北米に住みたい!

レス25
(トピ主0
お気に入り74

キャリア・職場

ジバニャ

できれば近々北米に移住したいです。または駐在したいです。
主人もわたしも日本人の日本国籍です。

毎年グリーンカードには応募していますが、やはり当たりません。

じき35になる主人は直接アメリカの企業へ転職を考えているようですが、
簡単ではないでしょうし、
受かったとしてもビザの問題もありますし、不安です。

今の会社は出向はありますが、いつ行けるか、むしろ行けるかもわからない状況です。
(人が少なくて激務です。)わたしは日本で転職し、ひとまずは駐在からがいいのでは?
と思いますが、どのように職を探せばいいかわかりません。
現在自動車関連のエンジニアなので、海外営業が一番有力でしょうか?

海外へ行くために転職した方(直接でも駐在でも)、お話を聞かせてください。

ユーザーID:5900388016

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • カナダは?

    カナダの場合、ポイント制でポイントをクリアすれば移民の申請が出来ますよ。一度、自分で正直に採点して、どの程度のポイントになるか計算してみてください。カナダ移民の点数が低ければ、アメリカの移民も現状ではかなり難しいと考えた方が良いでしょう。

    ユーザーID:5359517286

  • なぜ?

    なぜ、そんなに北米にこだわるのでしょうか?
    日本人にありがちな、勘違いの妄想から、でしょうか?

    ユーザーID:2815217063

  • 焦らず気長に待って、運命に任せましょう

    その年齢からの移住は、恵まれた条件で企業に守られた形での駐在員でもない限り、わざわざ異国へ苦労をしに行くようなものです。

    今35歳のエンジニアなら、同じ職種で日本からの駐在として行く形が良いと思いますよ。現地採用は難しい上に待遇も駐在より悪い場合が多いです。

    ご自分で一から始めると困難さから失敗に終わって、移住どころか日常生活さえ危ぶまれる状態になりかねないので、今の会社からの出向を待った方が良いのでは?

    近い将来に転職したとしても、入ったばかりの人にいきなり海外勤務はないと思いますので、いずれにせよ5年から10年くらいはかかるのではないでしょうか?
    また、転職したって、必ずしも海外に行けるとは限らないですよ。

    それよりは今の会社で出向を待った方が早いかもしれませんよ?
    選ばれなかった場合は転職しても選ばれなかった可能性が高いと思って、海外にはご縁がなかったのだと割り切りましょう。

    実際、海外勤務になっている人は自分の意思とは関係なく、仕事の都合で行くことになったケースが大半です。
    本当にご縁があれば、貴方が特別なことをしなくても、仕事の方から貴方のところにやって来ますよ。

    ユーザーID:7333200882

  • 日本人の場合は

    日本人の場合はわかりませんが、つい最近主人フランス人がカナダにいって調べてきましたよ。ちなみにトロントでした。
    インターシップでカナダで働くほうがビザも会社が面倒みてくれます。
    給料もいいかと思いますが物価もすごく高いので主人の友達は夫婦二人で働いていて仕事ばかりみたいです。毎月4000ドルから5千ドルぐらいないと生活は難しいみたいですよ。
    家賃も高いですしね。
    あと病院も高い、保険は自腹だしそれも支払いは高額。アメリカと同じと思いますよ。
    主人もはじめはカナダに居る友達にここはすごくいいからと言われてその気になって、全部信じたわけではないですが、自分の目で見るのが一番といって見てきました。
    がっかりしてましたよ。。
    でもいろんな考え方があるから試してみたらどうでしょう。若いならできますよ。

    ユーザーID:8545307160

  • そうですねぇ

    トピ主さんが熱望する北米在住、夫の駐在について来てノンビリ専業主婦してる人間からレスしますね。

    配偶者と共に海外で仕事をして自分を高めたい?ただ単に海外生活に憧れている?理由はなんにしても、いいじゃないですか〜。実現するといいですね。私はお気楽な主婦ですが、思いつく限りアイデアを挙げてみますね!

    - お二人ともLinkedInには登録されていますか? 実名で学歴/職歴などを世界中に公開してネットワークに役立てるビジネスSNSです。夫はここから頻繁にヘッドハンティングされていますよ

    - 人不足で現時点でも激務なら会社はご主人を外に出したくはないでしょう。それでも海外赴任希望であることは然るべき部署に申請、周囲にも猛アピールしておくべきだと思います

    - 日常英会話が出来るのは当然としてビジネス/特にエンジニア英語も習得しておきましょう。自動車関連ということですので、デトロイト周辺の雇用情報に注目

    - ただ米企業は永住権も持たない人間を日本からわざわざ呼び寄せることは滅多にないでしょう。まず米企業の日本支社や米に進出している会社に何とか転職して、移動を目指しては

    ユーザーID:2421478071

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • トロントの暮らし

    カナダ在住15年です。私はこちらのCollegeに行き、2年で卒業した後、国からでる特別ビザで勉強したことにかかわる職種を見つけた場合もらえる1年間の就労ビザをもらい、その間に働いている会社にスポンサーになってもらい、正規の就労ビザをとったあと、移民ビザに切り替えました。
    トロント市内は今、家賃&物価は高いですが、自動車関連がある郊外の町はそこまでではありません。3ヶ月以上働くと、OHIPと呼ばれる国の保険証がもらえるので、医療費はタダです。ただ、歯科、眼科、薬代はカバーされないので、会社でBenefitがない場合は、自分でカバーです。
    まあ、あと裏技ですが(といっても、ちゃんと正規のビザですが)、奥さんか旦那さんがFull Timeで大学に通っている場合は、一緒に帯同してくる伴侶はOpen Work Permitというドコでも働けるビザを申請できます。(Work Permitはスポンサーしてくれた会社だけ)。まあ、大学に入る学力が必要&外国人学生用の月謝が高いのがネックですが、そのビザで仕事先を見つけて経験を積み、正規で雇ってもらうように頑張るのもありです。

    ユーザーID:1500883504

  • トヨタ。カリフォルニアからアリゾナ?へ。

    タイトルの如くトヨタはどうですか。今なら募集などもやってるのじゃないでしょうか。調べてみたらいかがですか。ロサンゼルスからの移動のようですね。

    ユーザーID:7693577783

  • スパニッシュも勉強して

    自動車関連のエンジニアならメキシコあたりで可能性がないでしょうかね。今自動車メーカーはメキシコに進出しているところもあるようですし。あ、北米ってカナダとアメリカ合衆国限定だったのかな。それだったら的外れでごめんなさいね。

    海外就職のウェブサイトなどはチェックしましたか?時々ビザサポートしますって書いてあるところもあると思います。直接日系企業じゃなくてもアメリカ企業がメキシコへ進出している所やメキシコ企業なども範囲を広げてみては?それから今はアメリカにいる日系企業もメキシコやブラジルなどとやり取りも結構あるようなのでスペイン語やポルトガル語ができれば頭一つリードできるかもしれません。がんばって勉強してくださいね。

    まあ私個人としては、現地採用より駐在のほうが生活は楽だし保証もされてるので気長にそのチャンスを待つべきだとは思いますけどね。

    ユーザーID:4633113758

  • 在米の長い者ですが

    自動車関係ですと、日本のいわゆる一流企業「トヨタ、松田、本田、スバル」がアメリカでは有名ですので、国内での就職は、そういった企業か部品関係を探してみたら?生活は、収入次第です。あと家賃も高いです。日本食品は、3〜4倍しますので、あまり日本食を恋しくならない方でしたら良いでしょう。駐在の方が絶対に良いと思う。あと、駐在人を対象にした日本の旅行会社も出店しているので、そちらの方も就職調べみては?

    ユーザーID:5782078958

  • 日本の方が食べ物美味しいですよ。

    なんでそんなに北米に来たいのかなあ?

    食べ物は日本の方が数段美味しいし。

    私は変な言い方ですが帰りそこねて在米30年ほどになります。

    まあ、来るなら駐在で来るのが経済的に1番かとは思いますが。

    ユーザーID:2179095783

  • 今の会社で準備をしたほうがいいと思う

    不安なのはビザだけですか。生活、仕事、手続きにかかわる英語力はどうですか。移住(永住)となるとビザ、住居、仕事、保険関係、その他いろいろ全てご自身での手配です。駐在でしたら有期になりますが、会社から派遣されるので複雑な手続きはある程度会社が負担してくれます。

    どのような業界業種に転職しても社員を駐在させる会社には既に社内で経験と実績を持った候補者が複数いるはずで、よほどのことがない限り中途入社の方をすぐに駐在員にすることはないと思いましょう。ご主人はエンジニアとのことですがこれまで営業の経験はありますか。35歳でしたら未経験ではなく経験者扱いですよね。そういう意味でも経験の無い職種での転職は無駄な気もします。

    逆に今の会社で出向があるなら、可能性が物凄く低くても希望を出し続けることは無理なのでしょうか。もし今誰かが出向しているのなら任期による交代も望めるのではないですか。それまでにご夫婦で英語力を高め、今以上にビザ申請に必要なスキル、経歴等、現実的な部分を更に調べたほうがいいと思います。

    ユーザーID:0067856058

  • あらゆる可能性を

    30年前、米資企業から親会社に1年間トレーニング滞在終了後移籍したいと運動するもダメで会社を辞め、独立後3年後にアメリカで仕事を見つけ、その後十数社で働いて現在に至ります。

    永住権くじの応募続けましょう。今の会社で可能性があるならそれも追う。ただし会社が「移住」の面倒を見てくれるとは期待しないこと。会社はそこであるいはそこのために働く人を面倒見るのであって、いくら親会社・関連企業でも「去る人」は「去る人」。

    「自動車関連のエンジニア」と言っても幅広いし仕事のことは本人が一番よく知ってるんだからここで外野の口出しは無用。今どきネットでいくらでも仕事は探せるから、片っ端から問い合わせたらもしかしたらビザのサポートしてくれる仕事があるかもしれない。ビザがダメなら永住権当たってからまた応募すればよい。

    「日本の方が食べ物美味しい」なんて的外れの書込みもあるけど、そんなことは本人たちが見つける、確認することで、「やっぱり日本の方が」と見つけてそれが決定的なら日本に戻ればよいだけのこと。

    出向・駐在の大名生活を取るかそこの国の人になって暮らすかは本人が決めればよい。

    頑張ってね。

    ユーザーID:9600045970

  • うーん

    トピ主さんご夫婦がどういうスタンス(希望)かによると思います。

    北米(と言ってもアメリカとカナダでかなり違いますが)の貧困層でもいい、治安の悪い地域のぼろ屋で貧しい暮らしをしてでも北米に住みたい、ということであれば、現地企業に応募するのは一番近道だと思います。
    普通既婚者であれば配偶者にも滞在ビザは出ると思いますが、多分トピ主さんは働けないでしょうから、経済的にはかなり厳しくなると思います。

    他の方も書かれていますが、35過ぎで現地採用となると、医者とか研究者とか余程特殊な職業でない限り待遇はあまり良くないのが普通です。

    日本企業からの駐在なら、一般的に待遇は中の上〜という感じになるでしょうから、所謂「楽しい北米ライフ」が送れると思いますが、社内の競争は激しいでしょうし、正直その年齢から海外派遣することに、会社側がメリットを見出してくれるかどうか?普通行くとしたら20代後半ですよね。

    あと、デトロイト周辺はあまりお勧めしません。市内は全米最悪と言って良い位治安が悪いし、郊外は綺麗ですがド田舎の上、真冬はマイナス20度を下回って寒すぎます@元居住者。

    ユーザーID:7754437326

  • 駐在以外は考えないの?

    留学は?家族で住める寮もありますよ。大学近くは、治安も良いし「ただし常識のある時間帯のみ」医療保健は、大学のを買うことになります。調べてみたら?院を卒業後、就職ですね。Phd取得の場合は、教授職にもつける場合もあり、です。あと、年齢が上がると「50歳以上」余程のバックグラウンドでもない限り、転職は難しくなります。どうしても若い人を採用します。

    ユーザーID:5782078958

  • 「留学」か…

    四半世紀も前のはなしですが、(日本時代の)元同僚が30歳で会社を辞め南加の大学院に留学しました。しかし多聞に漏れず金がなく夫婦で1台の車は本人(夫)が乗って行ってしまい、渡米直前に結婚した元同級生の新妻はアパートと言う名の座敷牢に軟禁状態で半年足らずでプッツン直前(最終的に何とか2年間持ちこたえましたが)。

    夫が留学なら妻も学校に通うとかやること決めて行かないとキツイよ(F2ビザは働けない)。

    学費高いよ。ウチの娘は4年間で20万ドルの予想だけど州外から片方だけが「留学」でも夫婦で滞在だと、キツキツ生活でも2年間で15万ドルでは足りないだろうね。外国人が「奨学金」を貰えるなんてあり得ないから、自前か会社などのスポンサー付以外は無理でしょう。

    > 他の方も書かれていますが、35過ぎで現地採用となると、医者とか研究者とか余程特殊な職業でない限り待遇はあまり良くないのが普通
    誰もそんなこと書いていないけど、報酬は能力・成果の対価だから「現地採用」なら現地の業界水準で決まるもので「駐在」と比べるのが無意味。

    ユーザーID:9600045970

  • こういう人好きです

    「北米に移住したい」という思いが伝わってくるし、ビザのこととかそれなりの具体性と知識を持っている。「夢の国ハワイに移住したい。日本で会計士だからハワイで起業すればいい」とは大違い。

    >貧困層でもいい、治安の悪い地域のぼろ屋で貧しい暮らしをしてでも北米に住みたい、ということであれば、現地企業に応募するのは一番近道
    何故こんな脅しを書くのか分かりませんが、大卒エンジニアなら余程のヘマをしなければ「中流」の下限範囲のそこそこの生活は可能でしょう。と言うより、貧民街にしか住めないような報酬の仕事ではビザが発給されません。

    >不安です
    人生に一度あるかないかの大勝負を仕掛けるのだから不安で当然。でも結構上手く行くものです。

    一つだけ。留学でも現地採用でも、スポンサーなしの自前で行くなら最初の数年間の貧乏は覚悟。「フリカケ」一袋買うのにも躊躇する日本食料品店で出会う、和牛肉パックをいくつも買う「駐妻」奥方たちのゴルフ三昧とアウトレットモール通いを、何もかも自分で解決しなければならない安アパート住まいの我が身と比較してしまう可能性があるなら「自前」はやめておきなさい。

    頑張ってね。

    ユーザーID:9600045970

  • EBー5

    EBー5は50万ドル(約6000万円) を米国移民局指定の物件に投資して永住権をえるもの。興味あれば検索を。

    ユーザーID:4435446705

  • EB-5

    EB-5は最低100万ドルの投資(借金不可)で事業を起こし、2年以内に10人以上のアメリカ人(永住者を含む)を雇用すると永住権を得られるプログラムです。50万ドルは指定された田舎及び高失業率の地域だけの話です。

    またEB-5は時限立法で、有効期限は今年の9月30日までです。

    ユーザーID:9600045970

  • 頑張って

    アメリカには日本の自動車会社だけでなく、日本の自動車会社とアメリカの自動車会社に部品を作って売っている会社が驚くほどたくさんあります。そしてそういった会社はほぼ常に日本語と英語を話せる有能な社員を求めています。アメリカの法律上年齢による差別はできないので仕事にアプライする際年齢を言う必要はありません。全てあなたの能力と経験で選考されます。一番早く仕事をみつけるにはアメリカにある日本人エイジェントのいるヘッドハンターをみつけることです。大手のヘッドハンティングエイジェンシーには日本語を話せるエンジニアを探しているところが多くあります。この頃はせっかくアメリカの大学を卒業してもすぐに日本に帰ってしまう人が多いのでその分アメリカでの就職口は増えているとのことです。(エージェントさん談)そして人が見つからない分お給料もなかなかいいそうですよ。まずエージェンシーをみつけて、ビザのサポートをしてくれる会社、仕事を探してもらってください。私がお世話になっている人をご紹介したいくらいですがここで個人名を出すのはよくないと思うのでやめておきます。頑張ってください。

    ユーザーID:6798978492

  • すし職人

    旦那さんに、すし職人になってもらう手もあります。(または夫婦で)
    アメリカでは日本食レストランが次々とオープンしているので、板前さんが不足しています。
    フィリピン人やメキシコ人、インドネシア人などの板前さんも雇っているところも多いですが、やはり、日本人の板前さんは重宝されます。アメリカ人も日本人が握ってくれた寿司は、喜びます。
    アメリカの高級すしレストラン以外は、日本の板前レベルには、程遠いレベルの人でも板前さん、やっているところがあります。
    レストランオーナーがグリーンカードのスポンサーになってくれるところも割とあるみたいですよ。今から、どこかの寿司屋さんで特訓されて、スポンサーになってくれる日本食レストランを探されては?

    ユーザーID:5869795462

  • 書かれていないけど

    北米でで働くとして、お二人の米語のスキル度はどれくらいなの?
    そちらが重要なのではないかなと思ったけど・・

    ユーザーID:9446950204

  • よく分からないのは…

    >現在自動車関連のエンジニアなので、海外営業が一番有力でしょうか?
    「エンジニア」で「海外営業」ってどういうことでしょうか?

    夫君は過去に営業職の経験があるとか、「エンジニア」と言っても実際には顧客と一緒にモノ造りをするとか客先の資産とか設備とかの提案や見積もりを作る仕事なんでしょうか?

    そうであろうとなかろうと、夫君は「北米」の業界事情とか商習慣には精通してるんですか?私は営業職は殆ど経験はありませんが、どんな仕事でも「プロ」で通用して喰っていくには「デモシカ」では通用しないと思いますが大丈夫ですか?

    >一番早く仕事をみつけるにはアメリカにある日本人エイジェントのいるヘッドハンターをみつけること
    経験から言うとこれはやめた方がよろしい。10年以上前、半年間失業した時に「パソナ」などの日本人エージェントともコンタクトしましたが、彼らの紹介は恐ろしく安い仕事ばかり。希望が12万ドルなのに夜勤のみで4万ドルとか…。

    「腰掛」のつもりでなければ現地人と同じ土俵で勝負を勧めます。日本出身は誇りであり強みですが、それに頼ってあるいは言い訳にして大きな機会を逃さない方がよいと思います・

    ユーザーID:9600045970

  • 数か月前テレビで観ました

    どなたかが記載してらして思い出しました。テレビで観ましたが・・
    海外への派遣用の寿司職人を養成している学校がありまして、先生方は全員元寿司職人で厳しいテストを通れば・・・海外からの寿司職人の引く手あまたで直ぐに行けるみたいです。
    タイミング良く北米があるかどうかは分かりませんがどうでしょう?
    その代り、仕事は夜になりますね。

    ユーザーID:9446950204

  • 生存競争は厳しい

    すし職人って意見がありますけど・・
    とにかく移住出来ればいい、仕事は何でも良い?
    ちょっと待って下さい。

    移住ったって、後は、毎日そこで生活するんですよ。
    エンジニアだった人がやりたくてすし職人になるならいいけど、
    そうじゃないなら、続くのかな?
    キャリアもちゃんと考えないと、その先辛いですよ。

    メキシコやカナダは知りませんが、アメリカは厳しいです。
    医療費も大学の学費も異常に高い。
    場所によっては生活費も高い、税金も高い。
    暮しやすいと言えるかどうかわかりません。
    親が年取って来たらどうするかとか
    子供の日本語どうするかとか
    老後の資金もためないと・・・

    厳しいところです。それなりの覚悟はいりますよ。
    旅行の延長ではないので、ご注意。

    ユーザーID:9824099222

  • トピ主さんからの反応がないようですが・・・

    まだ見てらっしゃるのかな??

    >近々北米に移住したい。または駐在したい。

    移住と駐在とではもう全然話が違います。
    どういう展望をイメージして、この二つを並列されたのかよくわかりませんが
    単に「一度住んでみたい」ということであれば、既にみなさんおっしゃっているように
    出向をお願いし続けるのが一番現実的だと思います。

    日本から直接米企業へ転職は、主さんご理解のとおりで、現実的には相当難しい。
    企業が欲しがる特殊技能を持った人材である等、特別な状況があれば別でしょうが
    一般論としてはこのルートはまあないものと考えたほうがいい。

    留学にて滞在の場合、院進であればGA狙いの可能性もあって経済的に大きいですが
    これは分野や学校にもよるので、リサーチ必須です。
    学位取得後にそのまま残りやすい分野(STEMはおおむね)とそうでない分野があるので
    のちの選択肢を広げておくためにも要熟考。

    あと、年齢的にリスクマネジメントも必須。
    例えば、アメリカに行って「やっぱりあわなかった」で戻ってきた場合
    日本での生活を滞りなく再開できるか。

    今後20年30年を念頭によくお考えくださいね。

    ユーザーID:1175633658

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧