義母が余命わずかです

レス11
(トピ主0
お気に入り30

心や体の悩み

ミニー

末期ガン約1年半闘病していましたが、先週 容態が急変して 入院してます。
もう治療法はなく、痛み止めのみの緩和治療のみ。食欲もなく、腹水も溜まり、医師からは いつ何があってもおかしくないと言われてます。
困ったことに 私が、現在第2子妊娠中で臨月です。先週 「義母の容態が悪化した」と聞き、パニックで軽く破水してしまいました。検査結果、破水ではなかったのですが、赤ちゃんが下がり気味で張りがちなので なるべく安静にするようにとのこと。上の子(6歳)には 義母の容態のこと言ってないのですが、明日 病院へいき、話をする予定です。(車で2時間程度の距離です。)
私も子供も大好きな義母でたくさん旅行にいったり、義母の家で過ごした時間や思い出がありすぎて、最期を思うだけで、涙が溢れて止まりません。覚悟しないといけないのはわかっていますが。また 、子供の精神面をどうフォローすればいいのか、私の出産前後に義母の最期が重なってしまいそうで、どうしたらいいか考えたら 不安です。
子供にとって 親しい人の「死」をどういうふうに受け止められるのか。葬儀に参列させていいのか。など、不安ばかりです。何かアドバイスいただけたら幸いです。

ユーザーID:2387775941

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お気持ちお察しします。

    お気持ちはわかりますがこればかりはなるようにしかなりません。
    その時自分にできることをするだけです。
    おこさんはおばあちゃんの死よりもおそらくあなたの出産のほうがストレスのはずです。
    でも一時的に不安定なろうとそれがずっと続くことはないです。
    とにかく元気な赤ちゃんを産むことを最優先にしてください。
    お義母さまが末期癌だと知っていて妊娠したのでしょう?
    だったらそれくらいの覚悟はもつべきです。

    ユーザーID:2109167388

  • 貧乏にならなければ大丈夫

    > 子供の精神面をどうフォローすればいいのか

    私が9歳半(小学3年の2月)でしたが、父が40代前半で亡くなりました。ずる賢かったのかアホだったのか、忌引きというものがあることを知っていて、学校を休めることが嬉しかったです。数年後の母子6人に大変な貧乏生活がやって来ることも知らずに・・・。

    6歳のお子さんであっても、お婆ちゃんのお葬式では悲しむでしょうが、その後は直ぐに立ち直れると思います。

    ユーザーID:8844694289

  • うちの子の場合

    七歳のときに私の母の死に立ち会いました。母は癌でホスピスに入っていました。
    母は胃の全摘をしていたので、油物を食べられませんでしたが、亡くなる前日に息子が食べていたとんかつを一切れ食べて、ああ、おいしい、と言いました。
    その後、痛み止めを点滴し、そのまま意識がなくなりました。
    家族で外来者用の部屋で眠っていると、看護師さんに呼ばれ、母の近くに集まりました。
    お医者さんから、耳が一番最後まで生きているから何か話し掛けてくださいと言われ、息子は、ばあちゃんありがとう、と言いました。
    程なく静かに息を引き取りました。お通夜も、お葬式も、息子は神妙にしていました。

    それから五年ぐらい経った頃、息子は、自分が死ぬときもばあちゃんみたいにみんなに話してもらいながらがいい、ばあちゃんは最後に僕のとんかつを食べて美味しかったんだよね、と言いました。

    ホスピスでの死は、モニターも着けず、酸素吸入だけして、自宅での看取りと近いものでしたから、物々しさもなく、息子にも受け入れ易いものだったようです。
    核家族化が進み、人の死に触れることが少なくなったからこそ、息子が母を看取ったのはいい経験になりました。

    ユーザーID:1133217747

  • 命のリレー

    お身体の具合はいかがですか。
    義母さんの事はご主人に任せ今は赤ちゃんを産むことに神経を集中させてください。
    それは義母さんの望みでもあるはずです。

    義母さんは出産間近なのをご存じなのですよね。
    楽しみにしていらっしゃっるはずです。
    生きる希望でもあると思いますよ。

    優しい義母さんなら生まれてくるお子さんを守ってくださるでしょう。
    6歳ならリレーはわかりますよね。

    おばあちゃんはお星さまになったけど今度は赤ちゃんが来てくれた。
    命はこうして次から次へリレーしていくものだと教えてあげて下さい。

    葬儀には6歳なら参列できます。
    最後のお別れをさせてあげて下さい。

    安産でありますように。
    義母さんに赤ちゃんのお顔が見せられますように。

    ユーザーID:4935903394

  • ありのままを見せる

    人が亡くなり、お葬式でたくさんの涙が流れ、荼毘に付される。
    お骨を拾い、打ちひしがれるけれど、少しずつ日常が戻ってくる。
    そのありのままを見せたらいいのではないのでしょうか。

    人の命は大切なもので亡くなったら戻ってこない。
    だからこそ生きているということは尊い。

    肌で感じると思います。

    ユーザーID:8733889093

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • なるようにしかならないでしょう

    全部頭で考えてもどうなるかわからない。
    出産と葬儀がぶつかったから、出産しないわけにはいかないでしょう。
    それに6歳の子が葬儀に行くと言ってもあなたがいなかったら、
    ご主人だけでは大変でしょう。逆に迷惑になるかもしれない。
    自分の身体が一番大事です。生まれてくる赤ちゃんと。
    お供養は後からなんとでもできます。
    死の受け止め方も自然にできます。
    教えるとか、ああすべき、こうすべき、とか
    考えるだけでもしんどい。
    それより出産が大事。

    ユーザーID:4512856111

  • 落ち着いてね

    トピ主さん、臨月で大変な時に義母さんの容体悪化、お気持ちお察しいたします。

    まず一番大切な事はご自分の身体を大切に!暑い時期に大きなお腹で負担もかかります。無理をしないで身体を休めて下さいね。

    義母さんには、出来るだけお孫さんの顔を見せてあげてほしいです。きっと励みになるでしょう。

    お子さんには、おばあちゃんが病気で具合が悪い事をキチンと説明すれば分かってくれますよ。

    もし義母さんが亡くなってしまっても、おばあちゃんが天国に行く事、お別れをしっかりさせてあげて、心の中のケジメをつけてあげたほうが良いと思います。

    悲しくて辛い体験になるけど、命を考える大切な機会にもなります。おばあちゃんが孫に教えてくれる命の授業です。

    トピ主さんは身体に気をつけて、産後の娘さんのフォローは、大好きだとたくさん抱きしめてあげれば大丈夫きっとステキなお姉ちゃんになってくれますよ。

    ユーザーID:5252154346

  • あなたの身体が優先

    まずは、落ち着いてと言ったところで どれだけ落ち着けるのでしょうか・・・お辛いですよね

    ただ、日々、不安がつのるばかりの生活は臨月の身体に特につらいはずです

    でも人はいずれ亡くなりますが誰だって覚悟はできにくいものです

    不安感や悲しみもあなたの人生の一部なので大事にされて下さい

    ヨガの呼吸法でも何でもそうなのですが 苦しいときに息が上がるとよく言いますが、呼吸を下げる方法として息をゆっくり口を小さくして吐き出す事に集中されると良いと思います(心拍も落ち着いてきます)
    長く吐くほど赤ちゃんにも良いです

    それと軽率かもしれませんが私だったら命の終わりと命の始まりが重なることに少し運命的なものを感じてしまいます

    お子さんには義母さんは今、病気で眠っているけど、もうすぐ苦しみのないお空へ行くかもしれないことなど心の準備があっても良いかもしれません

    ユーザーID:3655907733

  • 大切なこと

    身重でさぞ心痛なことでしょう。

    義母のために、と考えることよりは先ずご自身と赤ちゃんを優先しましょう。

    義母のためと思うなら、上のお子さんを葬儀に参列させてください。
    あなたの名代として しっかり見送ることを教える最大な機会を義母さんは与えてくださるのです。

    きっとお子さんはその役割を果たすことでしょう。
    子供にとって 祖母の死というものを子供なりに受け止めます。大丈夫です。

    私の娘は4歳で祖祖父の葬儀に立ち会いました。
    もう20年も経つのに そのことは鮮明に覚えている と言います。

    大好きなおばあちゃんは、姿は無くともいつもそばにいるために星になるのですから。

    どうぞ無事な出産を迎えられますように・・・。

    ユーザーID:0618214528

  • 今できることは…

    主さんが今できることはご自身の身体を労る事のみですよ。周りもそう仰ってるでしょ?

    ご令嬢が葬儀に参列されることをご心配のようですが、最期まで見送ってあげられることって、大変幸せなことです。

    実際の話、まだ存命であっても先々の事を考えるのは当たり前。

    けど、そのような話をトピとして立ち上げてしまうと、何故か冷めたい感じがしてしまいますよ。

    今は、これから生まれて来る子と主さんの身体だけ考えた方がいいのでは?

    お姑さんの周りには、もっとお姑さん思いの方がいらっしゃるかも知れないのですよね?その方々にお任せになられても大丈夫ですよ。ご安堵下さいね。

    ユーザーID:7329509768

  • お葬式での姪っ子

    祖母が亡くなり、お葬式がありました。実家の敷地内に弟夫婦が住んでいて、当時5歳の姪は赤ちゃんの頃から祖母(姪にとっては曽祖母)に可愛がって貰っててとても懐いていました。
    祖母がもう余命幾ばくもなく、入院してる時もお見舞いに通ってたようです。
    姪は周りの只ならぬ状態がよく分かってるらしく、普段は駆け回る活発な子ですが、泣いてる母や周りを見て、もう祖母とお別れだと悟ったようで泣いていました。
    蓋したらおばあちゃん寂しくてかわいそうとか思う事を色々言ってましたね。
    果たして死というものが分かったのかどうかは分かりませんが、棺桶の中の祖母の頬を撫でたり、花を供えたりしてました。さすがに最後のお骨だけは怖かったようですが。
    多分そこそこ分かってる年齢なら、その年なりのお別れをするでしょう。参列させてみてはどうですか?
    トピ主両親も参列されるでしょうからフォローをお願いしては?

    ユーザーID:0258733132

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧