息子にセミを食べるのをやめさせたい

レス127
(トピ主0
お気に入り264

妊娠・出産・育児

キャサリン

小学四年生の男の子の母親です。
タイトルの通りですが、息子がどうやら日常的にセミを食べているようで頭を悩ませています。

4月に息子のクラスに引っ越してきたA君。(日本国内です)
彼はひいおじいさんに「昔はおやつ代わりにセミを取ってあぶって食べていた」と教わったらしく、島に住んでいたころはセミの季節になるとセミを捕まえては枝に刺してライターで炙って食べていたそうです。

それを聞いた息子がA君にすすめられ、恐る恐る食べたところ非常においしかったためセミを捕まえにいっては食べているそうです。

どんな寄生虫がいるか分からないし、火を使うのは危ないから絶対にしないようにときつく言いましたが、私のいないところでこっそり食べているようです。

息子にセミを食べるのをやめさせるにはどうすればいいでしょうか…

ユーザーID:1690543309

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数127

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • セミはかなりおいしいらしいですよ。

    トピ主さんは、息子さんがしていることの何が嫌なのでしょう?
    ・虫を食べている
    ・虫を食べていることが他の子にバレていじめられる
    ・何かの感染症にかかる
    ・A君と親しくしている
    ・親(自分)のいいつけを守らず、自分が知らない所で親に言わないことをする

    馴染みのない人にしたら虫を食べるのは生理的に耐えられないと思いますが、私が子供の頃はイナゴの佃煮はご飯のおかずで、お店にも売ってました。火をきちんと通せば寄生虫の心配はなくなります(そもそもセミの生体にいる寄生虫というのは具体的に何ですか?)。
    子供が自分のいうことをきかないことが気に食わないというのはありませんか?でも、これは子供が大きくなっていく時みんな通るものですので「自分が思うように子をコントロールしたい」とならない方法でお子さんの言い分を聞いて欲しいな。
    ご自身が虫を毛嫌いしているから、お子さんを頭ごなしに全否定していませんか?
    セミは実際においしいそうです。虫を食べている文化圏の地域も(多くはありませんが)あります。日本でも、有志で集まってセミを食べる人がいます(←みなさん普通の大人ですよ)。
    実はA君を快く思ってないのかも?

    ユーザーID:6096343274

  • 死んだらすぐに蛆がわくよ

    生きてるのを捕まえて食べてるのかな・・・

    もしも、地に落ちた弱ったり死にかけだと 蛆が湧いてる場合がありますよ。

    かなりホラーだけど
    お子さんと 落ちてるセミのお腹の中見てみたら?

    他の友だちに見つかる前に止めさせたいですよね・・・
    何言われるか 想像付きますもの。

    ユーザーID:1689369533

  • なるほど

    そんなに美味しいんですかね?
    調べて見るとセミを食べる習慣は各地にあるようですね。
    機会があったら私も食べてみたくなりました。
    私にはそう簡単に捕まえられそうにないですが…

    さて、本題ですが。
    例えばハーゲンダッツ食べた後に1本50円の棒アイス食べて「うめえ!」とは思いませんよね?
    あなたがセミ以上に美味しいものを食べさせればいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:0079127033

  • 違うところへ誘導していく

    トピタイトルを見てびっくりしました。
    セミって食べられるんですね。
    レスを読むと、実際に食べておられる方たちもいるようで。
    へぇ。積極的に食べたくはないけれど、ちょっと興味が湧きました。

    大人の私ですらこうなのですから、小4の男の子なら、興味深々でしょうね。
    実際美味しかったのなら尚更でしょう。
    お小遣いがなくてもテクニックがあれば「おやつ」をゲットできるというのも楽しいですし。

    ということで、他の美味しいものを提案してみては?
    食べられる野草とか、木の実とか。
    残念ながら今は夏なので、秋(や春)のほうが豊富でしょうが。

    ベタなところで、トピ主さんが手作りのおやつを用意するとか。(市販品でもオッケー)
    もちろんA君の分も用意して、家の中で遊んでもらう。

    冷房の効いた部屋で美味しいおやつを食べながら遊んでいるうちに、
    わざわざ炎暑の中、セミを捕まえて食べようなんて思わなくなっていくのでは?

    ユーザーID:9469275440

  • 私は食べたことないですが

    カニみたいな味がして、すっごいおいしいらしいですよ。
    羽のついているところに筋肉がちょっとあって、そこをあぶって食べるそうです。
    中国(中国地方ではなく国名のほう)では、今でも食べられているそうです。

    子供の食欲は侮れないし、注意しても制御できるものでもないでしょうから、
    自宅で息子さんが自分でちゃんとした料理を作って食べる方向に向けさせるとかでしょうかねえ。

    ユーザーID:5208760869

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • テレビで見ました。

    こちらのローカルテレビで視聴者の依頼を受けて応える番組があります。

    残酷です。生きてるのに捕まえて。後は書きたくない。

    ともかく、生きているんです。
    可哀想でしょう?
    熱いよね。セミだってね。

    良心に訴えるしか無いです。

    自分が焼かれたらどうか教えましょう。

    ユーザーID:5909487449

  • 言いだしたら

    きりが無いです。
    肉も魚も植物だって生きていますから。

    そりゃ、虫を佃煮にする地方の人は平気なんでしょうね。

    でも友達が嫌いだからは無いと思います。

    ユーザーID:5909487449

  • へえ〜っ!

    ワイルドですねーっ!なんといったらよいやら、うちの息子が食べてたら確かにショックですわねー!

    戦争中秋田に疎開していた母はイナゴは美味しかったと言っていますし、これからの世界の食糧危機を救うのは昆虫食だと言いますから、ある意味先端をいっているとも言えますけどねえ。

    とはいえ、まあ受け入れにくいですよね。炙っているとはいえ充分かもわからないですし。
    4年生なら感染症とか寄生虫などの方面から攻めていっても理解できるのでは?お友達のことを悪く言わないように配慮は必要と思いますけれど。

    セミって食べられるんですねー。いやー、ありがとうございました。勉強になりました。

    ユーザーID:0664485964

  • TVで観たことあります

    「探偵!ナイトスクープ」という番組で、中国から国際結婚で日本にいらした女性が昔中国でおやつによくセミを食べていて、美味しかったからまた食べたいということで、カンニング竹山さんと一緒にセミを捕まえて炙って食べるというのをやっていました。最初は嫌々ながらだったカンニング竹山さんがあまりの美味しさにびっくりしていて、私もセミを捕まえたら炙ってみたいもんだと思ったものです。

    ただ、食べられる部分が限られているそうです。お子さんにそのことをよーく言い聞かせればいいと思います。

    ユーザーID:6888209851

  • イナゴの佃煮は?

    イナゴの佃煮なら平気でたべられますが、何か?
    最近は昆虫食も研究されてますよ。

    ユーザーID:8437509361

  • 冒険的体験

    自然のものを捕って食べることや火で炙るという行為が冒険的で面白いのではないでしょうか?

    キャンプなどの野外活動を経験させてあげてはどうでしょうか?

    食べられる野草を見つけたり、虫や鳥を観察したり、カヌーに乗ったり…。夏休みに体験させてあげてはどうですか?

    「食べる」ことだけでなくて、好奇心を広げてあげればいいと思いますよ。

    野外活動で自然教育のできる専門家に出会えるといいですね。

    ユーザーID:2542577681

  • 加熱はしたほうがいい

    セミ、美味しいんですよ。
    東南アジアを旅行した時何度か食べました。
    羽をむしって串に数匹ずつ刺し焼いた物が売られていました。
    エビに近い。サクサクしてるし、虫は食べられないと言う固定概念さえ無ければ、きっと日本人も好きな味です。
    きっと息子さんは変な先入観無しで食べたから、素直に美味しいと感じられたんでしょうね。
    息子さんの味覚は正しいと思いますよ。

    ただねえ、日本ではなかなか受け入れられないでしょうね。
    寄生虫の気持ち悪い写真見せて、どんな症状になるかを教えるとか。
    でももしかしたら息子さんが文化人類学などに興味を示す良い機会になるかもしれないから、できれば頭から虫を食べる事は否定しないで欲しいです。

    ユーザーID:7034404368

  • やめろっといわれても〜。

    ナイトスクープでみました。

    最初、恐る恐るでしたが、
    うまいうまいを連発していたので、
    驚きました。

    つつじの花の蜜を吸うくらいなら、
    まだかわいげがあるのにねぇ。

    キツク叱ったところで、
    「陰で食する」ことができるのだし、
    なかなかやめられないのでは?

    むしろ、
    具合が悪くなれば、すぐに言うこと。
    火の始末はきちんとすること、と
    (食する場所を指定するとか)
    容認すれば、
    そのうち食べなくなるのでは?

    絶対にダメ!っていう
    親の禁止がよけい蜜の味になってしまうのでは?

    ユーザーID:7660604321

  • 嫌ですね

    セミが食べられるのは知っていますが、

    子供が食べたら嫌だなー。

    一番嫌なのはトピ主さんのおっしゃる通り、寄生虫と火事の心配がある事です。
    セミの食べ方検索してみましたが、どうも茹でたり揚げたりするようで、
    ライターで炙った位で中まで火が通るとは思えません、
    ライターって、手で持っているとすごく熱くなって長くは持ってられませんしね。

    絶対にやめさせた方がいいと思います。
    セミの体に寄生虫がついている画像も見ましたよ。

    セミに寄生虫がついている画像とか見せたり、
    寄生虫が人間の体でどんな事を起こすのか調べて教えたり、
    お父さんに言ってもらったり、

    食べても良いのは、十分に調理出来た時だと教えて下さい。
    それは、子供には無理。
    ライターを使うなんて絶対ダメ。

    ユーザーID:0980207593

  • えぇ・・絶句 病院の先生に話してもらおう

    皆さん「美味しいらしいですよ」って・・そういう問題じゃないでしょ。。
    美味いかどうか、そういう地方もある、とかじゃなくて〜
    止めた方が良いと思います。

    現代人と昔の人とでは免疫力やら寄生虫やら体も違うと思うし、ましてやお子さん。
    何年かたってからとんでもない病になるかもしれませんよ。
    一度近所の病院にでも連れて行って先生から「こういう理由で止めなさい。」と言ってもらったら一番きくと思う。
    (あらかじめ先生に相談しておいてね。 奨励されたら困るから)

    ユーザーID:6583774565

  • タイトルにぎょっとして、笑った−!

    蝉の味を覚えちゃったんですね(笑)。
    子供が昆虫を食べるなんて、気持ち悪いって思いがちですが
    ごく最近まで日本人は昆虫を食べてましたし、あんまり神経質に考えなくても良いのでは。
    ワイルドだな〜って笑っちゃいました。
    そんな私も蛇とか、いろいろ食べてきたんですが、わりと元気です。
    アレルギーもないし、大きな病気もしないし・・・それは関係ないかもしれないけど、「自分は何があっても生き延びられる」っていう妙な自信があるのは、小さい頃に祖父や父が猫以外ならなんでも食べさせてくれたからだと思います。
    野草の見分け方や、川の安全性、山の歩き方などいろいろ教えてもらいまして、今のところ特に役にはたっていませんが、精神的な支えにはなっています。

    ただ、火を使うことなので、大人のいるところで・・とは教えたいですね。
    きっとたくましい子に育ちますよ。

    ユーザーID:4588870816

  • それはそれは

    偉い学者さんの話だと、来たるべき人類の食料不足を救うことができるのは昆虫食しかないらしいです。

    昆虫は完全食品とも言われるほど豊富な栄養素を含み、かつそのタンパク質は良質であり牛や豚に比べてはるかに健康に良いらしいです。

    また、多くの昆虫は清潔であり(ゴキブリも含め)、感染症や寄生虫のリスクがかなり小さいようです。

    つまり、息子さんは人類の最先端を歩んでいると言っても良いでしょう。


    ちなみに、私は子供の頃は食膳に出されるイナゴの佃煮を何も疑問に思わず普通に食べていましたが、あるとき夏休みの自由研究で昆虫の標本を作っているときにバッタの胴の中身を見てしまい、それからは一切食べられなくなりました。あんなもん食えるか!

    ユーザーID:1112379066

  • 某CMみたいに

    「サナギからセミに成虫してから、1週間しか生きられないんだよ。可哀想だから止めようね。精一杯、その1週間を生かしてあげよう。セミをわざわざ殺して食べなくても、他の食べ物でお腹一杯になれるんだから。」と諭すしかないんじゃないかな。

    ユーザーID:1736962281

  • セミの一生

    わずかしか生きられないセミの一生を教えて、無駄な殺生は止めるように教える。

    何かストレス解消かしら…誰もやらない事をする行為にスリルを感じるみたいな

    ずーっと食べ続けるわけじゃないでしょ?じきにセミの季節は終わります

    カナカナカナ…と

    ユーザーID:7387788191

  • セミっておいしいらしいですよ

    猫と一緒にするな!とお叱りを受けるかもしれませんが、昔々に祖母が飼っていた猫(物凄く大切にされていた)は、毎日お魚屋さんになまり節とアジを届けてもらい、その上に、毎夕祖父にマグロや鯛のお刺身を分けてもらっていました。この猫は、物凄くグルメで、ちょっとでも品質が悪いと絶対に食べなくて、何時ものお魚屋さんがお休みの時に、ちょっと質の落ちるなまり節を他から買ってきて食べさせようとしても、頑として受け付けず、祖父のお相伴の時間まで、待っていました。
    それほどのグルメ猫が、セミを見ると、物凄い努力で捕まえて、食べようとするので、祖母があんなに色々と美味しいものをもらっているくせに、セミなんかを欲しがって、と嘆いていとましたが、私は、密かにセミはよほど美味しいに違いない、思っていました。
    最近は、セミ会でしたか、セミを捕まえて天麩羅や素揚げにして賞味する愛好会とか、トノサマバッタのバッタ会などがあるそうです。
    エビと近い動物ですので、美味♪だそうです。
    お子さんも美味しいものがわかる、のでしょうね。子供は精神的に固まっていないから抵抗なく食べられてしまうのでしょう。

    ユーザーID:9841688384

  • なんでダメなの? むしろ素晴らしい

    昆虫食は、昔の習慣、未開の地の習慣と思われていますが、実は世界の最先端です。

    日本は少子化ですが、世界の人口は爆発しているため、みんなが肉食をしていると世界の人口を養うことができません。
    そこで、地球に優しいタンパク源として昆虫食が見直されているのです。
    昆虫食で検索してみてください。日本語だけで23万件以上のヒットです。
    セミは食用に向く虫のようです。寄生虫が心配でしたら、かならず加熱するように指導しましょう。

    先進国の食事になれた私たちには、見た目とイメージのハードルがなかなか越えられません。
    息子さんは頭と心が柔らかいのでしょう。

    息子さんは悪いことをしているわけではありません。
    主さんの価値観で気持ち悪いと思っているだけでしょう?
    やみくもに否定せず、世界をひっぱるリーダーになれと言って欲しい。

    ユーザーID:4886299239

  • 今だけです

    沖縄の人がそういう風習ありましたよね。ダチョウ倶楽部の人が食べていたって結構有名な話かと。今の若い人は食べないでしょうけど。

    そのうち食べなくなります。
    他の人から気持ち悪がられて止めますよ。

    ユーザーID:7076868417

  • 作り話をしてみる

    「あれ?ちょっと顔つきがセミに似てきたんちゃう?」
    「目が複眼に見えるよ」
    「家の中にセミがいる?なんだかさっきからセミの臭いがする。」

    とか、言ってみる。
    でも「言い伝え」とか言って、
    本来食用でないモノを食べていると、夢にその生き物が出てきて怖い目に遭う…とか
    言うのは変でしょうか。
    脅してるみたいになるかな。

    ユーザーID:2596084812

  • 専門家に聞いてみよう

    タンパク質不足の心配はなさそうですね、っていう冗談はさておき。私にも息子がいるのでもし同じことがあったら心配です。

    私が考えたのは、「科学博物館とかにいる専門家に聞いてみることはできないだろうか」ということです。セミを食べていた頃の環境と今の環境はだいぶ違うと思うし、簡単に昔と同じようにはいかないと思うのでその辺を聞いてみたらいいのではないかと思いました。オンラインでも受け付けてるところがあるみたいですよ。

    もし「食べて大丈夫ですよ」って言われたら安全に食べる方法を教えてもらって、親に隠れて食べないことを条件に許可してみてはどうでしょうか。

    本人にとってはえらいひと夏の経験ですよね・・・。

    ユーザーID:4095025877

  • セミって食べれるんですね。しかもおいしい?
    でもちょっと、抵抗があります。残酷ですがセミの死骸を置いておくとアリがくるかもしれません。そのアリの大群がセミに群がっているのを息子さんに見せて、アリのごはんになるからって言う。それで食べなくなったらアリにありがとさ〜んですね。

    ユーザーID:1256837572

  • 命の尊さを説く

    セミは長い間、土中にいて羽化して飛び立ってもわずか7日間しか生きません。
    ですから我が家ではセミは捕まえてもその日の内に放していました。

    生きてく上では多生物の命を摂取しますが空腹で死にそうな訳でもないのに、むやみやたらに命を奪わない様に諭してみてはいかがでしょうか。

    あくまでも止めさせたいのでしたら、こんこんと説かれては。

    ユーザーID:1240569797

  • 飽きるまで食べさせる

    人間って食べ過ぎると嫌になるし、ひと夏の事だから様子を見てみたらいかがですか?

    実際美味しいらしいですよ。探偵ナイトスクープで中国人女性が食べるのを見たことあります。沖縄は蝉の抜け殻だったか、食べるのも聞いたことがあります。びっくりしますが、イナゴを食べるような習慣と思うしかないのかな。それか、ちゃんと炙るように伝えるとか?

    ユーザーID:4272413362

  • きちんと加熱すれば大丈夫では?

    以前テレビ番組で、沖縄に昔からセミを煎って食べるところがあり、鶏肉とエビを混ぜたようなおいしさと紹介されていました。トピ主さんの懸念が寄生虫と火の元の問題なのであれば、トピ主さん管理のもと、ちゃんと加熱して寄生虫を殺してから食べられるようにすればよいのではないですか?

    ユーザーID:1139967362

  • 蝉どころの問題じゃないのでは?

    食文化に関して下手なことを言うと子供に妙な偏見を植え付けることになりかねないし、A君の家族などが付き添って炙っているのだったら余計口を出しづらいところではありますが、トピ本文の内容からすると、子供たちだけで蝉取りに行って火で炙って食べてるんですよね?

    >火を使うのは危ないから絶対にしないようにときつく言いましたが、私のいないところでこっそり

    って、蝉を食べてるかどうか以前に、子供たちだけで火遊びしていて、親がそれを把握しているのにやめさせられずにいるというのが大問題なのでは?

    トピ主息子がライターなどを持ち歩いているのなら即刻取り上げるべきでしょうし、A君が持って行っているのだったらそれはA君の親に連絡してやめさせるべきでしょう。

    ユーザーID:6976342227

  • アジアではタンパク源として

    ははは。困りましたね。そのお友達やおじいさんも無茶な。
    わたしも小さいときセミが大好きでしたが、さすがに口には・・・。
    寄生虫はほぼいないでしょう。韓国の可愛い女性が、公園に留まったクマゼミをつかみ、羽をもいで、その小さな筋肉を生で食べてたのを見たことあります。ベトナムでもアジアでも屋台で串焼きを見かけます。
    食生活のひとつなので、食べて問題はないような。

    日本ではやはり特異な目で見られるし、何よりそういった風習はほとんどないので、止めさせたいのは当然です。
    セミは夏の限られた時期だけを、一生懸命生きるものだから、食べることは殺してしまうことになる。だからそっとしてあげて。
    あと脅しかな。。。でも嘘になるなあ。
    普通の大人は経験ないので、友達や仲間が怖がるよって感じ。
    まあ強く「やめなさい」を続けるか・・・

    ユーザーID:3862361446

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧