百鬼夜行抄

レス27
(トピ主3
お気に入り63

趣味・教育・教養

白嵐

子どもの頃から漫画好きでしたが、中年になってから新しい漫画は
テクニックはうまいのですが、うるさい感じがして遠ざかっていました。
内容にもついてゆけなくて。

ガラスの仮面はもうあきらめました。。

ところが数年前ふと出会ったこのホラー漫画「百鬼夜行抄」に
すっかりはまってしまいました。

漫画評論家も言っていますが、駄作がない。

絵もきれいだし、話もうまい。伏線の置き方が絶妙。夜読むとこわい。

海外に住んでいるので、帰国時に買ったりネットでとりよせたりしています。
全部揃っていないので、話がわからなくなるとがあり、早く全部読みきりたいです。

私が好きなのは、尾白尾黒はもちろん、犬男、尼さんの妖怪です。

この漫画が好きな方いらっしゃいますか?

ユーザーID:4257517340

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大好きです

    といっても、途中まで読んでご無沙汰してしまっていますけど。
    また、読みたくなってきました!

    こういった世界がお好きであれば、波津彬子さんの
    「雨柳堂夢咄」はお読みになってますか?

    ユーザーID:2922353107

  • はーい!!

    「百鬼夜行抄」大好きですー。

    新刊を楽しみに待っている漫画家はこの人だけです。
    最初はカラー絵の美しさにひかれての購入でした。

    私は三郎さんが大好きだったのですが、にわとりになっちゃいましたね・・三郎さんカムバック!
    尾黒・尾白コンビもいいですよね。
    他には、
    本来は自分の不運なのに周囲の者に無自覚に振り分けて無事に生きている女性の話が印象に残っています。

    作者の今市子さんはささやななえさんのアシスタントをされていたそうで、なんとなく共通点がありますね。
    すごく上手だけど今の10代には受けない絵かなあ。

    他の作品では
    「懐かしい花の思い出」「孤島の姫君」「文鳥様と私」「砂の上の楽園」「岸辺の唄」
    etc・・

    私は、BL漫画はエロシーンが強烈すぎて直視できないのですが、
    今市子さんのBL作品はほとんどエロシーンないので読めます。
    ストーリー、脇役の女性キャラ、それぞれ面白く含蓄深い。
    子どもにこの面白さはわかんないだろーなーと思って読んでいます。
    抵抗なければぜひ。

    ユーザーID:5539230989

  • 私も好きです

    絵が綺麗ですよね。

    青嵐が好きだったのに、出番が少なくなって寂しいです。

    ユーザーID:5996035640

  • 手元にはないのですが・・・

    姉が買っているので私も読ませてもらっていて、とてもハマっています。

    私もこの百鬼夜行抄は別格だと思います。
    ホラーと言うよりも切なかったり、じわじわジトジト怖い。
    絵も綺麗だし、丁寧に作られているし、話もねちっこくなく淡々と流れていくし。
    人間の良い部分、悪い部分が混在していて、それはそれとして一刀両断で断罪しないところが良いような…。

    私は律のお祖父さん「蝸牛」の若かりし頃の八重子さんとのエピソードが好きです。
    あとは晶ちゃんと三郎さんが良い形に収まらないかな〜と思ったりしながら読んでいます。
    タイトルを忘れましたが、双子として生まれたのにお母さんにも知らされず育った子供たちがそうとは知らずに再会した話が切なくて。

    エピソードがたくさんあるので、読んでいると前の方をまた読みたくなって、エンドレスになるんですよね。

    ところで、美内すずえ(ガラスの仮面の作者)の話題が出ていたので、余談ですが、
    (百鬼夜行抄の雰囲気とはまったく違いますが)、「白い影法師」「黒百合の系図」「妖鬼妃伝」などもホラー作品としては激コワでお薦めです。

    ユーザーID:7209888745

  • 好きですよ

    面白いですよね。私は文庫版しか買ってないですが、確か一話めがもともと読み切りだったのではなかったかな。だから文庫版の一話の律のお父さんが(中身も父)で、以降の話(中身は妖怪)と繋がっていないので、はて?となりました。

    ユーザーID:7955680581

  • 今市子さん

    面白いですよね!
    文庫の方を全巻持っています。
    私はやっぱり律が好きですね!

    この方の他の作品も面白いものが沢山ありますが、割とBL寄りのものもあるので、苦手じゃなければ読んでみてください。

    ユーザーID:1191913532

  • はい、大好きです。

    全巻揃えて持っています。

    面白いですよね。
    律と司の仲も、気になるところです。

    ユーザーID:4154809148

  • ここで教えてもらいました

    私も好きです。
    しかも以前、小町でおすすめの本を教えて欲しいというトピを立てた時におすすめされて読み始めたのですが、すっかり嵌ってしまいました。
    司に彼氏も出来たし、青嵐とはなんとなく距離が出来てるし、律はどうなって行くのでしょうねぇ。

    ユーザーID:3119939267

  • 大好物

    ミスリードが上手なので、さらっと読み飛ばされそうなのが、逆にもったいないと感じます。
    もう少しページに余裕を持って描いたら、さらにすごくなりそう。
    蝸牛と八重子おばあちゃんの若いときのお話が大好き。

    ユーザーID:1126143024

  • 昔から読んでます

    この作品も長いですよね。私が小学生の時から読んでましたもん。
    一つ一つ物語が丁寧に仕上げられていて好きです。現在この作者には、他にも連作があったはずなので、よほど速筆で話を練るのが上手な方なんだろうな、と思います。百鬼夜行抄も良いですけど、ファンタジー作品もすごく良いですよね。
    しばらく読んでいなかったので、久しぶりに奥の棚から引っ張り出してこようかなと思います。

    ユーザーID:9376203497

  • Kindle版ありますよ

    私も大ファンです。
    海外駐在の時には帰国のたびに探して買っていたのを思い出しました。
    重いのに何冊もスーツケースに入れて運んでたんですよね。

    最近はネットでKindle版があるのはご存知ですか?
    場所も取らないし、どこにでも持ち歩けるので便利です。
    紙の良さも捨て難いのですけれどね。

    ユーザーID:9143626774

  • 今年読みました

    タイトルはずいぶん前から知っていましたが読んだことがなく
    今年になって電子書籍で1巻を借りてみたら面白くて止まらなくなり
    21巻まで一気に読んでしまいました。
    22、23がまだレンタルになっていないので
    コミックスを買おうかどうしようか、とても迷っているところです(笑)
    今後の律と青嵐、飯島家の人々、尾白と尾黒…とっても気になります。

    あと、文鳥が好きなので「美しき獣たち」も読みました。
    「文鳥様と私」も気になってます〜。

    ユーザーID:0604957685

  • 初期は文句無しに面白い

    今市子さんの漫画は全部読んでいます。

    百鬼夜行抄も大好きなのですが、ここ数年はあまり面白いと感じなくなりました。
    複雑すぎる話が多くて、私にはなかなか理解できないのです。

    初期はすっきりまとまって、とても面白かったのですが…
    絵もかなり劣化してきたと思います。

    それでも好きなので単行本が出ると買ってしまいます。
    もうすぐ新刊が出るので楽しみです。

    ユーザーID:4344466682

  • トピ主です

    同好の方がいらして嬉しいです。

    波津彬子さんの「雨柳堂夢咄」はまだです。早速取り寄せてみます。
    「白い影法師」「黒百合の系図」「妖鬼妃伝」は美内すずえですか?ホラーを描いていたとは。

    >>重いのに何冊もスーツケースに

    それが今の私です。

    >>最近はネットでKindle版があるのはご存知ですか?

    なにしろアナログ人間なのでそういうことに疎くて。。
    紙の本が性に合っているんですが、夜一人でいると本から何か立ち上ってきそうで怖いんです。

    八重子さんエピソード好きな方が多いようですね。霊感のかけらもない
    八重子さんですが、最近はちょっと違うような気もします。
    開さんと占い師矢代がでてきて、展開が変ってきましたね。

    青嵐は契約が切れて律と微妙な関係になってきました。

    ささやななえさんと画風似ていましたっけ。確認してみます。

    今市子のほかの作品はまだ見ていません。BLもあるんですね。

    ところでお母さんは、わかっているのか、そうでないのか。
    私はとぼけているんだと思うんですがどうでしょう。

    あ〜っ 早く抜けている話を全部読みたいですっ

    ユーザーID:4257517340

  • 難しいよね

    難解だけどわかり易い話が好きなのですが
    わからないまま終わる話もあり

    誰かにわかり易く解説してほしいです

    ユーザーID:6652340079

  • もうすぐ

    24巻発売です
    予約しちゃいました

    楽しみですね

    ユーザーID:3331098265

  • ネットで

    Yahoo!の電子書籍で購入して読んでます。
    実本とタイムラグがあるのが難点ですが、外出中でも読めるので便利です。

    さて「百鬼夜行抄」ですが登場人物の書き分けが出来てなくて、人認識能力が落ちている私は少し困ることがあります。
    絵は綺麗でお話もそんなに怖くないのですが、その中で何巻かは怖くて確認もしたくないのですが、人形の家が怖かったです。
    蔵の中にぶら下がっている人形、律たちは逃れられたのに逃れられなかった一族の人・・・ぞぞぞっとしました。
    救いのないのが、怖いのです。
    尾黒・尾白コンビがホッとしますね。
    「美しき獣たち」「文鳥様と私」を読んでいると、文鳥が可愛くて欲しくなってしまいます(止めてますが)

    ユーザーID:3732520491

  • 最新刊

    最新刊発売されましたね。

    やっぱり面白いです。

    途中まで文庫でそろえていましたが、先がすぐ読みたくて単行本を買うようになりました。表紙がとても綺麗ですよね。特殊紙使っていて。


    たしかに話が分かりづらいのですが、何度も読み返す楽しみがあります。ミスリードを誘っているのでしょうか。

    ただ今回はどの話も締め方がもうちょっと…あと1,2頁あればいいのに。
    でもやはり面白くて。
    絵も綺麗です。着物を描かせたら当代一じゃないでしょうか。

    過去の作品では「マヨヒガ」が特に怖かったなあ〜
    おばあちゃんの若い頃の話が特に好きですね。
    司ちゃんとホッシーの組み合わせはちょっと。
    律と一緒になって欲しいです。

    ユーザーID:5156521278

  • 最近はすこし、、、

    私も以前ははまっていました。はまり過ぎて律と司ちゃんが夢に出てきたくらいです。(彼らはマンガで私は実写で登場。一緒に遊園地にいく夢でした、、ヘンなの)
    ただ、とびがえる様のおっしゃるとおり、最近は絵が荒れてますよね
    登場人物の顔が一定していないので、かなり読みずらいです。
    ハナシの筋もなんかキレがないような。雑誌のネムキをずっと講読してたのですが、やめてしまいました。
    すごく好きだったのになー、残念です。
    トピ主様に水をさすようなレスになって申し訳ありません。

    ただ、どなたかも書かれてましたが、雨柳堂〜は面白いです。
    こちらもはじめから読んでます。作者の波津アキコ(←漢字が出てこない)さんは今、“月刊フラワーズ”で新シリーズをはじめています。不思議な古着屋さん(和服の)が舞台の物語です。
    雨柳堂シリーズの現代版みたいなカンジでこちらも面白いですよ。
    ご興味がおありでしたら、是非

    ユーザーID:0085112003

  • 劣化??それは違うと思う

    絵が劣化していると言うコメントには賛同できませんねえ

    最初の一作目は確かに違いますが

    荒くなったんじゃなくてすごく上手い、洒脱で手が早い方なんですよ

    話が複雑な分、よく読まないと飯島家以外の登場人物がわかりづらい
    と言う事は感じますが、絵が雑になったわけじゃないと思いますよ
    相当に描き分けの出来る方だと思います

    ユーザーID:5156521278

  • トピ主です

    新刊が出ていたとは、ニュースです。

    背景、コマ割り、伏線の張り方など完璧なんですが、
    確かに顔が識別しにくいです。

    最初は血が繋がっているから、と思っていましたが、
    他人でも司ににている人が多いですね。

    みんな鼻の下が長いのはどうしてかと思ったら、口角が
    下がった顔が多いんです。

    蝸牛の家とか、古い家はうまいのになぜか自動車だけが???です。

    ときどき「テルマエロマエ」に出てきたような男性顔があるのは
    アシスタントさんが描いているのかな。

    こわかったのは、他の方も書かれてる人形の家はもちろん、
    子どもを縛った縄の話も夜読めません。

    実際に化け物を書かず、もわーとした恐怖感は日本の階段特有のものですね。
    「リング」もそれを出しています。

    私はまだ全部読んでいないのですが、犬男や陶器の獅子は
    再登場しているんでしょうか。

    早く未読のものを読みたいです。わくわく

    ユーザーID:4257517340

  • 大好きです

    数年前漫画好きで話が合った近所の人から貸してもらってはまりました。
    1年くらい前にまた凄く読みたくなってついに文庫本を大人買いしました(笑)
    大学生の娘もはまり、よく百鬼夜行抄の話題で盛り上がります。
    今では私の姉、姪っ子、娘の友達みんなはまっています♪
    それだけ魅力のある漫画なんだなぁと思います。
    漫画というか小説並みに読みがいがあります。

    世の中の少し不可解な事件や出来事を見ると百鬼夜行抄が頭によぎります(笑)
    古くからの言い伝えや祭りや行事には意味があるんだなぁとかいろいろ考えさせられこともあります。

    私も八重子さんの話が好きです。
    尾白と尾黒に癒されますね。
    猫のアカを結構大事に飼っているのもおもしろい。

    最近は私の理解力が年とともに低下してきたのか何度も読み返したり娘にこれはどういうことか?と聞いたりする話が多くなってきましたが(笑)
    でもやっぱりおもしろい。

    最近は青嵐のことが気になります。

    ユーザーID:0584737870

  • 新刊24巻読みました。

     毎回、凝った構成で一度読んだだけでは理解しづらいです。2度目にああそういうことだったのかと。ページ数の関係で細かい描写に制限があるのかしら。
     ひとつだけ気になるとすると、従妹婚です。いとこの司が律のお嫁さんなんて血族婚になるのでまずいのではといつも思ってしますます。法律では認められていますが、遺伝学的にはよくないと思います。今先生が、インタビューで姉弟のような関係と答えてらしたのでないと思いますが。今回は、絵表紙に大好きな「昔話の深層」故・河合隼雄先生の著書が描かれていたので嬉しかったです心理学の勉強で何百回も読んだので。律は、大学で心理学を専攻したのかしら。

    ユーザーID:7610927306

  • 鬼の面

    全巻大人買いしました。
    一番は 鬼の面です。
    いろんな人を巻き込みながらって人いますよね。

    ユーザーID:7202320597

  • トピ主です

    まだレスをつけてくださる方がいて嬉しいです。

    櫻が人を食う話で、律が中年になっている写真が後ろ姿でありました。
    (中年風の背中になっていました) そのとき司も写っていたので
    もしかしたら結婚したのかな〜と思いました。

    他の作品でも、完全に否定はしていませんよね。

    石田鶏はどうなるのか。

    青嵐は律を守り続けてくれるのか。

    お母さんは本当はわかっているのか。

    床下の守り神おじさん、カンザシに付いてきた石の獅子、犬男、
    冬至に来るお宝おばさん、たちもレギュラー出演してほしいです。

    ユーザーID:4257517340

  • へぇ・・・


    読まないかな、犬夜叉とか、それに沿うような話を、広げたマンガや映画の方が、グッとくるし、ずっとおもしろいもん。

    確かに原本には触れたいけど、学者じゃないしね。南総里見八犬伝とか、八雲のお話や、まあ漫画本のカムイ伝はまあまあ、あずみとか、もっと現代に近い方がいいな。

    画の上手さとか気になり、他の漫画家さんと比較したり、話に集中出来ないのは嫌ですね。



    ろくろっくびとかは、童話で十分、うたうしゃれこうべは落ち武者、けれど、竹が伸びて骸骨がカラカラ、ひゅーひゅー・・・

    桜の花は、人の血を吸って、勿論亡骸でしょうけど、切腹かも、自害か判りませんが、昔から美しく咲くと云われているよう・・・


    付随する話をいくつか漫画、本等読んでますが、思い出せません・・・



    思い出したら、また、色々読もうかなあ・・・

    ユーザーID:8801785120

  • 久しぶりに掲載紙を購入して読みました

    青嵐の護法神の契約が切れたようなのですが、何年も読んでないので経過がさっぱり分からず?
    お話しそのものは、相変わらず背中がひんやりするものでしたので、真夏に読みたかったです。

    ユーザーID:4001268282

レス求!トピ一覧