リンパ浮腫で海外旅行は?

レス17
(トピ主5
お気に入り24

心や体の悩み

きょうこ

3年前に乳がんの手術をし、半年前にリンパ浮腫を発症しました。まだごく初期の段階とはいえ、腕全体が重くだるく、小さな傷もすぐに化膿しますし、ちょっと疲れると腕の状態がとても悪くなります。今日は調子がいいから大丈夫だろう、と思っても、次の日も大丈夫である保障はありません。この症状が出てからは、自分の行動がかなり制限されているように思えます。気力も徐々に衰えてきていますし、職場で思うように働けないという自己嫌悪から、性格も変わってきているように思えます。自分に自信がとても持てません。

そんな状態なのですが、お金を少しずつためての海外旅行が、発症前からの楽しみでした。でも、こんな腕の状態で、はたして海外旅行(貧乏旅行)などしてもいいものかどうか、悩んでいます。ビジネスクラスで行く経済的余裕もありませんので、ますます考えてしまいます。

同じ病気の方、あるいは情報などお持ちの方がいらっしゃいましたら、どんなことでもいいのでお知らせいただけませんか。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8501671411

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 不安ですよね。

    私も旅行大好きなリンパ浮腫もちです。両足です。海外とは遠方ですか?私も以前はオーストラリアとかハワイとかエコノミーで行ってましたが浮腫になってもう遠方の海外は船旅じゃないと無理だと諦めてます。時間とお金ないので無理ですが。飛行機は気圧も良くないそうなので長時間は心配ですが船は関係ないですよね。いつか宝くじあたって世界一周の船旅がしたいものです。ところで近場では駄目でしょうか。アジアとか。私は浮腫になってからは沖縄と韓国には毎年行っていますが飛行機も1時間位なら、悪化はしないです。初めは不安でしたが大丈夫でした。今度はグアム位挑戦してみようかと考えてます。勿論弾スト必須ですが。個人差あると思いますが近場から試してみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:9802067651

  • 主治医の意見は?

    5年前にリンパ節郭清しましたが浮腫はありません。
    重い物を持たない、日焼けや虫刺されを防ぐ、注射や怪我をしないなど注意点が守れますか?
    リンパ浮腫の治療を受けてサポーター着用でも日常生活が辛いと難しいかもしれませんね。
    誰と行くのですか?

    ユーザーID:9362955077

  • ちょっとずつ、試しながら、が良いのかもしれません

    みるさん、レスをありがとうございました。そうですよね....友人がアメリカにいるので、何度か訪ねていたのですが、やはり10時間連続搭乗は不安ですよね...。先日飛行機(国内線)で1時間半の旅をする必要がありましたが、全く問題なく大丈夫でした。近場から、というご助言、考えてみたいと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:8501671411

  • まだ発症していませんが...

    5年半前にリンパ節を6個(片側)除去して以来、少し無理をすると腕と首がだるくなり疲れやすくなります。ゴルフなど以前は楽しんでいたスポーツにも消極的になっており、トピ主様のお悩みよく分ります。

    乳がん治療は、手術、抗がん剤、放射線、ホルモン剤とフルコースで行いましたが、リンパ浮腫に関してはどの専門医からも具体的なアドバイスが得られず、自ら医療リンパクリニックに通い、自宅でのマッサージの仕方や腕のケアを習いました。また、時間のある限りリンパドレナージュのマッサージに通っています。

    年の4分の1は海外旅行に複数回出かけるため、リンパ浮腫の予防には極力気を使っています。まず、気圧が変化する離着陸の間は、弾性スリーブを着用します。それ以外は機内で、ツボ押しグッズで手の平をマッサージ。スーツケース自体も、軽量のものに変えて、持ち運びが体の負担にならないようにします。旅行中の不意の傷や虫刺されに備えて抗生物質を処方してもらい、持参しています。

    初期のリンパ浮腫とのことですから、日本医療リンパドレナージ協会のサイトなどで情報を得られると共に、優れたマッサージ師を見つけられることをお勧めします。

    ユーザーID:7627106685

  • 気力が(トピ主です)

    レスをありがとうございます。

    浮腫の発症は、ハッキリ言ってガンの宣告そのものよりもショックでした。
    完治しない。行動が制限される。思ったように働けない。なのに人にはわかってもらえない。
    非常に神経質に毎日生きています。もちろん、抗生物質は常時携帯していますし
    小さな傷や火傷、日焼け、虫刺されにも注意し、マッサージその他のケアもしています。
    でも、時々、一生ケアし続けなくてはならない状況に疲れてしまうのです。


    発症以来、筋肉も落ち、そのため体のバランスも悪くなり、最近では肩の関節も痛いです。
    落胆のあまり、片頭痛や顔面麻痺、不整脈なども現れています。

    そのうえ海外にも出かけられないのか、と思うと、最近は鬱のようになっています。
    仕事上読まなくてはならない文書など、頭に入ってこないこともあったりします。

    オリジナルのトピックの「海外旅行はどうでしょうか」からはかなり外れてしまいましたが、
    きっと私はこういう愚痴をここに書きたかったのかもしれません。
    失礼しました。

    ユーザーID:8501671411

  • 手術は考えていませんか?

    私は5年前に乳がんの手術をしリンパ浮腫のリスクを最小限にするためにリンパ管静脈吻合術と言う手術をしました。
    先生からは引越しのような荷物は持たないようにと4時間以上飛行機には乗らないほうが良いと言われました。
    基本的に形成外科で手術をします。東大と岡山大が一番有名です。今は結構多くの病院でしていると思います。

    ユーザーID:2681630122

  • 私もです。

    きょうこさん私もです。癌宣告よりも浮腫になった時のほうが落ち込みました。鬱状態になって長い事引きこもりました。本当になった者にしかこの辛さわかりませんよね。でもあれから数年今は凄く元気です。勿論治りませんから色々制限ありますが。。私も吻合手術悩み中です。でも吻合術受けて治ったという人聞いたことないんですよね。完治するなら受けたいところですが。

    ユーザーID:9802067651

  • 再び

    みなさまありがとうございました。
    みるさん、ご自身の体験をお話しくださってありがとうございました。
    今は元気です、という言葉に、とても励まされます。
    最終的に手術がある、というのは救いではあります。
    どのくらい実績がある手術なのか、まだ待つところは多いのでしょうけれど。


    先日、リンパ浮腫の相談会のようなものが開催され行ってきましたが、
    搭乗に関しては下肢の浮腫の方が深刻である、というお話がありました。
    いわゆるエコノミー症候群の危険性がもっとも強調されており、
    そこに気を付けている限り、こまめに機内で体を動かしたりマッサージしたりして
    いれば大丈夫、というお話でした。

    しかし、kikiさんのおっしゃるように、気圧の変化など不安要素もあり、
    どこまでがOKでどこからがNGなのか、とてもわかりにい病状であると思います。
    4時間以上飛行機には乗らない方がいいのですか.... また悲しくなります。

    すみません。たびたび愚痴をこぼしております。

    ユーザーID:8501671411

  • 楽しんできてください

    医療リンパドレナージセラピストをしているものです。
    気圧の変化がリンパ浮腫に影響を及ぼすというのは聞いたことがありません。
    下肢のリンパ浮腫の方の長い間のフライトがあまり良くないというのは、
    長時間足を下げたままにしておくことによる循環不全による浮腫の悪化を意味しています。
    飛行機に乗ること自体が悪いということではありません。
    上肢のリンパ浮腫の方はフライトそのものよりも、腕に負担をかけない工夫、
    ・重い荷物は先に送り、手に持たない
    ・弾性スリーブの着用(処方されているものがあれば)
    ・リュックサックや締め付けの強い下着は避ける
    ・ケガなどから皮膚を守るため長袖、念のため手袋も着用
    ・疲労をためすぎないよう日程を配慮
    などすれば、特に旅行の制限などは必要ないと思います。
    リンパ浮腫があっても、工夫でカバーできることはたくさんあります。旅行楽しんでくださいね!

    ユーザーID:6719515163

  • 愚痴どうぞどうぞ。

    浮腫は人に話しても何それ?気のせいじゃない位の感じでまったく理解されませんよね。確かに見た目太い人に見えるだけですし。いのちに関わるわけでもないし、そもそも知られていませんしね。実際私も自分がなるまで全然理解できませんでした。治らない病気だし、生活に支障があるし女性としても見た目が変わる悲しい病気だと思います。私は浮腫仲間が出来て愚痴言い合えて大分気持ちが楽になりました。きょうこさんも良い仲間が見つかれば良いですね。後楽しい事沢山出来ると良いですね。それと完治する治療方法が開発されるといいな。でも無理かな。。

    ユーザーID:9802067651

  • 飛行時間について

    長時間乗る場合は前もって事情を話して余裕のある座席を取って動かすようにとも言われています。多分先生はリスクを出来るだけ回避するために助言して下さっていると思います。
    手術の件ですが、いろいろな意見はあるようですが、リンパ浮腫が進んでいる人は余り効果がないようです。但し、発症前(私は術後すぐしました)の場合はかなり期待できる数字があるのでするのであれば早い段階がいいそうです。
    この手術は日本発で今ではアメリカでもしているようです。

    ユーザーID:2681630122

  • お気持ち判ります!

    私もトピ主さんと同じく3年前に乳癌の手術をし、リンパ浮腫歴は2年近くです。
    リンパ浮腫、落ち込みますよね。
    激しい痛みがあるわけでもなく、ただ腕が太くなって重だるくなるだけ。病気ですらない。なのに、3年経って生活が落ち着いた今、「浮腫さえなければ病気前の自分に戻れるはずなのに・・・」と思って鬱々としてしまいます。
    私は初期症状ではなくかなり進行して、腕全体と肩周りまで浮腫みがありますが、逆に重い圧迫感は無くなり不快感は無くなりました。
    外科的治療はハッキリした効果が無いとは聞きますが、最後の砦であることには変わりないと思います。
    海外旅行ですが、私なら行きますよ!乳癌だけでも予定外の出来事だったのに、リンパ浮腫に人生の楽しみを邪魔されたくありませんもの。
    スリーブ着用だけでなく、肩周りをよく動かして、席では壁などを利用して腕を高く保つ等工夫して頑張ってください!
    手術を乗り越えて生き抜いたんですから、頑張った自分に御褒美をあげてください。たとえ国内で普通に生活していても、浮腫の悪化はおきる時はおきますしね・・・。一生続く浮腫のために、一生楽しみを我慢したくないですもん!

    ユーザーID:8979063865

  • レスします。

    下肢リンパ浮腫で東大病院形成外科でLVA(顕微鏡下リンパ管細静脈吻合術)を受け、10年近く状態が安定している者です。

    >初期の段階とはいえ、腕全体が重くだるく、小さな傷もすぐに化膿

    既に症状がおありなので、スリーブは必須です。
    圧迫することでだるさも多少は軽減される筈です。

    >発症以来、筋肉も落ち、そのため体のバランスも悪くなり、最近では肩の関節も痛いです。

    浮腫は脂肪が多いと悪化しやすいのです。
    更に蜂窩織炎を起こすと間違いなく悪化します。
    圧迫をした上で筋トレをすることを薦めます。
    筋肉を付ける事でリンパ液が溜まる部分(脂肪)を少なくし、そして圧迫と筋肉の動きでリンパ液を排出する(ホースで水を撒く時に、ホースの口をギュッと握ると水の勢いが増すのと同じ原理)のが目的です。

    私はLVAを2度受けていますが、普段は着圧ストッキングのみでマッサージなしの生活。
    週末はテニスそれなりにハードに楽しんでいますよ。
    浮腫だから何も出来ないのではなく、浮腫と相談しながら出来ることを探すのです。

    発症して早い内にLVAを受けるのは有効ですよ。
    諦めないで!

    ユーザーID:1640188865

  • ありがとうございます

    体調を崩し、ネットできないでいるうちに、みなさまからのあたたかいレスがいっぱいになっていました。ありがとうございます。

    「リンパ浮腫に人生の楽しみを邪魔されたくない!」

    そうだ、その通りだ、と思いました。ここにコメントをお寄せいただいた方すべての思いだ、と感じました。

    まだ症状が進まないうちならば、手術も有効であるという情報や、あきらめないで、旅行は注意事項を守って楽しんできて、という涙が出そうなお励ましや、愚痴オッケー!との懐の深いお言葉、本当にありがとうございます。


    実は私は独り暮らしで、小さな心配事もどんどん増幅してしまう心の状態です。再発したら、浮腫が悪くなったら、と。
    100%健康な状態にはもう戻れませんが、それでも、好きなものを食べて、好きな番組を見て、好きなところに出かけて、毎日仕事ができて、暮らしていける、という幸せを、もういちど確認して生きなくては、と思います。

    ユーザーID:8501671411

  • 嬉しいです

    はたはたさん、飛行機の気圧は浮腫には問題ないのですね。嬉しい情報有難うございます。気圧はどうしようもないので私も長時間の飛行機は無理と諦めていたので嬉しいです。ということは飛行機の空いている時期でしたら動いたり足伸ばしたりできるので大丈夫かもですね。もしくは宝くじでもあたればフルフラットのファーストクラス!!

    ユーザーID:9802067651

  • 海外旅行、行ってください

    昨年8月に手術(含リンパ節郭清)、化学療法、放射線療法を経てこの4月末にリンパ浮腫を発症しました。

    乳がんの治療は大変だけれど終れば過去の物となるのに対し、浮腫は一生付き合っていかなければならないのに認知度が低い。すべてのがん治療が終わったと思った途端に発症するのも酷ですね。

    海外在住ですが、リンパ浮腫専門セラピスト曰く長時間の飛行機搭乗が浮腫を悪化させるのではなく、長時間動かないことが悪化の要因だということです。居間のソファに10時間座っていても浮腫みはひどくなります。なので飛行機に乗っている間もできる限りエクササイズをすることが大切だそうです。そして搭乗時には弾性スリーブを着用(手も浮腫む場合は弾性グローブも)。私は7月中旬に10時間の飛行機を2回乗り継ぎヨーロッパに行きます。医者、セラピスト共にスリーブ/グローブの着用、エクササイズ、水分を十分取るようにとのアドバイス、そして旅行を楽しんでくるように言われました。患側が通路になる席を予約し消燈後も腕のエクササイズをするか患側が窓になる席で腕を高い位置に置くかは悩むところですが。海外旅行、行かれない理由は何もありませんよ。

    ユーザーID:1309183966

  • 希望

    みなさま引き続きレスをありがとうございます。

    しっかりケアすれば海外旅行OK!! というご意見とご助言が多く、本当にこちらで尋ねてみて良かったです。

    リンパ浮腫勉強会でも、一番悪いのは同じ姿勢でいること、と言われます。みるさん、お互い希望が見えてきて、良かったですね! 浮腫になって以来、希望なんて持てずにいましたが、とてもいい気もちですね、なにか楽しみなことがあるっていうのは!

    ユーザーID:8501671411

レス求!トピ一覧