いよいよ始まる介護の予感

レス19
(トピ主3
お気に入り167

生活・身近な話題

眠り猫

54歳になる眠り猫と申します。20年前に離婚してから実家に戻り、両親と暮らしてきました。私自身は専門職でずっと働き、子供はおりません。
両親はどちらも80歳を超え、ここ数年は、日に日に老いを実感するようになり、昨年末には母が転倒により大腿骨と鎖骨を骨折し、4か月の入院とリハビリを経て自宅療養に入りました。入浴の介助は要りますが杖をついて歩行もでき、自宅でもリハビリを頑張ったおかげで最近は杖なしでも歩ける場面が増えてきました。食事は私が勤めに行っている日中は、私が作り置いた昼食を父が温めたり配膳したりして食べさせてくれていました。
ところが、つい最近、父にも腹部大動脈瘤が見つかりました。まだ3cmの大きさで経過観察ですが、何より本人が落ち込んでしまいました。数年後には破裂防止のために手術になることは必至です。
母の骨折と父の動脈瘤・・・漠然と思い描いていた親の介護が、それも両親同時にスタートする日も目前だなと、覚悟するようになりました。私の定年まであと6年です。仕事はなかなか休みも取れない種類のものなので、通院の送迎や付き添い(こちらは車必須の田舎です)の頻度が増すなら早期退職も視野に入れなければならないかもしれません。私は夫や子供のいない独身者なので、何もかも一人でこなさなければいけないと、前々から覚悟していました。私しかおりませんので、できるだけのことはしたいと思っています。でも、やはり精神的にも体力的にも乗り越えられるか不安な自分がおります。そして同時に、両親との別れが近づいてきていることも、また辛いのです。一人暮らしなどはまったく苦にならないたちなのですが、弱っていく両親を見るのが辛いのかもしれません。
親の介護に現在奮闘しておられる方、またそれを乗り越えられた方たちのお話を聞かせていただいて、少しでも励みにしたいと思います。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:0277461866

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 介護業界から

    いま、介護に直面してるわけではないんですけれど。
    デイサービスとショートステイの施設内で働いております。

    トピ主さんと似た環境の方、何名もいらっしゃいます。

    思うことは
    「ひとりで頑張り過ぎては絶対にダメだ」ということです。

    親御さんを大事に思われてるご家族の献身的な介護は
    みていて頭が下がります。
    でも片方だけでも本当に大変なことが多いです。
    他人にまかせず全部自分ががんばる、とかは絶対に思っては
    ダメだと思います。
    ケアマネジャーや介護業界のスタッフを信用してください。
    いい事業者の介護従事者は本当に親身になってくれると思います。

    なので、介護サービス等をつかって「自分を楽にさせること」
    「自分の時間も大切にすること」後ろめたく思ったり、
    ためらわないで欲しいです。

    トピ主さんが本当に辛くなること、はご両親も望んでいないと
    思います。

    ユーザーID:3011449346

  • できます

    ほぼ一人で要介護5の母

    そして妻を看取りました。

    時間の過ぎるのが早かったです。

    介護以外、眼中になかったですね。

    人間ってその気になれば

    出来ない事はないですよ。

    ユーザーID:8132299507

  • 公的な支援を

    一番大切なのは
    トピ主さんご自身の健康です

    体だけでなく精神状態も、です

    そのためには
    デイサービスやヘルパーさんや配色サービス等
    公的な支援をなるべく使って下さい

    一番怖いのは、ご自分が
    ご自身の疲れやストレスに気付かないことです

    「ここまではできる」と思う 一歩手前で手を抜く
    ことを私は覚えました、もう5年目なので

    眠り猫さん、共に乗り越えましょう

    ユーザーID:1069908168

  • 後悔しない為

    出来る限りがんばりましょう。
    ご両親と仕事をもっている、今はもっている、それで生きましょう。
    後悔のないようにしましょう。

    ユーザーID:6964358664

  • 10年余り介護生活

    トピ主さんの状況と似ていますが、違うところは
    既婚、夫がいます。

    トピ主さんが一人で担わなければならない辛さは
    あると思いますが、反面介護する人が複数いると
    それぞれの温度差があり、物事を決める際に
    不自由を感じることも多々あります。

    この点では、トピ主さんはご自分の親を最優先に
    考えて親を看ることができると思います。

    私の父親も転倒し骨折、手術・・
    退院後、一時的に施設でリハビリをしていましたが
    認知もあり施設で再び転倒、骨折、手術・・
    車椅子での生活となりました。

    自宅は車椅子の移動が困難なため
    再び施設の短期入所

    今は特養に入所していますが、施設で
    とても良くして頂いていて
    安堵しています。

    母親も認知が始まり、先週転倒、骨折
    手術し入院中です。

    私は夫と共にこの10年介護に明け暮れています。

    トピ主さんに伝えたいことは、
    介護認定を受け、利用させて頂けるサービスは
    利用することで、負担がかなり軽減されます。

    一人で頑張るのではなく、ケアマネさんに
    相談しながら、乗り越えていきましょう。

    ユーザーID:3544241646

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • それが人生では

    人生の盛りにゐらっしゃるのでお分かりにならないか
    も知れませんが、トピ主さんの現在が「人生そのもの」
    ではありませんか。

    人生は、旅に似てゐます。トピ主さんも長い旅をして
    来られたと思います。これからどんな旅をされるのでしょうか。

    ご両親も長い旅をして来られ、いよいよ旅を終える時
    が来ているのかも知れません。庭の草花に、人間を
    重ねて見ることで、人生を実感することができます。

    親御さんの介護は、心を込めることで心を豊かにできます。

    ユーザーID:5287731874

  • 大往生

    こういっては何ですが、ご両親、既に大往生の域ですよ。 出戻りとは言え、一度は結婚もし、同居してくれる娘と一緒に暮らして、お幸せだったでしょう。

    高齢になれば、体にガタも来ますし、病気にもなります。 落ち込むのは仕方ないですが、そんなもんじゃないでしょうか?

    あなたの体、心が持たないので、なんでも抱え込まず、行政に頼った方がいいですよ。 お金で解決できる所は、解決しないと回りません。

    あと、なるべく手を出さず、自分たちでやらせる。 ぼけの防止です。

    ご両親が先立たれた後のあなたの人生もあるのですから、目先の事だけに囚われず、先の事も見越して、無理、無駄を極力なくす様に努力して下さい。

    たまには、自分の為に楽しい事もした方がいいですよ。 息抜き、大切です。

    ユーザーID:2070208975

  • 一人で背負いこまないで 1

    両親がほぼ同時に倒れた状態を経験しました。
    父が倒れてすぐに母が事故に遭い、別々の病院に入院。
    その後、数ヶ月で父は亡くなり、母は今はサービス付き高齢者向け住宅に入っています。

    私には兄弟がいるので、配偶者たちも含めてみんなで協力して分業することができました。
    在宅介護というわけではありませんでしたが、あの状況を一人で乗り切るのは無理だったと思います。
    母は歩けるまでに回復しましたが、転倒すると寝たきりになる可能性が高く、段差のある自宅で一人暮らしは無理があり、日常的に見守りがある環境が最適と考えて、サービス付き高齢者向け住宅に入居させました。
    仮に誰かがいっしょに暮らしても、ずっとつきっきりで見守ることは不可能ですから。
    基本的には賃貸住宅なので、多額の入居金も必要ないですし、うちはなんとか年金でまかなえています。
    スタッフはきめ細かく面倒を見てくださり、買い物や通院にも付き添ってくれます。
    ゆくゆくはショートステイなど、高齢者用の施設を使うことを視野に入れた方がよいと思います。
    こういった各種施設は対応もまちまちで、見学してみると雰囲気がわかります。

    長くなるので、続きます。

    ユーザーID:3077008721

  • 一人で背負い込まないで 2

    介護保険の認定はお済みですよね?
    ケアマネさんは、場合によっては交代してもらうのも手です。
    周りの方に、評判の良いケアマネさんを紹介してもらうとか。

    福祉のサービスはこちらが調べないと誰も教えてくれません。
    自治体のサイトなどで探してみるのもいいですし、ケアマネさんや地域包括支援センターなどにどんなサービスがあるか教えてもらってください。
    自治体によりますが、細かい助成制度などもあります。

    私は働いていなかったので背負い込んだ部分が多く、精神的に病みました。
    渦中では忙しく動いていて自覚できませんでしたが、気づいたら身体に異常が出るほど精神的に追い詰められていました。
    今は自分が直接動くこともほぼなくなり、心身ともに休めていますが、休養は大事です。手遅れになる前に、お金は多少かかるかもしれませんが、極力人の手を借りて予防してください。

    眠り猫さんのように責任感が強くて真面目な方は、自分を追い込む状況を作りやすいと思います。
    ご両親への思いもおありでしょうが、時には割り切ることも必要になります。そこに罪悪感を感じたりする必要はありません。
    絶対に一人で背負い込まないでくださいね。

    ユーザーID:3077008721

  • 仕事辞めないで。

    自分一人で親二人を看取るのは、精神的にも辛いです。
    ケアマネさんや、いずれ入所をする施設を探して、デイサービス・ショート・ヘルパーさん等を利用しましょう、

    介護保険制度のサービスが助けてくれます。1人で介護する主さんの、力になれます。是非、そういう関連の場所や人と早くから関わってください。

    1人では無理になるかもしれません。そういう人たちや施設と連携をとりながら、そこを乗り越えてやっていきましょう。プロにはプロの知恵があります。

    第2の家や第2の家族になってくれる施設や職員さんたちに出会えるといいですね。

    仕事はやめてはいけません。仕事して、自分のお金も貯め、自分の老後にも備えましょう。年金も将来シッカリ受け取れるように、

    仕事は辞めずに、親を施設でお世話になるなどしながら乗り切って。

    ユーザーID:3681844901

  • 同じです

    私も54歳1人っ子。
    認知症で、大動脈乖離がある父、慢性心不全と脳梗塞、腎臓の悪い母を1人で看ています。

    冬には父が入院し、現在母は脳梗塞で入院中、元々実家近くに住んでましたが、今は認知症の父を1人に出来ないので実家泊まりで夜病院へ行ってます。

    うちは毎日ヘルパーさんが来てくれてますが、やはり認知症の父と、最近脳梗塞になった母でやはり頭が完全ではなく、親の行動にイライラしてしまいます。
    イライラしてストレスで蕁麻疹が3ヶ月くらい出てました。
    早くいなくなればよいのに、とか思ってしまう時もあり自己嫌悪に陥ります。

    最後の親孝行と思ってやっていてもイライラしたり自分の趣味が全くできなくなってしまった事などを思って、もうこんか生活嫌だ!と思って泣いたりすることもあり毎日気持ちが揺れています。

    そんな時はやはり介護した友達にあって気持ちを吐きだしています。

    でも、私も、私が出来る限りは自分の力で色々やりたいと思っています。
    やはり後で後悔のないように‥それだけを考え、毎日を消化しています。

    介護って、本当に大変です。特に認知症だと‥、
    修行と思ってます。

    一緒に頑張りましょうね!

    ユーザーID:0165018053

  • 誰もが通る道

    私は一人娘で嫁に行きましたが
    同じ市内に実家があったので主様と似たような状況でした。
    老いていく両親を訪ねる度
    これからどうなるんだろう、とやはり不安な気持ちでいっぱいでした。

    でも私が52歳の時、高齢でも元気だった父が介護すらなく突然亡くなり
    残された母は、とても気丈な人だったはずがどんどん衰えて何もできなくなり
    予想もしていなかった展開になりました。
    それから息つく暇もなく走り抜けて気付いたら4年たっていました。
    母は最近施設に入り、申し訳ないけれど少しほっとしています。


    どうなるかなんて取り越し苦労しても仕方ないです、
    その時になったら必要なことを一生懸命やりこなすしかないと思います。
    辛いことを書いてしまってごめんなさい、でもあなたを応援していますよ。
    くれぐれも自分のための楽しい時間だけはきちんと確保しておいてね。

    ユーザーID:2421175861

  • 不安感にとらわれますが

    私も独身で仕事をしています。
    兄弟はいますが介護にはノータッチ、一人で7年間両親を在宅介護し現在は二人とも有料老人ホームに入所しています。
    費用は大変高額ですが、親の年金、貯蓄、私の資金、兄弟の少額の援助でしのいでいます。

    結論を申します。
    ◎仕事は絶対に辞めない。自身のためでもあるし、介護はお金がかかります。

    ◎自分の健康、幸せを第一に考えるようにする。親もそれを望んでいるはず。

    ◎ギリギリまで我慢せず、早めに施設入所を考える。介護は早め早めが肝要。
    そのための施設見学をしておく。
    施設入所はプロによる質の高い介護を受けられると肯定的に考える。

    ◎子供は頻繁に足を運び、精神的に親を支える。

    ◎兄弟の援助は期待しない。
    資金援助があったら万々歳。

    ◎結果がどうであれ、最善の道を選んだと自信を持つ。

    先行きの不透明感が漠然とした不安を抱かせているのだと思います。
    大切な大好きな親と良い関係を維持していくために、経済的に許されるなら施設入所を視野に入れてみて下さい。
    心から応援しています。
    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:9893266047

  • 応援します

    私もすべての決定を自分でしなくてはいけない不安に押しつぶされそうでした。
    自分で考えて自分で決めて・・・繰り返さないと次へ進めない・・
    それでももがきながらでも前に進んでいるから大丈夫です。
    病院のソーシャルワーカーさん 包括センターさんやお友達 先輩 けっこう身近に相談にのってくれる人はいますよ。
    応援します。

    ユーザーID:9267499267

  • 頑張り過ぎないで下さい

    私も今母親を在宅介護をしています。
    父親も高齢ですがまだ自立して元気なので、助かっています。
    しかし介護の主は私しかいませんし、父親に相談しても余り関わってくれません。

    そして母親はアルツハイマー型認知症なので、どんどん壊れていくのがとても辛いです。

    私も同年代で独身です。仕事はフルタイムでしたが退職しました。理由は仕事に年齢的限界を感じ、丁度母親の介護も必要になって来た事と重なり決意しました。

    でもトピ主様が仕事を辞めたく無いので有れば、介護の理由では退職しないで下さい。

    働きながらの介護は出来ます。もちろん職場の理解が必要ですが、上司やケアマネと相談しながらギリギリ迄頑張って下さい。

    私も両親を見送った後を考えると、身を切られるぐらい辛いです。
    仕事をしていれば淋しさ辛さに、気が紛れただろうと思う事もあります。

    ユーザーID:1976239251

  • ありがとうございます。

    トピ主の眠り猫です。みなさま、たくさんの心あたたまるレスをありがとうございます。励ましや共感や貴重な体験談など、ひとつひとつ丁寧に読ませていただいています。まとめてのレスになることをご容赦ください。

    多くの方からすすめていただいた介護保険の利用、ケアマネさん、デイサービス、そしていずれは施設の利用などももちろん視野に入れています。ただ、現在は父は普段の生活が送れていますし、母は杖ありで歩行が可能という理由から、要介護も要支援も認定されないそうです。リハビリ病院入院中にコーディネーターさんと相談もしましたが、今の段階では、母は自宅で家族だけの移動介助で十分生活できるからと。これから先、要支援・要介護認定がされたらもちろんいろいろなサービスは積極的に利用したいです。

    自宅は、母の退院時に合わせて必要な場所にてすりやスロープをつける改修を行いました。昼食はお弁当を作り置いていきますが、宅配弁当サービスも検討しています。困るのは、父が大動脈瘤の手術のために入院した場合です。転倒が心配な母をひとり置いておけないのですが、私の仕事は繁忙期だとまず休めません。続きます。

    ユーザーID:0277461866

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ありがとうございます2

    トピ主です。続きます。少し愚痴になりますが・・・・。

    昨年末の母の骨折の時から数えると、有休をけっこう使っています。入退院、転院、手術のときはもちろん、父の病気の検査も車で2時間の距離の総合病院での診察だったので1日がかりでした。母が最初に3週間ほど入院した緊急病院も、車で1時間の距離だったので毎日は行けなかったけれど、一日おきに仕事を終えてから通いました。往復2時間運転して帰宅すると夜8時でそれから家事やら持ち帰った仕事やら(あの時期は通院のため残業ができないので持ち帰って仕上げました)

    休むと職場にも迷惑をかけますが、自分もその分の仕事が滞るので大変です。そして気持ちにも時間にも全く余裕がなくなり、きついので、それならいっそ早期退職を・・・と思ってしまったわけですが、そうですよね。自分のためにも仕事はやめるべきではありませんよね。親もそれを望んでいるわけではないと思います。施設や人を雇うこと、前向きに検討していきたいです。

    そして、多くの方がすすめてくださったように、ささやかな息抜きの時間や場所を確保していくことも大切ですよね。でないと続きませんよね。

    ユーザーID:0277461866

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ありがとうございます3

    みなさんのレス、本当に励まされます。同じような境遇の友達や同僚が周囲におりませんので、こちらでみなさんのお話を伺えて、私ひとりではないんだって力を貰えます。ありがたいことです。

    よろしければ、もう少しおつきあいください。
    その時が来たら、きっとやれると励ましてくださってありがとうございます。また、一人でなんでもやるのは大変だけど、異論を唱える係累がいないのはたしかにやりやすいのかもしれません。そして、私も介護に疲弊したとき親に対して「はやくいなくなってほしい」と思う時もあるかもしれません。母は少し自己中心的なひとでもありますから、本人の辛さも手伝ってわがままや無理も言いそうな感じもするので。でもその時その時を精一杯切り抜けていくしかないですよね。

    息抜きはとても大切だと思います。今までも休日の大半は、親を買い物や食事や日帰り観光などに連れ出すことに費やしてきましたが、時々一人で行く映画と、年に一度だけ行く一人旅が息抜きでした。リフレッシュ効果最強の「一人旅」は介護が始まったら封印するしかないですが、みなさんは、介護中にはたとえばどんな息抜きをされましたか?

    ユーザーID:0277461866

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 介護専門の掲示板で相談

    「介護 安心」で検索するといいと思います。

    介護に関するいろんな相談ごと、悩みごと、それらへの専門家や家族からのアドバイスなどを見ることが出来ます。
    もちろん、相談することもできます。

    私からのアドバイスは、数年先のことを思い悩んでも仕方ない。です。
    動脈瘤の手術はすることになるかもしれないし、しないで済むことになるかもしれません。
    ほかのことで思ってもいない時期に入院することになるかもしれません。

    いつ何が起きても対応できる心づもりをして情報を集めておきましょう。

    年老いて弱っていく親の姿を見るのはさびしいものですね。
    だからこそ、トピ主さんの生活、人生を確立しておいてください。
    仕事は収入のこともありますが、「親の関係しない世界」としても重要だと思います。

    ユーザーID:7708933860

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧