• ホーム
  • 健康
  • 多発性子宮筋腫と付き合って10年、悩み続けています。

多発性子宮筋腫と付き合って10年、悩み続けています。

レス10
(トピ主0
お気に入り54

心や体の悩み

10年生

月経過多が酷く疲れやすく、PMSも年々精神的にも体的にも強く出るようになり、貧血も鉄剤を飲んでもHb7。
性格上職場で体調が悪い事を表現できないもので周りからは至って普通に仕事をしている様に思われていますがそれもストレス、とにかく体がしんどい状態で生活しています。

20代後半の時に軽い気持ちで行った婦人科クリニックで筋腫がある事が分かり、手術になるであろうとすぐに総合病院の紹介状を出されました。
しかしMRI等の詳しい検査の結果、かなり数の多い多発性でありおそらく除去しきれない、全て除去するとなると子宮が全く元の形を残さず歪になり妊娠がきわめて難しくなる。手術以外の治療で症状を抑えながら経過観察し、妊娠してしまえばその方が良いと思われるとの診断でした。
同じ病院の他の医師の判断では、筋腫が細かく多すぎて自分なら手術できないとも言われていました。

セカンドオピニオンで大学病院にも行き、そこでは手術はできる、子宮もそれなりに残せるが必ず再発する類の筋腫、妊娠をすぐに望まない今の時点(20代後半、婚約解消直後でした)で手術するよりも子供が欲しい直前(と言っても術後最低半年は妊娠不可)に考えた方が良いと言われました。

その後低用量ピルは合わず一回きり。
リュープリン注射で半年間閉経状態にしたのが数回、これは発汗などの副作用がありつつも貧血はHb13まで改善し疲れやすかった事も改善され快適な生活になりました。
しかし生理が戻るとすぐに大量出血、貧血もあっという間に悪い数字になりその繰り返しです。

今も手術を口にすると主治医はどうせ再発する、全部は取れないと言うネガティブ発言をされます。
でも私がしたいと言えばしてくれるとも。
今更他の病院へ行くのも積極的になれず。
ずっと考え医師にも相談していますが答えを出せません。
似たような状況の方から何かアドバイス頂けると嬉しいです。

ユーザーID:6859826081

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 多分同じ病名でした

    そうした診断は頂きませんでしたが、症状から見て同じ病名だったと思います。
    子宮筋腫からくるひどい貧血と月経過多によるトラブルに悩まされ、36歳の時に子宮全摘手術を受けました。
    20年以上前のことです。

    当時私は不治療を受けていましたが、それが筋腫には良くなかったようです。
    不妊治療の医師は、筋腫のを見逃していました。

    不妊治療も結果が出ず、貧血状態での仕事と家事の両立に疲れ果て、やや投げやりな気分で全摘手術を選択してしまいました。
    筋腫のみの除去は困難との診断でした。

    当時はまだ30歳以上は高齢出産とされていた時代で、40代の出産はごく例外的でした。
    今ならば、違う判断もあったかと思います。

    しかし結論から言うと、手術自体は止むおえなかったと思っています。
    貧血は間もなく改善し、月経のわずらわしさなしに趣味のスポーツも楽しめるようになりました。
    夫には申し訳ないという気持ちもありますが、二人だけの生活を楽しんでもらっているという自負もあります。
    それも一つの人生ということでしょうか。

    時代が違うので参考にならなかったらごめんなさい。

    ユーザーID:5617275859

  • 同じ病気の者です。

    トピ主さんが、しんどくて大変なのは理解できます。
    不安なのも理解できます。

    でも、自分はどうしたいのでしょう?

    将来結婚して子供が産みたいのか、それとも生まないのか。
    それが明確でないと、どこの病院の先生も私も、アドバイスのしようがないと思います。

    ユーザーID:8411532234

  • お大事に

    >手術を口にすると主治医はどうせ再発する、全部は取れないと言うネガティブ発言をされます
    → このご時勢、治療の結果が思い通りでない場合、すべて、「聞いていない」「医者が無能だから」となってしまいます。ネガティブ発言は仕方ありません。お気の毒ですが、お大事になさってください。担当医先生もお気の毒です。

    ユーザーID:6741132085

  • 子供を望みますか?

    多発性の粘膜下筋腫で42で子宮全摘しました。筋腫の数は20個余り。15年悩み続けました。
    月経過多も痛みも貧血も半端ではなく、日常生活もままならず子宮に翻弄された人生でしたね。
    取ってみて、これまでの苦しみで無駄にした時間て、かなりのものだったと気づきました。

    10年生さんは今30代後半ということでよろしいですか?妊娠を望みますか?
    望むなら今すぐ手術して妊活を始めなければ年齢的に厳しいと思います。

    手術したあとの子宮は私の場合、まともな形を成さないと言われました、そういう子宮で妊娠し無事に育つのは非常に難しいそうです。
    少しの可能性に賭けるほど強い想いもありませんでした。ただ、子宮を取った後体調の不安で、手術をずるずる引き伸ばしていた感じです。

    子供を望まないなら答えは簡単なんですけどね。
    今現在、本当に快適な毎日を送っています。
    あんなに辛かった様々なことが全て解消されましたから。

    ユーザーID:7581794995

  • 多発性でした

    とてもお辛いと思います。
    私も多発性で約10年経過観察。疲れやすく、栄養剤と鉄分ドリンクをとっていました。

    >>リュープリン注射で半年間閉経状態にしたのが数回、
    ↑リュープリン注射は合計何回ですか?
    骨は大丈夫?
    私もリュープリン注射をしましたが、手術日まで筋腫を大きくしないためです。

    ドクターが手術したがらないって?悪い数値もでていますよね。
    こんなつらい体で仕事大変すぎです。

    >>必ず再発する類の筋腫、
    と断言できるのはなぜでしょうか?

    私はMRI検査後、開腹手術をしても全部取りきれるかわからないと言われました。
    でも、MRIの画像だけで必ず再発する類の筋腫とは言われませんでした。
    手術4ヶ月後、筋腫が再発しているかエコーで確認です。

    >>婦人科クリニックで筋腫がある事が分かり、手術になるであろうとすぐに総合病院の紹介状を出されました

    こちらの婦人科クリニックでは手術を予測出来ています。
    事情を話し、別の病院の紹介状をいただいてはどうでしょうか?
    別の病院は主様も事前に調べて候補をあげてもいいと思います。
    病院のHP各科紹介に症例や術数などあります。

    ユーザーID:9487793300

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 多発性子宮筋腫と診断されています

    成人男性の握り拳大で八つ頭のように固まっているものと点在しているものがあり、健康診断では事前に問診票に記載しておきますが婦人科の診察時に下腹部を軽く触診されるだけで筋腫の大きさを指摘されます。PMSに始まり生理そのものは不順で強い痛みと量が多く約2週間。また、週末にあたるときは寝込むことも多かったです。後半が過去形になっているのはピルの服用を経験しているのと、更年期に入り過去の症状から多少変化しているためです。

    婦人科医からは最初の検査診察時に筋腫摘出手術の話も出ましたが、私は低用量ピルを選択し症状が改善しました。数年後症状がぶり返してきたこと、筋腫が大きくなり数も増え、40代になって妊娠の予定がない、再発の可能性もあること等から子宮全摘の説明も受けましたが中用量ピルに切り替えて症状が安定しました。今は他疾患によりピルの服用は中止しましたが、まだ生理時の不快症状は残っています。

    子供を望むかどうかによっても変わってくるので難しいですが再度精密検査を受け現状を把握し、それに伴う治療と手術の内容を確認されてはいかがでしょうか。トピ主さんご自身が少しでも快適に生活されることも大切です。

    ユーザーID:3151326680

  • 私は迷わず全摘しましたが

    トピ主さんはおいくつですか?
    20代後半で筋腫が分かってから10年ということは30代後半でしょうか。
    筋腫が無くても妊娠が年々難しくなる年齢ですよね。

    私は子宮全摘への抵抗は全く無かったのですが、「後悔しても取り返しがつかないから」と主治医の方が受け入れてくれず、40歳でやっと全摘手術をしました。

    私も多発性でした。
    手術直前にはMRIで見るとブドウの房のように見えるほど。診察でも30個以上は数えることを放棄されました。
    核出ではメッシュのようになってしまうし再発は不可避。「子宮がなくなったら女じゃなくなってしまう」というような精神性は薬にもしたくない価値観。そのうえ挙児希望もない私には全摘一択で迷いはなかったです。
    核出では開腹一択でしたが、多発性でも大きくなかったので全摘は腹腔鏡・単孔式(傷はお臍のみ)で済んで楽でした。

    生活の質は想像以上に改善しましたよ。
    生理に全く煩わされることなく仕事も趣味(旅行)もできます。卵巣は残しているので急な更年期症状に苦しむことも無い。

    やっぱりトピ主さんの年齢と子供を持ちたいかどうか次第でしょうね。

    ユーザーID:6796877532

  • 厳しい言い方になりますがはっきり書きますね

    二度目です。

    20代後半から10年ということは、今30代後半ですね。

    医師からは、年齢的にも症状的にも、もう妊娠の可能性は極めて低いからと全摘手術を勧められているのでしょう?
    ただトピ主さんとしてはわずかな可能性もはっきりゼロにしてしまう手術にためらいがある。
    そういうことですよね。

    でも、そのためらいはどこから生まれるのでしょう。
    いわゆる婚活をするうえで、妊娠の可能性を残したいのでしょうか?
    しかし、お相手にしてみれば、その可能性はほとんどゼロに近いものでしょう。
    ゼロに近い可能性を自分に有利な事情とすることが、相手の方に誠実な態度と言えるでしょうか。

    それとも結婚とはかかわりなく、ご自分に女でなくなる的な抵抗があるということでしょうか?
    そうなると、他人が口出しできる問題ではなくなりますが。

    結婚をお考えなら、お子さんのことはあきらめて、健康な状態で二人の生活を楽しみたいという相手を探した方が良くありませんか。
    一定年齢以上の男性なら、そういう結婚を望む人も少なくないと思います。
    結婚は別にしても、健康を取り戻すことはいいことですよ。

    ユーザーID:5617275859

  • そこまで身体的に辛いなら

    貧血等でそこまで体がつらいのでしたら、全摘してもらった方が楽になると思うのですが…。

    トピ主さんは近々結婚の予定があるのでしょうか。というより、おいくつの方なのでしょう?30歳後半なのでしょうが、36歳と39歳では、妊娠についての考え方も違うでしょうし。

    妊娠・出産に関係なく、子宮を取ることが女性として辛いということなのでしょうか。

    あと数年(最長10年ほど?)妊娠の可能性がほとんど無くなるまで今の辛い状態を我慢するか。
    それとも手術をして貧血のない楽な体になるか。

    トピ主さんがどちらを望むか、でしょうね。

    ユーザーID:2466186788

  • セカンドオピニオン

    私も多発性で、医師からは手術しても再発する可能性が非常に高いと言われました。
    結論として、6年ほど前に(30代半ば)大きなコブ5〜6コと中くらいのを3コ、その他、目に見えるものを腹腔鏡で取って貰いました。辛かった症状は全くなくなりました。

    そして現在。快適だった生理も、また数日間のお腹の痛みと出血過多な症状が出てきたので、恐らく芽だったコブが成長してきていると思います。

    あまり参考にはならないかも知れないけど、全摘ではなくコブ除去を選んだのは医師の勧めです。
    医師曰く、貴女はまだ若い。だから妊娠の可能性は最後まで残すべき。再発は人それぞれだから1年の人もいれば5年で再発する人もいる、全摘はその時に考えてはどうか?運よく5年以上症状がでなければ、あとは更年期を迎える時期と被るから体調と相談する道もあると諭されました。

    そして、再発ありきでコブ除去手術を選んだのは、実生活に支障があったからです。子宮内のコブが膀胱を圧迫して頻尿が酷く、大人なのにお漏らしする事が増えたからです。

    そして今、再発してると思うけれどあの時の医師に感謝してます。あ、子はいません。

    ユーザーID:8482733962

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧