私が夫より先に死んだら

レス29
(トピ主1
お気に入り126

家族・友人・人間関係

ミミック

お互いに初婚で結婚したのは20年前です。お互い健康には問題ありませんが、
最近、夫の方が私より長生きするのではと思うようになりました。
優しくて高収入夫をとても尊敬していますし愛していますが、もし私が先に死んだら、
再婚するのではないかという不安が出てきました。なぜ不安かというと財産の問題です。
うちにはそれなりの財産があるのですが、必死な思いで子供達に残すために今まで頑張って築き上げてきました。もし主人が私の死後に再婚した場合、財産のゆくへがとても心配です。
万が一、夫が再婚しても、2人で築いた財産が後妻には行かないように遺言書を書き変えたいと思っています。この場合、夫が先に死んで私が再婚した時の前提でも、遺言書を書きませんと夫の気分を損ねると思いますが、私自身は絶対がつくほど再婚なんてしないと思います。


それまでとても仲良しだった叔父夫婦でしたが、5年前に叔母が亡くなり一人になった叔父は60歳で叔母の三回忌も待たないまま再婚しました。
叔父は大手会社を退職し、持ち家もあり、一般の方より裕福だと思います。
人の紹介で、経済的に大変だった10歳年下の女性と再婚しました。そんな姿をまじかで見て、
ぞっとしています。。。再婚した叔父はその再婚相手に全ての貯金通帳を握られ
自由のない生活をしているようです。亡くなった叔母が残してきた物も全て再婚相手に取られているのです。叔父は子供がいないので、それでも叔父が幸せならそれも叔父の人生かと思いますが、、。
しかしながら、夫婦とはどこまでいっても他人であり、いくらでも代わりがいるのかなと考えさせられました。。。

ユーザーID:8282575599

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 現在のあなた名義の財産は「子供へ」の遺言を書いておかれては?

    仲良い旦那さんなら、遺留分の訴えはしないでしょう。

    しかし貴女が亡くなった後の、旦那さん名義の財産にまでは、あなたの遺言は及びません。
    「私の死後、夫の財産は〜」という効力は遺言には無いのです。
    それと「再婚した前提」の遺言はかけません。
    もし再婚したら、財産は〜と書いても、再婚する頃には相続は終わってますし(死後10ヶ月以内)、相続終わってたらそれはあなたの財産ではなく、すでに相続人(夫や子供名義)の財産になってるからです。

    例えばあなたが未婚時に親からの相続があってたとして「将来トピ主さんが結婚したら、結婚相手に財産が行くのは嫌なので、取り上げてトピ主兄弟に相続させる」等の遺言があっても無駄で意味が無いのと同じです。

    まあ貴女が先に死ぬかどうかも解りませんし、旦那さんが再婚するかも解りません。
    ひょっとしたら縁は異な物で、あなたが再婚するかもしれません。

    結婚したのは20年前なら40代ですか?50代ですか?
    ちょっと考え過ぎじゃないかな。
    60代70代になったら、私の死後は良い人と再婚して幸せになってねと思うかもしれませんし。
    それに旦那の介護してくれた後妻には何も無し?

    ユーザーID:1334867715

  • 夫婦別産制である以上、遺言の効果は小さいかな?

    財産の構成が書いていないので、高収入のご主人が稼いだ金で今の財産があるという前提のお話です。
    離婚時に、共有財産と看做されることから勘違いしている奥様が沢山いますが、こと相続財産という見方をすれば、その財産は夫のものです。
    だから、あなたの遺言で、子供達に沢山渡すように書いたとしても、そもそも相続財産があなたの固有財産ではないので、相続対象金額はものすごく小さくなり、あなたの希望する結果にはなりません。
    相続においてはあなたが節約して貯めたお金であっても、あくまで稼いだ人のものなのです。

    あなたが親から相続したものなら、あなたの固有財産ですから遺言すれば、ある程度は後妻にいく事は防げます。

    そんなことよりも本当にご主人を愛してると言えるのかな?
    後妻に財産が行かないようにすることは、ご主人に財産が行かないようにするということです。
    老後、子供に介護してもらうことは期待できないご時世です。
    だから皆さん、必死で老後資金を貯めるのです。
    よりよい老後を過すには、多くのお金が必要です。
    それをご主人には渡さないと言っているのと等しいことにお気づきですか?

    ユーザーID:8006380789

  • 現夫婦の問題

    今、あなたとご主人は夫婦なので
    どのような遺言を書こうと自由です

    でも、万一あなたが先に逝って
    その後夫が再婚したら
    夫婦なのはその二人なのです

    それを、その時点で部外者(あえてこう言いますね)
    である前妻が指図するなんておこがましいでしょ

    自分が先に逝ったら、その後のことはもう仕方ない
    部外者にそこまで指図されたら
    今度は後妻が気の毒で不憫です

    悔しかったら、何が何でも夫より長生きしましょう

    ユーザーID:5991187804

  • 遺言だけじゃ不十分よね。

    遺言を書き換えただけでは不十分ですよね。
    誰の遺言をどう書き換えるのかわかりませんけど、遺言があっても遺留分はあるし、全員が納得したら遺言を無視することだって可能ですしね。
    もし、書き換えるつもりの遺言が旦那さんの遺言だとすると、再婚後に旦那さんがもう一度遺言を書き換えたら意味ないし(新しい遺言で後妻に全部あげる、というのもありですし。)。

    主さんが先に亡くなったときには、財産はすべて子供に相続させるってことにして、とりあえず自分の遺言を書いておいたら?
    財産の内容によっては、ご主人に相続させるより相続税がかかるけど、それで後妻にとられる不安が減るならいいでしょう?
    ただ、これだと主さん分の財産だけですからね・・・
    旦那さんの分をどうこうするのは無理ですよね。

    結局、後に残った方の財産を先に逝った方がコントロールすることなんてできないんですよ。

    あとは、贈与税のかからない範囲で毎年子供に現金であげちゃうのも有効だと思います。
    お子さんがまだ現金をもらうような年でないなら、お子さん名義の通帳に貯めておきましょう。

    ユーザーID:6469289359

  • そういう人多いですね

    妻のお友達にも似たようなことを言う人がいると聞きました。使い道を指定出来る金融商品が信託銀行にあるので、相談して見られては。

    私も、会社を立ち上げ、家族に出来るだけ残して上げられるようにと稼いで来ましたが、自分が死んでしまっては、お金を持って行く訳にも行かないので、妻が誰と再婚しようが、子供が散財しようが、それはその人の器量の問題なので、気にしません。

    お金があっても、無理していれば、そういう思いをするのかもしれませんね。もっと、気楽に生きられたらどうでしょう。

    私はある趣味があって、休みは全部それに費やしています。毎年クルマ一台分くらいのお金がかかりますが、女遊びに入れ込んで妻を泣かせる訳でなし、妻も応援してくれています。

    人と一緒にやる遊びで、普通なら割り勘してやるものなのですが、全額私が出して上げることで、多くの人が楽しめる。人と一緒に楽しめるのは素晴らしいことだと思います。

    そういう細かいことは気にならなくなりますよ!

    ユーザーID:3798432224

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 死んでもいないのに再婚相手に嫉妬してる

    ようにも受け取れます。

    遺言の書き換えをご主人に提案するときは、あくまでも子供の権利のためだとはっきり主張しないと誤解されますね。
    慎重にどうぞ。

    ユーザーID:5194677465

  • 長生きしてくださいね。

    父が亡くなったとき、(大声では言えませんが)税理士さんからのアドバイスで、
    母が法定どおり半分を受け取るというのはやめた方が良いと言われました。

    母は娘の私たちよりはたぶん老い先が短いですし、母が亡くなったときにも
    相続税がかかってしまうからです。
    土地などの所有権移転登記は名義換えをするたびに、該当する土地の面積などに応じて
    登記のための税金がかかってしまいます。

    なので、我が家では土地・家屋は子で等分して相続(名義変更のみ)しましたが、
    気持ちの上では母に権利があると心得て、何の主張もしていません。
    母は今までどおり実家で過ごし、私たちとも円満です。

    追い風なのは、今後は遺言をした方が有利な形に変わりそうです。
    先日、国会で「遺言による相続」の場合、非課税枠が優遇される法案が出ていると
    ニュースでやっていました。(現行ではまだですが)

    トピ主さまはお子様に全財産が行くように遺言を書き、
    ご主人への理由説明は「相続税が厄介だから」とした方が良いですよ。
    その場合、お子さんともきちんと話を合わせておくべきです。

    ユーザーID:0670282266

  • 誰の稼ぎについて話しているのですか

    >うちにはそれなりの財産があるのですが、必死な思いで子供達に残すために今まで頑張って築き上げてきました。
    >もし主人が私の死後に再婚した場合、財産のゆくへがとても心配です。

    その財産は、「優しくて高収入夫」が稼いだものですよね。それとも、トピ主さんの方がもっと高収入だったのですか。
    もし夫君が先に亡くなったら、トピ主が再婚して、財産を子供じゃなくて、再婚相手に貢いでしまうかもしれませんよね。

    というわけで、トピ主は、かなり強欲な人物であるとご自身で理解いただけたと思います。

    >しかしながら、夫婦とはどこまでいっても他人であり、いくらでも代わりがいるのかなと考えさせられました。。。

    どこまで極論を吐くのやら。
    夫婦は離婚または死別に行きつくまでは他人ではありません。そこまで行けば、あとは他人です。「どこまでいっても」ではなく「どこまでいったら」なのですよ。

    もしかして、トピ主さんは、既に、夫とは他人と思ってますね。だから「どこまでいっても他人」という言葉が出るのですね。

    ユーザーID:0141611334

  • 準備をしておく

    旦那さまが大好きなんですね。
    でも、奥様亡き後再婚なさるかどうかは、当人が決めて良いことだと思うんですよ。
    老いた体で一人っきりでずっと生活するのを強要なさるのはいかがなものかと思います。
    好きな方なら尚更、幸せに人生を全うしてほしいと願うのが愛ではないでしょうか。

    話はそれましたが、財産のことです。
    生前に遺言書を作成なさっておくのは勿論ですが、今のうちから子どもの口座に
    少しずつ(毎月数万とか)子供名義の通帳に移動なさってはいかがでしょうか。

    ただでさえ、約束してようがしてなかろうが、男性は宛にはなりません。
    自分で出来ることはやってしまうのがいいと思いますよ。
    今からちょっとずつでも自分のお金を子どもの口座に振り込んでおけば
    それなりの額が貯まるのではないでしょうか。
    お子さんが自分の通帳金額を把握するのをためらうのでしたら、もう一つ作ればよいのです。

    ユーザーID:9623841834

  • びっくり!

    トピ主さん。。。

    死んで、さらに財産の行方を思うのですか?

    それは残された者が考えればいいのです!

    ユーザーID:5274398031

  • なるほど

    杞憂のような気もしますが、
    気になるのなら、毎年贈与税のかからない範囲で、子供名義に変えていけばどうですか?

    ご主人には、お互い何が起きるかわからないから、相続税をとられるなら今の内に名義変えていきましょうと。

    ユーザーID:1680221945

  • 再婚してほしい

    年老いた夫が1人暮らし。
    家事は一応できるけど、やはり心配。
    病気になったら、最期は、誰がそばにいてくれるのか…

    夫のために、私が死んだら再婚してほしいです。

    トピ主さんの文章って、金金金…高収入の夫は愛してるけど、それより愛してるのは金って感じ。

    ユーザーID:8913275861

  • 無理ですよ。

    あなたが亡くなった時点で相続が確定します。
    その後ご主人が再婚した相手はその時点では未確定ですよね。
    その相手にあなたの財産を一切渡したくないなら、まずはその財産をご主人に相続させないという方法しかありません?
    ご主人が相続しないなら、誰が??
    自分が亡くなった後のことまで悩むのはやめませんか。

    ユーザーID:5456534514

  • なんと深い業であろうか

    自分が死んだあとの金の心配ですか。

    なんと強欲な。

    子供に残したい気持ちはわからないでもない。
    でも子供達本当に残すべきは教育だったり、生きる力だったり、道徳だったりするのです。
    親の金をアテにして身持ちを崩してはなんの意味もありません。

    結婚して20年。
    まだ40代でしょ?晩婚でもやっと50代。
    下らないことを考えてないで、今を一生懸命生きることに専念して下さい。
    一生懸命生きることには、ご主人と共に人生を楽しむことも含まれています。
    子供達に残すのもいいけど、貯金のために楽しみ一つない人生なんてばかばかしいです。

    死ぬことを考える人生
    生きることを考える人生
    どちらがいいですか?
    私は死ぬとき、葬式代だけが残っていることが理想です。

    ユーザーID:0675796766

  • 生きている今、自分のためにも使う

    トピ主さんの気持ちわかります。
    一生懸命貯えてきたお金が自分に還元されて
    いけばいいのでは・・と思えるように
    なった60代の妻です。

    自分が死んだあとに、再婚するしないは
    夫の自由です。

    お金は、死んでしまったら
    使えません。


    私は悔いのないように
    これまで多少傷んでも履いていた
    ソックス、くたびれていても
    着ていた衣服等をやめ
    高価でなくても、くたびれていない
    ソックスや衣類を身につけ
    自分にも還元していこうと
    決めました。

    ユーザーID:9179470142

  • 凄い心配しますね。

    自分は絶対にしないとか、そんなの断言できるものじゃないですよ。
    私は逆に、自分はこういう事をしないからといって結果的にした人をしってます。
    やっちゃった後は、仕方の無い事なんだ。とか言い訳してましたが。

    遺産云々は、先に死んでしまったらどうにもならないです。
    基本的に子供が成人した後なら、それは夫婦の財産です。
    まず、伴侶が死ぬまで生活できる金銭を確保しておく事が必要では?
    自分の伴侶を第一に心配しないトピ主さんは、ちょっとその嫌だと思っている
    再婚相手と同じような思考をしていることになりますよ。

    それに死後、伴侶の行動がどれほど愚行であったとしても、その人の責任です。
    結婚相手だけが悪いって責められるものでもないでしょう?
    自分の財産だったのだから、その権利は当然ご自身にあるものだから、
    それを自由に使わせている当人に問題がある、としか言い様がないです。

    ユーザーID:2762210160

  • 子の名義にしておく

    今あるトピ主の財産を少しづつ「子名義」にしておけば?

    ユーザーID:2616171125

  • 旦那のこと信じてる?

    私は夫より先に死ぬ予定です。夫と結婚するとき「私より長生きしてね」と約束しましたから(笑)
    冗談はさておき、私は私の財産すべてを夫に残すという遺言を書いています。
    私は夫を信じてますから。常日頃言っている私の気持ちを理解し、たとえ再婚したとしても夫の持つその財産を私の実家の両親や子供たちに最良の方法で使ってくれることを。

    再婚したらあなたの旦那様は子供を無視して再婚相手に全財産持って行かれるようなことをしてしまうのですか?ふたりで築いた財産だ、とあなたが思っているのはあなただけが思っていることではないですか?
    ちゃんと旦那様と話すことが必要だと思います。旦那様があなたと二人で築いた財産であると思っているのであればあなたとの子供のために使い、子供のために遺すよう努力すると思います。

    二人で築いたっていったって半分は旦那様のもの。旦那様が再婚相手に渡したいと思うのならあなたにそれを泊める手立てはないしね。意思の疎通のほうが大事。

    ユーザーID:3871963674

  • 強欲というかなんというか

     凄い妻ですね。ぞっとします。私は結婚33年夫ですが、私も妻より先に死にたいと思っていますが、妻は、絶対に私より先に死なないで!と言っていますけどね。1歳違いなので、間違いなく、統計的には男が先に死ぬはずですけどね。
     私が死んだら、再婚でもなんでもして!と言っています。あなたのように、自分が死んだ後など考えていませんけどね。
     私があなたの夫なら、絶対にそのような遺言は許しません。今すぐに離婚してあげようか?そのほうが安心だろう?そう言いますけどね。それで良いですか?

    ユーザーID:3466837892

  • あなたの財産分ですよね?

    全額子供に残したいなら、離婚されては如何ですか?

    夫には、相続権がなくなりますよ。

    その代わりに、夫の財産の相続権もなくなりますけどね。

    でもね、子供がどんな人と結婚するかによって、使いかたも・・・ねぇ。

    ユーザーID:2113730391

  • びっくり

    自分が死んだ後のお金の行方など死人が確かめることもできないのに、そんなことを心配している精神が不思議でたまりません。

    生きている今、愛している家族との時間を楽しみましょう。

    もし愛しているご主人があなたの死後幸せになるために再婚したのなら、必要なだけお金を使ってほしいと思いませんか。
    死んだ後までもどれだけお金に執着しているんですか。

    ユーザーID:9630538600

  • トピ主分はお子さんに相続されますよ。

    妻が死んだ場合
    妻財産を夫2分の一、子供2分の一で相続されます。
    遺言があれば、夫には遺留分のみであとは子供に相続させられるでしょう。
    その後、夫が再婚して亡くなったとしても、
    夫の財産の2分の1を後妻が、残り2分の1を子供達で等分しますので、お金を子どもに、と言うのならご自分の稼ぎを増やせば良いだけのことです。

    高収入夫という書き方からして、トピ主さんは専業か、働いていても世間並みなのでしょうね。

    死んだ後の夫のお金のことまでアレコレ言っても効力もないし、実際に自分が先立たないかもしれない。
    その頃には夫も高齢で再婚なんて考えもしないかもしれない。

    不確定な未来のことをアレコレ思い悩んだって無駄なだけですよ。

    ユーザーID:3232218148

  • こんなこともある

    父が41才、母22才の時に結婚し、私達兄妹をもうけました。
    父は稼ぎも良く、相続財産も沢山ありました。

    まさにトピ主さんと同じことを考えていたようです。
    母は42才で死別。

    父は確かに母を愛しておりました
    でも遺言で、私達兄妹に多くの相続をするようになっていました。
    母には女一人でまあまあ安穏に暮らしていけるギリギリの金額でした。
    結局は、まだまだ美しい母の再婚を恐れていたのだと思います。

    十分な額は残してくれたとはいえ、全体から言えば25%の遺留分のみの相続です。
    父の手紙には子供の為にと言い訳がましいことが沢山書いてありました。

    母は寂しそうでした。
    「お父さんの墓守しながらのんびり暮らすつもりだったのにね。今更こんなオバサンが再婚なんて・・・ばかみたい」

    そうしたら兄が
    「親父の気持ちは母さんが行動で応えればいい。遺産は法定通り分けよう」
    と言い出し、あれよあれよという間に、母50、兄私25%で相続を終えてしまいました。

    遺言は絶対じゃないという例です。
    相続人全員が合意すれば意に反することもできます。

    ユーザーID:0315148474

  • 死後、再婚相手に金品が行くのは仕方ないかと思いますが?

    ご主人が相続して再婚したら
    やはり幾らかは再婚相手や
    その家庭に行くと思いますよ。

    叔父の話ですが
    叔母が亡くなって間もなく再婚して
    新築マンションを購入しました。

    今では再婚相手の娘親子や息子親子がマンションに入り浸り
    叔父に向かって
    「居場所がないならどこかに出かけたら?」
    と言っています。

    義叔母の口癖は
    「このマンションは私の娘のもんだから」
    です。

    因みに叔父が一括で購入したデザイナーズマンションで
    義叔母は1円も出していません。

    宝石類も亡くなった叔母の品を使っていますし
    「いつでも貸してあげるわよ」
    と言われたりします。

    でも叔父のお金ですし叔父の再婚相手なので
    誰も何も言わないです。


    お子さんにも相続されるでしょうし
    孫のために使うかもしれないですが
    再婚したら仕方ないと思います。

    そんな心配しても先の事は分からないですし
    今を楽しむ方が良くないですか?

    ユーザーID:9115080887

  • 私は真逆の事を考えてるけど

    考え方は人それぞれだからね。

    我が家の場合は十中八九、今のところは私の方が早く逝きそうなんですよね。
    子供が居ないので、再婚しても相手の方が苦労しないだけの用意はしています。
    住宅ローンも今なら私の生命保険で清算してお釣りがかなりでます。

    子供が居たら…きっと、子供が巣立つまでは主人は再婚しないかもね。
    万が一の事を考えたら、私の生命保険分は子供にいくようにしとくかも。
    そうすれば、子供は成人するまでは困らない程度のお金は手にできますから。

    >亡くなった叔母が残してきた物も全て再婚相手に取られているのです。

    これは嫌なので、今のうちから実家に移動させている物もあります。
    気に入ったものは手元に置いてますが、死ぬ前までには全ての行先を決めるつもりです。

    ユーザーID:0862825869

  • 多くは残さない

    夫より先に亡くなり、再婚相手に手に渡る事はあります。
    それが嫌なら生きている今使うしかないです。質素や貧乏性な行動はしなく、思うまま使うです。高額を残すから悩む。残すなら葬式代だけ遺せば良いじゃないですか?

    遺言書には夫には遺さず子供たちに遺すように書けば良いです。情を入れたら遺言書って書けないですよ。
    お金目当てで再婚される人もいます。夫がそんな人を選ばないで、お金でない再婚ならそんな心配も杞憂だと思いますよ。

    ユーザーID:2976089804

  • 子どもに相続させるという遺言状を残したら?

    体調が何となく悪い時って、トピ主さんみたいなことを考えることがあります。
    だから、遺言状を書いておけばいいと思います。
    子どもが相続する形にすれば、特に問題ありませんよ。

    とりあえず、死んだ後のことをあれこれ考えたって、どうにかこうにか出来るものじゃないです。

    ユーザーID:7633484331

  • トピ主です

    皆様、色々なご意見、ありがとうございました。
    あれから考えていたのですが、やはり心配でたまりません。。。
    財産は莫大ではありませんが、海外に所有している物を合わせると結構な額になりますので、
    なんとしてでも夫にそして子供に残したいのであって、万が一、主人が再婚した場合にその再婚相手が自由に財産を使えないように、遺言書を書き直すことにします。
    実は明日弁護士と話すことになっております。
    主人にもこの事を話したところ、私の心配を取り除きなさいと言ってくれ、弁護士に会うのを勧めてくれ、ありがたいと思っております。
    どんなアドバイスがあるかわかりませんが、きちっとしておきたいと思います。。。
    最終的にどういう結果になったか、また皆様にお知らせしたいと思います。
    男性はやはり一人では生きられない生き物なのでしょうかね。生きているうちにこちらがしっかりしておかないとなりません。主婦のみなさん、一緒に考えませんか?

    ユーザーID:8282575599

  • 相手の再婚か、、、

    確かにあり得ることなのですよね。
    用意がきちんと出来ていた方が良いわけですよね。
    あまり考えたくないことですけど。。。

    ユーザーID:3835057592

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧