現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ニンジン、食べなくても死なないと思う

ののこ
2015年6月14日 2:41

いろんなトピを見て、ふと疑問に思ったのですが、

大人って、なんで、子供に、その子に嫌いな物をとにかく食べさせようとするんでしょうか?

たとえば、ニンジンが嫌いな子がいて、
でも、別に、ニンジン、食べないくらいで、死なないと思うんですが。

ニンジンが、ピーマンでも、枝豆でも、一緒です。

少なくとも、今の日本で、

インターネットのサイトを見て、質問できる親御さんたちの経済力なら、
ひとつやふたつの好き嫌い、
あっても、それ以外の食材で、
栄養的には、全然、補えると思うのですが。

どうして、大人って、子供の好き嫌い、
絶対許せない! って、なっちゃうんでしょうか?

ユーザーID:5469356727  


お気に入り登録数:131
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:154本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
死ぬ以前にマナーの問題
サリー
2015年6月14日 11:20

死ななければなにしてもいいなんて子供の発想ですよ。
じゃぁ、結婚相手がカレーとラーメンとサプリしか食べない人でもOKなの?

ユーザーID:1618444103
好き嫌いが無い方が、本人は楽だと思います。
居眠り
2015年6月14日 11:20

・確かに多少の好き嫌いがあっても、死ぬ事はありません。ですが、好き嫌いは無い方が楽です。だから、可能であれば好き嫌いなくなんでも食べられるように、親が子供に言う事は十分説得力があると思います。もちろん、程度の問題はありますが。
・例えば人参持つの栄養素を摂取しようとした場合、別の食材でも摂取できます。しかし、代表的な食材の一つである人参を外してその栄養素をバランス良く摂取する事は難易度が一つ上がる事となるでしょう。また、人参を食べられない為に、一般的に人参を使う料理そのものが食べられなくなりますので、人参と相性の良い食材の栄養素を摂取するのも、一段階面倒になります。
・また、大人になれば、自分で内容を選べない食事を、自分より上位の方と共にする事もあります。その場合、好き嫌いがあると、大変困る事もあります。
・以上のような理由で好き嫌いは無い方が良いので、親は子供の好き嫌いを無くそうとするのだと思います。

ユーザーID:3053964317
お行儀も悪いかも
アールグレイ
2015年6月14日 11:22

他人の家で出されたご飯や、外食先で
人参をきれいに取り出して残す・・・
高校生だった頃、我が家に来た友人、母が作ったチャーハンのみじん切りピーマンだけを、見事に残していました。

何となく、お行儀が悪く感じませんか?

そういう事態にならないために、食べられるようにしておきたいと言う、親心ですかね。
でも、大概は放って置いても、嗜好が変わるので食べられるようになるとは思いますが。
件の友人もピーマン食べられるようになりました。

栄養の事だけを考えている訳でもないと思います。

ユーザーID:9308340224
生まれ育った環境の良さ携帯からの書き込み
黒魔道士
2015年6月14日 11:23

出されたものは何でも美味しく頂く。
この当たり前のことが理解できずに、「ニンジン食べなくても死なないじゃん?」などいう人には、何を言ってもムダでしょうから、そういう人は嫌いなものは残せばいいし、子供にも「好きなものだけ食べればいいのよ」と教えればいいと思います。
つまりは、生まれ育った環境なんだと思います。

ユーザーID:2685508862
「だけ」とは限らない。携帯からの書き込み
意地悪おじさん
2015年6月14日 11:27

「ニンジンだけ」が、例えば「タマネギも」「キュウリも」「茄子も」に発展していくことになると思います。

ユーザーID:4394237205
そんなことないですよ
かんた
2015年6月14日 11:31

何でも食べられる親はそうかもしれませんけど、
私の親はトマト・納豆が駄目で食卓に上がった事がありませんでした。

そのためか、私は今でも食べられませんし、その事に対して何とも思っていません。
生野菜全般も苦手なので、事あるごとに多方面の人に
うんちくやその他もろもろ数十回言われてきてますが、
聞き流しています。

なので、相手の食べ物の好き嫌いに対して一緒に外食をするとかでなければ
聞く事もしませんし、とがめる事も無いです。
食べたら体調が悪くなるわけではないので、
大人数での食事では、納豆以外なら嫌いな物でも何食わぬ顔でぺろっと食べます。

ユーザーID:1327190866
栄養面なんですか!?
糖質脂質
2015年6月14日 11:32

親からの躾の「ニンジン食べなさい」は栄養面を考えてのことなんですか!?
栄養面よりも、好き嫌いが多い人間に育ってほしくないという考えからの躾では?

お友達の家など、余所のお宅で食事をご馳走になった時にニンジンが出て来て、
それを残したりするようなお行儀の悪い子どもになって欲しくない。
大人になって、接待や、上司からご馳走になる際に、
ニンジンを残したりするような、みっともない行為をする大人になって欲しくない。
「あれも嫌い、これも嫌い」などと、
我儘で恥ずかしい言動をする人間になって欲しくない。
そんな気持ちから、小さなうちから好き嫌いの無い子どもに育てたくて
親は躾をしているのかと思っていました。

好き嫌いの多い大人ってみっともないじゃないですか。
私の友人にも好き嫌いがとても多い大人がいますが、当然本人には言いませんが
「この人の親は一体、どんな食事をさせて、どんな躾で育てて来たのだろう???」
と疑問に思う事があります。
きっと「ニンジン食べなさい」と躾をする親は、
自分の子をみっともない大人にしたくないのだと思いますよ。

ユーザーID:4426165881
人参なんて
ぼんみ
2015年6月14日 11:38

人参なんてあらゆる料理に入っています。
人参をよけて食べる大人になったらみっともないです。

人参が嫌いでもOKならあれこもれもOKになるでしょう。
人参だけがOKな理由なんてないです。

人参とピーマンと玉ねぎとほうれん草が食べられない、
なんて人は結婚する相手も限られてしまいます。
食卓が共に出来ないのですから。
一生一人の食事をして過ごす覚悟があるのなら構わないと思いますが、
子供には理解できないでしょう。

ユーザーID:4360379449
嫌いなものがあると面倒くさい。
rico
2015年6月14日 11:57

食べ物に関わらず、嫌いなものがあると人生面倒くさくなるし、好きなものが多い方が人生楽しめます。

「許せないっ」とは言わないけど、どんな食材も必要なところで必要なだけ普通に使って、まずくても嫌いでもとりあえず食べるように躾けてます。
(人参が嫌いだからといってすりおろして好物のハンバーグに混ぜ込んで食べさせるようなことはしないと言うことです。必要ならグラッセにして添えるとか、ちゃんと人参として食べさせます。)

・大人になると味覚が変わるので、子供時代は苦手でも食べ続けていると突然好きになることもあるから

・嫌いな物苦手なものでも一度は受け入れる訓練をしておくと、他のことにも応用できるから(よその家で初めての食べ物が出て「ギャー、こんなの食べるの信じられないっ。まずっ」とか言う子では困ります。そして勉強なども苦手でもつまらなくてもとりあえず義務としてこなす訓練になります。)

という理由です。

ユーザーID:9888330616
我が子を愛してるからです
光るメロン
2015年6月14日 12:02

うちの子はみんな好き嫌いがないのですが、弟の子供は、ネギ、チーズ、玉ねぎ、ピクルスが苦手。

小さい頃、弟家族と遊んでいて、一緒にハンバーガーを食べた時、義理妹が、「玉ねぎとピクルスとマスタードは抜いてください」と注文しました。
つまり、パンにケチャップとハンバーグが挟まっているだけ。
味気ないモノを食べさせるんだな・・・と思いました。
そして、子供の好き嫌いは親が作っているんだと。

ニンジンが嫌いを貫くと、給食、大人になって友人と外食しても、仕事でのランチや飲み会の席でも、ニンジンが出るたびに、「食べられない」と主張して除ける、残す、何より本人が嫌な思いをする。
そんな人生を我が子に歩ませたいと思う親はいるでしょうか?

小さい頃、初見でこれ嫌い〜と言っても、その後何度か食べれば嫌いを克服できるもんです。
愛する我が子が、一つでも苦手なものを無くし、楽しい人生を送れるように教育するのが親でしょう。

ユーザーID:8405594509
死にはしませんね
ピコー
2015年6月14日 12:19

でも、好き嫌いは極力なくしてあげたいです。
というのは私自身が好き嫌いが激しく、困っているというか
外食なんかするとウキウキしながら待って注文した料理が運ばれてきた瞬間、
大嫌いなものがまぎれているのを見て食欲も気分もどん底みたいなことがよくあるので・・・(笑

夫や義母には嫌いなものをよけて食べればいい、といわれますが
よけてもダメなんです。
注文した以上は頑張って食べますがもう吐き気との戦いです。
楽しいはずの外食が苦行です。
その料理にソレが入ってることでもう味や風味が料理に広がってしまっていて
そのものをよけたところで大して意味がありません・・・

私も栄養的にはトピ主さんと全く同じ考えです(笑)
だけど大人になってから食べられないものがあると子供自身が苦労すると思うので
出来れば子供のうちに、何とかしてあげたいなと思って頑張ってます。

ユーザーID:1025313562
私は好き嫌いのある人と食事はしない携帯からの書き込み
ちー
2015年6月14日 12:30

まずお店選びで揉めるし
そんな人は大体食べ方が汚いし
作ってくれた人に失礼だし
たかだかニンジンくらいで泣き言言う人は
何やっても耐性が低いから扱いにくい。
食事は食べた後のお皿がきれいな人としたいです。

ユーザーID:6559681701
人生いろいろ、味覚もいろいろ
オハナ
2015年6月14日 12:35

自分に好き嫌いがほとんど無いため、逆に辛さが分かりません。
だからこそ無理に食べさせたりはしないですねえ。

好き嫌いがない方がもちろん良いです。家庭以外で供された食事を残すのはみっともないし、失礼だと思っていますから。
ここはしっかり子供たちに教えています。外食では嫌いな物が入っている料理を最初から頼まなければいいし、友人宅などでは、用意してくれた気持ちをいただくようにと。

トピ主さんのおっしゃる通り、別の物で代替できます。自宅では楽しく気楽に
食事ができればいいんじゃないのかなあ?

大人もいろいろな考え方をする人がいます。子供も個人によって様々な受け止め方をするでしょう。
自分の周囲だけで「大人は…」「若い者は…」と判断するのは
ちょっと短絡的かと。

ユーザーID:2630547250
そうね
キュー
2015年6月14日 12:44

御意。
賛成。
ニンジンもピーマンもナスも大人からで十分です。
子供に食べさせるのはもったいないですね。
ウニもイクラもアワビもマグロも、子供にはもったいないです。
大人になって自分で金を稼げるようになってから食べさせましょう。
今は、子供はなんでも食べてるけど。
そろそろ、終わりよね。
こんなに甘えた日本経済はそんなに続くわけも無いし。
もうちょっと厳しい生活がそろそろ始まりそうですね。
頑張りましょうね。

ユーザーID:5476194321
米だって肉だって食わなくても生きてはいけるさ
B級ぐるめ
2015年6月14日 12:46

>でも、別に、ニンジン、食べないくらいで、死なないと思うんですが。
>ニンジンが、ピーマンでも、枝豆でも、一緒です。

そのとおりです。
もちろん、コシヒカリとか食わなくてもいいし、国産霜降り牛も食わなくて大丈夫。

>それ以外の食材で、栄養的には、全然、補えると思うのですが。

栄養価だけ考えて、世界で最も安い食材ばっかり毎日同じものを食わせておけばいいですよ。それでも、生きていけます。



しかし、我が家ではそういう方針を取りません。子供たちには、いろんな食材の味を知り、いろんな料理を知り、美味の何たるかを知り、豊かな食生活をおくってほしいのです。そのためには、ニンジンピーマン大豆(枝豆含む)などは外せない食材です(アレルギーがあれば別ですが)。
そして、子は親を選べない。子は成人するまでは、親の方針に従うしかないのです。文句は言わせません。

ユーザーID:4025682503
はは…携帯からの書き込み
つらら
2015年6月14日 12:48

ニンジン食べなくても死なない…まぁ確かにそうなんですけどね(笑)

でも食べられる物はひとつでも多いにこしたことはないと思いませんか?
必ずしも代用がきくとは限りませんし。

ニンジン・ピーマンなんかは特に、外での食事でもなかなか出現率の高い食材ですよね。
例えば自分で選んだものでなく、誰かに振る舞われた食事で、いちいちニンジンよける姿って、どう思います?
子供のうちならともかく、だいの大人ではまず良い印象は持たれません。

それに、嫌いな食材を含まないメニューを探すっていうのも、結構面倒じゃないですか?

そうならない為に、子供のうちに出来るだけ嫌いな物を減らしたほうが何かと便利じゃないかな、ということもあると思うのです。

ユーザーID:5846200868
味音痴
紫陽花
2015年6月14日 12:59

個人的に好き嫌いが激しい人は味音痴が
多いと思います。
味覚は育てるものですから。

まぁ嫌いな食べ物が2つや3つ程度なら
健康面には然程、影響はしませんが
外で徹底的に嫌いな物を避けて食べる
行為はマナーが悪いなと思われる事が
多いし結局の所、健康の心配より
『どんな躾をされてきたんだ?』
になってしまいますから、親としては
何より躾の面で必死になる
のではないでしょうか?

ユーザーID:4016416128
わかります。携帯からの書き込み
みー
2015年6月14日 13:08

他から取ればいい話なのに、目くじら立てて血眼になって食べさせる人いますよね。
中学の家庭科で、無理矢理食べなくても他から栄養素は取れると教わりました。
私も残しますし、子供にもあえて食べさせる事はしません。
自然に食べられるようになるかもしれないのに、無理矢理食べさせたら見るのもイヤになるんじゃないかな…。
例えば、私の場合玉子はゆで玉子の黄身は食べられないけど、玉子焼きは大好きです。
トマトも嫌いだけど、トマトソース(トマトがゴロゴロ入っている)は大好きです。
調理方法によって変わります。
それでいいと思っています。

ユーザーID:8216713917
同感
そうだとも
2015年6月14日 13:09

同感ですがなんか叩かれそうな予感・・・

人参もピーマンも食べなくても命にかかわりません
大人になって恥をかく、困るという
思いからでしょうね

ユーザーID:3160759567
おろすとおいしい
おいしい
2015年6月14日 13:09

にんじんは生で食べる。おろして食べるとおいしいですよ。

ユーザーID:7636399045
 
現在位置は
です