• ホーム
  • 話題
  • 大人になっても、食べられないもの、その理由

大人になっても、食べられないもの、その理由

レス106
(トピ主0
お気に入り84

生活・身近な話題

さかね

レス

レス数106

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 牡蠣

    結構多いですよね、「大当たり〜〜!!」の後、食べられなくなっちゃった人って…。

    ダメです。無理です。飲みこめません…。

    カキフライなど、火を通してあっても食べたくないです。

    ユーザーID:7081129169

  • 非常に極端なたとえですが

    どろ団子をみんなが当たり前のように食べているとします。いや、それ食べ物じゃないしという味なのにみんなが食べています。
    勇気を出して食べてもやっぱりどろ団子の味なのです。大人になっても食べれないですよね。そんな感じです。
    ちなみに私が食べれないのは大根です。
    みんなに大根なんて味がないと言われますが、私の舌には食べ物じゃないものの味がします。

    ユーザーID:0587812031

  • 食べようと思えば食べられるけど・・

    食べようと思えば食べられないことは無いですが。
    自分から進んで口にしないものがあります。

    親子丼は一番ニガテな食べ物です。。
    ご飯の上に卵とだし汁という組み合わせ?がニガテなのか、
    10年以上口にしていません。
    「美味しい」と感じることが無く、機械的に食べているだけだと思います。
    父親も同じような感じなので、勝手に遺伝だと思っています笑

    ユーザーID:9375428828

  • お子ちゃま味覚

    日本の普通の家庭で食卓にあがる食材や外食でメジャー食材では生のネギ類と生のエビ、辛味大根、ふきのとうです。
    生のネギは少しずつ改善されて、私でも玉ねぎドレッシングやラーメンのみじん切りのネギなど、全くネギが入ってなかったら美味しくないと思います。ただ、くし形の玉ねぎにほとんど火が通ってないものはダメだし、生のネギたっぷりのネギラーメンなんて人間の食べ物でないと思うほどダメです。
    理由は簡単で辛いから。同じ理由で辛味大根ほか普通の大根でも特に夏場の大根の先っぽの方など大根の辛味もダメです。ふきのとうは苦いからダメ。ふきのとう味噌くらい薄まってたらいいけど、天ぷらなんて苦すぎて。
    長じるにつれ多くのものを克服しましたが、これらの苦み、辛味はどうしても食べられるようになりませんでした。時々挑戦するんですけどね。この3つは一生かかっても克服できないかなあと弱気です。まあ、自分でそれなりに避けられる食材なので困ってません。
    エビは表面のにゅるっとしたねっとりが嫌。あれが甘味といわれエビの美味しさなのだと知ったときは絶望でしたね。これも大抵少量なので出されたら大抵食べられるくらいになりました。

    ユーザーID:2028758684

  • ほしいも

    理由ははっきり覚えていませんが、
    小さいころ食べた後吐いた様な気がします。
    味、におい、食感は何となく今でも覚えていてトラウマになっており
    店頭に並んでいるのをみるとよけて通ります。
    あまりメジャーでない食べ物と思いますが、自分にはなぜか目立ちます。

    焼き芋、ふかした芋は大好きです。
    焼いたりふかした後、時間とともにだんだんと干せて紙一重になるまでは食べることはできますが
    いったん「ほしいも」になるとまったくいけません。

    ユーザーID:2279963227

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 生ガキ

    他の方もレスしていらっしゃいますが、成人してから生のカキに当たり、それ以来、生ガキを食べるとヒドイことになります。それまで大好物だったので悲しいです。火が入っていれば大丈夫なので、フライは食べますが、焼きガキは半生のことがあるので食べ(られ)ません。

    一回ご接待(される方)の場で生ガキにお目にかかり、しばし考えたのですが、相手はとても重要な方で顔を立てる必要があり、金曜の夜(翌日お休み)でもあったことから、10年ぶりに食べました。

    感動的においしかったのですが、帰ってからトイレで一夜を過ごしました。覚悟していたのですが、やっぱりつらかった。

    ユーザーID:1126918620

  • 好き嫌いはあまりない方ですが

    ホタルイカが苦手です。

    イカは好きですし、ホタルイカも味は嫌いじゃないのです。
    ですが、あの姿形のままを歯でかみ砕いて食べるというのが苦手です。
    気分的なもので、ゲストを招いての食事などで出たりする場合には何とか
    食べますが、正直なところ我慢する必要がない場合には食べたくないです。
    イナゴとかは案外平気なのに、不思議なもんです。

    ユーザーID:3235111764

  • 固形チーズ

    固形チーズは人が食べているのを見るのも嫌なほど嫌いです。
    味・感触・風味もろもろ全てが無理です。
    でもまぁ、溶けているものなら大好きなんですが(笑)
    チーズケーキも大好きなのに、固形チーズは無理なんです。

    大人になって食べれるか食べてみたら、やっぱり無理でした。

    食べられない理由。。口に入れたら吐いてしまうくらい嫌いだからです。

    チーズ嫌いに拍車がかかったのは、
    小学校のとき居残りまでさせられて給食のチーズを食べろと強要されたことですかね。
    あの時の恨みは一生忘れません…。

    ユーザーID:6131796103

  • 歯触りです

    アレルギー食材は別として、未だに年に1度チャレンジしてもどうしても無理な物がインゲンと茄子のお漬物です。
    歯に当たる「キュキュッ」とした歯触りが、発泡スチロールや黒板を引っかくのと同じような鳥肌モノでどうしても噛むことが出来ないのです。
    昨年、天麩羅屋さんにてアスパラガスと勘違いしてインゲンの天麩羅を大きく頬張った時はまさかお店で吐き出すわけにも行かず、喉につっかえさせながら丸のみしました。
    茄子はクタクタに煮てしまえばむしろ好物なのでお漬物のキュッとした皮がダメなのですね。

    今年もこの2つの食材にチャレンジしてみますが無理な予感が既にしています。

    ユーザーID:1791954137

  • 洋菓子、特に生クリーム

    洋菓子全般が不得意なのですが、特に生クリームがダメです。食べると胃もたれするし、味も好きではありません。ケーキ屋さんによっては食べられるものもありますが、一口食べたらもういいです。

    持ち寄りパーティでも、おみやげでも、ケーキ類の出番は頻繁ですけど、嫌いだというとカドがたつので、ごく親しい人にしか打ち明けたことがありません。

    スイーツバイキングとか、おいしいパフェ屋さんとかママ友に誘われたりしますが、忙しいからとか別の理由で断っています。ケーキ類が嫌いな人はこの世に存在しない、と思っている人が多いようで、うんざりします。

    ユーザーID:4034043376

  • 我が家の場合

    同居人は人参がNGです。
    それはそれは上手に、料理の中から抜き取ります。
    どんなに小さくても抜き取るその取り方は、もはや芸術の域に達しています。
    (笑)

    私はピーマンやセロリがダメです。
    友人らと外食する時は、真っ先に取り出して食べて貰います。
    いい歳して子供です。
    でも、匂いで分かります。
    どうしてもダメなんです。

    流石に仲人さんの家に行った時に出された料理の中にピーマンと人参が入っていた時は、2人共飲み込むようにして、食べましたよ。
    残すなんて、出来ませんでしたね。(笑)

    ユーザーID:7628313316

  • 刺身とレバーと牛乳。

    あらま、並べてみると生臭いものばかりですね。
    理由は、そうねぇ、生臭いからかなぁ。
    とにかく気持ちが悪いんです。
    焼き鳥屋で盛り合わせを頼んだ時、話に夢中でうっかりレバーを口に入れてしまい、一噛みしてトイレに走りました。

    牛乳は、子供の頃の給食で毎日飲みましたが、今思うと私はよく頑張った。
    今はナイフでも突きつけられない限り飲みません。
    カフェオレとかミルクティー、グラタンなどの料理に使っているのは好きなんですが、単体では無理です。

    一番困るのが刺身。
    これは出される事が多かったのでかなり努力しました。
    20代半ばまでは、宴会などで出たら必ず一切れは食べました。
    でも駄目。
    赤身は食感が気持ち悪いんです。
    白身は何とか食べられますが、脂が乗ってると気持ち悪いです。
    50歳近くなった今は、美味しく食べてくれる人に手付かずを差し上げて喜ばれてます。

    こうして嫌いな理由を書いたのは初めてです。
    嫌いな食べ物って、味がどうこうではなく、本気で気持ちが悪いんですね。
    申し訳ないとは思いますが、無理強いはやめて欲しいです。

    ユーザーID:9564060537

  • イナゴの佃煮

    基本的に好き嫌いはありませんが、こればかりは無理です!
    イナゴの佃煮!!
    どうしてもバッタとしか思えません。
    以前、仕出し弁当に入っていた時は、蓋を開けた瞬間、卒倒しそうでした。(しかも、揺られて位置がずれて、真っ白なご飯の上に散らばっていました!)
    居酒屋で、誰かが注文したイナゴの佃煮が運ばれてきた時も、気が遠くなりそうでした。その様子を見ていた後輩が、コッソリと私のビールジョッキの中にイナゴを入れました。ビールをゴクッ!とした瞬間、口の中に異物が!!
    あの瞬間の恐怖は、今も忘れられません…。

    ユーザーID:3537889957

  • たまねぎ

    なんとかカレーとか食感が変わってれば食べれるようにはなりましたけれど、サラダとかだとあの食感だけはどうしてもダメです

    ユーザーID:0326866916

  • 形態がダメです

    日常的に食べるものではないですが、、

    トピ文にあるように ナマコ、です。
    形態が思い出されてダメ、、です。
    口に入れることも出来ません。
    切って料理になっていても 見るのも嫌です。

    あと、蝦蛄です。
    理由は同じです。形態が虫を思い出させるのでダメです。
    (海老はかろうじて大丈夫です。)

    ユーザーID:7859093339

  • 食べれるには食べれるけど

    私的には、日本で常識的に食卓に出されるものに関しては、ちょっと苦手でも完食するというのをモットーにしているので、厳密に「絶対無理」なものはないです。
    (時々お目にかかる珍味系で、時々何だこれ!っていうのはありますが、名前がわからないので割愛します)

    …が、日常的に食卓に上がるもので「できれば遠慮したい」のが「冷えた生のリンゴ」です。
    あのシャリシャリする食感がダメで…
    味は大好きなのですが、なんでこんな背筋が寒い食感なのだろう…と子供のころからずっと思ってました。
    煮てあったりすれば大丈夫なのでアップルパイとかは大好きなんですけど。
    あと、冷えてなくて若干ボケかかったのならまあ平気です。

    とは言え一応食べられはするので、食べたほうが心象が良くなるような場面なら臆せず食べられます。
    でも、誰かに譲ってもいいような場面なら、譲っちゃいます(笑)

    ユーザーID:4517074807

  • これだけは

    ただただその味が…、というのはミョウガ。
    単に嫌いと言うよりも、舌がその味を拒否するんです。
    でも、遭遇する機会は少ないのが救いです。

    夫は、ショウガがダメ。あの味は吐きそうになるんだとか。
    うちでは一切使いませんが、これは見た目を変えてよく料理にも混じっていたり、付けあわせにも出てくるため、二人で外食時には気をつけてあげています。

    ユーザーID:6567225827

  • メロンだけはだめです

    だめな理由は「体が受け付けない」としかいいようがありません
    実母にいわせると離乳食の頃からだったそうです
    やわらかいし 甘いからと奮発して買ったのに 一口いれただけで吐き出して悲しかったといわれました
    給食ででたときも地獄でしたし
    今でも食品売り場のにおいだけで吐きそうになります
    ほかの苦手(レタスの芯部分 なす(これは給食の調理がまずかった)ピーマン等)はいまでは平気だったり 逆に好物だったりするんですけどね

    ちなみに大人になるまで食べたことなかったので知らなかったのですが うりもメロンと味そっくりで やはり一口も飲み込めなかったです
    こればっかりは自分でも理由なんてわかりません

    ユーザーID:4618637774

  • 絶対無理!

    パクチー!
    これだけは・・・。

    好きな方もたくさんいらっしゃいますが
    私はもう、入店した時に香ってくる匂いだけでもダメ。
    鼻の奥がモワモワっとして、ずっとそこにあの匂いが残る感じで。

    生理的にパクチーだけはムリですね。

    ユーザーID:8354571000

  • 牛乳です

    小学校の給食で向かいに座った男子が至近距離でリバースしそれ以来どうも苦手になりました
    ヨーグルトでカルシウム取っています。

    ユーザーID:6792089396

  • どうしても無理

    スイカです。
    子供の頃、兄が飼っていたカブトムシによく与えていて、どうしてもあの時の匂いがフラッシュバックして飲み込む事ができません。

    ナマコは大好き!

    ユーザーID:7087272852

  • 玉葱、長葱

    理由

    玉葱→球根だから
    長葱→草だから

    ユーザーID:3710504627

  • 好き嫌いないつもりだったけど…いっぱいあるわ!

    生肉→血の味が無理!子供のころはマグロやも血の味がして嫌いでしたが、最近は美味しいなと思えるほどになりました。今でもカツオと畜肉?の生は絶対イヤです。タタキでも嫌だ。
    モツ→見た目もニオイも食感も吐きそうになります。一見すると肉っぽいハラミも臭いので嫌です。煮ようが焼こうが臭いものは臭い。
    マーガリンやコーヒー用ポーションミルク→薬っぽい油の味に感じます。
    サプリメント→独特のミョ〜なビタミン臭さ?石油っぽい臭いのものもあったような…糖衣にくるまれたビタミン剤は大丈夫なんですけど。
    蟹のミソ→ニオイも食感も…気持ち悪いです。
    白子→味も食感もどろっと濃厚で、初めて食べたときはおえっ!となりました。

    挙げた中の生もの類は「本当に新鮮なものは美味しいから、だまされたと思って食べてごらん!」と言われ、太鼓判を押された一品を食べましたが…結果「だまされた…」でしたよ。
    美味しいと思えないどころか…最高のものを食べてもこんなものか…となぜかへこみましたね。

    でも、それらを「美味しい!」と言ってる人はたくさんいるのでごめんなさい。
    普段は言えない本音で書いてしまいました。

    ユーザーID:7924595317

  • 何度トライしても

    納豆
    臭いが駄目で、味を感じられない。
    数年に一度「匂わない納豆」を選んで食べていましたが、
    一口でもう駄目。これでも3回はトライしたんですけどね。
    結局克服できず

    生卵
    生卵アレルギーと母親に言われ続けて、食べていなかったけど
    アレルギー検査をしたとき「異常無し」と分かったので
    すき焼き等で食べて、美味しさにとっても感動したけど、
    産みたて卵はサルモネラが付いていることもあるらしいので、
    それから一切食べられなくなりました。

    ユーザーID:1954364370

  • レバー

    最初っからダメです。見かけも匂いも、味も全部ダメです。

    きっかけも何も、最初無理して口に入れてみたら、全身鳥肌立ちました。 それでも堪えて咀嚼したら、どんどん冷や汗が出て、何とか飲み込もうとしても、のども受け付けません。

    10分くらい格闘しましたが、結局ギブアップして口から出しました。汚い話ですみません。

    数年後に、もう1回、鳥肌に耐えてかみ続けてみましたが、結果は同じでした。

    もう無理です。子どものときは、噛んで努力しましたが、大人になった今はチャレンジする気も起きません。口に入れるだけでも嫌です。子どもだから口から出したりもできましたが、大人はそうも行かないでしょう。

    納豆もセロリも大好きですが、レバーは無理です。

    ユーザーID:3190864518

  • あまり好きではないもの はあるけれど

    食べられないもの というのはちょっと思いつきません。

    これまで皆さんが書かれたようなものは、平気というか、好物も多いんですが。

    ただよく考えてみると、 茹でたアメリカザリガニのような、沼のような泥臭いものは苦手です。 あとは、香辛料を大量に使って元来の臭みを取らなければならないような食材自体あまり好きではありません。


    これはちょっと横ですが、

    食べれる  でなく、 食べられる です。

    ユーザーID:4340343868

  • におい

    ウニ。唯一くさくないと感じたのは、熱海のかなりお高い旅館でいただいた取れたてだけです。ここの店のが食べられなければ、どこへ行ってもだめ、といわれたお店の品でもくさすぎて体が拒否。でも、食べられないか試したことがあることについてはほめてください。

    内臓系、鶏の皮、くさやなどの珍味系、山育ちなのでなまこ、カキなどの海産物もにおいをかいだだけでだめです。困ったことに、口に含んだとたんに鼻ににおいが回るので、吹きだしたりして失礼のないように、においでだめそうなものは口に入れないことにしています。

    ユーザーID:3616699329

  • 臭いんです

    ユズ、三つ葉、春菊がダメ。食べると頭痛がします。
    臭いをかぐだけで頭が痛くなる気がして、コイツらが
    入った料理全て、食べられません。取り除いても、
    臭くて無理。
    最後にユズや三つ葉を入れられた途端、その料理は
    食べられないモノに変身です。

    香りが強いものがダメなわけではなく、パクチーや
    大葉やセロリ等は大好きです。
    昔、職場の上司に「好き嫌いにポリシーが無い」と
    言われました。

    ユーザーID:7568381515

  • 酸味と瓜

     酢の物全般と柑橘系。その中でも比較的甘味の強いみかんやオレンジなら一口なら食べられるけど、たくさんは無理。ジュースも無理。

    アレルギーになるのかな?味と言うより、口にすると体中ぞわぞわして、カーッと熱くなる。

     でも、酢飯は大丈夫で、むしろ好きです。

     瓜系。きゅうり、すいか、メロン。
    これは味と匂いがダメです。他の野菜は好きですが、瓜系の匂いがどうしても口に入れられません。
     過去、試した結果、食感は大丈夫でしたが。

     どれもメインを張る食材ではないので、さほど苦労した経験はないのが幸いです。

    ユーザーID:2680338120

  • 刺激物と食感

    私は、マヨネーズ、生クリーム、クリームチーズ、とろける系のプリンが嫌いです。
    これらは、食感と胸焼けします。

    あと一生ダメだろうと思うのが、ワサビ、カラシです。
    ワサビは少量でも入っていたら気づきます。舌のレセプターが感受性が高いのだと思います。
    カラシも、からし菜、キャベツの芯は同じ味がします。

    不思議と七味唐辛子、生姜、胡椒、山椒は大丈夫です。

    ユーザーID:3034874905

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧