若い時自分だけよければいいのか!?と言われた私(独り言)

レス8
お気に入り12

南国

ひと

昔の事を思い出しました。

高校卒業の前後だと思います。前年に新築したばかりの家を残し父が、病気で亡くなったばかりでした。短期間でもアルバイトをしてくれたらいいのになぁ〜と母は思っていたようですが、私は「社会に出るのが怖い」と内心思ってました。
昔ですから、ちゃんと就職先は決まっていました。他県ですが卒業生を毎年受け入れている企業です。当時はそうやって故郷を離れるのは普通の景色でした。
結局、アルバイトはしませんでした。その時に「自分さえよければいいのか」と母に叱られました。
母の好物をだまって食べた時も同じように言われた気がします。
誠に不出来の娘でごめんなさい。あれから40年近く、私は自分勝手から卒業できたかな?と心の中で思います。
人が人として成長するには経験しかないかもしれません

ユーザーID:1088061976

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どうなんでしょうね

    高校卒業から40年。もう当時のお母様よりお年を召していらっしゃるのでは。こちらも親になると、自分の親の勝手なところも見えて来るし、そんな親が逆に許せたりしますよね。

    ユーザーID:8081502611

  • 母親が察してチャンなだけでしょ?

    トピ主が自分勝手とは思いません。

    巣立つまでは子供の面倒は親が見るのが当然。
    夫が亡くなったからといって、その分子どもに働かせようと思うのが間違いでしょう。

    助けてくれたら嬉しい、そう思うのは仕方ないにしても、責めるのはお門違いもいいところです。
    まして、頭下げてお願いされたわけではないのでしょ?

    親のプライドで頭は下げず、でも察して援助はしろ、しないお前は自分勝手だ、は、ない。

    かくいう、私も母親と似たようなことがありました。
    母は「自主的に助けてくれる親孝行な娘と、そんな娘を持った私」と言う美談に浸りたかったようですが、知ったこっちゃありません。
    私は自分の欲しいものを自分でバイトしてお金を貯めて買っただけです。
    経済状況省みず私立校へ進学し、欲しい物は親に強請る姉に比べたら、よっぽど親孝行だと思うんですけどね。
    実際、母親にもそう言いました。

    トピ主は不出来な娘ではないと思います。
    むしろ、お母様が親として不出来だったのです。

    ユーザーID:0353661295

  • 独り言に

    レスしてごめんなさい。

    私の記憶では道徳の時間に、
    「自分のことだけを考える人間にはなるなよ」
    というお話を受けた記憶はあります。

    トピ主さんの例は、
    「自分だけ楽するな。親のために家のために負担しろ」。
    そんな親の気持ちがわかっちゃう。
    親があなたを労働力としてみなした瞬間です。

    高校卒業時期とは言え、
    のんびり娘にはキツいね笑。

    お父さんが他界されて苦しく不安なお母さんの事情はわかる、でも、

    失礼ながら、
    トピ主さんの親は「人に罪悪感を持たせる」タイプの性格だったですね。

    親の好物食った件もそう。

    「母ちゃんの好物食ったな。母ちゃんが食おうと思ってとっといたのに」
    とは言えない。
    ここでもねっとりと罪悪感を持たせる笑。

    確かにこういう手法はあるし、
    性格的なものですよ。

    弱い立場の人や、貧しい親が、
    相手の立場や情に訴えるという。

    でもその手法を子供につかうと子供にはトゥーマッチ、
    逃げ出したくなる、という感じはする。

    でも、
    それも40年前のこと、
    昭和50年は。

    時代。

    お母様を悪く言って誠に失礼いたしました。

    トピ主さんは、
    とてもいい人です。

    ユーザーID:3351326480

  • 母親の嫌味が心に突き刺さったのでしょうか

    娘が罪悪感を抱くような言い方をする人で、マインドコントロールされている部分もあると思います。

    母親の好物を食べちゃうとか、普通は親も怒って謝って終わりですよ。卒業までの短い間に短期バイトしたって、大して稼げないし、普通は保険にも入っているのに、おかしいですよ。 高校卒業までは親が子どもを守るのは義務でしょう。 後から嫌味っぽい言い方するのは、母親が良くないと思います。

    私の親は、お小遣いは増額してもいいから、学生の間は勉強してもらいたいって言っていました。 親は子どもの幸せの為なら、何でもしたいし、いつでも飛んで行っていいっても言っていたので、トピ様の母親の息苦しい束縛には、共感できません。

    トピ様が不出来なのかどうか分かりませんが、本人が不出来と感じるように育ててしまったなら、お母様の子育ても問題があったんじゃないかなと思います。溢れる愛情を注いでもらったからこそ、母親を思いやる心が生まれてくるものじゃないでしょうか。因果応報ってこともあるので、娘だけが悪いと思うような思考を植えるつける人は、問題があるでしょう。

    ユーザーID:5486234141

  • 皆さん、レスありがとうございます。

    確かにその当時の母より年を取ってしまいました(笑)

    しかも母はまだ元気です。すごく長い時間が過ぎましたが振り返れば、昨日の事のように色々、思い出せます。

    あれは母の嫌味だったのか?少し鈍感な私にはちょうど良かったのかもしれないです。

    あなたは悪くないと言ってくださり、それでもやっぱり母と娘って難しいのかなと、涙ぽろりと落ちそうでした。

    ユーザーID:1088061976

  • 取り返せない子供時代を奪う親

    「子供時代を奪われた子供ほどかわいそうなものはありません」海街ダイアリーの長女のセリフです。

    お父様が亡くなられたのは誰のせいでもありません。私も15歳で父を亡くしているから言いますが、お母さまは娘に甘え過ぎです。もともと頼りたい人で察してちゃんなんでしょう。カラッとした人なら好物食べられたって「そりゃないよ!」と笑い飛ばしますよ。要するに八つ当たりですから、あまり気に病まなくていいです。親がそんな風では、無邪気に過ごせなかったでしょうね。未成年の間くらいは、自分のことを考えていいんです。適切な時期に安心感で満たされてこそ、他者を思いやる大人になれるんですから。

    ユーザーID:6088412641

  • その母に悩む値はないよ

    私も子供のころから母親に言われましたね。

    「自分さえよければいいのか」とか「働かざる者食うべからず」とか
    思春期の反抗期のころ言われました。

    50才過ぎるまでその言葉に縛られましたが、世の中がわかってくると
    それは母親自身のことなんだと気が楽になり、もう相手にもしていません。

    お葬式にも行くつもりはないし、介護なんてとんでもない。
    昔のお返しを無関心という形で返しています。

    もう誰も頼る者がいない母親ですがどうなろうと知ったことではありません。

    見栄ばかり張って親らしいことをしなかったのに、私が子供らしいことを
    する義理はないですしね。

    ユーザーID:2050866955

  • うーん

    高校卒業くらいの子供に
    バイトをさせて、お金を入れさせたいと企んだ母
    その時お母さんは何をされてたのでしょうか?
    自分さえよければいいのかという言葉は
    そっくりそのまま、お母さんに返せると思います。

    私には大学生になった娘がいます。
    何かあったとき、娘に迷惑をかけるなら
    自分で何とかしたいと思います。
    好物を食べられても、平気ですよ。娘にあげたいです。

    私の母も、子供にさせればいい!という人でした。
    私が入院せずに日帰り手術をしてもらうと言ったら
    食事なんて娘に作らせればいいじゃない〜!と言ったんです。
    なるほど、だから私が子供の時も、一度もお弁当もつくらず
    自分のしたいことをしていたんだなぁと納得しました。
    こればかりは考え方が違うとしか言えません。
    そういう母親は子育てをしているという感覚がないのでしょうね。
    使えるものは使うという感覚でしょうか。
    それも自分が楽になるためにね。

    ユーザーID:1699697085

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧