• ホーム
  • 学ぶ
  • 「ルソー」と「諭吉」の共通点・相違点は?

「ルソー」と「諭吉」の共通点・相違点は?

レス5
(トピ主0
お気に入り10

趣味・教育・教養

三角州

数十年前、教育学部で学んだような記憶があります。

今、子育て真っ最中なのですが
ふと、この疑問が頭から離れなくて困っています。
子育ての日々突き当たる疑問や悩みのヒントになるような気がします。

ご意見、お待ちしています。

ユーザーID:9208655111

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 共通点・相違点の理解を探究するなら

    二人とも変革期の時代が要請した偉大な啓蒙思想家です。知の巨人としてその多大な影響は今日まで脈命を保っています。

    まず、当人の著した重要著作を読むのが一番です。
    ルソー・・・・「社会契約論」、「エミール」、「人間不平等起源論」
    諭吉・・・・・「学問のすすめ」、「福翁自伝」、「文明論之概略」

    基本的テキストとしては、「ルソー研究」桑原武夫偏、「文明論之概略を読む」丸山真男著が分かり易く解説されています。
    ただ簡単に、ここが共通点、ここが相違点などと抽出できるような思想家ではないです。簡易なノウハウ本とは次元も質も違います。
    ご自分の頭でじっくりと考えながら、精読することをお勧めします。

    ユーザーID:0852590923

  • どうして?

    その2人を比較するのか、よく分かりません。生きた時代など違いが大きいように思います。福沢諭吉のことについては、安川寿之輔先生の研究がvery goodだと、私は思っています。ルソー研究の方は、桑原武夫先生のをはじめたくさんありますね。ともあれ、私は、ルソーの方がずっと偉いような気分です。もっとも、ルソーの教育論(エミール)の動機は、ちょっとユニークですね。

    ユーザーID:6198771689

  • 相違点(曲解ですみません)

    ルソーは 自分の子を養子にだして
         自由が大事と自身の才能を開花   
           (『告白』より、5人の子供を経済的事情と  
             相手側の家族との折り合いの悪さから児童養護施設に送った)

    諭吉は  自分の子にお金持ちになりたいなら勉強しろと言った
           (『学問のすゝめ』より 女性も男性と同じように
             教育や手に職が大事と娘の教育に力をいれた)


    個人的には文武両道で妻ひとすじ、9人の子をそだてあげた諭吉がすきです。

    子育ては机上の空論ではうまくいきません。理論も大事ですが、子どもに「親が何を伝えたいか」だと思います。

    ユーザーID:6660536373

  • 哲学的なことはわからないけど

    生き方はずいぶん違うのじゃないですか?
    ルソーって、愛人に子供何人も産ませて、ただの一人も自分の手で育てなかったんですよね。
    そんな人の教育論って、何の価値があるのかわかりません。
    たしかに、誰が言ったのかより、何を言ったのかが重要ではありますが、やはりそんな理論にはパラドックスがあるのだと思います。

    ユーザーID:3772254318

  • ???

    共通点・・・男性です
    相違点・・・ルソーは自分の子すべてを(5名)児童養護施設の玄関に捨てました。
          諭吉は自分の子(9名)を教育をつけて育てました。

    ユーザーID:8990507571

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧