不動産仕訳について教えて下さい

レス6
お気に入り15

よしえ

働く

現在不動産事務をしているのですが、仕訳で分からないことがあります。
教えて下さい。
Aさんが入居することになり、
「借方」現金¥230,000/「貸方」預り金(家賃他)¥60,000
           「貸方」 売上(賃貸)¥30,000
           「貸方」 預り金(火災保険)¥30,000
           「貸方」 預り金(家賃保証)¥110,000
このように仕訳ました。
その後、貸方の預り金を消すので、
預り金(家賃他)はオーナーに¥60,000払い借方にいれました。
預り金(家賃保証)¥110,000を保証会社に入金したので借方に¥110,000入れました。しかしその後2日で入居者が退去したいとなり、保証会社から、手数料引いた¥109,784円が銀行に返金になりました。この仕訳が分かりません。ちなみに預り金(火災保険)の¥30,000は、火災保険会社には入金してません。なので仕訳の時点で消した方がよいのでしょか?
すみません いろいろ難しくて分かりません。。。

ユーザーID:9759138818

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 帳尻が合えばいいんでしょうか単純に

    >預り金(家賃保証)¥110,000を保証会社に入金したので借方に¥110,000入れました。

    「貸方」 預り金(家賃保証)¥110,000 だったのでは?

    >しかしその後2日で『 入居者が退去したいとなり』、
    >保証会社から、手数料引いた¥109,784円が銀行に返金になりました。

    貸し方 銀行・支払手数料 216円
    借方  預かり戻し金  ¥109,784円
    客から訳を話して戻してもらうシステムでしょうか、なら
    →借方 預かり戻し金¥216円と、預り金216円(これが銀行・支払手数料の分となる)

    >火災保険会社には入金してません。なので仕訳の時点で消した方がよいのでしょか?

    預かり戻し金 ¥30,000- 借方 でいいのでは。

    なんだか、こういう場合は儲けにならないわね。こういう時は、どこで儲けるんでしょうか?そのまんま返しはしないでしょう?違約金とかあるんでは?ですよね。

    ユーザーID:6117659256

  • こんな感じ?

    預金109,784×××預り金109,784で仕訳して、退去する入居者に預り金を返せばいいです。
    引かれているのは銀行振込手数料でしょうが、ただ単にあなたの会社を経由するだけなので、
    そのままの金額を預り金とすればいいです。

    入居者に返金するときは、預り金109,784×××預金109,784となります。
    振込返金時には、手数料先方負担でしょうから、手数料は仕訳しません。(返金時、手数料先方負担にするの忘れないでね)

    火災保険料の30,000円は、入居者に返金ですか?
    それなら、その分も返金時に預り金を消しましょう。
    109,784円と一緒に返金するなら、現金でもらった30,000円はいったん銀行に入金。(預金30,000×××現金30,000)
    預り金139,784×××預金139,784で、109,784円と30,000円の預り金を相殺すればOKです。

    ユーザーID:5353338856

  • え?

    社内に聞く人は居ないのでしょうか…

    >保証会社から、手数料引いた¥109,784円が銀行に返金になりました
    >預り金(火災保険)の¥30,000は、火災保険会社には入金してません

    情報が不足していますよ。
    手数料\216は振込手数料だと推測できますが
    \140,000をどう処理するか(仕訳上ではなく)が不明なので答えられないですよ。
    恐らくAさんに返すのだとは思いますが。

    >仕訳の時点で消した方がよいのでしょか

    これも意味がわかりません。

    ユーザーID:6948958885

  • 最終は担当の税理士さんにご確認を

    【保証会社から銀行へ入金】
    おそらく振込手数料が引かれていると思われますので、

    (借方)預金 ¥109,784 (貸方)預り金 \110,000
        支払手数料 \216

    【預り金(火災保険)】
    今の時点では処理不要です。
    退去した入居者に返金されたらその時点で、

    (借方)預り金 \30,000 (貸方)現金 \30,000

    となります。

    最終は担当の税理士さんにご確認ください。

    ユーザーID:1900441256

  • Aには保証金を満額返金の契約でいいのなら

    保証会社へ入金した時点で、預り金110,000円は消えているはずだから、返金があった日付で戻すしかない。

    【日付】       【借方】       【貸方】      【摘要】
    (保証会社から入金日)(預金  ¥109,784)/(預り金 \110,000)(保証会社 Aの保証料の返金)
               (支払手数料 \216) /          (保証会社 Aの保証料の返金時の差引手数料)

    で仕訳るだけ。

    火災保険料は、まだ入金していないからって、仕訳しないのは有りえない。
    Aから預かっている時点で仕訳しないと、その日の現金残高が帳簿と合わなくなる。
    それに、イレギュラー処理すれば、税務調査なりで後から帳簿確認した時に???になるよ。

    情報も少ないし、一般的な仕訳としては上記しか回答できないよ。

    会社で仕訳の踏襲しなくちゃいけないだろうし、ここで聞く以前に、過去の帳簿で仕訳確認するなり、周りに聞くなり、恥ずかしいけど顧問税理士に確認するなりすべき事項だよ。

    ユーザーID:8456709987

  • ありがとうございます

    皆様、ありがとうございます。
    解決しました。

    ユーザーID:9759138818

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧