共感覚という言葉を知りました。

レス72
(トピ主6
お気に入り499

心や体の悩み

未知

たまたま、共感覚という言葉を知りました。
私は子どもの頃から、数字や平仮名、漢字には『色』がついてました。
そして、人にも色が見えます。 上手くは言えませんが、その人のカラーが見えます。
もうひとつは、サバンのように数字は8桁くらい、文字は短い文章及び漢字は瞬時に写真のように 記憶出来ます。
覚えるための勉強はした事がありません。

今現在、50半ばになりましても 文書で回ってくる仕事には支障はありません。
もし、同じような共感覚の持ち主の方がいらっしゃれば お話をお伺いしたいと思いました。
私自身、小学高学年に一度、高校卒業時に一度、仲の良い友人に話しても 「ふ〜ん」くらいの反応しかありませんでした。

私自身も、生活に支障もなく生きて来ましたが たまたま、私と同じような感覚の方もいらっしゃるらしいので もしこちらを御覧の皆様の中で 感想やご意見がありましたら、頂きたいと思いました。

ユーザーID:3103603613

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数72

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • この本でしょうか

    『僕には数字が景色に見える』という本の筆者が共感覚の持ち主だそうです。ダニエル・タメットという方です。

    共感覚は、多少なら誰にでもある感覚らしいですが、中にはトピ主さんや上記の本の筆者のように顕著な方もいらっしゃるとか。

    もしお読みでなければ、一度読んでみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1110740762

  • たしか

    タレントの中野祐太さんが共感覚の持ち主ですよね。
    音に色が付いているとおっしゃてたような…
    テレビでご本人が話しておられましたよ。

    ユーザーID:7497082455

  • 素晴らしい能力です

    共感覚は大学の心理学の授業で習って、芸術家にはそういう能力がある人がいると知りました。

    その時は、そういうものか、と思いました。

    その後、大学院時代に研究していた英詩人の研究会で、その詩人は共感覚があった
    のだ、それゆえに、このような詩が書けたのだ、一部の研究者から難解で、
    訳わからない表現だと酷評されてきたが、その詩人は共感覚で書いた表現
    なのだという研究発表に大変感銘しました。

    天才詩人は音に色を感じ、素晴らしい作品を残しました。

    その時にV.S.ラマチャンドランの『脳のなかの幽霊』という本の紹介がありました。

    主さんも読んでみられたらいいですよ。

    共感覚を持っていらっしゃるなんて素晴らしいですね。
    一つの天才的な能力ですね。

    ユーザーID:3675440253

  • 本で読んだことがあります

    「マンゴーのいた場所」という児童書の主人公、ミアは
    共感覚の持主です。マンゴーというのは猫の名前。
    私は猫が好きなので、たまたまこの本を手にして、
    共感覚のことを詳しく知りました。
    もしかして、トピ主さんもこの本で知ったというのなら
    今更ですが。

    共感覚については、まだあまり
    知られていないように思います。
    サヴァン症候群や難読症のように
    社会的認知度が上がれば、救われる人が
    増えるのではないでしょうか。

    ユーザーID:9803941216

  • 先日、テレビで見ました。

    NHKのコント番組「LIFE」の中のコーナーでやっていました。

    トランクドラゴンの塚地さんが共感覚をお持ちのようで、東大の研究室に行って検査していましたね。
    塚地さんのマネージャーも共感覚の持ち主でした。口に出さないだけで、いるんですね、特殊能力(?)をお持ちの方。

    100人にひとり位の確率で共感覚をお持ちの方がいると知り、私も持ちたかったなぁ〜と思っていたのです。

    ユーザーID:2263752734

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 音にも

    聞いた話ですが、音にも色が付いて見える人がいるそうです。
    ライブは色の洪水とか。

    それから、人の背後にオーラが見える知人もいます。私は白いオーラだと言われました。
    その人の状態によって色は変化すると言っていたような気がしますが、記憶は曖昧です。

    本人は霊感だと思っているようですが、これも共感覚なのかも。

    ユーザーID:6514307870

  • 活字を見ると気持ちよくなる

    音に決まった色が配置されてるとかもよく聞きますね。
    脳の情報受け取り口がちょっと独特だとか。

    うちの息子は、よくいる視覚優位の子なだけかもしれませんが、
    活字(漢字が特に)を見る(読むんじゃない、絵のように鑑賞するらしい)とウットリと気持ちよくなるらしく、
    幼稚園の頃から大きい綺麗な見出し活字の漢字辞典ばっかり見てました。

    褒められても、叱られても、漢字を見ると心が落ち着くそうで、
    怒られたり褒められて照れくさかったり、イライラしたりのときは、
    ふいっと消えて自室で漢字辞典を見ていました。
    泣きながら辞書を見に走ることもよくありました。
    とても辛いと居ても立ってもいられない、漢字を見ないと収まらないとのことで。

    何かこう、視覚情報に、別の感覚が付随していたようです。
    小六の今はそういう執着の仕方はあまりしないようですが。

    ユーザーID:1001591522

  • 少し似てますね。

    こんばんは、ハッピーです。

    少し似てますね。
    人やモノに色だけじゃなく温度も感じませんか?。

    わかりやすい所で、松岡修造さんとか、暑く感じるよ。
    貴方の感覚だと深紅かな?

    金属は基本冷たく固くて、黒、茶って感じ。

    もうひとつのは、いわゆる。カメラアイ。

    私はカメラアイじゃないけど、本を何度も読んでると、目の裏に焼き付いてくる感覚はあるんだ。
    絵>マンガ>活字 の順で覚えやすい。

    「星の王子様」なんかだと、王子様の肖像画。バオバブの絵。キツネの絵が出てくる。

    その後、文字だと「ここにこそ大いなる神秘がある。」
    「でも、それがどれだけ重要か大人にはわからないだろう!」
    「お願い、羊の絵を書いて」
    みたいな感じでページとは関係なく、印象的な言葉が出てくるね。

    私はこんな感じ。
    では失礼します。

    ユーザーID:1533071982

  • 上の子

    17歳になる上の子がやはり共感覚の持ち主です。文字数字、音にも色が見えるとか。私はつい最近、そのことを知りました。彼自身は学校で「そういう感覚がある」ということを聞いて「ええっ他の人には見えないとは!」とびっくりしたそうです。

    ユーザーID:6540823865

  • 過去トピ:暗算。数字が色と模様で頭に浮かぶという夫

    2008年5月に立てられたトピです。
    ご存じかもしれないと思いましたが、かなり前なので念のためタイトルを貼っておきます。

    共感覚をお持ちの方々のコメントが書かれていますよ。

    トピタイトル=「暗算。数字が色と模様で頭に浮かぶという夫」

    黄色い声、と言う表現がありますよね。
    これを読むまでは、私はただ単に色から受けるイメージからの表現と思っていましたが、
    実際にある音がある色と一緒に感じられる人がいるのだ、と感動しました。

    ユーザーID:9422795256

  • ありまーす

    子供のころから音楽や数字、単語、人の名前、性格が色で見えていました。
    例えば、私の名前はフルネーム(漢字)だと紺色なんですが苗字だけだと朱鷺色、
    下の名前だけだと朱色になります。自分でとても気に入っています。
    そんな感じで、新しいクラスになると人を色でカテゴライズや記憶をしてました。
    名前の音を聞いた時の色、漢字を見た時の色、話して性格の色、だいたい同系色なので
    名は体をあらわすとはよく言ったものだなあと思います。

    血液型と性格には因果関係はないとよく言われますが、私に見える同じ色合いの性格の人が
    同じ血液型である事が多いので、個人的には因果関係あるんじゃないかなと思っています。

    生活に役に立つことはないですが、ずっとそうなので親しい友人は知っていて、私は美大生
    でしたが、音大生の友達は私に声楽を聞かせて視覚化させて遊んでました。
    クラシックは特に色が鮮やかです。

    これに「共感覚」という名前があるのを、就職してから同僚の中に大学で心理学を専攻して
    いた人がいてそのときに初めて聞きました。
    なんでも、100人に一人くらいはざらにいるそうでそんなに珍しい特徴でもないみたいです。

    ユーザーID:1172222941

  • 音に色が見える世界

    2009年に岩崎純一さんの新書で知りました。
    不思議な世界ですよね。私には全くそんな能力はありませんが、興味はあります。

    ユーザーID:9768805669

  • なるほど

    共感覚という言葉があるのですね!

    天才にはよくあることかもしれません。

    共感覚にはいくつかの種類があるそうですが、私の場合は
    「数字が地図化される」というのに僅かに合致するかもしれません。
    (といっても、極めて単純なものですが・・・)

    このような感覚は他人には異常と見えるかもしれませんが、内にしまっておく分には害はありません。
    むしろ知らないうちに物事がスムーズに処理され、陰で役立っているということが多いのではないでしょうか?

    ユーザーID:4931797488

  • そうだったんだ

    共感覚と言う言葉、初めて知りました。

    子供のころ、うまく表現できなくて困っていました。ある日、クレヨンが並んでいるのを見て「これだ。」と思いました。

    そして、「よく、わかったな。」と妙に納得したのを覚えています。3歳でした。

    中学生くらいまで、人に色が見えました。国語の先生の強い緑色をよく覚えています。親に言っても信じてもらえませんでした。

    大人になって、忘れかけていました。でも、「私はちょっと、おかしいかも。」と思っていたので、安心しました。

    そう言われれば、文章は見れば一瞬で理解できます。「ちゃんと読んでる?」「ちゃんと読んでよ。」とよく言われます。

    ただ読むのが早いだけと思っていましたが、そういうことだったんですね。アラフォーで初めて知りました。妙に納得です。

    あと、ドレミの歌がクレヨンの並びと似ています。その曲がかかると虹がかかるように見えます。単なるイメージかと思っていましたが、共感覚というものだったんですね。

    すっきりしました。ありがとうございます。

    ユーザーID:5081290137

  • レスします

    私も先日のNHK番組で知りました。

    時々「人のオーラがみえる」と話す人がいますが、あぁこのことだったのかと思いました。
    「あの人はピンク、この人は緑」とか本人は本当にそう感じていたんですね。

    ユーザーID:3126348233

  • 私もです。

    20年以上、人は皆数字やアルファベットに色がついて見えているものだと思い込んでいました。
    発覚したのは結婚してから。
    とある靴下を見ながら「7と4の倍数みたいな色だよね。かわいい。」と夫に言ったら、ものすごく不思議な顔をされました。
    「あ、この人理系出身だから解らないんだ!」と衝撃を受けました。
    それでも、この時点で『ある程度美術系の人は見えている』と思っていました。
    (私は美術関係の仕事をしています)
    なので、今度は会社でこの話をすると…誰も解ってくれない!!
    みんなデザインなど色の世界で生きてるひと達なのに!!と驚愕。

    結局ネットで検索し、初めて「共感覚」というものを知りました。美術関係とか、理系文系関係ないみたいですね(苦笑)

    生きてる中であまり支障はないですが、高校時代の数学のテストで、ものすごく汚い色の数字の答えが出た事があり「さすがにこんな気持ちの悪い色の数字はないわ〜」とやり直して結果間違った事がありました…(最初ので合ってた)
    あの数字と色は忘れられません(笑)

    今では、たまに夫に車のナンバーを見させられ「何色?」って問われるくらいです。正直うっとうしいです…

    ユーザーID:8301596373

  • 共感覚あり

    私も共感覚を持ってます。まだテレビでも「共感覚」と言う言葉も聞かなかった頃、仕事場で「皆んなの名前それぞれに色がついてる」って言ったら驚かれたんですが、私だけじゃなくて皆持ってる感覚だと思ってたんで逆にビックリしました。

    言葉に色がついてるという感覚を何度説明しても、ピンとこないみたいですが私も「音に色がついてる」と感じるタイプの共感覚は、どんな感じなのか理解できないです(笑)

    私の共感覚あるあるですが、知り合って名前をまだ覚えれてない人の苗字は色分けしてなんとなく覚えるようにしてます。「黒系苗字、赤系苗字、青系苗字」など、、、

    ユーザーID:2840130339

  • わたしもでーす。

    20年ぐらい前かな、大学の先生に『君は共感覚かもしれないね』と言われました。
    普段の私の発言からそう思われたのだそうですが、そこで初めて『共感覚』という言葉を知りました。

    私もサヴァンほどではありませんが、記憶力がおそらく他の方よりも良いのではないかと思います。
    画像で覚えるというか、映像を覚えるような感じで文章や数字を覚えます。
    そしてそれに色がついていたり、時には味がついていたりすることがあります。
    一応携帯に名前と番号は登録してありますが、番号を見ただけで誰の電話番号か、なんとなく色がついていてわかります。
    でも番号を全部言えと言われるとわからなかったりするんですよね。
    でも、全体の番号を見ると、誰誰の番号の色・・・という感じでわかる、というか。
    味覚も「まろやか」とかよく使われるレベルの表現ではなく、具体的に「こういうカタチの味」という感覚を持ったりします。

    わかんない人からすれば「ふーん」だと思います。
    オバケを見ると言われても「ふーん」というのと同じ感覚なんだろうと思います。

    ユーザーID:4856321276

  • 私も?

    高校時代ですけど、毎回テストの前日は、現代国語の教科書50ページくらいだったかテスト範囲内を、一字一句すべて丸暗記していました。おかげで、試験は学年一でした。

    あれは、なんで出来たのか??

    トピ主がおっしゃるように、教科書と一体化?共感覚?の持ち主だったのかしら?

    ユーザーID:3872465194

  • すごく興味があります

    ご存知かと思いますが、極端な話、
    共感覚は人類の誰もが持っているものです。
    そして、ごめんなさい、私は共感覚の弱い、普通の人間です。
    強いて言うなら、過去に
    「サティ(音楽)とマグリット(美術)て似てるよね」
    と発言したとき、ひとりだけが頷いてくれて、
    残り全員に「…は?」と返された経験があります。
    これも、共感覚…かな?

    ただ、ものすごく興味があるのでしゃしゃり出てきました。

    あなたの目には、世界がどのように見えるのでしょうか?

    知人のお子さんが、
    幼稚園に入園するかしないかの年齢で、新聞を読み、カレンダー計算をし、
    数字を一瞬にして弾き出すのを見た時には「これはもしや」と思いました。
    でも、親御さんが嫌がるのです。
    「才能なんていらないから、普通に育ってほしい」そうです。
    そんなところで、共感覚の質問が出来る訳もなく。
    今は勝手に、その子の成長を楽しみにしています。

    だから、このトピ、とても楽しみです。

    もし、私のこういう興味を不快に思われたら許してください。
    匿名だから素直に書いただけで、悪意はありません。

    ユーザーID:5998339816

  • あります

    私もあります。音にも色がついていますね。

    あとたとえばHPをみていても、香り匂いがしたりします。
    何かのワードに反応・リンクしているのかもしれませんが

    これも共感覚かな思ったりします。

    ユーザーID:4282167992

  • 知り合いにいました

    医学部で勉強していて、医者になりました。

    記憶することが沢山あって大変だと皆が苦労している中、彼は教科書がそのまま写真のように出てくるということでした。

    にわかには信じがたい能力ですが、彼も共感覚の持ち主だったようです。

    ユーザーID:3327350860

  • どうってことないですよね

    当方、数字に色を感じる共感覚が一番強いです。
    それはだれにでもあるものかと思い込んでました。

    そのほかの、音+色とか、においとか、カメラアイ的なものは、ごくごく弱いので、「ない」といってもいいかも。
    絶対音感もありますが、よくある話だけど音楽の才能やセンスはゼロです。カラオケですら、音をはずします。
    ただ、絶対音感があると、共感覚を説明しやすいですね。「シ、はこの色」ということができるから。

    そして、トピ主さんと同じく、なーーーんの支障もなく50年生きてきました。
    こんなの、別に能力でも何でもないのですが、なぜか持ち上げる人がいるのですよね…。

    それともうひとつ。
    繊細で自分語りが多い人は、当然、ほかの特性と同じように自分の共感覚についても語りたがります。これも誤解の一因。

    ちなみに色が「見える」のではなく色を「感じる」といったほうが実態に近いかな。色が「見える」んだったらそれは幻視だと思います。

    ユーザーID:2402359353

  • 私の場合

    教感覚という言葉は初めて聞きましたが、
    私は、その時々の状況を後からアルバムを開いてその写真を見るように
    思い出す事が出来ます。

    思い出そうとしなければそのままスルーなのですが、
    あのときのあの状況は・・・と考えたら
    着ている服、自動車のナンバー、など何でも取り出す事ができます。
    もちろん、切り取られた記憶は鮮明な色が付いています。
    必要な部分を大きくする事も出来ます。
    周りの人には不思議がられますけど
    子供のときからそんな風でしたよ。

    ユーザーID:2404586455

  • 幼児期からの共感覚です。

    数字、平仮名、カタカナ全部に色がついています。
    漢字もそうです。

    なにしろ、皆がそうだと思っていたので、自分だけと判ったのは30過ぎてからです。

    子供の頃、色を見ては口の中が苦く感じたり、グレー色をみると頭痛が
    したり、もっと顕著でした。そして、友人などを頭の中で思い出すたび、色のついた図形(四角・○・三角)がイメージとなって表れます。

    記憶が画像化されるのも普通のことで、人の名前や顔はすぐに覚えます。

    だから、忘れたいような思い出でもすべてリアルに思い出せます。
    何を着て、なにを喋って、どの位置にいたとかすべてそうです。

    つらいこともまざまざと思い出し悲しいです。

    この感覚があって感謝することはないです。皆がそうだとおもったので。

    でも100人に一人はいるわけですね。
    一度はなしの合う人に会ってみたいと思います。

    ユーザーID:3988958868

  • トピ主です。ありがとうございました。

    ぼーん様、いちごみるく様
    レスを読み鳥肌が立ちました。と言いますのも、「僕には数字が景色に見える」と「脳のなかの幽霊」 という言葉は、質問を書いている時に脳裏に浮かんだものだったからです。
    サビ様 アナベル様
    私には音には色もありません。
    瑠璃黒様 「マンゴーのいた場所」ですか。
    先の方々の本の紹介と共に、読んでみたいです。
    何も持っていない者様
    100人に一人なのですか。
    皆様、ありがとうございました。
    私はテレビは全く観ません。
    何故かと言いますと、写真と録画と録音をしてしまうからです。 テレビを観ますと、あまりにも膨大な量が頭を占めてしまうので疲れます。


    支障はない、と書きましたが 実は、パソコンの活字はとてもカラフルで目が疲れます。 そしてその他の記憶に関しては、身近な(夫、二人の子ども、親、姉妹等)人達に「気味が悪いと言われた事もあります。

    ユーザーID:3103603613

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 共感覚の持ち主です

    私は人の名前に色がついて見えます(感じるといった方が正確でしょうか)。
    たぶん子供の頃からだったと思いますが、周りのみんなもそうだと思っていました。
    数字も色つきです。

    食べ物の味や人の声にも独特の感性を持っています。
    たとえば人参は「むらさきの世界」、パクチーなら「おじさんの味」。
    声なら「まずそうな声」、「茶色の声」など。

    40数年生きてきて得したことも損したこともありませんが、「共感覚」を知ってちょっとホッしました。

    ユーザーID:1214898615

  • 共感覚あります

    もともと絶対音感を持ってる人っているじゃないですか。
    救急車のサイレンが音階にきこえるとかそういうの。
    特に珍しくないし生活の役にも立たないでしょう?
    それと同じような感じだと思っています。

    何か記憶するときには少し役に立つかな。
    例えば、二度目に会った人の名前とか
    「あ、あの人はこの前会った水色と黄色の名前の人」
    みたいな感じで記憶の中から相手の情報を探せます。
    その時、この「水色と黄色」が頭の中では言葉じゃなく
    視覚的な色で見えてる。
    数字や漢字には顕著に色がついてる。

    親しくなってくると性格にも色がつく。
    オーラと呼ぶ人もいるのかもしれないけど、私はそうは思って
    いなくて単にそういう性格の色。
    そういうのも、思い出す時に
    「あの紫の人・・・」
    みたいな感じで相手のことを覚えています。

    「これ前に一回見たな」
    「この人前に会ったことあるな」
    というのに色で気付くことが割とあります。
    音楽にも色が流れていて、同じ作曲家の曲の色はやっぱり似てます。

    でも子供のころからこう(子供のころはもっと激しかった)ので、
    こうじゃない記憶の仕方を知らないので便利かと言えばそうでもないかも。

    ユーザーID:8837257256

  • トピ主です。ありがとうございました。

    空様
    漢字が好きな息子さんなのですね。
    私は、カタカナ、ひらがな、漢字、アルファベット、そして、物事や出来事に色がつくのです。

    ハッピー様
    松岡修造さん、元テニスプレイヤーの方ですね。私には黄色に見えます。漢字では深緑色。
    金属の物体ではなく 文字の『金属』は焦げ茶色。 ちなみに、金→シルバー、属→濃紫、ひらがなは き→緑 ん→薄いグレー、ぞ→燻し銀 く→茶 です。 漢字表記の『金属』とは違います。

    新緑様
    私も他の人には見えないの?と、子どもの頃ビックリしました。
    ミネラル様
    当たり前なのですかね。

    そういえば、新入社員だった頃、先輩に「メモを取りなさい」と何度も言われましたが、私は聞いた事は頭にメモリーされますのでメモをとるという作業が余分で、逆に全体把握に支障がありました。

    ユーザーID:3103603613

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • ちょっとフォロー、特殊能力じゃないからね

    二回目、共感覚ある方の人です。

    トピ主に対して「自分が特殊だと思ってんの?」みたいな意地悪なレスがあるのが
    気になって。トピックにそんなこと書いてないです、まあまあ落ち着いて(笑)

    他のレスにも特殊能力とか天才的なとか書かれている方がいますが、そういうんじゃないですよ。
    へそを曲げる人も出て主旨がそれるから、変に持ち上げて煽らないでください。
    これ、ただの感覚ですから。前のレスにも書いたけど、絶対音感と同じくらい珍しくもないし
    役にも立たないただの「感じ方の特徴」です。能力じゃありません。
    音が音階に聞こえてだから何?と同じように、色が見えてだから何?です。

    ただ、トピ主と同じでそういう共感覚のある人にもそれぞれ個性があるみたいなので、
    私も他の共感覚の方の感じ方に興味があります。
    言葉に匂いがあったり、味覚が触覚に通じるタイプの人もいるらしいですよ。
    私はそれはないなあ。
    特殊自慢じゃなくて、自分はこういう見え方感じ方になるよ、生活の中でこういうことがあったよ、
    というご本人やその周囲の方目線の、この特徴の「あるある」のお話が聞けると楽しいなあと
    思いますが、トピ主さんはどう?

    ユーザーID:4955359962

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧