• ホーム
  • 話題
  • 見てうっとり・・・でも作らない料理本(駄)

見てうっとり・・・でも作らない料理本(駄)

レス27
(トピ主0
お気に入り33

生活・身近な話題

さむろっく

超有名な「タニタ食堂の料理本」。
あれは見ていて、うっとりします。
低カロリーかつ彩りが美しく、
しかも美味しそうな料理の数々!
日本食って本当に素晴らしい。

でも・・・あの本に載っている料理を、
一度も作ったことがありません。

一人暮らしなので、4人分とか作れない。
材料が多過ぎて、買物だけでも大変そう。
しかも、私は海外小町なので、
この国には売ってない食材も多いし〜

買ったけど、見てうっとりしているけど、
作ったことがない料理本をお持ちの方、
居ませんか?

ユーザーID:4590227765

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • コレクションとか心の栄養だからいいの

    そうですよね〜!!

    Webでいくらおいしそうなレシピがあっても
    なんか本の方が信頼できるような気がして、
    この本に載っているの全部作る!!とか
    ほんとに思って買うのですが、
    似たようなものをかろうじて作ってみたとか、
    材料がちょっと足りなくて省いたら
    生ゴミみたいになってしまって涙目で
    食べたけどもう二度とやる気なくなったとか
    そんなのばっかりです。

    しかし先日そんな自分を良く理解していながら、
    どうしても欲しくなって、自分へのご褒美的に
    また一冊増やしてしまいました。
    たまごサンドを作るのに、まずはピクルスから
    作ったりしていて、自分がほそぼそ食べるのに
    絶対これは無理だわと思いましたが、
    おしゃれな組み合わせ等に負け…。
    そう、作って食べたいのではなくて、
    この美しい本を所有したいのだと。

    まだ人生は何十年か続く予定なので、
    そのうち作れるかもしれない、
    と信じていくしかないです。

    せめてこうして経済に貢献していきましょう。

    ユーザーID:1964783261

  • レシピ本ではないんですが

    2年前ですが
    『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来(大森 由紀子著)』という本を
    衝動買いしました。
    文字通りフランス菓子を図鑑としてまとめた本で、
    ひたすらお菓子の写真と、その由来の記事が並べられています。
    「こんなにも美しく、美味なるもの」106点が、ずらり。
    サヴァラン、フラン、エクレア、チュイル、カヌレ、ガレット・デ・ロア…

    デパートのお菓子売り場が手元に引き寄せられたかのように、
    眺めてるだけで幸せです。

    ユーザーID:0706880754

  • 私にもあります

    (大草原の)「小さな家」の料理本

    「赤毛のアン」の料理本

    何個かは作ってみて美味しかったんですが、忙しいのもあり、ここ数年は、たまに出してきて、眺めています。

    両方とも大好きな物語なので、その世界が広がっていく感じで楽しいです。

    ユーザーID:1829522749

  • あなたは私ですか(笑)!!!

    ちょうど同じようなことを思っていたところです。
    おそらく同じく海外在住。
    増殖する料理関係の本に我ながら恐れを感じています。

    わが家では私が100%料理を作ります。
    もちろん私も食べるのが大好きなので料理本からのレシピで作りたいのですが、
    いかんせんフルタイムで働くと時間と体力が・・・。
    結局インスピレーションをもらうだけで終わります。

    でも、料理本を見るだけで癒されるんです。
    まるで遠い昔母親が家族に作ってくれたごはんのように。
    おそらく誰も自分に作ってくれないので、
    写真だけ見て「誰かが私にご馳走を作ってくれた」というプチ疑似体験に浸りたいのだと思います。

    ものすごい金額を料理本関係に注いでいますが、ちっとも惜しくありません。
    今の時代ネット検索したらいくらでもあるやんけ!という突っ込みも頂きそうですが(笑)、
    紙ベースでページをめくりながら写真やレシピを見るノスタルジックな行動にも我ながら和みを感じます。

    ユーザーID:1856327052

  • 料理本ではないですが・・・

    主に手芸の本でそうなります。編み物、洋裁、ビーズアクセサリーなど
    「やってみると意外と簡単に」などという売り文句にすっかりだまされて、つい買ってしまうのですが
    ある程度やってる人なら簡単だった、道具がいろいろと要る、一から揃えると面倒だし高額になるし、などで結果見てるだけ〜が多くなります。

    唯一、編み物はある程度道具もあり、本当に簡単なものなら何とかいけますが、「見てうっとり」すればするほど根気がいり、すぐ挫折して、見るだけ〜に終わることが多々あります。

    ユーザーID:9462445106

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 海外で買った料理本

    スペイン旅行に行った時
    半額セールの料理本がメッチャきれいで衝動買い


    でも、基本、スペイン語オンリー
    写真は綺麗でもクックパッドみたいに途中経過がなくて出来上がり図だけですし
    材料も作り方も全く理解できない…

    まさに「絵本」です。

    和食ならなんとなく、こんな味なんだろうと思えるのですが
    ほとんど全てがミステリー
    でも、材料とか味とか想像する楽しみがあります(笑)

    ユーザーID:3518279790

  • お菓子

    お菓子関係の本を眺めるのが好きです。
    最近のヒットは
    「イギリスの菓子物語 英国伝統菓子のレシピとストーリー」
    復刊された「綿の国星ケーキの本」
    レシピだけではなくて+αの小話がついているのがいいです。
    実際作るとなると、オーブンは無いし、一人暮らしでそんなに食べられないし、それに想像・妄想(?)が行き過ぎて実物の出来に多分少しがっかりしちゃう気がします。

    ユーザーID:3292046402

  • お土産にいただいた料理本

    主人が、「美味しそうな料理がたくさん載ってたから買ってきた」と、マレーシア料理の本をお土産に。スパイスもたくさん買ってきてくれました。

    うん。わたし、確かに料理好きだよ。エスニックなものだって、きっと作れる。
    でもさ、わたし、マレー語読めないんだよ。。。

    スパイスの名前もマレー語表記のものを買ってくるので、私の頭の中ではスパイス名は英名と和名とマレー名とでちゃんぽんです。

    ユーザーID:1665057308

  • 精進料理

    本の写真では「美味しそう」なのですが…
    精進の本を2冊ほど持っていますが、精進料理って基本的に乾物やら材料とかを少量ずつ&種類は多く使うものが多いですね。
    なので小家族のウチでは、材料を入手しても使い切れなくて余らせるリスクが大きいので、結局作らずじまい。
    と言うか、精進料理って基本的に大人数向けの料理ということかしら?

    ユーザーID:2142147043

  • 見るだけ、そこに置いておくだけ

    46歳3ヶ月、大学1年男子と高校1年女子の母親です。

    2006年に買った、「AFTERNOON TEA RECIPE BOOK」です。
    お菓子作りが好きな人にはどうってことなく作れるのかもしれませんが、私はホットケーキミックスのホットケーキすら作らない人間でした。
    なんで買ったんだろう、この本(笑)

    後半にはカフェの軽食のレシピも載っていて、オシャレなライスサラダだのリゾットだのが紹介されております。
    器もお皿も素敵です。

    はい、完全に眺める専用です。
    そろそろ10年眺めてるのかよ!
    まだ作ろうと思わないのかよ!

    と自分でツッコミをいれておりますが、たぶんこのまま作りません。

    ユーザーID:0053880915

  • 料理本ではないですけど

    40歳、子供のいない独身女性です。
    もともと、結婚願望が全くなくて、恋愛も好きではありませんでした。
    だから、結婚できなくて悲しい……というのはないのですが、
    子育てに関するものを読むのが好きで、私の本棚には、
    かなりの数の育児漫画やエッセイが並んでいます。

    「本当は結婚したかったんだろう、子供欲しかったんだろう」
    と言われるのが怖くて、周りには言えないので、ここに書かせていただきました。

    ユーザーID:1014210889

  • キャラ弁

    キャラ弁のレシピ本。

    買って数年がたちますが今まで一度も作ってません…。

    たまに「可愛いね〜」と子どもと一緒に見ています(笑)

    ユーザーID:2866497080

  • 趣味です!

    トピ主さま、すごーく共感してしまいました。私も、料理本だけ買ってしまいます。
    本を眺めているのが楽しいんですよね。
    私は作らないくせにお弁当シリーズも所有しています(笑)
    ヨコですがみーなさん、私も子供がいないくせに子育て本も大好物です。
    読んで楽しければいい、と開き直っています〜。

    ユーザーID:3553945147

  • 海外に行く度に買ってます

    行った国の言語の料理本なので、説明がわからず作れません。見てるだけです(笑)
    夫は荷物の重量がオーバーするから買うな!と、いつも怒ってます。

    ユーザーID:4721490148

  • 世界1簡単にできるパンなんだけど

    焼き型も付録で付いてて、世界一簡単にできるって載ってるんだけど〜
    今だに見るだけです。

    ユーザーID:6683892352

  • うっとりではないけど

    割と最近出たキャラ弁の本
    「今日もいやがらせ弁当」には 大爆笑。
    図柄のテーマが面白いのなんの。
    そして 作者の親子の強い絆を感じる。

    でも 自分でこんなびっくり弁当を作る勇気は、

    全く 決して 断じて ない。

    ユーザーID:7478495141

  • ナカーマ!

    ええ、
    沢山ありますよ、そういう料理本。
    そうね、100冊近いかも。
    いいの、見てるだけ、も趣味だから。

    ユーザーID:9720721169

  • イギリス料理本

    イギリスが好きで、
    くまプーやらラビットらが載っている「イギリスおいしい」という本を、
    眺めてニヤけてます。

    また、
    別の本で、
    ケーキとクリームと、
    適当に合わせただけ(トライフル)、
    でも良いのかと軽く驚き。


    スコーンは藤野真紀子さんレシピが良いです。

    ユーザーID:5640359100

  • 私は小林カツ代さん

    カツ代さんだけで5〜6冊持ってます。
    カツ代さんのレシピ本の、材料・手順のシンプルさにいつもうっとり。
    これぞまさに家庭料理!働く主婦の味方!カツ代さんは素晴らしい〜、と興奮しながら眺めてます。

    眺めるだけで終わってしまうところがミソなのですが。。
    理由はお察し下さい(笑)

    ユーザーID:8183576114

  • 後悔なんて一切ない。。

    よく作る、実用の料理本も持っていますが、眺めるだけで心がホッとするのは「作らないほうの」料理本(笑)。素晴しい絵本のようなものです。外国のおみやげは料理本。古本屋で買った昭和のおせちの本は当時のお正月の雰囲気が伝わってくるし、トルコ料理の本は、味の想像が全くつかないのもまた面白い。

    意外だったのは、頂いて見るだけと思っていた精進料理の本が、家にベジタリアンの子を預かることになってすごく役立ったり、フと見ていたレシピの複雑な材料がたまたま家に全てあるのに気づいて一日がかりで挑戦したり(美味しかった!)、ときどき急に大活躍することです。

    料理本は需要があると思うので処分も比較的容易だよね、きっと。このコレクションは当分やめるつもりないです〜!

    ユーザーID:9379219249

  • エスニック料理

    自分の日常は割と和食ベース、 焼き魚・味噌汁・お浸しのようななメニューで 十分満足しています。

    だけど 本屋に行くと ベトナム、タイ、フィリピン、トルコ、インド、モロッコとか イタリアのマンマの〜、フランス田舎の〜 などと国名がつく本を買ってしまいます。もう100冊以上になってしまいました。

    現地ではこんな食器を使ってるのか。こんな香辛料やハーブがあるんだ。この豆不思議な色や形してるなあ。こんな形の鍋や包丁を見たことない〜、と 驚くことが楽しいです。

    でも 実際に作ったのは シシケバブ(中東風焼肉)と生春巻き(ベトナム)くらい。

    今度は 各国のスイーツに興味が沸いて その方面が増えそうです。

    ユーザーID:7478495141

  • あります

    「美人の食卓」です。
    これを食べれば綺麗になれるのかなと見た目にも綺麗な写真
    を眺めてますが、未だに作った事ありません。
    藤原美智子さんと言うメイクアップアーチストと
    有名なシェフ達のコラボによるレシピです。
    結局肌って今食べてる物で出来ているのだと
    考えさせられました。

    ユーザーID:2913675624

  • マーサ・スチュアート

    私はアメリカからです。ひところマーサ・スチュアートと言う人物の作りだす世界がすごく流行ってたんですが、毎月彼女の雑誌を買ってましたしテレビ番組も良く見ていました。クラフトから部屋の飾り方、そして料理レシピ。見てるだけでうっとり。自分もいつかそんな風に部屋を飾りつけしてみたい、料理を作ってみたい・・・と思いつつ一度も作ったことはありません。

    私は典型的にずぼらで、まず物を片づけると言う事がハードルな人間。テレビ番組でクッキーを同じサイズに焼くために生地に定規を当てて同じ長さに切っていた彼女を見て断念しました。

    あと、つい最近断念したのが「京都医療センター・肥満外来」から出ている3か月で確実に痩せるレシピ本。遊びに来る父に頼んで買ってきてもらいましたが、「この材料は手に入らない。これも無理」と結局目で見るお楽しみ本に・・・。

    3か月で痩せるところまでは確実に来てるんだけどなぁ・・・(笑)。

    ユーザーID:2026433101

  • はーい♪

    私も持ってますよ!
    完全にオブジェと化しています(笑)

    ハードカバーの辞典のような料理本です。
    フランス語で書かれているので内容はサッパリ分かりませんが、なんせ料理の写真が美しいのでたまに眺めてはウットリしています。

    せいぜいテーブルセッティングの参考にする程度ですが、それすら似て非なる物しか出来上がったことがありません。
    同じなのはお皿の数とグラスの数くらいかな?
    カトラリーですら足りてないので(汗)

    まぁ完全に目の肥やしですよねぇ。
    それらを眺めて自分の家にあるような想像するのが一番楽しいです。
    現実の台所や食器棚内を見ると全然違うから晩ご飯作りたくなくなりますけどね。

    ユーザーID:5132539736

  • 見てうっとりもしない、作れない料理本なら知ってます(笑)

    数年前にアメリカで刊行された、グウィネス・パルトロウという女優さんが出した料理本。「It's All Good」

    見てうっとりもしない、作れない料理本として有名です。

    なんせ、卵料理の「卵」がアヒルの卵…どこで買えるの。
    他にも様々な高級食材(金額もそうですが、どこで買えるのかを探すところからスタートしなきゃいけない食材ばかり)を使った、普段の食事メニュー。

    マトモに作ったら1日2万7000円はするんだそうです。

    しかも、実は料理が下手疑惑もあるとか。
    (元夫がインタビューで「美味しくない」って言ってました)

    日本語版が出たら読んでみたいんですけど、(多分)出てないんですよね(苦笑)

    ユーザーID:4800680485

  • ≪禁断のレシピ≫

    もう、見ているだけでうっとりする本です。

    あまりのハイカロリーさゆえに恐ろしくなる反面、
    あまりにも美味しそうで(しかも、作り方もそれほど難しくない)、
    いつか作ってしまいそうな自分がいます。
    スパイシー・スペアリブとかチップスの甘辛ディップ、
    フランスパン1本サンドイッチにチェー風パフェ等々。

    たまに広げてうっとりするには最適です。

    ユーザーID:1704998724

  • 一品作れば、良しとしています

    作る料理もありますが、料理本の料理って、大半は作らないんじゃないかなぁ?

    え?作るのが普通なの?

    レシピ本、好きで良く見るし、買ってしまうこともありますが、まず「その料理以外での使い道がわからない調味料」や「分量外のもの(半分の残りとか)」をどうしたらよいのか?という点で悩んで、作れないことが多いです。

    我が家は大人二人でしかも、小食。夫は刺激的な味は苦手。
    なかなか、気に入って買った料理本が活躍する機会はありません。

    でも、見てるだけで楽しいからいいの。

    私は料理本を1冊買ったら、その中から一品だけ作れば良いこととしています。

    ウー・ウェンさんや枝元なほみさん、栗原はるみさんのレシピ本とか大好きだけど、なかなか食卓には上がりませんねぇ。

    ユーザーID:3822038553

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧