歯列矯正の転院

レス2
(トピ主0
お気に入り16

心や体の悩み

れいさん

現在出っ歯と過顎咬合で1年程前から歯列矯正をしているのですが、引越し前にいたところ(片道電車で3時間くらい)の歯医者さんで契約してしており、通院が不便なので
転院したいという旨を先生に伝えたところ、費用(70万円)を払いきらないと転院出来ないとのことでした。
ホームページには引越しの際に他院との取次ぎをすると書いてあったのですが、それは歯を後ろに移動させるだけ等の簡単なところだけ引越し先で出来るという意味だそうで…。進学等で引越した学生さんも毎月通っているし、初回の説明でも簡単に転院できないと説明したと言われてしまいました。(あまり記憶にはないのですが…。)
歯は順調に動いているのでその点では不満は無いのですが、対応に不安にさせられます。
正直今のところは毎月通えているのですが、時間的な不便さからセカンドオピニオンも少し考えています。 費用やメリット、デメリット等教えて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:5118708303

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 費用面のクリアは転院の最低条件です

    私の勤め先では矯正治療の引き継ぎ、特に装置の除去に関しては元の担当医の紹介状や一筆がない場合はまず引き継ぎません!
    何故かというと、料金未納のままである程度歯が並んだからと転院して安価で装置除去だけを希望する患者が時々いるからです。となると患者に逃げられた前医は料金貰いっぱぐれます。
    同じ医院の中で担当医が変わるのと、転院はまるで訳が違うのです。
    矯正治療の料金は自由診療ですが、80〜200万オーバーまでまちまちです。その料金の収め方は矯正治療開始時に一括だったり、三分割だったり、もっと細かかったり、医院の方針あるいは患者の経済状況によります。
    つまり、既に支払済の料金というのは矯正治療トータルでかかる費用の一部に過ぎないことがほとんどなのです。

    別のたとえにしましょう。
    あなたの主張は、2000万円かかる家の建築費用の一部500万を収めた上で着工済みの段階で、今の工務店から別の工務店に家の工事を引き継いでもらいたい。残金も別の工務店に収めたい。そう言ってる様なものです。変でしょ?

    予期せぬ引っ越しが発生したなら大変ですが、矯正治療ペースは落ちますが、転院しないのがベストかと。

    ユーザーID:2795997147

  • もう転院されたのでしょうか

    大分時間が経ってしまっていますね、もう解決されたのでしょうか
    1年間の治療でどの程度治療が進んでいたのでしょうか

    いくつかの医院で転院した場合について相談した事がありますが
    治療の%によって支払う金額を決める場合がほとんどです

    例えば治療が2年で終わる予定で1年で転院した場合
    当初の支払う予定の金額の50%など

    矯正は一般歯科に比べて需要が少ない為に、トラブルが起きた時の受け皿も弁護士しかないので
    暗礁に乗り上げる事もとても多いです
    患者に20〜30代の女性が多いのでトラブルが起きても泣き寝入りが多いのも理由の一つですね

    ユーザーID:2344709816

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧