漫画家志望の夫について

レス49
(トピ主3
お気に入り58

心や体の悩み

寒天

私の夫は漫画家を目指しています。
以前は仕事をしており、漫画は休日に描くだけだったので気にしていなかったのですが、
今年3月に仕事を辞めてから、寝ているとき以外はほとんど机に向かっている状態です。

ずっと同じ姿勢で座りっぱなしは体に悪いのではないでしょうか。
特に心配なのが腰で、夫は過去に2回ぎっくり腰をやっています。
今のところ腰痛などの自覚症状はないと言っていますが、2回もやっていると再発の可能性が高い気がします。

ぎっくり腰や腰痛を予防するために私にできることがあればアドバイスをお願いします。
現時点ではタンパク質やカルシウムが多めの食事を作ったり、
椅子を座面やアームレストの高さ調節できるものに買い替えるくらいしかできていません。
マッサージもやってみたいのですが逆効果になりそうで怖くてやってません。

ちなみに夫は43歳、体重60kgの痩せ型で、腰以外に持病はありません。

ユーザーID:2374022020

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 心配なのは腰ですかい

    今後の生活費が心配とか、家賃が払えないとか、本当に漫画家に成れるのかとか、夫には才能が有るのかとか、漫画家で食べて行けるのかとか全く無くて、腰ですか。うーん。

    私は長い事書道をしていましたが、去年はひと月に一度はぎっくり腰になりあまりに深刻な健康状態だったため思い切ってやめて見ました。年老いた母と病気の夫を家において、あまりに没頭し過ぎ犠牲にすることが多すぎ、展覧会に一年中追いまくられる生活を考えると当然とも言えます。すると止めたとたん一度もぎっくり腰は起きていません。書道は中腰で立つか、立膝で長時間書きつ続けると言う腰にとっては最もハードな姿勢です。お蔭で副作用の酷い鎮痛剤の使用も終わり、あの痛いブロック注射もしていません。
    貴女のご主人が漫画を描く事で腰痛が悪化する事は考えられます。生活の中で腹筋を鍛えるとか、散歩して姿勢を変えるとか、ストレッチをするとか意識的に腰痛予防を心がければある程度は防げます。
    しかしもともと腰の悪い人が同じ姿勢を撮り続ければかなり腰に負担が掛かると思います。没頭するとか忙殺されるとか時を忘れてやり続けた時、ぎっくり腰の神様が頻繁に苦しめに来ますよ。

    ユーザーID:5112823159

  • 特に心配ないと思います

     食事や風呂、トイレで席を立つ時に軽い運動を心がければ、大丈夫ではないでしょうか。

     旦那様は才能があります。机に向かっているということは作画しているということですね? 寝ているとき以外はずっと。
     天才肌で、尽きぬアイデアの持ち主とお見受けします。ご家族の理解があれば、きっと大成するでしょう。

     その情熱と体力、羨ましいです。(睡眠時間が18時間とかいうオチがなければですが)

    ユーザーID:8018817695

  • ギックリ腰、ポイントはそこですか?

    「夫のロマン、妻のフマン」とか言いますが、トピ主は健気にも、夫の漫画家への転身をサポートしようと考えているのですね

    40代からの転身。作画才能やテーマ感性が全ての世界。つまり「面白いかどうかが、全ての世界」で、才能的に大丈夫なのですか?お子さんの事が書かれていないのですが、家計を立て得る収入の目途は立っていますか

    漫画は映画と小説の中間媒体。「百聞は一見に如かず」という通り、ビジュアル性では映画に一歩優越が有りますが、小説はその代わり、映画の一方的な進行と異なり、読み手ペースで時には頁を戻して、読み返しや行間を読んだりして、理解を深められる反複性に優れています。また、作者の意図を揣摩したり、読み手の想像参画を促す利点も有ります。漫画はその両者の特性をええとこ取りした媒体だと思います

    でも、才能の有る人ならば、平凡なサラリーマンで人生のプライムエージを過ごすより、勇を奮っての断行が稔ると良いですね。知性と感性の過半を、漫画によって涵養し、月間の漫画購入費が6万円で、単行本2500冊保有しています。私の信条は、立ち読みは「情報万引き」と思っています。ご成功を祈っています

    ユーザーID:8691714642

  • 適度に運動すること

    漫画家ではないですがびっちり座り仕事、をしています。
    腰やられますね…。

    運動を適度にする、という心がけをしないと、取り返しのつかないことになると思います。
    一度かかってしまったが最後、完治することは無いですよね。私は腱鞘炎にも苦しまされてます。
    すでにぎっくり腰をされているということは…いま自覚症状はなくても確実に慢性的な腰痛もちの道まっしぐらですよ…。

    手軽なのはスクワット。正しいスクワットの方法を動画サイトなどで確認して実践して下さい、これだけでも大分違うと思います。筋肉を付けた方が良いです。私はスクワット20回を朝、15時くらいの小休憩のとき、夜寝る前のお風呂、と一日3回やっています。
    スクワット始めてから2年になりますがものすごく調子がいいです。

    黒柳徹子さんがテレビでスクワットをしていると話されていて、年齢を感じさせない黒柳徹子さんの姿勢などすごいなと思って私もやってみるようになりました。
    確かにこれ、すごくいいですよ!

    ユーザーID:9327689968

  • 運動しないと…

    本当は周りだけがあれこれ言っても自覚がないと無駄だと思いますが…。

    朝、ラジオ体操第一第二を真剣に、あとは気分転換を兼ねて1時間のウォーキング、これを毎日するだけでもかなりいい効果はあると思います。最低でもストレッチは原稿の合間にやる必要はありそう。

    仕事を辞めてまで漫画を描いているというのは、すでに担当が付き大賞取ってからのデビューを狙っているのでしょうか。それなら余計ぎっくり腰してる場合じゃないですからね。その線で話をしてはどうでしょうかね。年齢的に無理すると確実に弱い箇所にきますもんね。

    ユーザーID:6783251477

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 腰痛より気になるのが

    長年同業一本で仕事をしています。
    ギックリ腰は経験ありますが、処置をしていればさほど問題は無いかと思います。
    販売されてる腰痛バンドをするとか、
    定期的に鍼灸マッサージ院に通うとか、腰に良い運動や
    筋肉を鍛えるピラティス等をする事をお勧めします。

    それよりも気になったのがご主人の状況です。
    お仕事をお辞めになり今は執筆中とのことですが、
    この先プロとしての仕事ができるアテはあるのでしょうか?
    今まで商業誌等での掲載経験はあるのでしょうか?
    ジャンルにもよりますが、失礼ながらそのお年で
    プロ漫画家を目指すには遅すぎると思います。
    ご主人のお年ですと、絵柄話共によほど完成度が高くなければ
    より厳しい目で見られるのと、その年齢はプロになれない多くの人が
    諦める歳でもあります。

    余計なお世話と思いますが、ご主人がプロ漫画家になれなくても
    今後生活はできるのでしょうか?
    出版不況が続くこのご時世、たとえデビューできても、
    生活できる程に稼ぐのは難しい世の中です。
    昨今は商業漫画の仕事もしながら他の仕事もしている作家さんが沢山おられます。
    ご主人はその現状をご存じなのでしょうか?

    ユーザーID:6403225814

  • ただの運動不足

    本気で漫画家を目指すなら
    健康的な生活習慣を身につけましょう

    がむしゃらに頑張っているのは努力している自分に酔っているだけ
    本当に本気なら若くないスタートと言うハンデ込みで考えなくてはダメでしょう

    ユーザーID:2696271763

  • 腰に悪い

    座りっぱなしですからそりゃ腰に悪いですよ。
    腰を痛めて漫画家を止めた方も少なくありません。
    職業病みたいなものです。

    エコノミークラス症候群防止のために1〜2時間に1回は立って体を動かす。
    タイマーを使った「45分戦法」なんかいいでしょう。
    ラジオ体操は全身の筋肉を使うのでお勧めです。
    アイデアを出すときは散歩をする、自転車に乗る(足を動かすと血液が循環してネタがよく出ます)
    出来ればジムに通って筋肉を付ける。

    43歳から漫画家を目指すのですか?
    その年だと逆に生活のために廃業する人の方が多いと思いますが。
    トピ主さんの収入もしくは不労所得で生活は出来ると言う事でしょうか。
    社会と接点を持つためにも外で仕事をして(人間観察はネタになります)、同人作家・web漫画家として作品を発表した方が続けられると思います。

    ユーザーID:0077054205

  • 痔に注意

    たしかに43歳で漫画家志望はおそいのですがなにわ金融道の作者みたいに

    人が関心があるのにあまり詳しくない分野を書くのならまだ道はあります。

    水木しげるさんは戦争で片腕亡くし40越えてから漫画家になってます。

    ただ椅子に一年中座りっぱなしになるので腰の負担は大きいので

    1.2時間おきに軽い体操すること。

    グルコサミンコンドロイチンMSMは予防のため取っておいた方がいい。

    ただ漫画家は重い荷物を運ぶ仕事ではないからぎっくり腰はないが

    痔になりやすいのです。いぼ痔で手術した漫画家はたくさん知っています。

    がんばってください。

    ユーザーID:7843838573

  • 「腰痛は蓄積です」

    タイトルのことを主治医に言われました。筋肉っていうのは瞬間的に力が入ることよりずっと一定の力で緊張させられている方がダメージが大きいそうなんです。
    そして、立っているより座っている方が腰の筋肉や椎間板にははるかに負担が大きいと。
    私は事務職で座り仕事だったのですが、それで腰痛が悪化したようです。

    ご主人、夢中になってしまうとずっと座り続けていたりしませんか?少なくとも1時間座ったら少し歩いたり軽い体操をして筋肉をほぐした方が良いそうですよ。
    あと、理学療法士さんに教えていただいたのは、「座り仕事の人は大腰筋が固まっている」ということです。大腰筋というのは腰椎と太ももの骨をつなぐとても大きな筋肉で、これがずっと座っていることで、縮んだまま硬くなり立ち上がった時に腰椎を引っ張るので痛くなるのだそうです。
    ネットの動画サイトで「大腰筋ストレッチ」と入れるといろいろ出てきますから、ご覧になってみてください。

    私は腰痛をこじらせて退職を余儀なくされてしまいました。ご主人も座っていられなかったら漫画家にはなれないでしょう?くれぐれも予防が大事ですよ。

    ユーザーID:3119040563

  • 別居しましよう

    私も物書き志望ですが、今は宮ずかいです
    仕事しないで嫁の稼ぎで生活など出来ません
    もし物書きでそれなりの収入になっても65定年の会社ですが
    、60までは仕事やめません。
    旦那さんの頭の中味が漫画で無ければいいのですが
    漫画で生活出来るようになるまで別居をお勧めします。

    ユーザーID:8182614685

  • ほっとけ

    だいたいデビューもしていない漫画家「志望」の状態で会社を辞めること自体が間違ってます。

    腰痛や痔やメタボにこれからどんどんなっていくでしょう。本人の自己責任です。

    そんなことより、貴女は生活費の心配はしないのですか?
    専業主婦なら呑気すぎるし、共稼ぎなら、夫は貴女のお金をアテにしています。

    腰痛よりも、こっちのほうが大問題です。
    夫の身体より自分の生活(子供がいるなら子供の教育費など)を心配して下さい。

    ユーザーID:3602180093

  • トピ主です

    みなさんありがとうございます。

    適度に運動することが大切というアドバイスを多くいただきました。
    困ったことに、夫は体を動かすことが大嫌いでスポーツも苦手。
    散歩に出るのも面倒だという人なのでちょっと不安ではありますが
    健康を損なっては元も子もないので、ここは心を鬼にして運動させなくてはいけませんね。

    子供も高1と中2になりやっと手がかからなくなったところですが
    もう一人大きな子供ができたつもりで世話を焼くことにします(笑)

    引き続きお気づきの点があればレスいただけると嬉しいです。

    ユーザーID:2374022020

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • なるほど

    主様のタイトルからきっと「こんなんで食べていけるのでしょうか」という質問かと思いきや「腰!」

    そして皆さんが心配しているのは腰よりも生活。
    (トピ主さんご本人が心配していないならなにかそれなりの理由があってのこと。痛くもない腹を探るのは大きなお世話かと思いますが)


    腰、辛くはなると思います。マッサージ器などあるといいかもしれませんね。
    クッションのなかに内蔵されたものとかいろいろあります。

    ユーザーID:7330833369

  • じゃあ他のところ

    長年描いてきた漫画家さんは、腱鞘炎に苦しんだりしているようです。
    ペンは手に合わせて握り易くする等の工夫をして、なるべく負担がかからないようにした方がいいと思います。

    ユーザーID:6790785964

  • 呑気なお返事読みました

    >子供も高1と中2になりやっと手がかからなくなったところですが

    ありえない!!これから学費がかかるって時に会社を辞める!?
    無計画極まりないです。

    こんな馬鹿なことを考えるのはもしかしてすごい資産家のお坊ちゃんですか?

    もしお坊ちゃんでないのなら、妻に出来ることは経済的な援助を一切しないことです。でないとタダのヒモに成り下がります。
    期限を切って、漫画家になれないのなら再就職するように勧めて下さい。

    もし資産家なら、どうぞそのままで。いずれにせよ子供に迷惑かけないでくださいね。

    ユーザーID:3602180093

  • インラインスケートはいかが

    滑る場所は限られると思いますが公園や河川敷などで滑れるところはありますよ。
    運動神経も自転車に乗る程度でいいし、インナーマッスルが鍛えられます。
    私も運動嫌いで走るのも嫌いなのですが、インラインは楽しくて続いています。
    私は45歳で専業主婦になったのをきっかけに平日も漫画を描くようになりました。
    漫画って自分の指や手を思い通りに動かす作業なので、スケートがいいウォーミングアップになるんですよ。
    体を思い通りに動かす、というところは同じなので。
    逆に私は手の汗を止める方法をおしえていただきたいぐらいです。
    漫画描いてて一番やっかいなのは手の汗ですね。

    ユーザーID:2369936467

  • 横ですが

    手の汗は手袋を加工して作って下さい。

    まず小指と親指をだけを残して手袋の指を切り落として

    手袋の側面だけが紙につくように△形に切ればいいのです。

    ユーザーID:7843838573

  • 自分はやったことないけど

    海外の企業で、立ったままでパソコンが出来る高さのデスクを見たことがあります。
    ずっと立ったままだと疲れるけどずっと座りっぱなしもしんどいからちょっと良いかもと思いました。

    ユーザーID:2888562239

  • バランスボール

    PCでの長時間作業でお尻は痛いし腰痛は治らないしと、いい椅子を探してたところバランスボールをオフィスチェアにしている企業があることを知って早速試しました。
    座りながら適度に前後左右に動かすので1日目にして腰痛知らず。おすすめです!

    あまり運動しない方なら、座りながらちょっと運動した気分になるんじゃ?

    漫画を描くという作業において合うかどうかはわかりませんが、試してみてはどうですか?
    だめならトピ主さんが体型維持のために使えば良いし。

    「バランスボール 椅子」で調べてみてください。


    ユーザーID:0054261967

  • 今日は雨様へ(横レスすみません)

    もしかして私へのレスでしょうか?
    恐縮です。
    ありがとうございます、参考にさせていただきます。
    トピ主さん横レスしてすみません。

    ユーザーID:2369936467

  • 受診

    整形外科を受診してはどうでしょう。既に書かれている通り、運動不足で腹筋するように指導される場合が
    多いと思いますが、他の病気が原因の場合がありますから。念のため。

    ユーザーID:9469062975

  • 素朴に思うんだけど…、

    収入は大丈夫なの?

    お子さん、手はかからないでしょうが、お金が更にかかるようになりますけど。
    それとも奨学金借りて大学に行かせるか、高卒で就職させるの?

    どなたかも書かれてましたが両親が資産家か副業(株やFX)でもやってるのですか?

    それとも主様は四十過ぎの夢追い人について行くのですか?
    あと、御主人、出版社の編集者に会ったコトは有るのですか?
    それともアシスタントの経験、賞への応募等はしたことあるのですか?

    と、主様の心配はそういうところでは無いのですね。
    一番良いのは事務系が多い家具専門店へ行って座ってみる事です。

    あとね…マンガ家さんに肘掛なんて要りません。
    同じ様なパソコン作業用の椅子には肘掛はついてないですよ。
    座面や背あてが良いモノを選びましょう。
    7〜8万も準備すればかなり良いモノが買えるでしょう。
    それでもお尻が痛くなるのなら低反発枕と同じ素材を使った座布団が有りますからそれを敷くと良いです。

    ユーザーID:6395036978

  • サポーターが市販されているはずです。

    腰を支える専用サポーターが、市販されているはずです。お試しになってはいかがでしょうか。
    しかし、モノにならなかっら(プロデビューできなかったら)、今後の生活費負担はトピ主様が担うこととなるはずですけど、当然夫婦間では折り合いがついていらっしゃるのですよね。
    まあ、昨今では同人誌発行という手がありますから、プロでなくとも稼げるかもしれません。

    ユーザーID:6959670034

  • うちの母は

    手芸好き。熱中すると、夜中まで裁縫や編み物をしていました。結果、運動嫌いも手伝って、腰痛が酷くなってしまいました。時々家族が交代でマッサージしていました。
    60代になった頃、脊柱側弯症になってしまいました。正面から見て、S字型に歪んでいるのです。後に、横から見てもS字に歪むようになりました。

    もうそうなると、治りません。やっぱり運動して、体幹を鍛えるべきだったんだなと思います。私は母を反面教師にして、ジムで腹筋背筋、両脇と、念入りに腰回りの筋トレしています。
    運動嫌いですが、あれを見てしまうと怖くて。ご主人にも、ショック療法として、そういう痛々しい画像を見せて、運動して貰っては如何ですか?

    話は逸れますが、ご夫婦の預貯金や資産は、億単位で有る(又は相続する予定)、もしくは主さんが稼ぎ頭だから、夫を応援出来るのですよね?
    これに答えて頂かないと、老婆心ながら、子供達の将来が心配で・・・。

    ユーザーID:2614112572

  • トピ主です

    みなさん引き続きありがとうございます。

    腱鞘炎に痔ですか。
    いろいろと気を付けないとならないんですね。
    個別に返信できなくて申し訳ありませんが感謝しながら読ませていただいています。

    それからトピの内容とは違うのですがすみません、気になったので質問です。
    おばはん様
    「妻に出来ることは経済的な援助を一切しないことです」というのはどういう意味なのでしょうか。
    夫は漫画家志望でありまだ漫画家ではありませんから、収入はありませんよ?
    「妻に出来ることは経済的な援助を一生懸命することです」ならわかるのですが、ごめんなさい、書き間違えでしょうか?
    でも二度も書き込んでいただいて本当にありがとうございます。一生懸命稼ぎますね!
    それから子供のことは心配いりません。二人とも漫画大好きなので喜んで夫を応援しています。
    (以前の夫はかなりお堅い職業についていたのでつまらなかったらしいです)

    みなさんにこんなに気にかけていただいて嬉しいです。本当にありがとうございます。

    ユーザーID:2374022020

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ほっといてあげて

    座りっぱなしが体に悪いのは百も承知。

    でも、運動しろしろ言うのはやめてあげて。
    そっとしておいてあげて。

    過集中の状態がすごく大事なんです。
    運動なんてしてられないんです。

    ちょっとでも動くと積み上げたネームが崩れるんです。

    ペン入れだってノってるときに一気にやりたいんです。

    デビュー前でアシスタントがいないならなおさら。

    漫画家になるから仕事辞めるって言って、
    遊び歩いているなら運動しろって言ってあげて欲しいけど、
    ちゃんと机に向かってマンガを描いているなら
    お願いだから放っておいてあげてください。

    運動しろなんて絶対絶対言わないであげて下さい。

    ユーザーID:5733348208

  • 太陽にもあたった方がいいのでは?

    実家の近くに引きこもりの男性がいるのですが、運動もせず家に引きこもって長いせいか骨が脆くなっているそうです。

    紫外線の浴びすぎはダメだと思いますが、骨に必要なビタミンDや免疫力向上に日光は必要だと思います。

    運動が嫌いでも、散歩やウォーキングなどをして、想像だけより外の世界に接して漫画の幅を広げてはいかがかと思います。

    それと腱鞘炎にも注意して下さい。

    ユーザーID:2363404547

  • 現役漫画家です

    確かに腰はやられますね〜(笑)
    ぎっくりの経験はないですが、ずっと座ってると立ち上がるのに苦労することもあります。

    お勧めなのは、ラジオ体操と腹筋背筋運動です。
    ラジオ体操は説明するまでもないですね。テレビでお手本の放送もありますので、あれを見てやってみて下さい。
    腹筋と背筋ですが、あまり本気でやる必要はないと思います。
    それぞれ15回くらいで…と言っても私は女性なので、男性なら30回くらいやってもいいのかな…
    とにかく大して疲れない程度で充分です。
    ちなみに腹筋と背筋両方やる意味は、両方を鍛えないと偏ってしまうからです。

    どれもあまり時間のかかるものではないですので、毎朝の習慣になさってはと思います。

    それと漫画を描いているとどんどん引きこもり状態になりますから、定期的な散歩はしたほうがいいですよ。
    お仕事をやめて家におられるなら、食材や日用品の買物はご主人の当番にしてはどうでしょうか。

    デビューできるかどうかは何も申しませんが、漫画はとにかく体が資本です。
    小説は多少具合悪くても書けますが、漫画は全身運動なので。
    ぜひお体お大事に。

    ユーザーID:8021274608

  • 座り方一つで変わります

    私もぎっくり腰をやりました。
    当時は座り仕事で、いわゆる事務椅子で座っていてぎっくり腰になりました。
    医師には「座り方が悪い」と言われ、背中にクッションを入れて姿勢と座り方を変えるようにしました。
    私も運動が嫌いでしていません。
    椅子を買い替えたりされているようですが、
    いくら良い椅子にしても、座り方が悪かったら終わりです。
    また少しでも腰が痛かったり違和感を感じたらサポーターを巻くことも必要です。

    散々ぎっくり腰はやりましたが、3年ほど前には椎間板ヘルニアになってしまい、
    定期的な通院、痛み止めの服薬、外出時は杖が必須アイテム、
    酷い時は痛みで眠れない等の症状に襲われました。
    今も家事の合間に痛みで横にならなければやっていけません。

    兎に角悪化させないように、出来る予防法は徹底的にやっておくことをお勧めします。

    ユーザーID:6869581128

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧