戦争の残酷な話に興味をもつ自分が怖い

レス44
(トピ主2
お気に入り65

生活・身近な話題

みなこ

はじめまして。
小中学生の子どもをもつアラフォー主婦です。

小さいころから戦争の話に興味があり、特に「こんなにたくさんの被害が出た」という話や、「こんなに残酷なことがあったんだよ」という話には特に耳を傾けていた気がします。

今でも戦争で起きた実録などがテレビで放映されると見入ってしまいますし、体験談などにも興味があります。

しかしそんな自分が時々怖いと思ってしまうのです。

「興味がある」と書くと語弊があるかもしれません。

今こんなに平和な世の中に住んでいて、たった数十年前にそんなひどいことがあったことを、いまだに信じられない自分がいるんです。

私が学生時代に住んでいた町でも、空襲があったそうです。
実際どのあたりが被災したのか、どんな状況だったのか、調べても聞いても、ピンときません。

戦争で起こった事実を受け入れなければいけないと思いつつ、やっぱり受け入れられないというか信じられないというか…

残酷な事実を知りたいと思いつつも、夜中に思い出しては「どうしてこんな残酷な話を聞いてしまったんだろう」と思ったり、「本当にこんな恐ろしいことがあったのか」と思い、一人怖くなることもあります。

みなさんは戦争の話、受け入れられていますか?
残酷な事実は、どんな気持ちで聞いていますか?

ちなみに私の祖母(今年90歳)は、戦争時の話をしたがりません。
相当大変だったのでしょう。
食べるものがなかったよ、とだけ話してくれましたが、それ以上話しませんので、こちらもあまり聞かないことにしています。

ユーザーID:0079378979

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • !!

    語り部になれば良いのに!
    後継者が少なくなってるらしいですし、是非!

    ユーザーID:4376801878

  • 受け入れてますよ

    私は基本的に人間性悪説なので人の残酷さ、人の狂気のようなものは信じてます。
    そういう人の闇にひきこまれそうになるのであまりそういった体験談や本は読むのを辞めましたけどね。犯罪心理学とかは興味がありよく読みますが。

    先日「戦争で人を殺す心理学」というような本を読みました。アメリカの本なんですけどね。兵士と言っても本当に普通の人です。そういう人たちが戦争という非日常でどのように人を殺すことに慣れていくのか。心理的な側面をすごく深く書いているのでとてもこわかったです。戦争や人の死について少しリアルに感じられるかも?

    ユーザーID:6617396076

  • 色んな感じ方があっていいと思います。

    まるで映画のように、
    「怖いもの見たさ」な部分もあって良いと、
    あえて私は言いたいです。

    戦争を実感しなくて良い「幸福」。
    知識としているだけの「幸福」、
    こんな国は日本だけ、
    その「幸福」。

    「この悲惨を忘れるな〜〜」と、
    号泣しながら怖い顔して植え付けようとする人達もいますが、
    あなたのおばあちゃんのように、
    「話したくない」という人のほうが、
    実際、
    伝わってきますよね。

    バランスとって学びましょう、
    私もそうしています。

    さも、
    おどろおどろしく伝えて来る人には、
    割り引いてしまうのが我々日本人です。

    ユーザーID:0715680055

  • 大切なことだと思います

    人間はこんなにも残虐なことができるのだということを認識する為にも。
    戦争になれば人殺しに際して犯罪とはなりません。どんなに被害者が過酷を極める経験をしても「戦時下のことだから。」で終わってしまいます。

    終戦から70年経っても当事者の方達は癒えることの無い傷とともに、苦しみながらも懸命に生きていらっしゃいます。
    その方達に報いれるのは「人殺しが合法化される戦争を二度としない。」という一点のみです。

    トピ主さんは興味を抱くこと自体に罪悪感のようなものを感じでいらっしゃるようですが、もっとも罪になるのは無関心だと私は思います。

    ユーザーID:4637703794

  • 他人事だから…ですよ

    主さんは苦労されたことが無く、とても幸せに暮らしてこれた方とお見受けします。

    愛情をいっぱいうけ、食べ物や寝るところにも心配したこともなく…

    うらやましい限りです。


    私の子どもの頃は貧乏で、ほんとに明日食べるご飯がない…とか、鉛筆一本・教科書さえ買ってもらえず、子どものころから働いてお金をかせいで自分のものを買っていました。(アルバイトできないので、カブトムシやザリガニ捕まえて売ったり、近所の店の手伝いや、不用品を拾ったりもらったりして修理してリサイクルショップに売るなどして小銭を稼いでいました。)


    私は30代です。
    でも戦後の話のほうがピンときます。

    近所の90近いおばあさんと「お腹空いたときにいれる味噌汁の具」で一時間以上話が盛り上がりました(笑)。


    戦争は遠い話の事。なあんにも関係ないこと。だから興味がわくし、ワクワクするんです。映画や怪談と一緒。


    自分の大切な人がそこにいると想像してみてください。
    考えただけで涙が出ますよ。

    ユーザーID:4849473571

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 伝えて行かないといけないと思います

    戦争の悲惨さもそうですが、今の日本があるのは、国のために戦った人達がいたためでもあるので、どちらも伝えて行かないといけないと思います。

    ユーザーID:2922309864

  • おかしくないよ。

    戦争未だに、している場所が、あります。私は、新潟市に住んでます。拉致が、あった場所です。日本海の向こうに…どう、表現したらわかりません。沖縄も…東京近辺に住んでいたら実感わかないですよね。北方領土や…戦争は、駄目です。理解出来なくても、互いに、する努力必要です。いつも、この時期だけでなく年がら年中マスコミで 特集して欲しいです。

    ユーザーID:2474827641

  • 私も見ます

    今年は戦争が終わって70年で、節目なので色々やってますね。

    私は、ドラマや映画のほうをみたりします。

    まあ、あまりにもキツいのは観ないようにはしてますけど、広島の原爆前の風景だとか、絵本で観ました。最近は戦争前のほうが、興味があります。

    歴史が好きなので、その一貫だったりしますが、事実として受け止めています。


    戦後70年、ということは、70年、戦争をしていないということですね。

    これからも、戦争をしない国でありたいですよね。

    ユーザーID:9877752336

  • 人間の魔性について知ることは大切

    人間は誰でも内に残虐性を秘めています。それが有事の際には大義名分の下で堂々と行われた。
    日本人は特に残虐な事を人前で話すのはタブーとする所がありますね。

    トピさんの様に、残虐な話に興味を持つのは大切であると思う。

    戦争は繰り返してはいけない。でも侵略された国の人がどんな拷問、残虐に殺されたのか全然知らない。
    ほんの70年前の出来事なのに。いえ、今でも本当に酷い行為が起きてますが、それを知ってる日本人がどれだけいるのか。

    戦後の平和な無菌室な状態の中で人間の魔性を見る事をせず、何の危機感ももたず、気が付いた時には魔物の餌になっている、が今の日本かも、、です。
    そうならない為にも、人間に魔性を見ることに目に蓋をせず、しっかり知っておいた方がいいと思います。

    今の日本はあまりにも平和すぎて世界の現実を知らない人が多いように思います。

    ですが今はネットで様々な真実の歴史も知ることができる。

    私は戦争の残虐な話も含めて目をそらさず、見て聞いて考えます。

    この事を知っても法案に反対って意見の人居るのかな。

    ユーザーID:7411669590

  • それは自然で、とても大切な感情です

    私の母親は先の大戦で大陸にいた幼少の頃、目の前で父親が銃剣で腹を刺されて、看病の甲斐もなく死んでいく経験をしています。

    日本は世界で唯一、人間に対して原子爆弾が使用された国です。また沖縄は先の大戦で日本で唯一、地上戦が行われた場所です。

    今年こそ真剣に考える時だと思います。

    ユーザーID:7648277890

  • 知ってください

    45歳兼業主婦です。 
    被爆2世です。
    父が幼い頃に広島市中心部で被爆いたしました。

    私が生まれた昭和45年は、終戦から25年後です。
    お風呂屋に行けば被爆の傷跡のある方々が居られました。
    兄は10歳上で、終戦から15年後に生まれています。その頃はまだ川沿いにバラックも残っていたとか。
    戦争の話はいつも耳にしていました。

    父は原爆の体験の話しはしません。
    ただ、怪我したツバメが沢山居て可哀相だった…としか聞いていません。

    私はPCでグラフィック系の仕事をしております。
    スマホ持って、仕事の合間に友人とのランチを楽しみ、海外の友人とスカイプしたり。
    平和だよなぁ、戦争があったなんて空想のようだなと思いますが、
    私は被爆2世であり、父は映像で見るあの原爆の巨大なキノコ雲の下に居りました。現実です。

    トピ主さんは戦争の資料見て「楽しい!萌える〜」と思ってるわけじゃないですよね。
    ならば興味が有ることは良い事と思います。

    もっと調べて、もっと見て、もっと知ってください。
    風化が一番怖いのです。

    広島に来て下さい。
    原爆ドームは思ったより小さく、大和ミュージアムは見る価値有ります。

    ユーザーID:2435465584

  • 本当に恐ろしいのは興味を失ったとき

    戦争が勃発したら、どんな状態になるのか知っている。
    こんな人が多いと、政治家も簡単に政治的失敗を戦争で誤魔化すようなマネはできません。
    国民の信任を得られません。

    戦後70年
    先進7カ国で戦争をしていない国は日本だけ。
    アジア全部でも日本とブータンだけ。
    世界でも8カ国だけです(極小国除く)

    勝手な思い込みですけど、後の歴史家は、この70年を平和日本の黄金時代と呼ぶに違いありません。

    平和が永遠に続くよう、後の世代にも戦争の悲惨さを伝えて行く必要があると思っています。
    私達はまだいい。
    祖父母は戦争に行っていたし、父母も戦中生まれ。
    生きた歴史として見聞きできる。
    私達が悲惨だからと目を閉じ、耳を塞いだら誰が後の世代にこの悲劇を伝えるのでしょうか?

    今はいいです。
    知っている私達が、あと数十年は戦争をさせないようにがんばります。
    でも次の世代に戦争の悲惨さを伝えられなかったら?
    戦争をしない奇跡の100年で満足しますか?
    孫やひ孫にも平和に暮らして欲しいので、知っておいて欲しいです。

    ユーザーID:8626951058

  • 広島、長崎、知覧にいく

    実際足を運んで、資料館を見学すれば少しは変わるのではないですか?
    修学旅行と家族旅行で行きましたが、恐怖を覚えました。
    トピ主さんの街は空襲に遭っても今は綺麗な街になっている。
    でも原爆ドームを見ると身体が竦んでしまう。
    知覧に言って自筆の手紙を読むと涙が零れそうになる。

    実感が湧かないのは仕方ないですよ。
    でも、なんだかトピ主さんの場合はグロテスクなものに興味が強くて、
    戦争については二の次に感じるのは何故だろう。

    ユーザーID:7465528714

  • 分かります

    私も戦争を知らない者です。
    聞いただけでも怖いですよね。
    平和ぼけするよりはよっぽどましだと思います。
    話したがらないのは、実感として思い出したくないほどの事だったんでしょうね。私の両親も体験は有ります。
    詳しくは聞けませんでしたが、なにかがにじみ出てるように思えてなりませんでした。
    文字数制限が有るので、聞いたことまでは書けませんが、色々と想像を絶する苦労が有ったみたいです。

    ユーザーID:5787703011

  • 感情移入できます

    戦争は恐ろしいと理解できますよ

    ユーザーID:0360527092

  • 知りたいと思うことは悪ではない

    きっと悲惨な事を見たい、知りたいと思うことがなんだか後ろめたいと自分を責めちゃうんですね?
    (戦争に限らず、誰でも悲惨な事実を知りたいと思う気持ちって密かにあると思います。)

    むしろ無関心こそが怖いことです。
    きっかけは何であれ興味が湧いて知り、知識になるのだからいいと思います。

    私は若い頃は全く戦争に関心がなくて この時期になると毎年戦争の話が報道されても全く興味がありませんでした。
    が、自分に子供が生まれて変りました。「どんな辛い思いだっか・・」とその立場で感じるようになり、
    50になってますます それこそトピ主さんと同じく「どんな悲惨さだったか」知りたい
    語弊があるけど興味があります。

    興味があってこその知識となるのだから、知らんふりより良いですよ。

    昨日は長崎原爆から70年目、ちょうど今年長崎に行ったところだったので
    どの場所でどうだったのか・・とか「もっともっと知りたい」と思いましたし、
    そして経験者の方々も亡くなりつつある今、もっともっと語ってほしい、教えて頂きたいと思うのですが。。。

    被爆国として世界に向けてもっと!!発信してほしいと思います。

    ユーザーID:2923737456

  • 同じです

    アラフォー子持ち兼業主婦です。
    私も、小学校の高学年頃は、戦争漫画を図書室でかりまくっていました。
    そのころは理由などわからなかったのですが、最近はなんとなく、最悪をイメージしておきたい自分がいるような気がしています。
    最悪なことが起きたときに、どう動くか、とかかな。
    テレビで戦争の話やドキュメンタリーなども、真剣に見入ってしまいます。
    自分は幸せだと思いたいからですかね…

    ユーザーID:2253193386

  • 自国さえよければ他国はどうなってもいいというエゴ

    戦争に興味をもつのは問題ありません。

    問題があるのは戦争を肯定する思考です。

    肯定すると自分たちは正しい正義だとか言い始めるからです。

    そうなればまた戦争社会になる可能性が出て来ますから。

    戦争がいけないのはタイトルの意味だからです。

    自然界は全部相互関係でつながっているので

    エゴを出すと調和がとれません。

    そのため作用に対して反作用がくるのです。

    ユーザーID:9644333310

  • 不謹慎ですが

    怖いもの見たさじゃありませんか?私も似たような所があります。怖いものが大の苦手なのに、つい薄めを開けて見てしまいます。で、あとで「見なきゃよかった」と後悔…この繰り返し。
    体験した方だって、驚かすつもりで体験談をお話しされている訳ではないと思うんです。興味本位でも怖いもの見たさでもいいと思います。
    一番怖いのは、無関心なことです。

    ユーザーID:8067649975

  • 怖いもの見たさ

    怖いもの見たさって、あると思いますよ。

    人間、とことん無慈悲になれるし、それが快感だったりすることもあります。

    また、残酷な行為をする人は、それを残酷だとは感じていないものです。

    そのような事に、興味を感じるのは、ある意味、自然だと思います。

    集団心理や特権意識が、人間の感覚を麻痺させる、その事を知るきっかけにもなると思います。

    ○○残酷史なる書物が多数あるという事は、残酷さは、人間性の一部という事で、自分の中にも、当然あると考える方が良いと思います。

    でも、その手の本を読んでみると、よくもまあこんな事を考えるものだと、あきれかえってしまいます。

    とことん読んでみると、うんざりして、興味を失うかも知れませんよ。

    ユーザーID:8846260344

  • 物心付く頃から、色々聞きましたよ〜。

    同居し、3年前に亡くなった94歳の祖父から戦争の話は聞いてきました。
    祖父は激戦地の一つ・レイテ島に出兵し、無事に帰国しました。

    初めて米軍の部隊を見たとき、これは負ける!!と思った事、
    日本の武器は米国製の物には劣っており歯が立たない為、一番効果的な攻撃が“夜襲”だった事、
    昼間の奇襲作戦の際に部隊長が撃たれた瞬間逃げた兵士が半数近くおり、その逃げた兵士の内の祖父を含む3人しか生きて日本に帰れなかったという事実。

    機関銃で人間が撃たれるとどうなるのかとか、耳奥にウジ虫がわいてしまい痛みの為に自決をされた戦友の話、亡くなった方の小指を集めて歩いた話、死が近い寄生先(人間)から姿を消すシラミの話・・本当にいろいろな話を聞きました。

    ドラマや映画には決して出てこない、武勇伝的な要素の全くない話の数々、生々しい醜さと、生への執着が戦争の本当の姿なのだと思いました。

    約26年間色々な話を聞きました、個人的に一番驚いた事は、当時の日本の男性への徴兵率が10%未満だった事、残った若者達が日本の復興を早めたのですね。

    闇市の話が一番面白くて大好きでしたね。

    ユーザーID:4010398318

  • 私も子供の頃からそういった話に興味がありました

    田舎だからひもじいと言っても何かしら食べ物はあったからかもしれませんが、祖父母は聞けば戦時中の話をよくしてくれました。
    祖父は海軍の話や、出兵した時に持ち歩いていたハーモニカを引っ張り出して童謡を演奏してくれたり、軍歌を教えてくれました。
    祖母は初恋の相手がプロポーズしてくれたのに、恥ずかしくて返事が出来なくて、結局そのまま戦死してしまった話なども話してくれました。

    小学生の頃から戦争に関する本もたくさん読みました。
    悲惨な話で、眠れなくなるようなこともありました。
    でも、そんな極限状態の中でも、ちょっと真似できないような行いをする人もいましたよね。
    悲惨さを理解していないと、戦争中に個人が陸軍を訴えるとか、ユダヤ人にビザを発行するとか、ピンときませんよね。

    私はおばあちゃん子なので、祖母が生きた時代が好きです。
    そこに戦時中も含まれているということですね。

    ユーザーID:4465829173

  • 実感が湧かないのは仕方ないと思う

    私の父はあと数日戦争が続けば、昨年、岡田准◯さん主演の映画の主人公のように
    亡くなっていたかもしれず、子供の頃から当時の話を時折聞いていました。
    でも父はあっけらかんと話すので、ただの昔話という感じでした。

    父の兄はシベリア抑留され、そのまま旧ソ連で亡くなっています。
    あることがきっかけでこの伯父に興味を持ち、シベリア抑留について調べて行くうち
    帰国された方々の経験談を知ることとなりました。

    その経験談を読むと本当に悲惨で、身近な人間が惨い状態で亡くなったと知り、
    ショックで放心状態になりしばらく食欲もなかったです。思い出すと泣けてきます。
    今では、蚊やハエなども殺せなくなりました。
    検索して体験談を読んでいただきたいです。

    私も伯父に関心を持って以来、戦争関連にも関心を持っていますが、
    残酷な話や映像は辛くて見る事ができなくなりましたね。

    血縁者など近い存在の辛い話がなければ、実感は湧かなくて当然だと思います。
    トピ主さんは普通の感覚の方ですよ。

    関心を持つ事は良いと思います。
    でも与えられる情報だけでなく、自分で調べ正しく知る努力も必要かなと思います。

    ユーザーID:4853810219

  • 私は今、敢えて聞くべきと思います

    私は「どんなに辛くても、今のうちに聞いておかなければ」と思っています。

    戦争中に起きたことに口をつぐむ人は多いです。
    私の父も私たち子供が小さいときには一切話してくれませんでしたが、後年、
    孫が夏休みの宿題のために「戦争の話を教えて」と頼んだところ、壮絶な話を聞かせてくれました。
    東京大空襲で焼夷弾が炸裂する中、逃げまどった話、はぐれてしまった人とは二度と会えなかったこと、
    戦闘機が落ちてきて兄が家屋ごと飛ばされ、防空壕が埋もれてしまった話、
    田舎の親戚から阻害されて焼け野原の東京へ戻った話・・・。

    私は戦争の「描写」は等身大でさえあれば、もっと残酷でいいと思っています。
    だって作った物語ではなく、本当に起きたことであり、私たちが忘れてしまったらまた起きることになるかもしれないんですから。

    ユーザーID:7379280636

  • 普通だと思いますが。

    胸の痛むような話は聞きたくないし、頭が痛くなりますが、それでも、事件ものが気になるほうです。

    例えば他人をあやめた事件とかのいきさつとかにはどっちかというと、知りたいほうです。興味というのではないですが、何故から入って、どのようにして、という部分は知りたいです。
    事件のドラマで死体は知っているなんかはすごく興味があります。それは早く解決して欲しいという気持ちがあってみていて他人の死(事件)に興味があるのではないです。私は基本勧善懲悪な感情の持ち主です。

    ある程度人間って相反するものを同時に持っていてバランスが崩れなければ問題ないのではと思います。
    今の世の中すごく頼りない人間が多く、大人がいないから安心できない。
    本当に戦争になんてなったら国を守るより、逃げ出す人の方が多いのではと思います。今を生きる人間は苦労してきてない人間の集まりだから。第一家庭・家族が崩壊してるし。

    政界を何も知らない芸能人が簡単に選出できる社会だし、おいそれと簡単に引き受け自分の頭と相談しないお気楽な芸能人が居るから。今の時代このレベルだと思うと真綿でくびを絞められる恐ろしさが続く。

    ユーザーID:7554796285

  • 無関心よりずっといい

    私もアラフォーですので、とぴ主様と同じ年代です。
    私は8月6日生まれです。
    小学校6年間のうち、4回は登校日でした。
    自分の誕生日とはいえ、朝からテレビのニュースで記念式典の様子を見て、学校に行けば黙とうをし、また私自身が住んでいる地域特有の公害病について学習する日でありました。
    子供ながら、「誕生日だからといって、あまり浮かれていい日ではない」と思っていました。 
    私が生まれた数十年前、こんな大事があったのか、その日のこの時間、広島ではどんなに人々が苦しんでいたのだろうか、と毎年想像します。

    先日の誕生日に朝からテレビを見ていて、若い方(といっても30〜40代くらい)がインタビューで「8月6日が何の日だかご存知ですか?」という問いに、「8月6日だからハムの日?」とか、「やっべぇ、知らない、終戦念日?」とか答えてらっしゃるのを見て、ちょっと悲しくなりました。
    まあ日本は平和になったという成果なのかもしれません。
    ただ、「武力には武力で対抗する」という風潮の世の中なので、悲惨な戦争はこれからもなくならないのではないかと思います、悲しいですけど。

    ユーザーID:8316233830

  • 実感がわかないんでしょう

    戦争に対しての実感がわかないんでしょう。こんなに平和で当時の状況が残っていないような現在。
     先の大東亜戦争(日中戦争、太平洋戦争、相手国からに見方で呼び名が変わりますが。)
    総括が政府見解として出ていないから、日本が前進できずに立ち止まっているのが現状なんでしょうねぇ。
    大東亜戦争を否定も肯定もしていない。教科書でも、グレーな状況で終わらせている。あの戦争は正しかったのか、誤りだったのか。誰が先導して・・・・
     いまだ、戦争を体験した人たちが存命していると総括が難しい部分があり、ぼやかされてしまいます。

     もっと大東亜戦争全体を俯瞰してみたら、自分なりに納得がいくのでは、ないでしょうか。

    ユーザーID:6838216950

  • こういう例も…

    簡単には消化できないようなショックな出来事に遭遇すると、その出来事を整理するために、繰り返して追体験をしようとする性質が人間にはあるようで
    例えば、東北の大震災の後
    被災地には『地震ごっこ』をして遊んで怒られてしまう子供がいると新聞にも取り上げられていました。

    私は子供の頃に性被害に遭った経験があるのですが、その後
    ドラマや映画で女性がレイプされる場面が流れると異常な集中力で見入ってしまうので、自分で自分のことが理解できず困った経験があります。
    自分が被害に遭った事を話せる大人も相談できる相手もいなかったので、被害直後から、その事に蓋をしたようなかたちで過ごしてしまい、そんな扱いを受ける自分の存在が何なのか解らなくて、長いこと混乱した時期を過ごしました。
    今では、そんなシーンも見ないように自衛できるようになりましたし、「見たくない」と言えるようにもなりましたが
    そう出来るようになれたのは
    蓋をしてあった自分の痛みや、同じ痛みを味わってきた人達の想い、等と徹底的に向き合って乗り越えたから。
    性暴力について「絶対ダメ!」という強い気持ちを持てるようになってからです。

    ユーザーID:4734861295

  • 残酷な話に興味を感じる自分を内省するのは価値がある事です

    歎異抄にある話です。

    親鸞が、唯円に「私の言う事は何でも聞くか。」と問いかけます。

    唯円が「聞きます」と答えます。

    親鸞が「ならば、人を1000人殺してみろ。」と言います。

    唯円が「私には、人を1000人殺す力はありませんから、無理です。」と返します。

    すると、親鸞が「お前は、私の言うことは何でも聞くと言ったではないか。」「人を1000人殺す力がないから殺さないのではない。」「殺す機縁がなければ、一人だって殺せないし、機縁があれば1000人だってころせる。」と話を引き取ります。

    トピ主さんが

    >今でも戦争で起きた実録などがテレビで放映されると見入ってしまいますし、体験談などにも興味があります。

    だからと言って、残酷な事をしやすいではありません。

    また、平和主義者を名乗る人が、残酷な事を絶対しないという訳ではありません。

    自分がいじめの対象にされないようにいじめに加わるような心理、平時には嫌悪を感じますが、それが見えなくなる状況にならないとも限りません。

    残酷な話に興味を感じる自分を内省してみるのは、価値があると思います。

    ユーザーID:8846260344

  • 目的意識

    「なぜそのような辛い残酷な話を知らなければいけないのか」という目的意識が、トピ主さんの中にしっかりあれば、興味本位ではないかという悩みは消えるのではありませんか?

    ユーザーID:3217809449

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧