我が家の猫姫様

レス16
お気に入り102
トピ主のみ2

ぬこ

話題

初めまして。我が家のお猫様(8歳茶トラの女の子)自慢にお付き合い頂けたらと思います。お猫様の魅力に私はすっかりやられてしまい、今や完全なるいいなりとなっています。お食事をされている時、お休みになられている時…全てが愛らしくて仕方がありません。それゆえお猫様がどんなことをなさっても、いいなりである私は従うのみでございます。お食事やブラッシングなどがお気に召した場合、喉を鳴らして私の手をペロペロして下さいます。私にとってこの上なきご褒美でございます。
つい昨日のことなのですが、私がお手洗いから戻ってくると、伏せたまま置いていた読みかけの本の上に、茶色い丸い物が…「姫様…誠に恐れ入りますが、まだ読みかけでして…それに、本の上でお休みになられるのは、寝心地が悪うございます…」と申し上げましたところ、「何よ、この私に逆らう気?ここは私の寝床なのだから、あっちへ行ってなさいよ。」というような冷ややかなお顔をなさっていました(申し訳ございません、姫様…)。
まだまだいいなりとして未熟ですが、大切なお猫様のためにも日々精進して参ります。お猫様がいらっしゃる方々、どうぞお話をお聞かせ下さいませ。

ユーザーID:5361872846

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちの娘はですね

    人間のお膝で丸くなるのが大好き。特に夫のお膝が広いのでお気に入り。

    夫もしばらく我慢していますが、「○○ちゃん、ゴメンね、どいてくれない?」
    と降ろそうとすると、小さな声で、ウー(怒)、降ろそうとする手に噛みついてきます。(もちろん、甘噛みです)

    猫の顔の近くで、歌を歌うと、じっと目をつぶって聞いていますが(と、思う)とつぜん、やはり、私の鼻なり手なり、噛みついてきます。(うるさい、やめろ!!、ってことでしょうか?もちろん、甘噛みです。

    いつも抱っこして鏡を見せますが、ほとんど無反応。
    しかし、ある時、ハァ〜とため息をつき、ジッと鏡の中の自分を見つめました。「これでいいんでしょ?!」って感じでした。

    こうして私は彼女の気を引くことばかり考えています。

    ユーザーID:1310808322

  • 猫姫嬢が本の上に寝るのはぬこ様に構って欲しい故

    きっとお腹がひもじゅうて何か召し上がれと申されるのを期待なさって居られるのでしょう。
    うちの猫ちゃんがそうでした。読みかけの新聞と開いた辞書の上にお手洗いに行った隙にドデンコされました。想い出は一杯、18歳で、、、涙。

    末っ子猫ちゃんは我が家の子供達からもエコヒイキと妬まれました。

    猫姫様とぬこ様の楽しい時間に慰められます、お幸せに。

    ユーザーID:4833450649

  • わかりますわ

    猫かわいいですよね〜、あ猫姫様か。うちには4匹保護した子がいるのであまりお姫様対応はしてあげられていませんが・・・

    なぜか本とか新聞とか人間の読んでたもの好きですよね。新聞ひろげっぱなしにしてると大概やられてます。どかそうとすると「何よ!私のお気に入りの場所なのにひどいわ」とかわいいお目目でじっとみつめられてしまいもうどうしようもありません。じゃあ違うことでもしようと席をたつと「にゃあ」とついてきて「わたくしのおやつはどこかしら?」ときます。一段高い食洗機の上で私の手元をじっと見つめて「まだかしら」とお鳴きになります。
    それが並んで4匹でやられたりするともう逆らえるわけがない(笑)

    猫は本当にお姫様ですよね。

    ユーザーID:3620204816

  • 既に他界してますが。

    我が家の猫姫様はそれはそれは気が荒い姫様でした。

    ネズミはもちろんトカゲやヘビも狩りの対象でアフリカでも生きていけそうな猫姫様でした。

    その猫姫様が他界して一週間後天井裏から久しぶりにネズミの足音がしてきました。

    ユーザーID:5443857306

  • うちの大天使

    構って欲しい素振りをしていたと思えば、そっとしといて!と言わんばかりにプイっと逃げるし、
    布団の上に乗ってきて足の間で寝るわ、飯くれと早朝に起こされるわ、
    帰宅したら「どこいってたんだよ!」と本気で怒って噛みつくわ、ティッシュペーパーほじくって家中にばらまくわ…。
    調子が悪いときぐらい甘えれば良いのに、押し入れの奥でうずくまってるし、
    本当に人間に助けを求めたのは、死ぬ瞬間くらいでした。

    優しいところもあって、家族が喧嘩していたら間に入って何かしきりに
    話そうとしていたし、
    誰かが泣いていたら、涙を舐めてくれたり、
    父が入院中に一時帰宅した時は、父から一時も離れずに寄り添っていました。

    可愛がっても可愛がってもまだ足りない位、もっと可愛がってあげたかった。
    やわらかくてあたたかいお腹の毛も、
    カラスを見て興奮したときの鳴き声も、
    腕をかまれている時にかすかにかかる鼻息も、
    いたずらも何もかも、存在全部が大好きでした。
    彼より良い猫はもういないです(親バカ)

    思い出させてくれてありがとうございます。
    トピ主様の猫ちゃんが、ずーっと健康で幸せでありますように。

    ユーザーID:1774498759

  • 我が家のうーたん

    最近、リビングの網戸にスイングドアを付けました。夫がうーたんに「うーたん、パティオに行きたい時は、こうやってくぐるんだよ。」と、くぐらせてました。うーたんが一人でくぐった時に「見て見て!!うーたんが一人で出来たよ!」と、夫は大喜び。

    夫が新しい歯ブラシを買ってきました。夫は歯ブラシをほぐしてから、うーたんの顔をこしこしし始めました。「歯ブラシの感触は、猫の舌に似てるんだって。これでやると、お母さんに舐めてもらってるのに近いらしい。うーたん、俺に拾われるまでにお母さんに舐めて貰ったことあったのかな・・・」と、涙ぐみました。
    「これからあなたがお母さんの分まで、うーたんにこしこししてあげたら?」
    「そうだね!俺がママだ!」と盛り上がっていたら、うーたんがガブリ(笑)後はお決まりの夫とうーたんの喧嘩です。

    ユーザーID:2193947508

  • びっくり!

    そこまで愛されるお猫さまがいらっしゃるとは、うらやましゅうございます。
    本の上の寝床、安定感とかみの温もりを感じるのではないでしょうか?
    読みかけ、そこが気になりますが・・・そこ我慢あそばせ。

    猫姫、いいな〜

    ユーザーID:5060816439

  • 我があるじとの日々をご紹介いたします。

    職業は猫のしもべと名乗りたい、ひのえ猫です。

    我があるじ、メル姫たまは元野良であらせられます。
    最初は「ここにいてもいいの?これ食べてもいいの?」という遠慮がちな方でした。

    私は、「メル姫たまは慈悲深いので、本来ならばお目にかかれなかった庶民の家に来て下さったのです。
    我が家を救い、統治し君臨するために王女の身分を捨て、旅に出られたのです。」
    と申し上げていた所…高貴なご出身を思い出されたようで。

    これが王宮のしきたり、と深夜に運動会を開催され、私は障害物競走の障害として召し出されます。

    冬場は私の布団に行幸を賜りますが、それも、暫く私が掛け布団を持ち上げてお待ちするしきたりでございます。
    冷気が容赦なく入り込みますが、堪えねばなりません。
    もちろんメル姫たまの身体も冷え冷え。しかし我が腕を枕にお使いいただける幸福に勝るものはありませんから。

    猫様とはお仕えして悔いなぎあるじだと思います。

    ユーザーID:9932698217

  • うちのプリンス


    外へ出るのが大好きなプリンスは、一日20回ほど出入りします。
    プリンスの出口専用ドアがないので、入り口ドアをそのたびにあけてあげなければなりません。

    プリンスの気持ちを組んで、彼が外へ行きたい時に、さっとドアを開けてあげないと、非常につめた〜〜い視線で私を一瞥し出ていきます。

    行ってらっしゃいませと、頭下げて送りだしています。

    ユーザーID:6064912405

  • 言いなりになどなりません

    うちは言いなりになどなっていません。
    だめですよ、人間としてプライドを持たなければ。

    うちは白猫オスです。
    しっぽを立てて遊ぼうっと言われても、
    掃除中だからダメ!とモップをひたすら動かしながら
    モップに手を出す猫をひょいとよけたり
    逆に嗾けたりして・・・あれ? いいえ、掃除してるだけです!

    読んでる新聞の上に寝そべられたら、
    「あ、君はそこにいなさいね」となでなでしながら
    他の雑誌を持ってきて読むだけです。

    ・・・ってもしかしてこれって、・・・いいなりですか?

    ユーザーID:5650241233

  • わが家の王女様たち

    ぬこ様、お気持ち痛いようにわかります!私も我が家の猫姫様、猫王子様達のいいなりと化していますから。特に女の子は、本当に名前に“姫”とつけて呼ばせていただいて、何の違和感もございません。(笑)

    我が家の第二王女は、御年4歳。サビというかごちゃごちゃ模様のミケです。顔の半分が茶色で、半分が黒、口元は白です。マジンガーZにでてくるあしゅら男爵のような顔です。個性的なお顔立ちなので、家族以外には可愛いと言ってもらえませんが、おしゃべりで無邪気でちゃっかりな可愛い姫君です。缶詰をご所望の時は、「缶詰ちょうだい!」とテーブルの上で騒がれます。私たちとお兄ちゃん猫達には天真爛漫に好き勝手にふるまってらっしゃいますが、天敵は第一王女(茶トラ、5歳)。彼女にでくわすと、コソコソ尻尾を巻いて逃げ出されます。

    第三王女は、第二王女の双子の妹君。お姿は美しい長毛で白+サバトラ、長い尻尾までフワフワで、別名は銀狐様です。ご姉妹でいらっしゃるのに、見た目は全くの赤の他猫です。鈴を転がすような美しい声で鳴かれます。

    私も猫姫様、猫王子様のお気に召すよう、日々精進と散財を続けております。

    ユーザーID:7854430348

  • レスありがとうございます。癒されます

    ちょび髭猫様
    甘噛みはお猫様に愛されている証拠でございます。羨ましいです。

    太い尻尾の黒トラ様
    ありがとうございます。辞書ですか…ハードな枕ですわね。お猫様との思い出をどうぞお大事になさって下さいませ。

    minon様
    4匹とはハーレムですね。そうなのです…あの愛くるしいお顔とおめめには逆らえません。

    アジのさしみ様
    活発なお姫様でしたのね。我が家の姫はスズメでしたが、思わず悲鳴を上げてしまいました。天国にいらっしゃるお姫様にお祈りしたら、ネズミがいなくなるかもしれませんね。

    ちび様
    何と素敵なお猫様でしょう。いくら愛でても足りません、お気持ちとても分かります。ありがとうございます。一生姫様のしもべとして仕えてゆきます。

    うーたんママ様
    歯ブラシの感触、気にいるといいですね。うーたん様、きっと俺がママだの一言に照れたのでしょう(笑)

    裸足のルブタン様
    読みかけでも、姫様のためでしたら喜んでお譲りします(笑)

    丙猫様
    さすがは猫のしもべ。メル姫様は幸せ者ですわ。

    猫好き様
    出入り王子様ですね。毎日お疲れ様です。

    匿名様
    完全なるいいなりですよ、それは(笑)

    ユーザーID:5361872846

  • わが家の三毛姫

    うちの三毛姫には執事がおります。
    一緒に寝て下さることが報酬です。
    姫様ですから当然ベッドの真ん中で休まれます。
    執事は体をくの字に曲げて眠ります。

    三毛姫は食べることも気ままで、カリカリがお気に召さないことも。
    執事は姫様の体が心配で自分のお刺身を食べていただきます。
    姫様がおいしそうに召し上がる様子が何よりのごちそうです。

    そんな執事に姫様は毎朝ご褒美を下さいます。
    目覚ましが鳴る前に、熱いキッスで執事に起床を命じられます。
    執事はもっとしていただきたくて、ほんの少し狸寝入りをします。
    聡明な姫様にはすぐに見破られ、鼻先をカプリ。
    毎朝の大切な儀式のようです。

    母猫からはぐれた目も開いてないネズミのような頃から
    2歳の現在までそれはそれはの可愛がりよう。
    二本足の娘など、可愛さでは足元にも及びません。

    なまあたたかーく見守る執事の妻でした(呆)。

    ユーザーID:7310362393

  • チャンスは今だけ!(大ウソです)

    うちの姫様は、16年間甘やかし放題に甘やかして来たので”我慢”という言葉を知りません。
    自分が構って欲しい時は、私が仕事中であろうがお構いなし。
    PCに向かう私の足元にやって来ては、ゴロンと横になってクネクネ。
    真ん丸の瞳で見上げてこう訴えかけます。
    「ほら、めったにないモフモフチャンスよ。今なら触りたい放題。このチャンスを逃す気?」と。

    しかし姫様「チャンスは今だけ」と、どこぞの通販番組みたいな事仰いますが、そのチャンスは本家本元の通販番組もビックリする頻度で日々訪れてます。
    一日の内に、最低でも十数回はそのチャンスがやってくるのですが…。
    今、仕事の締め切り前で余裕ないんです。もう少し後ではいけませんか?

    それでも、我慢と諦める事を知らない姫様は、尚もしつこく仰います。
    「今だけよ。モフモフしないで後悔しないの?」と。

    そこまで言われて逆らえるはずもありません。
    それに、なんだかこのチャンスを逃すと後悔しそうな気がして来ました。
    よく考えたら、今まで一度もチャンスを逃した事なかったし。
    どんな時でも、有難くモフモフ・ナデナデさせて頂きます。

    本当、姫様の言いなりです。(笑)

    ユーザーID:3708032275

  • さきの女王陛下のこと

    二回目です。猫のしもべのひのえ猫です。前回メル姫たまのお年を書き忘れました。14歳です。
    今回は15歳で逝去されたさきの女王陛下のお話を。
    この方が私にしもべとしての躾をして下さいました。
    基本的に明朗快活な方でしたが、要所要所でぴしり。
    お気に召さない場合は、すっと目を細める→ぷいとそっぽを向く→最後は一喝!と段階を踏んで示して下さいました。

    お食事、おやつのグレード、おトイレの砂のお好み、陛下のお通りの際のドアの隙間の広さ、クッションの位置、冬場の暖房の向きなどなどなど。

    至らぬ私に「猫様に仕える際の基本的心得」を授けて下さいました。

    一度家族が、不用意に他国の姫君を一週間お預かりしてしまった所
    ノミをうつされてしまい、陛下から大変なお叱りを受けました。
    お身体を案じつつ薬をすりこむ私を涙目で睨んでいた陛下、お気の毒でしたが可愛かった…いえ不謹慎でしたね。本当に大変でした。
    お薬を飲んでいただく時も嫌々をされて、後、
    意を決したようにパクっごくん!と自ら薬を飲まれ、私をキッと睨み付ける…本当に気高い方でした。

    アクシデントも良い思い出です。

    ユーザーID:9932698217

  • トピ主です

    ライラ様
    第二王女様、面白くて素敵です。同じご姉妹でもこんなに違いが出るのですね、驚きです。

    猫まんま様
    何とも賢いお姫様ですわね。そして執事様にご褒美まで…たまりません。

    あまなつ様
    あらぁ。チャンスありすぎですわよ、お姫様(笑)やはり逆らえませんよね、あの愛らしさには。

    丙猫様
    再びありがとうございます。14歳ですか…メル様流石ですわ。女王陛下自ら…頭が下がります。私も色々と勉強になりました。これで少しは我が姫様にご満足頂けるかしら…

    ユーザーID:5361872846

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧