喉仏の納骨

レス9
(トピ主1
お気に入り26

生活・身近な話題

evm

亡母の納骨は終わりました。喉仏も一緒にしたいとお上人に言ったら「それはお寺で供養します」と言われ70代の父も同じ考えでした。私の意見を押付けても無理な雰囲気だったので、その時は承諾しました。

でも喉仏の納骨は本山の京都に持っていく必要があります。家から車で5時間掛かり、山奥で、奈良に近い場所です。

何故そんなことをするのか調べたら「お墓を供養できる人がいなくなったとき、喉仏を本山で永代供養できる」という意味です。父に聞いても「本山に喉仏を納骨するのが習わし」と言って聞かないです。

本音は一緒に全骨すれば良いのに、そんな習わしの為時間とお金が費やされるのかと思うと嫌です。信仰心が厚い人にとっては「不躾にも程がある!」とご立腹でしょうが私の考えです。
まだいつ喉仏の納骨するかは決まっていませんが、今秋頃と父は言っています。忘れてくれれば良いけど、そのことに関して忘れません。

1.秋頃は繁忙期で休日出勤も余儀なくされて、同行は無理だ。行くなら父が一人で行って欲しいと言う。
2.近くまで在来線と普通電車で行き、レンタカーを借りて本山に同行する。
3.その他

こっそりとお墓に行き喉仏以外のお骨と一緒にしたら?という人もいましたが、父が生きている間は出来ません。
みなさんだったら、どうしますか?良い知恵があったらお教え下さい。

ユーザーID:5350406398

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お父さんの希望を叶える

    ただし、秋の繁忙期をさけてそれ以外の季節で同行するのがいいと思います。
    本山への喉仏の納骨って急ぐ必要はないですよね?夏を避けるのはお父さんが暑くてしんどいから…というなら、秋のトピ主さんの繁忙期を避けるのもまた当然の理由となります。

    私個人としてはお骨を分ける風習は実家にはないので、分けなきゃならないの?と思います。夫の実家は分けて納骨しているようです。大阪の四天王寺さんだったかな?うちは次男なのでお墓は継がないけど、義兄は受け継ぐのかもしれません。夫が自身の骨をそうして欲しいというなら、希望は叶えます。

    トピ主さんの場合はお父さんが希望しているので、やはりそれを叶えるしかないのでは?人の道に外れるような要望じゃないですし。お父さん自身の時も同様です。
    秋以降に出来ないなら、同行できないから行って来てね…でいいと思いますよ。

    ユーザーID:3550849209

  • うちの実家も同じです

    3.その他
    トピさんの比較的都合のつけやすい時期に、調整し、同行する。

    確か、うちは一周忌以降だったと思います。

    お母さんのお骨を、習わし通りにお弔いすることで、お父さんも安心なさるのではないでしょうか?

    知らずにしないのと、知っていてしないのとでは違いますし。

    ユーザーID:6188050001

  • 大変ですね

    トピ主さんの時間が取れる時期に行く。
    お父さん1人で行く。

    納骨の時期には決まりはないようですから、柔軟に考えても良いのでは?

    ユーザーID:8112387318

  • 浄土真宗の人にしかわからない風習

    私の実家も浄土真宗ですが、他の宗派の人はそういう習わしはないようですね。本願寺派の人の習慣みたいです。

    なので、別にやらなきゃいけない事でもないです。その家庭それぞれで今時はいいと思う。私は都内に住んでるので余計に思いますし、地元にいる弟がどーしよーって言っていたら、取りあえず、家に置いておけば?で、落ち着いた時に冷静にみんなで話し合うか、もうこっそりお骨を自分の家のお墓に埋葬し、自分たちだけで京都に行きなさい(お骨おさめした風を装うため)。とでも言うかなあ。

    ま、うちはそれ以前に兄弟ともに子供がいないのでお墓自体をどうするかで、喉仏とか言ってる場合ではないのですけど。今はそういうお家は多いので、50年後には廃れているかもしれないですね。どの宗派関係なく、お墓の形態も今とはきっと違いますよ。

    そんな事で言い争うのは故人は望みません。お互い自分の気持ちばかりではないですか。

    浄土真宗だけだし、きっと本来の意味は違うんじゃないかなって。私は喉仏は仏様の形に似ているとか何とかで、仏さまの元(本願寺)に戻すんだよーみたいな事を聞きましたよ。これもホントかどうか…。地域性もあるのかも。

    ユーザーID:1059610929

  • 今すぐには難しいと思いますけど。

    たまたま読みましたけれど。

    喉仏を大事に考える宗派で下世代に引き継ぐまで墓や仏壇管理をすることに決まっている女性です。家の宗派は永代供養は原則ないので、喉仏は一緒に埋葬するように住職に言われました。

    ただまだお若い(でも同年代くらい?)ようなので上世代の言うようになさったら良いのではないですかと思いますけれど。

    >時間とお金が費やされるのか

    お寺を通したら供養に上記のものがかかるのは仕方ない部分もあるようで。宗派変えたある知人は離檀料なども支払ったり。新しく墓地、墓、仏壇をよりも高額な金額をという場合なども。

    何が書きたいかというと、たぶんですけどトピ様とお父様の意見が一致することはないかもと。

    供養に拘る人の気持ちを変えることは難しいのではないかなと。これは経験から思うことですけれど。傍目には随分な出費と思われることでも遺族の心がやすまるのなら良いのではないかしらと思ったことがそれなりにあるので。

    家は1つ上世代夫婦が亡くなり自分の代になってから(それまで待って)様々なことを変更しました。2重の出費になったけれど仕方なかったと思ってます。

    ユーザーID:8645002489

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 親に任せる

    自分は仕事があるから、といって、
    親に全部お任せする。

    あるいは、会社には法事だから、といって、
    休みを取って秋の奈良・京都観光を楽しむ。

    あたりでしょうか。
    まあ、一生に一度のことですから。

    ユーザーID:4883138810

  • あの〜第二頸椎だそうですが

    喉仏という骨はじつは第二頸椎の骨なんだそうです。

    ネットで 火葬 喉仏 で検索してみたら出てきます。

    ユーザーID:3415723988

  • お父様の気持ちに寄り添ってあげてはいかがでしょうか?

    基本はお父様のなさりたいようにして差し上げてほしいと思います。

    お母様がおいくつかは分かりませんが
    お父様と同年代であれば長寿の昨今では
    お若い旅立ちではないでしょうか。
    お父様はまだ色々お母様にしてあげたい事もあったかと。

    今回ばかりはお父様の気持ちに寄り添ってあげてはいかがでしょうか?

    全ては残された者の気持ちです。
    それでお父様が納得なさるならお金ではないと思いますよ。

    ユーザーID:9611906845

  • ありがとうございました

    みなさん貴重なご意見ありがとうございます。
    父の希望意見を最優先にして進めていきたいと思います。

    今すぐでは本当に難しいです。夏は両親と私が暑いのが苦手で涼しくなった秋頃ならどうだという事です。喉仏なのでいつしても良いかもしれません。お互いの都合が良い時期で、お互いが納得した交通手段であれば行こうと思います。

    今は父を優先にして考えます。世代交代すれば、私のやり方で供養や納骨をしていきます。それまでは「私ならこうする」と考え父には「そうだね」と理解した言い方をしていきたいです。

    ユーザーID:5350406398

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧