはいかがでしょうか?(販売じゃなくて作る側の)
    皆さん言われているように、かなり厳しい現実が分かるはずです。

    一生懸命にためた貯金をはたいて学校へ行く意味があるかどうか、
    実際に「現場」を体験してから判断できるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1631926746

  • 生活が成り立たない

    実際に経験してない人は、年齢なんて関係ないとか、根性があればとか言うかもしれませんが。
    そういう問題じゃないんですよ。
    とんでもなく労働時間が長く、立ち仕事で肉体労働、激安の給料でずっと続けていくのは無理だと言っているんですよ。
    正社員でしたが初任給は総支給で14万でした。ボーナスなんて雀の涙。
    それでも続ける人はいつか自分の店を持ちたい、ずっと雇われでいくつもりなんてない、目標があるから頑張れるんです。
    私も店を持ちたいとは思わず、雇われで働いていました。地元では有名店です。
    雇われでパティシエって仕事をしていくということは、一日15,6時間で週6日のような長時間労働をずっと続けていくってことです。
    多くの店は長期休暇なんてありません。年がら年中そんな生活が続くんです。気が遠くなりますよ。
    友達と遊ぶことはそうそうできない、長期休暇でリフレッシュもできない、お金もない、そういう生活ですよ。
    専門学校時代の友人は過労で生理がとまったそうです。
    そんな生活を30近くから始めて、40、50とずっとなんて想像しただけでゾッとします。
    経験した人にしかわからないと思います

    ユーザーID:6240029699

  • 個人的には応援したいけど

    サラリーマン感覚で自営業に足をつっこむと挫折しますよ。
    パティシエの世界は男社会です。お店によっては女性だけのお店もありますけど、
    朝7時から夜6時までずっと立ち仕事ですよ。
    5キロくらいの物を持つのはあたりまえ、時間に追われ、段取りよく、手際もよくないとつらいです。
    クリスマス、バレンタインなどイベントは徹夜でやるところもあります。この近辺は休めないし、彼氏や家族とのお祝いはずらします。
    正直お給料も良くありません。
    それでも若い人たちが働いているのは皆自分の店を持ちたいとか、この仕事が好きだとか、
    夢をもっているからです。
    週1くらいしか休みももらえないところもあります。
    学校にいったからといって技術は身についていません。学校で身につくのは知識だけです。
    30からの夢を応援したい気持ちもありますが、よほど強くこの業界でやっていきたいと思わないと務まらない職場だと思いますよ。
    家族の生活とか、お子さんができたときとか考えると、パティシエとしてお店で働くのではなく、お菓子教室の講師とか、ケータリング販売とか、年と経験を生かした職業を自分で作れるならよいのですけどね。

    ユーザーID:6921974379

  • お金が無い家に育ったんでしょ?

    つまり美味しいケーキを食べて育ってないんでしょ?
    ケーキだって、ろくに焼いたことないんでしょ?
    学費代も貯金も無いんでしょ?

    ムリですね。

    それに、貴女は彼の金をアテにしてませんか? 
    自分の夢は、まず貯金してから計画的に考えましょう。

    ユーザーID:2833052346

  • センスより体力

    30キロの砂糖や小麦粉の紙の袋を倉庫から運ぶ体力があるかどうかが最低限ですけど、あなたできます?
    「あーん、ワタシもてなぁーい、だれか代わりに男子運んで」なんてプロ世界ではありえませんが。

    ユーザーID:5060663488

  • うーん、情熱が足りないような・・・

    何が何でもパティシエになりたい!とか、私にはこの道しかない!という情熱はトピからは伝わってきませんでした。

    ということで、その程度の気持ちなら「やめておけ」です。理由は皆さんおっしゃってるとおりです。

    経済的にあまり豊かでない暮らしをされていたようなので、わざわざ荒波の中に飛び込まなくても、無難にそこそこ稼げる仕事につき、余暇は趣味を楽しんで自由に暮らされてはどうでしょうか?

    結婚の意志もないのに同棲していたり、何となくパティシエになりたい、とおっしゃっているあたり、流されるように生きてこられたんだなと感じました。

    30歳を前に生き方に迷いが出てきたのでしょうが、「安定した豊かな暮らし」だって相応の努力をしないと手に入らないものです。しかし、パティシエほど可能性が低いわけでもない。

    お菓子作りは趣味として楽しめばいいと思います。

    ユーザーID:3038918790

レス求!トピ一覧