• ホーム
  • 男女
  • まだ芽がでてない男性を支えるということについて

まだ芽がでてない男性を支えるということについて

レス28
(トピ主1
お気に入り21

恋愛・結婚・離婚

みき

20代の女性です。独身です。
先日、女子会のようなものに参加しました。その女子会は年齢層が高く、私はほとんど聞き役でした。そこに来ていた50才くらいの女性の話を興味深く聞きました。その方は24才の時に結婚されたそうです。お相手は3才年上の男性だったそうですが、全く芽がでていない、今でいうフリーターだったそうです。芸術関係を目指していたそうです。その男性は30代半ばで徐々に売れ始め、現在では、その方面では結構名が通っているそうです。だから、その奥様(女子会に来ていた人)もプチセレブみたいな感じでした。

私はその女性の方がただただ、すごいなぁと思いました。今、プチセレブになっているから、凄いのではなく、私が同じ立場で、フリーターで今後もどうなるかわからない人と結婚しようと決意できるかなと思いました。同じ女性として、そしてこれから結婚を考えている身として、そういう方(職が安定してない人と結婚する人)の決意と言うか、気持ちを知りたいです。その方に直接聞けばよかったのですが、初対面だし、聞けませんでした。

それだけ彼のことが好きだったということでしょうか? 彼が近くに居てくれるだけでよかったのでしょうか? 彼が無職になっても自分が一生支えていくと思えたのでしょうか?? いや、彼は今はフリーターだけど、絶対成功するといった確信に近いものがあったのでしょうか??

私もそんな恋愛、結婚をしたいと思います。条件から入るのではなく、愛情や信頼で支えられた結婚をしたいです。
恋愛経験が少なく、このような女性の心理がわかりません。
教えてもらえないでしょうか? 

ユーザーID:9751824882

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • う〜ん

    あまり真に受けない方がいいよ。
    自分に酔ってそんな尽くしす恋愛に憧れて、とんでもないダメンズ好きになってしまう可能性高いかと。「私がいなきゃダメ。私だけが分かってあげられる、私が味方」なんてとんでもない無職の浮気男でも耐える恋愛しちゃうかもよ(笑)
    その人はたまたま成功しただけだよね。
    24歳だから後先考えずに好きだけで結婚しただけじゃない。なんとかなるかと甘かっただけ。もちろん彼の事は好きだったんでしょうが、何も考えてなく勢いで飛び込んだだけだと思うよ
    成功するくらい彼に才能があると分かりやすかったのかもしれないし。
    ダメなら離婚すればいいか〜くらいの感覚だったのが本音じゃないですか。

    私の友達でフリーターの歳下と結婚した人いるよ。その当時は「私が食わせて行く」と言ってたけど、今では「やっぱり金がない人ははずれ」と言っています。
    「就職しろ、就職しろ」と言ってばかりだったし、自分が働けばいいやと思っていたら妊娠し思うように働けなくて大変。そういう後悔の例もちゃんと聞いていた方がいいわよ。
    それと、ダメンスでも受け入れていくのなら自分が大黒柱になれるくらいの収入を得るのが先です

    ユーザーID:5215232415

  • プロセスを楽しめる気質があるかないか

    会社を作る人も芸術を目指す人も、
    勿論大成する事が目的ではあるけれど、
    そのプロセスが楽しい人なのだと思います。

    結果のみが目的の人は今後の保障が無ければ
    なかなか動かない。

    でも、冒険自体が目的の人はプロセスが楽しいんだと思います。

    その先に、運よく成功があった。
    でも、プロセスが楽しいから成功する前もそれなりに
    楽しんでいたと思います。

    そのプチセレブ奥さんもその男性と一緒に居て楽しめると
    思ったから結婚したのではないでしょうか。

    私は起業しまして、勿論楽しい事ばかりじゃないけど、
    っていうかつらい思いも多いですけど
    でもプロセスが楽しいと思えているからやっていけると思うんです。

    起業志望の人に強引にお茶やランチに誘われて
    はなしをきかれる事がありますが
    多くの人は’必ず成功する道、結果を出す答え’を
    期待しているのが分かります。
    それは間違っていないと思いますが
    なんというか、長続きしない気がするんです。

    やりたいことがあって、どうしても
    それに携わりたい、という愛情が無ければ
    続かないと感じます。

    成功するかしないかを他人の意見で吟味するようじゃ
    弱いと思います

    ユーザーID:7487009354

  • 矛盾がない

    生き方が調和していて矛盾がない、という結婚はうらやましいなと思います。
    だから、大事なのは、己を知ること、己の生き方や価値観を掘りさげることかもしれないです。

    ユーザーID:8102739515

  • それも女性次第です

    男性既婚なので女性の心理は判りませんが、意見させてください。
    友人の女性(40代半ば)も、企業でスポーツ選手をしていた彼と25歳で結婚しました。
    皆先は無いと思っていたけど、旦那は数年後に起業して今や年収ン千万になり、見事に優雅な暮らしをしています。
    結婚した当時ははっきり言ってそんな将来のことは考えていなかったそうです。
    でも「お前とのこれからの為に頑張りたい」と言ってくれたので、旦那のやりたいことは一生懸命応援したそうです。

    人生は一度きりでやり直しの効かない賭けです。
    将来の有望株を早期に見極めて、大きく育てるのが女性のウデの見せ所。
    男性側の言い分としても下積み時代を一緒に支えてくれず、優良物件に群がるだけの人生見極め目過ぎた晩婚の女性等は敬遠したいです。
    そう考えると、若い時安月給で将来どうなるかも判らない自分と結婚してくれた妻には感謝してます。
    所謂糟糠の妻ですね…私はそれほど成功していないので、妻には申し訳ないです(笑)
    トピ主さんも頑張ってください。

    ユーザーID:4083377853

  • やはり経済状況は関係あると思います

    私の知っている男性の芸術関係で、結婚していて子供もいる方達は、ぱっと思いつくだけで4、5人いますが、自分又は妻の親が裕福だったり土地があったりして、マンションを買って貰ったり、親の土地に安く二世帯を建てられたり、土地を貰った(借りた?)り、親が他所に所有してる家に住まわせてもらったり、子供の教育費を出して貰ったりと、何かしらのやっていけるだけの助力があります。

    そうじゃない男性たちも知っていますが、結婚していなかったり結婚や子供を期に芸術はやめたりしている人が多いですね。

    やはり「交際」と「結婚」の違いはそこなんじゃないかと、その人たちをみていると思います。



    芸術ではなくても夫に経済力が足りない場合で親が助力にならない人はやはり奥さんが安定してバリバリ稼げる立場です。離婚してる人もいますが。

    つまり,相手に生活に足るだけの経済力が無いなら自分又はどちらかの親や祖父母に必要なわけです。出所が夫なのか妻なのか親なのか親族なのかという違いだけで、どこからかは融通しないと成り立たないのではないでしょうか。
    夫婦二人ならまだしも子供が欲しいなら尚の事です。

    ユーザーID:6626993538

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 実際のところはわかんないですからね

    奥様実家がお金持ちだった場合、結婚自体が趣味みたいなもんになるでしょうから。
    内情なんて本人たちにしかわからないと思います。

    ユーザーID:7699507851

  • 確率の問題

    その話は事実かも知れませんが、それは成功したから言えるわけです
    学業ビリからトップになった、フリーターが金持ちになった とかいう話は
    嘘でないにしても、非常に確率は低いはずです
    そうならなかったケースが大半だと思いますが、そういう話は当たり前で面白くないから外には出てきません
    良く言う 「犬が人を噛んでも記事なんないが、人が犬を噛めば大ニュース」と言う類です
    無論、低い確率でも大ヒットを狙って、あなたの人生を賭けるのは自由です。
    私も当たる「かも」しれない宝くじは買いますが、人生を賭けるより安い金額だからです。

    ユーザーID:9719197100

  • 56歳のおばちゃんです

    後二ヶ月で24歳、大学の卒業式を待たずに籍だけ入れました。

    夫も修士課程を卒業するところでしたが、
    国家資格を取るため就職せず5年間無職、
    資格を取り開業しても5年間低収入のため、
    私の収入で生活していました。

    何故結婚したか?
    勢いですね。若くて金銭のことはあんまり考えていなかった。
    とにかく好きで好きで一緒に居たかった。

    私は父から
    「これからは女性も働く時代が来る。
     免許をとって、精神的にも経済的にも自立した人間になりなさい。」
    と教育され、
    また、女子高出身で女子だけで生徒会や部活を運営した経験があり、
    妻を母親の代わりだと思っている男性や、アクセサリーだと思っている男性や、
    自分の代わりに自分の敵と戦ってくれる妻が欲しいという男性は、
    私にとって人生という戦場で共に戦う戦友ではありませんでした。
    別に結婚しなくてもいいや、とも思っていたし。

    夫は、そんな私が「結婚したい。」と思う男性でした。
    おかげさまで、結婚33年目、
    夫婦関係以外のところでは波乱万丈ですが、
    夫婦関係はすこぶる良好です。

    ユーザーID:4618063225

  • 結果論ですね

    好きな相手と結婚するという発想とは違うと思います。好きなら損得抜きですから。

    トピ文にいう結婚は、経済力重視で、金のある得する相手を青田買いすることでしょう。
    好きな相手自体が目的なら、将来成功しようと失敗しようと関係ありません。

    好きでくっつく方が人間としては高級なのはもちろんです。
    一方で結婚はもともと動物的な損得の制度で下等なものです。
    損得の結婚をして、しかしそれを綺麗に見せかけたい女性が多くいますね。
    そこで理由にならない理由をつける、たとえば、子供を産むからとか。それがそのまま、利害の結婚の本来の根拠で、人として高級になるわけじゃないのには気がつかない。

    好きを結婚につなげたい人は、将来の得なんか期待しないで、お金は自分で稼ぐ人でしょう。

    ユーザーID:2097043716

  • 補足です

    まあ、たいてい通じてるとは思いますが。

    要は、相手の将来の成功をアテこんだ結婚なら、それも損得の結婚だと申し上げたのです。
    好きな相手を単純に選ぶなら、今のままでもかまわないはずですから。
    いや、もっと貧乏になったって、好きとお金は別問題だから文句はないでしょう。

    ユーザーID:2097043716

  • 想像してみました

    職が安定してない人

    ⇒将来成功するかどうかわからない。
     でも、うまくいかなくても人間的に信頼できる人なら何とかなる。

    職が安定している人

    ⇒安全パイではあるが、将来万が一ということもある。
     一緒にいたいと思える尊敬の念を抱けるか。

    >条件から入るのではなく、愛情や信頼で支えられた結婚をしたいです。

    トピ主さんの覚悟しだいではないでしょうか?
    応援します。

    ユーザーID:0099440670

  • すべてを手にいれる事はできない。

    24歳の時に、大手企業を脱サラして専門職の道を歩み始めたばかりの彼と結婚しました。
    当時は月収10万円あるかないかという感じでした。

    別に「私が支える」とも思ってないし、将来性を見込んでというのも違います。
    とにかく一緒にいて楽しかったし、若くて健康な者同士なんだから二人で働けばなんとかなるでしょ?という気持ちからです。
    私の収入をあてにするような人でも無かったので、結婚後は夫はバイトを掛け持ちしていました。

    10年経った今、夫はその職で起業し、バリバリ働いています。
    大化けしているわけではないけれど、十分な生活費をいただき、子供もマイホームも持てています。

    ただ、夫は家にほとんどいません。休みも月1程度しかありません。
    寂しいですよ、とても。
    お金があるんだからいいじゃないという人もいると思いますが、家庭を顧みず仕事に邁進している夫より、貧乏ながらも毎日笑いあって過ごしていた新婚の頃の方が楽しかった。

    所詮、どちらも望むのは我儘なんだと思います。

    ユーザーID:0709218060

  • なるほど、両方欲しいということだったんですね。

    まだ芽がでてないとは、いずれ芽が出て自分が自分が得する、面倒見てもらえるってことでしょう。
    以前、成功した男はライバルが多くなるから、先見の明で出世前を狙えってトピも見たことがある。

    好きな相手を選んで、なおかつ、結果的に物質的な得もしたいんですね。
    なかなかガメツイ。
    これも以前に見ましたが、好きな相手と結婚したら未だに、嫌いでフッた男性ほど稼がないから悔しい、糟糠の妻は果たして報われるのかなんてトピもあった、お金が欲しけりゃ自分で稼げばいいのにね。好きな相手とくっつけたら、そっちはそれで満足でしょうに。

    好きな相手と結婚するのも結構。
    子育て期間を考えて、あるいは、ゆくゆくヒトの稼ぎで贅沢がしたくて、お金で選ぶのも結構。
    ですが、どなたかのレスにもある通りで、両方欲しいとなると、こりゃ難しいワガママです。

    都合よくツギハギしてますが。
    好きという前に、結婚で得をしたい執着が強いんでしょう。得することが大前提になっている。
    上手く下心を隠して見かけ上の好きで結婚できたとしても、稼げるようになったら夫はもっとイイ女を探しに行っちゃうんじゃないですか?
    そのときはまあ、お互い様で。

    ユーザーID:2097043716

  • 自分に自信があるかどうか

    なんでそんな質問を?と不思議に思います。女性の方に仕事と経済力があればパートナーに経済的な「条件」なんて不必要です。例えば男性が結婚相手を選ぶ時、自分に家族を養う十分に経済力があれば相手の経済力は関係ないですよね。経済的な条件を度外視して、自分にとってベストな存在を選べばよいわけです。

    私(40代半ば、女性)は15年前、海外で働いていた時に5つ下の外国人男性と付き合い始め、結婚を決めた時、彼は実家住まいの無職無収入でした。1年間の海外放浪から帰ってきたばかりで。でも十分な知性と(院卒)しっかりした人格、何より私へのひたむきな愛情があったので、結婚することに何の迷いもなかったです。私の収入で夫婦2人十分生活できましたし。

    婚約してから彼は再就職し、すぐに私の収入は追い抜かれ、今は日本在住ですが彼は3000万近い収入を得ています。でも始まりが始まりだから、いつ彼が無職になっても私は多分動じません。私は相変わらず淡々と仕事を続け、一定の収入がありますから。逆に経済的条件なんて移ろい易い条件から結婚相手を選ぶ方が、変ですよね。相手の状態が変わったらどうなるんだろう、とよく思います。

    ユーザーID:4845200592

  • 若い時に恋愛すれば起こりうる。時代の社会事情が違う。

    そんな無茶なことができる理由はいくつかある。

    (1)若いために、将来生活で困るという現実を知らないから結婚に飛び込める。若い時は怖さしらず。結果が良かったからいいが、逆なら後悔の可能性大。

    (2)今50代で24歳で結婚したということは、25年前に結婚したということ。その1990年頃は、まだ国の経済が今のように不況ではなかった。その数年後から経済成長率も失業率もグッと下がって厳しくなる。世の中が、まだ好況期の名残の中にあった。だから若者が先の就業や生活が厳しい感覚とは違いのんびりしていた。「何とかなる」という感じがあった。時代で日との考えも行動も変わる。

    (3)本当に好きになれば「とにかく何でも一緒にいたい」「この人が無ければ私の人生はない」と思い込むので、その(女性)に生活力があれば、結婚したいと思ってもおかしくはない。しかし、それは、(2)の時代背景も大きく影響している。今のような不況時代で、就職も自営も厳しい時代なら、また違ったかも。しかし、それにしても、若い頃の恋愛は、「後先(あとさき)考えずに」飛びこんでしまうことはありがち。あとは結果が良ければいいが悪ければ離婚も多い。

    ユーザーID:5194825384

  • 二度目です

    好きな人と結婚したい、
    今は収入がなくてもいずれは成功して高収入の夫になって欲しい、
    ということでしたら、我が家は大ハズレです。

    夫の仕事が軌道に乗ったので、私は仕事を辞め補助者としてサポートに入りました。
    21年になりますが、あのまま私が働き続けたほうが収入が多いんじゃないかと。
    夫は仕事は出来る人ですが、商売ができない。
    職人肌で、図面描くのも、杭やプレートを入れるのも、
    そこまできっちりやらなくても、と言いたくなるくらいきっちりやります。
    土地という人の財産を守る仕事なので、手を抜けないのだそうです。

    我家の場合、好きな人と裕福な生活、両方は手に入りませんでした。
    スーパーのチラシで安売りをチェックし、半額のシールに手を伸ばす貧乏人です。
    でも、好きな人とほぼ24時間一緒です。
    私は一緒に測量に行き、穴を掘り杭やプレートを入れ、
    夫が図面を書いている間、雑用係として小町を見ながら待機しています。

    夫は成功したが、一緒にいる時間が無い、というレスもありましたね。
    全部は手に入りません。
    何かを手に入れるためには、何かを捨てなければいけないのが人生だと思います。

    ユーザーID:4618063225

  • 信頼出来たんでしょう

    当時の彼は本当にひたむきに努力していたのでは?
    中々夢に向かってひたすら毎日努力するって難しい事ですよ。
    そんな彼なら例え夢が叶わなくても、腐らず別の道でやっていけると思えたのではないでしょうか。
    まぁ後は互いの実家の状況とか色々込みでしょうけど。

    ユーザーID:6567215305

  • 自分一人くらいは自分で食っていけると思っていたから

    私26歳、ダンナ28歳で結婚しました。
    私は士業でしたので、何があっても自分ひとりくらいなんとかなるし、ダンナも自分の分くらいはなんとかするでしょう、と思って彼が無職のときに結婚しました。

    彼は当時から仕事があったり、なかったりを繰り返していましたが、どんな状況になっても次々と収入のネタになりそうな事を見つけ出してくるので、その点はすごいなと思っていました。

    今は山手線内でベンツに乗る程度の暮らしにはなってます。優雅そうにみえるかもしれませんが、会社の経営も大変ですし、あれこれ言いながら夫婦でがんばって会社を回しています。

    ユーザーID:0885943448

  • そうね

    目が出る男は10万人に一人よ。
    あとはみんな野垂れ死によ。
    そもそも芸術で成功するなんてさ。。。。
    フリーターには100%無理よ。
    芸大でなきゃ成功なんかするわけないじゃない。

    ユーザーID:0509894972

  • トピ主です。ありがとうございました。

    多くのレスを頂きまして、ありがとうございました。

    色々な考え方があるのだなぁと気づかされました。
    まだまだ、人生経験が少なく、十分に理解できないこともありますが、レスを繰り返し読み、少しは結婚についてわかったような気がします。

    レスしてくださった、みなさんにお礼を言いたいです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:9751824882

  • 才能に惚れ込む

    若い頃はそういう女性結構いましたね。
    彼が売れない劇団の俳優であるとか、売れない画家であるとかね。

    支えていた子たちっていうのは 本当に純粋に彼の才能に惚れ込んでた。
    夢が同じだったのよ。
    彼女である前にマネージャーみたいなね。

    それでも30半ばくらいになると、
    ・彼が夢を諦め、サラリーマンになる
    ・それでも彼女が支え続ける
    ・価値観の違いから別離を選ぶ

    色々でしたね。


    50過ぎて 賞を取ったり、映画に出れるようになったり売れてくる人もいましたが
    夢を諦めた人もいたと思いますよ。

    その女性も彼のことが好きだったっていう単純なことだけじゃなくて、彼の才能に惚れ込んでいたんだと思います。
    別に近くにいようがいまいが関係ないです。
    収入がゼロに近くても 無職ではありません。売れないだけですから。

    単なるフリーターっていうのとは違うんじゃないかな。
    目指す夢があるかどうかじゃないのかなあ。
    ふらふらアルバイトだけしているのと、まったく違いますよね。


    私は周りに気難しい芸術家が多かったから、異性として好きになることはありませんでしたけどね。

    ユーザーID:2996942510

  • 自分次第

    生涯のパートナーとなる人を成長させるのもダメにするのも本人達次第。
    基本自分のなりふり次第で幸せにもなるし不幸せにもなる。

    私はセレブではないけれど、スタートが一番底辺だったのに
    今ではそこそこ不自由無く三人の子もいて、とても幸せな結婚生活をしています。
    お互いがお互いを支え合おうって思える相手だったので
    結婚を決めた時二人とも偶然無職になってしまいましたが
    これ以上下がる事は無いだろうと、上がる努力をしました。
    主人も私もある資格を持っていたので、それによりお仕事を最初は小さなものでしたが
    徐々に大きな仕事も頂けるようになって、長男が産まれる時は
    自営だけでは不安定だろうからと、主人はバイト的な仕事も掛け持ちしたり。
    私は主人の頑張り努力がきちんと実になるように、あらゆる面でフォローしました。
    同業者という事もあり、内情も良く分かるので仕事のアイデアについても
    人間関係でもしっかり出来るよう努めました。
    結果気づけば人様からとても信用が厚く、多方面で頼られ意外な仕事も舞い込んだり。
    奥様のフォロー次第でご主人が上がって、結果幸せに暮らせるって事ではないでしょうか。

    ユーザーID:1641037013

  • 心は

    > 恋愛経験が少なく、このような女性の心理がわかりません。
    心理は
    > 私もそんな恋愛、結婚をしたいと思います。
    >愛情や信頼で支えられた結婚をしたいです。
    なのでは。

    ユーザーID:0703207525

  • ひとこと

    当方恥ずかしながら、男性を支える自分という自己イメージに固執してしまったため、2度の結婚を棒に振ってしまいました。

    ユーザーID:7115285944

  • 計画性、でしょうか。

    私自身は結婚していませんので、少し例とは違うかもしれませんけれども。
    普段人に話す事じゃないので、ちょっと書かせていただきます。
    お付き合いした方の2人ほど、今ではそこそこ成功している方の不遇時代にお付き合いしていました。

    才能を信じていたというのはあります。
    そして、「いつかは成功する」じゃなく計画性を感じた人でした。
    〇歳までに芽が出なければ、それは趣味として続けるだろうけど諦めて次はどうすると決めていた人、ですね。
    ですので、才能よりもその期限を信じて、養っていました。なんとなくその方が本気度が強く感じたのです。
    幸い芽が出て、今ではしっかりと名を馳せています。
    生活時間などの擦れ違いや環境の違いを感じて、こちらからお別れをしましたけれども。
    たまに何かで頑張っているのを見て、ちょっと嬉しくなります。今の彼氏には言えない話ですが。

    今の仕事で出会う人は起業した人が多いのですが、
    内助の功の奥様達も仰います。「語る内容に計画性があること」が決め手だったと。

    愛情や信頼は妄信じゃないです。
    夢で終わらせないものが見えるかどうかはあると思います。

    ユーザーID:1163797976

  • 専業主婦希望の女性結婚する男性って、そういう感じじゃない?

    まあ、私も一回は自分が大黒柱になっても良いと思って、今の夫と結婚した口ですが、今は主婦しています
    あの頃、自分で一家族を喰わせられると思える収入があったからこそ、選べた道でしたね〜

    女性が男性を養う話は少なくても、
    逆なら別に特別なことでもなく、そこらに転がってるとおもうよ
    専業主婦希望の女性と結婚した男性って、そういうもんじゃないかなあ?
    みんな「打算じゃなく、愛情で結婚した」って感じでしょう?




    一方、専業主婦希望の女性がある日事業を起こして成功する確率と
    フリーターみたいな男性が、才能を発揮して成功する確率とは、ほぼ同じだと思う。

    まあ、あんまり夢見ない方が良いと思うよ。

    ユーザーID:3220767110

  • どういうこと?

    >条件から入るのではなく、愛情や信頼で支えられた結婚をしたいです。
    何綺麗ごと言ってるの?
    相手の男性が将来成功して自分がプチセレブになるって絶対的な条件が付いてるじゃないですか。

    ユーザーID:1953734180

  • あんまり

    真に受けないほうがいいかもしれない。
    その女性達にはその女性達の恋愛と結婚があり、トピ主さんにはトピ主さんの恋愛と結婚がある。
    夢を追いかけている男性と恋に落ちれば、支えるか別れるかの選択を迫られる。
    その女性達は支えるというギャンブルをしたということ。
    ギャンブルなんで当然、勝ちと負けがあるよ。
    勝ちも見たし、負けも見た。
    共通していることは後悔をしていないという姿勢かな。
    自分の周りだけかも知れないけど、勝ちも負けもお別れはしていない。
    本当に好きなんだろうね。

    でもね、自分も娘がいるんだけど相手の夢実現のお手伝いの結婚より自分の夢を追いかけて欲しい。
    大切なひとに大切にされながら二人で夢を追いかけて欲しい。

    ユーザーID:2058610397

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧