生活・身近な話題

性格が悪くなってきました、直したいです

レス27
お気に入り92

菜の花

話題

アラフォーです、最近自覚する程性格が悪くなってきました。
人と話す度に自己嫌悪です。
どうしたら直りますか。心持ちを変えて改心したいです。

ついやってしまう自覚している嫌な言動としては、
人がまだ話しているのに、途中から自分の話を被せてしまいます。
上司、先輩、夫、両親、友人など、誰に対しても毎日何回も。
しかも急いで言う程、大した名案でもなく、多少要約しただけ等。
なのに頭に思いついたら直ぐに言いたくなります。

そして雑談中も。それに繋がる自分の知識をひけらかす事に集中し、
相手の話をゆっくり聞いたり、自然に広げる事が少なく、
毎回オチをつけないと気が済まないというか。。。
その人よりも私の方がより詳しく知ってる!というアピールがしたくて仕方ない感じです。

あと、気軽な雑談を自分からあまり出来ません。
話しかけようと思っても、これは失礼じゃないかとか、
これはつまらないんじゃないかとか、色々考えすぎて結局話せず。。
会話上手でコミュニケーションの達人のような人が羨ましいです。

お礼を言うのも苦手です。タイミングや必要性を考えすぎて、
今さら?とか、わざわざいいのに、とかどう思われるかを気にし過ぎて
面倒になり、結局言わずに終わったり。。。
女性はまだ多少話せますが、社内の男性とはうまく話せません。
身だしなみだけは必要以上に気をつかっていますが、
笑顔は少なく、基本無表情で近寄りがたい雰囲気もあるかもしれません。
中身が空っぽです。

心の中では常に人に対して上から目線で、
そのくせ面倒臭い事は人に頼りがちです。
自分の意見が無いし、落ち着いた大人の会話が出来ません。
もっと人に対して感謝の心を持ち、広い心で接することが
出来たらいいなと思います。
オススメの本や喝など何でもお願いします。

ユーザーID:6961903441

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数27

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 確かにね

    人に嫌われる最悪のパターンです。
    人の話を遮って割り込む、お礼を言わない、上から目線でものを言う。

    簡単に性格を直せると思っているのなら、大間違いです。
    本なんか読んでも無駄です。

    まずは、他人が自分のために動いてくれたら、真っ先にお礼を言うことです。
    あとは、他人の話を黙って聞いていなさい。
    意見を求められたときだけ話すように心掛ければ、ずいぶん印象が違ってきますよ。

    ユーザーID:8853913276

  • お励み下さい

    >オススメの本や喝など何でもお願いします。

    岡本かの子「散華抄」中公文庫

    トピ主様が書かれているような事に対する答えがあると思います。

    但し、それを読み取ろうとする努力が必要です。

    >アラフォーです、最近自覚する程性格が悪くなってきました。

    年齢的な事もあると思いますので、必要以上に、自己嫌悪なさらない事も大事と思います。

    お励み下さい。

    ユーザーID:9384852160

  • 分析すると…

    ・人を落として自分が優位に立つことでしか自分を保てない。
    ・中身がないために劣等感を感じやすい。いわゆる「自信がない」。←ここが大きい。
    でもそれを見抜かれたくない。
    ・プライドが高い。気位が高い。

    こんな感じでしょうか…

    私の周りにいて、自覚がないその人に悩まされてますが
    ただ、自覚があるだけ良いことなんですよ!これから変われるって事ですから。

    大事なのは「人に優劣はない」という事だけは知っておいて下さい。
    得意・不得意な分野はあっても、それで優位に立とうとする人間は自信がないか、傲慢な人間です。

    コミュニケーション下手だからって劣等感感じる必要もない。それで見下す人は避けてください。
    上手くなりたいなら、話術を学ぶつもりで盗む。そして上手くなっても出来ない人を見下さない。
    分かる人は「ああ、よく喋るが未熟な人だな」と見抜きます。
    好感を持つ人を参考にするといいですよ。
    相手がどんな人でも尊重する気持ちを持つといいですね。

    自分で気付いているだけ前進ですよ。

    ユーザーID:5621434235

  • サンタクロースの部屋

    見えないものを信じるという心の動きは、幼い日にサンタクロースを信じることによって培われる。
    心の成長に大切なものは何かを教えてくれます。

    サンタクロースの部屋、松岡享子著 こぐま社

    大人の自分におすすめします。

    ユーザーID:7041675942

  • いわゆるオバサンになったと言う事ですね

    トピ主さんが10代20代だった若い頃、オバサンってやだなー…と思った事無いですか? 

    今のトピ主さんみたいな感じの人にそう思いませんでしたか?
    けっこう多数の女性が加齢でオバサンになってそういう性格になりますね。
    オバサンのステレオタイプと言うか。

    ですので性格が悪くなったわけではないですよ。

    禅寺にでも行ってみたらけっこうスッキリしますよ。

    ユーザーID:0354067026

  • 性格が悪いんじゃなくて、要領が悪いだけ

    自覚して、反省している時点で悪い人だと思えないのですけど・・・
    不器用で本来の良さが人に伝わりづらいでしょうね。
    うちは夫婦してそんな感じです。人に勘違いされて損することがとっても多いです。
    答えになっていなくてごめんなさい。でもあなたの気持ちがよくわかるので応援の気持ちでレスしました。

    ユーザーID:2189126017

  • 話さない

    沈黙は金と昔から言います。

    ユーザーID:9556899807

  • 上手く言えないけど

    多分自分の事ばかり考えているのだと思います。

    話の途中で話したくなるのは、聞いてる最中に自分の意見やアイデアが沢山浮かんでくるからでしょう。

    初めしか相手の話を聞いていないのです。
    後は自分にの事に夢中。
    兎に角、相手に気を向けるのです。
    傾聴のトレーニングとかやってみるのも良いと思います。

    雑談をするのも、タイミングを計るのも 相手ありきです。
    自分の話でなく相手の話を引き出す。
    相手のタイミングを見る。


    ご自分でそこまでわかっているのなら、直せることは出来ると思います。
    ただ、自分に気を向ける癖がついてるので、かなり意識しないと 難しいかと思います。

    >面倒臭い事は人に頼りがち

    これ、一番いけません。
    自分が面倒臭い事は、人も同じ。
    それを人に押しつけるのは 自分の事しか考えてないからです。

    ユーザーID:5706220036

  • 大丈夫それは加齢よ

    みんな同じ。中年以降からそうなってくるのよ〜。

    ようこそ〜華麗なる加齢の領域へ〜〜〜〜(花吹雪・花吹雪・きらきらきらきら〜ラメもサービス)


    漫画でも読むと若い人の感性がなんとなくわかった感じになれます。たぶんそういった文化や風潮など新しいもんを聴いたり見たり触れるのが良いんだと思います。

    ユーザーID:8066226365

  • 似過ぎ・・・

    この文章、私の事かと思うくらい、
    菜の花さんと私、そっくりです。

    私もアラフォー、年々自分の性格がゆがんできてるのが分かりまが、
    私の場合、そうじゃないと生きて行けないです。

    あなたが言うように、人に対して感謝の心を持ち、広い心で接したいと思っても、そこにつけ込まれて、ホント嫌な思いばかり。

    何回も何回も嫌な思いをして、その都度「そんな人ばかりじゃないよ」と気持ちを持ち直してきましたが、40年生きてくれば社会がどんなものか、そこで働く人間がどういうものか分かってきます。

    結局、使うか使われるか、傷付けるか傷付けられるかなんです。
    ね、性格ゆがんでるでしょ(笑)

    それでも、汚い人間にはなりたくない、困ってる人がいたら助けられる人間でありたいと思ってます。

    こんな私はスポーツ観戦とお笑いを見て、人の心を忘れないようにしてます。
    これからの季節、高校野球をTV観戦するのもおススメですよ。

    100試合あったら、100の感動がありますから。

    ユーザーID:5750617980

  • もう答えはできている・・

    自分の悪いところを 全部わかっていて とても分析できているので あとは実行に移すだけでは?

    少し気をつけるだけで 少しずつ変わってくると思いますよ。 一気に・・と焦らず 今日はうまくいったと 自分を褒めながら 気をつければいいと思います。

    分析力は高いので あとは相手の話を聞く 話しすぎない・・

    ユーザーID:4565058766

  • せっかちで、且つ

    頭の回転が早いが為に、色々と気にしすぎる傾向がありませんか。
    話上手も良いですが、聞き上手も人として好かれる要素ですよね。
    焦りツッコミをしそうになったら、口を閉じ微笑む様にして、相手の話を最後まで聞くように心がけてみてはいかがでしょうか?
    じっくり相手の話を聞けたら、持ち前の頭の回転の良さで気のきく返しができますよ。

    ユーザーID:6446841339

  • 人の話を聞かなくなる

    中高年になると経験もしてきているので、人の話を聞くのがまどろっこしくせっかちになりがちです。それだけ頭が固くなったということです。
    今更人の意見など聞いて何になる、私が正しい、と自己肯定感が強くなります。
    だから中高年同士で分かり合うのはなかなか難しい。
    中には馬が合う人もいますし、すごくユニークな考えの人もいますから、良く見極めてお付き合いください。

    ユーザーID:9795135173

  • 笑ってしまいました

    トピ主さんのあまりの冷静な自己分析と、書かれている「欠点」がほとんど自分にも当てはまるな〜と、苦笑いしてしまいました。

    単純に、そこまで自分で認識できているだけでも半分くらいは解決している気がします。話を最後まで聞かないのは女性には多いです。私の周りにも多く、こちらは話を途中で変えられて消化不良になります。これは心して、言いたくなっても我慢して、とりあえず最後まで聞く!を肝に銘じてほしいです。それでも言ってしまったら「…で、話を戻すと…」と、ちゃんと戻してあげてください。とはいえ、私も結構やっている気がします。

    雑談は、基本「相手に質問する」系だと話しやすいかも。なるべく相手が話したそうなこと(子供が生まれたばかりの人には子供に関わること)とか、相手を褒める意味合いのことなら悪くは思われません。

    ただやはり、自分自身に全体的に余裕がないのかもしれませんね。私も歳とともに短気がひどくなり、冗長な話にイライラして話を切ってしまったりします。なので最近は人と会う時に「話そう」と思って会うのではなく「聞くだけにしよう」というつもりで会うようにしています。話すことを諦めるという感じです。

    ユーザーID:3165344005

  • 性格悪いのは100歩譲ったとして、

    お礼はすぐに言いましょうよ!

    今更とか躊躇してる間があったら言うべきでしょう。
    アラフォーでお礼も言えないってかなりアウト。
    性格悪い以前の問題ですよ。

    同世代として情けないね。

    ユーザーID:0959685678

  • 人生の大転換期です。本物を目指しましょう

    そういう問題で悩んでいるのなら、あなたは単なるラッパではなく、知力、感受性、見識は水準以上ものをお持ちとお見受けします。
    ただ自分の客観的評価に自信が持てず、ために他人の評価が気にかかり、常にドヤ顏を向けていないと身が保てないのでしょう。

    石川啄木の和歌に、「ひとかどの 人の如くに 振る舞えり のちの寂しさ 身を刺し返し」という歌があります。
    痛切やるかたない自己の奢りに恥じ入る体験の述懐でしょう。

    あなたもひとかどの人物になりたいという上昇志向はあり、努力しているものの、虚栄心が邪魔して高下駄を履きたい誘惑に
    負けてしまうのです。

    しかし、或る人は40になるのなら、もうその傾向は克服しなければなりません。落ち着きと円熟が求められ人の部類にあなたは
    入るのです。孔子のいう不惑とはその謂いです。

    現在の持てる力量に焦らずコツコツと上乗せを目指しましょう。今の等身大の自分を受け入れましょう。見栄はきっぱり断ち切りましょう。
    聞き役に徹し、あなたの見解を求められた時だけに、核心を衝いた一言で応対できる訓練を自分に課しましょう。

    ユーザーID:9089340568

  • 年下の人は自分と対等です

    若い人は、世間(世界)をよく知りませんので、世界に対して、謙虚に振舞います(怯えを感じています)。

    ところが、年齢を重ねるに従って、世界(世間)を知ったつもりになって、傲慢になります(鈍感になります)。

    でも、それは、若い頃に比べて、体力も気力も落ちているので、仕方の無いことかも知れません。

    この事に触れて、ある有名なタレントさんが

    「人間、四十を過ぎたら、『自分を中心に世界が回っている』くらいの気持ちでなければ、やっていけない」

    主旨の発言をしていました。

    その方は、自らを鼓舞する主旨で発言されたのだと思います。

    もう若い頃の感受性は望むべくもないのですから、自覚を持って、謙虚に振舞うしかないように思います。

    川瀬 一馬「花伝書 (風姿花伝)」講談社文庫

    歌舞伎役者の年齢による振る舞いが説かれていますが、役者以外にも、そして現代人にも通用する教えだと思います。

    私自身では、年下の人が自分と対等であることを、当たり前に受け入れています。

    ユーザーID:9384852160

  • ブラジルコーヒーさんの仰る通りです

    オバサンになったから、ではありません。
    せっかちになったから、ではありません。
    頭の回転が良い訳ではありません。

    人の話を遮ってまで割り込むのは、非常に効率の悪い事です。
    要領の悪い人がする事ですよ。

    人に興味を持って下さい。 最後の『。』まで話を聞いてみて下さい。
    世界が広がると思いますよ。

    ユーザーID:8262657351

  • ありがとうございます

    湯けむりさままで拝見しました。
    分析は出来ているとのことで、あとは意識と行動でしょうか。
    皆様に頂いたアドバイスを纏めたので、意識したいと思います。

    他人が自分のために動いてくれたら、真っ先にお礼を言う
    他人の話を黙って聞く
    意見を求められたときだけ話すように心掛ける
    必要以上に、自己嫌悪しない
    「人に優劣はない」
    得意・不得意な分野はあっても、それで優位に立とうとする人間は自信がないか、傲慢な人間
    分かる人は「ああ、よく喋るが未熟な人だな」と見抜く
    好感を持つ人を参考に
    相手を尊重する気持ちを持つ
    見えないものを信じる
    禅寺にでも行きスッキリする
    要領が悪いと自覚する
    沈黙は金なり
    自分の話でなく、相手の話を引き出す
    相手のタイミングを見る
    面倒臭い事を人に頼らない
    新しい文化、風潮を取り入れる
    人の心を忘れないように意識する
    毎日少しずつ自分を褒めながら変われるようにがんばる
    焦りツッコミをしそうになったら、口を閉じ微笑む様にして、相手の話を最後まで聞くように心がける
    馬が合う人をよく見極めて付き合う
    とりあえず最後まで聞く
    話を戻してちゃんと聞く
    話すことを諦めることも意識

    ユーザーID:6961903441

  • 私もやっちゃってました

    ママ友と話しているとそんな風になりがちな自分に気付き、この人たちが嫌いなんだなと自己分析。
    ママ友ランチのお誘いを断る回数を増やし、買い物などのお付き合いも避け、偶然にも出会った際には大袈裟なくらいニッコリと手を振りサッサとすれ違い、ゆっくりと疎遠にしました。
    今は、お互い気持ちの良い距離の取れる人と楽しい会話を楽しめるようになりました。

    ユーザーID:0142264496

  • 年を重ねても、方向を間違うと賢くならない

    トピ主は、自覚しているので、まだ救いがあります。
    年を重ねても、方向を間違うと賢くならない。

    久しぶりに会った、七十才の妹が「だけど」「だけど」と言うので、
    「まだそんな事を言っているのか。皆に嫌われただろうな」
    妹は小学校の教師でした。
    「だけど」は相手を否定する言葉です。
    「帰る前にもう一度会いたい」と言われました。

    還暦の妻は、何でも即答します。
    外観が良いので、人からは好意的、本人は好きでない。
    頭が良いと思われたいので、即答するのですが、
    クロスワードパズルなどで覚えた答です。
    私から見ると、ロボットの答なので、聞きたくない。
    二ヶ月に十日しか会わないので、助かる。

    ユーザーID:4953515896

  • 同じようなことを

    思ってました。

    こどもの話を聞く幼稚園や、学校の先生、お医者さんをイメージしてみては。

    只々聞く。
    相手が満足であれば自分にとってもいい状態になっている。
    それを感じられたら自然に減っていくと思います。

    安心できる人の方が実践しやすいと思います。

    ユーザーID:5746850681

  • てっぺんさんに同感

    >人に対して感謝の心を持ち、広い心で接したいと思っても、そこにつけ込まれて、ホント嫌な思いばかり。

    >何回も何回も嫌な思いをして、その都度「そんな人ばかりじゃないよ」と気持ちを持ち直してきましたが、40年生きてくれば社会がどんなものか、そこで働く人間がどういうものか分かってきます。

    私も何度も 気持ち新たに切り替えてきましたが
    ついに昨年41過ぎて その糸も切れました。


    私も優しくすればするほど つけこまれてばかりで
    もう いやになりました。

    なのに 人は私にレベルの高さを求めてきます。

    ユーザーID:9832635899

  • 意地悪ばあさんがたまに人に親切にすると感動して感謝されます

    醤油をとって渡しただけで感謝されます。そんなかんじです。

    ユーザーID:8066226365

  • わかる・・・

    40女、ほんとわかります。心当たりあります。
    でも自覚してるだけで、だいぶ違うと思うんですけどね。

    私はしゃべりたくなったら「しゃべって後悔よりしゃべらない後悔のほうがマシ」「自分では話したりないくらいの方が、ちょうどいい」と言い聞かせてます。

    気軽な雑談のとっかかりは「天気」これにつきます。
    「暑いですね、体調崩されてませんか」
    「雨続きですっきりしませんね」
    ・・・という、どうでもいい話で10分は持ちます。

    あと、中年になったら「笑顔」!これにつきます。へらへらというのではなく、ニッコリ。顔の筋肉こわばってませんか?

    渡辺和子さんの本はどうでしょうか。カトリックのシスターの方で、少々キリスト教色がありますが、比較的受け入れやすいほうと思います。

    ユーザーID:8477558219

  • 自信をもって

     こんなに自分のことがわかっておられるのですから、いつでも変われると思いますよ。基本的に自分に自信が無いのですよね。お薦めの本は『嫌われる勇気』という岸見一郎さんと古賀史健さんの本です。

    ユーザーID:6362804051

  • ありがとうございます

    その後もレスを頂き、ありがとうございます。
    お時間割いて貴重なアドバイスをしてくださり、
    本当にありがたいです。何度も読み返しています。

    周りの人にはなかなか相談もしづらく、
    こちらで相談出来てよかったです。
    アドバイス頂いたことを念頭に過ごしていたら、
    相談した時の自己嫌悪で最悪だった時に比べて
    だいぶ楽になってきました。

    人の話を遮る頻度はだいぶ減り、穏やかになれました。
    人の話も最後までしっかり聞くようになれました。
    私にその話をしてくれて、ありがとうという気持ちで
    しっかり最後まで聞くようになってきました。

    雑談もまず天気の話からという提案も頂きましたが、
    まさにそれを意識して、暑いですねぇなんて所から
    色々な話に流れるものなんだなと実感しました。
    今までの私だと、暑いですねぇの一言が言えず
    会社でそれ程親しくない女性とも話せずだったのですが、
    その一言で場も和みキッカケになることに気付きました。

    普段接する事も出来ない幅広い年代の方から
    長年の経験を通してアドバイスを頂けた事に感謝しています。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6961903441

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧