30年位前の少女マンガ

レス3
(トピ主0
お気に入り24

生活・身近な話題

気になる

昭和48年生まれの私が小学生の頃、近所の家に遊びに行って読んだ、
月刊ものか週刊ものかわかりませんが、すごく気になった少女マンガがあります。

多分読み切り。
絵の感じは目がクルクルで大きいというよりは、もう少し大人な美少女って感じだった気がします。
その美少女が学園に転校してきてから、いろいろな事件が起き始める。
影のある訳ありっぽい雰囲気のため、学園中からその美少女転校生のせいだと思われる。
どんな事件だったかは全く覚えていないけど、ちょっとオカルト?心霊っぽい?サスペンス?
とにかく学園内で起きる不吉な事件だったような。

確かラストは、学園のみんなが転校生を最初から怪しい存在として見ていたけど、
事件が解決してそんな誤解がなくなったら、その美少女は普通の明るい少女だった。という感じで、
それまでずっと暗い感じだったのが、ラストで急に白っぽく明るくなった気がします。
美少女の笑顔の背景に学園の時計台だか鐘の塔だかと友人たちが楽しく話掛けるような雰囲気で終わる、
そんなストーリーだったような気がするんですけど、誰か覚えていませんか・・・

なかよしやりぼんなら結構読んでいたので知っていますが、
その子の家だけで見る私が普段読まない王家の紋章も読んだ気がするから、イメージとしては秋田書店。
ギャグとかはなく、シリアスで洋風な私立のお嬢様学校っぽい気がします。
制服はブレザーの印象がないので、セーラーだったかも。

たった一度、その家で読んだだけなのにすごく印象的で、その後そのタイトルや作者を知ることもなく、
絵とストーリーの印象だけが残ってものすごく気になってます。

おそらく時代的にもう読むことはできないと思いますが、
あのマンガが存在したということを確認したいとずっと思っていました。

思い当たる方はどうか情報をください。

ユーザーID:9384737553

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 和田慎二かな

    和田慎二先生の「銀色の髪の亜理沙」とか「スケバン刑事」が思い付きましたがどうでしょう?

    ユーザーID:4500962836

  • アーシュラ

    城章子先生の「アーシュラ」かな?と思いましたが、
    約40年前のマンガだから違うかしら。
    この漫画家さんは作品が少なくて、
    萩尾望都先生の秘書を長くされているとか。
    りぼん夏の特別号に掲載された読み切りでした。
    以下があらすじです。

    ダイアナという女の子がお嬢様学校に転入するのですが、
    亡くなった双子のアーシュラの霊がダイアナの周辺で怪奇現象を起こします。
    アーシュラは鈴の音が嫌いだったので、
    ダイアナが護身用に鈴のブレスレットをしていたのが印象的でした。
    お祓いをしてもらったかなんかでアーシュラ成仏、と思いきや、
    ダイアナが鏡に自分が写っていないことに気がついて絶叫、で終わりました。

    違うかな〜

    ユーザーID:8668942367

  • 美内すずえ先生の

    白い影法師ではないかなと思いました。

    ユーザーID:9169929665

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧