名義を使われた不動産

レス34
(トピ主3
お気に入り55

生活・身近な話題

とぴ主

実家から飛行機の距離に生活しているとぴ主です。

親子関係は破たんしており、10年以上帰省しておりません。
実家のある県に、実家を含め親、きょうだいとの共同名義の不動産があるようです。相続税対策で共有名義にしたと幼少時に聞きました。現在は親が固定資産税を払っているようです。

親からの相続も放棄の予定、実家にも住む予定もなく、実家以外の土地等も市に寄付をしても拒否の可能性があります。きょうだいも全員バラバラの遠方に住んでおります。きょうだいも訳ありで相談できません。

このまま親が亡くなった場合、空き家となる実家と私名義の不動産の固定資産税の支払いが生じることに困っています。共有名義の不動産をきょうだいが買い取るかもわかりません。親は聞いても返答しないので、確認のしようがありません。

自分名義になっている不動産の有無の確認方法や将来の固定資産税対策について、お知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

ユーザーID:7008126080

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 固定資産税

    住んでいる人のところに請求がくると思いますが。

    主さんはその ご両親の土地や家に住んでいないのだし それに 相続することになったら 放棄するつもりだと書いてありますよね。

    親の死亡を知った時点から 3か月以内に 放棄すればいいのでは?

    仮に 固定資産税の請求書が来たとしても 払わなければいいんですよ。
    一度払うと その後ずっと請求書は 主さんの所に来ると思います。

    固定資産税って 誰が払ってもいい訳です。
    極端に言うと 隣の全くの他人が 払ってもいいんです。
    市町村としては 納税してくれるなら 誰でもいいんですから。

    それに 相続を放棄したら 当然 相続人ではなくなるので 固定資産税も払う必要はなし。

    相続放棄するのが一番簡単ですよ。

    ユーザーID:4798791682

  • 不動産の登記簿情報

    が法務省および民間で公開されてます。
    住所が解れば名義や担保情報くらいは調べられます。
    些少だけど有料だったような(数百円程度)?

    ネットでお調べになってみてください。うろ覚えですみません。

    ユーザーID:1589112920

  • 専門家ではありませんが。

    ・実家の市町村役場で、固定資産台帳の閲覧はできませんか。
    ・通常、固定資産税の納付書には、その自治体内でその人が所有する不動産が全て記載されています。つまり、その自治体内では各不動産の所有者が紐付されているという事になります。
    ・トピ主さんは所有者ですので、実家の固定資産台帳は閲覧できるはずです。そこからなんとか辿れるかも知れません。
    ・ただ、私は専門家ではないので間違っているかも知れません。まずは、市町村役場に聞いてみる。それでもダメなら、弁護士・司法書士・行政書士等の専門家に相談するしかないと思います。

    ユーザーID:8079223012

  • 生前に処理してもらう

    ・名義の確認
    不動産が存在する管轄法務局で登記簿謄本を取る(郵送でも可能)

    ・相続の放棄
    そもそもあなたの承諾なく勝手に名義人にしていることが問題なので、あなた名義を生前に抜いてもらうことでしょうね。
    もし応じないなら、あなたの承諾なく名義人にされている事に対する対抗になりますが、放棄した場合もややこしいのでここからは弁護士さんですね。

    もし相続を受け、親の共有名義分を他の相続人全員が放棄したらあなた単独の名義になることであなたの自由意志で売却すればどうですか。
    売れればですが。

    ユーザーID:4260450164

  • 固定資産税をはらいたくなければ相続放棄

    をすれば関係はなくなります。
    土地に未練があるなら自分の相続分は固定資産税を払う必要があります。シンプルに考えればよいのです。
    他の兄弟は好きにさせたらよいのです。

    ユーザーID:3406680003

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • いらないなら問題なし

    場所がわかっているなら登記所にいけば所有者を誰でも閲覧できます。
    納税義務があれば役場から通知がきますよ。

    ユーザーID:4050489534

  • 簡単過ぎて何で悩むかびっくりです

    相続する事を知って三か月以内に放棄の手続きを取ればそれで終わり 簡単です
    他の相続人を気にする必要なし 連絡しなくても問題なし
    相続問題で問題になるのは相続の分配

    最後に相続人がすべて放棄し相続人がいなくなったら国庫に入ります 国の物になるんです 最後の行先も決まっていますから安心して放棄して負債を抱えないように手続きしようね
    これで解決 安心 安心 ホッ 

    三か月過ぎると放棄の権利がなくなり強制相続と追加の相続税が発生するのでこれだけは気を付けてね

    ユーザーID:6646352361

  • 固定資産台帳と土地登記簿。

    土地には、「地番」が割り振られております。
    (住民基本台帳上の住所とは、異なる番号です。まれに一致することはありますが、違っているものと考えた方が良い。)
    まずはその土地のある役場の税務課に行き「固定資産台帳」を閲覧して、「地番」を調べてから所轄の法務局を訪問しましょう。
    その際にその土地の固定資産税評価証明書を入手しておけば、固定資産税額がわかります。
    法務局で該当する地番の「土地登記簿謄本」写しを交付してもらえば、権利者名や持ち分割合がそこに記載されているはずです。
    いうまでもありませんがそれぞれの書類を得るためには、しかるべき金額の手数料が必要ですから、役場や法務局に事前連絡して手数料額を確認して下さい。

    ユーザーID:9471160068

  • 相続税対策としては珍しいことではない

    >相続税対策で共有名義にしたと幼少時に聞きました

    トピ主さんが未成年のときに、親の親から贈与された不動産を
    親権者(法定代理人)であるご両親がトピ主さんに変わって
    手続きをしたということだと思います。
    相続税対策としては珍しくないですし、親権者が代わって
    手続きをするのは法的には問題はないんですよ。(というか
    当然のことです)

    トピ主さんはその不動産は要らないのですよね?
    一番いいのは、トピ主さんの持分を他の共有者に贈与して
    名義を変更してしまうことですが、相手の同意がいる
    ことなので、それは難しいですか?

    他に共有持分の放棄という手段もあるのですが、相手が
    登記に応じないと結構面倒なんですよね。

    (どちらの方法でも、持分を取得する側に贈与税がかかる
    可能性があります。)

    不動産の所在地の市区町村役場で、「名寄帳」という
    質問者さん名義の不動産の一覧が取得できます。
    所在がわかればネットでも登記内容を確認(プリンタがあれば
    印刷も可)できますので、それをもって弁護士か司法書士に
    相談してみてはいかがですか?

    ユーザーID:5436533498

  • とぴ主です。

    レスをいただきありがとうございます。人間合格さままで拝見しました。

    死別のひとり親で、40年くらい前にこどもたちとの共同名義にしたと聞きました。市街の土地、貸家、実家を所有しているようですが、実家以外も共同名義かはわかりません。固定資産税は、その頃より親が代表して支払っているようです。

    実質は相続(贈与?)であっても、(共同の)所有者として登録されていれば、相続放棄で解決するのは親の持ち分で、とぴ主名義の分は残るのではないでしょうか。

    固定資産税もですが、不動産の管理責任ということが負担なのです。現住所からは片道1日かかりますので、土地や空き家(となった時)で事件や火事等が心配です。つまり、管理できない遠方の不動産は所有したくないのです。

    レスをいただきましたように、登記を調べることが一歩なのだと思いますが、
    実家以外の不動産住所もわからず、法務局や市役所でとぴ主の名前から確認することが可能なのでしょうか。

    この件に関しては、親は質問を無視するのでどこから手を付けるか悩んでいます。

    ユーザーID:7008126080

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 私の読解力がないのか?

    親からの相続は放棄の予定と書いてありますよ

    トピ主さん名義の不動産、でも幼少期なのでどこかもわからないそれの確認方法ですよね?
    相続放棄もなにもトピ主さん名義の土地なんですって、でも住所が分からなければ調べようがないと思います。
    たぶんご実家に固定資産税の用紙は送られてきているだろうなので
    素人意見は親が亡くなったときに家捜しするしかないかも

    今現在知りたいのでしたら専門家の人に調べてもらうしかないかなと思います。
    いい案が出るといいですね

    ユーザーID:5794684521

  • 横ですが、自治体の滞納整理を軽視しない方が良いです。

    納付書を無視していいという、いささかおかしなレスがあるようですが。
    税を滞納すると、納期限一定期限経過後に督促状が送付されます。本来の税額に督促手数料が加算され請求されます。
    督促状を無視すると、本税プラス督促手数料プラス延滞金の合計額の催告書が送付されます。
    これを無視すると一定期限経過後、財産差押えなどの処分を喰らって強制的に徴収されます。
    日本国憲法第30条に規定されている通り納税は国民の義務です。
    ちなみにほとんどの自治体は財政難です。税の滞納整理にはかなり力を入れて取り組んでおりますから、その努力を軽視しない方が良いです。

    ユーザーID:9471160068

  • 共同名義ってことは、相続関係ないのでは?

    既に保有してしまっている固定資産があるって事ですよね。

    親が亡くなったら相続するって事ではなく。

    主さんが誰かに贈与しないといけないのでは。

    ユーザーID:0076530203

  • 正確な住所は分かりますか?

    > 自分名義になっている不動産の有無の確認方法や将来の固定資産税対策について、お知恵をお貸しください。

    不動産の住所がわかれば、法務局に行って、登記簿を貰えば良いと思います。
    遠方で有っても、その土地の法務局に電話でもして「何を揃えたら登記簿を送ってくれますか」と聞けば良いです。

    相続に関しては、揉めるなら司法書士か、弁護士を入れて淡々とやれば良いと思いますよ。
    揉めないなら司法書士さんに手数料を払えばやってくれるし。
    揉めるなら、弁護士さんですかね。

    固定資産税は、国税庁が路線価に付いて毎年公表しています。
    一平方メートル当たりの価格が千円単位で記載してあり、そこから、計算出来るそうですが、私はやった事が有りません(汗)

    どちらかと言うと、問題は、空き家対策です。
    手入れせず荒れた空き家は、自治体から何とかしてくれと連絡がきて、何とかしないと固定資産税が高くなるように、今年から改正されています。

    ユーザーID:9178465832

  • 贈与無効の訴訟が起こせるかどうか

    とぴ主さんが幼少の頃に贈与された土地について、遡って無効にできるかどうか弁護士あるいは司法書士に相談するのがベストです。
    贈与を受ける意思を表明できない子どもだったのだから、無効にできる方法があるかもしれません。
    ただ、本当に贈与登記された土地があるのかどうか不明の状態で、どこまで出来るのかは相談してみないとわかりません。

    確かに親の持ち分は相続放棄によって消失しますが、とぴ主さんの持ち分は消えません。

    弁護士に頼めば、裁判所の職権で父親に土地の所在地確認を求めることができるかもしれません。

    打つ手がなければ、そのままにしておいて、父親が亡くなった後の固定資産税の請求を確認してから動くしかありません。

    ユーザーID:5055831235

  • 聞けばいいのに

    放棄しても主名義分の固定資産税の支払いは来るのでは。
    親の分は財産管理人が選定されどうするかでしょうね。担保もないなら基本的には諸手続きを経て国庫行きなのでしょうが、処分の仕方は他の条件も絡むので。
    役所なとで月何回か無料法律相談しているので聞いてみるか、役所の資産税課に聞いてみるとか。
    1件くらいは不動産の住所わかるでしょう。

    ユーザーID:4504313948

  • 調べたら簡単に分かります。

    放棄しても、ご自身の持分は残ったままです。

    後は、持分がどれくらいか、言い換えれば誰が多い持分を持つかによると思います。

    最終は、持分の多い人に請求がいくと思いますが、その人がどう対応するかでしょうね。

    建物は壊せば終わりですが、土地は残るので、いつかは処理しないといけない時期が来ます。

    あなたがしなくても、お子さんがその処理をしないといけなくなるでしょうね。

    私は、職業的専門家ですので、その立場から発言しました。

    ユーザーID:4514373171

  • 登記の逆引きは出来ない

    法務局のHPからたどれば住所さえわかっていればネットで登記情報はわかります。

    けど、氏名から所有不動産はたどれません。
    マイナンバーが導入されるとそのうち出来るかもしれませんが。

    したがって住所がわからないのであれば不可能です。

    誰も教えてくれなければ相続の時まで待つしかなさそうです。

    分割協議で全てが分かると思うのでその時しっかりと共有の解除等を検討してください。
    共有は面倒なので巻き込まれたくなければ他の共有者に贈与してください。

    ユーザーID:8438056191

  • 土地共有者の代表者が、納税管理人となっているはずです。

    固定資産税は市町村が管理する地方税ですから、基本的には地方税法と各市町村の税賦課徴収条例に則り事務処理されます。
    共有物件の場合共有者が代表者を選んで、その代表者が納税管理人となって、課税総額を一括納税するという手法が一般的でしょう。
    市町村が共有者全員に共有持ち分に応じた課税を行い、各々納付書を送付するとは考えられません。
    代表者が、他の共有者に対して自分の負担した分を請求するか否かは、別問題です。

    ユーザーID:9471160068

  • 一部混同があるようですが

    相続の放棄と共同名義の不動産の対応は切り離して考えるべきです。

    まず、相続の放棄ですがこれが効果を及ぼすのは文字通り「相続すべきもの」に限られます。つまり、相続の受け入れ、放棄はあくまで親御さん名義のもののことをいいます。あなたが放棄しますと言って放棄できるのはあくまで親御さんの所有する財産しか効果を及ぼしません。

    相続の放棄の是非に関わらず、貴方の名義が使われている不動産に係る税その他の対応は原則的に貴方自身の問題として処理しなければなりません。貴方名義の地所に対して発生している固定資産税を親御さんが負担されているのは、第三者、つまり役所などから見てそれはあくまで「善意」であり、「厚意」でしかなく、その実情をもってして貴方が支払いを逃れる如何なる合法的な措置は残されていませんし、相続と何ら関係がありません。逆を言うと相続と連動しない措置であるからこその「相続対策」なのですから。

    従い、貴方が当該地所の税負担等、今後の対処から逃れたいならばご自身名義の物件の処分を検討すべきです。不動産の現状確認は最寄の法務局で可能です。閲覧が所有者本人に限定されることはありません。

    ユーザーID:5377570494

  • 役所


    役所の固定資産税課にて
    お父上が払っている資産の地所すべてを尋ねてみては?

    プライバシー保護法が邪魔をするかも分かりませんが
    共有持ち分を主張し事情を話してみるのが良いでしょう。
    まずは、電話で確認されてみてはいかかですか?

    ユーザーID:3258986287

  • とぴ主です。

    いろいろな情報をいただきありがとうございます。
    役所に立ち寄った際に尋ねても「(不動産のある)地元できいて」で終わってしまい困っておりました。
    電話で済む用件でもなく、飛行機、電車で一日かかる所に気軽には行けません。
    手続きの概略を理解してから、と思っています。

    不動産の住所がわからないと、調べるのは難しいようですね。
    共同の所有者への譲渡が無理のない方法のようですが、
    通常の会話が成り立たない間柄なのです。(私に対してだけ)
    近隣での法律相談も利用できればと思いました。

    不動産の他、私名義の証券口座、銀行口座も親が利用しており、考えただけで気が重くなります。
    親身にお知恵を貸して下さる方、専門家の方のレスが、解決への行動の力になります。「

    ユーザーID:7008126080

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 名寄せ帳はありましたね

    ごめんなさい。
    ちょっと訂正です。

    登記の逆引きは出来ないとしましたが、固定資産の名寄帳は各市町村にあります。
    例えば、主様の名前での、その市町村にある所有固定資産の一覧です。
    これは郵送でも取り寄せられるかもしれません。

    ただ、その使用目的のためか共有者は載らないこともあるとか。


    主様名義の預貯金や証券は主様の管理下になければ、まさに名義借り資産ですので、実質ご両親の資産として取り扱ってもらえばさっぱりはしますけど。

    ご両親はかなりの資産家のようですね。

    子供に相続の詳細を知らせないことってよくあるみたいですね。
    気持ち的にいろいろあるのでしょうが。

    しかし、それだけの財産があれば必ず相続処理をするために弁護士か税理士に頼むはずです。
    その人を介して話し合うしかなさそうですね。

    頑張ってください。

    ユーザーID:8438056191

  • 相続して売る

    相続して売りに出せばお金になりますよ。
    相続の総額がいくらかにもよりますがね。

    ユーザーID:0231422318

  • 固定資産税の請求は名義人に届きます

    私も地元の不動産を所有してましたが固定資産税の振り込み用紙は住民票を移した時点から届いてました。
    親がちゃんと話をするべきですがしないんだよね。結局は自分の老後とお葬式や墓の事だけで子がもめない様にとか子が分かりやすいようにとちゃんと話す親が出来た親だと思う。
    お金のあるなしじゃないんだよね。無くても無いなりにちゃんとする。それが出来ない親が多い。結局親子でも己の事が一番かわいいんですよ。
    諦めて自分で調べて受けるべきものは受け余計な関わりは持たない。これが一番ですよ。

    ユーザーID:9170515975

  • 当該地域の役所の

    固定資産税課でお父様代表宛で送られている固定資産税納付書の課税対象内容を
    自分名義の分だけ確認可能か問い合わせてみてはどうでしょう。

    何代か前の先祖の飛び地の固定資産税が突然遠くからきてびっくりしたことがありました。
    どんな遠方でも所有権者には対応してくれるかもしれません。

    ユーザーID:1589112920

  • 全資産証明書

    トピ主さんが所有している土地のある市役所もしくは町役場の税務課で全資産証明書(評価証明書もしくは名寄せになることも)を取得すれば、詳しい地番が載っていると思います。
    郵送でも取得できます(本人確認書類や定額小為替等必要ですが、市役所のホームページに詳しく載っていると思います)。

    評価証明書だけでは詳しい所有者や持分は分からないと思いますので、必要があればそれを元に法務局で全部事項証明書を取得すれば良いのではないでしょうか?
    全部事項証明書なら、お住まいの法務局でも取得できるかと思います(一部例外がありますが)。

    名義についての相談は法務局でもできると思います。
    地元の司法書士を紹介されるだけかもしれないですが、どんな手続きが必要かくらいは教えてくれると思います。

    ユーザーID:5545834919

  • 弁護士さんからの回答です

    「トピ主」さんの相談に対し、相続問題に詳しい畑中優宏弁護士(弁護士法人湘南よこすか法律事務所 逗子事務所)が回答を寄せてくださいました。
    法律相談サイト「弁護士ドットコム」とのタイアップ企画「小町の法律相談」からご覧ください。

    ユーザーID:4458423174

  • 住所がわからないと

    住所がわかれば法務局の登記簿謄本全部事項証明で、共有者がいる場合は権利欄に共有者名と持分が、単独の場合は所有者という標記で土地と建物個々に載っていますが、大昔の登記のままならわかりませんが。
    もちろん抵当権者と抵当金額もありますが、返済しているのでここは登記しない限り初期のままです。
    法務局に聞いてください。郵送で取れると思いますが申請書は法務局のHPでPDFを調べてください。
    固定資産税ですが、相続すると自分の分は手続きしないととりあえず払うことになるでしょう。市役所に聞いてください。相続人のいない不動産でも調べてみてください。税額は路線価マップで検索したらあちこち出てますので概算は計算できると思いますが。
    で、あなた名義の有価証券や預金はあなたのものですよね。

    ユーザーID:5220483316

  • 弁護士さんのお答えを見ました。

    不動産の確認の方法は分かったのですが、弁護士さんのおっしゃるご兄弟に買い取ってもらうというのは現実的でないように思えました。

    話し合いそのものは弁護士さんを通せば直接やりとりしなくてもいいのは分かりますが、主さんの場合、兄弟とも複雑な関係であるだけでなく、全員が遠方に住んでいるということで、兄弟の誰かが買い取るという可能性は低いように思えます。
    もし、誰もが買い取らなかった場合、固定資産税の支払いは免れないのでしょうか。

    主さんの幼少期に知らないうちに名義人にされたこと自体を無効にすることはできないのでしょうか。

    ユーザーID:6812531760

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧