ポルトガル人の離婚条件に関して

レス17
(トピ主2
お気に入り30

恋愛・結婚・離婚

ベリー

現在、ポルトガル人の恋人とポルトガルにて同棲しているのですが、彼はバツイチ、子持ちです。子供は元嫁が引き取っており、今はまだ、彼と元嫁の離婚手続きが完了しておらず、離婚手続完了の返事を約5ヶ月ほど待っている状態です。
将来は、彼との結婚を考えているのですが、元嫁との子供のところへは週3〜4回会いに行き、毎月2週間の週末は彼の家へ泊まりに来るという条件のもと離婚しているようです。(いま私達は家をリフォームしている最中で、リフォームが終わるまで仮のアパートで生活をしているため、まだ子供とは会ったことがなく、リフォームが完了しましたら子供をうちへ連れて来て、私のことを紹介する予定だそうです。)
同棲を始め、毎日のように元嫁から子供のことで電話が掛かってき、子供がパパと会いたいと言っていると言われればすぐに会いに行き、彼のお母さんと3人で食事をしていても子供の話をずっとしているし...子供を思う気持ちは分かるのですが、正直、戸惑っています。
ヨーロッパの方、ポルトガルの方の離婚はこのような感じでしょうか?どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?また、離婚手続きに5ヶ月もかかるのでしょうか?

ユーザーID:3055863023

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ポルトガル

    ポルトガルの法律を調べてみたら?

    ユーザーID:5904571770

  • ご自分でどれくらい調べましたか?

    国際結婚30年でNY在住です。貴女の行動がちょっと心配です。
    同棲中なら結構長い付き合いの筈ですよね。知り合ってすぐの同棲では無いですよね?

    それなのに彼の子供と会った事がない。少なくとも、元妻も子供も貴女の存在は知っていますよね?
    将来再婚の話をもうしているの?周りの離婚した人たちからポルトガルの離婚事情は聞かないのですか?

    私の居住地は裁判離婚です、と言っても両方の弁護士が手続きはしてくれます。
    日本の様に、離婚届を自分達で書いて役所に提出して終わりではありません。
    子無し財産無しなら直ぐですが、貴女の彼の場合は、離婚条件についての話し合いが長引く事はあり得ます。

    欧米と日本との大きな違いは「別居親との面会権」です。これは親のでなく、子供の権利です。
    例え、別居親に有責ありでも、夫婦関係と親子関係は別物とされます。普通は隔週末ですが、
    夏冬休みは長期で別居親と過ごします。なのでトピ主彼の場合は、もの凄く異常とまでは言えません。
    元妻の性格にも依りますし。

    彼母の話題も普通の事だし。彼の子供と疑似家庭(今はね)を始める覚悟はありますか?
    関係は一生続きますよ。その覚悟は?

    ユーザーID:9571899461

  • 詐欺じゃないの?

     リフォーム終わって、あなた捨てられるんじゃないか?と・・・。
    日本人ってだけで「カモ」にされたりしてませんか?

     相手のご両親に紹介してもらっているでしょうから
    そのご両親に聞くなり、その土地の友人に聞くなり出来ないでしょうか?

     離婚手続きにそんなにかかるほど、資産家の彼なんでしょうか?

    ユーザーID:6412026146

  • ヨーロッパの別の国ですが

    8月に手続きを始めて2回裁判所に行って翌年3月に離婚が認められました。
    7か月かかりましたが、さっさと離婚したかったので、これでも最速のはずです。
    日本みたいに1日で紙切れ1枚で離婚できません。
    裁判所に認めてもらう必要があります。

    ちなみにヨーロッパ人は概して日本人よりはるかに子供好きで、
    父親が子育てを手伝うというより、むしろ権利と思っているようです。
    週3〜4回会いに行くのは今後10年はやめないでしょうね。
    何年ポルトガルにお住まいなのかはわかりませんけど、
    ヨーロッパの女性って、お国柄はそれぞれありますが、結構どーんと構えていて、
    彼が子供と会いに行っている間は友達と遊びに行ったりしていると思います。
    そんなことに耐えられなければ、すぐに別れるでしょう。
    私にはもっといい男がふさわしいって。
    だから日本人女性を選んだのかなあ…

    ユーザーID:3492030252

  • 普通です

    イギリス人の家に遊びに行ったとき、元夫が泊りがけで子供に会いに来ていました。彼女には彼氏がおり、同居しているのですが、元夫が来るときは友達の家に泊まるのだそうです。

    また日本人の友人の話ですが、元妻から子供のことでしょっちゅう電話がかかって来るし、成人した子供たちもしょっちゅう遊びに来ると愚痴を聞かされたことがあります。

    現在私は大陸に渡って暮らしていますが、ホームパーティーなどに呼ばれると、元夫婦、その子供、新パートナー、その子供、元配偶者の現パートナーなどなど、まぁいろんな組み合わせに鉢合わせすることがあります。

    もちろん陰では、ぼろ糞に言っているのを聞いてしまうこともありますが、日本のように別れたらほとんど会わないで済むという事はないので、その恋人との話はごくごく普通のことだと思います。

    ちなみにスペイン人、イタリア人と付き合ったことがありますが、子供は宝で元妻にも次に会うときの連絡をしょっちゅう取っていました。

    私はそういった経験もあり、未婚、子供なしの人と結婚しました。その方が楽だと思いますよ。

    ユーザーID:8693836249

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • ヨーロッパの離婚

    ヨーロッパで子持ちの夫婦が結婚すると、子供の学校が休みのときは半分ずつ片方の親と過ごすというのが普通です。つまり、2ヶ月の夏休みならそのうち一ヶ月を父親を、残りの一ヶ月を母親と過ごします。
    日本のように、どちらか片方の親(大抵は母親)に物理的な負担がいくわけではなくて、あくまで育児に関してはり今後も半々です。だから定期的に元妻とは顔を合わせるし、子供の発表会に二人そろって出席も普通です。

    トピ主さんは食事のときに子供のことが話題に上るだけで戸惑っているようですが、実際はそんなもんじゃないですよ。一緒に住んでいないだけで、生活の中心にはいつも子供がいると考えておいた方がいいでしょう。だから、子供をおいて遠くに長期旅行するとか、ましてや遠くに引っ越しをするなどというのは不可能に近いのでは?

    ちなみに、離婚が成立するまでには一年の別居期間を定めている国が多いです。日本みたいに離婚届にサインをして終わりと言う訳ではなく、離婚の手続き自体も双方が弁護士を立てて財産分与などを話し合うのでかなり長引きます。そしてお金がかかります。

    よけいなお世話ですが、その人で大丈夫?

    ユーザーID:1911854343

  • 別れても子供の親であるのは変わりないから

    配偶者フランス人、ポルトガル人の知人もいます。日本みたいに、別れたらどっちかが親権持って一緒に住んでない方は年に数回しか会わない、ではないですね。中学生の子持ちバツイチポルトガル人女性がいますが、けっこう元夫のところに子どもを預けてますよ。普段は自分と一緒に生活してるから、長期休みごとには父親と、みたいな。


    私の配偶者の親も離婚をしてて、母親と一緒に生活していましたが、長期休みごとには父親と過ごしてたそうです。子どもに問題があれば、夫婦ではなく子の親として話さなきゃいけないこともあるだろうし。フランス人の友人の親も離婚してるけど、親同士の交流は未だにありますよ。

    中には、お互いに関心がなくほとんど会わない親子もいるでしょうね。離婚したからといって、子どものことがなかったことにはならないし、彼にとっては可愛い子、彼母にとったら可愛い孫。その子の話で盛り上がるのも普通かな、と。むしろ、会話に出ない方が不思議というか。

    ユーザーID:8296259816

  • 自分で調べる

    国によって離婚の手続きは大きく異なりますよ。私の住んでいる国では、一般人でも正式離婚までに2年かかります。2年間の別居期間を証明できなければ離婚が成立しないんです。それと比べれば5ヶ月なんて大したことないと思います。

    それよりも、なんだかすべてが人任せみたいなトピ主さんのスタンスにかなり引いてます。離婚したから子供たちとも縁が切れるなんてことは絶対にないですよ。ご自分できちんと調べ、お相手の方ともきちんと話し合いをされたほうがいいんじゃないですか。

    ユーザーID:7563112437

  • 日本の方が特殊

    紙切れ一枚、本人たちの同意があればすぐ離婚成立する日本の方が特殊なんですよ

    離婚に裁判所が必ず関与し、離婚しても共同親権で子どもたちが離婚した両親の間を行ったり来たりするのが一般的です

    もし、トピ主さんがお子さんをもうける予定であればハーグ条約について留意を

    結婚前になんですが、離婚して夫の元を離れたい、帰国したいのに子供と離れ離れになるからできない日本人女性も少なくありませんので

    ユーザーID:7830795844

  • ドイツの例ですが

    おそらくポルトガルも一緒だと思います。
    こちらは子供の親権が1方に渡ることはよほどのことがない限りありません。
    父と母の共同親権でそれには面会権なども伴います。
    あくまで子供が成人するまで養育費も負担(支払いが滞ると公的機関が取り立てます。)するし、一緒に子育てを行います。
    そのためにドイツ人夫と離婚した日本女性が、面会権の関係で子供を日本に連れて帰れずドイツで離婚後も暮らすケースが多いです。仕事が言葉の壁、人種の壁(同じ能力なら、ドイツ国民やヨーロッパ人が優先)で収入が低くお国のお世話になりつつというケースもあります。
    離婚がひんぱんにおこる分、子供へのマイナスが最小になるようになっているのだと思います。
    私はなにも面倒な人と結婚するのはすすめません。
    よほどその彼じゃなくてはと思えないならば日本人と結婚する方が気が楽です。
    私は1度目の結婚はドイツ人、子供がいない間に別れ現在の夫は日本人です。

    ユーザーID:0223671377

  • 主です

    たくさんのコメント等ありがとうございます。
    まず、詐欺では?ということですが、彼とは同じ会社で出会い、仕事をしてきた仲間でしたので、詐欺ということは考えないで話を進めます...
    彼とは1年ほど前に会社で知り合い、彼がその後 離婚をし、現在は同棲をして1ヶ月になります。
    こちらへ移る際、リフォーム中の家が6月には完成するという計画でチケットをとっていて頂いたのですが、なかなかリフォームが終わらず、今は仮のアパートで生活をしリフォームが終わるのを待っているという、まだ安定していない状態です。
    ですので、彼の子供たちに私を紹介するのも、うちに遊びに来るのも、リフォームが終わり、引っ越ししてからの予定です。
    元嫁は、私の存在を知っています。

    こちらで友達はいません。ポルトガル語がまったく話せないのですが、こちらでの生活が始まったばかりなのでもうしばらくして勉強する予定です。
    みなさんのコメントを読み、ヨーロッパでは普通のことだと理解いたしました。
    こちらで知り合いもおらずまだ来て間もないのと、新しい環境、初めての外国人との交際、海外生活、離婚条件等に戸惑いを感じ質問をいたしました。

    ユーザーID:3055863023

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 主です

    彼がバツイチ、子持ちということは確かに大変だと痛感しました。
    ですが、やはり彼のことが好きです。
    彼の子供たちとは、すぐにはうまくいかなくても、自然と仲良く兄弟のような関係になれるのではないかなと思って少し楽しみにしています。

    ユーザーID:3055863023

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • そもそも「離婚」できるの?

    ポルトガルの法律はまったく知りませんが…。

    umaさんのおっしゃるように「離婚届」という紙切れ一枚の提出で離婚可能な日本の制度は欧米文化から見るとかなり特殊です。ここアメリカ合衆国でもこの州では裁判所が認めるまで法的離婚はできません。その代わり「法的別居」があり、別居中は第三者に対しては他人同士と同じになりますが、婚姻その物は継続しているので再婚はできません。

    そもそもカトリックの国では結婚が神への誓いなのでそれを反故にする「離婚」その物がないことがあるようです。「死が二人を分かつまで」が制度上も生きており、例えばフィリピンズでは「離婚」という制度がなく、法的別居を経て再婚したければ、裁判所に「結婚無効」の申し立てをして最初からその結婚が無効だったと認めてもらうらしいです(日本でも人違いなどを理由に婚姻無効の申し立てはできますがちょっと似ているかな)。

    >ポルトガル人の恋人とポルトガルにて同棲している
    >ポルトガル語がまったく話せない

    何だか舞い上がっているようで、危険を感じます。頭を冷やした方がよいです。

    ユーザーID:4545105929

  • 時間がかかる

    ポルトガルでは一般的に時間がかかる事が多いです。離婚も分割すべき資産の多寡次第その婚姻の形態次第その他の要因にもよりますが、時間はかかり5か月が長いとは思われません。ご照会のポイントとはずれますが、離婚も浮気、不倫もとても多いそうです。ある北の町では米国発のある有名な不倫相手の紹介サイトへの登録者がその町の成人の全体の約6割に上ったそうです(特に女性の不倫が多い)。表面には出ませんし言葉が分からないと感じられないでしょうけれど、東洋人蔑視もかなり強い事を覚悟しておく必要もあるとの事です。ご主人の子供と兄弟の様にとのご希望は宝くじに当たるのと同じ位の確率で実現するかも知れません。ご好運、ご多幸を祈ります(以上は以前にポルトガルに在住していた友人から聞いた話しです)。

    ユーザーID:7928955116

  • 追記

    離婚まで7か月かかったと書きましたが、
    その前に2年間別居していました。
    2年間待つ必要があったわけではなく(聞いていなかった)、
    諸条件が揃うのを待っていたからですが、
    裁判所でこのような情報も尋ねられましたので、
    (たまたま)考慮されたはずです。

    ユーザーID:3492030252

  • 離婚出来るの?

    他の方も指摘されていますが、離婚出来るのでしょうか?
    また、彼は本気で離婚する気(別居している妻と交わした結婚の誓約を無効にするという意味)があるのでしょうか?
    トピ主さんは現地語が不自由との事なので、もしかして「妻とは事実上の離婚をする(婚姻を無効にする気は無い。もしくは無効にするだけの理由が無いので出来ない)という話なのでは?
    お子さんの件も、共同親権ならこの先も交流は続くだろうし、長い休みの時には、トピ主さんも暮らす家に子供が長期間泊まりに来たり、彼が離婚した(もしくは別居中の)妻も交えて親子で泊まりがけのレジャーに出かけたりという事態も起こり得ると思うのですが、受け入れられますか?

    ポルトガル人の彼は、「離婚したら妻とは他人」「子供の親権は引き取った方が取る」「離婚後子供と音信不通になる親も多い」という日本の離婚事情については知っているのでしょうか?
    共同親権や宗教的に離婚が難しい国の人からしたら、日本のそういった離婚事情の方が非常識で非人道的に感じるかも。

    ユーザーID:6378074897

  • 言葉がわからない疎外感

    英語圏在住の50代です。
    お相手とは1年位前に会社で出会ったとの由。同僚、友人、そして恋人としての彼は素敵な方なのでしょう。
    が、その彼の「父親」としての側面に若干、戸惑っていらっしゃる御様子。

    ポルトガル語が全く話せないのなら、現在彼とのコミュニケーションは英語でしょうか?
    私はこちらで知り合った色々な国の移民の人々と一緒の中、出身国によって。と言うより、個人、その家族のレベルに依って、
    「子供と父親、母親2人(貴女の場合=元嫁さんと貴女)、彼の家族」間のスタンスが様々だ。と感じました。
    同時に、それを貴女の価値観では測れないし、変える事は出来ない。とも言えましょう。

    彼との結婚を考えているのなら、今後彼の子供さんだけでなく、家族、離婚した筈の元嫁さんと一緒の場面を回避できません。
    悪気はないのだが、皆はポルトガル語で話す場面にも多く接する事になりましょう。
    私の友人の中には、ある時期まで言葉がわからない疎外感と戦っており、相当肝っ玉が座った女性に成りましたよ。
    新しい土地では多くの事を1から学ぶ事になりますが、貴女のご多幸を心よりお祈り申しあげます。

    ユーザーID:2104112903

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧