• ホーム
  • 話題
  • ケチと無欲は両立するのか。ケチなのに遺産いらないという夫

ケチと無欲は両立するのか。ケチなのに遺産いらないという夫

レス220
(トピ主2
お気に入り289

生活・身近な話題

城跡

レス

レス数220

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 両立するんじゃないの?

    実際にトピ主さんの夫が「ケチ」なのが真であるならば、妻の相続した遺産はいらないという「無欲」とは、実際に両立してるわけですから。

    そもそも、一般論で語れと言い出すなら、「ケチ」と「無欲」の定義をきっちり定めてからにしないとなんの意味もないです。

    と言うよりも、本来自分の金じゃないものを欲しがらないことを「無欲」と言えるのかどうか、が疑問です。

    自分の金を、一般的に使うのが是とされている場面で出し渋るのは「ケチ」と思いますけどね。

    ユーザーID:7044267592

  • 両立します

    一般的にケチと言われているのにも種類があると思います

    吝嗇 節約 欲深 強欲・・・

    吝嗇や節約は自分の持ち物にたいしての「使いたくない・貯めたい」の気持ちが強い人

    欲深や強欲は人の物も欲しいという気持ちの強い人。

    よって、吝嗇・節約の人であれば、人様のもっている財物に対して執着はしない。

    以上より「ケチ」と「無欲」は両立すると思います。

    ユーザーID:6070167222

  • 両立します

    私、ケチです。
    自分が欲しい物と、必要なお金(交際費等)は使いますが、根本的にはケチです。

    が、それは自分のお金だからです。

    他人のお金に興味を持っても仕方ない。

    夫婦別財布なら、トピ主さんの相続した遺産も「他人の財布」です。
    同一視するほうがおかしい。

    無欲なのではなく、「他人のものを欲しがらない」と言う当たり前のことです。
    むしろ、それが分からないトピ主さんが不思議。
    トピ主さんは夫が遺産を相続したら「不動産売ってアレ買おう」と言い出すんですよね。

    ユーザーID:8231862909

  • 嫌ですね、こんな話し方されたら。

    お試し?されて妻の反応をトピされ、世間の意見を聞いてみる…。

    夫がもし…と想像したら相当悲しいですが。主さんは平気ですか?なんともない?

    夫を馬鹿にしてないかなぁ?フツーはしませんし、出来ないな、こんな事。

    御主人がこのトピ見つけて、読んでくれるいいですね。

    ユーザーID:5130140539

  • 普通

    ケチとか以前に他人の金に対してどうこう言うのは品性下劣なので
    そういう下賤な人間でありたく無いと思うのはごく普通のことです。
    そういう普通の人が自分の金の使い道に細かいというだけの話でしょう。

    ユーザーID:6010427350

  • 相続放棄の話でなく

    トピ主がご実家から相続した小さなマンションと預貯金2000万円の話。

    配偶者が死亡した場合、当然配偶者は遺産を相続する。これは離婚寸前で別居している夫婦でも仲の良い夫婦も同じ、また生前の家計も関係なし。話は変わって。

    配偶者が死んだ時に相続される遺産は下記のとおり
    A小さなマンション(不動産)
    B預貯金2000万円
    Cトピ主の不動産・預貯金・証券など
    Dその他負債

    トピ本文の「ねえねえ、あのマンションだけど」はAの話。
    「それじゃ、あのお金(預貯金2000万円)」はBの話。
    それに対して夫の返答が「いらない」で、CDについてはトピ主・夫共に記載もほのめかしもなし。また、この後に続く会話も記載なし。

    わざわざABと特定して話をしているので、この会話でCDも含めて「(きみ名義の)遺産は(由来にかかわらず)いらない。放棄する。(姪にあげて)」という夫の意図があると読み取るのは一般的には無理があるのではないかと。


    ケチだと思っていた夫を試したトピ主ですが、愛情はあるから「じゃあ私が死んだら全部の財産は姪っ子に渡していい?」とまでは聞かなかったのでは?

    ユーザーID:4570715220

  • 色々あるみたいですよ

    同一財布にしていても、基本的に離婚することになるまで別々の資産、みたいに。

    別財布にも色々あるので、別財布=夫婦別資産(つまり共有資産なし)とは限らないかも。別財布のメリット?かなんかいうトピックスでもさまざまな形の別財布がありました。勿論バリアーさんや新築さん達のような別財布のご家庭もあると思います。

    我が家の別財布は、"自分の稼いだお金は自分で管理している"別財布です。管理しているのは当然自分の資産ですが、家族のために使う資産でもあるわけです。・・・伝わるかな?基本的に大きな買い物は相談するし、貯蓄割合も相談済してます。でも生きている間は別々に自分の資産を管理しているので、共有資産はなし、です。

    ちなみに、この話はトピ主の死後の話なので、生前の別財布・子供のあるなしは関係ないんじゃないかなと思ってるのですけど。同一財布であっても配偶者が死んだ場合に配偶者が全てを相続するわけではありませんものね。

    ユーザーID:2897743639

  • 夫婦別財布=夫婦別資産(共有資産なし)でしょ?

     無欲の定義にからんで、「つれあいが相続した資産(固有資産)は放棄するが、夫婦で築いた資産(共有資産)はいただく」という意見がいくつかあります。
     が、トピ主は夫婦別財布なのだから、とうぜん夫婦別資産(つまり共有資産なし)ではないですか。
     だとすれば、
    《配偶者が死んだとき、つれあいは相続放棄する》
    は、
    《配偶者が死んだとき、つれあいは無条件で一切の遺産を相続放棄する》
    の意味でしょう。
     そしてそれが、トピ主の無欲の定義でしょう。

    ユーザーID:7409186855

  • 両立するでしょ 

    ケチは強欲とは違いますからね。
    ケチはマイナス 強欲はプラス 無欲は±ゼロ

    ユーザーID:8357250997

  • はっきりしてない

    このトピの無欲の定義(配偶者が死んだとき、つれあいは相続放棄する)
    ではないと思います。

    トピ主様が訂正された
    >○あのマンションだけど〈中略〉私が遺言書を書くことによって、本来の相続人であるあなたにではなく、本来の相続人ではない姪っ子に相続させてもいい?
    と追加で書かれた文章からも、「ご実家から相続した分」に限定していると思われる書き方です。

    ご実家から相続した分に限定しているのであれば、私も放棄しますよ。
    それが無欲かどうかはわかりませんが。

    本当のところは、トピ主様からの追加レス待ち、というところでは。

    ユーザーID:3286945666

  • 卑怯な設問

    いらないといえばそれでやっとニュートラル、いるといえば即悪者になってしまうという設問ですね。まず自らの態度を明らかにすべきですね。

    ユーザーID:1519918052

  • 両立するかしないかを話し合っても意味がない

    まず、旦那さんを例えに出してしまいますがご了承ください。

    旦那さんはケチなのに欲が無いのですよね。
    実際に、そうして両立してるんですからここで「両立する/しない」を論じても既に意味がありませんよ。

    トピ主さんがどうしても両立するとは思えないなら、旦那さんに念書でも書いてもらえばいいだけでしょ。それで解決です。


    話は変わって「両立するか否か」ですが、「ケチで無欲」の反対で考えてみればわかると思いますよ。
    他人に奢ったり振る舞ったりするのが大好きな太っ腹の人が居たとします。
    この人が他人の金や持ち物まで欲しがるのは不思議だと思いますか?
    って事ですよ。

    ユーザーID:6778331182

  • 「ケチで無欲」<「無欲」

    「無欲」という集団の中には、ケチな人とケチでない人がいます。つまり
    「A ケチで無欲」という集団は、「B 無欲」という集団の一部です。式にすれば

       「A ケチで無欲」<「B 無欲」

    となります。
    さて、このトピの無欲の定義(配偶者が死んだとき、つれあいは相続放棄する)では、そもそも無視できるほどBが小さいでしょうから、その一部であるAはさらに小さく(さらに無視できる。というより無視すべきに)なります。
    これは、いいかえれば、ケチと無欲は事実上両立しないということです。

    無欲の定義がはっきりしてから、「私は無欲ではない(私は両立しない/できない)」というレスも現れ始めましたね。

    ユーザーID:4919745599

  • するんじゃないですか?

    意識の問題で、「ケチ=お金に意地汚く誰のお金でも目を光らせている」ではないですよね。
    私の夫もそうなんですが、自分の稼いだお金に関して無駄に使うのは嫌い、というケチです。私が貢ぐたちで誰にでもけっこう太っ腹にしてしまうので「ケチ」と思ってしまうのかもしれませんけどね。そんな夫、自分が相続した相続財産も使いません。母親と祖父からの相続財産で数千万あるんですが、それに関しても「俺が稼いだ金じゃない」なんだそうで、いくらあるのかも口も出さず「とっといてね、です。夫は本家長男なので、「家族(義家の兄弟、親戚含む)がお金に困るようなことがあったら使うから」です。
    (相続の手続きそのほかすべて税理士さんと私でしました。義家の全財産は私が管理してます)

    「無欲」とはちょっと違うと思いますけどね。

    ケチの種類にもよるのだと思いますよ。知り合いの人は筋金入りのケチで自分の娘ほどの年齢の女の子たちと食事に行った時でさえ財布を開けるのは最後、小銭は「細かいの持ってないからいいよねえ」です。人にたかることを厭わない人なのでこの人は無理かな?

    ユーザーID:1858161286

  • 無欲の人がそんなにいるとは思えない

     エイエイさん 6日 9:13/平服さん 7日 9:13/伴奏者さん 7日 13:17

    などに同意します。
     このトピのテーマは“けち”の定義というより“無欲”の定義です。

     トピ主の夫は、「きみが先に死んでもぼくは(きみ名義の)遺産は(由来にかかわらず)いらない。放棄する。(姪にあげて)」と言ってます。これがこのトピの無欲の定義です。
     両立するかどうか以前に、無欲の人はほとんどいませんよね。私は欲があるので放棄しません。
     トピの初期には「私も無欲」というレスが多かったですが、ここ3〜4日(無欲が定義されてから)は流れが変わり、「私も無欲」というレスは減ったように感じます。

    ユーザーID:6589309729

  • ジャイアン?

    トピ主さんはご主人のことを「俺のモノは俺のモノ、お前のモノも俺のモノ」っていう人だと思ってたってことですかね〜?

    たぶん、ご主人は自分のお金を他人に気前よく使うことはしないという点がケチに映ってる理由ではないですかね。
    そのことと、他人のお金に興味がないこととは両立すると思いますね。

    ユーザーID:4589335477

  • OUT と IN の世界だから

    城跡さまとご主人のケースで真剣に回答したら
    そうじゃなく一般論で答えろと言うことなので
    お答えします。

    ケチと無欲はアウトとインの世界だと思っています。
    持っているものを(OUT)出したくないのが「ケチ」
    持っていないのに(IN)欲しがらないのが「無欲」

    対義語ではないのです。
    「けち」の対義語は「太っ腹」
    「無欲」の対義語は「強欲」
    と私は定義付けています。
    相反するものではないので両立する場合もあるのです。

    しかも
    誰のために出すか
    誰のものを欲しがるか
    そこに人間性が現れるでしょう。

    城跡さまのケースでは
    相続でINしたものをただ一人の法定相続権者にOUTしなくてもいいか
    と言ったわけです。

    金銭財産のIN OUT より大変なのは
    むしろ言葉のIN OUT
    パートナーへの信頼や感謝もなきがごとく
    口から考えなしに、或いは故意にOUTした言葉が相手の心にどうINしたか・・・
    今後の人間関係に及ぼす影響を
    よくよくお考えになることです。

    更にあなたの示された例では言葉は売り言葉でもありました。
    真意とは別にご主人は買うしかありません。
    言葉は時々売買されます。

    ユーザーID:9072889239

  • 両立します。

    人のものは人のもの。
    自分のものは自分のもの。

    自分のものの範囲でやりくりしようとするから、
    節約するのではないでしょうか。

    ユーザーID:7395992605

  • 「ケチ」の意味による。

    高いお金を出して買った、1冊の本があります。

    読み終わった後、どうしますか?


    「高い本だから自分一人で読んだだけで捨てるのは、もったいない。お金は要らないけどせめて5人は読まないと元が取れない。」


    「自分がお金を出して買った本を、ただで他人に読ませたくないので、捨てる時はページを破って捨てる、拾われたくないから」

    主さんは、どっちがケチだと思いますか?

    それによって、回答が違うかと。

    ユーザーID:9235686406

  • 他人の遺産には興味がない?

    生きてる配偶者が相続した遺産を自分に権利はないからお好きにって話ではなく、配偶者が亡くなった後の話ですよ。亡くなり方は奇跡的にコロっとか、長い闘病生活、介護生活の果てなのかわかりませんけどね?

    相手の遺産には興味がない?じゃあ、配偶者の預貯金全て放棄でいいってことですね。
    これが無欲ですか。いや〜素晴らしいと思いました。散々苦労して世話して先の見えない介護して。当然介護の費用もかなりのもんでしょうけど、義父の遺産も配偶者の遺産も自分のものではないから放棄するんだもんね?

    えっ、介護にかかった費用、苦労した分は欲しい?自分の老後のお金も介護に費やした?姪はろくに協力もしなかった?
    んーでも姪に介護義務はないし、配偶者を差し置いて姪がすることはないよ?
    義父の遺産だし姪にあげるって言ったよね?放棄してね?

    なんてことになったりしてね。

    お金の話以前に、旦那さんはあなたの本心(配偶者はどうでもいい、姪に全部あげたい)を知ったわけですが、いずれ離婚を切り出すか、既にその話が出ている状態では?
    遺産の話は冗談でもする話じゃないよ。例えば今日大変な事故に合う可能性だってあります。

    ユーザーID:7636212157

  • 多分

    ケチと無欲と言うより他人の金はあてにせず、自分で稼いだ金を大事に使う独立心の強い方という事では?両立というか一貫してると思います。

    ユーザーID:2345907014

  • うーん?

    無欲とケチとが両立するかは知らないけど、今回の場合は両立するし矛盾しないなぁと思います。

    貧乏臭いといわれるタイプのケチな私です。夫とは別財布で子供はナシです。


    トピ主様のおっしゃってるのは、ご自身の遺産は夫に渡さないと書いてないので、「小さなマンションと預貯金2000万円ほどを相続」の分を夫に渡さず、自分の血流の親戚に渡す場合の例ですよね。

    ケチな私ですが、これはオッケーです。
    わたしもケチさんが書かれているように、自分たち夫婦が作り上げてきたお金ではない。よって自分には関係のないお金、という感覚です。だから「好きにすれば〜」となります。(←これって無欲?)

    でもこれ以外のトピ主さんの資産について全ていらないよね?と言われたら、「この人なにいってるの?」ってなります(←無欲ではない)。別々の財布にしてても生活水準とか消費とかは二人で相談してやってるわけなのでね。

    ユーザーID:1157222856

  • もっと分かりにくい話になりますが

    金銭に対する「強欲」と「無欲」が一人の人間の中に同時に存在する場合だってありますよ。

    例えば私ですが、自分の労働に対しては出来るだけ沢山の対価が欲しいと思います。報酬が少なければ不満にもなります。出来れば労働に見合う以上の報酬が欲しいとも思います。
    しかし、宝くじや賭け事などに大しては淡白です(無欲とまでは言いません、だって宝くじを買うんですから)。はずれたり負けたりしても大して悔しくはありません。ぬれ手で粟みたいなお金に執着はしません。

    他の方の意見ですが、細かいお金にはケチだけど大きな額だと太っ腹になる人も居ます。(私も少しその傾向があります)

    一人の人間の中でも「強欲」と「無欲」、「ケチ」と「太っ腹」が同居出来るんですよ。

    人間ってそんなに簡単に「この人はこう」って決めらるモノじゃないと思います。
    トピ主さん自身だって「自分たちのエピソードは知らせたいけど、それを話題にされたくない」って、これも普通に考えればややこしい話ですよ。
    だけどそんな矛盾だらけなのが人間じゃないかな。

    ユーザーID:6778331182

  • それはトピ主旦那様の権利の及ばないお金だからですよ

    遺産は相続した人固有の財産ですから。
    その使い道については、トピ主が使い道を考えれば良いことですよ。
    この基本的なことを知らない無知なトピ主が、旦那様に無益な質問を
    投げかけただけかと。

    夫婦別財布と金銭的にも独立しているのですから、旦那様の答えも
    当たり前なことだと思いますよ。

    ユーザーID:5050432656

  • 両立する場合もあると思います。

    例えば、ケーキをお金と考えれば普通の人が一口ずつ食べるところ
    ほんの一欠けらとかミリ単位で食べていくのがケチだと思う。でも
    食べるのがみみっちい人でも、ケーキをたくさん食べたい人と
    別にいらない人がいるでしょ?

    お金のためではなく、ケチ行為をすることに満足を見出せる人なら
    そんなにお金に執着しないと思う。ケーキが好きだからちびちびと
    食べるのではなく、どれだけちびちび食べられるかを自分の中で
    切磋琢磨しているタイプなら両立可能ですよ。

    こんな説明でどうでしょうか?

    ユーザーID:2642985497

  • ちょっと違うかな

    私のなかではこの話は
    >このトピでの無欲の定義は《配偶者が死んだとき、つれあいは相続放棄する》ですよ。
    ではなく、「配偶者が死んだとき、配偶者の実家から相続した分は放棄する」です。

    勿論実家から相続した分がまるまる残っている前提なわけです(ご自分(トピ主)老後の備えがない・なくなっている場合は除く、な訳ですよね)。


    我が家も別財布なんですけど、貯蓄は共同でやってますし、二人の老後に備えているので、こちらは放棄する・させるはしません。配偶者の相続した分はお好きにどうぞ、と考えますが、共同で貯蓄した分など遺産以外の分の相続放棄はしない、というか出来ないです(老後の資金なので)。 

    ユーザーID:2160941796

  • 一貫性がだいじだよ

    >「ねえねえ、あのマンションだけど(私があなたより先に死んだら)姪っ子にあげてもいい?」
    >夫は顔色も口調もまったく変えずに「いいよ」

    つまり、トピ主財産を、夫ではなく姪に相続させたいのですね。で、夫はそれに同意した。
    であれば、夫さんが、彼の財産の相続を、トピ主以外の人にさせたい場合、トピ主はもちろん顔色も変えずあっさりと同意するんですよね。そこで、「子供がいない夫婦なので、全部妻の私が相続する権利がある」などと主張したりはしないですよね。
    そこで、トピ主が自分の相続権を主張するなら、トピ主はケチというより、「夫を身内扱いしていない(他人扱い)」愚か者と言える。

    ユーザーID:5955644855

  • 私の考え

    >ケチと無欲は両立するのでしょうか。

    ケチの種類によります。

    自分の為にしかお金は使わない、
    他人の懐をアテにし、外食や飲み会に行くくせに極力自分は払わない、というような人は、お金に欲深い(汚い)ので、無欲ではない。
    強欲ですね。守銭奴というような人。

    が、倹約家で物欲も少ない人は、
    お金を使わない点ではケチかもしれないけど、他人の懐もアテにせず、物にもお金にも固執しないタイプなら、無欲に近いのかもしれません。
    修行僧のような感じかな?

    ユーザーID:4265529169

  • 無欲とは違うような。

    私はケチだけど、夫や自分の両親の財産は欲しいと思っていません。
    人の金だから。認識の違いでは?

    ユーザーID:7219984148

  • 一般論で

    出費はしぶる・厳選するが、入って来るお金にはあまり頓着しないタイプのケチは普通にいると思います。お金を使うことに違和感・罪悪感・本人だけのこだわりがあったり、金持ちや浪費行動にネガティブなイメージを持っていたり。

    また、その金が、例えば正当な労働の対価なら、法的に争うこともいとわないが、棚ボタや本来の自分の権利でないもの(配偶者の遺産はここに該当)なら、割とどうでもいいというパターンも普通にあると思います。額面に注目すると不思議な行動かもしれませんが、本人の中では別の原理(正義感とか理屈とか)で決まっているのだと思います。

    ユーザーID:4661408019

レス求!トピ一覧