年老いても、子供には頼れない現実

レス117
(トピ主2
お気に入り311

家族・友人・人間関係

紫陽花


いつも通っているスーパーでの出来事です

足取りがおぼつかないようなヨロヨロのおばあさんが、たくさんの食材とビールを買っていました。「○○円です」という店員さんの言葉もよく聞こえないようで、何度も聞き返し、ふるえる手でがま口からお金を取り出し・・

住んでいるところが田舎なせいでしょうか、お盆やお正月の前になると、こういう光景をよく見かけます

たぶんお子さんたちが帰省されるのでしょうね

「自分もそのうちああなるんだろうなぁ」と思います

年老いても、子供には頼れない現実・・・

私は50代です。嫁の気持ちも姑の気持ちもどっちもわかるようになりました

ユーザーID:9545527637

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数117

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 良く分かります

    同じく50代主婦です。
    実家の母の通院のため、整形外科に付き添いますが、年配の方でもおひとりで来られている方が圧倒的に多くて、
    母は羨望の眼差しで見られています。夫婦でも、女性の方が長生きしがちですし、家事も引き受けがちなので、
    バスにカートを引いて、よっこらよっこら乗ってくる背中の曲がったお年寄りの多いこと。
    ひとり息子は県外ですし、私には、きっと誰にも頼れない寂しい未来が待っているでしょうね。

    ユーザーID:0483608874

  • 今年から子供に手伝ってもらう

    今年のお盆からは、息子夫婦に助けてもらう事にしました。母の衰えが激しくすべてを私一人でするのは難しくなりました。
    お風呂掃除、ごみの分別、庭掃除、孫のプール等これまで私がしてきた事を受け持ってもらいます。
    一番辛かったのは、飲んだり食べたりで山のように出るゴミです。これだけでも始末してもらえたらどんなに楽かと思いました。
    少しずつ手伝ってもらう事を増やしていきます。
    一人で買い物ができなくなったら、お金を渡して行ってもらいます。
    そんなに酷い事でしょうか。この程度のお願いなら聞いてくれると思います。

    ユーザーID:0415818027

  • 同感です、同世代です。

    >嫁の気持ちも姑の気持ちもどっちもわかるようになりました

    まさにこれに尽きますよね、この年代の心境は。
    昔は自分が年老いていくことなどまるで考えず、いつまでも若いつもりで日々過ごしてきたけど、ふと気付けば、子ども達が成人してあの頃の自分のように人生を楽しんでいる。

    あの頃の時間は二度と手に入らない宝物だったんだな、となんとも形容しがたい気持ちになります。

    おそらく私たちの年代は舅姑に気を使い逆らえず、子ども達にも遠慮し、それこそお嫁さんや娘婿さんには、神経質なほど気遣いをしてしまう。
    人生なんなんだ??と言った感じです。

    なんとなく人生のラストスパートのような気がして昔を懐かしむ事が増えてしまいました。
    トピ主さん、遠い空の下、同じような思いを抱えて生きている人間がここにもいます。

    少しは自分にご褒美をあげてもいいよね。

    ユーザーID:9304496728

  • ホッとしました

    お盆になると乱立する帰省トピ。

    義実家に行きたくない。
    嫁を働かせて優位に立ちたい姑。
    義実家が汚い。
    食事がしょぼい。

    嫁たちの言いたい放題にうんざりしてました。

    トピ読んでホッとしました。

    ちなみに私は現役嫁です。

    ユーザーID:6934982008

  • トピ主の理解がおかしい

    >年老いても、子供には頼れない現実・・・
    それはあなたの見識が間違えています。
    高齢者は子供達が帰省するというので喜んで自ら買い出しに出ているだけです。
    子供に頼れないのではなく、子供を頼らないだけです。

    子供との上手な接し方を知らない高齢者が増えてきているともいえます。
    そういう独居志向の高齢者は中高年時、自分の親の介護をしていなかったり、子供を放任主義という名の無関心で放置したりして家族との接し方を学んでいないのです。

    ユーザーID:1095371139

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 「ああなるんだろうか」なんて言わないで。

    「おばあさん」にとっては、
    子供が帰省するのはどんなにか待ち遠しい。。。どんなにか。

    「ひょっとしたら」おばあさんも、
    普段は子供達と確執のひとつやふたつ、あるのかも、
    だけど、嫁が来る、孫が来る、婿が来る、
    その喜びは、
    実子以上に嬉しいものかもですよ、ひょっとしたらね。

    私はトピ拝見して、
    お盆のビールを準備するおばあさん、
    いつものお買い物より、
    ずっと嬉しいお買い物だったとも思いましたが、

    トピ主さんには悲しくやるせなく切なく見えましたか?
    そもそも、そういう「おばあさん」は可哀想ですか?

    私も「おばあさん」お見かけしますけど、
    とても愛しいです、頼もしくも思います。

    人はちゃんと老いるのだ、と思うしね。

    人生を背負ったおぼつかなくなった尊い手。
    むしろ、
    そこまで生き抜きたいです。

    「高齢者」に対する感じ方が、
    トピ主さんと私は違うんでしょうかね。

    「ああなるんだろうか」なんて悲しかった。

    ユーザーID:3600718858

  • 頼れない?頼らない?

    我が老母の場合
    都内で30年一人暮らしです。
    ちょうど その頃に我が家は戸建てを購入。
    母の部屋を用意して、どのタイミングでも いつでも同居OK と夫婦で言って来ました。 20年も経った頃に、親戚知人に私達夫婦の悪口三昧。 無理矢理、同居させられる、だの、一人暮らしが気楽で良いのにしつこい、だのと。

    そして、現在80半ばにして身体も上手く動けなくなり 泣きながら親戚知人に私は不幸、子どもに何もして貰えない、など愚痴三昧。

    要は、好きな時に好きな事が出来る一人暮らしを選び、不安になると子どものせいにして悲劇のヒロイン。
    ワガママなんですよ。

    盆暮れ正月に家族揃って行っても 何ひとつ記憶にない。世間では私達夫婦は 冷た〜い人間扱いです。
    その方がそうであるかは、わかりませんが 私は同情も出来ないのです。

    ユーザーID:1645395942

  • 46歳

    私は46歳。
    独身。
    双極性障害を患っています。
    子供は望めません。

    親を見送ったあと、孤独な老後が待っています。

    トピの内容と同じことが、わが身に起こると覚悟しております。

    だからどうした?というのが素直な気持ち。

    ユーザーID:9744312586

  • 大丈夫

    ココを利用しているということは、ネットで注文とかできるでしょ
    スーパーでよたよたお金を払うなんてことにはならないよ

    ユーザーID:4670046129

  • ん〜〜〜

    当方、親父で田舎の都市ですが

    近所にはゴミも重くて小分けに出して、
    買い物もやっとこさ歩いてる一人暮らしの
    お年寄りがそこそこいますよ

    老老介護の方もいます。

    ユーザーID:8230021876

  • 帰省の時期、結構見かけます。

    明日は我が身ですね。

    多分帰省する息子さん、娘さんも50代から60代でしょうね。
    親は80代でも元気ですから、子供にご馳走しようと一杯買って行くんだと思います。
    親は子供が何歳になっても親なんですね。

    親の気持ちを思えば、小町のお嫁さん達が義家の汚れ屋敷には行きたくないとか、実家が汚いので行きたくないとか 現実しか見れない子供達との温度差を感じます。

    主様の言う通り、これからは子供に頼る事は出来ないでしょうね。
    せいぜい頼るとしても老人ホームの手続き位でしょうか?

    主様が見かけたお婆ちゃんの様に誰にも頼らずしっかり生きていきたいですね。
    私も60代ですが今の親もまた子供に頼ろうとする親は少ないように思います。

    ユーザーID:0594685985

  • 高齢者の方にイジメられたことがあります。

    なので、どうしても、もう優しくはできないです。

    自分のことは自分で、と思います。

    主さんが見られた方の場合、お子さんが買いにいってもいいように

    思います。

    色々な方がいらっしゃいますね。

    ユーザーID:9039623590

  • だから何?

    訳知りの風刺目線のつもりかもしれませんけど
    誠実に一生懸命生きる事が大事です。
    あなたそこはどうなんですか?

    ユーザーID:1959719781

  • 感じ悪〜い。

    高齢者がたくさんものを買ったらこんなこと言われるんですね!
    トピ主は寂しい老後かもしれないけど、そうじゃない人もいますよ?
    単に体力が無くなるだけじゃん。
    子供に頼らないでやりたい人だっているわけだし。

    ユーザーID:7182494856

  • うーん

    長男嫁の立場ですが、トピ主さんのように昔は感じていました。しかし、いまはある意味どんな状況でも、多少の不自由があれど、思うままに暮らせるのは幸せなのかも…なんて思ってしまいます。

    いま、義親のお世話をしていますが、いまの介護保険制度は自由すら奪ってしまうように感じています。

    本当の幸せは本人にしかわかりません。

    ユーザーID:1145152273

  • 本人は嬉しいのかもよ?

    はたで見ている人が勝手に憐れんでいるだけかもしれませんよね?

    ユーザーID:8225211265

  • ごめんなさい、解釈が違うわ

    >年老いても、子供には頼れない現実・・・
    私は頼りたくない高齢者もいると思うんですよ。
    なるべく自立した生活をしたい。
    自分が不自由だから寝たきりや認知症にならないよう、頭足腰を鍛えて目的を持った高齢者。
    社会の空気に触れたい高齢者。
    人はもっとポジティブな部分を持っていると思います。
    何でも悲観的に考えるのは、トピ主さんの性格でありトピ主さんが頼れないからではないですか?

    私がトピのような光景を見かけたら、
    「都会からお子さん、お孫さんが帰省されるのね。
    楽しみなんだろうな」と捉えます。

    ユーザーID:1219672576

  • 切ない。

    おばあさんの、その時を想像したら、泣きそうになりました。

    私も50過ぎ。

    両親は亡くなりました。

    その、おばあさんが楽しい盆休み、過ごせたら良いですね。

    ユーザーID:4888161651

  • 自分でできることはなるべく自分でするのがよい

    足取りがおぼつかなくなってヨロヨロの状態でも自分で買い物をするなんて、りっぱなお婆さんではないですか。
    「年老いても、子供には頼れない現実」ではなくなるべく頼らないということではないですか?
    トピ主様はすぐに子供に頼りたいと思っているのですか。頼り始めると認知症に一直線ということもありますよ。

    ユーザーID:3935649753

  • そうなのでしょうか。

    私はトピ主さんと同じようには感じませんでした。

    むしろ
    「ああ、おばあちゃん。うれしいんだろうな」と
    寂しいとか切ないよりも、温かいものを感じました。

    お正月やお盆に帰省してくれる身内が居る…
    自分の為ならば買わないであろうたくさんの食材やお酒を買いに…精一杯のもてなしをするために出かけられたのかなと。

    確かに、日常は身近に頼れる人が居なくて、心細い時もあるかもしれない。
    困ることも、あるでしょう。

    でも、離れて暮らすご家族も「放っておけばいい」とか思っているとは限らないでしょう?
    頻繁に電話して「いついつ帰るよ!」て話しているかも。
    それを聞きうれしくて、帰ってくる家族の好物を買いに来たのかもしれない。

    心の中では気がかりでたまらなくても、いろんな状況からそばには居られない…離れていてもお互いを気遣って暮らしている家族もいるでしょう。

    綺麗事かな…でも、そう思いたいな。

    私の未来には帰ってきてくれる子供もいませんけどね。

    ユーザーID:9050601676

  • 自立する工夫を

    時代です。
    昔は長男が犠牲になって田舎に残り、
    長男一家が理不尽で不遇な生活をしながら親と同居して世話をしました。
    しかも長男家族は、周囲からも親からも感謝なんてされませんでした。

    それを観て育っている世代は、
    もうそんな理不尽な人生なんてするものか!と逃げますね、
    でも過去があまりにも悪いからそうなるんですよ。
    しかも田舎にはいい会社も少なく賃金も安いですし・・・損な事ばかり。

    今は買い物もネットや通販があるのですし、
    ネットで交友関係にも困りません。
    ですが、現在70過ぎの世代にはそれが出来ず、
    一人で孤独に暮らしている人が多いです。
    友人の
    75歳の母親も、いくら教えても生協や通販は覚えず、
    遠方の娘を頼るので、友人は横浜→新潟を往復して面倒を看ています。
    自立が出来ない世代は気の毒だと思いますね。
    遠方の子供と、近くの行政を頼って生きていくしかないと思います。

    ユーザーID:1868712813

  • 頼れないとは限らない

    動けるうちは動いていた方がいいです。ボケ防止のためにも。
    そういう意識の高い方なのかもしれませんね。

    ユーザーID:0300981837

  • どこが悪いんですか!?

    心冷えるトピで情けない。

    高齢者が一人、
    買い物する事の、
    どこが悪い?

    その高齢者を見て、
    いきなり

    「年老いても子供に頼りない現実…」
    って「想像」するんですか?

    勝手な想像(の翼を広げて人を評価し)、
    失礼にもほどがある!

    ユーザーID:6970618572

  • そうなんです

    そもそも子供に頼る気満々で子供産見育てるのは間違いなんですよね。

    当たり前だと思って生きてるので他人事ではないですよね。

    ユーザーID:9542580941

  • いまの高齢者じゃ仕方ないけど

    それより下の世代だと、若いときからインターネットに慣れ親しんでるから、いまの高齢者とは違うかも。


    というのは、私は30代後半・東京在住ですが、水やビール、トイレットペーパーや医薬品は全てネットスーパーで買います。野菜は生協。
    お刺身や魚、焼きたてのバゲットなどは専門店に行きますが。

    共働きで忙しいのもありますが、通勤時間中にスマホで買い物してます。いまどき、ネットで買えない生活用品や食品は無いといっても過言ではないです。


    だから、いまの現役世代が高齢になる頃は、トピ主さんが見たような老人は少なくなるかも。

    いまは、レンタルDVDもわざわざ借りに行かずとも、オンラインで見れるし、本当に便利ですよね。

    ユーザーID:8222432354

  • 子供が優秀に育つとそうなる確率アップ

    私も主人も地方のさらに田舎出身です。

    お子さんが成績優秀だと、ほぼ就職して転勤族になり、
    そうなります。
    家を買ったとしても、本社・支社に近かったり、新幹線でアクセスしやすい主要都市近郊になります。

    電力ガス系の地元優良企業に就職しても、複数ある営業地点を転々とします。
    公務員でも、優秀だと県の総合職になり、転勤をした挙句、本庁に通いやすい県庁所在地近郊に家を建てます。

    お子さんが田舎で高校をそれほど優秀ではなく卒業されると、
    こてこての地元企業に就職し
    もれなく子供の方から同居希望がでますよ。

    ユーザーID:2564044232

  • 宅配サービスと通信販売。

    65歳以上の高齢者が人口の三割を占める、地方小都市で暮らしております。
    私は五十代、八十代の父親と二人暮らし、日常の買い物は私の担当です。
    全国展開している大手スーパーと、地元密着型中堅スーパーをよく利用しますが、両者とも二年前から宅配サービスを開始、サービスエリアや内容は拡充されつつあります。
    通信販売もよく利用するようになりました。
    それなりに自衛できると思います。

    ユーザーID:2625511054

  • よくわからない

    たくさんのビールや食材をよろよろしながら老婦人が
    買うのをみてお盆で
    子供が帰省するのだろう、と想像するのはわかりますが

    それで年をとっても子供に頼れないんだなと
    思うのはなぜ?

    そんな買い物、その年齢でその体調だったら
    子供にやってもらうのが普通なのに、って意味でしょうか?

    でも子供達を精一杯もてなしたいんじゃないの?
    帰ってきてくれて嬉しいんでしょう
    お金があってもその手の方は老人ホームで三食出してもらうなんていやなのでは?
    自分の為だけに買い物をしたり料理したりはむなしいものです
    特にこの世代のご婦人たちは家族や子供のために尽くすのが習い性で
    やってあげるのが生きがいだったりしますよ

    同居近居を強制したり、
    嫁や婿に忠誠を強要するのは間違えていますが
    大人になった子達に相談したりはいいのでは?

    私も50代で、都会に住んでいますが
    70代ぐらいだと皆さんすごくお元気ですよ
    ジムで体を鍛えて自治会の仕事をしたり忙しい子供の代わりに
    PTAで活躍していたりします
    重い買い物はネットで届けてもらう方も多いです

    ユーザーID:0831920348

  • それって「現実」?

    パッと見、お気の毒に見えたのかもしれないけど
    ・慣れた土地を離れたくないと自分から子どもの世話になるのを拒否している
    ・過去に何かやらかして疎遠にされている
    ・普段は近居の子どもが面倒を見てくれているが、お盆で帰省する子ども家族のために張り切って自分で買い物に来た
    などなど、いろいろなパターンがあると思いますけど。

    >年老いても、子供には頼れない現実・・・
    「現実」ですか?あくまでもトピ主さんの「想像」でしょ?

    耳の遠いお年寄りが一人でたくさんの買い物をしているのを見ただけで「子どもに頼れないお気の毒なお年寄り(親の面倒を見ない冷たい子ども世代)」と断定するのは、あまりに安直だし感傷的過ぎるのではないでしょうか。

    ユーザーID:2769082204

  • わかります

    私も 50代女性です。 大学進学で上京 そのまま 就職 結婚しています。

    実家は 田舎なので 主さんのトピが 実感できます。
    結局 子どもは 進学 就職で 出て行くんで 老いた親だけで暮らしてますよね。

    東京に限らず 大阪や 名古屋みたいな 地方大都市では 子どもが地元にいるケース多くて羨ましいです。

    そう思って 東京に住み着いた私ですが 子ども2人とも 仕事上 ずっと東京には 戻れません。
    だから 私も 老いて 子どもには頼れずですね。
    世話になろうとか思ってないけど 居ないと同じような暮らしってのが なんとも 心細いです。

    ユーザーID:0022360833

  • 子供は頼れません。

    子供は親からむしり取るだけです。


    1年に1回2回顔見せるだけで
    親孝行してるつもりです。


    まして息子は余計です。
    嫁の実家は大事らしいですよ。

    ユーザーID:6787882243

  • わたしも50代ですが

    子どもに頼るのがわりとノーマルだった時代は
    社会福祉が今ほど整備されてなかったですよね
    だから 子どもも引き受けざるを得なかったわけで。

    今はいろいろ精度があるのですから 安易に子どもをアテにしないで
    背筋を伸ばして老後に備えましょうね。

    ユーザーID:0499395486

  • ぴんぴんコロリ希望

    介護をうけないで入院しないである日コロリと逝くのがいいのです。

    人の手をわずらわせないですむから。

    延命治療といって手術したり植物状態で生かされるのは

    魂にとって何の意味もない事です。

    人は生きて修行するのが目的なのですから

    終わったらさっさと帰るべきなのです。

    ユーザーID:1159573576

  • 可哀相ですか?

    たまたま大変そうなところを見たのだと思うのですが、
    私にはそんなに悲惨な感じが受けないのですが…

    そのおばあさんは、
    子供たちが帰省するのを楽しみにいろいろ買い込んでる訳ですよね。
    そして、顔を見せに来ようという子供たちがいる。
    けっこう幸せなんじゃないですか?
    一人のほうが悠々自適って人もいますよ。

    これが、子供たちも一緒にいて、あれ買ってこれ食べさせろ
    会計しろ荷物も持てって言う場面なら胸が痛くなりますが…

    ユーザーID:7969997660

  • 明日の我が身です。

    3人の息子の父親です。彼らは全員30代で、東海、関西、関東にそれぞれ住んでいます。高校を卒業した時点で家を出ています。私自身大学や職場の関係で故郷を出ています。

    退職後、夫婦二人だけの生活が続いています。私は体が自由に動きますが、妻は脚の関節が悪そうです。経済的には恵まれていますが、先を考えると少し心配です。体が動かなくなったら、どうしましょう。

    先を考えても、答えが返って来ません。今を元気よく過ごせれば良しです。明日は長男家族、二男家族が遣ってきます。妻は嬉しそうです。

    ユーザーID:1315843763

  • そうみたいですね

    子供のいない80代の伯母が亡くなって、
    相続関係者が集まったら、伯母の妹80代も、
    亡くなった伯父の妻80代も子供がいるのに、
    一人暮らしでした。

    70代位に見える不動産屋の女性も、一人息子さんが
    遠方にいるので、その内一人暮らしになるだろうと
    言っていました。

    サリーさんは親孝行だと思います。
    通院の付き添いって、自分の病気で待合室で待つのも
    イライラするのに、人のはとても無理ですわ〜
    一日潰れちゃうし…

    でもまぁ、最後まで、手厚く世話してもらいたいという願望自体が
    欲張り過ぎのような気もします。
    死なない人はいないし、老後も永遠に続きませんから、
    気楽に考えましょう。

    ユーザーID:7116269026

  • それは

    子を思う母心(祖母心)でしょうね。

    「なにもしなくていいから、久しぶりにそっち(県)の食べたいものをどこかスーパーで買って行くからね」と言っておいても準備してあるんですよね。

    逆に「何か食べたいものとか欲しいモノある?」って聞いても
    「なんせ気をつけておいで〜」しか言いません。

    到着早々、冷えたビールと漬物樽から出したての大好物のツヤツヤの茄子も器に山盛り出てきます。


    ああ、早く帰りたいなぁ。

    ユーザーID:7513314741

  • へんな解釈・・・

    帰省する子や孫のための買出し→子供には頼れない

    ??

    お盆なのに誰も帰省して来ないくらい疎遠だから
    頼れないというなら話わかりますけど。
    子や孫たちが来るから頑張って買出しに出てるんでしょ?

    勝手に哀れんでいるようでなんだか失礼ですよ。
    ヨロヨロだとか手が震えてるとか・・・
    そうだとしても一人で買い物をする。
    立派じゃないですか。
    私は自分もそうなりたいと思います。

    ユーザーID:5738484000

  • それぞれができることをする

    ヨタヨタしてたって、耳が遠かったり
    シルバーカー使ってしか外出できなかったり・・・
    っていいますけど、当方(術後、自宅療養中、50代女)に言わせてみたら
    外出できるだけいいよな、って思います。

    少々ハンディがあっても、それが社会参加であったり
    運動、機能保持のための動作であるならば、
    子どもを頼って買い物をさせるよりいいんじゃないか、と。

    老人だからって人によっちゃあ同情されたくないだろうし、
    私だったら生きているんだから、最低限度自分で出来ることはしよう、と
    思います。

    灼熱下、リュック背負って買い出ししてますよ。
    (これはリハビリにもなるので)

    子どもに頼ろうとしたら、信頼関係や財産、ということですよね。
    頼れないんだったら、どうにかして自力でやるしかない。
    見栄えがどうであれ。生きている限りは。

    感傷的になっている場合じゃないんですよ、私なんてとくに。

    ユーザーID:1644208276

  • 盆正月に

    帰ってくる人がいるだけましなんじゃないの。

    ユーザーID:4417738427

  • 同居が幸せとは限らない


    義理の父は、京都在住です

    元名誉教授で、90を超えた今も、市バスを使い、美術館へ図書館へと
    その知的欲求は衰えることはありません
    大体、1本で行けるので、よろよろしながらも身軽に行っているようです
    その上、時間があれば、趣味の古本屋巡りをしています

    私たちは、東京近郊に住んでいます

    もし、この義父を引き取り、同居したら、義父の楽しみはかなり制限されてしまう

    上野には、美術館博物館が集まっていますが、自宅は、最寄り駅まで徒歩20分、
    上野は、電車を乗り継ぎ小一時間
    バスて一本の生活とは、利便性が全く違います
    生活圏に、学術書等を扱う古本屋は、ありません
    そういった意味で、東京は広すぎます

    義父の楽しみを考えたら、こちらに呼ぶことの方が、残酷です
    幸い、頭も足腰もしっかりしているので、なんとか一人暮らししてもらっています

    私たちは、娘が一人

    老後頼るつもりはありません

    大学生になったので、今後、精神的にも経済的にも自立するよう、
    きつく言っています

    ただ、最期の時、この子に世話になるかもしれない
    それは、仕方のないこと
    拒否するような育て方はしてないつもりですが

    ユーザーID:5456401172

  • 私は田舎住まいだから

    トピ主さんの感じた事、理解できます。
    確かに、年老いた体で買いだしは大変だものね。

    田舎は、なかなか思うような仕事がないから、子供たちは離れて暮らす・・仕方ない事ですけどね。
    今回お見かけした方は、帰省する子供たちをもてなそうと思ったのかもしれないけどね。
    頼らないのか、頼れないのか、遠慮して言えないのかは分かりません。

    私は親に付き添って、病院によく行きますが、医師や看護師の説明も理解できない高齢者も増えていますね。よく「1人で来たの?家族は一緒に来れないの?」と言われている光景を見かけます。頼らず生きていこうって事も大切だけど、高齢になれば認知機能はどうしても低下しますから限界はありますよね。

    ユーザーID:9629914529

  • うちの母は88才

    トピ主さんの言わんとすることは解ります。

    が、私の母も田舎で一人暮らし。88才です。
    足腰は弱くなりましたが、村の小さな商店(何でも屋さん?)は品物が古いから、と、たまにリュックサックを背負ってバスに乗り、スーパーに買い物に行っているようです。

    私が帰省する時は、早めに伝えるとトピ文のように一人で買い出しに行くと思われるので、毎回、前日夜に伝えますが(買い出しは私が帰省してから車で毎回行く)、それでも、布団を干したり、迎える準備をしてくれています。

    何人かの人が仰有るように、迎える準備が楽しい、嬉しいらしいです。
    また、都会の私の所に来るより、生まれ育った田舎で気楽に暮らしたいとのこと。
    誰に気を使う事もなく、自分のペースで生活しています。

    我が子に頼らない生活を選んだとはいえ、近所の親戚の人に気遣ってもらったり、たまにスーパーに車で連れていってもらったり、助けて頂いています。
    孤独ではないように思えます。

    そして私も老いたら、母のように、凛と暮らしたいと願っています。

    ユーザーID:5402421694

  • 私はそうなりたいけど?

    私も同じ年代です。

    どういう事情かわからない他人の行動を見て思う事は、多分自分が「こうでありたい」という思いを反映してると思います。

    貴方は「子供に頼りたい」と思ってらっしゃるのですね。

    私はそうは思っていません。
    自分で買いに行けなくなる事ほど悲しい事は無いと思います。

    私は死ぬまで動ける状態でいたいので、体も頭も鍛えるつもりで買いに出たいと思っています。

    なので、そういう状態のお年寄りを見たら、
    「自分も頑張ろう!」とは思いますが、憐れむことは無いですね。

    日頃の考えが他人に投影される…。あらためて感じられて面白いです。

    多分、実母は貴方と同じ考え、姑は私と同じ考えだと思います。
    実母より、姑との関係の方が上手くいってます。

    ユーザーID:9061664292

  • 頼れない…?

    トピ主さんはスーパーでおばあさんを見て悲しくなっちゃったってことですよね?

    よく分からないんですが、親がそんな高齢だったら普通は子ども側が「全部自分たちでやるから準備はいらないよ」って言いますよね。
    おばあさんは多分それを断ったか、そういわれたけど自分でも準備したいから買い物をしていたのでは?
    同居してもらえないから可哀想ってことなんでしょうか。

    私はこのトピを読んで、親はいつまでも親として子供の世話をしたがるのだな、と思いましたよ?
    自分がいくら高齢になっても足腰が弱くなっても、子供もいい歳の大人になって心配する必要がなくなっても、それでもやっぱり心配して、帰ってくるときにはもてなして世話をしたい、そう思うのが親なのだろうな、と。

    そのおばあさんも「準備が大変なのよ〜」と言いながら心の中ではお子さんたちの帰省を楽しみにしていると思うのですが、それって可哀相な事なんでしょうか。

    ユーザーID:4708524164

  • 敷地内同居なので頼られっぱなしですが

    物理的にはやむを得ない、人の道と思い手助けして来ましたが、そのうち精神的にもべったり「私だけ」に依存するようになりました。

    「寂しい」「構ってくれない」「貴方は冷たい」あの、独身ひとりっ子が実の親から言われるのは他に対象者が存在しないので「自分だけ」でも仕方ないですが、貴方は実の息子2人に嫁ももう1人いるでしょう?

    私以外の3人は、夫のように親と喧嘩ばかりだったり、義弟夫婦のように親の事は兄嫁任せで他人事でも、姑は何1つ言いません。寂しければ義弟嫁に電話して甥の写真でも送って貰えばいいのに、絶対に行動に起こさず、私に「寂しい」「退屈」「つまらない」と連発するだけです。

    しかも物理的に同距離で血縁が近い夫にも言わないんですよね。「ウザイ」とすぐに怒鳴られるから。私は言いなりにはならないものの、怒鳴りはしないので何とかなると思うんですかね。

    繰り返しますが対象者が4人いるのに、1人の嫁だけに「貴方だけが頼り。見捨てられたら生きていけない」と半泣きで訴えるってどうなの。親にだって言われた事ないんですけど。

    ユーザーID:5609350114

  • ???

    私は還暦女です。
    母はもうすぐ90歳で一緒にスーパーに買い物に行きます。
    母は母で自分のほしい物を買い私と母は別々にレジに行きます。
    確かにお金をレジに渡す時の母の手はゆっくりであり震えています、
    だからといって不幸ではないと思います。
    自分で買い物にいける有難さを言っています。
    主さんが見た方は不幸なのでしょうか。
    手が震えても自分で買い物が出来る事を
    いつも感謝しているかもしれません。
    いいえ、出来ることを喜んでいるかもしれません。
    主さんの目から見た方が惨めに見えたなら
    それは主さんが子供に頼る気満々なのだと思いますよ。
    私の母は同居していますが
    自分で出来る事は自分で尚且つ頼まれた事は
    喜んでしています。

    ユーザーID:7033877438

  • 子ども世代には頼れないかな・・・

    地方の県庁所在地に住んでいます。もうすぐ50歳女性(既婚、子どもあり)です。
    スーパーで、盆正月に見る光景・・・
    トピ主さんのような光景と同時に
    孫を甘やかし放題の祖父母で・・・
    前者の(一人買い物)お年寄りを見ると
    応援したくなります、頑張っていらっしゃるな〜って。
    後者な場合、「孫が可愛いのは分かるが最低限の注意して!」ってなります。
    私は優しい(甘い)ばあちゃんにはなれないかもしれないとは思います。
    まだ、子どもたちは結婚する気配すらありませんけどね。

    ユーザーID:8665473655

  • 楽をするのが幸せではない

    以前同じような光景を見て暗い気持になったことがあります。

    でも最近考えが変わりました。例え覚束ない足取りでも、自らを恃んで買物に行くというのはすごいと思います。少なくとも施設に入ったらそういう経験はできませんよね。

    家督制度があった戦前は同居世帯が多かったけれど、それが廃止された戦後だとどれだけの家庭がうまくいっていたのかと思います。

    戦前は小作人と地主、下町と山の手など身分差や地域差のあった社会なので継げるような家督がある家は一部ですよね。古き良き時代というのは一部の階級を支える人びとにとっては苦しい部分もあったと思いますよ。

    問題山積の世の中で嫌になりますが、昔に比べれば伝染病で死ぬ人も激減したし、或る日突然赤紙が来ることもないですしね。そんなに酷い世の中でもないのかな。

    ユーザーID:1042502192

  • そう??

    実家は今は父と母の2人だけど、いつか1人になっても姉も私も30分以内だし
    一緒に買い物とかいくだろうから心配してない。
    それに私の娘も免許取ったら勝手に連れていくだろうし・・・。

    方や、同居中の舅・・・。絶対に一緒に行かない。
    同じ屋根の下で暮らしてる安心の代わりに、身体・金銭面では絶対に対応しない。
    その分、実家にしたいから。
    それでこそ同じ親孝行になるだろうしね。もちろん夫がするのは構いません。

    ユーザーID:4390453833

  • トピズレですが、少し建設的に考えてみる。

    私もテレビでも限界集落に住むお年寄りをみて、切なくなってしまう一人です・・・


    自分自身は将来ひとりきりになるリスクを減らすべく、都心に家を買いました。
    子供が成人した後、なるべく近くにいられる「可能性を増やすため」です。
    就職した後実家から通えたり、子供自身の結婚後も、場所が便利だからと
    私を頼り近くに居を構えてもらえるように・・・


    結果、子供が違うエリアに勤務になったり、この場所を選ばないのはそれはそれでかまいません。
    またあまりに自立しないようでしたら叩きだすつもりでいます。
    あくまで可能性の問題として、都心に家を買いました。

    もちろん、世の中にはいろいろな事情があって地元を離れられない人も沢山います。
    我が家は、来年義両親を呼んで同居することにしました。

    ユーザーID:5187420961

  • 子供に頼りたくても頼れないようで

    うちの近所に、80代女性が2世帯住宅で住んでいますが
    子供に頼りたくても頼れない事情があるらしくて
    私に買い物とか頼みたいらしいです。

    若い世代の人は、年寄も自分でできるのが
    幸せだと、自分に都合のいいような解釈で
    満足していますが、赤の他人にしわ寄せがきても
    困るんですよ。

    ユーザーID:1352059188

  • 自分が役に立つという喜び

    若い時には見えなかったことですが、
    いくつになっても誰かの役に立つという実感は喜びであるということ。

    子供や孫のため、準備する、
    少々大変そうに見えても、
    きっと幸せも含まれていると思います。

    ユーザーID:2034860294

  • 息子達を歓待する準備では?

    帰省してくる息子達を歓待したい、その準備ではないのですか?

    親の見栄でしょう。

    「頼れない」と断定するのは如何なものか。


    私はお年寄りに囲まれて育ちましたので、彼らの気概・見栄・寂しさ・不安は良く分かっています。
    その上で、申し上げますが、いくつになっても親は子供に対して見栄を張りたいものです。「自分は介護なんて必要ない」「矍鑠としてると言われたい」その願望は「息子・娘に優しくされたい」よりもはるかに大きいんですよ。

    一方的に「可哀相」と決め付けるのは逆にお年寄りを差別していると思います。

    ユーザーID:6913398794

  • 人それぞれですよ。

    訪問介護の仕事をしています。
    体さえ動けば、買い物ぐらい一人で行きたいと願うお年寄り大変多いです。
    帰省してくる子供とその家族のためにあれこれ迷いながら買い物するのも、
    生活にハリを与えるので、本人が嫌がってなかったら、問題ないです。
    子供に頼りたいのに・・と思っているお年寄りも多いですが、
    同じくらい子供に頼りたくないと思っているお年よりも同じくらい多いです。はたから見たら、危ないと思う足取りで買い物されているお年よりも、
    買い物を楽しんでおられる方大勢居ますよ。

    ユーザーID:2251118314

  • あまりかわいそうって思わないで

    孫や子の帰省が嬉しくて、本人は楽しんですすんで買い物をしているかもしれない。

    見た目がヨボヨボでも、人に頼らず自分の事は自分でやるんだ!という人かもしれない。

    一方で、外に出れば心ない人に嫌な目に遭わされているかもしれない。

    本当に親族に邪険にされているのかもしれない。

    他人からはやることなすこと「かわいそう」といらぬ眼差しを受けているかもしれない。

    本当のことはわからない。ただ、強くあれ、頑張れ!とエールは送りたくなる。

    ユーザーID:1169535920

  • 都会にいても

    確かに都会に住むと大学生になっても家から通いますし
    子供が家を出て行く日は少し後延ばしになるかもしれません

    でも結婚して別居すれば結局は同じですよ
    毎日買い物を手伝ってもらえたり
    病院にいつでも連れて行ってもらえたり
    そういう恵まれた人ってこれからは少ないと思う
    共稼ぎが主流だからね

    娘が働いていて孫の世話ができるって幸せかもしれませんが
    若いママの中で一人公園デビューとか
    幼稚園の遠足についていくとか
    私の子の幼稚園時代にもそういうお婆ちゃまいましたが
    すごーく大変そうで羨ましいとは思わなかった
    それに孫もすぐ大きくなって塾だ部活だと忙しいから
    よりつかないし

    老後の生活で正解はひとつではないですよ
    私は都会のマンションに住んでいますが
    耕す土地があって野菜を作れる田舎の方が
    羨ましいなと思う事もありますよ
    徳島の田舎の小さい町?で高齢者が葉っぱビジネスで小遣いを稼いでいる例も
    ありましたね
    とても羨ましい生活のひとつだと思います

    ユーザーID:0514343451

  • 私の老後は

    私は一人娘に頼れるとは思ってません。

    娘は親に尽くして貰うのは当然だが、自分は親なんかに尽くす気など
    サラサラないのは、もうよく分かっています。

    老後資金を確保し夫亡き後は、独りで生きる覚悟です。

    自分がヨボヨボの老人になったら、娘夫婦達の為にヨロヨロと買い物など
    行かないと思います。

    ネットで注文するかデリバリーか外食。
    いや、食事などしてもらわずケーキとお茶位で帰って貰います。

    そこまでして娘に尽くす事はないでしょう。
    お互い様です。

    冷たい親ですかね。

    ユーザーID:2529979804

  • いいたいことはわかりますが

    義母は主婦の鑑、良妻賢母の素晴らしい人です。
    気配り完璧、嫁の私にも優しい。
    しかし極度の人見知り。外部サービスを利用することを拒否します。

    酷暑の中、自転車で遠方のドラッグストアまでアイスコーヒーのボトルを買いに行きます。
    チラシで特売だったから。私たちの訪問に備えて。
    重いボトルを何本も荷台に積んで帰ってくるんです。
    本人は元気なつもりですがこちらはハラハラします。

    何回、生協の個配に入るよう勧めたか。
    何回、そこまで節約しなくても十分暮らせるでしょうと説得したか。
    何回、遠方へは自転車じゃなくタクシーに乗ってくださいと頼んだか。

    義母の世代はお金があってもなくても節約が美徳。
    義母の性格だと、生協の配達員との週一度のやりとりでさえ気後れする。
    義母にネット通販は無理。

    結局やりたいようにやってっもらうのが義母の精神衛生に一番いいのではないかと、見守る態勢です。

    私たち夫婦は子どもがいないので老後は自分たちで何とかしないといけません。
    外部に頼ることも人間の器量だなと思います。

    ユーザーID:9643200362

  • そうかな。

    自分で出来るうちは、自分でやった方がいいんじゃないですか。
    自宅でじっとしてるより、買い物に行って、一言二言でも人と会話した方がいいかもしれないし、
    外の空気吸った方がずっといいと思いますけど。

    何でもやってあげるのが、愛情親切ではないと思いますね。

    それよりそう言うよぼよぼの人でも邪険にされずに、買い物出来たり
    安全に外出出来るように周りが理解、協力してあげる方がずっといいと思いますけどね。

    ユーザーID:0460832039

  • へっ?そう?

    死ぬまでそのおばあさんのように生きたいです。

    盆正月になると自分で買い物に行って、子供たちをもてなそうとしてるんですよね?

    私も50代ですけど、手足が動かなくなって寝たきりになるまで人の世話になるのはまっぴらです。

    手足が動くけれども、もてなすのはしんどい・・という形になったら「もてなせないから食べるもの持ってきて」だの「ネットや電話で頼む」だの、という形をとります。
    それを渋るような子供に育ってたり、それをヨシとしないような配偶者と結婚したというならそんな子供に何かしてもらうことは余計ないです。

    とにかく気を遣うタチなので、ふるえる手だからと誰かがいちいち付いてやってくれるなんてことになるかと思うとゾッとします。
    足取りがおぼつかなくたって歩けないわけじゃなくて歩いて行ってんだからほっといてほしいわ。

    と私なんか思います。まだ子供が1人残ってますけど、さっさと出ていきゃいいのにと思ってますよ。

    ユーザーID:0055030613

  • 年老いても子供に頼れないお年寄りの存在に気づいたのは

    年老いても子供に頼れないお年寄りの多さに気づいたのは、震災の時の仮設住宅の存在です。たいていのお年寄りには子供さんがいらっしゃるでしょう。でも、子供さんを頼れずに高齢者が仮設住宅にあんなにたくさん住まわれていらっしゃる。暑さ、寒さ、カビ、狭さ、色々な問題のあるあのような住宅に何年も、、、。

    戦前は長男が本家を継いだ。大きな家で空き部屋も多かったでしょう。身内の非難場所になったでしょう。長男が一人家を相続する代わりに、身内に何かあったら助けていたのでしょう。今も家は残っているでしょうが、時代が変わって、避難場所にはならないのですね。何かいい案がないでしょうか。

    ユーザーID:3534611353

  • 心の中までは、わからない。

    う〜ん、
    そのおばあさんは、足取りがおぼつかなくても、自分で買い物に出られることがうれしいかもしれない。

    子ども家族が帰省するためにスーパーで食材を買うことが、うれしいかもしれない。
    これが毎日たくさんのビールや食材を買って、炊事が毎日の必須義務だったらたまらないですよね。
    たまに帰ってきてくれる、「元気かな〜」と思いを馳せられる身内がいて、幸せですよ。

    こういう光景を見たら、私だったら、
    「息子さんの帰省の準備ですか。重くないですか?運ぶのお手伝いしますよ。」
    と言って手伝うと思います。
    そうすると、多くの場合、「息子は兵庫にいて孫は4歳の女の子で。。。」と教えてくれなくてもいい個人情報を、喜々として教えてくださいます。
    遠くで頑張っている身内に会うのは、うれしいものですよ。

    違うかなあ?

    ユーザーID:8289989001

  • 私の祖母のこと

    私、結婚まで祖母と同居してました。
    伯母達(祖母にとって子供)がお盆に来てくれるとき、やっぱり祖母は近所のスーパーに伯母達の好物を買いに行ったりしてましたよ。
    母と祖母は比較的仲は良かったですけど、相当動けなくなるまでは祖母は自分で行ってましたね。
    祖母が言ったんだそうです。
    「わしは年取っても自分の事くらいいはできるから自分でやらせて」って。
    だから食事は母が作るけど自分の食器は自分で洗ったり。
    仏壇のお供えとか自分の意志でやりたいことは自分でやってました。
    それでいいんじゃないかな。
    年寄りでも意志があるわけだから。
    なんだか祖母の事思い出しちゃった。亡くなって5年経つんですが。
    誰かの為に何かするのって嬉しいみたいですよ。
    まあ。。。トピ主さんの見た方がお子さんたちに金品巻き上げられてるとしたら悲しいけども。そうでない事を祈ります。

    ユーザーID:0224392627

  • なぜそう考えるのか…

    たまたま見かけた見ず知らずの高齢の方が、たまたまこの時期に大量の買い物をされていたから、帰省して来る子どもの為の買い物だと想像し、ヨロヨロして憐れだと言わんばかりの見方をする…なんだかとても失礼だと感じました。
    が、地方在住であれば、子どもが都会へ出て行くケースも多いでしょうから、ご自分の将来を見たようで悲しくなったのでしょうね。
    もしかしたらあなたも、同じように大量の買い物をしていたのかも、帰省する子どもの為に。

    出来ることなら子どもに側に居て欲しい、老後は頼りたいと日々お考えなのでしょう。けれど嫁の立場の気持ちもよく分かる。
    複雑な心境なのですね。

    年老いて子どもに頼れない現実が待っていると浮かない顔をするよりも、老いても子どもに頼らないようにしよう!と考えませんか?
    私も同じ50代です。

    ユーザーID:4859369693

  • ん??そうか??

    おばあちゃん、がんばってていいじゃない。
    私だったら、微笑ましいとエール送るけどな。
    私もできるだけ人に頼りたくないから。
    がんばってる人を見ると、うれしくなるな。

    ユーザーID:9423951961

  • いいなと思いますけど?

    四の五の屁理屈つけて帰省しない子供じゃなくて幸せでしょう? 体はヨロヨロしてても、心はウキウキではないでしょうか。

    ユーザーID:5578139804

  • 憐みの目でみるべからず

    高齢になっても歩けるうちは歩かないと、どんどん機能が落ちてしまいます。自分でできる事は自分で、が結局本人のためです。
    他人から見て「よろよろ荷物持って歩いてかわいそう」なんて失礼なんですよ。

    そのかわり何か頼まれた時は受け入れて差し上げたらいいのです。

    いざとなったら介護保険を使って、ヘルパーに買い物を頼む事もできますから大丈夫ですよ。

    ユーザーID:6470673466

  • 幸福の尺度は人の数だけある

    今よりずっと貧しかった頃、スウェーデンなどの高福祉国が人類の理想社会だと思われていた時代がありました。

    確かに老後の心配がなくて至れり尽せりだけれど、そこに暮らす老人たちは全然幸せそうに見えないし、また自殺率が高いというのも子供心に不思議でした。

    あれから何十年。人生色々経験すると当時あの番組をみて不思議だと思ったことが自然に理解できるようになりました。

    人間は傍から見てそれがどんなに良いものでも与えられた環境にはあまり感謝しない。反対に過酷と見えるような環境でも自分で選択したものであれば幸福だと感じるのだということです。

    こうでなければ幸せでないとか、他人や国家の尺度で自分の幸せを測られたら堪らないと思います。なるべく選択肢の多い社会が豊かな社会だと思いますよ。

    ユーザーID:6175314275

  • 出掛けるときは身ぎれいに

    ヨボヨボしていると可哀そうな年寄りに見られるんですね。気を付けないと。
    子供たちが帰ってくるのに自分のお金で準備していて、一生懸命なんでしょう。きっと幸せだと思いますよ。

    荷物を持つのをお手伝いしましたか?いろんな人が親切にしてあげればきっと楽に生活できると思いますけど。

    69才の私としてはすぐ来る未来ですから、ネットショッピング、カードでの支払いなどを検討していきたいと思っています。でもたまにはヨロヨロっと買い物に行きたいな。その時にはよろしくね。

    ユーザーID:3298203090

  • 自分で買い物できる幸せ

    私ももう死ぬことがいつきてもおかしくない。
    最後まで、買い物して自宅で暮らしたいと、切に願う。
    今はおかずも売っているし、体さえ不自由にならなければ何とかなる。

    事実周囲には90歳越えても、腰を曲げて買い物して、一人暮らしの方がいる。
    それも少なくはない。男性でも、元大工の方は腰も伸びて、スーパーで見かける。
    目はいいようだが、耳が遠くなる人が多い気がする。

    いいなあ、人生の先輩を見習おうと思う。
    血管を切れないように気をつけた食事をして、子供や孫が時折来てくれたらもてなそう。

    動けるままに長く生きると、案外老衰で死ねる気がしている。

    いまは高齢者は生きやすい時代だ。介護制度もある。

    年配の方を見かけたら、がんばって、とエールを送ってください。

    ユーザーID:0139625489

  • やっとわかるようになりました

    田舎ではとくに買い出しをするにも、お年の召された方には結構こたえることなんだと思います。

    50近くになり実際、元気とはいえ、両親の体力が年々細くなり、足元に危なっかしさがみられてきました。
    時々、暑さや疲れから本音がもれます。年齢からくる心身がいつまでもつかの不安です。

    それでも、親というものは子供のために何かしてやりたい一心で親なりに気を使うんですね。ありがたいです。


    親不孝者ですが、それなりに少しは楽にしてあげられたら…と思いました。

    ユーザーID:2231116838

  • 何が幸せか

    同居する事が幸せだと限りません。そのお年寄りが自分の健康を考えて一人で買い物をしているかもしれません。子供がいても遠方にいたり、頼れない状況かもしれません。

    一番頼りになるのは自分の足です。健康であれば何でもできます。頼りっぱなしのお年寄りは、自分の事も出来なくなって厄介者になるのではないでしょうか。

    ユーザーID:9645088204

  • お年寄りと暮らした経験がないから

    そんなふうに思うのです。私はトピ主さんの気持ちがよくわかります。
    私は曽祖母、祖父母と一緒に暮らしました。80代になると腰がまがり身体のあらゆるところにガタがきます。90代になると動くのが大変です。そんな姿を見てきました。
    いまは昔と違って、嫌なもの、理解できないものには距離を置く時代です。貧しくても家族や親族、地域の人たちと楽しく暮らしてきたお年寄りの諦めは如何許りかと思うのです。
    そのお婆さん、辛い身体で家族のために買い出ししているのです。人としての情があるなら家族手伝えよ!と思いましたよ。

    ユーザーID:8491432612

  • あまり頼りすぎるのもよくない。

    なんでも人を頼りにしすぎるのは良くないですよ。
    若いときと違い、動かないとどんどん動けなくなります。
    それに、その方は自分の意思で買い物に行かれているのでは?

    ユーザーID:9107073154

  • 幸せだと思うんだけど…

    トピ主さんが思っているよりも、そのおばあさんは幸せだと思いますよ!

    たくさんの食材とビールを買い込んで、帰省する子供一家におもてなしするのは物凄く大変だけど、子供が喜んでくれるようにって頑張るのって、幸せじゃないですか。

    トピ主さんの見方がちょっと意地悪ですね。

    ユーザーID:1137695015

  • 幸せかそうでないか

    ではないんじゃないか…と思います。トピ主さんの言ってることは。

    ご老人の身体の辛さが少しずつわかる年齢になり、また家族に対しての気持ちもわかるようになったうえでの、自分もいずれたどるであろう姿に感慨深いものを感じただけなんだと思うんですが?
    違うのでしょうか?

    ユーザーID:2231116838

  • なんで?哀れ?

    私の祖父母は、90代前半まで、老夫婦で暮らしてましたよ。
    二人そろっていたのは幸いですが。

    もう限界かなあってことで、息子夫婦と同居しました。
    それからの暮らしの方が、なんかかわいそうでした。

    決して高齢者いびりされたわけではありませんが、
    以前の家は、老夫婦二人っていう気軽さもあって、
    近所の高齢者の集会所みたいになってました
    (金銭的には問題ありませんし、みんな食事とかつくってもってきてくれたりしてました)

    でも、引っ越してからは、友達もいなくて、
    ずっとテレビばかり見てました。


    うちは、みんな車で30分の距離に住んでて、
    おまけに元の祖父母の家から職場が近かったこともあり、
    数日に一回は顔出してました。

    それでも、お盆と正月は、
    祖父母は張り切って、食材買い込んでもてなしてくれましたよ。

    危ないから、買い物ぐらい子供、孫でやるって言っても、
    あれこれ選んでいるのが楽しいみたいです。
    ものの見方によっては、その方も、うきうきなのかもしれませんよ。

    ユーザーID:7825823498

  • 私も買い物の高齢の女性を見かけました。

    去年の夏、場所は中欧。

    庭の前の歩道を掃除しているとゆっくり歩きの高齢の女性が買い物兼歩行兼イスになるウオーカーを押しながらやって来ました。
    いまだに土地の人たちは挨拶する郊外です。

    毎朝買い物なんです、ほんの一寸だけ。彼女にとっては散歩を兼ねているのです。
    ウオーカーは小さめなのでそのデザインを褒めたら片手でパッと折りたたみ、「TVの広告で見たのよ、息子に言ったらネットで買ってくれたの、私は90歳よ。」との答え。

    近くにはスーパーがあちこちの方向にあり、自転車も多いのですがウオーカーを使う元気な高齢者もとても多いです。
    90代の姑はウオーカーを使わず、元気なのに足腰を弱くしてしまいました。この環境で住めたら違ったかも、という残念な感情が湧きました。意識がしっかりしていて身体が伴わないのは惨めです。

    生き生きと自分で生活をしようとする人を見ていると心が温まります。そういう私は20kgくらいの肥料の袋を車のトランクに入れるのがおっくうでネット注文、配達の人は裏庭まで持っていってくれようとしましたが主人もいるし引きずれば簡単なので断りましたが。楽な時代です。高齢者に動きは必要ですよ。

    ユーザーID:2234369704

  • そのお婆さん、幸せだと思いますけど?

    そのお婆さんには、おぼつかない足取りで大変な思いをしてまで大量の買物をしてでも、もてなしたい来訪者がいるんですよ。

    息子さんですかね。娘さんですかね。
    せっかく田舎に帰ってくるのだから、我が子が昔好きだったものを作って、食べさせてあげたくて、頑張っているんですよ。

    そのお婆さん、幸せだと思います。
    それだけ大切にしている家族がいるなら、いざとなったら助けて貰えますよ。

    子供を無理矢理同居させて、面倒をみてもらおうと思う図々しい人より、余程良い老後だと思います。

    ユーザーID:3169757507

  • トピ主さんのレスは・・

    拝見できないのでしょうか?

    問いかけのトピではないようですが、
    これだけのレスが集まっているのですから、
    (同感も異論も含めて)、
    誠実であろうとするならば、
    やはり返信をされたらいかがでしょうか。

    トピ主さんの考えを変えていただこうとも思わないし、
    集まったレスに対しての感想でも聞きたいです。

    それではよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:3600718858

  • こだわりかもしれない

    いつものスーパー。いつもより多い買い物。

    「買うてきといたでな」「元気やから大丈夫や」

    ソワソワしてまちきれないようです。帰省すると冷蔵庫は満たされています。「そっち着いたら一緒に買い出し行こうね」と言っておいても買い出しは別として「いつものスーパー」でかってくるみたいです

    なかなか頼ってくれないけど、動けるうちは好きにさせておきます。

    ユーザーID:8076145244

  • 本当です。

    私には母親と再婚した70過ぎの義父が居ます。

    息子達は毎年まいとし、盆暮れだけ来て、ビールや焼肉をご馳走になり、お年玉だけをもらい、さっさと帰ります。
    義父には息子が二人いますが、二人とも大手役職で家も立派。一人は車で五分の距離。孫も見せに来ず、盆暮れに来たと思ったら、孫は皆退屈そうに一人一台ゲームするだけ。

    対して本当の娘でもない私の息子は、赤ちゃんの時から「じーたん×2」

    父の日のプレゼントも、私と私の息子、私の妹がやります。
    ま、女性と男性の違いなんだろうけど、義父は長年不満を溜め込んできました。
    そして私達に話しました

    「正直、もう息子や孫には来て欲しくない、あやな達のほうが可愛いし、息子達は強欲。嫌だ。もう来ないでくれと言うよ」て。

    私たちは「えっ!?」でしたが、義父はタカりにだけ来る息子達が嫌いだと言いました

    必ず喜んで迎えているわけではなく、息子だから仕方ないって我慢してる親も居るのです。

    結びつきも私たちと義父のほうが強いしね。

    一般論ではないんだけどね。
    一般的には、やりたくてやってるんじゃないかな?

    ユーザーID:6585574117

  • 今の世の中そうです。

    頼ってはいけないというか頼れません。
    私も子供に頼りません。
    子供も年老いた私に頼られてもというかんじです。
    子供には夢や子供の生活があるし、それを支えるのは私ですが、社会人になってからあのときの恩をなんて思っていません。
    子供を一人前に育てるのは親の義務なので。
    社会人になったらあとはお好きにどうぞ。
    なにかあった時には支えてあげるから、まずは独立しなさいです。

    ユーザーID:5436344249

  • いや、どう情緒的に読んでも‥

    このトピに良い印象は感じないんですけど。

    ひとり買い物する高齢者を惨めに感じているトピだと思います。

    トピに出てきたその高齢者は、
    小町は知らないでしょうが、
    こういう風に書かれて気の毒。
    トピ主さんの親が、
    こういう場所でこんな風に表現されて書かれていたら、
    嫌だと思いますが、
    トピ主さんの親(特に母親)は、
    健在なんですか?

    ユーザーID:6970618572

  • 年老いた親への配慮かも知れません。

    孫の好きな物は遠方に住んで居ると解らないからです、私は帰省した息子夫婦と孫と買出しに行きます。
    勿論支払いは私がしますが。

    子供の為の買い物でも、カートいっぱいの買い物は足腰弱い方には大変かも知れません。
    孫や娘、息子が帰省して嬉しいのと、子供達の食べる買い物を老婆一人に任せるのとは違う様に思います。

    主様も年齢を重ね肉体の衰えも出始め、老婆のおぼつかない買い物姿が気の毒になったんだと思います。
    勿論自分のいくすえを考えての事もあるかも知れません。

    そのお婆ちゃんの息子さんなり娘さんが一言、帰省してからみんなで買いに行こうと言ってくれたら、夕飯の材料持って行くから一緒に食べようと言ってくれたらお婆ちゃんも沢山の買いだしはしなくて良かったかも知れません。

    これからの若い人は親が子供をもてなすのが幸せな事だと一蹴しないで、親の体力も考えて帰省する優しさが必要かも知れません。

    親に元気な顔を見せて、親の元気な姿を見て安心して、帰ってからも電話の一本もする位の配慮が必要でしょうね。

    そのお婆ちゃん帰省した子供さん達と楽しく過せたでしょうか?

    ユーザーID:0594685985

  • そうかな

    帰省する子どもに、「来る途中でビール買ってきて」くらいは、言えるでしょうに。

    外食したっていいんだし、「世話が大変だから、来なくていい」と言ってもいいんだし。

    子どもに負担かけちゃって、来てくれなくなることの方が、大量の買い物より怖いのだと思う。
    好きでやってるのよ。

    ユーザーID:6247419568

  • 毎日の買いだしではないのですよね

    では少なくともお盆には親の事を気にかけて帰省してくれるお子さんをお持ちって事ですよね。

    毎日の買いだしがつらくて行きたくないのに生きるために何とか頑張って行ってますって言うなら近くに手伝ってくれる子供も居ないんだ大変なんだなとトピ主さんの言い分判らなくもないけど、
    お盆の帰省のための準備と言うのならちょっと意味が違ってくる気がします。

    ユーザーID:5813964236

  • 頼るなという人達に言いたい

    ネットでは年老いて子供に頼ろうとする人に対して
    自立しろ、甘えるな、子供には子供の人生とバッシングされてますが
    実際問題、年老いて働くことが出来ず、年金も少なく
    病気や転倒による骨折で入退院を繰り返し
    そんな状況でどうやって生きろというのでしょうか。

    パートナーに先立たれ、自立するつもりで子供と離れ一人暮らししていた高齢者が
    認知症が重症化しケアマネージャーからの連絡で遠方から引越して介護してる子供たちがたくさんいます。
    もしその高齢者があなただったら、自分の意思とは無関係に子供に頼るしかないのですよ。
    まぁ、その必要がないように若いうちに充分すぎるほどたくわえておくのが一番なんですが。

    ユーザーID:2645152268

  • 当事者の高齢者はネットで発言もできない状態

    当事者の高齢者がネットで自由に発言できない状態と
    働き盛りの世代が高齢者のことを憶測で、勝手に発言している状態。

    それだけで、高齢者の置かれている状態に気づけない人たちの
    一人よがりのレスの多さ。

    違和感を感じませんか?

    日本社会は、いつからこのような社会になってしまったんでしょうね。

    とぴに異論を唱えている人たちの、自分たちの将来と現在の高齢者の姿
    を別物と思いこもうとしている想像力のなさに、現実の高齢者を
    見ようとしない姿勢にうんざり。

    ユーザーID:0740118982

  • 想像を通り越し妄想

    今年初め亡くなったけど、ウチの義母もそういう風に見られてたんだろうなって思います。
    とにかく何でも買いだめする癖がありました。
    晩年は足元がおぼつかなくて危ないので毎週末、車で買い出しに連れて行くのに
    その合間におぼつかない足でスーパーにも出かけて山のように買ってくる。
    正月なんか親戚誰も来ないし、ウチで必要なものは持っていくのに
    いつの間に行ったのか冷蔵庫満載の巨大なハムやかまぼこや餅が。
    どーやってこんな重いもの?って量を買い込んでました。
    ウチの母もそうだけど、戦前戦後を生きた人ってやたら多量買いしますよね。
    頼る子が居てもこういう癖を持ったお年よりは多いと思う。
    自分で思ったように大量に買い込むのが幸せというか生きがいというか。
    それを何か勘違いして勝手に哀愁に浸る方もいらっしゃるのね、と思いました。

    ユーザーID:9420925326

  • トピ主です1

    みなさん、たくさんのレスありがとうございました

    このトピはあまり深く考えず、見たこと感じたことを、そのまま書きました

    そのときの気持ちは、一言では言い表せません


    おばあさんはすごく腰が曲がっていて(上半身が床とほぼ水平)さらにコミュニケーションがうまくいかないようなので、一人暮らしだったら、買い物以外も、かなり大変だろうなと思いました そんな人が何本もビールを買っていたので、思わず注目してしまいました

    それを「微笑ましい」と受け止める人もいるんですね。

    確かに子供や孫に会えるのは嬉しい、いくつになってもご馳走してあげたい気持ちもわかります。私もそのとき、都会に住む大学生の子供が帰省するので買い出しに来てました。年齢が違うだけで全く同じです。「嬉しい買い物」確かにその通りです

    でも同時に、人は年をとって、いつまでも元気ではいられないんだなって、しみじみ思いました

    ユーザーID:9545527637

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です2

    田舎なので周囲にお年寄りがいっぱいいます。田舎の高齢者は元気です。70代でもみんなバリバリ畑仕事しています。趣味に励む人も多く、老人同士の集まりも盛んです

    問題は伴侶を亡くしたり、80を過ぎて体が厳しくなってくるあたりからです

    敷地内同居だったり、近くに子供が住んでいて、ときどき手助けができる人はいいんです 子世帯が都会で、盆と正月ぐらいしか会えない人たちは大変そうです

    「一人のほうが気楽でいい」はそれなりに元気で、サポートがある人なら、本心かと思います

    でも多くのお年よりは大家族でに生まれ育ち、嫁として姑に仕えてきた人たちです。
    個人主義とは無縁でした


    でも、私は都会から来た嫁なので、田舎の不便さ、閉塞感をよく知ってます。なので、子供たちが可哀想なので「田舎で親のそばで暮らせ」とは言えません。

    「大変だけど、子供に迷惑はかけられない」これにつきます

    でも加齢とともに、自立も難しくなってきます

    なるようにしかならないのかもしれませんが、おばあさんを見て、ちょっと切なくなったのでトピを立てました

    ユーザーID:2322066719

  • 「頼るな」というレスはなかったですよ

    高齢者よ頼るな!
    というレスは一件もなかったと思います

    >当事者の高齢者がネットで自由に発言できない状態と
    働き盛りの世代が高齢者のことを憶測で、勝手に発言している状態。

    高齢の婦人が買い物をしている姿をみて
    「憶測で」「年老いても子供には頼れない現実」というトピを上げている
    主様も同じでは?

    ですから皆さん、それぞれが自分が考えたことを
    発言なさっているのだと思いますよ

    当事者の高齢者がネットが使えないって
    レスをなさっている方達の中には
    お孫さんがいる方もいましたよ

    50代の方で手術後で体調が思わしくなくて
    「出歩く事ができるだけでもうらやましい」というレスも
    偽らざる本音だと思います

    子供が手助けしようとしても自分がやってきた方法でしか
    生活したくない、自分流をつらぬきたい高齢者も多いです
    皆さん、御自分の体験、老親とのやりとりなどからレスしているのですよ

    他のレスは高齢者に対して冷たい発言が多いのかもしれませんが
    それとこことを一緒にするのは違うと思います

    ユーザーID:0831920348

  • レスします

    自分の悲観した将来と
    勝手に重ね合わせる方が失礼な視点ですよね。

    ユーザーID:4732132751

  • こればかりは

    実際にその年にならないと、実感しないとわからないことあるでしょうね。


    ご年配の方がみたら、また違う見解が聞けるのかもしれませんね。

    ユーザーID:2231116838

  • 二連レス拝見しました。

    後出しのように、
    「上半身と床が、ほぼ水平で、更にコミュニケーションもうまくいってない」
    と書いて、
    (私に批判的なレスの人は)、
    その姿が、
    「微笑ましいんですね」
    とやり返すなんて。

    手伝って差し上げたらよかったのに。
    せめて「お声掛け」。

    そういうの嫌いなんですか?

    否応なく超高齢社会、
    みんなで助け合う時代なのに。

    トピ主さんの親は?

    ユーザーID:6970618572

  • 手助けしなかったのですか?

    そこまで気の毒に思えたら、トピ主さんが持って差し上げればよかったのでは?

    それこそ田舎では助け合い、60代70代がそれ以上のお年寄りを見守るのではないんですか?
    もしかしたら、そのビール、ご自身が旦那さんと飲むのかもしれませんよ。
    配送サービスを知らないなら教えてあげるとか、心で思うだけではね…。

    あら、かわいそう…お気の毒、私の将来かも…、
    そんな暇があったら、自分が動くことですよ。

    我が家は都心ですが、お年寄りはたくさんいます。
    スーパーで会計時に、財布で小銭を探して時間が掛かる場合があります。
    レジの人はゆっくり待ち、時に「失礼します」と言って財布に触れることもあります。
    次に並んでいる人も焦らせません。
    そうやって、温かく見守るのは、年を重ねる順番、ではないでしょうか。

    ユーザーID:4320299838

  • 不思議…

    トピ主さんはそのおばあさんを見て「可哀相に…」と思ったんですよね?
    そう思ったなら、助けてあげればよかったじゃないですか。
    お手伝いしてあげればよかったじゃないですか。

    なぜ思っただけで助けてあげないのですか?
    トピを立てるほど、そのおばあさんが可哀相だったのでしょう?

    誰かが手助けしてあげれば「可哀相なご老人」はいなくなるのに。

    思ってるだけで何もしない人ばかりだから、可哀相なご老人が減らないのですよ。
    お手伝いしましょうか?と一声かけてあげればいいのに。

    ユーザーID:4708524164

  • 息子夫婦が面倒みればいいのにーっていう提言ね

    要はそのお婆さんを見て、自分の将来が不安になったんでしょう。

    あーあ、私も息子しかいないから、きっと老後はあんなふうに一人ぼっちで買い物することになるのかな。嫌だ!
    息子には自由に生きてとカッコいいこと言いながら、息子の嫁さんには夫実家優先の昭和の嫁タイプがいいな。
    どうか未来の嫁が、田舎に戻って自分の面倒みたいと言ってくれる人でありますように。
    ねぇねぇ息子持ちの小町の皆さんならわかってもらえますよね?この気持ち。

    ……みたいな?

    ユーザーID:5961318968

  • 大きなお世話

    一場面だけを見て、あーだこーだと大きなお世話で妄想する人がいるんですね。そういうトピ主は、両親4人と同居して絶対に買い物は付き添い、両親4人が1人で買い物しないようにお世話してるんですか?

    1人で買い物しているだけで【子供には頼れない現実】って随分と視野が狭いし偏見もいいところ。田舎出身の子供は、ずっと田舎に暮らして両親を1人はさせずに買い物には絶対に付き添わないと、トピ主みたいな妄想する人にここまで言われてしまうのですね。怖い怖い。

    ユーザーID:2467383254

  • それは、近所に手伝ってくれる若い人がいないから、でしょ

    昔は近所の若い子が代わりに行ってくれたりしましたよ。
    そういうのは、一代限りだとお互い様にならないけど、長い目で見たときにお互い様なんです。
    引っ越ししても引っ越し先でそういう文化が生きていれば、お互い様は続きます。
    誰でも、血族にだけ頼ってきたわけではないのですよ。

    でも今は、そういう地域の付き合い方はないことが多いですね。
    気楽かもしれないけれど、子供がいようがいまいが、いつか自分に訪れる現実です。

    トピ主さんはそんなに暗澹とした気分になったのなら、ご自分が手を貸してあげればよかったと思いますが、申し出なかったのですか?

    とはいえ、これからの世代はビールぐらいはネット通販で配達してもらえると思いますよ。

    ユーザーID:6840182737

  • 明日は我が身

    てことですね。


    田舎で年寄りが近くにいるのでわかります。


    言葉ではなかなか伝わらないものですね。

    トピ主さま、お疲れさまです。

    ユーザーID:2231116838

  • 同年代だけど

     私はお婆ちゃん1人での買物は微笑ましく、ジーさんの買物姿は侘しく思います。特に生活用品等は哀れを誘う。

     平日の公園のベンチでおにぎり喰ってるジーさん見ると『明日は我が身』と身に詰まされる思いがします。
     小綺麗にしてればしてる程悲しくなる。

     真昼間っから缶ビール煽って焼き鳥でも喰ってる爺の方が生きてる感が強いと思う。

     『子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの、来た道行く道二人旅、これから通る今日の道、通り直しのできぬ道。』
     

    ユーザーID:2205042456

  • 知らない方に声を掛けられても。

    私ならどんなに歳を取っていても知らない方からお手伝いの声掛けがあってもお断りすると思います。
    かえって何か魂胆があるかと用心もします、殺伐とした時代ですから。

    主様が気の毒に思ったことは事実です。
    自分の老後をその方に写して、将来を案じるのも誰も文句は言えません。

    若い人も歳を取った人もこれからの社会は子供を頼れる社会とは程遠いと思います。
    だからお若いお嫁さん達もしっかり貯金して老後資金を貯めておくことです。

    ここでトピ主批判をしても何もなりません、あくまでもトピ主の感想であって
    個人が感じた事ですから。
    若い時には解らなくても歳を取れば見えてくる事もあります。

    何歳になっても足腰しっかり鍛え、人に迷惑かけず頑張るしか無いと思います。

    私は子供に頼らないで生きていける老人は立派だと思っています。
    先人の言う事全部にいちいち反発しても何も残りません。

    ユーザーID:0594685985

  • わかる

    ええ、一人娘の私が都会で結婚子育て、盆に帰省するから
    母は田舎のスーパーでヨボヨボ買い物しているのです。
    せめて県庁所在地は、首都と同レベルの雇用と教育水準があればなあ、、、

    まあ、団塊世代が田舎の長男嫁に老親を押し付けて楽しい核家族ライフを満喫しちゃった以上、
    次世代が下の世代が親のために現在の生活を変えるのは難しいでしょうね。

    ユーザーID:5596311425

  • 一面だけで判断できない。

    多くの方が仰るように、その方は自ら好んで買い物をしているかも知れない。
    でももしかしたら、子供を頼れないのかもしれない。

    子供を頼れないとしたら、何故頼れないのか。
    子供が無関心だから?
    過去に子供とトラブルになったから?
    子供の配偶者を大事にしてこなかったから、いざという時でも避けられているのか?
    いろんな情報・背景とつなぎ合わせて、そこで初めて「可哀想」または「気の毒だけど自業自得」と思います。

    トピ主さんも自分で
    >このトピはあまり深く考えず、見たこと感じたことを、そのまま書きました
    とかいているけど
    物事の一面だけみて感情を芽生えさせることに、不快感を示す方は多いと思います。


    あと子供が田舎に住むのは勇気いります。
    自分も都会から田舎に嫁ぎましたが、老後は都会に戻りたいと思っています。
    これからは子供を頼れないので
    車がないと住めない地域にいると免許がいつまでも返納できない(それは社会に迷惑なこと)、
    葬儀を簡素にしたくても、地域が許してくれない・・等
    都会ならまだしも、自分の老後も考えると、子供にも動けない事情があると思います。

    ユーザーID:6697957474

  • 子どもには頼れない、けど…

    私も、わかるなぁと思って拝見しました。

    田舎のおばあちゃん、というところもポイントかもしれませんね。

    私の実家は、気候も厳しく、病院までいくバスが数時間に1本という地域です。
    一人暮らしのおばあちゃん、結構います。

    なるべく頼りたくない、といっても、何にも頼らずに暮らしていけるような地ではないので、子どもに頼れないとすれば、近所や近くの親せきに助けてもらうしかないって感じです。実母は、そんな感じで、数人の方に何かとお世話をしています。でも、このお世話もなかなか大変なのですよ…。

    頼りたくないのは誰でも同じですけど、かといって、本当に頼らずに暮らせるかどうか。

    でも、そのおばあさん、お子さんが帰省したのでしょうか。お盆に子どもが帰省し、世話になっている近所や親戚に手土産を渡してお礼するのであれば、まだ幸せな方だと思います。

    ユーザーID:5101364110

  • 横にそれてしまいますが。

    高原野菜の産地、標高の高い田舎に叔母は住んで居ました。

    子供がいませんでしたので高齢になってご近所さんからも沢山の恩恵を受けた事は間違いないと思っています。

    でも世の中ボランティアの精神の人ばかりではありません。
    私達の土産にと長いもを1箱買って置いてくれました、市販でも5000円はしないと思いますが一万円を支払ったそうです。
    リフォームの屋根の吹き替えで1000万円、法外な金額です。

    病院に車を出して貰っても、買い物に載せて行って貰ってもお礼のお金は渡したそうです、タクシー代位の金額を。

    一人になり、何時倒れても入院代など負担して貰っては気の毒と思い、近くの亡くなった旦那の親戚に100万円預けたそうです。
    貯金通帳を見ても100万円下ろしてありました。
    その後叔母が入院しましたが、叔母に言われ尋ねたところ100万円は預かって居ないと言われました。
    見舞い金もその親戚が今後の付き合いもあるからと持って行かれました。

    親をほったらかしにしていて金銭を巻き上げられても仕方ない時代です。
    本当のボランティアで頑張って居る人には不本意な事ですが。

    ユーザーID:0594685985

  • 嘆いている場合じゃない!

    しょうがないですよ、男の子しか産めなかったんでしょう?
    これからの世の中は嫁が面倒みることはないです。
    実の息子に頼らなくては。

    でも息子は仕事があります。定年後にとぴ主さんが要介護だったら面倒みてもらえるかもだけど、まだ大学生ということは。。。

    不公平だろうが、実質的に息子夫婦には頼れないのです。
    まだ50代ですよね?まだ間に合います。
    急いで施設の費用を貯めましょう。

    あ、私は老後費用きちんと貯めています。娘は専業主婦ですが、なるべく面倒かけないようにと思って。
    今は娘と育児にランチに楽しいひと時を過ごしています。

    ユーザーID:0087236616

  • トピ主です

    一部の方は私が「男の子の親」と思っているようですが、私には男の子も女の子もいます。

    子供の性別は、特に関係ないと思いますが・・・

    あと、「そのおばあさんを助けないのか?」の件ですが

    そのとき、私は隣のレジで並んでいました。おばあさんには店員さんが手助けしてました。

    ちなみにこのスーパーでは「宅配サービス」をやってます。
    買ったものを家まで持っていけない人(お年寄りなど)のために、自宅まで届けるサービスです。

    ネットスーパーは都市部ではあるようですが、ここは人口が少ないせいか、配達圏外で利用できません。

    まあ、都会とは違いますが、高齢者の多い田舎なりのサービスがあるということですね

    でも雪の問題や交通手段や病院がないなどの問題も多く、年をとったら暮らせないので、引っ越す人も多いです。

    ユーザーID:9545527637

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 実家に大勢出来て親が喜んでる?

    それは子供の思い違いです。

    親を思うって大勢で押しかけて
    食べたり飲んだりして
    親に負担をかける事が親孝行ですか?

    親を思うんだったら
    親を自宅でもてなしたらどうですか?

    1年に1度顔出して親孝行してると思ってる?
    息子は嫁に遠慮しながら実家にきてる。

    来てくれなくて結構です。
    その代り旦那の実家の財産は放棄してください。

    ユーザーID:6787882243

  • 役所に勤めてます

    窓口で、何度説明しても手続きが分からない、
    又は、せっかく来たのに、持参品不足の為、再来庁で再手続きしなくては
    いけない事になってるお年寄りの方が多いです。

    そういう状況を何回か見て、
    「親が年をとったらやっぱり同居してあげないといけない」

    と、私は思いましたね。

    ユーザーID:9203688068

  • 別なんですが

    親が自分の親を亡くした時や、記憶をなくしてしまうのを目の当たりにした時、自立してても、どこか心細いものがあったんだろうなと思えるようになりました。

    自分のことを解ってくれてる人達が年々少なくなる寂しさと、しっかりしなければという気持ち。


    ふと思ったんです、親ももともと誰かの子供だったなと。当たり前ですけど。
    ここまでくるのに、しんどいことあったろうなと。


    それぞれ家庭によって違いはあるでしょうけどね。

    ユーザーID:2231116838

  • 人それぞれですが

    うちの実家は祖父が100歳越えて長生きでした。近所に伯父伯母がいて、にぎやかでこんな幸せなことは無いでしょう?トピ主さんの理屈だと。
    でも不幸だったと思いますよ。
    少しの遺産を取り合い罵り合い、それも祖父が生きている時から。うちの母は末っ子でリア王の子どもたちのような生活に疲れて今では実家近くでは、伯父伯母とは会いません。
    祖父は亡くなる少し前に無理やり老人ホームに入れられて、泣きながら亡くなったそうです。

    一人で矍鑠と生きるか?大勢とでも寂しいと思うか?孤独は人それぞれです。

    ユーザーID:0281974325

  • 何となく

    わかります・・トピ主さんの感じている事・・上手く言えないけどね。嫌味でも憐れみでもないと思いましたよ。

    私も田舎で、周りは高齢者の多い地域に住んでいます。
    近所の高齢の方ともよく話します。

    みなさんね、子供さんには心配かけまいと気遣ってますよ。でも、本音は淋しい、心細いと言う方も多いです。そして、子どもには話してないだろうけど、ご近所のお世話になっている方もいます。
    今は、60代くらいの方も、車の運転がままならなくなったらどうしよう・・。子供には迷惑かけたくないし・・と。

    老後の資金を貯めて、施設へと言う話がよく出ますが、田舎は2〜3年待たないと施設に入れません。
    施設待ちの要介護で、ここ数年間で、息子さん夫婦に引き取られた方が3人いました。

    ネットスーパーだって、田舎は配達対象外が多いですよ。現実は、かなり健康な方でない限り、田舎で、だれにも頼らず最後まで暮らすことは厳しいと思います。

    ユーザーID:9629914529

  • ご近所のおばあちゃん

    実家のご近所の一人暮らしのおばあちゃんと将来の自分が重なることは私もありますよ。実家のあたりも雪国です。家の周りの除雪とかどうされているのだろうとか思いますよね。実家のあたりだと、近所の人がついでにやっていますが…。

    実家近くのおばあちゃん。
    近所の人に買い物を頼むとき、大目にお金を払って、お釣りはとっておいてくれ、って言うんです。近所の人は誰も受け取りませんよ。でも、おばあちゃんの立場からしたら、買い物代金だけ渡すってわけにもいかない、っていうのもわかります。ただ、そんなおばあちゃんの気持ちを、たまに来る息子さんは理解できないみたいで「無駄金を遣っている」「近所の人が金目的で世話をしている」と言います。切ないです。

    ユーザーID:5101364110

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧