• ホーム
  • 学ぶ
  • ジェイン オースティンの次に見る映画を教えて

ジェイン オースティンの次に見る映画を教えて

レス41
(トピ主13
お気に入り59

趣味・教育・教養

エマ

レンタルビデオ屋さんでBBC制作のドラマ「高慢と偏見」が目に止まり、久しぶりに見たくなって見てみた所、なんだかはまってしまいました。
そこでその店舗にあるジェイン オースティン原作及び関連の映画、ドラマを順番に、昔見た物ももう一度見たりしていたのですが、全部見終わってしまって寂しくなっています。

どうしてこんなにはまったのか自分なりに考えると
衣装や装飾品、食器類が美しい。
その時代の邸宅の外装も内装も見ているだけでワクワクする。
風習も興味深い。
自然の景色も美しい。
最期は必ずハッピーエンドなので、観賞後が疲れない。
完璧に近いヒーローと芯は強く善人で、ディズニープリンセスみたいに自己主張が激しくないヒロインに好感が持てる。
もともとアメリカよりヨーロッパの映画を見る傾向がある。
「眺めの良い部屋」とかも好き。

こういう私におすすめの映画、ドラマを教えてください。
韓流は見ないのでそれ以外でお願いします。

ユーザーID:2886407726

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 英国ドラマ

    ジェインオースティン、有名な文学作品なのに、中身は漫画みたいなわかりやすいストーリーで面白いですよね〜。(高慢と偏見も含め、あの時代にそぐわないほど主人公の自己主張は激しかった気がしますが…笑)

    そんな私がお勧めするのは、ダウントンアビーです。話題作なのでご存じかも。私はNHKの地上波で見てたのでシリーズの途中まで放送されておらず最終的にハッピーエンドかどうかは知りません…(できればここにネタバレが投稿されないことを祈ってます)。
    ソープオペラとか呼ばれているジャンルなので、ジェインオースティン的ストーリーが大丈夫なら楽しめると思います。今も現存する貴族のお屋敷を使って撮影されてるだけあって調度品も登場人物全員の衣装も見事!!と毎回楽しみに見ていました。勿論お屋敷周りの風景も素晴らしかったです。マギー・スミス扮する御婆様の嫌みも毎回楽しみで・・・。

    あとはMiss Potter はいかがですか?ピーターラビットの作者の伝記的映画です。恋愛要素は少ないのですが、良家の子女だし英国湖水地方に住まうはなしなので風景が美しいです。主人公含め登場人物の衣装は普通、ですけど。

    ユーザーID:2546154501

  • ヴァージニア・ウルフは?

    ヴィクトリア朝がお好きなようですね。
    では、ヴァージニア・ウルフの『ダロウエイ夫人』はどうでしょう。
    ハッピィエンドとは少し違うかもしれませんが、英文学史上では「意識の流れ」と
    いう意味を持つ作品です。

    ユーザーID:9017367397

  • 全部見てしまいましたか・・・

    ジェーンが生きていた時代のイギリスは戦争がないから、雰囲気がいいのだそうですね。
    私も昔、BBCの「高慢と偏見」から入りました。
    でもジェーン作品は思いのほか少ないので残念ですよね。
    ドラマや映画を見終えてしまったら、原作小説を読んだり、日本未公開の作品はネット動画で探したり(日本語訳なしが難点)
    そのくらいしかなくて。

    「ジェーン・オースティン 秘められた恋」はジェーン本人の恋の話ですが、ご覧になりましたか?
    アン・ハサウェイ、ジェームス・マカヴォイ主演で悲恋ものですが良い作品でした。

    あとも悲恋ものばかりになってしまいますが・・・
    ビアトリクス・ポターの話「ポター」
    ジェーン原作のように大団円ではないけれど、「ジェーン・エア」「嵐が丘」
    「トリスタンとイゾルデ」
    「クイーン・ビクトリア 世紀の愛」
    キーラ・ナイトレイ主演「つぐない」「ある公爵夫人の生涯」「アンナ・カレーニナ」

    ダウントン・アビーというドラマは、私は見たことないんですがどうなんでしょうかね?
    どんな感じなのか、どなたか教えていただけると嬉しいのですが。

    ユーザーID:4705317055

  • BBC 『North & South』

    豪州在住です。
    そのため、国内で入手できるのか定かではありませんので、まずその旨を申しあげさせて下さい。

    お薦めしたいのは『North & South [北と南] (2004, PG)』と言うBBC製作のTVドラマ。
    英国の「南」に住んでいたヒロインが、家族と一緒に「北」に越して来てコットンを扱う事業主の男性と出逢い...と言うオープニングです。

    その男性を(ハンサムな)リチャード・アーミティッジが演じており、『高慢と偏見』のミスター・ダーシーの方がソフトに捉えられるかも知れません。
    が、彼同様にこのドラマの男性も、自分の持っている価値観とヒロインのそれとの違いに非常な葛藤をくぐる事になります。

    ネタバレは避けますが、「すれ違い、誤解、もどかしさ、紆余曲折」を経てのハッピー・エンドです。
    (ラストの駅でのキスシーンは年甲斐もなくドキドキしました。)

    同時に、当時の英国の産業社会、階級間の差異、家族の在り方などについても考えさせられた次第です。
    動画でこの英語タイトルを検索して頂くと、予告やシーンを「試し見」出来ると思われます。お楽しみ頂ければ幸いです。

    ユーザーID:3904604974

  • 私も大好き

    イギリスの時代物でハッピーエンドということで、
    「理想の結婚」はいかがでしょうか? 

    オスカー・ワイルド原作のコメディです。俳優陣もケイト・ブランシェット、ジュリアン・ムーア、ジェレミー・ノーザムなど実力派揃いで、美しく楽しい映画です。きっとお好みにあうと思うのですが・・。もしまだご覧になっていなかったらおすすめです。

    ユーザーID:4374578349

  • 「ある公爵夫人の生涯」

    故・ダイアナ妃の御実家スペンサー家出身の女性が公爵家に嫁ぐ話です(ダイアナ妃よりも何代か前)。
    女性に選挙権が無い時代の話で映画「プライドと偏見」で主演を務めたキーラ・ナイトレイがヒロインです。
    キーラが纏う豪華な衣装や、その時代の風習(男の子を産んで初めて財産分与が発生するとか)事情があって一時期、田舎で過ごす事になるので美しい英国の田園風景も見所。
    もちろん公爵家の豪華な内装も。
    何より困難な状況にあっても自分らしく生きるヒロインに惹かれます。

    ユーザーID:7241258927

  • BBCのドラマ

    私も歴史と貴族、習慣を見るのが好きです。ヘンリー8世に関する映画、BBCのテレビ番組は、数点出ています。映画も数点ありますよ。アン女王、エリザベス1世「アンの娘」、ウルフホール「BBCでヘンリーの側近の物語で同題の本もある、これは渋い内容」、昨日テレビを見たら新しいのが放映で、すでにDVdが出ているようです。「Poldark]という題で小説が元で男優が美形。。。
    ダウントンアビーは、DVDで見始めたが最後、全部見ました!20世紀初期の貴族の生活の変動で、とても面白く、またファッションが良いです。

    ユーザーID:3401395520

  • 次はシェイクスピアでは?

    一番のお勧めは「リチャード三世(1995年)」です。多くの名優がタイトルロールの超悪役に挑戦してきましたがイアン・マッケラン版をお勧めします。舞台は近現代の1930年前後。歴史の表に出ることのない母や妻たちでも勇気ある選択や行動によって歴史を変えたり平和を築いたりできる、というのが原作者シェイクスピアの本作品での主張のような気がします。ハリポタにも出演しているマギー・スミスがリチャードの母役を好演しています。彼女たちのファッションやスィングジャズが素敵です。

    「ハムレット」はハムレットとオフィーリアの熱演とカラフルな画面のメル・ギブソン版が個人的には好きです。イーサン・ホークの現代版も賛否ありますがニューヨークの名所で撮影していて面白いです。ケネス・ブラナー版ではエルシノア城が近世の平城になっていることなどが興ざめで個人的には嫌いです。

    「から騒ぎ」やミュージカル仕立ての「恋の骨折り損」(どちらもケネス・ブラナー監督・主演)などの喜劇は楽しいですよ。

    最後に黒澤明監督の「蜘蛛の巣城(マクベス)」や「乱(リア王)」は日本の戦国時代を舞台にして国際的にも評価が高いです。

    ユーザーID:5929203956

  • あの〜〜〜ジェーン・オースティンの時代は。。。

    「ジェーンが生きていた時代のイギリスは戦争がないから。。。」とのことですが、確かに島国イギリスはおそらく11世紀のノルマン・コンクエストから20世紀のナチスの空襲まで外敵に攻撃されたことはなく(内戦はいろいろありましたが)、オースティンの時代は外国からの攻撃も内戦もないという点では平和でしたが、ヨーロッパは正にナポレオン戦争の真っ最中ですよ。しかも海ではネルソン提督、陸では下層階級から公爵に成り上がったウェリントン将軍らが旧体制を擁護するイギリスの旗手として大活躍していました。ジェーン・オースティンのすごいところは大陸のゴチャゴチャもドンパチも無視しまくっていることです。

    わたしはオースティンもの映画は余り多くは見ていませんが、何度も見た「ある晴れた日に(Sense and Sensibility)」で戦争に疲れているらしい30代半ばの退役軍人が他の男にのぼせ上がっている次女を優しく見守って終には彼女との結婚を勝ち取ったり、お転婆の三女がイギリスの海外進出の拠点になる地域の地名に詳しかったりと、いろんな形で国際情勢が間接的に反映され、そこには平和への主張があるのかもしれません。

    ユーザーID:5929203956

  • 「サマーストーリー」はいかがですか?

     ゴールズワージー原作「林檎の木」を映画化したものです。
     古い映画ですが、イギリスの田園風景も出るし、上流社会の暮らしぶりも出ます。
     私は大好きです!

    ユーザーID:1880747218

  • 再レスさせてください!

    横ですが、「おばさん9号」様がダウントンアビーについて詳しく教えてくださっていて、
    嬉しかったので再レスです。
    私もオースティン作品への渇望がなかなか満たされないので、次は「ダウントンアビーだ!」と
    楽しみがまたできました。ありがとうございました!

    それから「ポター」というのは「ミス・ポター」「Miss Potter」の誤りです。
    失礼いたしました。謹んで訂正させていただきます。

    ユーザーID:4705317055

  • 主です

    >おばさん9号様

    ヒロインの自己主張っていうのは、前々からディズニーのヒロインって割と「自分が自分が」な感じがして、アメリカだな〜って思ってたのです。ジェインオースティンのヒロインは家や風習に縛られている分、もうちょっと色々考えていそうって言うか・・
    きっと私だけの感想なので。。違和感があったらスミマセン。

    ダウントンアビー、私も地上波でゆっくり見てます。
    私はマギースミスやジョディデンチの出ている映画が好きなので要チェックでした。
    ミス ポターも景色が美しかったですね。
    ありがとうございます。


    >いちごみるく様

    ヴァージニア ウルフの名前は知っていましたが、映画化されているのを知りませんでした。「意識の流れ」とは奥が深そうですね。ぜひぜひ見てみます。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:2886407726

  • 主です

    >はなな様

    なるほど。戦争が無いので、どの話にもわりと軍人さんが出てくるのにほのぼのした牧歌的な感じがするのですね。
    「秘められた恋」見ましたよ。
    「ジェインオースティンの後悔」も見ましたが、ご本人はあまり幸せな恋愛をしていなかったのですね。
    たくさんのおすすめありがとうございます。
    ポター以外は見ていないか、すごく昔に見て中身を覚えていないので順番に見ます。

    ダウントンアビーはダウントン村のマナーハウスっていうんですかね?
    おうちが舞台で、爵位や遺産相続やお手伝いさんも含めての恋愛のゴタゴタ、第一次世界大戦が起こったりなんかもして、見始めると結構嵌ります。

    ユーザーID:2886407726

  • 一部訂正

    すみません、ヴィクトリア朝は『眺め良い部屋』のE・M・フォアースターの
    方だけでした。

    オースティンは、その前のジョージ三世と後のジョージ四世の摂政時代でした。
    (すみません、オースティンはブロンテ姉妹あたりの女性作家のあたりかと
    勘違いしました)

    そうですね、この時期は、イギリスはナポレオン戦争の只中、そして終戦後の
    戦時から平時への移行の混乱期です。
    穀物法のあおりで経済は疲弊し、議会改革を求めて民衆運動が盛んになった時期
    ですね。

    決して平和な時期ではないと思いますよ。

    オースティンが亡くなった1817年は摂政の一人娘シャーロットも王子死産の後
    すぐに亡くなり、イギリス中が悲しみにくれた年でもありますし、6月は
    ペントリッジ蜂起もありました。

    ユーザーID:9017367397

  • 主です

    ありがとうございます。

    >10CC様

    『North & South 』!これ日本語字幕版が近々売りに出されるとの事で、作品紹介を見て大変気になってました。
    10cc様の書かれている内容だけでもうグッと来ました。
    是非とも動画を検索してみます。楽しみ。


    >白うさぎ様

    「理想の結婚」見てません見てません。
    コメディとは楽しみです。
    ぜひ見てみなくては!


    >英国映画大好き様

    実在の人物のお話でしょうか?
    キーラ・ナイトレイは高貴な感じがして上流社会が似合いますね。
    豪華な衣装と内装に田園風景!これは楽しみです。


    >Cocoa様

    BBCは良い作品作ってますよね。もっと日本でも紹介して欲しいです。
    ヘンリー8世といえば「ブーリン家の姉妹」ぐらいしか知らなかったです。色々見てみます。
    「poldark」って日本でも見られるのでしょうか?
    イケメン見てみたいです。

    ユーザーID:2886407726

  • 主です

    >まりりん様

    シェイクスピアというだけで、ハードル高そうって一瞬思いましたが、案外身近な俳優が演じているのですね。
    しかも色んな人が何度も映画化しているんですね。
    おもしろそうです。
    ケネス・ブラナーはドラマに嵌っていた時期があったり結構好きな俳優さんなのでぜひとも見てみたいです。
    「いつか晴れた日に」はエマ・トンプソンが老け過ぎてて、どっちかと言うとお母さんをやった方が良いんじゃないの?ってちょっと残念作品だったのですが、背景も考えて見るとまた色んな面が見えてくるものですね。スネイプ先生も出てるし(笑)


    >通りすがり様

    「サマーストーリー」初めて知りました。
    田園風景と上流階級のセット気になります。
    探して見てみますね。

    ユーザーID:2886407726

  • ほんわかエンディングはフランス映画にもあります。

    この監督ならジェーン・オースティンものに匹敵、というのは思い当たりませんが、ジャン・ルノワール監督の「フレンチカンカン」は色彩が乱舞するラブコメです。監督のお父さんは有名な画家のオーガスト・ルノワールで「父が築いた色彩の世界にストーリーをつけて動画にしてやろう。」なんて意図して作ったのかもしれません。同監督がインドを舞台にして作製した英語の作品「河」は少女たちを描いて深い味わいのある癒し系映画です。

    それからモノクロですがマルセル・カルネ監督の「俺たちパリっ子」は男っぽい作品ですが最後の余韻がとてもいい作品です。同監督の一見メロドラマ二部作「天井桟敷の人々」は後半に合わせてヒロイン役が選ばれたので前半ではヒロインがちょっと年増ですが、ナチスの占領下で「検閲するならしてみろ。フランス人は言論の自由を守るぞ!」というメッセージがフランス人にだけにわかるように込められていてナチスの検閲にパスしたという歴史的名作です。

    それからメル・ギブソン版ハムレットでオフィーリアを演じているのは「眺めのいい部屋」の主演ヘレナ・ボナム・カーターです。若い時からすごい才能があった女優さんですね。

    ユーザーID:5929203956

  • 主です

    >いちごみるく様

    再度ありがとうございます。
    お詳しい!
    歴史的背景を考えて文章を読んだり、映像を見たりする事があまり無かったのですが、歴史的背景を知った上で原作を思い返すと面白いもんですね。ヒロインのお兄さんは軍艦に乗っていたはずだけど大丈夫だったのか?とか。
    ジェイン・オースティンの作品をジョージ4世も愛読していたらしいですよ。(半生を描いたドラマの中にも出て来ます)

    >まりりん様

    まりりん様も再度ありがとうごいます。
    ルノワールってあの印象派のルノワールですよね?
    お子さんが映画監督だったとは!
    すごいなぁ。芸術的才能は遺伝的要素が強いというのを思い出しました。
    たくさんの映画を教えてくださって本当に感謝です。
    フランス映画はあまりたくさん見ていないのでこれを機会に色々見てみますね。
    そうそう、ヘレナ・ボナム・カーターは上流階級の出なのですよね?確かおじいさんだかがイギリスの首相?とかそんな感じの。
    そういわれてみると、突飛な役でも気品を感じます。

    ユーザーID:2886407726

  • 同じ系が好きです

    英国王のスピーチはいかがでしょうか。
    舞台は主に町中ですが、とっても英国。(当たり前)
    そして俳優が豪華。
    Mr ダーシーとエリザベット、そして「眺めのいい部屋」のルーシー嬢も登場します。

    ユーザーID:7742708626

  • 横レスになりますが…

    私の発言が少々物議を醸してしまったようなので・・・

    >ジェーンが生きていた時代のイギリスは戦争がないから、雰囲気がいいのだそうですね。

    ↑この部分ですが、これは私の個人的な私見ではなく、伝聞です。

    かなり以前に見た、たしかテレビだったような気がするのですが(昔過ぎて、出どころを失念してしまいましたが)、
    小説家としてのジェーン・オースティンの紹介だったか、もしくは作品の時代考証や解説などで、
    「ジェーンの時代は戦争がなかった」だから「作品に暗い影が落ちていない」という見解でした。

    どういった意向なのかはわかりませんが、製作者側が専門家の意見を求めた上で出された見解なのだと思われます。
    視聴者として見ていただけの私はあまり気にも留めず「へえ〜そうなんだ〜!」と受け止め、
    今回もそれを疑問に思うこともなく、紹介させていただきました。

    安易な紹介をしてしまい、失礼いたしました。
    ご意見を否定するつもりはありませんが、念のため経緯をお知らせしておきます。

    ユーザーID:4705317055

  • 主です

    >かず様

    ありがとうございます。
    同じ趣味の方が居て嬉しいです。
    「英国王のスピーチ」大好きでもう2回見てます(笑)
    コリン・ファースって貴族キャラですよね。

    ユーザーID:2886407726

  • ハワーズエンドもいいですよね

    「眺めのいい部屋」ものすご〜〜く好きです。

    原作者のE.M.Forsterの本にも興味がわき、一時期嵌りました。

    (記憶違いでなければ)確か「ハワーズエンド」も原作フオースターですよね。
    映画ではヘレナ.ボナム.カーター、ヴァネッサ レドグレイブが出てて、
    いかにもイギリス!っていう感じで、しっとりしたいい映画でした。

    同じくヘレナ ボナム カーターの出ていた「Where angels fear to tread」も
    (邦題は「天使も許さぬ恋ゆえに」だったかと、、ちょっと記憶が曖昧ですが)
    「眺めのいい部屋」同様、イギリスとイタリアにまたがる話で、ちょっと
    暗いけど、いい映画だなぁと思います。

    あと「日の名残り」もいかにもイギリスっていう映画ですよね。
    私はたまたまバースに滞在中にこの映画見たんですが、
    劇場から出ても、あたりの石造りの街の景色が映画の世界の延長みたいで
    何とも不思議な感慨を覚えました。

    ユーザーID:2418361142

  • ジェイン・エアとか

    年代的に同じくらいで やはりイギリス人女性の自立を描いた作品ですが
    ご覧になりましたか?

    あとワザリング・ハイツとか。

    アメリカよりヨーロッパ作品がお好きなようですが
    最近久々に Gone with the windを見て
    あのスカーレットオハラの小悪魔ぶりに
    すっかりはまりました。

    それに関連して 漫画で申し訳ないのですが
    かの キャンディキャンディも大人になって
    読み返すと キャンディの
    なかなかの小悪魔っぷりに驚きます。

    ユーザーID:5495739112

  • 「ロミオとジュリエット」を忘れていました。

    1968年にオリビア・ハッセーとレナード・ホワイティングが演じた作品が「恋って素敵。そのために死んでもいい。」と思わせてくれる正統派でシェイクスピアの意図に一番沿っています。同作をミュージカルにした「ウエストサイド物語」では素晴らしい音楽と踊りが「青春って素敵。」と思わせてくれます。1996年にレオナルド・デカプリオとクレア・デインズが演じた現代版ではレオの演技だけが光ってます。

    ついでに各役柄別ハムレットの序列ですが、オフィーリアの演技では断トツ 一位がギブソン版のヘレナ、二位はイーサン・ホーク版の現役ハーバード大生、最下位はケネス・ブラナー版のケイト・ウィンスレット(はっきり言ってミスキャスト)です。また初演でシェイクスピアが自ら演じた重要枠役のハムレットの父王の亡霊の序列では、一位ホーク版、二位ギブソン版、最下位ブラナー版(まるで怪奇映画)です。いろいろ比較すると面白いですよ。

    以上はわたしの独断と偏見による意見でした。

    シェイクスピアの悲劇は全て死で終わり、喜劇は結婚で終わりますが歴史物の「リチャード三世」は「やった!」というカタルシスで終わるのでまずお勧めです。

    ユーザーID:5929203956

  • 主です

    >紫陽花様

    ハワーズエンド、ちょうど最近見た所でした。
    エンディング近くの話の展開には唖然としてしまいましたが、田舎の景色が本当に美しかったですね。
    「天使も〜」はまだなのでぜひぜひ見てみます。
    また「日の名残り」という映画も教えて頂いてありがとうございます。
    ヨーロッパって昔のまんまの建物や町並みが維持されてるからか、絵になる景色が多いですよね。夕方の美しさ、分かる気がします。


    >おかめさん様

    ジェーン・エア、昔映画化された物ですが子供の頃に見て以来です。
    調べたら最近もまた映画化されているのですね。
    ワザリングハイツ??って調べたら「嵐が丘」なんですね。
    これもやっぱり原作読んだのも映画も子供の頃なんで、どちらもまた見てみますね。ありがとうございます。
    キャンディが本当に私の周りに居たら・・イライザの気持ちがなんとなく分かる様な気がします(笑)

    ユーザーID:2886407726

  • 主です


    >まりりん様

    オリビア ハッセー!昔布施明と結婚してたんですよね?(笑)
    オリビアハッセーの方は子供の頃に見た様な。美しかった記憶はあるのだけど、中身は全然覚えてないので、また見てみます。
    「ホームランド」で体張ってるクレア デインズのジュリエットは駄目でしたか?
    まりりんさんはハムレットは全部見られてるのですね!すごいです。
    私はとりあえず近所の大手レンタルDVDショップに置いてる物を見るしかないので、どこまで見られるか分かりませんが、見比べてみますね。
    たくさんのおすすめありがとうございます。

    ユーザーID:2886407726

  • 私も参加させてください

    皆様があげた映画はほとんど見ています。私も重症のダウントンアビー ファンです。在米ですので、DVDでシリーズ5まですべて見ました。恋愛ものは絶対にハッピーエンドが好きです。王様のスピーチも繰り返し見ました。
    主さまのお好みが、時代物限定なのか、キャラが濃すぎない、ハッピーなロマンスがお好きなのかわからないのですが、現代物も含めてお気に召すかもしれないものをいくつか挙げてみますね。

    恋に落ちたシェークスピア:グウィネス・パルトローがすばらしい。絵も衣装も小道具もとてもきれい。

    ノッティングヒルの恋人:ジュリア ロバーツの一番初々しくきれいだった作品です。私はプリティウーマンより好きで、セリフをすっかり覚えるほど見ました。この中にちょい役で、今をときめく、ダウントンのヒュー ボネヴィルが出ています。

    カルテット:老いらくの恋ですが、マギー スミスが、ダウントンとは全くちがう役柄でとても素敵です。

    The American President:日本語のタイトルが不明です。マイケル ダグラスとアネット ベニングの組み合わせが絶妙。

    字数がつきたので、とりあえず以上です。

    ユーザーID:4045547288

  • 鑑賞できたものの感想を聞かせてくださいね。

    レオと組んだクレアのジュリエットについては印象がありませんがオリビア・ハッセーの美しさにはかないません。現代版の同作は画面がカラフルでアクション性が高いので見る価値は十分です。

    ハムレットは敢えて掲げなかった元祖でモノクロのローレンス・オリビエ版も見ていますがまだあると思います。中国映画の「女帝」はハムレットの翻案のつもりらしいですがわたしはチャン・ツーイーのプロモーションビデオだとしか思っていません。

    メル・ギブソンのハムレットはヘレナのオフィーリアに食われているとまで言う人がいますがわたしは拮抗していると思います。ただメルは悩める貴公子を演じたオリビエを意識してか、粗野な道化師の側面を強調したアクの強い演技をしています。シェイクスピア劇は今から400年前に書かれた完璧な脚本で演劇関係者が新しい解釈を思いつく度に新鮮な作品が生まれるので注目しています。

    わたしはニューヨーク在住で日本語字幕は不要で図書館でDVDを借りられるので本当に恵まれています。日本の皆さんに見てもらいたくてどうすればいいか悩んでいる作品もあります。

    鑑賞できた作品の感想を是非このトピで聞かせてくださいね。

    ユーザーID:5929203956

  • 関連作ですと…

    「オースティンランド 恋するテーマパーク」を先月見たのですが、私は面白かったです。
    でもトピ主さんももう見ちゃったかな。音楽もよかったです。一番好きなキャラは、主役の友人になる大柄な女性。

    オースティンとは関係ないですが、「英国万歳!」などいかがでしょう?
    女性より男性の登場人物が多いし、どちらかというと暗い色合いですが…。もう見てたらすみません。

    トピ主さんの見たい時代や内容とはちょっと違うでしょうが、TVドラマの「セルフリッジ英国百貨店」「モール・フランダース」もなかなか面白かったですよ。

    ユーザーID:3980715363

  • 主です

    >なつみかん様

    「ノッティング ヒル」と「恋に落ちた〜」は見ました。
    せっかく上げて頂いたのですが、内容もあまり記憶に残ってないので私の好みでは無い様です。
    「カルテット」は知らなかったので検索してみました。予告の動画を見て、これはきっと私の好きな映画だと思います。見てみますね。
    「アメリカンプレジデント」(日本でもそのまんまの様です)は今私の求めているヨーロッパの時代がかった内装の邸宅や衣装、昔の風俗風習と田舎の美しい景色は出て来ない様なので、またこの熱の冷めた頃に見る事にしますね。


    >まりりん様

    残念な事にネットで調べた所、どうも近所のショップにはメルギブソンのハムレットは無い様です。寧ろ、ローレンスオリビエ、イーサンホークはあるみたい。
    まりりん様は良い環境にいらっしゃるのですね。
    日本でも大都市だともっと色々な選択肢もあると思いますが、日本の端っこに居るのでなかなか・・
    いつになるか不明ですが、感想書きますね。

    ユーザーID:2886407726

レス求!トピ一覧