20代のライフプランに驚き

レス37
(トピ主0
お気に入り74

恋愛・結婚・離婚

匿名

今日朝のテレビで「地方に大卒女性を呼び戻す」という特集を放送していました。
各自治体の努力、都市部と地元との就活の大変さ、親子間の話し合いなどの内容でした。
あえて私の詳細は書かずにおきます。

結婚前の娘さんを持つ母親は、娘さんの子を将来の娘の夫の親でなく、自分が面倒を見て娘さんをサポートしたい方が多いのでしょうか。
その方は「都会では両立は難しい、この近くに住めば、家と仕事が両方充実するでしょ」的なことを娘さんにアドバイスしていました。
確かに姑に頼るよりは気安く、安心できるのは分かりますが
安易にそういう選択をしたら、夫親との連携をとる努力を最初から放棄して、コンタクトを遮断してしまう人も増えるのではと複雑な気分になりました。
妻側がワガママになり、夫親が孫に会えないというケースの方が増えるのかな、と。

思えば、自分の周りもかなりの人が妻側に取り込まれている人が多いです。
女性が働きやすい世の中にするには必要なことなんでしょうかね?

今までは普通に夫側に頼ってきた方が多いと思いますが
この先、妻側の親の方が影響を持つ時代が来るのでしょうか。

ユーザーID:1955414646

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんなの昔からじゃない?

    私は40歳だけど、私が学生の頃から
    共働きするなら妻の実家近くに住んで
    親のサポートを受けながらってのは
    理想の一つとしてありましたよ?

    実際、身近でそういう人もいるけど
    夫親とのコンタクトをないがしろにしてる人はいないし、
    会わない理由にもならないですよ。

    そもそも、それだけで人生を決められるもんでもないし、
    大半の人は進学、就職を考えた結果どこに住むのかが決まるもんじゃないですかね。

    ユーザーID:2609317909

  • トピ主さん曲解ですよ、誤解を生みますよ・・・

    私もそのニュースを見ました。福井県の事例でしたが、
    エッセンスは、
    ・出産適齢期の女性が地方から東京に出て行って帰ってこないので地方の人口減少
    ・行政が企業と協力して働く条件を整え、大卒女性を呼び戻そう
    でした。

    ニュースに登場していた複数の大卒女性は、
    ・東京を知ってしまうと、仕事内容に制約がある地方には戻りたくない
    と言っており、地方ではキャリアを伸ばすのに制約がある例として、
    ・男性同様に仕事を任され、東京で活躍する建築家
    が登場していました。

    ニュースに登場していたお母さんは、
    ・東京で子育てと仕事を両立するのは大変なことである
    ・地方なら子育てと仕事の両立に自分も手を貸せる
    と、言って、お嬢さんが「地方に帰ってくるよう」説得していました。
    (お嬢さんの方は仕事内容優先だから・・・と意に介さず)

    就活中のお嬢さんに対して、
    ・福井県に東京に同様に魅力的な職業がある、とか、
    ・福井県に東京と同様に待遇の良い職業がある、といった
    説得ができないので、最後の切り札として、
    「帰ってきたら両立を手伝える」と言っていただけです。

    ユーザーID:4014857869

  • そういう流れでも良いと思います

    女性はもし離婚になったら、
    家も仕事もない。
    貧困ですよ、どうするって話。

    女性は実家に頼るなどして、
    結婚後もキャリアと子育てを上手くしないと、
    この先夫もリストラに合うかもしれないし、
    女性もきちんと稼ぎ手でいることは、
    本人、夫婦、育児においても重要。
    子供は親の背中を見て育ちますからね。

    妻が実家と親密だとワガママって発想が、
    短絡的な偏見に感じます。
    心理的にも気兼ねなくサポートを受けれるだけで、
    家庭をないがしろにするわけでないし。

    ユーザーID:4906175183

  • レスします

    「働いて納税し、年金も自分で払う」出産可能期・適齢期の女性は、お宝です。

    もうすぐそこに、人口半減社会が来ています。今、80万人なら40万人へ。
    200万人なら100万人へ。20万人なら10万人ではなく5万人になってしまいます。
    学校も病院も交通機関だって維持できなくなり、まさに廃墟の山です。
    ゆっくりではなく、加速度的に!

    納税してほしい、健康保険や年金も払ってほしい、そして出産してほしい。
    どこの自治体にとっても、そんなこと当たり前ではないですか。
    嫁も姑もない、義家も実家もない、そんなことは超越して市ごと、街ごと
    自治体ごとなくなってしまうのですから。
    (廃墟好きな方にはちょっと興味ありますね!)

    「親がないのに子は産まれない」だけでなく、「子がいないのに孫は生まれ
    ない」のです。お金をどんなに払っても、介護施設の職員が確保できない、
    という時代がすぐそこです。

    そして、若者は、本能的に「生き残れる可能性が高い」道を選びます。
    廃墟に埋もれる人生なんていやですから!
    もう遅い、廃墟レースが始まっています。

    ユーザーID:4014857869

  • 同感です

    確かに地方の人口減少を食い止める手段としては、女性を地方に繋ぎ止めておくのは
    非常に有効な手段だと思います。
    何故なら「男は女性の居るところに集まる」から。クラブでも昔のディスコでも
    女性料金が男性料金よりも非常に安く設定されている点からも明か。

    ですが、番組を見て思ったのは、トピ主様と同じでした。
    あ〜こうやって「妻側がワガママになり、夫親が孫に会えないというケースの方が増えるんだな」ってね。

    でも、そういう親子であることを見抜く力を息子に伝えることが出来れば大丈夫なんですよね。
    世の中そういう親子ばかりではありませんから。

    ユーザーID:7560844397

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 状況が今と変わらないんじゃ仕方ない

    今の女性はフルに稼いで結婚して子供も産むことを求められています。
    その分男性も育児や家事をするならいいでしょうけど、世の中はまだそういう仕組みになってません。
    ズルい男性は妻に稼がせたうえ家事育児介護まで全部やらせて知らん顔、女性同士でも育休や時短を取る女性に冷たくあたる人はたくさんいます。
    おまけに保育園は不足してるし、子供の具合が悪かったらお母さんが仕事を休むのが普通の社会。
    これで仕事も子供もと要求されるのなら、妻の実家近くに住むのが手っ取り早いだけ。
    息子を妻側に取られたくないなら、息子を家事育児が出来るようにしこんで、保育園を充実させて男性も育休を普通に取れる社会を作って下さい。
    それだけのことですよ。

    ユーザーID:2807144842

  • もう来てる

    >今までは普通に夫側に頼ってきた方が多いと思いますが
    いやあ、21世紀に入って、もう既にそんなことはない。

    >この先、妻側の親の方が影響を持つ時代が来るのでしょうか。
    もう来てる、と思う。
    ま、元々、中国の考え方が入ってくる前は、
    通い婚で母系で子どもとか見るのが一般的でしたからねえ日本は。

    まあ私は両方とあんまり関わりたくないから、
    両家から新幹線で数時間距離なのを幸いに、どちらとも「形式的ご奉公」としてしか関わってないけど。
    子育て関係で頼ろうとかは思わなかったなあ(もう子らは中学生と小学生だからそういうのいいし)。
    見せないことはない、夫側には盆暮れには見せにご奉公帰省してますよ。
    妻側には…まあ2年ほど会うのが飛んじゃったこともあったけど、一応年1回位顔見せてる。

    ユーザーID:8463469968

  • 人それぞれ

    その方達の価値観なのでよいのではないでしょうか。
    その母娘の結婚観を理解してくれる男性が現れなければ一生結婚できないだけですので回りには何の害もありません。
    親離れできない女性を妻に迎えようと考える酔狂な男性もいないと思います。
    確かに自分の目の届くところに結婚後も娘を置いておきたい親の感情も理解できますが、間接的に娘の将来を狭めていることに気がつかないのでしょう。
    ただ、女性に限った話ではありません。
    男性も親ありきの結婚観を持つ人もおおいことでしょう。
    世の中に独身があふれていることが容易に理解できます。

    ユーザーID:4484861739

  • 親に頼らないと両立できない

    >夫親との連携をとる努力を最初から放棄して、コンタクトを遮断してしまう人も増えるのではと複雑な気分になりました。
    妻側がワガママになり、夫親が孫に会えないというケースの方が増えるのかな、と。

    普通の親でしたら、結婚した子供には自立を求めますし、育児は夫婦で頑張るものと諭すはずですし、孫は相手親にもちゃんと会せるように言うと思います。

    夫婦共働きの場合、夫か妻、どちらか(または両方)の実家に協力してもらわないと仕事と育児の両立が難しいのが現実でしょう。
    そして、子供を預けたいと連絡をするのは妻の役目の場合が多いので、連絡しやすい自分の実家に頼る場合が多いのでは?

    でもこれ、地方に若者を呼び戻すこと妻の実家に頼ることとは全然別問題ですよね。
    そもそも若者が地方に戻らず都心に集中するのは、地方には就きたい職がない(または、全体的に求人が少ない)ってことなので、妻の実家うんぬんは関係ないと思うんですが。
    だって夫の仕事が妻実家の近くになければ妻の実家に頼りたくても無理なんだし。
    あ、もしかしてこれは女は地元で転勤なしの男性と結婚しろってことなんですかね?

    ユーザーID:8318546779

  • 見てませんが

    地方に女性を呼び戻すという目的があるなら、妻の親でも夫の親でもいいじゃないですか。

    なぜ都会ですと夫の親に頼り、地方だと妻の親に頼ると決めつけるのですか?
    都会にいる男性は親が近くにいて、地方の男性の親は遠くにいるということですか?
    よく分かりません。

    ユーザーID:4579845342

  • 息子さん持ちの方なのでしょうね(笑)。

    >あえて私の詳細は書かずにおきます。
    とあるものの、その後の内容を見る限り、息子さん持ちの親御さんなのだろうと仮定して以下話しますね。

    あなたの言いたい事は、要するに「妻が自分の親にだけサポートしてもらったら、夫側の親に子が懐かないじゃないか?そういう事が許されるとでも?」
    という事ですね?
    いえ、別に責めている訳ではありません。
    本音が出ている内容だというだけです。

    幼い子供を持つ若い夫婦が仕事を続けて行くとなると、何がしかのサポート体制は必要です。
    業者の場合もあるでしょうし、双方いずれかの親のケースも多いと思います。
    そのうち、一番融通が利いて妻にとって心理的にも物理的にも希望通りのサポートが適正費用で賄えるとなると、
    それはやはり妻の親となるのは自然なのでは?

    もちろん母子関係がうまく行っていない間柄なら別な形になるのでしょうが、
    ここではそれは主旨から外れるので除外して、結局自分達の家庭がうまく回る事が最優先課題となると、
    義理親への気遣いよりまずは日々をどうこなしいくか、それが一番実現可能な手段を結果的に選ぶだけの事だと思いますが?

    主さんは何を憂慮されていますか?

    ユーザーID:8766590360

  • 娘おりますが・・・

    好きで孫の面倒を手伝っているわけではありませんよ、娘のためです。
    できれば夫親側にお願いしたいくらいですがたいして手伝ってもらえないうえに嫁である娘に嫌味ばかりで心穏やかに仕事と家庭が両立できないとのこと。
    ちょっと多く手伝っただけで嫁親の影響を受けるだの取り込まれるだのと言い始める義親なら面倒くさいから関わりも持ちたくないと思うでしょうね。

    ユーザーID:3705398923

  • 仕方ないんじゃないかな。

    やはりお願いするときは実の親のほうが言いやすいし。義理の親だったら「まぁ、わたしにいつも子守を押し付けて・・・。」って思われるかもしれないし。

    トピ主さん自身はそういうことなかったの?

    ユーザーID:1019013138

  • それはそうかも

    正直、姑に頼むよりも、実母に頼んだ方が頼みやすいですもの。
    よく言えば頼りがいがある。
    悪く言えばこき使える。

    …ごめんね、お母さん!

    でも、私自身はこの半年間、一度も実母にへヘルプをお願いしたことはないです。

    ユーザーID:7590473002

  • まあ当然でしょう

    今更驚きますか?

    お姑さんに頼る方ってそんなに昔からいないのではありませんか。自分の親の方がいろいろと頼みやすいし。

    女性が働くにあたって実家を頼りにするのは当然のこと。でも、その分義実家に配慮もしますから、そんなに心配しなくとも大丈夫ですよ。

    ユーザーID:6606583794

  • かけ声だけに終わりそうな気もしますが…

    まるで先祖帰りしたような発想ですね。しかし、結婚制度の破綻に対応する前提なら名案かもしれません。

    ご存知のように上代には身分ある男は通い婚で、あちこちの女の元に通い、子供は女の家の子として養育されました。
    もっと遡るとそもそも自然な男女関係は、男は生殖の行為までが全てでそこで完了、女はそのあとに出産(と子育ても?)がついてくることもある、誰かが母子の面倒をみないと繁殖できないから結婚制度を作ったわけです。
    勝手に押し付けた制度が通用してきたのは、男性にはモテる時期がなくて立場が弱いこと、数量限定の適齢期女性が夫一人にいい時期を独占させること、なにより、結婚しないとエッチできない、十分な性生活が手に入らない前提があったからです。
    恋愛自由化の現代では、女も好きな男を選ぶから結婚なしでも付き合うし、魅力的な恋人を持てる男は結婚の必要がない、また結婚が女のいい時期の占有を意味しないから価値がない。
    実家のサポートで母子が暮らせる、子育てもできるなら、結婚は希薄で自由な関係に近くなる。
    男性も気楽だから妥協して結婚しやすくなる。(結婚自体消滅すると次世代から実家がなくなる。恋愛格差も拡がる)

    ユーザーID:7991295609

  • 普通は、自分の親を頼るでしょ?

     その番組は、みていません。
    でも、女性が働く場合、義両親か実両親か選べる立場なら、実両親のほうが、頼みやすいのは、普通ですよね?

     「嫁が働くのを、全力で応援し、家事も育児も大歓迎〜」という心の広い義両親は、そんなに沢山いますかね? 

    ユーザーID:4257864216

  • 平安時代みたいな感じかな?

    日本ではね、おそらくこれから少子化に伴い日本の労働人口が減りますからね。必要なことだと思いますね。

    女性の社会進出と少子化を食い止めようと政府がするならば、結局社会進出する母親の代わりに、子育てを手伝う人間が必要になってきます。

    できるなら、会社の拘束時間が減り、男女ともに残業なく早めに帰宅ができ夫婦で家事子育てが平等にできるといいのですが。男親のご両親、そして肝心の男性はどのように考えていらっしゃいますか。


    戦後70年、高度成長期をへて現代になっていますが、妻が家を守り子を育て、夫が戦地や企業戦士となって家族を養うことから→男女役割平等分担の価値観へと、企業と社会の子育て支援がまだまだ浸透していない現実がありますから、夫が家事育児を妻から手伝うように言われてもできない男性もまだまだ存在しますね。

    そうして、昔は家と家との結婚という概念のもと「嫁」という身分がありましたが、現代はほとんど核家族。育児や家事の手伝いなど家に主婦が2人いて主導権争いになる事が諍いの原因となるのが嫁姑戦争の根源なので、娘と実親の関係の方がやはり上手くいくとは思います。時代の流れですね。

    ユーザーID:8991676030

  • トピ主さんは息子しかいないんだね

    将来疎遠にされそうで心配している。

    同じ内容を聞いても、わたしは特に驚かないな。
    夫の親に頼むより、自分の親のほうが気安いのは当たり前。

    ユーザーID:7089844881

  • そりゃそうだ。

    昔は夫親との同居などで育児・経済的援助を受けられたからこそ我慢してでも依存していたケースも多かっただろうが今の時代それぞれ別居なうえに嫁・孫支援なんて自分主体でしか考えていない文句ばかりの義両親になぜ実家以上にたよらなければならないのか?
    現に妻支援を一番に考えてくれる妻側なのにそれをただのワガママと決めつけているしね。
    ちょっと考えればわかりませんか?
    共働きと子育て両立なんて実親の手助けでもない限り実現しないでしょ。
    孫により多く会えるかどうかだけの自分の欲だけしか考えていない夫親だから自然と足が遠のくんですよ。

    ユーザーID:3705398923

  • 子供がもう高校生ですが

    私のまわりは姑に頼む人なんて少数でしたよ。
    物理的に距離の問題で実母親に頼めないから誰にも頼まないという人と
    同じく距離の問題で実母親が無理だから近くの姑に頼むという人がちらほらいますが
    ほとんどは何かしら実母親にサポートしてもらってますよ。
    べったりでなく、親でも子でも片方が病気をした時のサポートとか、保育園のお迎えに間に合わないときとかね。

    姑なんて頼みにくいし、何だかえらそうにするし、嫁の悪口好きだし。
    そりゃ可愛い息子を取った憎き女なんでしょうけどね。

    ユーザーID:5144854341

  • 別におどろくことじゃないとおもいますが。

    書かれておられる内容は特にめあたらしいことじゃありませんよ。
    アラフィフですが、うちの親も似たようなことを昔言ってましたし、友人にも大勢そういう人がいます。もちろんそうじゃない(私も含めて)いますが、正直はずっと働こうと思うと実の親が近くにいると助かることも多いです。
    そうなると妻がわがままになって義父母をないがしろにする・・・えっとですね、それって言い換えれば夫の近くに住めば妻側の両親をないがしろにするだろうって言っている野と同じですよね。どうですか?どう思います。今まで妻ばかり我慢していたとは思いませんか?それが当然だとあなたは思うから嘆いておられるという事ですよね。
    夫はわがままで当然、夫側の両親が優先されるべきだ。

    >今までは普通に夫側に頼ってきた方が多いと思いますが
    >この先、妻側の親の方が影響を持つ時代が来るのでしょうか。

    うーん、時代が来るというのは大げさだと思いますよ。そもそもかせぎある妻としては夫の両親にはそもそも頼りたくない場合が多でしょうから。たとえ自分の親に頼れなくてもです。

    ユーザーID:0605084844

  • だって、家事育児の中心は妻でしょう?

    番組の主旨は無視してトピ主さんのコメントについてだけ述べますが…。


    共働きであっても、家事育児の中心が妻であるならば、それは仕方ないと思いますよ。

    私は自分の実家は遠方で、夫の実家近くに住んでいる嫁ですけど、そう思います。私は今は専業主婦ですが、前はフルタイムの共働きでした。私も夫並に忙しかったですが、やはり家事育児の中心は私。となると、必然的に、子どもの世話等を依頼するのも夫ではなく私になります。まぁ、私は自分の実家が遠方だったので、夫の実家に依頼していましたけど、ただでさえ、仕事や家事育児に忙しい毎日。とてもじゃないけど、仕事だけをやっていれば良い配偶者の親の心情まで考慮していられないのも無理はないと思いますけど。

    共働き当時、私が週末に美容院等で外出するときの子ども担当は夫でしたが、そのときは、夫は自ら自分の実家に食事の世話等を頼んでいました。夫婦ともに家事育児を分担する夫婦であれば、トピ主さんの思うようになるのではないでしょうか。

    ユーザーID:2158319699

  • 番組の趣旨がわかっていないのでは?

    私も見てましたけど

    夫の親か妻の親か

    ではなく

    東京か地元か

    ですよ?

    一場面だけに過剰に反応して被害妄想に陥ってませんか?
    それから夫側の両親に頼るってもともとあまりないと思いますけど。

    ユーザーID:2243557580

  • 昔から

    妻の実家そばに住むのは夫の両親と同居と同じくらい聞く話ですが、地域性があるのかもしれませんね。
    未婚3割、7割婚姻のうち3分の1が離婚。大雑把ですが半数の方が結局婚家と縁がないようです。仕事を抜きにして考えれば、テレビの例は女性にとって現実的にリスクの少ない選択肢にも思えます。また、居住先を実家近くにとか同居を望むのは事前にわかった方が結婚の判断をしやすいのでその点でもいい気がします。

    今まで夫側に頼ってきたのが普通というのは家制度の名残でしょうし、いまは夫婦で決めることなので、一概に一方の親の影響が強い時代はこないと思います。

    ユーザーID:7666923268

  • 私には息子かおりますが・・・

    もし結婚して孫が産まれたらお嫁さん側の近くに住んで育児援助もお願いできるなら有難いと思います。
    夫親ではお嫁さんも遠慮があるでしょう。
    孫の顔が見たくなったら息子に連れてきてもらいますしそれが思うように叶わなくても息子家族が幸せならそれで良いです。

    ユーザーID:3705398923

  • なるほどトピ主さんの違和感は

    かつては女三界に家なしで、まずは親に監督され、ついで夫に監督され、老いては息子に監督される、家制度がありましたね。
    結婚とは嫁入りで、自分の家を出ることだった。
    現代では夫婦がひとつの単位で、核家族化も進んで、結婚したら独立という個人主義がひとつの標準になっています。
    それが今度は妻実家寄りというんだから、世の流れというか推移としてみるとおもしろいですね。

    こういうのは実際上の理由から自然発生的に起こるものなのか、行政や法律によって恣意的に起こるものなのか?
    一時流行った「三食昼寝付き」の専業主婦の衰退なんかとも合わせて考えるとおもしろいですね。
    あれも晩婚化や不景気の影響なのか、平等意識のさらなる浸透による意志の問題、意識改革の成果なのか?
    さて、どうなんでしょう?

    ユーザーID:7991295609

  • まあ、そうなる

    参考になるかわかりませんが、日本のような家制度がなかった
    アメリカでは女性は、出産育児は自分の親に頼る人が多いですよ。やっぱり何かと頼みやすい、問題があっても実親なら、言いやすいからだと思います。

    日本より家族の集まりも多いし、親戚とのつながりも濃いです。これは人や家族にもよりますけれど。家族で集まることになっている連休などは、両方の親に顔を見せに行くか、今年は妻側だったから、来年は夫側とか
    そんな風に平等にしているので、
    そのうち日本もそうなるのでは?日本の場合は、女性が夫の家族にこき使われてきた今までの家制度とその名残りへの反発で、夫側家族と距離を置いたり冷遇する風潮も感じますが過渡期では?

    ユーザーID:2787346485

  • 夫親との連携?

    同居でもない義親って嫁の為になるようなことしてくれるのかしら?
    一般的に娘親と違って自己を犠牲にしてまで若夫婦や孫の援助しませんよね。
    嫁のやり方に口だけ文句ばかり出してろくな援助も無しじゃ近寄りたくも無くなるでしょ、ある意味当たり前。
    孫に頻繁に会いたかったら嫁に気にいられる努力をするか実息子にお願いしてしましょう、今はそのような時代です。
    ちなみに私は息子親です。

    ユーザーID:3705398923

  • まるで陣取り合戦ね

    育児の中核を担うのが女性であれば当然そうじゃないですか?
    逆に、男性がこどもの送り迎えや、病気時の対応を主に受け持っているのなら、
    それはそれでほとんどの男性が自分の親に頼ることでしょう。
    なので自分の息子に育児を積極的にやらせれば自然と多く関われるかと。

    まだそんな男性はほとんど存在しないですし、
    妊娠・出産で職を失う可能性もある妻の収入を柱として
    男性側が育児を主に担当しますってこともやはり難しいことなので、
    結局は妻側の両親に頼ることが多くなるでしょうね。

    ところで私は家制度というものを知識でしか知りませんが、
    妻親が手伝うことが多いとどんな影響が起こるとお考えなのですか?
    それは世間一般的に好ましくないことなのでしょうか?
    何故でしょうか?
    夫親が手伝うことが多いとどのような影響があり、
    なぜそれが好ましいと思われたのでしょうか?

    結局は各々のエゴでしかないように思います。
    息子さんと妻が二人で話し合って決められる健全な夫婦であるなら、
    親がどうこう言うことではないと思うのですが。

    ユーザーID:7192965447

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧