うちの猫の事

レス19
(トピ主8
お気に入り33

生活・身近な話題

ネムノキ

主人が運転、そして私は助手席。私達はここへ来るのは初めてです。

午前中の早い時間で、木々の陰が道路の半分位を覆って。カーブの続く道を上がったり下ったりして、やっと着いた所は市の運営する葬祭場。
そこは、とても静かな場所でした。主人がお前ちょっと行って見て来い(全くいつも命令口調だ)車から出て、スロープを上がりかけたら、ペット火葬案内という立て看板。すぐに車に戻って主人に、ここだよと。

主人が車から降りるより早く後部座席の段ボール箱を抱えました。半分まで歩いて主人と交代しました。軽い軽いんです。花で飾ってみたけど、顔みたらまた泣いちゃった。

夕食後、主人と猫の話で長々と話しました。

そして、主人が寝室へ行き、ひとりになって猫はもういないんだからのんびり出来ると思ったのに、物足りない。最後に寝ていた場所が寂しい。そうしたら涙が流れて。

でもミィちゃんは、頑張ったよ。本当に。

ユーザーID:6445310941

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 家族ですよね

    ミィちゃんよく頑張りましたね。
    そしてネムノキさんとご主人も頑張りましたね。
    お二人できちんと最後までお見送りなさったのですね。
    ミィちゃんはとても幸せな猫ちゃんだと思います。

    私も10年ほど前にミーちゃんという猫を送り出しました。
    学生のころから寝起きを共にした子で、時には悩みを打ち明けたりして
    (一方的にしゃべっていたけど、ゴロゴロ言って寄り添ってくれました。)
    ペットというより家族でした。

    思い出話を笑顔で語れるようになるには
    しばらく時間がかかると思いますが
    一日も早く、ネムノキさんが笑顔でミィちゃんのことを
    話せる日が来るよう願っています。
    きっとミィちゃんもそれを望んでいるはずです。

    ユーザーID:8142747241

  • 今までありがとうにゃ

    きっと、ミィちゃんはお空からお二人を見守っていることでしょう。
    暑さ厳しき折、お身体に気を付けてくださいませ。

    ユーザーID:2706008140

  • 偉かったですね。。

    ミィちゃん、頑張ったんですね。。
    今はきっとラクになって、楽しく遊んでいますよ。

    ネムノキさんは大丈夫ですか?

    我が家にも年老いた猫がおりまして、いろいろ病気もあって、体重は一番大きかった頃の1/3程度になってしまいました。
    もういつでもお迎えがきそうで、毎日、心配しています。
    覚悟はもうできているのですが、ネムノキさんのトピ呼んで、泣いてしまいました。
    ネムノキさんも、泣いてください。今はそれでいいのだと思います。

    ユーザーID:2350776877

  • 別れは悲しいものです

    今までに、4回猫とお別れしてきました。今、家には3匹の古株猫と5匹の保護した親子猫、外には2匹家に頼っている猫がいます。これから10回も悲しい思いをすると思うとちょっとブルーな気持ちになる時も有りますが、思う存分かわいがることを一番に考え毎日生活しています。私たちが先にあの世に行っちゃうかもとか考えることも。主様も落ち込まず新しい出会いを検討したらどうですか?

    ユーザーID:2834659157

  • こんにちは。

    うちも今年の春、家族の一員だった猫を亡くしました。
    読んでいて涙が出そうになりました。

    うちの猫、ミィちゃんと他のネコちゃんたちと楽しく、そしてごはんをモリモリたべて遊んでいるかも。

    ミィちゃん、頑張りましたね。こんなに想ってくれている主さんと出会えて凄く幸せだったと思う。
    空からそれぞれの飼い主さんを見てくれていると、私は思っています。

    ユーザーID:8727707868

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • やめて!

    私まで涙が出てしまったではないですか!

    ミィちゃんが天国で楽しく遊んでいることを
    影ながら願っています。

    ユーザーID:1118176286

  • 何度、お別れを経験しても、つらいです

    ミィちゃん、今頃は、「ねこたちのてんごく」(絵本のタイトルです)
    で、のんびり暮らしていますよ

    うちのちゅうちゃんも、2年前に一足先に行ってます

    ご主人が同行してくださって、ちょっと羨ましかった

    私は、独りで見送りました
    独りでお骨も拾って来た

    今は、リビングの出窓でちっちゃい骨壷になっちゃった

    他にも3匹いるから、相変わらず、ねことの日々は続いていますが、
    18年も一緒だったから、いなくなることが受け入れられなくて、
    病気なのに、ずいぶん、無理して頑張らせてしまった

    だから、私の留守に、娘に看取られて逝ってしまった

    娘に言われました

    「ママが、死なないで!って毎日泣いているから、ちゅうちゃん、ママの前では、死ねなかったんだよ。だから、今日、ママが出かけるから、
    今日だなって思ってたよ」って

    まったく、情けない母親です


    なんだか、また悲しくなってきました

    ほんと、何度、お別れを経験しても、辛いです

    みんな、今までありがとう

    ユーザーID:8615636403

  • ミィちゃん、安らかに

    トピを読んで涙が出ました。

    11年前ですが、猫のミーちゃんとお別れしました。
    私はカーブを上がった所にあるペット火葬場でお葬式をあげた事や、段ボールに入ったミーちゃんも軽かった事、最後の方はほぼ寝たきりでしたが、本当に頑張ってくれた事、すごくネムノキさんの風景と重なって、思わずレスしました。

    11年経ちますが、ミーちゃんの事を時々思い出します。
    亡くした時は、『この世の終わり』位に悲しくて辛かったのですが、楽しかった思い出や、とても癒された事に、感謝に変わってきました。
    と言っても、今ウルッとしながら、書いてるんですけどね。

    ネムノキさんも今は寂しくて、ポッカリ穴が空いたような気持ちかも知れませんが、ミィちゃんはネムノキさんと家族でいられて、本当に感謝していると思います。

    ユーザーID:9832444391

  • トピ主です。皆さん、励ましありがとうございます

    うちは元々、多頭飼いで今回は四回目の見送りでした。まだ元気な兄弟が三人(猫三匹ですが〜人扱いになるんですよね。ひとり、ふたりと)居ますがとても大人しくしてるんです。夜は寝るから余計にですね

    ミィちゃんは私の腕まくらで寝にくるし、すぐ膝にのるし、ブラシをかけてもらうのが好きで…

    主人が横になってるミィちゃんの前を通る度に声を出してました。そしてお父さんがいろいろ話しかけるんです。私が何も言わずに見てるだけなのに声を出してたから、離れてみてました。でも解るみたいで…。
    今は先に行った猫達と会っていると思います。走ってるかな

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 追記です

    前の三回は民間の所にお願いしました。本当に言葉遣いも、こちらが恥ずかしくなるほど丁寧で…

    今回の市を利用したのは周りの猫飼いからの情報と主人も友達からあそこがいいよと言われたからです

    そこは蝉の声も聞こえない。木々が風にゆらいで、山並みに囲まれた場所でした

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • にゃんママさんへ

    トピレスを見る度に『やめて!』の文字にちょっと笑ってしまう私がいました。

    ごめんなさい。そして、ありがとう。

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 自分が書いたのかと(そんなわけない)

    うちもつい先日、愛猫を亡くしました。
    入院して数日後の急変。一度一人で三途の川を渡りかけたのに、私と夫が仕事を早退して駆けつけるのを待っていたかのように劇的な復活、そしてまた急変し、明け方に家族に見守られながら旅立ちました。

    霊園に連れていく途中、真夏の木々の緑がとてもきれいで、「きれいだね。あんたのお葬式の日はとってもきれいな日だね」と段ボール箱の中の猫に話しかけながら泣きました。
    そして帰り道もまたきれいな緑に囲まれながら、小さい骨壷におさまってしまった猫を連れて帰りました。

    霊園には、同じようにペットを見送りに来た家族が途切れなく訪れていて、今こんなに悲しい思いをしているのは我々だけじゃないんだ、皆さんがんばりましょうね、と心の中でメッセージを送りました。

    今またネムノキさんにもメッセージを送らせてください。私は今でもあの子がお気に入りの場所でくつろいでいる姿が見えます。もう一度抱っこして、思う存分喉をなでてやりたい。呼んだらパタンとしっぽを振るところがもう一度見たい。あのかわいい顔がもう一度見たい。そんな思いでいる人間がここにもおります。

    ユーザーID:2715626603

  • 銀杏さんへ

    「なんで」「どうして」と思ったあの時の記憶が蘇りました

    だけど今いる子に間違えてミィちゃんと呼びかける私がいます。

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 久しぶりに甘えてきた

    ミィにブラシかけをしていたら、いつもやってきておれも!と催促してた子が甘えてきました。変な話だけど甘えながらキョロキョロするんです

    そういえば、本当に久しぶりです。

    ミィはブラシかけたらゴロゴロ言って、汚いまんまじゃダメだからね!このまんまで諦めないからねと涙が滲みながらやった日

    過ぎてしまえば長いと感じた何ヶ月もあっという間てました

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 虹の橋で待ってる

    うちの子たちはまだ若くて元気ですが、時々ふと、いつか来る別れの日を思うと
    胸が張り裂けそうになります。

    もうご存知だと思いますが、先に旅立った猫や犬たちって虹の橋のたもとで飼い主さんが
    来るのを待っているそうです。でも、あまりにも飼い主さんが悲しんで泣き暮らしていると
    心配で虹の橋まで行けないそうな。

    文面からするに最後は病で弱っていたのでしょうか。猫って、最後の最後まで病気であることを
    隠すので、手遅れになってからしか分からないんですよね。でもミィちゃん、こんなに愛されて
    幸せだったと思います。苦しい時に寄り添ってくれたトピ主さんご夫婦のこと、ミィちゃんも
    大好きで感謝していると思います。

    ミィちゃんが他の猫さんたちと穏やかにトピ主さんを待っていられるよう、お元気で
    すごされますように。そして、これからも時々ミィちゃんを思い出してあげてくださいね。

    ユーザーID:9875800850

  • 同じ経験をした者です

    ただし私はある受賞パーティの最中家から知らせが有り、「今亡くなったよ」と夫に言われました。私が泣くからいない時を見計らって天国に旅立ったのでしょう。
    「待っているか。それとも今日火葬するか」と言われて「今日行って」とだけ答えました。主人にお腹をなでられながら亡くなったそうです。
    毎日獣医師さんに連れて行き返って死期を伸ばして苦しめたのではないかと、不憫さで胸潰れる思いでした。
    次の日、友達が車で迎えに来ました。「このままではダメになるよ」と連れて行かれたのは動物保護センターです。痩せて三角の顔をした子猫がいました。抱き上げると「助けて」と言いました。
    連れて帰ると夫がすごく怒りました。「おいて来い」と。公園で保護されて苦労の末ここまで来た子ですよ。
    今では夫は着替えるのも待たずパンツ一丁でその時の子を抱きしめて「可愛いなあ。可愛いなあ」と足踏みしながら頬ずりします。
    結局助けられたのは私たちの方でした。
    ピアノの上にはあの時の子がいつも見守っています。
    いつかは別れの時が来ます。獣医師さんで見た絵本には毎日「大好きだよ」と言い心を伝える事ですと有りました。

    ユーザーID:5447862575

  • みけたんさんへ

    先日、カリカリが残り少なくなったので、動物病院へ買いに行きました。

    病院の駐車場に入ってから気がつきました。この感じイヤだなぁ。案の定です。小さな待合室なのに、座れない。診察室のドアを正視出来ない。

    先生に呼ばれました。今日はフードをお願いしますと言った私の顔を見たのか、あるいは先生の思いやりなのか、はいと言って、次の患者さん(わんこです)を呼ばれて視界からいなくなりました。


    まだ言えなかったんです。もういないなんて…。


    馬鹿でしょ。次のフードは主人に頼みます

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 海賊の妻さん

    新しく出会った子猫を抱くあなたの後ろ姿が見えた気がしました。


    そしてご主人の姿も

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • また9月

    仕事から帰ってきて猫の居場所を覗くとその仔は振り返ってニャーと鳴き別室に行った

    その後に部屋着に着替えてやれやれと思ってたら、何とも言えない猫の大きな声にすぐ見に行くと、もうその仔は虫の息だった

    ぐにゃぐにゃする身体を持ち上げて座布団に乗せて、もう心臓動いてないと言った主人と二人でお腹や背中をさすってまだ暖かいよと小一時間ほど何度となく見てたけど、そのまま動かなかった


    こんな事あるんだとこれが夢ならいいのにと思った


    9月…そういえば、一番始めに亡くした猫も9月だった
    忘れていた

    箱に収まった右側の顔がね、笑ってるみたいで泣けました

    ユーザーID:6445310941

  • トピ主のコメント(8件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧