美容に興味ある医学生・医師って?

レス23
(トピ主1
お気に入り40

キャリア・職場

ゆんゆん。

国立医学部の学生です。
昔から美容に興味があり、将来は美容外科、美容皮膚科、美容内科のいずれかに
進むつもりですが、医療界では美容系は邪道な雰囲気があります。
それでも全く意思は変わらず、目指しています。
興味は元々から1番ありますし、給与も休暇も他科より良いといったら
自分にとっては最高に思えます。
それでも美容を目指す医師や医学生は少ないようですが、人気ないのはやはり
医療界で美容は邪道な道だとか、美容系の医者はお金目当てと考えられているからですか?

ご意見をお聞かせ下さい。

ユーザーID:2575213840

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それもありかと思われます。

    13年目放射線科医師です。学生時代は形成外科も考えていました。
    形成外科入局時には「美容外科には進まない」という念書を書かされたそうです。
    医療としては必要性が低いとされ、かつ高額な費用を請求する美容外科は・・・やはり蔑まれてしまうようです。

    でも、必要とする患者さんもいるし、技術や責任も相応に求められるしで
    興味があるなら選択してもいいと思います。

    僕もこの科を選んだ理由には、結構打算的なものがあります。
    血管造影や読影業務が興味深かったのがもっともな理由ですが。

    Drになった理由を聞かれたときは建前の理由を言いますが、
    今は正直、「自分のため」「報酬を得るため」です。
    仕事でやっている以上、多少の嫌な思いはします。その時に
    「困っている人のために働いている」と考えていると、心が壊れてしまいます。
    薄給の研修医時代はかなり仕事が嫌になっていました。
    自分のため、生活のためと割り切っていれば、多少の理不尽な思いも我慢できます。

    美容外科、興味があるならいいと思います。
    進むなら進むで、ある程度の偏見は割り切ってトコトン極めてください。

    ユーザーID:4818710215

  • 一般人としての感想

    医療関係者ではないので、一般人としての感想を述べさせていただきますと、美容関係のお医者様は命を救う医者では無いので、“医師”という印象が薄いです。

    どちらかといえば、エステティシャンや美容師さんに近いイメージがあります。

    生きていくのが辛いと思って苦しんでいる人を救うこともあるので、厳密に言えば命を救う仕事と言えなくもないと思います。
    そして、医師免許がなければ就けない職業なのですから、やはり医師には違いありません。

    でもやはり、他の医師と比べたら軽い印象が否めず、チャラチャラしているイメージがあります。

    >美容系の医者はお金目当てと考えられているからですか?

    ハイ、正直言って『“美”を餌に金儲けをする人』と、思えます。
    保険が使えないのは医師のせいではありませんが、患者が支払う金額が大きいことにより、『“美”を餌に法外なお金を取る人』であるかの様に錯覚します。

    以上は私の個人的主観でありますが、医療界の中でも邪道な雰囲気があるのだとしたら、似たり寄ったりの理由ではないでしょうか?
    ですが、そういう医師に助けられている人がいることも確かです。

    ユーザーID:3930479832

  • 違うと思いますよ。

    (旧)国立大学の医学部には美容外科という講座、医局は原則ありません(東大に数年前に出来たらしい)。私立でも4つほどあるだけです。
    つまり、医学部を卒業して院に進む、医局に入るとか、研修制度でインターンをするにしても総合病院(市民病院とかで見たことないですよね)にも専門として勉強する場所はありません。

    多いのが形成外科で勉強してそちらの専門医をとってから、最終的には民間の開業医のところで勉強して、自分で開業するということになります。(形成外科の専門医がないとだめということではありませんが、それ以外の出身での美容外科医はちょっと信用できない)。

    邪道だから進む人がいないのではなくて、元々勉強する進むところがほとんど無いということです。まぁ大学に医局が無いという時点で邪道であるということかもしれませんが。

    ユーザーID:7801564185

  • いいでしょ別に。

    美容を求めている患者は大勢いるのだから、彼らのために美容分野の医者になって下さい。

    医療に王道の科なんてあるのですか?全てが尊いでしょうが。堂々と美容系の医師になって下さい。

    ユーザーID:7370198435

  • そう思っちゃいますがエールです

    でも激務で貧乏よりずっといいと思いますよ。
    もし息子が医学生で何科にしようか。。。と迷ったら私は勧めますね。

    それにお金目的だけではなく「女性に自信を持たせてあげたい」からとか
    アンチエイジングも立派な先進的な研究だと思います。

    誰にどう思われても成し遂げたらそれで良いじゃないですか。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:0692222886

  • リスクが高いからでしょ

    内科医しています。

    志す人が少ないのは、
    この分野は結果が思わしくなかったらすぐに訴えられかねないからですよ。
    美容系を受診希望のお客さん、どういう職種のが多いか想像つきませんか?

    ユーザーID:0015635291

  • そうですね

    その業界でマネージャーをしていました。

    >医療界で美容は邪道な道だとか、美容系の医者はお金目当てと考えられているからですか?

    それはあると思います。
    医療は建前上は「利益を追求してはいけない」のようなルールというか習慣のようなものもありますし。

    現実には利益を得なければ従業員の給料も払えないのですけどね。

    美容の世界は、医師自身が皮膚病などに苦しんだ経験から似た悩みを持つ人を助けてあげたいという理由で美容含めた皮膚科を目指す医師と、金儲けのために美容皮膚科を目指す医師とがいますから、理由さえきちんとあれば美容でもいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7175756966

  • 美容ビジネスは人気商売です

    まず、「邪道」という考えは捨ててもいいかもしれません。
    というか、ドラマやマンガに影響を受けすぎでは?

    医者の仕事を、「病気や怪我を治す」というイメージからもう一歩踏み込んで、「生活や人生の質(クオリティ)を上げる」と考えてはいかがでしょうか?
    外見を若く綺麗に保ったり、外見的なコンプレックスを解消してあげることも、生活の質を上げることにつながりますし、立派な医師の仕事だと思います(少なくとも私は)。

    ちなみに、日本における美容外科の医師の数は増加傾向にあります。
    また、いわゆる豊胸やダイエットなど美容整形などを行う専門の美容外科に加え、皮膚科、形成外科、最近は歯科なども美容外科の領域に守備範囲を広げたりしています。

    基本的に独立した開業医が無保険の自由診療で行うケースが多いので、設備投資、広告宣伝などを含めたビジネスの才覚も必要ですし、結局は人気商売ですから、お客が来なければお金も儲かりません。

    病気と違って緊急を要さないので、何か月か予約待ちになっても、腕のいい先生のところに客が集まるという状況も不思議ではないですし、閑古鳥が鳴いて潰れるクリニックも普通にあります。

    ユーザーID:5133927759

  • GO!GO!

    >興味は元々から1番ありますし、給与も休暇も他科より良いといったら
    自分にとっては最高に思えます。

    ほんとに最高じゃないですか。
    そう思って働いている社会人は少数派です。

    世の中の需要も確実にたくさんあるので、充分社会貢献もできます。


    邪道だろうが、他の医師に何と思われようが、いいじゃないですか。
    貴女の人生です。  
    自分の道に邁進すれば良い。

    一般社会人の意見です。
     

    ユーザーID:7527811544

  • リスクが大きいからじゃないかなぁ

    美容系だと、どうしてもリスクが大きいので、あまり人気がないっていうのもあると思います。

    保険診療で、既定の内容でやってても、訴訟になったり起訴されたりするくらいなので、まして保険外で安全な方法でやってたかどうか統一基準もない状況で、何かあったら自分の身を守る方法が、ゼロに等しいです。美容系専門病院だと、血液センターとの連携とかもどうなのかっていう危惧もありますし。

    実際、出血多量で死亡事故出したり、神経を傷つけて半身不随にしたりで、けっこう逮捕・起訴されてますよね。
    当然、医療訴訟の保険の金額も高くなってしまうでしょう。

    脂肪吸引とか切開とか、外科系の処置をしないで、せいぜいレーザーくらいにとどめて、麻酔もキシロカインで済む程度のことしかしなければ、そんなにリスクはないでしょうが、それでもたまに訴えられてたりしますからね。

    実際の美容系医療の腕を磨く以前に、そういう対患者的なノウハウを蓄積しないといけないところも、敬遠される理由かなと思います。

    ユーザーID:9334381732

  • そうですね

    何が邪道かは判りませんが、お金目当てというのは感じますね。

    何というか、無くても命に関わらない分野とも思いますし。
    形成外科であれば別な思いもありますが。

    給与が良いというのも、例えば弁護士の場合だと、ある特定組織を中心に引き受ける人は報酬が良いとも聞きますが、それと同じような感覚を感じます。
    同じ資格で就ける仕事で収入が良いというのはなり手が少ない。
    なり手が少ない理由は、他者からみて尊敬の対象とならないという感じでしょうか。

    とは言え、需要はあるのでしょうし、非合法なことをしている訳ではないので、お好きにされたら良いかと思います。

    それにしても、何を言われても全く意思が変わらないのであれば、こんなところで意見聞く意味があるのでしょうか?

    ユーザーID:7907796560

  • 進路希望がはっきりしていますね

    まず、訴訟数の多さがあって、敬遠されがちなのではないでしょうか?

    そして、美容外科とはいっても、どちらかというと、自分の容貌に悩みがある女性の話を聞く、ということに多く時間を割くことになりますが、精神科に近い面もあると思います。

    そして、アプローチがどんどん変わります。常に「新しい手術方法」「アメリカ最新の・・・」等、その方法が最適であるかどうかよりも、治療に”最新の技術”を取り入れるという方針が、患者(消費者)に好まれます。勿論、医師には、その情報と技術体得が課題です。

    そして、経営の問題ですが、莫大な宣伝費がかかります。おそらく、億単位の宣伝費が必要だと言われています。

    場合によっては、医療側が最新施術(手術)を受けて、「歩く広告塔」にならなければいけない場合もあるかと。患者に自らの肉体を以って、アピールしなければいけない訳です。

    「ウチの施術で、このように、”常に・若く・美しく”なることが出来ますよ」と。

    「美」という曖昧な価値観を、医療でどう補うのか、形成外科とは異なり、かなりその人の主観に寄るものが大きいので、なんとも難しい分野のように、個人的には感じます。

    ユーザーID:3830129686

  • そうです

    形成外科医です。
    その通りです。大体、美容内科ってなんですか?少なくともそんな講座名があるとは思いませんが。
    きちんと勉強してください。
    もしそれでも目指されるのであれば、他科に馬鹿にされない美容外科医になってください。(ということは現状はどうかというと、、聡明なあなたならお判りでしょう)

    ユーザーID:3320771449

  • 金目当て

    大抵の医学生は病気を治したいと思っているからでしょ。火傷を綺麗に治したいではなく 美容整形はどこも悪くない鼻に異物を入れて高くするとか、治すとは逆だからでしょ。

    ユーザーID:0137177035

  • 正直に言うと

    「命に関わる診療科」ではないので、低く見られるのかなと思います。
    それと「自由診療」ですから、お金儲けのイメージが強いですね。

    身内に医師がいるので聞いたら、「問題外」の扱いでした。

    でもどの方向に進みたいのかは自分で決めることだから…

    今「美容ナントカ科クリニック」はよく見かけますが、今後は淘汰されていくのでは?
    流行らなければ経営もたいへんだし。
    医療機関というより、一種の「お店」のような感じがしますから。

    ユーザーID:2186575128

  • 自分が思うほど人は思ってないですよ

    女性医師さんでしょうか?
    病院に勤務していますが、皮膚科の先生はとても綺麗で
    なんというか趣味と実益を兼ねているなと思っていますよ。

    整形などは訴訟もあるから別でしょうけど、
    患者さんが亡くなったり、長時間の手術もないので
    働きやすいのではないでしょうか。
    病態の急変もありませんし、気楽といえば気楽では?
    女性が働きやすい科ではないですか。

    お金目当てとは思いませんが、開業したらビジネスだからなぁ
    (楽してお金が稼げる)と思うこともあります。

    研究したい、命を救いたい、難しいオペをやりたい と
    志望理由も様々ですから、邪道とは思わないと思います。

    ユーザーID:4692573956

  • 頑張って!

    国立医学部在籍中の息子がいます。
    確かに昔から「美容外科医は医者じゃない」という医師が多いですよね。
    息子も生意気にもこのような趣旨のことを言います。

    でももし女の子だったら美容皮膚科医にさせたかったなあ。
    私(母親)のことも見てね、というのが本音ですが。

    息子の同級生にも美容皮膚科医を目指すと公言しているお嬢さん、
    いるそうですよ。
    良いと思います、美容系の医師。
    どうぞ頑張ってくださいね。

    ユーザーID:7277738680

  • いつか 恐らく

    魂を売った気持ちになり、自分のやっている事がおそろしく虚しくなるでしょうね…。

    ユーザーID:7131609986

  • そりゃそうでしょうよ

    医療とは本来、病気を治したり、健康を保つためのもの。

    美容外科は、そういう「医療」とは全くの別物ですからね。
    そりゃ、見下す人が少なからず居るのは、致し方ないと思います。

    が、トピ主さんにとっては、一番興味のある分野とのこと。
    興味のない分野の仕事ほど辛いものはないですから、
    トピ主さんは周囲の意見に流されずに初志貫徹されたら良いかと思います。

    自分の人生です。
    他人にどう思われるかよりも、自分が何がやりたいか、でしょ?

    ユーザーID:5230604077

  • 容姿が劣るのは、先天的な異常を抱えていることに似る

    美容ビジネスは人気商売だと書いたものです。

    病気とは何か?
    病気を治療するとは何か?
    一度はご自分で真面目に考えてみてもいいかと思います。

    病気という概念の捉え方なども時代や社会背景などによって異なります。
    一般的には、労働(勤労)を主とした正常な活動を妨げるような、不都合な生理現象が「病気」として解釈されていると思います。

    昔は根性論がまかり通っていた鬱病なんかも、今では立派に社会的に認知されて、治療のために休暇を取る権利なども主張されるようになりました。これは、遺伝子レベルでの原因が明らかになったことが大きく、本人の責任ではない部分が大きいことが認識され始めたためです。

    外見的なコンプレックスも、労働意欲などに影響を与えるかもしれませんし、なにより、胸が小さい・肥満・顔の作りが悪いなどは遺伝的な要因によるところも大きく、先天的な不都合といえなくもないです。
    また、先天的に容姿が良くないがために、特定の職業に就くことができなかったり、幸せな生活が送れないなどという不都合が生じているのも事実です。

    そういう不都合の解消に医の技術を使うことは、私は悪いことだとは思いません。

    ユーザーID:5133927759

  • 皆さん、沢山のご回答ありがとうございます。

    全て楽しく読ませていただきました。
    ありがとうございます。
    新しい見方もいくつか見受けられてよかったです。

    私は女ですが、美容に興味ある学生は一定数いると思っていました。
    ですが、まだ学生の身分ですし、所詮は自分個人の進路なので公言する必要もなく胸に秘めています。
    美容に進みたくて医学部に入ったなんて、周りに打ち明けたことがなかったし、
    これからも胸に秘めて頑張って目指していこうと思います。
    というわけで、周りに美容系の医師について意見を聞けなかったので、本とぴを
    立ててみたのです。
    大学病院勤務の方にこんなこと聞いたら、
    「あら、お金儲けしたいの?」だとか「国立の医学部の学生にかかる税金は◯×△ect,だから美容なんて!」
    「ありゃ、医者じゃない!」
    と言われるのは予想付きますので、ここで様々なご意見を聞けてよかったです。

    見下されようと、何を言われようと胸に秘めて、
    美容専門の医師になることを目指して、患者さまの美に貢献したいと思います。
    まだ新しい見解ありましたら、回答をお願いします。
    こんな見方もあるんだ!と楽しく拝見させていただけたらと思います。

    ユーザーID:2575213840

  • 気にしないで。軽蔑されるべき医者は美容外科以外に沢山いる。

    邪道という見方はお気になさらず。
    美容外科じゃない医師でも、難病患者のたらいまわしや、腕が悪いくせに手術を請負って患者を傷つける医師など、患者からしたら大迷惑な医者を見かけます。
    彼らと比べたら、患者の幸せのためにサービスを行う美容外科医のほうがよほど尊敬できてマシです。

    自信を持って興味のある分野に進んでください。
    仕事なのできついことは沢山ありますが、興味のもてない分野と異なり、興味のある分野だと吸収が断然早いです。

    一般の人たちも小さく美容整形をする人は後を絶ちません。
    優秀な美容外科医が一人でも増えて、競争が増えて、良質なサービスのまま価格が下がることを患者は求めています。

    あと、世の中カネです。
    稼いだもん勝ちです。
    趣味と実益を兼ねて、患者からもとても感謝され、幸せな医者になれると思います。

    ユーザーID:7164472540

  • 進路希望がはっきりしていますね

    美容外科が、大学内で低い扱いをされる理由は、「学問」「科学」として成り立ちにくいからと、聞きました。大学は研究機関なので、臨床も”疾患研究”が存立理由であり、美容外科は、そこから大きく外れてきた経緯があったと。

    美容外科の現場では、形成外科以外の、元は別科であった医師が手術を行う場合もあり、これが患者や医療関係者の不信感と結びつき、悪評に繋がり易いのでは。

    美容外科は自由診療なので、同業者との価格競争があるでしょう。患者側からは「低価格で・話をよく聞いてくれて・希望を叶える施術を」という要望がでる一方、開業医側としては、投資費用の回収・診療時間・利益を考慮せざるを得ず、その難しさが拗れて問題となるケースもあるかと。

    日本で最初に美容外科を手がけた方のお話では、欧州留学中、或る人種に特徴的な鼻(鷲鼻)を低くする外科手術を見学し、ご自分でも手がけてみたくなったのが契機との事。

    時代・文化・流行の影響を受ける価値観の「美」を医療でどう補うのか、患者側の自己イメージを医療で確定できるのか等、個人としては気になるところです。

    ユーザーID:3830129686

レス求!トピ一覧