• ホーム
  • ひと
  • 祖母の死で後悔。祖母と母との確執があり・・

祖母の死で後悔。祖母と母との確執があり・・

レス50
(トピ主2
お気に入り124

家族・友人・人間関係

琴子

遠方に住んでいる祖母が亡くなりました。
小さいときから、会えばいつも孫の私を抱きしめ、かわいがってくれた祖母でした。

ただ、父方の祖母でしたので、私の母とは折り合いが悪く、私は昔から母が祖母のことを嫌い、心を痛める姿を見てきました。
祖母は悪気はなくとも物をはっきりと言うタイプ、母は繊細で小さなことでも気になってしまうタイプなので、祖母との何気ない会話のなかでも母は傷つくことが多かったようです。

父は一人っ子で、戦後の貧しいなかを祖母に女手ひとつで育てられたこともあり、祖母と母のいさかいがあると、父は祖母の味方でした。
そんな母をずっと見てきた私は、母がかわいそうで、いつの間にか祖母が母を苦しめる存在のように感じられるようになっていました。
そのため最近では祖母にほとんど連絡を取らず、子ども(祖母にとってはひ孫)の写真を送ってあげることすらしませんでした。
そんななか祖母は寂しい、寂しいと常々言っていたようです(亡くなってからわかりました)。

祖母が実際に亡くなってから私の心境に変化がありました。
祖母の家に久々に行き、大事に保管されていた私の小さいころの写真をみて、今まで受けた愛情の数々が思い出されたのです。
離れていても、祖母は私の成長を見守り、喜んでくれていたのでした。
もっと祖母に連絡をしてあげたかった。もっと喜ばせるようなことをしてあげたかった。後悔が募り、涙がでます。

祖母と母との確執がなければ、自分は素直に祖母への愛情を示せたのではないだろうか。今ではついそう思ってしまいます。

最終的には自分の判断だということはわかっているのですが、そう考えなければ救われないほど、この後悔はつらいです。

同じような経験をされた方がおられましたら、どのように気持ちを整理されたか教えていただけないでしょうか。

ユーザーID:3178196875

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何らかの形で必ず後悔する

    時の流れとともに人も変わります。
    トピ主さんが疎遠にしてしまったのも自然の流れです。
    祖母が寂しい寂しい…と言うのはわかりますが、そうならないためにも、トピ主さんのお母さまとの関係は大切にするべきなんです。(=嫁姑の関係)

    その時にトピ主さんが選んだ道。間違いはないのです。

    ユーザーID:3929051614

  • よく似た状況でした

    私もよく似た環境です。
    父方の祖母と同居していて、母親は祖母の悪口や愚痴を私に言ってきました。
    母親の祖母への接し方・話の仕方も私はイヤでしたが、祖母が祖母の娘(私にとっては叔母)のところへ遊びに行ってて不在だと、母親は機嫌がよく、表情も柔らかくなり、全然別人のようになるので、祖母が家にいる時は家に緊張感が漂い、祖母のいない時は、穏やかな感じでした。
    本当に祖母には悪いのですが、祖母のいない方が私の気持ちが当時は楽でした。
    結婚する時も色々揉めて、祖母は私の結婚式・披露宴には不参加。
    このことが私にとっては1番後悔していることです。
    両親が何と言おうと、祖母を式・披露宴に来てもらうようにすればよかったのに。
    祖母が亡くなって母親から電話がありましたが、私は熱を出して寝ていて、旦那が電話を取ったんですが、母親は要件を言わず、電話を終わらせたんです。
    私が起きて、旦那から電話があったことを聞き、母親に電話したら
    「なんや、かけてこんでもいいのに。熱があるんやったら寝ときぃや。」です。
    でも私は電話してる訳で、
    「何の用?」と聞くと、祖母が亡くなったと。
    祖母が可哀そうで仕方がありません。

    ユーザーID:6622672898

  • よく似た状況でした その2

    祖母が亡くなって10年くらい経ちますが、まだ私は気持ちの整理はできていません。
    母親からの祖母の愚痴・悪口が今でも頭の中をグルグル回ることがあります。
    母親への私の思いが整理できない限り、祖母への思いも複雑な、申し訳ないままです。
    従妹と時に一緒に祖母の納骨されているお寺へお参りに行って、近況報告をしています。
    親には言ってません。
    しんどいですね…。

    ユーザーID:6622672898

  • あまりにも幼い…

    トピ主さんはおいくつなんでしょうか?
    ご自身も子供さんがいるなら成人されてますよね?
    確執がなければって人と人が関わっていく以上大なり小なり確執はあるものです
    私も同様の環境でした
    今になって思うのは母にも非はあったように感じるということ
    決して祖母だけが悪かった訳ではなかったということ
    それでも本当に孫に愛情があるのなら生んでくれた母をもう少しだけでも大切にして欲しかった
    それが叶わないのならせめて大人の良識で確執を幼い孫に感じさせないで欲しかった
    子を持つ世代になってから感じたことです
    ご自身の行いを何かのせいにせず
    後悔してるのなら素直におばあ様に手を合わせてお詫びしましょうよ

    ユーザーID:7890076497

  • 残念ながら

    亡くなってからの後悔をしても遅いのです。生きている内の孝行です。厳しい事を言いますが、祖母は孫が大事で愛して止まないのです。でも祖母と嫁は違います。仕方ありません。世の常です。だから、あなたは祖母には本当に愛されていたはずです。連絡を取らずに寂しい思いをしていたでしょう。それは、忘れてはいけない事です。その思いを胸に刻み、生きて行くしかありません。 過去には戻れませんから。
    同じ事をしないように、子供に託すしかないのです。親と祖父母の違いなのです。気づいたのは、何よりです。

    ユーザーID:1740169740

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • トピ主様の場合は、皆の責任ですよ

    私は、両親が長女だけを溺愛したので、20歳以降殆ど逢えていないまま、お別れしています。

    今でも〔父の70代を一目でいいから見たかったな〕とか〔一度でいい自分の子供を抱っこしてほしかったな〕とか涙が止まりません。

    でも、両親の方が、姉家族をだけ溺愛する生活で他の兄弟を寄せ付けない選択をしたので、無理やり押しかけても

    私自身が激しい差別やエコヒイキを目の前で見せられ

    (お前なんかどうでもいいと)思い知らされたでしょうから〔実際にその様な場面が何度もあった〕

    自分の中では、両親の判断だから致し方ないと、とても辛すぎますが、整理は付きかけています。

    トピ主様の場合はお母様の事を考えると、おばあ様に懇意にして差し上げるのは、難しい状況だったのでしょう。

    もし仮に、半ば強引におばあ様に優しくした場合、お母様を苦しめる事になったかも知れません。

    お父様も、妻と母親の間に立っては下さらなかった。

    だから、本当悲しいのなら、心の中でたくさん、おばあ様を思いやって下さい、必ず伝わるでしょうから。

    おいくつか判りませんが、心の休息を取って下さいね。

    ユーザーID:2443938840

  • 悩まなくていい

    まだ20代くらいのお若い方でしょうか?
    よくある嫁と義母の確執ですね
    お母さんは、義母(あなたの祖母)に、おそらく悪気はないという名目で嫌がらせをされていたと思いますよ
    息子(あなたの父親)が我関せずなのもよく聞く話です

    祖母と母の確執がなければ・・・とのことですが
    確執を作ったのは祖母ですよ
    お母さんは、祖母からいじめられなければ上手くやっていきたいと思っていたはずです
    拒否しなければ精神的にダメージが強すぎたんです
    あなたが今まで積極的に連絡をとってこなかったのは、直接的ではありませんが祖母の行動の結果です
    もちろん、祖母とあなたは血がつながっているので愛情はあったと思いますがお母様とは血のつながりがない他人ですからね・・・
    その「他人」と大人のお付き合いができる人とできない人がいますが、祖母は大人のお付き合いより自分の感情優先人だったのでしょうね。

    祖母が、あなたの母親に誠実な対応をしていれば起こらなかった悩みです
    よって、あなたは悩む必要はありません。

    ユーザーID:4565927047

  • 後の後悔先に立たずです

    主様の後悔もその時だけの物と思いますよ。
    過ぎてしまえば縁の薄かった祖母の事など忘れます、今は観賞に浸っているだけです。

    お母様も別居で遠方に住んで居た義母を疎遠にして何の手助けもして上げなかったんだと思いますよ。
    寂しい寂しいと言いながら死んでいった祖母の気持など主様にもお母様にも解らないと思います、勿論父親にも。

    お母様も勝手に傷ついて、勝手に疎遠にして祖母が亡くなってホッとしているのと違いますか?
    嫁姑戦争に孫も巻き込んで、生前から祖母は蚊帳の外だったと違いますか?
    死んでから心を痛めるなら、生きているうちに電話の一本もあげれば良かったのに。
    祖母の寂しい気持ちが解るのは主様が祖母の年齢に達した時でしょうね。

    傷ついたお母様、今もお元気ですか?
    お母様も又寂しい老後と思いますが、まだ主様がいるだけ幸せですね。
    自分は姑を疎遠にしても女の子がいれば、老後は安泰でしょうから。

    悪意を持って聞けば何の気なしの言葉も傷つく言葉になります。
    苦労を知らないお母様なんでしょうね。
    姑も嫁まで選べませんから、本当にお気の毒でしたお婆様。

    ユーザーID:9982367812

  • ごめん。

    正直な感想を言うと

    トピ主さんは母親の事を考えている風をして、面倒事を避けていただけ…と
    感じました。大人になれば祖父母からの愛情を疎ましく思う事もあるし
    会いに行くのは面倒だと思ってしまう事もあるから。
    年寄りは同じ事を何度も言うしね。

    亡くなった後に感傷的になっても遅いです。
    貴方が救われる必要はない。その後悔は背負って行くべきでしょう。

    そして、今度は母親に対して「祖母と仲良くしてくれていれば…」等と考え
    面倒事を避けようとしていませんか?実母だから大丈夫?

    子供を産んで育てているのだから、綺麗ごとだけでは済まないでしょう。
    実母だけでなく、義母や義父等との関係も今後出てくる。
    その時に、自分の子供が同じ轍を踏まないように育てていくのも
    トピ主さんの務めだと思っていくしかないのでは?と思いました。

    ユーザーID:4087140816

  • 気にしなくてもいいと思いますよ。

    心理学の講義を聞いた際教官が言っていましたが、大抵の人間は理由なし(?)で一方的に憎んでいる相手が死んだら、死を悼んで善人になるそうです。何故かは言いませんが。冷たいレスになりますが今の貴女のその気持ち自分への言い訳だそうです。だからと言って貴女を批判しているのではありません。相手の死を悼む気持ちがあることが何より大事なことらしいですので。従って貴女は極普通の常識ある人間なのでそんなに後悔したり悩む事はないと思いますよ。貴女は母親に味方しましたが、女の子供は必ずしも母親の味方ばかりではないそうです。一定の割合で父方の祖母の味方も多いそうです。その場合は母親を嫌いになるそうです。まぁ人間ですのでいろいろあります。祖母が死んだからといってそんなに生前の自分の対応を後悔する必要は無いと思います。大切なのは相手の死を悼む心を持てる事ですので。

    ユーザーID:6641828127

  • 仕方ないと思っています

    仮に、
    お祖母様が今日も元気で長生きされていたら、

    今、
    そんな風には思ってないのではないでしょうか。

    おばあちゃんがなくなったから、
    「やっと」心境に変化があった。

    そういうことだと思います。

    ユーザーID:7374311244

  • あなたが胸を痛めることではない

    可愛がってくれた祖母の気持ちを考え、お気持ちはわかりますが、じゃあお祖母さん、なぜお嫁さんを大事にしなかったのですかね?

    遠方ならなお、たまに会う息子一家によくしてあげれば、喜んで息子夫婦は訪ねたであろうし、関係は良好で、孫とも触れ合えたと思います。

    つまりお祖母さんは自業自得では??

    もし孫のあなたがお祖母さんとこまめに連絡を取っていたら、ここぞと祖母顔をして、またそれでお母さんを苦しめたと思います。
    後悔はしなくていいんです。それがお祖母さんが選んだ道なので。

    おばあちゃん、思っててくれてありがとう。幸せにやってるよ・・と偲んであげればいいと思います。

    ユーザーID:6467364495

  • そんなに後悔しないでください。

    確かにあなたにとっては何の問題のない祖母だったのでしょうね。
    そりゃあ、孫はかわいいですから。
    だけどね、あなたには優しかった祖母はあなたのお母さんにはひどいことをしてきたのですよ。
    世の中、自分にとって良い人が万人に対しても良い人とは限らないのです。
    おそらくあなたのお母さんはあなたが知らないところで意地悪をされてきたのだと思います。
    私が今、あなたのお母さんの立場ですからよく分かります。
    そして、私も私の命よりも大切な子どもたちを姑には会わせていません。
    子どもたちには細かいことを全て話してはいませんが、子どもには話せないような意地悪をされていました。そして、それによって母親である私が精神を病んでまともな家庭生活が送れなくなりそうな状態に陥ってしまいました。
    あなたのお母さんも姑の意地悪から逃れなければ心が壊れて最も大切なはずの家庭の方がおかしくなってしまったかもしれませんよ。

    孫が本当に心からかわいかったのであれば、その孫を産んだ嫁に対して意地悪をしなければよかったのです。
    全ては祖母の自業自得なのですから、あなたが後悔するのはやめてください。

    ユーザーID:0435883414

  • 人間の矛盾

    私は祖父母と小姑(叔母)と敷地内同居で一緒に生活してました。

    母は「嫁」で、姑や小姑から傷つく事をいつも平気で言われ、影で泣いていました。しかし祖母も小姑(叔母)も孫(姪)の私には優しい。私は母の味方でしたが、みんなとの関係性が難しく間にたつ身は本当に嫌でした。現在もそうです。

    大人になるにつれて、叔母や祖母のように、世の中には人間の二面性というか多面性というか感情の矛盾が多々あると身を持って実感しています。

    同じ人間でも、相手によって「天使」にも「悪魔」のようになれるのですよ。自分に愛情を持ち優しくしてくれた人。でも同じ人が別の誰かには意地悪をしている人かもしれない。人間には2面性かそれ以上の面があるのです。

    母に辛く当たる人は嫌い。自分に優しい人は好き。「祖母」という同じ人間に抱える二つの矛盾した感情。

    祖母のあなたへの愛情は本物でした。ですがあなたの母を軽視した冷たい態度も本物でした。祖母の人間性を多面的に捉えて受け止めるしかないと思います。

    人間って多面的なのです。優しくて残酷で醜い面があるのです。
    不思議ですね。人間って。

    ユーザーID:5277787582

  • あなたのせいではない(1)

    私も、同じ経験をしました。

    私の場合は、どちらも自分のことしか考えない人たちで、
    愛情深くない祖母と、依存心の塊のような毒母でしたが、
    それでも、毒母と決別した時、今までの自分の祖母への接し方や
    感じ方を反省もし、後悔もしたものです。

    結論、祖母も隣の孫より自分の孫の方がかわいいくらいのレベルの
    人なので、割り切りも早かったけれどもね(笑)。

    〉私は昔から母が祖母を嫌い、心を痛める姿を見てきました

    どのように見て来られたのですが?
    愚痴を聞かされていた?
    同居でしたか?

    小さな主さんは、必死で母親を守ったのですね。
    それは、自然の流れだと思います。

    私は、幼児虐待の報に触れる度、それでも親をかばう子供の姿に
    心が痛みます。
    子供に取って親は唯一無二の存在で、精神的に肉体的に暴力で
    いたぶられても、大好きで大好きで仕方がないからです。

    主さんも、そしてお父様も、そうだったのだと思います。
    特に、子供だった主さんにはそれしか道がなかったのです。
    〉最終的には「子供だった」主さんの判断です。
    自ら選んだのではなく、選択肢がひとつしかなかったのです。

    自分を責めなくていいよ。

    ユーザーID:7774171815

  • あなたのせいではない(2)

    連投失礼いたします。

    主さんの今の苦しみは、子供にそういう思いをさせてしまった
    大人たちの罪です。
    繰り返しますが、主さんは悪くない。
    むしろ、小さかったのによく頑張りました。

    今回、もう頑張らなくていいと分かって、
    それからお祖母様への気持ちに気がついて、
    とても辛かったのだと拝察いたします。

    どうしても苦しみを忘れられないなら、カウンセリングに行かれることを
    お勧めします。
    私はそれで楽になりました。

    カウンセリングについては、偏見を持つ人もいますが、扉を開けてみてください。

    主さんの心の苦しみが、一時も早く癒されることを、心から願ってやみません。

    ユーザーID:7774171815

  • ゆっくりで

    この度はご愁傷様でした。

    あの世の時間は、こちらの時間の流れよりずいぶん早いのだそうです。

    琴子さんが天寿を全うするのに数十年かかっても
    おばあさまにとってはあっという間。
    「あら、もう来ちゃったの?」なんて言われるかもしれません。

    あちらに行った時は
    今世であやまれなかった事を詫びて
    今までの感謝と、それまで生きて来たお土産話を
    たくさんされてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:9753251435

  • オレオレ詐欺の昨今、

    おばあちゃんを大事に思い出されるって、心のひだが繊細ですね。

    自分が笑顔とか、何か贈れたのなら、それで良くて、祖母は祖母、母は母。

    あなたとおばあちゃんに確執?があった訳じゃあ、ないしね。

    ユーザーID:5928537377

  • 時間が解決

    トピ主さんと同じような感じです。

    祖母のお見舞いに行きたかったのですが母に気兼ねして
    行けませんでした。
    亡くなったのは第一子が生後半年の時。
    首がすわった頃に父と病床に赤ちゃんを見せに行く計画が
    あったのですが母が首がすわったばかりで長時間の移動が云々と
    反対するので行きませんでした。

    亡くなった時に本当に本当に後悔しました。
    写真だけじゃなく実際の子供を見てほしかった。
    遺品整理の時に父に形見分けの品を頼みました。

    気持ちが落ち着いたのは数年たってから。
    いまだに何であんなに母に気兼ねしていたのか分かりません。
    いい子でいたかったんでしょうね。
    祖母に会うのを母親は嫌がっていたから。
    事情があって小さい時に半年ほど祖母と二人で暮らしました。
    そのせいもあって生前祖母は私が孫の中で一番かわいいと親戚の前で
    言っていたそうです。

    後悔先に立たずですが時間が解決してくれると思います。

    ユーザーID:4008162655

  • 二の轍を踏まない、幸せになる

    おばあさんが望んでいるのは貴方が後悔に明け暮れ涙を流すことではなく、笑顔で幸せに暮らすことです。
    それが愛情というものです。
    貴方もお子さんに対して同じように感じるでしょう?

    おばあさんが寂しかったのはお父さんのせいが大きい(実子ですから)。
    次にお母さんも。我が子に愛情を注いでくれる人は多いに越したことは無いのに、結果として貴方をおばあさんから遠ざけたので。
    でも誰にでも限界があるので、当時のご両親にはどうしようもなかったと思います。

    貴方はもう大人なので、自分が子どもだった頃を忘れてしまったかも知れませんが、子どもだった貴方に出来ることは少なかったのです。
    そして、家族が亡くなった時「自分のせいだ、自分が悪い子だったから」と思う心理は子どもに独特のものでもあります。
    要は、多くの人が感じることです。でも誰のせいとも言えないことです。

    お金と同じく、愛情も大切な財産です。
    貴方は貴方とお子さんが幸せになるよう、おばあさんから受け取ったそれを大事に使っていけば良いのです。
    おばあさんは貴方の笑顔を求めていると思いますよ。

    ユーザーID:5531284061

  • おばあちゃん孝行

    じゅうぶんしましたよ。 あなたが産まれてきただけで、ご両親も、おばあ様も、それはそれは幸せでした。

    あなたにとってのおばあちゃんは、愛情深くて素敵なおばあちゃんでしたが、残念ながらお母様にはそうでなかった。 それだけの事です。

    お父様にも責任の一端はありますね。 おばあさまにも。 お母様にも。

    だれか一人が正しかった訳でも、間違っていた訳でもありません。 運命です。

    色々な感情、大人になる為に、大切な経験です。

    お母様、お父様にもそれぞれ、欠点や過ちもあると思いますが、みんなそうやって生きています。正論だけでは、世の中回ってはいきません。

    生きている人が、生きやすい様に。 過去には戻れません、今と未来の為にしっかりと生きて下さい。

    ユーザーID:3835689658

  • それは

    二人の仲を取り持てなかったあなたのお父様の力量です。

    お父様が祖母の味方をしていたのだから、晩年の祖母の寂しさよりお母様の方が辛かったと思います。

    ユーザーID:6431537822

  • 仕方ない


    私は50代主婦、お母さまの立場のものです

    うちの義母は同居で健在ですが、過干渉で思った事をすぐ口にするので嫌な気持ちに
    させられる事が多く、今ではストレスで義母の気配を感じると胃が痛くなったり耳なりがしたり体中に湿疹のようなものができたりするほどです

    義母は80代でもういつまで元気でいられるかという年齢でもあるので
    いろんな手助けや話し相手などしてあげたい気持ち、そうじゃないと後悔するとも思います
    でもなにを言われるかと思うと、自分の体がストレスでどこまで壊れてしまうかと思うとできません

    寂しい思いをさせてしまっていることが私たちの罪なら、みんなの助言(周りの人や主人には「そんなこというと嫌われるよ、傷つくんだよ」と言われてました)に耳を傾けなかったことが義母の罪であると思います

    私には息子がおり、以前私が義母にとった態度で「おばあちゃんにつめたい」と言われたことがあります。そのとき初めて詳しくは言いませんでしたが「もうおばあちゃんには心を開けない」ことを話したら納得してくれました

    誰が悪いわけでもないんです
    そのつらいお気持ち、心の中にしまっておいていただけたらと思います

    ユーザーID:2082601843

  • 八方丸くおさめられない話

    子の写真を送るというのは感情と無関係に事務的に「お祝いをしてくれた親族友人知人には送るもの」というイメージ。
    好き嫌い関係なく、仕事みたいに、淡々と送付するんじゃない?

    だから、写真を送らないとしたら祖母さんが、主様に対して何も出産のお祝いをしてこなかった場合くらいかな。
    そして、お祝いされていないなら、何もおくる必要はないんじゃないかなあ。

    とりあえず、今、主様が後悔する姿を見せることは、今度は主様のお母様を責めることになるので、あまり表立って後悔をみせず、ご冥福をお祈りしていくしかないのだと思う。

    ユーザーID:5889349962

  • つらい話ですね

     夫親との同居では、嫁の立場と孫の立場では、天と地ほども、差があると思います。トピ主さんのつらさに対して、私も同居嫁の一人として、心優しいあなたにごめんね、と謝りたい気持ちですが、上記のことはどうか、頭に置いてほしいです。
     
     祖母の死後に出てきた写真と甦ってきた愛されていた思い出のうしろには、祖母との同居を敢行した、ご両親の思いや、ご苦労があると思います。ご両親の愛情がベースにあって、優しい思いが先にあって、その生活が形成されてきた、と、ある面では言えると思うんです。 
     
     あまり言いたくないことですが、孫や息子の見ていないところで、いろいろなことがあったはずです。 女手一つで育て上げた祖母様は立派ですが、嫁姑の苦労はされてないようですからね。 
     
     あなたは祖母の言葉が悪気がないと言っていますが、こういう、言いたい放題は、悪気があって発されることが多いので、たちが良くないのです。孫の欲目かもしれません。 
     
     あなたのイメージをこれ以上、壊す権利はないので、控えますが、公平に見てあげてほしいと思います。 
     私には、お母様の気持ちの方が切ないです。

    ユーザーID:8152215307

  • お母さんも貴方も悪くない

     きつい言い方ですが、お祖母様の自業自得だと思いますよ。同居でもなく、遠くに住んでいるなら、嫁(トピ主さんのお母さん)に余計なことをいう必要は、ありません。嫁のことを大事にしなかったツケだと思います。せめて、トピ主さんのお父さんが、お母さんの見方だったら、お母さんも救われたのにね。

     私は、主人の義両親と近距離別居です。義両親は、大変私に良くしてくれて、しょっしゅう行き来しています。当然、子供も義両親になついています。

     お母さんも、あなたも悪くありません。 あなたが罪悪感を感じる必要はないです。


     

    ユーザーID:2643892976

  • 可哀想な事を、

    お母様も悪いです!!!貴女にそんな感情を
    植え付けたのだから、もっと悪いのは貴女!
    大人になってからも、会いに行かなかったのだ
    から。
    そして、今、お母様のせいにしています。
    貴女も最後は同じ事になるでしょう。

    ユーザーID:0620286898

  • すこし違うけど 

    私の場合、母の再婚相手の男性に対して後悔しています。
    高校生の時に母が再婚。新婚なのに2人はいつも喧嘩ばかりしていて、子供の私が母の相談相手でした。
    いつの間にか仕返しするように、私はいつもその新しく父になった人に生意気で意地悪でした。
    でも私にはとても優しく、引きこもった時代も家に置いてくれる優しい人でしたが、どうしても母が愚痴った言葉が頭に焼き付いて、優しくすることができませんでした。
    それから私も結婚し、父が60歳の還暦を迎えたり、入院した時さえ何の連絡も入れずに
    本当に疎遠にしてしまいました。きっと寂しかったと思います。そして父が62歳になった時
    自殺してしまいました。今母はもうすぐ70歳になりますが俗にいう毒親です。この年になるまで見抜けなかった、愚痴った母の言葉を鵜呑みにして、人を一人自死に追いやった。その後悔で一杯です。
    父が亡くなってからというもの、私は誕生日、お正月、クリスマスの一切のお祝い事を止めました。私に住む家を与えてくれた人にした事を、自分なりに反省するためにです。纏まりのない文章ですみません。。。。

    ユーザーID:5971697704

  • 祖母の自業自得でもあるけれど

    確執がなければ…と言いますが、良い姑は決して確執を起こしません
    私の姑がそうです

    そうですね、トピ主さんは、嫁姑問題に巻き込まれたというより
    トピ主父とトピ主祖母の、相互依存な親子関係に巻き込まれたと
    考えた方が良いかと思います

    強烈な姑がいたとしても、夫がそれなりのフォローをすれば、たいていは
    何とかなるものです
    母と息子の関係って、異性であるがゆえに、母と娘より厄介になる場合があります
    トピ主さんの母親は、お祖母さんにとっては、恋敵もどき
    トピ主さんのお父さんは、嫁を母親との共通の敵に仕立て上げて
    嫁には優越的な地位を、母親には良き息子という地位を確保したわけです
    ハッキリ言えば異常ですが、同時によくある事でもあります

    このような状況で、普通の祖母と孫の関係は難しい
    影響が出ないはずはないのです
    どうしようもない難しい人間関係の中では、選択の幅もまた狭まり
    普通の事ができない事もある

    今回、トピ主さんは、その現実の犠牲になった
    それは辛く苦しい事ですが、同時に、学べる事もあるはずです
    そしてそれこそが、区切りの一助なっていくかと、経験者の私としては
    思います

    ユーザーID:8014341507

  • 祖母がなくなったので、感傷にひたってるだけ?

    あなたが後悔しているのは祖母がなくなったからで、自分をかわいがってくれていたと聞いたからじゃありませんか?

    祖母と仲良くし、母との関係が悪化し、母が亡くなり母が悲しんでいたと聞いたら、どうですか?やっぱり後悔しませんか?


    本当に良い祖母と、母とは、どうにか(そこまでもめずに)ごまかしながら、やっていくものです。(小さな愚痴はみんなにあります)

    でもそれほどにまで確執があったということは、祖母にも大きな問題があったということで。

    最近,別のトピでも同じような意見を聞きましたが、
    祖母が孫にお土産のお弁当を買ってくる、お母さんと分けるねという孫に、お母さんにはわけなくていい、自分だけで食べなさいと祖母が言うんです。孫に対しては優し祖母は嫁に対してはありえない態度なんです。

    あなたは孫だったからわからないのですが、
    義理家族で大きなトラブルになるというのは、やはり祖母には問題があったのですよ。
    双方に問題があったのかもしれませんが、孫あなたに分からないような、つらい、悲しいことが、母にあったことだけは確かです。

    亡くなって感傷にひたっているために、祖母を美化してませんか。

    ユーザーID:2118331884

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧