現在の結婚制度はこれからもずっと続きますか?

レス88
お気に入り88
トピ主のみ5

minako

男女

こんにちは。子育て真最中のシングルママです。

幼児期から結婚には憧れて来ましたが、現実に結婚してみると嫌な事ばかりでした。そして今日の自分がいます。

思い返してみると、あかの他人さんと精神面物質面すべて合わせて揃えて生活して行くのは私には向きませんでした。ただこうして離婚した後も愛しい子供は残ってくれています。

3組に1組が離婚しているそうです。一人の夫と一人の妻がいて子供が出来て一家を形成して行く、という形はもっともな形態ですが、少なくとも私には息苦しい面が濃厚でした。

皆さまはこの結婚・婚姻という制度の今後についてどう思っていらっしゃいますか?

ユーザーID:6256280766

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数88

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • この世は生存競争ですね

    今の結婚制度は「男系の継続」と「女性の生活の確保」のための合理的な制度と言われていますよね。でも現在は家制度は廃止され女性も社会に進出し経済力を身につけて来始めましたので、もう壊れ始めていると思いますよ。これからはお互い好きな間だけ結婚して飽きたら直ぐに離婚する時代になると思います。と言うより婚姻制度そのものが有名無実化し一人の女性が産む子供の父親は違う場合が多くなるのではないでしょうか。以前ここの掲示板に「子供を産みたい女性は何人かの異なる男の子供を産んで養育費+生活費を貰う事で生計を立てるようになるのでは?」というトピがありましたが、私も将来そんな時代が来るのは避けられないと賛成した事を覚えています。一人の男が一人の妻を養う時代は完全に終わりましたね。男の世界も経済力の強い者のみが複数の女性に大勢の子供を残せ、弱い男の殆どは子供を残せないと思いますよ。女性もまた然りです。いい女のみが子供を残せる時代だと思います。仕方ないですね。優秀な男女のみが子孫を残せる厳しい世界ですね。

    ユーザーID:2975367554

  • あと三世代もしたら消滅するかもしれません

    すでに結婚制度の本質は破壊されています。

    結婚は人権や平等の時代にはもともとそぐわないのです。

    女性が稼ぎ出したことと、恋愛の自由化によって、結婚は意味をなさなくなりつつあります。

    一種の嗜好品として形式だけ長く残ることは考えられます。

    ユーザーID:4210750310

  • 結婚せずに子供を作るケースが増加するのでは?

    これから結婚は大きく変わっていくでしょうね。
    今はちょうど過渡期だと思います。

    団塊の世代までは、結婚は家同士の結びつきという面が残っていたと思いますが、
    それでも女性の権利や自由が認められつつあり、女性にとって結婚が割のいい仕組みに変わってきていたと思います。

    団塊Jrは現在40代に差し掛かりましたが、この世代にあっては、結婚は当人同士の問題にほとんどなりつつも、まだ少しだけ家同士の結びつきの色彩がありましたね。この世代では姑との同居などは少なくなり、女性の権利が最大化していて女性にとっては結婚が美味しい仕組みでした。

    今、適齢期を迎えている20代にとって、結婚は完全な不平等契約と認識されるに至っています。男性のメリットは子供を持てることだけですが、女性は経済的に依存することを前提に考えています。
    さすがに男性の嫌婚が顕著になってきたので、女性も今後は多くを望まなくなるのではないでしょうか。
    子供を作り、認知し、養育費は払うけれど結婚はしないという男女の関係が広まっていくのは時間の問題でしょう。
    片方だけが利を得る人間関係は続きませんからね。

    ユーザーID:6070552336

  • 関係ないですが

    よく3組に1組は離婚していると言いますがそれカラクリがある真っ赤な嘘です。
    信じて簡単に離婚してしまう人がいそうだなと心配しています。

    その3組に1組離婚説は「調査した年に結婚した人の数」と
    「調査した年に離婚した人の数」を比べているだけ で無意味なものです。

    現に、離婚率は昔に比べてもそう増えていません。
    皆も離婚しているんだ!と気軽に離婚するのはやめましょうね
    離婚してない人がほとんですから

    ユーザーID:5128240876

  • シングルママは今にして始まった事ではないのでは?

    >一人の夫と一人の妻がいて子供が出来て一家を形成して行く、という形はもっともな形態ですが、
    >少なくとも私には息苦しい面が濃厚でした。

    トピ主さんが個人的な主観を持つ事は大変結構ですが、結婚制度の存在はトピ主さんの主観に依存は
    していないと思いますよ。

    ユーザーID:6108862486

  • 何を聞きたいのか分かりません。

    「結婚・婚姻という制度」を法律的な観点で言えば無くなるわけがない。
    制度といっても「義務」ではなく「権利」でしかない。
    婚姻契約を結ぶか否かは成人であれば個人の権利ですからね。

    制度が変わることはありません。
    非嫡出子の相続権や、事実婚などで認められる権利の幅は変わっていくかもしれませんがね。

    トピ主さんの言う制度とは何を指しているのですか?
    民法の婚姻ですか?それとも慣例や風習のようなものですか?

    トピ主さんに結婚は向いてなかったのは分かりましたが、制度とは関係ありませんよね。

    >ただこうして離婚した後も愛しい子供は残ってくれています。
    これも自分の都合でしか見てない表現ですよね。

    なぜ離婚したのか原因は分かりませんが、
    もし男性側に問題があったとしても全ての男性が同じである訳ではない。
    結婚相手を間違えなければ、幸せな家庭を構築していた可能性は高いでしょう。
    ましては、子供から父親を奪ったのは事実でもあるわけですから。

    トピ主さんはその愛しい子供に「結婚なんてするもんじゃない」って教えますか?

    ユーザーID:2613077907

  • 問題すり替え

    結婚、婚姻制度の問題ではなくて、人と出会う、向き合うという自分の心の在り方の問題でしょう。あなた自身が、人と出会う、向き合うという「自分」というものに出会えていないことが一番の問題なのでしょう。人と出会うことも大切ですが、並行して「自分」を問うことも欠かせません。「自分」を問うこと無ければ、人とは上手く向き合えないのではないでしょうか。

    ユーザーID:7905909983

  • ほぼ同感です

    私もほぼ似た感覚をもっています。(シングル、子供一人、アラフィフ)

    現在の、いわゆる憧れる若い女性の多い法律婚はわたしには合わない面も多かったです(もちろん相手次第なのは承知しており、結婚自体否定しません)相手の家に嫁ぐ感覚は、どうしても双方に多少あり、それが誤算でした。

    しかし、時代は確実に変わっているのを感じています。いま、縁あって巡り会えた長年の親友兼パートナーと、ここ数年来慎重に話し合いを重ねながら事実婚の準備中なのですが、社会保障面でほとんど法律婚との差がないことに私たち自身拍子抜けしています。

    税制上の優遇はないけれど、これも政府が制度自体廃止検討されてますし、三号にもなれるし、遺族年金、生命保険受取、なんら差がありません。但し、相続だけはきちんとしなければなりませんが。

    わたしが思うのは、結婚とは子供を育てるためには、最適なシステムだと思いますし、その枠から外れたところで子育てしたことは残念ですが。

    ユーザーID:8510533672

  • 制度は後付

    結婚制度があって結婚するのではなく、結婚があって法的制度が後からできたのだと。

    結婚したいとトピ主さんも子供の頃から思っていたのでしょう? 自然だと思います。結婚して新しい家族を作る事は。

    離婚原因が

    >他人さんと精神面物質面すべて合わせて揃えて生活して行く

    のなら、トピ主さんは独身のギアから結婚のギアへの切り替えができない方だったのだと思います。

    ユーザーID:8161150197

  • 確かに…

    私もこの高齢化社会になった今、一夫一妻制に無理があるのでは??と
    思うようになりました。
    今は晩婚化ですから、30歳で結婚したとして85歳まで生きる。
    55年他の異性と関係を持ってはいけない。
    毎日同じ物しか食べられないような感覚で、それって厳しいのかな?って…

    ただ、主さんの場合はわがままなのでは?
    もちろん他人と結婚するのだから、最初はカルチャーショックは多々ありますよ。
    それはどこの家庭も一緒です。
    でも、みんなそれを我慢したりお互いに歩み寄ったり…そのうち慣れちゃったり諦めたり。
    そうやって夫婦になるんです。
    刺激はなくなるけど。

    私もそうでしたよ?!
    でも大病が見つかった時に主人は泣いて、一生守っていくから!!と言ってくれました。
    病気で体の機能の一部を失ったけど、主人との絆が強く深くなりました。
    もちろん今でも多少の不満はあります。でもそれって主人も同じなはず。

    歩み寄って本当の夫婦になれなかったのは、主さん夫婦がまだ結婚という物が何なのかわからなかっただけ。

    同じ気持ちだと例えこの先再婚しても同じ事の繰り返しになりますよ。

    忍耐と歩み寄り!!

    ユーザーID:8937848740

  • 一人っ子政策、一夫多妻制度。

    近隣国では一人っ子政策が採用されておりましたし、宗教的理由により一夫多妻制度が公認されている国家もあります。
    我が国も歴史上、一夫多妻制度が存在しましたから、現制度が永続する保障はありません。

    ユーザーID:4867190321

  • 硬い話

    結婚制度はいいと思います。
    心、ハートだと思います。
    人を好きになれる、愛される愛することができる。
    そういうことができる人、自然に出会い恋をすると思います。

    精神面・物質面、合わせて揃えて生活して行く、おっしゃる通りで、赤の他人と愛情もなく続けていくのは困難でしょう。
    やはり愛を知ることです。

    相思相愛、本当に難しいと思います。
    そこまで硬く愛を感じなくても、幸せそうに普通の人情で支えられる夫婦もいます。
    そこはどういうことだろうと思います。
    やはり忍耐や我慢や努力、結婚も生まれ持った能力なのか?
    環境なのか?性格性分なのか?
    結婚したいけど、ここの話を読むと心配になります。笑

    ユーザーID:3875967706

  • 人それぞれ

    貴女には向かなかった結婚なのでしょう。

    40年以上の結婚ですが、当然大波は何度もありその都度、乗り越えて来ました。
    結果、鍛えられ精神的にも強くなり怖い物はありません、色んな試練のお陰で人生勉強も出来、生き方の知恵も学びました。
    幾ら愛して結婚した夫でも噛み合わない事も多々、義家との付き合い(嫁小姑問題など)、子供達の生育など・・・人並み(それ以上かも)にはあったです。

    自分に起こる難問題は全て自分を鍛えてくれると考える方なので、人生そのものが苦しいと思う事は無いです。決して逃げる事はありません。

    愛しい子供が欲しいのなら、やはり結婚の形態は(戸籍がある以上は)消える事は無いのではと思います。

    ユーザーID:0319751988

  • 今のままでいいと思っています

     夫と二十歳から付き合ってきて、もう一回りを超えました。まだ柔軟な頃からなので、価値観自体を一緒に作ってきたようなものです。ですから一緒に暮らし始めた時も、小さな喧嘩はありましたが、特にお互い違和感を感じることなくすんなり生活がスタートしました。

     今振り返ると、結婚当初は金銭的にはきつかったかな。また割と結婚が早かったので、お互い親離れがあと一歩出来ていない感はありました。

     >あかの他人さんと精神面物質面すべて合わせて揃えて生活して行く

     確かにその通りなんですけど、そこまで大袈裟に考えたことないです。価値観が合っていれば、結婚生活について事前にしっかり話していれば、それほど窮屈ではないと思うのですが。

     結婚に豹変してしまうタイプだと難しいですね。

    ユーザーID:5268119091

  • 制度の問題ではない

    制度ではなくて、あなたたち夫婦の問題だっただけです。自分の離婚を制度の問題にしてはいけませんよ。大切な子供を授かっただけでも、結婚には意味があったと思えませんか? あかの他人だからこそ、子供を生めたのにね。

    結婚・婚姻という制度の今後?
    このままでいいです。私は今の夫と結婚する前に離婚を経ていて、それはそれは喧嘩が多くて息苦しかったけど、少なくとも制度のせいにしたことはありません。

    ユーザーID:5669742990

  • ん?

    トピ主様の意図がよくわかってないのですが、あえて言うと
    3分の2は婚姻を継続されているので制度存続に疑問を持つほどではないかと思います。
    私は現状で満足ですし、続くだろうと思います。一夫多妻や一妻多夫、通い婚、家制度、国が子育てみたいなのもありますが主様はどう考えられたんでしょう。

    人に合わせすぎると疲れてしまうのは普通のことだと思います。無理しなくても自然に合うところが多い相手だと結婚は意外と易いのかもしれません。

    ユーザーID:2242895812

  • 結婚という制度は財産を守る為のもの

    法律的に考えて、結婚は契約です。
    財産という観念がある以上、制度としての婚姻契約は存続しなければなりません。
    婚姻制度って、結局は権利を守るためにあるだけだと思うのですが。権利を求めないなら事実婚・同棲・共同生活で充分なので。

    トピ主さんの結婚生活は、他人との共同生活が向かなかったのか、元夫との関係が上手くいかなかったのか、実は解っていないんじゃないでしょうか。

    子供を得る為には誰か異性と関係を持たなければならない。未婚で精子バンクから提供を受けて産む・・・それは女性のエゴだと思うので、私は反対です。
    ならば、子供を得たかったら結婚する。
    結婚したくないなら、子供は諦める。
    離婚は結果的に仕方がない。
    好きな異性と、同棲でも結婚でもなく付き合い続ける事は出来ますが、相手が結婚を望んだら別れる覚悟は必要になります。

    それだけな気がしますが。

    ユーザーID:2700351950

  • レスします。

    現在の結婚の制度がどうであれ関係ないでしょう。結婚はそもそもする自由もあればしない自由もあります。それは制度の有無に関わらずずっと担保されているわけですが?

    結婚が息苦しいならしなければいいだけのことです。何を言っているのかまるで分かりませんが。

    ユーザーID:7037256960

  • どうとも思ってないよ

    結婚制度があろうとなかろうと

    子供を作って生活していく以上
    その相手と一緒にいるだろうし

    一緒にいる事で窮屈になる部分は
    その都度修正していくよ

    全部チャラにして1からやり直しとかは考えないね

    ユーザーID:0654911861

  • 制度は簡単に変わらないが

    その制度を選ぶ人は減って行くと思う。

    そして、婚姻率が上がらないと困ると考える人で制度を変えていくのだろう…。

    私個人は、おそらく2度とその制度にお世話になることは無い。

    よって今後については、次世代でお好きにどうぞといった感覚です。

    ユーザーID:2112809000

  • 廃れてほしい

    個人的願望としては廃れてほしいですね。
    でもステキな結婚式やロマンチックラブのゴールが結婚なのよと妄想する女子がいるかぎり無理じゃないかなあ。

    家制度は消滅したんだから、今の結納・結婚式・披露宴というのはありし日の残影を追いかけているだけなんですが、そんな事を薔薇色の新婚生活しか見えていない彼女達に言ってもね。

    でも家族単位の戸籍までなくすと色々不都合も起こりますよね。
    育児や介護の責任の所在が曖昧になり、社会制度は大混乱に陥るでしょう。

    でも百年単位で根本的に社会構造を変えていくなら可能性はあるのでは。

    結局この国をどうするかっていうグランドプランに繋がっちゃうんですね。ド

    今の政治や法改正に絡むとなると、小町では突っ込んだ話は無理じゃないかな。

    ユーザーID:1631298771

  • 続く

    子が両親を求めるのが本能な以上、続くのではないでしょうか。
    トピ主さんは離婚した今すっきりとしているみたいですが、お子さんはどうですか?今現在、または近い将来父親が居ないことで嫌な思いはしないと考えていますか?

    居ない方がマシな親というのは存在するのでトピ主さんの決断を否定するわけではありませんが、だからといって離婚家庭がスタンダードだとは思わない方がいいです。

    晩婚化が進み、教育にかかる費用は増え続け、体力的にも経済的にも今後ますます複数人で1人の子供を育てる社会になっていくのではないでしょうか。

    もし変わるとしたら、一夫多妻あるいは一妻多夫制には変わることもあるかもしれませんね。(遠〜〜〜〜〜〜い将来)

    ユーザーID:1629915139

  • 離婚される方は制度が違えど結局同じことをする

    赤の他人と生活するのに、結婚もノーマルも関係ないでしょう。

    トピ主さんの場合は、結婚制度とは全く関係のないことです。

    問題は

    >幼児期から結婚には憧れて来ましたが

    というような、根拠のない結婚への拘りや世間体です。

    ユーザーID:2261487423

  • 母系社会に移行すると思いますよ

    豊かな社会では子育てに男性の協力する価値が低下しますから、一夫多妻になります。

    女性が好きな男性の子供を産んで夫婦にならずに育てる社会です。既にヨーロッパはそうなりつつあります。遠からず日本もそうなると思います。

    ユーザーID:7168202099

  • トピ主です。

    トピ主です。

    レスを読み始めておりますが・・・

    私の離婚とかシンママとしての立場とか、はたまた子供から父を奪ったとかいう表現がありましたが、トピは私の立場などを聞いてはおりません。そうではなく制度としての今後の姿をお尋ねしています。

    ただ、自分の事を一切明らかにせず質問だけするトピの形は嫌いですので、私生活の一端を述べたまでです。ですから質問文は最後の一行だけでも良かったわけです。

    ヨーロッパ先進国の特に大都会では法的には夫婦ではないカップルがかなりの割合を占めると聞きます。将来はこの国もそういう方向へ行くとの予感を持ちます。例えばそういう点について広く皆さまのご意見を聞いてみたかったのです。

    質問の趣旨をご理解の上、レスをお願いします。

    ユーザーID:6256280766

  • 再度トピ主です。


    トピ主です。

    理論的で深い洞察に満ちたレスが多く見られます。まとめてのお礼になりますが有難うございます。

    じっくり読まさせて頂きます。

    ユーザーID:6256280766

  • 変わるんじゃないのかな

    どなたかのレスと逆な意見ですが、今の制度は、優秀な女が遺伝子残しにくい制度だと思います。
    一人一人が負担しなくてはいけない責任がどんどん増す中で社会を維持するためには、生産性高い女が遺伝子を残しやすい制度「も」できないときついんじゃないかと思いますけどね

    ユーザーID:1062058474

  • よく考えて

    結婚する前はよく考えて、本当にこの人でいいのか同棲してみてからした方が失敗は少ないと思います。
    それに絶対結婚しないといけないわけではないので、この人!と想う人だけと結婚すればいいと思っています。
    そんな私は40才で主人と出会い、45才で入籍しましたが、3年同棲してからの入籍です。
    今のところ仲良くて離婚は考えられません。
    離婚もですが、その前によーく考えてから結婚するかしないか、決めてみてはいかが?
    一生のことですから。

    ユーザーID:0923706407

  • 制度そのものは太古から現代、未来に至るまで続くと思うよ。

     細かい法律上の違いはあるにせよ結婚というものは世界中のほぼ全ての国や民族に法律あるいは慣習として太古からあるよ。
     おそらく人類の文明が始まったころからあるんじゃないのかな?
     ほとんどは一夫一婦制、少数ながら一夫多妻制などの民族もあるね。
     たとえ法律で定められていなくても慣習として配偶者と生活を共にするのがほとんどだし…結婚した後簡単に別れることができたり誰とでも自由に子供を作ったりできるなんてことはないと思うね。(まれに例外はあるかもしれないけど)
     トピ主さんのが理想とする制度はどのようなものかわからないけど…
     結婚制度は今後も時代に合わせて若干の変更はあるにせよほぼ今の状態で続くと思うよ。
     これは日本だけでなく世界中一緒だよ。

    ユーザーID:6594318306

  • 極端なこと言えば

    結婚制度なんて書類上のものです。
    そこに、やれ嫁だの家に入るだの〜はその時代を生きる人々の価値観です。

    昔は旦那の家に嫁いで〜みたいな感じですが、今はだいぶ薄れてきています。
    そしてさらに極端な話をすると結婚したからって一緒にすまなければならない義務や決まりもありません。
    トピ主がうまくいかなかった事に結婚制度は関係ありませんよ。

    しっかしこの手の話題になると一夫多妻制を口にする人がでてくるけど、そんなの適用して何かかわるんだろうか。
    ただでさえ一妻持つのが困難な状況になっているのに。
    複数妻をもてる経済力のある男が今の日本にどんだけいるのだろう。
    年収1000程度でも二妻がいいとこなんじゃないの?
    しかもそのほとんどが4,50代でしょ?って感じだわ。
    それに先妻からしてみれば後妻ができるたびに旦那の稼ぎから受けられる恩恵がどんどん減っていくので、面白くないだろうし。
    1000万の人と結婚できた〜と思ったら、後妻ができて年収300万の人と結婚するのと変わらない生活になったりしてね。

    それを言うなら、妻や子供に対し、責任を担わなくてもよい法律にしない限り無理でしょ。

    ユーザーID:4581301389

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧