• ホーム
  • 話題
  • 大人になっても、食べられないもの、その理由

大人になっても、食べられないもの、その理由

レス106
(トピ主0
お気に入り84

生活・身近な話題

さかね

レス

レス数106

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91106 / 106
  • 食べることができないものは

    生まれてこのかた1度も口にしたことがなく食べることができないものがあります。

    アボカドです。

    まだ、アボカドを見かけると買わないと次にいつ買えるかわからないというくらいアボカドが珍しかった頃、私の父親はアボカドを好んで食べていました。
    ただし、子どもが食べると鼻血を出すので少ししか食べてはいけない、と言われてていました。父親はアメリカでアボカドに巡りあったようですが、アメリカで子どもにはきつすぎる食べ物と教えられていたようです。

    おかげで、アボカドは子ども心に鼻血が出る食べ物と刷り込まれてしまい、今でも怖くて食べることはできません。

    ちなみに、匂いで食べることができないものは、セロリ、シソ、豆ごはんです。

    ユーザーID:0412404530

  • チョコパン

    今現在40代のものですが、
    幼児の頃チョコクリームの入ったパンを食べた後に、
    車酔いをしました・・・

    チョコレートは好きですが、チョコクリームは無理です。

    ユーザーID:0591239648

  • 嫌いって訳じゃないけれど

    アレルギーがあるので、食べると救急車で運ばれたりエライ事になるから。

    鯖の味噌煮はおいしいのに、、、。

    ユーザーID:9222943011

  • 脂身

    肉の脂身が大嫌いです
    キライなものは誰にでもあります
    辛いのはそれを食べなければならない場面です
    とにかく喉に通さなくてはいけない・・・
    たとえば息子の結婚相手のご両親との顔合わせの席での脂たっぷりのローストビーフ
    ひと口でウっとなったけど(家ならティッシュに吐き出す)
    そういうわけにもいかず、笑顔で飲み込みました
    食道と胃に脂の壁が出来たようで当分気持ち悪かったです

    ユーザーID:4178339526

  • 増えましたね

    私は大人になって食べられないものが増えましたよ。

    食材は一般的なものはほぼ食べられます。
    特定の味付けが食べられません。
    たとえば韓国料理全般。あとは鍋物。あとはどこどこの国の日本ではマイナーなあのお菓子とかね。
    韓国料理は匂いも味も嫌いなだけ。鍋物は特定のたれで延々と食べるのが苦痛。
    そういう理由です。

    大人になって色々な料理を食べる機会が増えるので、苦手なものも増える一方ですね。

    ユーザーID:6148305446

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 細々とあります

    40代。年取るごとに嫌いなものが増えたなぁ。子供の時の食事なんて今思うとパターン化してましたし。

    まず会食って料理が決まってるし、コースは量が多い。
    ですので選択します。全部は食べられないので。


    私はウニが好きなんですが、高級な新鮮なものは好きだけど安物は臭くて食べられない。
    他の食べ物にもいえます。
    良質の食材を腕のいい料理人が作るのとファミレスレベルの店のバイトが作っている、もしくは工場で作ったものを店で温めてるだけものとは違うって感じです。

    ユーザーID:3242388422

  • 嫌いじゃないけど食べられないものもある

    それはキムチ!

    ほんの少しなら食べられるのですが、食べると必ず腸が痛くなります(涙)

    辛いものはもともとあまり得意ではないし、
    とある専門店のカレーでも腸が痛くなりました。
    食中毒とは違います。

    ニンニクもダメです。
    お腹下します。

    唐辛子とニンニクの合体は間違いなく腸が痛いです。

    ユーザーID:7924595317

  • うなぎ

    うなぎの嫌いなところは、皮です。
    関東のうなぎの皮は、ぬめっとしてゴムっぽい→爬虫類食べてるみたい!!という感覚に陥って、食べるのが気持ち悪くなります。

    ちなみに、爬虫類を食べた事はありませんが。

    ユーザーID:2206439432

  • グリンピース

    その昔はセロリとネギも、味と匂いがきつすぎて食べられませんでしたが、大人になってから克服し、今では大好きになりました。

    が、グリンピースだけはどうしてもダメです。
    豆ごはんなど、私には拷問同然です。
    あの青臭さが本当に苦手でどうしようもありません。

    ただ一度だけ、友人からもらった採れたてグリンピースで親が作ってくれた豆ごはんだけは、あの嫌な青臭さがなくておいしく食べられました。
    が、残って少し日を置いたグリンピースはもうダメでした。

    よけて残すのもみっともないので、出た場合は噛まないように口の奥にしまい、他の食材と一緒に丸呑みしてます。
    うっかり噛むと吐き気をもよおすので……。

    ユーザーID:5684112843

  • 生玉子

    特に白身が無理。

    ユーザーID:3682465133

  • 成分無調整の豆乳

    無調整の豆乳を美味しく飲んだら、胃に落ちた瞬間に見事にリバースしました。
    文字どおりの噴水です。マーライオンも敗北を認めるほどの吐き出しっぷり。
    吐気ゼロのまま胃の自由意思により拒否、そんな感じでした。
    調整豆乳は大丈夫だし、同系食物の豆腐も湯葉も好きなのに何故なのか。
    噴水になったときが初無調整豆乳だったのですが、以来一度も飲んでいません。
    私の身体が無調整豆乳を私には合わないと言ってるんだなー、と言うことで。

    実は私は末期の血液がんのサバイバーで、余命3カ月の宣告を蹴飛ばして20余年生きてます。
    儚げな少女が今や立派なおばちゃんです。
    そのがんの治療で入院中に担当医だったドクターに、私の場合飲食物は自分の本能に、
    身体の要求と拒否に従って摂るように言われたのです。
    私の身体が正解を知っている・・・そういう原始的な体質らしいです(笑)

    そんなわけで、私の「大人になってもダメなもの」は無調整の豆乳です。
    ついでに言うと、サプリでは卵油が、胃が自発的に吐き出すブツです。
    身体に良さそうなものばかりで残念ですが、私には合わないんでしょうね。

    ユーザーID:4432973909

  • 軽いアレルギーが出るから

    私は好き嫌いが子供の頃と変わりがありません。
    発酵物や脂っこい物が食べられないのが基本なので。

    発酵物といえば、お漬け物や納豆です。
    嘔吐する程ですので、軽いアレルギーみたいです。

    生クリームは脂っこ過ぎてダメです。
    これまた嘔吐したり寝込んだりします。
    肉の脂も苦手です。

    ただどちらも少量で、かつ何かと混ざっていると割合によってはお腹を下す場合もありますが、大して何も症状がでない事もあります。
    発酵物もお味噌なら食べられますし、生クリームなんてバターになれば問題ありません。

    これは我ながら不思議ですが、そこが『軽いアレルギー』なんでしょうね。
    成分のほんの一部の所に反応が出るんだと思います。

    ユーザーID:3115940843

  • レバーです

    噛んでいる内に、「肝臓、肝臓」という単語で、
    頭の中が一杯になり、気分が悪くなるからです。
    何十回、挑戦してもダメでした。

    ユーザーID:3444613446

  • 馬肉

    あんな優雅で美しい生き物、食べられません。

    食べない理由が好き嫌いやアレルギーだけだと思わないで下さいね。

    ユーザーID:2536375898

  • 納豆レバーセロリ

    臭いです。
    臭い物を口に入れられません。

    ユーザーID:6665558590

  • 大人になるほど増えていく

    ナマコ、ふなずし
    口の前まで運んでみるがどうしても入れられないです。
    それぞれ、見た目、匂いで危険を感じてしまうのだと思います。

    あと最近ですが、焼き魚にき○○虫がたくさんいてショックを受け
    魚介類全般がダメになりました。スーパーでもコーナー自体避けてしまいます。
    珍しいことじゃないのでしょうが、いつ元に戻れるのか・・・大好きだったのに。

    ユーザーID:7879813768

先頭へ 前へ
91106 / 106

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧