「ママ友」に困ったときの“神対応”教えてください!

レス291
お気に入り569
トピ主のみ2

編集部

編集部

 いつも「発言小町」をご利用いただき、ありがとうございます。

 KADOKAWAコミックエッセイ編集部が贈る作品『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』(著者・野原広子)の連載が、大手小町で8月12日から始まりました。
 主人公の田中サキは32歳の専業主婦。ミイちゃんという5歳の女の子のママです。ミイちゃんは幼稚園の年長クラスで、いまから小学校入学を楽しみにしています。
 サキには仲のよいママ友・リエがいますが、ある日、二人の関係にヒビが入り……。『ママ友がこわい』は、二人目不妊、夫や姑の無理解など、それぞれの事情を抱えながら、子育てするママたちの葛藤を描いた作品です。

写真
(c)野原広子



 マンガを読んで、自分のときはこうやって切り抜けたとか、身近なママ友のとった「神対応」など、「ママ友との上手な付き合い方」「ママ友とのトラブル回避法」を教えてください。
 ※著者の野原さんのメッセージや、KADOKAWAの担当者からレスもあります。
 『ママ友がこわい』はこちら⇒

 たくさんの投稿をお待ちしています!

※同著は9月3日まで、土日や祝日を除き、毎日4ページずつ「第3章」まで掲載します。いただいたご意見は、読売新聞の記事や広告などで紹介することがあります。

ユーザーID:9615070463

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数291

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 相手にする値打ちがあるの?

    挨拶を返さないママ友に気持ちが囚われて自由な心が閉ざされてしまったサキさんは子育てを楽しめないママです。

    挨拶しないママたちに執着する必要があるだろうか?

    毎回挨拶などこちらからしなくていいです。
    話に夢中になっているママ達は気がつかないことが多いです。

    そして、一番重要なことは貴女を話題にしていることもないでしょう。
    だから、怖がる必要はないのです。

    一番手っ取り早いのは同学年のベテランママを見つけることです。
    ベテランママは自分の体験談や自慢話、ママ友の相関関係に詳しく溢れる程の情報を持っています。

    そこから始まる想像以上の展開にサキさんは今迄の悩みなんて吹き飛ぶことと思います!

    ユーザーID:5582278895

  • 回避方法なんてない

    このマンガみたいに、我慢して、鉢合わせを避けるしかない。

    何が気に入らないのか、たった一人を分かりやすく避ける。外す。トラブルになったことすらないのに、いきなり空気扱いもある。
    原因は、たった一人が言った一言を抜粋して悪く話してる人が操りたいだけだと思ったけど、悪口でもないことを悪口として伝えたり、「あの人がああ言ってた」などを伝える人。その人の口から話してるけど、私は聞いただけと言い張るけど、かなり尾ひれが付いてるだけ。

    我慢するしかないです。
    仲良しの人すら、自分可愛さに無視する行為もあるので、あまり、深入りしない。子ども同士仲良しなら、ランチとか、御宅訪問なんて、参加しても黙ってたほうがいいです。
    その場に居ない人の話になり、聞いた人次第で、多数に無視されたり、嫌な思いをするだけ、

    子ども同士のトラブル、トラブルが無くても、妬みや嫉妬が凄い人がいます、近所の人程度だと思えば、深入りしない。
    噂話に加わらない、挨拶程度の付き合いが正解だと思う。

    ユーザーID:5374508565

  • 実話ですか?

    40代主婦・子どもは小学生です。
    マンガ読みました。これは実話かな?

    うちの場合は、幼稚園通園はバスを使ってましたので
    そのバス停での送迎5分間が本当に苦痛でした。

    あからさまに無視されたことはありませんでしたが
    私のことを嫌いなママさんがいたので、お互い挨拶はしていましたが
    何とも重い空気・・・。
    その人とは学年は違いますが、ご近所なので
    今もPTAで係が一緒のときがあります。

    幼稚園では、嫌な人が本当に沢山いました。
    トラブルになったこともあります。他の人は私が原因だと思っていたと思いますが
    完全に他の人が起こした巻き込まれトラブルで、それを全部私のせいにされていました。
    誤解を解きたいと思いましたが、人数が集まってそういう場って設けられないので
    ずっと勘違いされたまま今に至ります。

    幼稚園から持ち上がりで同じ小学校になった、幾人かのお母さんがたからは
    そのことを引きずっているのか、嫌われたままです。

    何とかしたいですが、何ともできません。
    自分で堂々としていようと、モチベーションを上げるしかありません。
    早く子どもが、中学生になり卒業しないかなあと思ってしまいます。

    ユーザーID:0917496424

  • 幼稚園5年間ママ友ゼロです

    2歳違いの子供2人いるので、5年間幼稚園に通いました。

    見事に私は5年間ママ友ゼロでした。

    お遊戯会、運動会、夏祭り・・・・

    全部夫と二人でぶらぶらしてたので、全く寂しくなかったです。

    バザーや、バス旅行は一人でしたが、やっぱり一人でぶらぶらしていました。

    結局「寂しい」と思うか、思わないかの「差」だと思います。

    子どもたちは、幼稚園以外にも「居場所」があったので、そこまで寂しそうじゃなかったです。

    お迎えとかは、私忙しい〜フリしてダッシュで駆け抜けて帰っていました。

    なので、誰が「挨拶してくれるかくれないか・・」も

    確かめるすべはなかったです。

    小学校に入ったら、積極的にPTAにでて活動していたので、自然にママ友出来ました。

    幼稚園時代が、一番ギトギトなので、最初から「選択一人ぼっち」を選んで、自分は正解だったなぁ〜と思っています。

    幼稚園のメンバーが2人しか同じ小学校に行かなかったのも、幸いしたかもしれません〜。

    ユーザーID:9435747344

  • 主人公は優しすぎる

    子ども2人(息子・娘)の母です。幼稚園に通園組です。
    主人公いい人だなあ・・・が第一印象。
    だけど弱い。弱すぎる。

    私は敢えて「関係にひびが入る」ほどの親密な繋がりを全て絶ちました。

    二回にわたる役員・及び園でのボランティア歴5年で、知り合いには何時でも事欠かなかったからこそ出来た荒行ではありましたが・・・

    年長さんの時は入学準備(てっきりお受験組かと言われた)で、我が子に目が向きすぎと人間関係の義理返しに忙殺で記憶が曖昧です。

    漫画に出てくる主人公のように、もうちょっとゆとりが必要だったかもと反省しきりです。

    主人公頑張れ!!

    ユーザーID:2548024181

  • 味方がいない時点でどうなの?

    まだ最初しか見ていませんけど、サキさんが集団で無視されているということは(1人しかサキさんに同情的でないということと、その1人すら他の集団ママさんと当たらず障らずという状況)、サキさんのほうに非があると(空気が読めないタイプ)しか思えませんでした。
    無視するってよほどのことですよね?小町のトピックでも最近多いですが、「言ってもわからないタイプ・やんわり言っても通じないタイプ」が無視されるのだと思います。
    描き方によって違うでしょうけれど、リエさんかしら、彼女のほうから見るとまた違うのだと思いますけれど。

    ママ友とはつきあいを考えて、なるべく同調しておくのがいいと思います。
    一匹オオカミを気取ったとしても孤立して困るのは自分です。

    ユーザーID:6750802937

  • あ〜そんなママさんいたな〜

    娘が幼稚園の時、挨拶しても華麗?にスルーされるというか、
    見下されていたんだろうな、というか、
    あ〜、私はあなたの求めるママ友のレベルじゃないのね、というのが、
    簡単に分かる人。

    確かに相手のママは、美人だし賢そうだし、
    お子さんも顔の整った賢そうな子だけど、これからの人生どうなるかわからないのに。
    挨拶くらい人を選ばずしてくれたらとても素敵に見えるのに、本当に残念だわ。
    プライドの高い底意地の悪さがバレバレです。
    もしかして、私に愛想よくしたら同列の仲間ね、なんて勘違いされそう、なんて思ったのかしら。

    ある日、相手のお宅が転勤でいきなり居なくなって、無視された日々も終わりました。
    う〜ん、スッキリはしないし、これからお話しして本当はいい人だったと思う機会もなく、
    ずっとその印象のまま記憶に残るかと思うと、不思議と相手の事を気の毒に思えます。

    一番イラついていたのは向こうかもしれないですね。
    無視してる相手が呑気にしているのが一番癪にさわるでしょうから。

    ユーザーID:6292638606

  • 第1章について

    笑って挨拶できるのはいいこと。さらに「颯爽と」歩ければ、もっといい。
    堂々としていることが一番。陰口好きな人はおどおど態度も大好物だから。

    子供と会話を楽しんで、颯爽と登園。「おっはようございま〜す!」と周りに挨拶。
    決して陰口さんに挨拶する必要はなく、その場にいる皆さんに挨拶が聞こえたらよいと思う。

    ユーザーID:4964878279

  • 仲良くなりすぎないように

    ご近所だからと深く付き合ったママ友で、イライラすることなく最後まで付き合えた人は一人もいません。
    引っ越しでお別れがあるたびに、ストレスから解放されます。
    もちろん、仲良くしていたから寂しさもあるんですけどね。
    子育ての方針や価値観は、子どものためなので誰も妥協できないことです。
    妥協できないものだから、ぶつかり合わないわけがないです。

    解決策は仲良くなりすぎないことです。
    ランチや家で遊ぶなど、定例化しそうな時はわざと予定をいれます。
    不定期で集まりたい時に集まる、この人は参加したり不参加だったりする人という立ち位置でいると、とても気楽です。
    もし仲良しグループができて自分が中に入れなかったとしても、気にしません。
    仲良くしすぎるグループが揉めて離散する姿を見てきているので。
    気楽なお付き合いだと、長く楽しく付き合えますよ。

    ユーザーID:5499994715

  • ママ友≠友達

    以前から思っていましたが、ママ友という言葉がママたちを縛り付けているのではないでしょうか?
    本当は、ただの"子どものお友だちのお母さん"ですよね。ただの知り合いです。そこから自分自身のお友だちに発展出来れば、ラッキー位の気持ちで私は接しています。
    あからさまに無視するママより、サキさんのようにそれでも挨拶をするママの方が絶対素敵ですよね。
    サキさんの対応が神対応(?)だと思います。自分が世の中の全員を好きには成れないのと同じで、世の中全員から自分を好きになってもらうなんて不可能です。
    自分を嫌いな人が居て当たり前です。私はマザーテレサさんのように出来た人間ではありませんから。
    それでも見ている方は、見ています。常識を持って接して、堂々としているのが一番だと思います。

    ユーザーID:7671066940

  • 理路整然と、徹底的に抗戦する

    感情論で大声出して言う人間に対しては、徹底的に抗戦した方がいいです。絶対に謝らない。周囲に人がいるときにやる。自分の考え、主張を述べ、理路整然と反発する。
    ただし、和解のための落とし所は必ず用意する。

    あ、これ姑とかに対しても使えますね。

    今の職場、合わないなーと思っていますが、この前トラブルになった時、これをやりました。それ以後、周囲が少しおとなしくなりました。

    今までは、おとなしく頭を下げていたため、精神的に追い詰められてうつになったこともあります(嫁姑問題とか、ご多分にもれず、元夫がヘタレだったので)。どうしても我慢できなくなると、やはり爆発してしまいましたが、そのような態度を示すと、かえって軽くみられるのが分かったので、最近では「爆発しないが、爆弾は落とす」をやるようになりました。すっきりです。

    もっと早くこの方法をやればよかったなーと思う今日この頃です。

    ユーザーID:8827121204

  • 気にしない性格なので

    無視されたことないと思うのですが、無視されていても気にしません。
    無視されてるグループがあったとしても、なんならそのグループの輪に入って理由でも聞いたろかって性格なので、強いママにも負ける気はしません、戦いませんがハッキリ否定はすると思います。
    一匹狼上等!夫が守ってくれます、学生時代の友人だって沢山いるし増やそうなんて思いません。
    こういった人は沢山いるんですよ、多分半分は孤高を保ったママ達です。
    その場その場で隣合ったから少しお話しする程度、ビクビクもオドオドもしない普通の主婦。
    そういった人には何故魅力を感じないんでしょうかね?集ってないと不安、ハブかれて不安って今まで社会人としてどう生きてきたのか、そこから問いたい位です。
    気が弱いと分かっているならわざわざ傷付きに行って、私は傷付いたんです悲しいですって・・意味が分からん、私みたいな人のそばにいればいいんじゃないの?としか回答できない、私は友人にはならないけどね。
    子供がハブかれたらもっと素敵な日にしてやる、ありとあらゆる素敵を詰め込んで笑顔にしてあげる、程度の低い人に合わせる必要はなし。

    ユーザーID:7047149468

  • (3)まで読みました

    主人公ママには一体なにが起ったのでしょう。
    子どもが何かしてしまったのか・相手の地雷を踏むような何かを言ってしまったのか…
    最初では、自分が何をしているのか分からないのに
    無視をされているという描写だったのですが、何かありそうですね。

    「神対応」についてですが、改めて。

    そのような状況になってしまったらやはり、
    ” 気にしないで、毎日を子どもと笑顔で過ごす " ことだろうと思います。
    いつまでも引きづらないで、気持ちを切り替えなきゃね。

    何をやらなくても、相手の何かしらの機嫌を損ねただけで
    簡単に孤立してしまうこともあります。
    そしてそれは、「Aさんは許されるのにBさんは許されない」
    そういうこともあります。理不尽なものです。

    集団から無視されるのは、その人が悪いからだという意見もありましたが
    必ずしもそうではありません。
    真実が分からないまま、思い込みや人の言葉だけで
    誘導される人もかなりの数いると思うのです。

    ママ友は、時には「友だち」ですが、所詮は「他人」なんです。
    難しいね。

    ユーザーID:0917496424

  • ママ友なんぞいなくても子供は育ちましたけど

    上のこの幼稚園入園以来、約10年。ママ友というか、そう言う人いません。
    一名だけ例外でなった方がいましたが、価値観の合う方でした。
    幼稚園の停留所に友達関係を見いだせる人はそれで良いと思うのですが
    私は昔から群れるのが苦手だったので、あくまで自分流。
    役員と挨拶はしてます。

    で、子供同士の関係は、別にね。
    今の子は幼稚園終わっても塾習い事だし、遊ぶもなにも。
    公立校では、毎日遅くまで授業もあり、遊ぶ暇もないですよ。
    進学熱心な地域でもありませんが。
    私は私でやることもたくさんあるので、別に友達は自分の世界にいますし
    子供は学校で親の関係が原因でいじめられることもないですし
    特にそんなに必要なものとも思いませんでした。
    中学は離れた私立に行っていますけど、そこでも挨拶のみの世界。

    ママ友ってつまり、言っている本人の心根次第で存在意味合いが変わると思います。
    私には必要ないものでした。
    必要があるのならそこの流派に乗っかればよいのです。
    四の五の言わず迷わずに。

    ユーザーID:2358730372

  • (3)まで読みました

    経験上、主人公が相手に余計な事を言っていた。良かれが押し付けるような親切。相手ははなしただけを頼まれたと勘違いして、頼んでないことをやってしまった。
    主人公が重い。離れたいけど、寄ってくる。困るオーラは出ているけど気付かない。シツコイ。相手のママの子の気に障った。が、親子して気付かない。社交辞令が通じない。子どものことをベラベラ話してはいけない。相手が言わないだけで気にしてることがあるから。
    だから空気扱いになる。完全無視。

    「前まで仲良しだったのに、なぜ?」「私何かした?」とか、話してる人もいますが、誰も「あなたがあんな事をするから」など言えず、聞いた人は一緒に無視するか、(1)みたいに辛うじて挨拶はするが、相手のママから離れない。私は無視はしないよ。ってね。

    最初が肝心だと思う。
    ・仲良くなり過ぎない
    ・急速接近は崩壊の元。
    ・言わない地雷。話してる地雷があるけど、地雷源を良かれと思い歩いてた。
    ・マンガみたいな共通点で仲良くなると、なぜか長く続かない。
    ・簡単にお互いの家を行き来しない。
    ・自慢に聞こえた。

    共通点が安心感とかになるけど、友達じゃない。

    ユーザーID:5374508565

  • (3)からは

    注意をしているのが、相手のママさんだけで、主人公は日焼け止めの話しのみ、不安なときに出会う似たり寄ったりの二人の価値観の違いだと思う。

    困ったときの神対応?
    困ることになるから、最初から挨拶程度でいいような?
    誰にも相談するな。話すな。筒抜けです。
    何も無い人からも無視されることはある。噂のみです。
    群れて仲良しでも、悪口が出てもいい、聞いて本人に悪口内容を伝えるだけの人たち。
    誰も庇わない。庇ったら、「あなたのこと悪くはなしてたわよ」と悪口を聞いたりする。

    トラブルになれば先に広めた方が楽しい毎日。

    ユーザーID:5374508565

  • なーんだ

    二度目です。

    ああ、これって先方さんが『お受験』のレールに乗った時、良く見受けられた行動パターンです。

    そりゃあ「えっ??」て思うわよね。いきなり生活スタイルが変わるから。

    主人公さん親子は『切られた』。

    お受験情報が無い。

    毎日のどかに公園でなんか遊んではおられない。
    だって専用の幼児教育のお教室に通わなくてはならないから。

    その情報を部外者(お受験しない家族)にはぺらぺら言いたくない。

    それが理由。

    残念ですが、遠いところから彼らの幸せを願うしかないです。

    私自身はそういう場合、察知すると同時に自分からそーっと距離を取りました。
    だって受験の邪魔になるから。

    とはいえ、園内でもかなり特殊系の、ディープでマニアックな習いものを沢山していた関係で。
    卒園までなんやかやと彼らから『お尋ね』がありました。

    ユーザーID:2548024181

  • やっぱり主人公が重過ぎ

    どなたかも仰ってるように
    >主人公が重い…社交辞令が通じない
    ここですね(確信)。失礼ですけれど、全力で寄りかかってくるだろうなと予想される人っていうか。
    >誰も「あなたがあんな事をするから」など言えず
    そうそう!どうしてあなたが悪いのにこちらが無視するから悪い的流れになってるの?ってサキさん以外の人はそう思ってると思います。

    「ぶぶ漬け〜」が「そろそろでていってほしいんですけど」とか
    「若く見えますね」が「年齢にそぐわない幼さですよね」とか、マイナスとして定番になっているものってありますよね。
    もう少し社交辞令をパターン化して冊子なりなんかにすれば
    自分がこれを言われた←自分が嫌われている。気を付けてみんなに謝ろう とかもう少しうまくいくんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:6750802937

  • 孤高が一番。基本的に「謎の女」でいる。

    バス通園の幼稚園の時は、初日だけ、様子見の為、見送った後会話に混ざりました。以後「毎日出勤会社員風」の服装で、見送った後、皆と別方向にドロン。この服装、効果覿面。退園時、「仕事に行ってるかと思ってた」と彼女達言ってました。挨拶しない人はいた。機嫌、心身の不調、性格等が理由だろう。見送り後「はいさようなら」なので気にせず。相手も気にしなくなり、卒園後道端で会ってもお互い挨拶する良好な関係。
    下の子は毎日送り迎えの園へ。挨拶が返ってこない時は「たまたま聞こえなかった、他のことに気を取られていた」という感じでした。親の出番が多い園で、卒園後もランチ会や飲み会がある。私は行かない。卒園したのにそこまで付き合う必要ない、情報収集のために彼女達を利用しようとも思わない。
    子育て中に知り合った人とは、たまにランチを個別にする程度。グループや派閥にならないようにしています。どこにも属さず基本、孤高に生きる。「お互い子育てを頑張っている人間同士」として相手を尊重しながら、必要以上に立ち入らず、こちらの情報も必要ない事は言わない(学歴や夫の職業等)。「謎の女」でいる為か、どこに行っても風通し良いです。

    ユーザーID:8565602210

  • (4)読みました。

    主人公は、勘違いしてしまったんまね。子供のお友達は自分のお友達だと。
    自分のお友達と勘違いする人はいます。
    子供同士をキッカケに知り合うので、勘違いパターンはざまざま。

    相手の人の意地悪な行動って、心理作戦でしょう。
    この場合は、主人公が不利な条件を知ってて主人公にロックオンで「オカシイ」と言う。相手について「そうよ」など同意している人は、主人公の陰口の毒牙に掛かる幼い人。
    二人の中のトラブルが拡大すると、マンガみたいになる。

    自分のお友達と勘違いした人が、「主人公が〜」とか悪口バラまくもあり、主人公が「私、何かした?」もある。
    ママ友は自分のお友達ではないって。小町でも書かれてるよ。

    マンガ読んで疑問なんだけど、避けらてるのに、なぜ彼女の隣にすわるのかな?会いたくないとか、感じてるのに、不思議だと思う行動でした。
    離れてる所にすわるとか?出来ないのかな?

    ますます、言われちゃうような?「ほら、近寄ってくる」「ねぇ、わからないのかしら?、自分が嫌われてるって」とまで、言う人いますよ。

    ユーザーID:5374508565

  • レスします

    (4)まで読みました。
    何というか…この主人公、「世界(視野)が狭い」ですね。
    申し訳ないけど、よっぽどヒマなんだろうな〜としか言いようがない。

    この人は元々他人と適度な距離感をつかむことが
    苦手なんだと思います。
    子供を間に挟んだママ友関係はより複雑になりますからね。
    そりゃ上手く行きっこないですよ。
    ママ友=子供同士が友達なだけで、自分の友達ではないです。
    会社の「あまりよく知らない同僚」と同じ。

    私は元々子供好きでもなく、
    ママ友とべったり付き合うメリットも感じないので
    当たらず障らずで過ごしました。
    挨拶しても無視する人も居たけど、気にしたこともなかったです。
    逆にわかりやすくていいですよ。
    「私は非常識な人間です」ってわざわざ相手から教えてくれるんだから。

    ユーザーID:4403931626

  • どうして、こんなことになったんだろう。と思う前に

    ママ友とトラブルになる前に気付こうよ。

    距離感→人それぞれ違う。自分は仲良くなりたい、相手の気持ちは?
    社交辞令→「またね、お茶しようね」相手が言ったからとセッティング。あの、セッティングしないでください。社交辞令です。
    私が人にする事が好きだから→される人の気持ちは?→「いいわ悪いわ」です。
    一人の距離無しが招くこと→相談なり、影の悪口です。
    無視するのはどうかとおもいますが、そこまで相手にさせたのは主人公です。空気も読めずズカズカしていて、距離を置かれたと察していて隣に座る厚かましさ。相手から空いてる席にどうか座って下さい。と態度で示されてますが。影で「ホラ寄ってくる」と言われてる。

    よく言うじゃん。ママ友とは、自分の友達ではないからと。
    トラブル後は離れて行くしか無い。時間が立てば、会話ぐらい出来る間柄になったかも?
    しばらくは相手の視界に入らないように、群れた方が勝ちとは言わないけど、相手から主人公の悪口ばかり聞いてたら嫌だし、悪口が大好きな人以外言う人から離れる感じで、結果両者「ボッチ」になるとか?
    だって、こんな風に毎回私の悪口を言われると思うでしょうが!

    ユーザーID:5374508565

  • 同情から人を引き付ける。

    相手のママさんと主人公がしていることは同類かと。

    (1)無視されてる様子を描く。相手→「ねえ、話したいから挨拶するのかしら」とか?
    (2)と(3)振り返り出す。相手→周囲に相談なり「困った」と話してたりする。→悪口になってる
    (4)会うと分かりやすい意地悪。相手→「ねえ、無視してるのに、張り付いてくる」→周囲は「本当だ」と思う人もいて、更に無視される。理由は、噂話に過剰反応。自分に張り付いてきたら嫌だから。だから相手から離れずにいたり、一応は挨拶はする人といるが、相手から離れない。

    当たり前だけど、トラブルになる前に距離感とか、「自分の、お友達」と言う考え方は捨てて。「お友達オーラ」で来られたら重いです。近所で断り辛いんです。

    「ハッキリ言われないとわからない」くらい空気が読めないと言われるのがオチ。
    間違っても「私は仲良くしたかっただけ」とか、「私は楽しかったのに」など言わないように。主人公だけが仲良くしたかっただけであり、楽しかっただけだったりする。

    周囲には、「私が悪かったわ」と言っておけば、風向き変わるかも?

    ユーザーID:5374508565

  • みなさま こんにちは。『ママ友がこわい』の編集担当です。

    KADOKAWA コミックエッセイ編集部の編集担当です。

    『ママ友がこわい』をいつもご愛読いただきまして、
    本当にありがとうございます。

    みなさまからの親身あふれるご意見、
    アドバイス、主人公サキへの厳しくもあたたかいまなざしを、
    作者の野原さんとともにドキドキしながら拝見しております。

    私自身も一児の母で、ママ友たちとのおつきあいは、
    毎日の生活のなかで欠かせません。
    子どもの成長を一緒に喜び合えるママ友は、
    (気さえ合えば)人生において貴重な宝物だとも感じております。

    この作品を編集しながら感じていたのは、
    やはりどんな人間関係でも大切なのは、
    「程よい距離感」なのではないかなあ、と思った次第です。

    距離感次第では、一生ものの友人にもなれるし、
    はたまた傷つけあう関係にも変わってしまう。
    それを望んだわけではないのに、いつの間にか…。

    本作は今後、サキとリエのこじれた原因に関しても徐々に
    解き明かされてまいります。

    ぜひ、お付き合いくださるとうれしいです。

    みなさまの熱いご意見、アドバイスなど、
    引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:9615070463

  • うーん・・・

    私は子供がいないのでママ友経験はないのですが、読んでいてとても心が痛んだのは、自分自身がこれまでの人生のなかで、女同士の人間関係のなかで似たような痛みを味わったからなのかもしれませんね。

    神対応はわかりませんが、(4)の保護者会の席に関してだけは、何も意地悪ママの隣を選ぶ必要はなかったと思います。わざわざ意地悪されに自ら行ったようなものだし、係も自ら手を挙げる必要もあったのかな〜?なんて思ったりもしました(意見は別れるとは思いますが)

    個人的は意地悪ママさん好きじゃないな〜。1対1で疎遠気味にするのはまだわかるけど、他のママまで巻き込んで集団で主人公を追いつめようとしているように見える(気のせいか?)相手の意地悪したい気持ちが本当だとすると主人公ひとりで解決するには無理なレベルにきてるような・・・。

    このあとどんな展開になるのかわかりませんが、追って読んでいこうと思います。

    ユーザーID:2106917293

  • ママ友がどうのじゃないと思う

    トラブル対処の問題だよね、これ。
    なんか変だなと思った段階で動かなきゃこじれる一方だよ。
    周りに、働きかけるなり、本人に直接聞くなり、人を意地悪だと決め付けずに、コミュニケーションとればいいだけじゃないのかな。
    この漫画に限れば、それまでは仲がよかったわけで、何か原因があったのではと私なら思う。

    お互いの事情や背景を考えずに自分のお友達って考えて付き合うと、どんな関係でもひびを入れる可能性はある。

    神対応なんてないと思うけれど、ママ友にしても同僚にしても誰に対しても同じ対応、スタンスを取って人のことは悪く言わない、これに限ると思う。
    これやってる人で心底嫌われる人を見たことが私はない。
    要するに、悪口を言われる隙を作らない、ってこと。

    大体、自分が今までなにもしていないのに、意地悪とか、子供かっていいたい。
    「あ、そうですねー!私、何もやっていなかったんで、やります!意地悪さん、教えてくれてありがとう!」
    ってにっこり笑ってやったらよかったのに。

    サキさんがちょっと他人に対して神経質で、自分に対して甘すぎる気がする。

    ユーザーID:8130382940

  • 子供のためと思えば…

    全て子供のためと思って園のお手伝いはしていると気が楽なのに…

    担任の先生と仲良くなるとまた違うのです。

    そんな無視をする未熟なママ達を相手にするのではなく役員のママ達の中に飛び込むくらいの勢いがないと…

    仕事をやらされると思うから意地悪に感じる。
    一生懸命したお手伝いは必ず後で子育ての自信になるし、子供にとって自慢のママになれるチャンスなのに…

    気づいてほしいな…

    ユーザーID:5582278895

  • ママ友と友達は違う

    まだ何もわからない状態で、しかも一方的な書き方なので、コメントできませんが、一人の人が原因というニュアンスでありながら他大勢にも無視されている状況が不思議ではあります。

    ママ友は仲良しの友達ではありません。ご近所づきあいもそうですが、ゆるく広くかるくいつでもすっとどこへでも逃げることの出来る状態までのお付き合いです。
    相手の行動も片目をつぶってみる程度にします。個人的なことに興味を持たない、興味を持たせないことが大事です。
    がっつりお友達になっているグループをちょっとうらやましく思うこともありますが、私自身には向きません。それでいてPTAの仕事などは必ず率先してやります。仲良し二人でというのではなく、出来ることを得意な分野を自らです。そうすると一目おかれます。
    出来るだけ、弱み突っ込みを受けないよう注意しています。

    ユーザーID:9209331868

  • 依存しない事かなぁ

    娘二人育てて、ママ友も随分見てきましたけど、自立してる人は長く程よい付き合いが出来るけど、依存度が強い人は苦手。

    幼稚園時代はママと子供がセットになるから拗れやすいんでしょうね。
    マンガにもあったけど、同列な人を見て安心するんでしょう。私だけじゃないと。
    それが、私より幸せ、恵まれてると感じると嫉妬になり下にしたくなる。

    夫が優しい、高収入、専業主婦、2人目妊娠等々
    自分に加え、子供も
    育てやすそう、容姿、優秀、お遊戯会で主役等
    比べるネタは倍増ですからね

    私は上の子の時は子供の為にママ友作らなきゃ!と頑張りました。数は多いけど嫌な思いも多かった。

    二人目は呑気な構えて一人で行事に行く感じでしたけど、その方が話しかけてくれるママさんが多かったです。
    数は少ないけど、いい人に囲まれ気楽です。

    合わないと思ったら近寄らない事。
    一番は自然体でいる事。
    自然な自分を好きと思ってくれる人と付き合うのが一番です。
    ママが笑顔じゃないと本末転倒ですからね。
    子供の為に無理した付き合いは子供が望まないでしょうから。

    ユーザーID:8310981845

  • レスします

    本質は 自分を好きになること なんです
    その結果として 程よい距離感 が出てくるんだと思います
    程よい距離感そのものを目標にしようとすれば
    なんでこんなことに のループにはまったままですよ
    最近 私はちょっとうまくいきそうです。

    ユーザーID:1571217019

  • う〜ん・・・

    笑顔であいさつもいいですが
    ママ友リエさんは何かに怒っていてサキさんを無視しているのですよね。
    サキさんは、怒らせてしまったことに対して心当たりはあるのかなぁ。
    それに対して謝罪はしたのかなぁ。

    怒らせておいて「ママ友がこわい」は
    ちょっと自分勝手のように感じます。

    リエさんが意地悪な人だと見抜けなかったとありますが
    根っから意地悪なのではなくて
    何かに怒っているから嫌な態度になっているんですよね。

    そんな単純なことではなくて
    これからもっと複雑な話が出てくるのかなぁ。

    ユーザーID:8785515545

  • 親しき仲にも礼儀あり

    ママ友トラブルって近づきすぎが原因だと思います。
    私は実姉が近くに住んでいて子供の年齢も近いのでお互い助け合っていますが、
    トラブルになっている人って実の姉妹でもそんなことしないわっていうことをして
    トラブルになっていると思います。
    本当に「親しき仲にも礼儀あり」だと思います。

    あとあからさまに仲間はずれとか悪口を撒き散らしている人って
    家庭がうまくいっていない人だと思います。
    私がもしあの幼稚園にいてリエさんの行動を見たら
    「あぁ欲求不満?人を貶めて自分が優位に立っているとでも思っている?」って思って近づかないようにします。

    幼稚園の保護者って子供の添え物ですよね。
    なんで自分が主役みたいな顔してるんだろうっていう保護者の人いますけど
    この人の世界ってここしかないんだなと思います。
    私はそうならないように地域のボランティアなどに積極的に参加して
    自分の世界を広げています。
    子供の幼稚園小学校で何かあった時、人生の先輩たちに助言をいただいたりしています。
    実はという感じで元小学校の先生や元幼稚園、保育園の先生がいたりします。

    ユーザーID:8668843527

  • 夫婦仲に問題があると知ってたなら

    夫婦仲の自慢や話はしない。勝手に恨まれるからだよ。

    主人公も距離無し要素はあると思いますが。
    本当の距離無しさんは、主人公ではないかも知れませんが、このマンガの場合、相手も距離無しさんでトラブル後群れてる。周囲にどのように話したか分かりませんが、距離無しさんに張り付かれて嫌な思いをした人は、人に寄り付かないのです。群れないのです。マンガのタイトルではないですが、「ママ友がこわい」と感じます。
    「また、纏わり付かれたら怖い」と思うのです。
    これ以上のトラブルは、不要だと思うので、人と距離を置いて付き合います。

    トラブル後の周囲の反応はさまざま
    距離無しが悪いんじゃない?言わない相手が悪いんじゃない?
    どっちもどっちで、周囲が口を挟む問題ではないのですが、噂話になるのです
    「あれ、前まで仲良しだったような?」と聞く人もいます。マンガで聞いてる人は、残念な様子に心痛めている表情ですが、なかには好奇心で聞く人もいます。他人のトラブルネタにランチで楽しみ、意地悪を考えて、集団で分かりやすい意地悪をします

    マンガの相手みたいに陰湿的で攻撃的な人はいて、保護者会のあと、主人公の様子を笑う

    ユーザーID:5374508565

  • キャラクターの作り方が上手

    良くも悪くもこれだけ共感されるサキさんの描き方が上手です。
    私は基本さみしがり屋で人間関係がうまくできないタイプなので心が痛くて読めません(ですのでレスだけ拝見…しても心が痛みます)。
    「神対応」とはいっても、ケースバイケースってこといっぱいあると思うんです。(4)のサキさんの対応はそこまで頑張らなくてもよかったというご意見もありますが、小町のいろいろなトピでは「無視されています」という相談に「それでもいいから下手にびくびくしないで突っ込んでいけ」的なアドバイスもありますよね。
    みんなで何気なく話していた中ではどうでも良い内容だったのに、いざ(後から)自分がトラブルに巻き込まれてから「知らなかったとはいえああいう表現は傷つくもんなんだ…」とか思うこともあります。
    最初からドライに程よい距離で…というのは尤もですけれど、いざそういう人がいたら場合によっては「とっつきにくい人だな」と思われる場合もあるかも知れない。
    みなさんのご意見を読んでいて難しいなと思いました。それにしても、最近小町を読んでいて、衝突やぶつかる前にとにかく回避…といった傾向もあるのかなとちょっと思いました。

    ユーザーID:3635428732

  • 主人公に質問してみたいのですが、

    「子どもの友達は自分の友達」と思ったとのこと。
    あの〜。主人公は自分が子どもの頃の友達「園の友達」と、未だに仲良しなのかな?
    子どもの友達って、だんだん変わると思うのです。余程の少数のエリアだと、決まってきますが、園の友達って、クラス替えで薄くなる場合もあります。
    「園時代仲良しだったのに、なんかあったのかな?」と悩むママさんもいますけど、先輩ママさんが、「喧嘩とかじゃなくて、もっと気の合う子がいただけで、嫌いでもない。優先順位が変わった?っていうのかな?仲良しは仲良しだよ」と助言してくれますよ

    ママ友を自分の友達って、様々な勘違いがありますけど、主人公は永遠の自分の友達って思ったのでしょうか?

    トラブル前の回避法ならありますが、難しいです
    距離無しさんが気付かないと、誰かが不満になり、困ってる。ママ友からマイルールや価値観を押し付けらて、困惑してます。相手から何かしらシグナルは出てますが、気付かない
    トラブル後なら、お互いに問題ありだと思いますよ。急速に仲良しになってお出掛けとかしてたみたいの写真もマンガで描かれてますが。。相手が周囲に「自分がお茶に誘った」とか話してないかも?

    ユーザーID:5374508565

  • 当人の気持ちの持ちようだと思う

    うまく付き合えない人ができたとして、その人のことばかり一日考えているから、ネガティブな気持ちがますます強くなるのだと思います。うまく付き合えない人もいる。その人とうまくいかないのなら、その人との関係はあきらめればいい。その他にもママさんはいるのだから。

    うまくいかない相手のことをいつまでも考えているから、辛くなるのだと思います。
    特に、自分が相手に悪いことをしたと言う訳ではないのであれば、余計、気にする必要などないのです。合わないものは合わない。

    ママ友に限らず、大人になってからのお付き合いは、ある程度の距離を保つことが長続きの秘訣かと。近づくにしても、相手の背景がわかるまでは不用意な発言は避ける。意見を言い過ぎることも避ける。

    あとは、自分が損をするくらいでちょうどいいと思って、できることは率先してやる。年長になるまで、役員をやってないというのはやはり無責任さを感じます。義務があるのなら、先に済ませるくらいでちょうどいい。

    ママ友もそれとは違う人間関係も、うまく付き合うための基本は同じ。ママ友との付き合いが特別なわけではないと思います。

    ユーザーID:7515922608

  • 私の場合

    余計な事は言わない、聞かない、見ないフリをしました。 私自身、若い時(18・20歳)の子達です。 もちろん同級生のママさんは5〜10歳以上歳上の方達ばかり、意識は子供を持つ大人、接し方は、子供になりました。実は、既に予行練習を済ませてました(笑) 気になった事は、何でも教えて下さ〜いって、関わりを持つ努力をしました。 9歳下に妹が居るんですが、妹の幼稚園時代に、お友達の家に居るから迎えに行って来て!と行かされ、妹のお友達ママさん達から中学生でママ友のこんな考え方の人も居るんだ〜って思わされる事もありました。 母と、そんなに気にする事〜?!と言い合った事を今でも覚えてます。 なので私は、それなりを中学生の時に学んでました。 母に感謝です(笑) 38歳です。

    ユーザーID:6616443183

  • 衝突やぶつかる前に回避が分からないかたは

    ママ付き合いの怖さを知らない人だと思うのですが。
    知らぬが仏というのか、世間知らずなのかと思う。ずっと蒸し返してる人がいるからだよ。「そう言えば」と他人のトラブルを話し出して、後日談やら、ある事ない事、ない事にない事を言う人がいるからだよ。
    衝突やぶつかり合いたい人同士ならいいのですが。

    衝突やぶつかる(トラブル)前に、相手からシグナルは出てますよ。でも空気が読めない人。仲良くなりたい一心で気付かない人、自分の気持ちが最優先な人。このままだと衝突やぶつかるって相手は気付いてるから、回避しようとしているのに、全く気付かない。
    気付かないから、追いかける。
    気付いたら、突進してまで何がしたいのかが分からない。

    車の免許持ってます?
    子ども乗せて、交差点で黄色になっているのに、アクセル踏んで突進する人っている?
    まだ行けるなど思うの?
    徒歩や自転車でも同様。
    横断歩道の信号が青信号が点滅しているのに、子どもの手を引いて渡りますか?
    小さい子のスピードだと「途中で赤になると思うから、慌てずに次、待とうよ。」と子どもに話しかけませんか?

    親が渡ろうとか、アクセル踏んでだと困る。

    ユーザーID:5374508565

  • 先方35歳。数歳年上先輩にタメ口も「ちゃん」もありえない

    なんだろう・・・この違和感は。

    30過ぎて女子〜と言っちゃう時代だからこれって有りなのかも知れないが、一言『気持ち悪い』です。

    『さん』が当然だと思っていましたが・・・

    それから『パッチワークなど細かい作業が得意。』・・・の後に、『夫と不仲。うんぬん』の記述は。
    人によっては、この書き方は例えようもない腹立たしい侮辱と取られても仕方が無いと思う。

    主人公、結局は幼く不器用な方なのかな?と感じました。
    いわんでいい、無責任で余計な一言が多く、先方にとってそれが地雷だったとかも。

    ユーザーID:2548024181

  • 会者定離

    人との出会いには必ず別れがあります。
    一時の出会いのために下らない気を回すのは止めようよ、
    我が道を進めばそれでヨシ
    ママ友なんてお互いの足を引っ張り合う醜い集団
    誰とでも均等な距離を取って友だちにはならないよ。
    向こうから近づいてきても逃げる。
    悪口言いたいヤツには言わせておけば良いんですよ。

    「嫌われている」を前提にスタートすれば恐いものは無くなる。
    人間関係なんて所詮孤独を紛らわせる余興に過ぎない。
    そういう下らない事に気を回す余裕があるなら育児に全てをつぎ込むんだね。

    ユーザーID:5138352043

  • (6)読みました

    主人公は、気付いた。園のママ付き合いは「挨拶程度がちょうどいい」って。主人公は失敗から学んだことですが、相手は群れてわかりやすく嫌がらせ。
    周囲に何を話したのか分からないけど、仲良しなりすぎた主人公と距離を置けたらいいのに、主人公にわかりやすく嫌がらせするのってなぜ?

    集団でいるときは強く、一人のときは、ひたすら無視するだけ。主人公は空気。ひたすら無視なら、保護者会でも、あんな発言しないような?せめて隣に座られて逃げる行為だけで良い。

    もしかすると、無視する人が多くて、仲間ハズレ?座る場所がないと感じて、トラブル相手の隣へ?
    回避法なら、園の送迎と、一緒で、時間より早く行って座ってしまうとか、できますけど。

    相手が一人のときは主人公をひたすら無視。誰かと一緒だと攻撃するのって、距離無しさんに纏わり付かれ困った人の行動ではない。大概、距離無しさんに張り付かれた人って、怖くて人を避ける。それほど嫌な思いをする。
    マンガの相手の行動をみていると、輪に入っている。しかも攻撃までする。相手の行動が不思議、相手の周りにいて意地悪に同意する人も奇妙。

    大概の人って、関わり合いたくない。

    ユーザーID:6801116749

  • 相手に付いたママたちが幼い

    主人公が「なぜ?どうして?」と悩んでるのはわかったけど、私の「なぜ?どうして?」は、相手のママと一緒になって、嫌がらせに加担する人。しかも保護者会で分かりやすく。
    例えば、相手が主人公のことを周囲に相談したとします。(実生活で聞くことはある。尾ひれの付いた噂もある)
    話を聞いても私は、自分に実害も無いのに、一緒に意地悪なことはしない。したく無い。一人の距離無しさんから距離を置けたらと、相談されても、実際にまとわりつかれてない私の場合、距離無しさんを無視はしない。マンガみたいに相手につかないけど挨拶はするし、保護者会の人みたいに声はかける。一緒の園のママとしてね。
    実際に相手の言う通り(相手が何を言ってるかマンガは不明)。なら、挨拶はするけど、まとわりつかれないようにする。

    周囲が噂好きと自覚も必要で、噂で色眼鏡で見て避けてる人もいるけど、マンガみたいに意地悪するって、やり過ぎだよ。
    噂で人を色眼鏡でみて判断している幼い人。意地悪な人からすれば操ることは簡単な人だと思う。

    マンガで子ども同士は、辛うじて「バイバイ」があり、まだましかもよ。
    仲間ハズレを徹底してやる人いる

    ユーザーID:6801116749

  • 難しいですね

    普通は相手の心の中は漫画の様に見えないわけですし、難しいところですね。
    私たちは主人公を通して相手のママたちを見ているので
    一方的にいじめひどい!と相手に非があるかのように捉えがちですけど、
    見返して見てみると、主人公は今まで一度も役員等してこなかったみたいですし・・・
    わざわざ、嫌がっている相手の横に座ろうとしたり、相手の夫婦仲を取り上げてるところを見ると
    ちょっとめんどくさいタイプの人だなーと思いました。
    私なら主人公の方を関わりたくない相手に選ぶかもしれません

    ユーザーID:1980836949

  • トラブル後なら

    主人公はもう、挨拶も辞めて置きましょう。会うのも嫌で顔も見たくない。相手もそんな心境。
    「意地悪して」と刺激している状態。

    会釈する程度でも嫌そうならば、スルーしてみよう。張り付かれてると思っていると相手は思うかもよ。

    なんとなく主人公も「たったあれだけ」と思っているのが(5)だったかな?書いてるから。
    主人公は「たったあれだけ」だけなんだけど、ちょっと無神経だった。
    もしかしたら相手からしたら「傷口に塩」「気にしてた」「言ってはいけない一言か行動」「気に触る」「嫌な事を言われた。やられた」恨みに変わる可能性がある。身勝手な嫉妬もあるから。

    トラブル後は、挨拶すらダメ。会釈してスルー程度。

    今は相手に付いてる人も、一緒に意地悪している人も、自分たちの意地悪の様子が噂になって、火の粉をかぶるとしれば、相手のママから離れる。
    離れる時の言い分。だって「あの人があんな話をするとそうおもうじゃん」と「自分たちは悪くないと自分たちを正当化します」女子のイジメの法則。

    だから相手もいざとなればボッチになるんだけどね。相手のせいです。意地悪一緒に参加してたのに、オカシナことになる。

    ユーザーID:0065256965

  • 距離感が大事。ママ友は学生時代の友達と同等に考えない。

    神対応というわけではありませんが、ママ友はあくまで近所付き合い程度の距離感を保つのが肝要だと思います。「子どもを介しての知人」程度の意識にとどめておくのがベターです。知っている人で子どもつながりで仲良くなったママ同士が、ある頃から全くの疎遠になったケースを知っていますので、私自身はランチ仲間になったママ友たちとも最後のところで油断しないよう注意しています。学生時代の友達とは訳が違うと肝に銘じておく必要があります。

    ユーザーID:5867304683

  • 皆、世界が狭すぎ!

    私はアメリカの白人ばっかり住んでる街に住む、数少ないアジア人の一人です。
    殆どの人達が、同じ町で一緒に育ってきて、本当に絆の強い所です。
    白人である夫は、この州からも出たことの無いのが普通な人達を、
    世界が狭すぎ、と言っています。

    そんな町で、子供が学校に行くようになった時、私は仕事でも見たことのない
    大きな壁にぶつかりました。 それが、ママ友、アメリカ田舎版。
    学校の最初にPTAの集まりがあったんですが、まぁ、目立ってたかも、私。
    幸い言葉は問題なくても、私が消極的でも、皆が知り合いの中、ポツンといる寂しさは分かります。
    でもね、色々とボランティアをして行くうちに、知り合いは増え、子供を待っている間、
    喋る相手は出来ました。 でも、そこまで。 それ以上、仲良くなった人達もいるには居ますが、
    付かず離れず、上手くやって来ました。 何しろ、家族が一番大事なアメリカ人なので、
    少々の予定変更や予想外のハプニングなんて、ナンテコトナイ。
    私が著者の立場だったら、何か気に触ること言ったんだったら謝ります。
    でも、はっきり言わない其方もどうかと思いますけど?とか、言いそうです、私。

    ユーザーID:0213317363

  • 草食ママだから…食われることがあっても食いません。

    私の場合、すべての関係を断っています。
    会うとか、連絡をとるとか。

    それは学生時代からの友達・社会人の同僚仲間も含みます。
    親友だと思っていた友達が、「リエちゃん」のように怒ってしまったことがキッカケで、友達づき合いが怖くなってしまいました。

    ママ友なんて、もっと怖い。

    でも、私は心細くて寂しくて、やっぱり誰かと繋がっていたい気持ちがあります。
    しかし、人間不信と言うか、臆病になってしまい、10年以上ひとりです。

    ずっと寂しいという気持ちはありながらも付き合いが苦手で、学校行事や幼稚園では疲れる日々でした。
    しかし、10年たち、慣れました。

    寂しさよりも、人間関係の摩擦がないので、ラクチンかもしれません。
    それにより、家族がすべてになりがちで、いろいろ別の問題を抱えますが…。

    私が一番、ショックだったのは、幼稚園のママ友達がすごく仲良くなっていて、下の前で呼び合っていたことですかね。
    そんなに親しい仲になれるのか、うらやましぃーって。
    完全に周りは進化してるなーって。

    でも最近はネットが充実しているし、草食ママでも幸せですよ。

    ユーザーID:2290054324

  • (7)を読みました。

    マンガの感想です。「女子のイジメの法則」だと思う。
    分からない主人公に分かりやすく説明します。

    相手ママとの出会い方と一緒。
    相手ママと仲良くなるキッカケは「子供がグズる」で一気に仲良くなった。
    マンガを読むとグループ交際にまで発展している。と、言うことは、主人公が居ないときに主人公の話で共感して結束した。
    知らないのは主人公だけ。グループのメンバー同士で「ほら、ああ言うことする」と仲間にふり、主人公のちょっとした事を悪く印象付ける。または、そのままの事を言われてる。なんとなく敵意を持たせる。時間があれば一緒に行動。やがて、空気が変わりだす。

    集団女子のイジメの心理状態。
    「私は悪くない。だって、あなたがああいうことするから、あの人がああ言ったから」。
    一緒になって意地悪したのは、自分自身。
    悪口を言ったのはだれ?振ったのは?
    人は罪から逃れようと話し出す。「私は聞いただけ」と。「聞いたら嫌じゃん」。聞いて嫌と感じるのに、周囲と暴露し合う。この時点で誹謗、中傷。ある事ない事。

    「私は悪くない。と自分を正当化」します。見えてる意地悪は聞いてて「どこが?」と思いますよ。

    ユーザーID:0065256965

  • ママ友かあ…

    私はまだママではなく独身ですが…
    私も他の兄弟も保育園生でした。母はフルタイムの勤めで、小学校に上がってからも休日もお友達と一緒にどこかへ出かけるという感じもなかったです。
    「私はお友達いないし、いなくても特に気にならないから〜」と母は言っていた記憶があり(仲は悪くないと思います)
    ママ友関係に悩んでいたことがあったかどうかは不明です。
    他のママもみんな働いていたので関わる時間がなかったんだなとは思いますが。

    このあと何かが解き明かされていくのでしょうけど
    相手の行動がどんな価値観に基づいているかを理解しあえないと
    大人になってから仲の良い知り合いを見つけるのは難しいなと実感しています。
    幼稚園のママ友はその最たるものですよね。
    たまたま同じ幼稚園に応募しただけ。
    よっぽど子育てへのポリシーが似ているならまだしも…
    相手の価値観を理解する土壌が意外とない人も多いので
    期待しない心を持つって大事だなと思います。
    と言いつつ期待してしまう私…
    人間関係は永遠に続く修行ですね…。

    ユーザーID:1991917941

  • 著者には、相手の視点でも描いて欲しい。

    主人公が悩んでる様子は、繰り返しマンガで、書かれてるので、違う視点、相手からの視点でも描いて欲しい。

    相手が「あんなに仲良しだったのに」会うと完全無視。主人公は挨拶してくる。隣に座る。なぜ?
    いつから、こんなことになったんだろう。
    どうして、こんなことになったんだろう?

    私は(相手)コロッケなど理由付けて距離を縮めたんだろう。
    相手の家に夕飯時?「良かったら〜どうぞ」で上がりこんだんだろう?
    待っていた言葉かもしれない。
    人の子どもが嫌がる顔してるのに、子ブタって失礼だったような?
    もし、私の子どもが、ノリとはいえ、子ブタと言われて、泣いてるのに、そのママさんが辞めてもくれず、見てた人が笑ってるだけだったら?

    私はなぜ、分かりやすく意地悪をするんだろう?
    私はなぜ、完全無視するんだろう。
    私がお茶に誘った。安堵感はあった。仲良しだったはず。あの一言までは。
    私はなぜ?を描いて欲しい。

    ユーザーID:0065256965

  • 周囲のなぜ?も宜しくお願いします。

    キッカケは主人公と相手からだった。

    グループ交際までになった。
    近所に友達が出来て、初めは楽しかった。

    楽しかったはずが、今は、、、。

    私は意地悪に同意して、相手を煽ってる。

    確か、主人公のあの一言。主人公の一言の前に、相手や私たちにも落ち度はあった。
    「でも私たちは、的が自分じゃなくて良かった」と思ってた。まさか、ここまで大事になって、陰で言われてるなんて、浅はかだった。
    なぜ?どうして、こんなことになったんだろう。

    もっと外野の人たち。
    「仲良し同士が揉めた」と、噂を楽しんでた。周りの取り巻きの様子も話してた。人のトラブルなのに、「私はこう聞いた」聞いた話をしてばかりした。私は噂を聞いて無視することにした
    誰にも頼まれてない。ただ聞いただけで、主人公を避けた。関わり合いたくないって、保身した。
    でも、私のしたことは、同類だった。私の判断で無視したんだ。挨拶するくらい出来たのに、無視をした。
    噂を聞いただけで、無視をした。決めたのは私だった。
    噂には尾ひれがあるって、悪意があるって、知ってたはずなのに、人伝で人のこと知ったつもりでいた。

    なぜ?こんなことしてしまった?

    ユーザーID:0065256965

  • 誤解を招くといけないから、付け足しを。

    家庭に問題があっても、無くても、意地悪な人は居ますよ。
    夫婦仲が良いからと言ってさ、「仲良し」とは本人たちから言わない。勝手に言われてるだけで、「ありがとう、でも〜そんな事ないよ」と言う。妬み予防。嫉妬ほど怖いと知ってるとそう答える。知らないと「うん、ありがとう。私たち仲良しなんだ」と素直に答える。

    浮気されてても、普通に振る舞う人もいる。妬まない。ただ、子ども育てるのに必死。家庭が壊れているなど、言わない。知られたくない。

    同居している。不満が。。。でも意地悪な人と意地悪ではない人に別れますよ。
    やたら詮索する人も、幸せそうな人に話を聞いてあやかりたい人も居たり、知りたくて聞いてる人もいるので。

    他人が褒められてる事が気に入らない人もいる。家庭に問題なし。文句さえ言わなければ「幸せそうな家庭」と言われてるはず。惜しい。
    家庭に問題があるかなしか?
    あまり関係ないかも?意地悪な人は意地悪。
    ただ、一方的に嫉妬されてるのよ。
    見る人からすると、幸せそうに見える。とか、自慢に感じる。とかね。

    ユーザーID:0065256965

  • (8)読みました

    役員は普通に断ってるから、それぐらいでは、誰も怒らない。たまにいるかも。
    相手のお子さんから「あの子と遊んじゃいけない」と主人公の子どもが送迎途中で言われた、周囲に人が居るのに話してるのが主人公の子ども。(悪く告げ口する人いるよ)
    仲良くなった新しい子を見かけて、駆け寄る。主人公は仲良しの相手ママには軽くスルー。(どう思ったかは不明)相手ママはポツン。

    新しい子どものお友達ができたら、新しい子どものママもこの頃だと「主人公のお友達」ではないのかな?

    相手ママも「主人公は友達」とおもってたんじゃない?よそよそしくされた、なんでだろう?うちの子は、友達の輪が広がないなんで?
    下手したら、相手の子どもが家で作り話していたり?信じたり?「うちの子はこう言ってる」など。ほかのメンバーと話してた?

    お遊戯会のセンター?稀に嫉妬する人はいるよ。センターで、褒められてるのが気に入らない人もいる。


    「たったあれだけ?」ってなんでしょうか?
    相手の嫉妬、気に入らないだと、対応策はないのですが。
    幸せアピールは危険。

    ユーザーID:0065256965

  • ママ付き合いは「あれ?」が多い

    人のトラブル内容より、読者として、なぜ、こんなことになったのか?が気になります。
    集団心理なのか?リエさんを煽っているのは誰かいるのか?

    今のところ、誰かから個人的に深い話は出ていない。楽しかった様子が描かれてて。
    行き過ぎた行動は相手のリエさん。コロッケで登場、主人公は快く招き入れる。リエさんBBQで一人だけノリすぎ。主人公は同意し笑った。
    不仲になって「どうしてだろう」と悩む。公園で注意しない。無視され、隣りに座る。でも挨拶はする。分かりやすい意地悪され「こんな人だと思わなかった」と、心の声の主人公。読者は重たいと感じる。浅い付き合いの人はだったら、どうなんだ?

    読者は更に周囲のひと、どこの誰だかも分からない。

    リエさんに話をジカに聞いても、私は仲良しメンバーでも無かった。リエさんの言い分、周囲の言い分。主人公の言い分。

    周囲が主人公の悪口で群れたら、長続きはしない。悪口が好きな人しか残らない。人には罪悪感があるから。罪悪感がないと、悪口で盛り上がり、ストレスのはけ口にされる。あとは思い込みが激しい人は主人公の持つ一面を聞いて信じてしまう人はいる。

    ユーザーID:0065256965

  • いきなり距離を置かれたら

    主人公みたいにはなるけど、リエさんが仲良くなり過ぎて離れて欲しかっただけなら、マンガみたいなことは起こらないような?

    マンガを読み返すと、リエさんから主人公に寄り付いてる。
    主人公は自分の友達だと思ってたから違和感がない。
    主人公に、辛うじて挨拶している人は、ママ友を友達と思ってないというか、ママ付き合いと思っている場合もある。なんとも言えないけど。
    リエさんが主人公以外のお宅にコロッケを突然持って行ったら、違和感を感じる人もいる。玄関先でおしまいの場合もある。
    「上がって」と言われても上がらない人はいるし。おすそ分けだから。

    お風呂は何処のお宅か分からないけど、凄い誰も遠慮しないんだと思って読みました。当たり前に汗かいたからお風呂?近所なら一旦帰ろうよ。こう言う話はトラブル後の話で聞きます。
    主人公はマンガを読む限り「ありがとう」「ごめんね」とか言わないんだね。こう言う些細な事を言われて弾かれますよ。
    どなたかも書かれてますが「親しき中にも礼儀あり」で「親しくなくても礼儀あり」だと思う。

    ユーザーID:0065256965

  • 2−(2)まで読みました

    リエちゃんみたいな人、いますよね。

    私はどちらかというとトピ主さん側の立場なので、
    リエちゃんみたいな人の気持の移り変わりと、態度の変え方の心境を聞きたいな。

    まだ何か書かれていない部分があるのかもしれませんが、
    ここまででは、主人公に特に非はありません。

    夏祭りの委員を一緒にやろうと言われたけど、
    主人公は事情があり、きちんと謝ってお断りした。これは仕方のないこと。
    リエちゃんはこれで「あたしが誘ったのに断った?!」って思った…?

    ミィちゃんがお遊戯会のセンターになったのが気に入らなかった?
    役員も断って何もやらないのに、なんでセンターで目立ってるの?
    って思った…?

    お遊戯会の後のリエちゃんとママ友のあの態度。
    ランチ会みたいなのをやって、リエちゃんはあることないこと言いふらして
    同情をかったんじゃないかな… って思うんですが。。

    思い通りにならなくてイライラするのは皆同じ。
    態度に表さなきゃならないのは、どうしてなの?

    主人公にやっているようにいきなり無視されたら
    自分だって嫌じゃないのかなぁ…。

    リエちゃんの心境、分かる方がいたら私も是非教えて欲しいです。

    ユーザーID:0917496424

  • マンガを読み返すと

    どちらにも言い分はあり、どっちもどっち。

    本当に不思議だと感じるのは、主人公とリエさんだけ?グループの問題が、あっという間に広まること。広まった後の周囲の反応。
    十代ではあるまいし、そして主人公が孤立すること。孤立感を感じる程のオーラを出すこと。

    そう感じるだけかもしれない。

    マンガだと、どう纏めて終わるのでしょうか?
    これが実生活なら、レスにもありましたが、「濡れ衣を着せられて、いつまでも悪者」です。
    名誉毀損状態で、例え、本当のことを話しても、群れてる人、悪意がある人は先回りしているし、周囲に根廻ししてるのです。

    噂で「あの人が、ああだったみたいよ」といつまでも言われて、新しい対人関係すら小学生になっても言われ続けてます。悪者扱いで話が進んでる。本当のことは、悪者扱いされ、弾かれた人と悪意を持つ人が数人いれば、数人が嘘を付く。自分たちの悪意を悟られたくないから群れてるだけ。

    ユーザーID:0065256965

  • 視点が主人公側というのはアンフェア

    相手のママの言い分もないと
    判断できない。

    夏祭りの係も、来年やろうかなと自分で言っていたわけだし。。。

    ユーザーID:2466124845

  • リエの気持ちわかるなぁ

    だってサキって、ギブ&テイクのギブをせずに、テイクばっかりほしがるタイプに見える。

    子どもがお世話になっている幼稚園の行事、雑用をママたちで分担するのは当たり前ですよね。佐山さんなんてフルタイムで働いているのに委員長もしている。
    それなのに専業主婦のサキが「まだ何もやったことのない人」っていうのがまず疑問。他のママから不満が出て当然だと思うし、「いじわるのつもり?」って思っているっていうことは、リエに水を向けられなかったら、今回も何の係もしないつもりだったの?「はじめから立候補しろ」っていうリエの言葉に同意する。
    買出し係、車がなくて大変っていうけど、だったら買出し係ができない代わりにこの仕事やります!っていう気がサキにあったのかな?
    リエの夏まつり委員会の誘いを断る「旦那の仕事が忙しい」って理由も意味不明。旦那の仕事を手伝ってるわけでもなさそうだし、以前は「今日パパ遅いんだ、あがってってよ」と旦那の仕事の合間にママ友と酒飲んだりしてるわけだし、その時間に委員会の仕事をすればいいのに。
    テイクばかりの人間から周りが離れていくのは当然だよ、ギブばかりするのは誰でも嫌だもん。

    ユーザーID:6597095981

  • 私はそんなに悪くないのに、、、相手は酷過ぎるという感覚が

    うーん、第一話から読んでいますが、
    私は悪くない、たいしたことじゃない、と思っていることが相手にとっては、
    あからさまに拒絶していいと思うほど、嫌なことだったってことですよね。

    必要なときは向こうも話しかけてくるわけだし、
    完全に無視されているというわけでもない。

    相手に嫌がられているのが判っていても、笑顔であいさつする私は大人で、
    相手は大人げない、と、相手を悪く思っているのがイマイチかも。

    「仲間外れにされてる」「悪口言われてる」「こわい」
    という発想も、かなり子供っぽい気がします。

    確かに相手は、あからさまに嫌っている。
    むしろ、相手的には、
    「嫌いな相手に対しては、嫌いな気持ちを隠さない、
     周りには味方を増やす」というのが、困ったときにやっている「神対応」なのかも。
    こういう人って、女性には必ずいる気がします。

    それでずっと上手く行って来たからそうなのでは?

    私も、相手の側からのお話を書いて欲しいです。
    主人公側目線で、主人公が被害者意識が強いようなので、相手の主張を知りたいです。

    ユーザーID:8082692699

  • 係や役員の分担のこと

    先人のレスを読んで思ったことを‥

    年長だったら、「まだ何もやってないのに」と言われちゃうのは分かるんですが
    年少や年中だったら、特に希望しなければ何もやっていない人もいるでしょう。

    それに第一子の場合は、ママ自身もよく分かっていない場合があります。
    特別子どもに関心があったり、友だちや親戚に子どもがいたら目にもするけど
    出産前まで仕事をバリバリにやっていたような人は、その辺疎いので責めて欲しくない所です。

    それにサキは、テイクだけ欲しがっているようには見えません。
    初めてな事が多く、ママ付き合いに慣れていないだけな気もします。

    ですから、各々の価値観の違いと、主人公がクラスの係や役員を、
    ”本当はやらないといけないのに理由をつけて逃げ回っていたのか?” が
    事実かどうかが、分かれ道なのかなという感じがします。

    夫の仕事の関係で係が出来ないというのは、
    ・核家族で生活している
    ・園の係の仕事が、休日や夜などにも行われている
    等の理由はないでしょうか。ミイちゃん一人、家に置いておけないですからね。

    …どちらにしても、リエさんのような
    「周囲を巻き込んでの無視」は良くないですよ。

    ユーザーID:0917496424

  • 仲良しの頃、何を毎日会って話してた?

    マンガで描かれてるだけなので、分からない事がたくさんある。
    全て推測になってます。

    不思議なのは、来年夏祭りの役員をするなら、なぜ、去年の夏祭りに参加したときに、どんな紙コップがいいとか、見てないのかな?
    毎日会って話してたなら、夏祭りの話とか、何を準備してとか、聞いてても良さそうなんだけど。
    聞かれても「◯さんがこう言ってた」があるから、仲良しにも答えたくないんだけど。←何かあるとトラブルの元になるから、名指しは控えてる。噂になってます。
    自分で参加したとき、夏祭りでどんなモノがと参考程度に見てないのかな?

    分からなければ人に聞けば良いの考えは辞めた方がいい。聞かれた人に負担が掛かる。苦情が入れば、名指しされた人が被る。
    「ノートに書いてない。」と仕切る人。誰も覚えてないのか?見てないのかな?不思議。
    誰も主人公を助けない理不尽さ。もし自分が意地悪の的だったら?と考えない。自分の保身。

    主人公も来年というならば、参考して覚えよう。
    先生に聞くのもアリだと思うけど。

    言いたい人は言う。
    記憶力が良い人がいて「あの人やってない」ってね。言うだけ、同意すれば…。

    ユーザーID:0065256965

  • ママ付き合いが自分の居場所だったら?

    リエさんが自分の居場所の為に明るく振舞っていたら?
    「人にしてあげることが好きなタイプ」「人に尽くすのが好き」だったら?喜ぶ顔見たさに親切をだと周囲は大概は困ります。
    「悪いわ」と罪悪感が芽生える。

    してあげることが好きなタイプだと、周囲は「悪いわ、いいわ」が発生するけど、それがマンガだとない。リエさんがノリよく明るく立ち回ってるだけ、誰も手伝わない。見てるだけ。「悪いわ、リエさんは子守りで、食べてないでしょう。交代」がない。主人公は肉焼いてる?他は?BBQより。

    主人公も、三人家族には多めのコロッケのお裾分けに「こんなにたくさん、ありがとう、悪い」もない。不思議。

    リエさんがママ付き合いが自分の居場所だったら頑張る。
    周囲も、そんなリエさんに悪いとも感じないのも不思議。

    私の周囲だと、「いつも〜」のあと、「悪いわ」「ごめんね」「ありがとう」です。
    辞退している「いいわ」なのに、親切の押し付けが続くと「なんなの?あれは!」です。どちらかと、言うと、リエさんの仲良し行動を悪く言われますが、マンガの登場人物が誰も「いいわ」「悪い」と言わないから不思議。当たり前?

    ユーザーID:0065256965

  • 何処から突っ込んでいいんだか・・・

    成る程な〜と思ってみています。
    神対応に・・・と書かれているのでその点について。

    紙コップの件
    私の場合、いつ係の『出番』が来るかわからないから3年ほど前から該当役員の行動を観察しています。
    格好良く言えば『リサーチ』。

    というのも大概「去年どうやっていたっけ?」が出るのです。

    そういう時に、過去を遡って「あの時は・・・」の生き字引的発言が出来ると大変ありがたがられます。
    勿論自分が役員になった時、労力は軽減されます。

    主人公の場合、出たとこ勝負・・・というか。

    毎年参加者では?。
    イベント成功の為に誰が何をやって、何をだし、どう発言しながら動いて働きかけているのかまるで見ていなかった。

    私も聞けない時があるので、結果自分でデーター集めです。

    今回は『昨年度の役員さんに聞く』が○。正解。


    も〜脇甘過ぎ。しっかり者の委員長さんではありませんが、ハラハラと心配で。

    『火サス』でしたら、夏祭り後、崖下にママ友さんの・・・で、音楽〜ちゃらら〜。
    ちびっ子達が探偵団を結成。悲しくも切ない事件解決。
    邪悪なママ達は皆改心し、遠く旅立っていくのでした。

    〜なんちゃって。

    ユーザーID:2548024181

  • 恐いのはママ友だけではない

    恐いと思う存在を思いつくままに列記していくと、義親(姑)が恐い、毒親(実親)が恐い、ママ友が恐いとなるのでしょう。さらには、配偶者が恐い、隣人が恐い、兄弟が恐い、親戚が恐い、となっていくのでしょう。

    恐いと思う存在を、言い方を変えると「鬼」になるのでしょう。自分の周囲に「鬼」がたくさん居るように思うのです。義親、実親、ママ友、配偶者、隣人、兄弟、親戚など、みんな「鬼」に見えるのです。どうしてなんでしょうね。

    「鬼」に見えるのは、自分が「鬼」だからです。自分が「鬼」で無くなったら、周囲から「鬼」が居なくなりますよ。「鬼は外、福は内・・・」節分、バンザイ!

    ユーザーID:3811148589

  • 主人公の気持ちの描き方がリアル!

    小学生と幼稚園児の二児の母です。
    私はどちらかというと主人公と似たタイプなので、主人公の心の動きがよく分かります!
    そして、主人公の問題点を鋭く突いているレスの数々にグサグサきています(笑)
    私の場合、疎遠になってしまった人は子どもの幼稚園・小学校が異なる人なので良かったのですが、この主人公のように同じ園内の相手だと、地獄でしょうねぇ……。

    ほかの皆様のご指摘にあるように、ママ友トラブルって距離が近過ぎることが大きな原因だと、私も実感しています。
    マンガの中にも出てきますが、子どもの友達は自分の友達ではないんですよね。
    私は「ただのママ友ではなく、私自身の友達ができた!」と勘違いしてしまった。
    どうも、相手もそう思ってくれたみたいでしが、そこからバランスが崩れてしまいましたね。

    ママ友付き合いがこじれると、子どもに影響が出てしまいます。
    それを避けるためにも、相手がどんなにいい人でノリが合ったとしても、少し距離を置くのが一番良いのかな。

    でも、育児どっぷりだと独身時代の友達とはなかなか会えないので、新しい「自分の友達」が欲しくなっちゃうんですよね。
    難しいところですね。

    ユーザーID:5759229807

  • リエさんは悪くない

    >リエさんのような
    >「周囲を巻き込んでの無視」

    ストーリーをはっきりさせるためには役割分担をしっかりさせないといけないでしょうが、現実こういう「察してチャン」の主人公とそれ以外ってことになれば
    周りの人も見てわかるでしょうね。
    リエさんは周囲を巻き込んでません。周りの人がどちらが悪いかの空気を読んでいるだけです(つまりトラブルメーカーには近づかない方が無難ということ)。
    リエさんの人徳でしょう。

    ユーザーID:6750802937

  • 主人公は何をしていたんだろう?

    ママ友ライフを楽しんでた。園の行事には無関心だったのかな?

    マンガで描かれてないし、これから描かれるのか分からないですが、マンガの題材が「ママ友トラブル」なのだから、トラブルの断面を主人公が思い当たる節、楽しんでた頃があるから、園の行事も「あれが原因?」と主人公が園の行事にどれだけ興味があったのか分からずです。

    距離を置かれたら、主人公がどれだけ考えても無駄だと思う。リエさんは離れてしまいました。
    主人公が一人で楽しかった頃や原因はアレかな?コレかも?と回想しているだけですが、全く違う場合もあるのです。

    濃厚なお付き合いがあり、違和感を感じなかった。ただ、回想して私は自分の友達だと思い調子にのってた。と感じた。
    読者からみたら、リエさんも同じたったように見えました。

    リエさんに誰かが何を言ったとかもあるのです。
    ある事にない事、ない事にない事です。リエさんはその事を信じてしまったのかもしれないです。

    主人公の挨拶を二人で無視?リエさんともう一人で話し合ったのかもしれないです。
    リエさんが何かを聞いて、主人公に辛く当たるようになったとしても、それはリエさんが決めたことです。

    ユーザーID:0065256965

  • 情報弱者の負けってことで

    …まぁいろいろ皆さんのご意見を見るにつれ
    全ては「事前の情報収集」が重要かと。
    ネットや口コミで子供が入る園の情報収集を怠らない。
    できれば園の周りを数回散歩なんかしておくとベスト。

    発言小町などでママ友付き合いや人間関係についてそつのないようにしておく。
    雑用などをさっとできるように気配り目配りは怠らない。
    先輩ママ友からの情報収集は特に重要。
    先輩ママ友と仲良くできるように役員はできそうな時は立候補しておく。

    これができない情報弱者は負けってことで。

    ユーザーID:6750802937

  • 大人だしね1

    >年長だったら、「まだ何もやってないのに」と言われちゃうのは分かるんですが
    ミイちゃん年長さんですよ。

    >出産前まで仕事をバリバリにやっていたような人は、その辺疎いので責めて欲しくない所です。
    兼業、専業関係なく、気働きしてくれるママはしますし、お客さん気分のママはダルマみたいにどっかり座ったままですよ。

    サキは周りに気遣いできないタイプですよね。
    周りがどんなに大変な中時間をやりくりして幼稚園の仕事をしているかなんてお構いなしに、「旦那の仕事が忙しい」から私はできない、で思考停止しちゃうタイプ。
    こういう出来ない理由を探すタイプの人は、どんな状況であっても何かしら理由を探してやらないものです。
    自分にもできることを探すとか、どうやったらできるか工夫するなんて考えもつかないんでしょう。

    で、「うちの子センター!」って、おいしいところだけちゃっかり持って行く。
    それは他のママさんたちに疎んじられても仕方がないと思います。

    ユーザーID:6597095981

  • 大人だしね2

    こういう人って、何か一つの大きなきっかけがあって嫌われるわけじゃないんですよ。
    付き合っているうちに、あれ?あの人いつも全然働かないでおいしいところはしっかり味わうよね〜って、周りの心の中にだんだんモヤモヤが溜まっていく。
    それでもこっちも大人だから揉めるようなことはしたくないし、揉めるほどのことでもないしって、なあなあにしているうちに、心の中のモヤモヤがどんどん増えてきて
    最後は些細なきっかけで「やっぱりもう無理!あの人付き合いきれない!」ってなるんです。
    今回はたまたまそのきっかけが、「うちの子センター!」だっただけの事でしょう。

    で、こういうパターンって、和解しようがなかったりするんですよね。
    1つの大きな事件がきっかけなら、そのことについて謝ってもらって水に流すこともできるのですが
    こういう積もり積もったモヤモヤの結果「この人の人間性が無理!」ってなっちゃったのって
    嫌な部分が相手の根本的な性格なだけに、もう疎遠にするしか手段が無いんですよ。

    ユーザーID:6597095981

  • 大人だしね3

    サキは「わたしの何が悪かったんだろう」ではなくて「なんでこんなことになってしまったんだろう」と被害者意識バリバリですしね。
    両者ともに歩み寄る余地が無い。

    まあ、いいんじゃないでしょうか。現状維持のままで。
    これで二人が子どもなら、共通の友達なり保護者なり教師なりが間に入って落とし所を見つけるのでしょうが、二人とも大人ですから。
    周りとの良好な関係を構築できてもできなくても自己責任ということで。

    >…どちらにしても、リエさんのような
    「周囲を巻き込んでの無視」は良くないですよ。
    別にリエが周囲を巻き込んだわけではなくて、サキの事を「もう無理!」と思ったリエに共感する人がそれだけ多かったというだけの事。
    みんなサキのそういうちゃっかりしているところを不快に感じていたのでしょう。

    このレスの質問の「神対応」についてですが、そういう小手先のことではなく
    大人として相手に甘え過ぎず、自分の果たすべき責任はちゃんと果たして、対等な関係を築く、これに尽きるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6597095981

  • よくいるタイプ

    リエさんは情緒不安定。

    「素敵なママ、出来るママ」と思われたい欲求が強い。気も利くし色々やってくれるけど、

    常に上記のように持ち上げていないと不安から機嫌が悪くなってくる。


    そして被害者意識が強い性格。

    私のママ友にもいましたが、とにかく全て悪いのは相手。思考回路は「〜〜された。私は被害者」です。それを巧妙に周囲にアピールします。


    神対応でなく普通の対応ですが

    小学校に入ればママ関係は自然に希薄になりますから、それまでの辛抱と割り切り、他に気の合うママ友を見つけて日々を楽しむ。
    せめて、保護者会で立ち話ができるママ友を確保する。


    理由があったとしても、いい大人が突然挨拶まで完全無視しはじめ、それを長期にわたってする行為を肯定はできません。

    漫画の設定上のことではありますが、リエさんを肯定する人は、

    お子さんが学校でサキさんと同じ目にあっても受け入れるのかな?

    もしくは自分の子にリエさんの行為を推奨するのかな?

    ユーザーID:1601328360

  • ちょっとわかるなぁ1

    主人公、サキさんの気持ちわかりますよ。

    マンガが読むと、まるで高校生か大学生の女子グループのささいな行き違いからくるすれ違いのようですが・・・そこから孤立してしまう人が繊細だと、その世界が辛くなりますね。

    わたしの場合は、引越しからでした。

    引越先の幼稚園で、同じクラスのママさんがよく話しかけてくれました。

    最初に親しく話してくれたママさんが本当に親しげで話しをよく聞いてくれたので、こんなに気の合う人ができるなんてと嬉しかったのですが。

    こちらも親しくなったつもりでママさんの子供とうちの子供が会う機会を増やしたいなと同じ習い事をして話しかけたら、ある時から露骨に避けられてるのが解りました。その頃は本当に例えば紙コップの色を聞くだけなのに、怖くて話しかけられなかったな・・・他のママさんにもそのママさんと仲良しの人とは怖くて話しかけられなかった。

    それから一年くらいは一匹狼を覚悟しました。あとは他の子供達と話す機会を増やしたかな。お友達を家へは招けませんでしたが、幼稚園内で子供同士が仲良ければ満足だったので。あとは情報は役員さんか先生に聞きました。

    ユーザーID:6476936078

  • ちょっと、わかるなぁ2

    一匹狼を覚悟して1年くらいたって、別のママさんがある時、ふと公園遊びにうちも誘ってくれました。

    その時に久しぶりに子供が放課後公園で友達と遊んでいるのを見て、ママさん達の話をぼんやり見ていましたが。みな、意外にいつもと違うグループのママは一人でいたり、昔私に話しかけてくれたママは、その場限り誰とでも上手に話せるベテランママなんだなって・・・人物判断してそこから離れたり近づいたりするんだなって・・・そういうものなんだなって・・・。

    それから同じ曜日に遊びに行き、子供が楽しそうに遊ぶと、同じ時間まで残れるママが数人いてその人たちと仲良くなりました。

    子供が仲良くできる友達のママとは子供つながりという距離感大事にしています。私はいつでも一匹狼の覚悟をもっています。

    ユーザーID:6476936078

  • 謎めいた世界観…

    はっきりさせずに生殺しの状態を傍観している意地悪なママ友…

    原因はいろいろありますね…
    役員をしようと誘った時に一緒にすればよかったものを…

    お世話になっている幼稚園のために役に立てる機会と相手のママ友との良好な関係を続けられた機会を同時に断った理由が、最優先しなくてはならない家庭内の大問題でもなさそうなことだったのが今の悩める主人公の未熟さ…

    一旦判断のミスをした段階でママ友の関係は解消され、その未熟な立ち振る舞いがどれだけのものなのかを思い知るのも勉強なのかもしれない。

    こればかりは本人の奮起しかない。
    孤独であろうが何であろうが逃げることが一番よくない結果を生む。

    彼女等は傍観者だということを認識して一切の期待をしてはいけない。
    信じられるのは自分しかいないことを自覚して準備万端、全ての確認に手を抜かずに買い物係の職務を全うするしかない…

    信頼を勝ち取ることができれば息苦しさなんてなくなる。
    卒園の頃には悩んでいた今頃が懐かしい思い出に変わる。

    ユーザーID:5582278895

  • 老婆心…

    神対応はどんな対応なのかわかりませんが…

    私が危惧するのはそのまま子供も同じことをするようになるということです。
    いわゆる女子の世界ですね。いつもいつも誰かに気を使いながら生きてるって感じがします。
    そして意地悪する人の子供も親の真似をします。幼いと親の世界が常識だから。連鎖を断ち切れるといいですね。

    あと、イジメにも同じことがいえますが家庭環境、背景が気になります。リエさんはご主人と不仲とのこと。サキさんへの嫉妬、妬みもあるかと思います。
    それも手のひらを返した態度に表れたのでは?経験上から手のひらを返す態度ができる人は相手が名声や有名人になるところっと豹変するような人が多いです。

    サキさんは誠実そうなので今のまま堂々と挨拶をし続ければいいと思います。入学後は自然に離れるでしょう。
    少しだけ人に頼らずに自立できるといいですね。誠実な人には誠実な人が寄ってきます。子供も同じです。

    ユーザーID:8325085127

  • 被害者意識が強すぎる

    まるで役員を押し付けられたような書き方だけど
    去年来年やろうかなと言っているんですよね?

    ユーザーID:8018653712

  • 回答しますね

    >リエさんを肯定する人は、
    >お子さんが学校でサキさんと同じ目にあっても受け入れるのかな?
    >もしくは自分の子にリエさんの行為を推奨するのかな?

    そもそもサキのような人の気持ちに構わず、迷惑も顧みないような性格には育てません。
    リエさんのような……ってどうして自衛を悪いように取るのか理解できません。別に必要なことはちゃんと話しかけてあげてるんだし。
    特に悪いところはないと思います。

    それに、今の段階で明らかにほとんどのレスを総合しても、サキがちょっと?な人だということで一致してると思います。
    逆転でリエさんを悪者にしても……そっちの展開のほうがずるいと思います。

    ユーザーID:1957697551

  • 神対応無いです。「人のプライドVS人のプライド」。

    女って、
    「仲良し」を嫌いになると180度変わり、
    その人の全てが大嫌いになりますよね。
    嫌いの理由をもっと探しながら、
    「やっぱりひどい人」と嫌いになっていく。

    リエさんも、
    主人公サキさんが大好きだったんだろうと思う。
    だからいったん嫌いになると加速する。

    こうして漫画などで読むと、
    自分のことじゃないから安心して考える。

    互いの「プライド」が傷ついてこじれるんですよね。
    リエさんは、大好きだったサキさんから、
    命より大事な我が子批判されたと思った、
    それは自分批判より辛い。

    主人公サキさんはそれに気がつかなかった。

    で、
    今回第三者に勇気出して理由を聞いて、
    自分が散々苦しんだ理由もやっと知って、
    「誤解なのに」と思っても、

    でもリエさんは釈明も弁明もしないんだよね。
    「でも私は無視されても挨拶する」って馬鹿なプライド。

    なんじゃそら!ですよ、
    リエさんのプライドも相当高いです。

    「仲直り」の手間が疎ましいなら、
    それはリエさんの怠慢です。

    「神対応」ってないのかも。
    やっぱり私たちは「人と人」なんだなと思っちゃう。
    その都度、一生懸命に付き合うしかない。

    ユーザーID:0737851917

  • ああ・・・やっぱりね

    主人公の発言って「解釈のしようで誤解を招く」だろうなぁ・・・・と拝見していました。

    「みんなで仲良くしなきゃ・・・・」の下りもそんな懸念のできる発言でしたね。
    ミィちゃんは「ののちゃんは新しいおともだちにやさしくしない。仲良くしないのはダメ(=意地悪)」とママが言ったと解釈できちゃった。

    わたしも第2章(2)を拝見した時に「あ〜これってののちゃんを否定しちゃっている発言だわ」と受け止めました。
    すごくモヤモヤしたもんです。

    案の定・・・でしたね。

    それ以前にも、夏祭り委員の断りに「ダンナの仕事が忙しいから無理」とトンチンカンな返答するし・・・・。
    御主人の仕事を手伝っているのかしら?
    そうじゃないですよね?

    ご主人の帰宅が遅い日には、家にリエさんも招きいれてお酒を酌み交わせる余裕ありますよね?

    で「私は来年やろうかな」と言っていたはずなのに、言われるまで自主的に行動しない。

    他、ひとつ一つは小さいことでも積み重なった結果なんでしょう。

    これって「ママ友」の世界だけではなく、お勤めの場などでも出てくる問題ですよね。

    ユーザーID:8715074326

  • ああ・・・やっぱりね2

    そしていきついた主人公の思考は・・・

    「一番大事なのは?大事なことは?」の自問自答の結果が「だから今日も 笑顔であいさつしてやる」って、なんだか大事なポイントがそこかぁ・・・・・。

    これまた「無視する理由」を増やしているような者じゃない?

    神対応などどこにもありません。
    孤独から解消されたくば、時間がかかっても誤解を解く行動に移るべきだとおもいます。

    「リエさんが電話にでてくれない」は言い訳じゃないかしら。

    肝心要の話は電話ヤメールで済ませるものではない。

    私ならどれだけ無視されようと、「話をしたい」「話を聞いて」「貴女の話を聞かせて」としつこく食い下がるかしら。
    それで相手の怒りを買ったとしても、もう既に関係はこわれているわけですからね。
    恐れる事はないともうの。

    食い下がって自分の何が悪かったのか、知ろうとする努力があっても良いと思いますね。

    ユーザーID:8715074326

  • リエさんのムカつきの核はこれかしら

    『旦那が仕事忙しくなるから』と夏祭りを断った時に言ったセリフ。たぶんこれ。

    リエさんは自営業の夫、自営業の夫なのよ。なのでこれだと思います。

    良い時もあればどん底の時もあります¥売上とか経費とか使っている人とか、あります。

    どこまで手伝っているのかまだわからないですけど、旦那次第では嫁に全部モヤモヤやイライラなどのもんがダイレクトにやってきて喰らっちゃいます。

    堅実な家庭の出だったリエさん、親に愚痴零しても分かってもらえないだろうと、そうおもいます。
    サラリーマンの夫を持つ親友からのそのセリフは、かなりカチンとキテイルだろうと思います。
    しかし、たぶん勝ち組とかいう位置にありつづけていた彼女には絶対にコレを言ったりはしないと私はそう思います。

    仲間と喋っているときね、悪口なんて言っていないよ。ぜんぜん関係のない楽しい話題とかしていると思うよ。悪口を言っていれば皆最初は取り囲んでいるだろうけど、まだ幼さの残っている女学生じゃあるまいし、これはやっかいだなと、だんだん皆愛想は良くして離れていきます。こういうのはよく分かっているだろうからリエさんは、だから悪口は言わないと思う。

    ユーザーID:2629363290

  • まめに連絡を取り合う。

    第2章3まで見ました。
    結局、子供が言ったことが、湾曲して伝わったのでしょう。
    それが、分かったからには、話せる人に誤解だと言うことを説明して間に入ってもらえるといいのですけどね。

    私も子供達が幼稚園の時に、段々外されて、寂しい思いもしましたが、後になって考えてみると、
    仲良くしている親子は、幼稚園の後や休みにも一緒に遊んでいたのですよね。
    子供が幼稚園に行ってる間は、ランチをしたり、一緒に買い物や習い事に行っていたのです。
    私は、介護をしていたため、殆ど約束ができず、幼稚園の行事の時だけ混ぜてもらってる感じでした。
    更に、年長近くになると、同じ校区内の友達で固まっていたことさえも気付きませんでした。

    二人目の時に途中で、上記のことに気づき、その時のグループから離れ、新たに
    同じ校区内の人を探して友達になりました。ランチへ行ったり、お互いに家を行き来したり、
    一緒に遊びに行ったり、親だけで女子会したり、自ら中心になって、まめに連絡を取り合いました。
    おかげで、小3になる今も、仲良しです。
    人って、少しでも連絡がないと不安になるものなんだと思います。

    ユーザーID:7634583223

  • は〜大人げないリエさん。

    「できる」タイプのリエは、プライド高そうだな と思った。
    賢い親なら、「そういわれた原因はなんだろう」と思うはずですが、
    最初から、うちの子が意地悪って言われた!とばかりに立腹ですね。

    親しい仲なら、「うちの子、誰かに意地悪してるのかな?」って聞けばいいのに。
    「陰で悪口いってる」って、第3者から聞いたならわかるけど、子供本人が言ってたのに、何言ってんだか。

    主人公が決定的に嫌われねばならないようば落ち度は感じなかったので、ああ、やっぱりなという感じ。
    同調する周りのママたちは、自分たちの方が陰で悪口いってるのだと思わないんですね。

    私なら「うちの子が遊びに入れてもらえない理由が、新入生が一緒だからとののちゃんに言われた。そんな意地悪いっちゃダメだね、みんな仲良くしないとね。と言って、慰めたのは事実ですが、ののちゃんが意地悪な子だとは言っていませんし、他のママに陰で言ってもいませんが、陰口ですか?」とみんなの前でまず言いますね。疎遠上等です。

    いうことは言う、聞くことは聞く、もっと毅然として欲しい、主人公さん。

    ユーザーID:4964878279

  • 女の子のママ特有かも

    子供の言っていることを鵜呑みにして真に受けるのって
    女の子のママ特有の事かも知れません。
    女の子は口も達者で、ある意味頭が良い。
    女の子のいじわるはママ達にわからないようにやっている。
    私はおしゃべりに夢中にならずに子供たちの様子をよく見ているから
    やっているなぁと思って「どうしたぁ?」って声かけると
    巧みにごまかしてくる。
    逆に男の子はわかりやすいからお母さん同士で呆れながら笑って
    すぐに子供に注意しやすい

    ののちゃんが仲間はずれまでいかないけどみんなと仲良くできなかったのを見て
    ミイちゃんの正義感から仲良くしないとダメだよって言っちゃったのかな
    りえさんは自分が夏祭りの係り誘ったのに断られたり、ミイちゃんセンターやって
    嫉妬心も相まって、サキさんに確かめもせずに無視しはじめたのかもしれないですね。

    おしゃべりに夢中で自分の子供を見ていない人ほど
    うちの子ばかりやられている!って怒っていましたけど
    お宅のお子さんもっとひどいことしてましたけどって
    言ってあげたかったな〜でも逆恨みされるから言わないけど

    ユーザーID:8668843527

  • かっこいい〜痺れる!

    >一旦判断のミスをした段階でママ友の関係は解消され、その未熟な立ち振る舞いがどれだけのものなのかを思い知るのも勉強なのかもしれない。

    この言葉かっこいい!まるで神の視点!
    本当にちょっとの判断で、人間の一生って台無しになりますよね!
    思い知るがいい………!!!愚かな人間どもよ……!

    いやぁかっこいい!

    ユーザーID:6750802937

  • リエを肯定しているわけではありませんが

    リエはリエで、すごく子どもっぽいやり口だと思いますしね。
    お手製のコロッケ持ってくるかと思えば口もきかずにプイって、いい年して人と適度な距離を保てないタイプだなと思いますし。

    ただ

    >リエさんを肯定する人は、
    >お子さんが学校でサキさんと同じ目にあっても受け入れるのかな?
    >もしくは自分の子にリエさんの行為を推奨するのかな?

    このご意見について回答させていただくとするなら
    リエもサキも子どもではありません。
    これが子ども同士のもめ事であったなら、周囲の大人もフォローするでしょう、なぜなら子どもとは未熟な存在、人付き合いについてもまだまだ勉強中の身であるからです。至らないところはフォローすると同時に、考えが足りないところは親子でしっかり話し合って、今後このようなことが起こらないように教育します。
    しかしリエもサキももう立派な大人。至らないところがあろうか足りないところがあろうが自力で何とかすべき年齢です。
    自力で何とかできないなら現状を受け入れるしかない、大人はすべて自己責任です、子どもと同列には語れません。
    大人になるということはそういうことですよ。

    ユーザーID:6597095981

  • あらあら・・・

    主人公の娘『ミイちゃん』と親友『ののちゃん』。
    2人は大の仲良し。

    ところが年中さんの時、新しいお友達『れいちゃん』登場。

    ののちゃんは、『自分だけの仲良し』だった筈のお友達が、レイちゃんに友情がドドーンと傾いたことが悲しかった。

    え〜なんで〜なんで〜っって。
    先にお友達だったのは私じゃん・・・

    だから「レイちゃんをいれてあげない!」と言った(んだと思う)。

    ところが新しいお友達に夢中のミイちゃん。

    「え〜?、ママが皆と仲良くしないのは『駄目って言ってた』よ!。
    ののちゃん酷い!意地悪〜!。」

    思ってもみなかった全否定の言葉に、ののちゃん大ショ〜〜ック。

    家で号泣(・・かな?多分)。驚愕のリエママ。娘に問い正し・・・。

    漫画を読むとリエママなりに「〜そんなバカな。」「何とか歩み寄ろう」という意思もあったと思う。


    因みに『レイちゃん』の事であれやこれやミイちゃんご注進〜の時に。

    「何故そう言ったと思う?。
    ののちゃんはミイと沢山遊びたかったんだよ。
    だってとっても大好きだから。
    すっごく寂しかったと思うよ?」

    〜の切々とした返しが母親として一言欲しかったかな。

    ユーザーID:2548024181

  • うーん…

    >「一番大事なのは?大事なことは?」の自問自答の結果が「だから今日も 笑顔であいさつしてやる」って、なんだか大事なポイントがそこかぁ・・・・・。

    私にはそこが大事なポイントだと書いてあるようには見えませんでしたよ?
    それは一番大事なもの(こと)を守るためのただの行動(通過点)であり、本当の回答はボカして表現されてるように思いますが(「行間を読んで」って感じで)。

    >「リエさんが電話にでてくれない」は言い訳じゃないかしら。
    >肝心要の話は電話ヤメールで済ませるものではない。

    電話の前に、「あのあとリエちゃんに会って話そうとしたけど、一切とりあってもらえず」って書いてありますよ。

    >食い下がって自分の何が悪かったのか、知ろうとする努力があっても良いと思いますね。

    パッパと読める形の簡単なマンガなので努力してないように見えるかもしれませんが、
    主人公は自分が何か悪い事をしたか友人に聞いているし、リエさんともその後会って話そうとしたり、電話したりしてるのだから、知ろうとする努力はしてないわけじゃないかと思います。

    ユーザーID:1328945758

  • ああ、イライラする

    ああ、イライラする、サキに。ばっかじゃない(失礼)とまで思う。

    紙コップがちがうっていわれても、他の人はいいっていっているんだから、リエを無視すればよろし。
    「リエさんはああいっているけど、、今年はもう買っちゃったから、これ、使いましょう。」
    私ならこれでおしまい。
    自分から買ってきます、なんて、絶対に言わない。
    だって、本当にたかが紙コップだもの。

    どういっても文句をつけてくる、って思っているなら、尚の事。

    神対応=何を言われてもスルー。

    子供が一人になっちゃったとしても、気にしない。リエぬきのグループで遊べばいいだけのこと。
    それもできないのなら、子供に習い事増やして、忙しくしなさい。

    ユーザーID:3044650875

  • リエ目線からの章があるべき

    皆さんのご指摘通り、サキにも反省すべき点がたくさんありますよね。

    にもかかわらず1章の終りの人物紹介で、リエの紹介だけに
    >就活も頑張ったものの全滅
    >夫との仲は冷め気味で
    と、今のところストーリーに関係なさそうなリエsage情報が載っている事にモヤモヤしました。
    サキにはサキをsageるような情報は何一つ載っていないのに。

    こういうことを書くということは、2章はリエ目線でリエの心の闇を掘り下げるのかと思いきや、2章もサキのグジグジ愚痴話…もうそれわかったから。

    リエは加害者サキは被害者って言いたいのかな?
    だったら人物紹介ではなくて、ストーリー上で読者が自然にそう感じられる展開にすべきなのに。

    こういう話はストーリー展開がサキとリエ両者に公平じゃないと楽しめませんよ。

    ユーザーID:6597095981

  • 就学までは人畜無害、存在感薄で

    ママ友を作らなければならないという思いこみを捨てればいいんです。とりあえず知ってるママには挨拶は欠かさず、話しかけられれば基本は聞き役、人の批判めいたことは振られても一切言わず、自分のことは聞かれない限り言わない。正直に話す必要などないので、謙遜ベースで適当に。誘われればたまに付き合うのみ。誘いを断る理由は旦那ではなく自分の親族の病気などを適宜創作します。こんな感じで誰とも一定の距離を置いていれば楽です。陰で付き合いが悪いだの暗いだの言う人が必ずいますが、内輪モメで騒ぐのもこういう人たち。余計なお世話です。

    専業ママは気持ちのオン・オフを切り替える機会がないのが辛いところです。ママ友たちと楽しそうにやってるように見えて、中はドロドロの噴火寸前な人が地雷のように埋まっています。触らぬ「地雷」にたたりなしで、子供が学校に上がるまでは、存在感が薄いけど人畜無害キャラでいくのが神対応ではないかと思います。

    私は幼稚園ママの閉塞感、圧迫感に早々に引いて、誰ともゆるーく距離を置いて過ごしました。その後、子供に関係なく気が合うママが何人かでき、つかず離れずの距離で細く長く付き合ってます。

    ユーザーID:1200202710

  • なぜ、私たちは、ここまでしてしまうのだろう。

    傷付け合い、憎しみ合う。
    仲良しだった頃は、毎日が楽しくて、こんなことになるなんて考えてなかった。

    無視されるようになってから、色々思い当たる節を考えた。

    それは、たった一言。子ども同士のやり取りの会話だった。
    私が言った言葉のある事にない事。
    話し合おうとした。相手は心を閉ざしてしまった。話し合いは不可能な状態。無視は続いた。

    あんなに仲良しだったのに…。
    「私は笑顔で挨拶してやる」気にしてないとアピールなのかもしれない。強がりなのかもしれない。

    でも、その行為は、逆効果だった。
    分かりやすい意地悪は、酷くなっていた。

    リエさんは一人だと、徹底的に無視。目も合わせない。
    仲間がいると、鋭い眼つきで嫌味を言うほどになった。

    「子どもまで仲間外れにされたら、イジメられたら?私が言い返す事なく、言いなりになって、我慢すれば、耐えれば…。」

    笑顔で挨拶してやる…?いらない?

    ののちゃんが言わなければ、うちの子からあんなこと聞かれなかった。
    うちの子がののちゃんの、あの言葉をスルーしていれば、良かったのかもしれない。

    そうか。スルーしてみるのもありなのかもしれない。

    ユーザーID:0065256965

  • そんなことぐらいでと思っていることが問題かな。

    後から考えてみると思い当たる節があるわけです。
    そんなつもりで言ったんじゃない、ってトラブルが起こった時によく言われることです。
    ですが、言葉というのは言った方の意図ではなく受け取った側の思いがすべてと言ってもいいわけです。
    あれ、なんかおかしいなと思った時に何らかの手立てが必要だったわけですよ。
    実際、お子さんが何かを言って相手のお子さんが何らかのトラブルになっていた可能性が高いですよね。そのことはほとんど書かれていませんが。母親として娘が意地悪だと言われたことは決して些細なことではないですよ。

    相手の方はよってたかって意地悪をしているわけじゃありませんよね。
    何もやっていないんだから立候補すればいいのに、わからないなら聞けばいいのに。
    嫌な言い方かもしれませんが、もっともでもありますよ。
    それをそんないじわるを言わなくても。って思っている。
    私も似たような経験をしたことがあります。が、そういうときほど役員の仕事は出来る限り完璧を目指しましたよ。何を言われても突っ込まれないよう。人一倍中心になって働きました。

    ユーザーID:9209331868

  • 次の章ではサキさんの後に親友ポジションについた人を主役に〜

    リーダータイプしか知らないと思いますサキさんのママ友で親友だったママは。

    (ああ朝は頭がボ〜だわ。リエ・ママさんだったわ〜)

    この件は神対応?を自分で考えてみましたがサキさんのようにすれ違いざまに挨拶が良いと思います。あと保護者会の席の異動の件では空いていた席がそこしかなかったのかな?それで隣がリエ・ママだったら計画的ピンポイント攻撃になるわね、しかもわざわざ目が悪いからを理由に座っていた人を移動させてそこに座ったとしたら、そらキツイ人だわ〜(これは私の推理・想像図でした)、もう役員の仕事を受けたならこれをやるしかないでしょう。いままで『サボっていた』とコソコソ言われていたのなら、ここで頑張ってつたないながらもやる、徹底的に縁の下に徹する、文句を言われても言い返さずに謝罪してワザワザ買い直しに行った貴方は偉いわ。カチンときたでしょう、それを出さなかった偉いです。そう思いました。

    次はサキさんの後に親友の位置についた人を主役でお願いします。

    最後はラスボス?のリエ・ママの内面心境をかなり深くえぐって説明おねがいしたします〜。

    たぶん悪党は居ないに1票。それぞれに理由がある。

    ユーザーID:2629363290

  • 皆さんは、結末はどうなると思いますか?

    皆さんは、結末はどうなると思いますか?

    今のところ、主人公は、
    ・自分は楽しませて貰うことが多く、お返し的なことが少ない
    ・自分の発言を誤解した相手が悪いと思っている
     (まだ不用意な発言したとは思っていない、自分の子が実際に相手の子にどう言ったかも出て来ていない)
    ・相手は自分をいじめている、仲間外れにしている、と思っている
    ・思い当たる点は、数点だしそれらは大したことじゃない、
     そんなことで人を嫌う相手が悪いと思っている

    他の人も指摘しているように、
    主人公は他にも自覚なく(漫画に出ていないこと)を積み重ねていると思います。
    だから〇〇されたから嫌い、ではなく、もうこの人の人間性我慢できない。と思われている。

    主人公的ハッピーエンドは、
    自分の反省点に気付き、反省するところは反省したし、
    判ってくれる素敵なママ友も出来た。
    こんなくだらないママ抗争からは卒業。
    相手は、次の意地悪の相手を見つけたみたい。またやってるみたい。くだらない。
    (卒業した私はスッキリ。そして偉い。)みたいなラスト?

    漫画だから、それでいいのか〜・・・?

    ユーザーID:8082692699

  • 2回目の投稿です

    第2章4まで読みました。
    なるほど。主人公と私、本当によく似ています。とほほ。

    ママ友付き合いに「神対応」は無いと思いますが、気を付けることはたくさんあると思います。

    ・ママ友を「自分の友達」と安易に思わず、適切な距離を取ってお付き合いすること。

    ・口は災いの元。「そんなつもりはなかったのに」ということでも、相手にとっては傷付く発言のことも。特に、相手の子どもに関する表現は気を付けるたい。また、自慢に取られるような発言も控える。

    ・幼稚園などの役は、できる範囲でやっておくこと。やらないと反感を買う可能性がある。また、役をやれば交友関係が広がるので、メリットも。

    ・情報収集を怠らない。とはいえ、ママ友を情報を集めるためだけの手段のように利用しないこと。

    ・ママ友以外の「自分の居場所」を作っておく。

    ・小学校に入れば、ママ友付き合いは希薄になる。ママ友トラブルがあっても、「終わりの無いトンネル」だと思い詰めて絶望しなくていい。

    ……が大切。

    少し寂しいですが、節度を持って適切な距離を取ってお付き合いすることに尽きますね。
    ママ友に限らず、全てに言えることかもしれませんが。

    ユーザーID:5759229807

  • リエさん目線から描かれたものも見てみたいです

    リエさん目線から描かれる作品を、ぜひ後編として作っていただきたいです。
    サキさん目線から描かれたこの作品とは、全く違った印象に
    なるのではないでしょうか?

    個人的にはリエさんが意地悪だとは思いません。
    サキさんの方が甘えすぎに思います。
    サキさんに味方してくれる人が全くいないのが
    それを物語っているのでは?
    なので、リエさんがサキさんを嫌う理由、
    サキさんが想像する理由ではなく、リエさんの気持ちを
    知りたいなと思います。
    リエさんにはリエさんの正義があるはずです。

    ユーザーID:8732712726

  • え〜、今から?〜間に合うの〜〜?」に対して

    リアル世界で
    ニヤッと笑って・・・

    「私を誰だと思ってるんです?」

    〜〜〜と言ったことがあります。

    ユーザーID:2548024181

  • 神対応はないけど…

    リエさんもちょっとと思うけど、主人公の対応も何だか〜と思います。

    皆自分の子が可愛い。自分が可愛いんです。
    それを「いじわる」と言われてたら、リエさんが無視に至っても仕方ないかな〜と思います。
    でもその誤解を何故とかないの?無視されても腕でも掴んで「話を聞いて。」と言えば、絶対聞かないとかならないでしょうに。

    結局は自分は悪くない、悪口なんて言ってないから堂々としていれば良い、子供だってもう他に仲良しさんがいるんだから〜今更誤解を解いても仕方ないっていう主人公の考えで終わってしまっている。それでは孤立するばかりですよね。

    幼稚園とか小学校とか通過して思うことは、学年の変わり目って危険だということ。クラス替えや小学校とか別になって、子供自身世界が広がるので親もそれに柔軟に対応していかないといけないな〜と思います。

    ユーザーID:8427270638

  • 友ではなく知人の距離感で接する

    幼なじみの延長上ならともかく、たいていのママ友は子供がいなければ接点がなかった人たちなので、友ではなく単なる子供の友達、同級生のお母さんでしかありません。

    ママ友の数がその人の値打ちみたいな風潮に踊らされると、そこを間違えて大人の人間同士として価値観が合うかどうか感じ取るセンサーが麻痺してしまいます。

    この漫画の2人は、元々相容れないタイプだったのでしょう。それを無理やりママ友だと思い込んできたのが原因。価値観が合う同士なら、他の方が決裂フラグだと指摘している様々な出来事に違和感や反感は抱かないと思います。

    漫画のようにこじれた場合、互いに価値観の違いに気づかない限りは何を働きかけてもダメです。送り手と受け手の解釈が異なるので日本語を話す同士でありながら話が通じません。神かどうかわかりませんが、時間が解決すると割り切り、保護者の1人と思って淡々としているのがベストではないでしょうか。リエのような人は別の人とも「やらかす」可能性が高いので、わかってくれる人は必ず現れます。

    ユーザーID:6323664693

  • 読んじゃうけどイライラする

    自分が悪くないのに謝ったり卑屈になるから、相手がつけあがるんじゃないでしょうか?

    別にむきになって、買い出し係を引き受けなくても…って思っちゃいますけど。

    今までキャッキャしてた人達しかいないんでしょうか? 群れて騒ぎたいだけなんでしょうか?

    小学校に入学しても、こういう人たちっていますし、サキさん自身がもっとしっかりしないのも問題あると思う。

    ユーザーID:1838250625

  • もっと堂々とすればいいのに

    これはノンフィクションじゃないから何とも言えませんが、主人公はもっと堂々としていればいいのに。

    挨拶は無視されたりお誘いは無くなったけど、必要事項がある時は普通に話しているんだから、事務的に連絡しても良かったと思う。

    挨拶だって意地になってしなくていいし、子供の仲良しが変わったなら親も疎遠でいいでしょ。

    コップの時も「事前に確認したけど記載が無かったのでこれにしたんですよ」と堂々としてればいいのにな〜変にごめんなさいとか謝るから相手が強気で出るしね。

    ケンカのきっかけも本人目の前にして「みんな仲良くしなきゃ」と言えないなら、人の子供に対しての陰口みたいになるからあくまで自分の子供に対しての感想じゃないとトラブルのもとですね。

    う〜んでも主人公も相手も頑固だな〜

    ユーザーID:3308319856

  • なんだなんだ

    レス読んでる内に参戦したくなってしまったではないですか(笑)
    どの人の意見も最もだと思います。
    ただ、自分がその真っ只中に入っちゃうと冷静と言うか賢い判断、行動ができなくなっちゃう人の方が多いんじゃないかな?
    私は子育てはとっくに終わってしまってるのだけど、子どもの幼稚園時代の思い出は楽しい事も多かったけど、今思い出しても苦い事も多い。小学校になってせいせいしたのを覚えてる。
    サキちゃん見てると昔の自分見てるみたいでイライラしてくる。もっと賢くなりなよ、って。リエちゃんもサキちゃんに意地悪するのどこかでやめたい気持ちあるはずなんだけどね。どこでも起こりそうな話だからこんなに注目されてる訳で。
    最初っから賢い行動がとれたらいいのに、失敗して痛い目見て、だいぶ経ってからやっとわかる。(少なくとも私はそうでした)
    全国のサキちゃんリエちゃんにエールを送りたい気持ちでいっぱいです。

    ユーザーID:3914205711

  • 下らない。そして腹立たしい。

    子供の友達は子供の友達。
    子供が自分で選べばいい。
    こわいってなんだろう。
    こんなくだらない事に裂く時間なんてないけどな。
    誤解を解きたければ解けばよかったと思う。
    コップにいちゃもんつけられたって、慌てて買い直す必要ないと思う。
    ちゃんと確認したんだから。
    なんで胸張れないの。
    次は子供がいじめられたらこまるからって。。。

    いじめるような人と仲良くする必要ってあるんですか?
    友達は自分で選べるのに。

    娘がある時友達に裏切られました。
    嫌だと思う事をする人と仲良くする必要はないんだよ、って私は言いました。
    翌日から噂や悪口で固めた仲間と離れました。自分で選んだんです。

    下らない関係から逃れるには強くなるしかないんです。

    家族がいますよね、友達もいますよね、両親も兄弟もいます。
    それ以上にコワい関係にまだ入っていかないといけないですか?
    子供は夫婦の子供ですよね。
    全部の子供の行事を母親だけがでないといけないんでしょうか。
    本当に困ったら代わりに助けて貰えばいいと思うんですけど。

    園以外の別の人間関係があればどうでもよくなります

    ユーザーID:5230646620

  • 人付き合いの難しさ

    ママ友というより、女性同士の人付き合いで何度か苦労しています。
    誤解からのイジメとか、すごく変な人と知り合ってターゲットにされたとかが数回。
    しんどいですよ。

    そういう人って突然豹変するんですよね。
    いい顔して近づいて、普通の付き合いしているのに、何かのきっかけで恐ろしい人だってわかる。

    私はそういう事もあって、人とは距離をとって付き合ってます。
    ママ友だと子どもが同じ目にあったらどうしようと思うと、おちおちマジギレできないし(笑)

    でも幸いママ友なんて卒園したらめったに会いません。
    職場や学校で虐められている人に比べたら少しの我慢だけですよ。
    小学校に入れば色んな園から入学するし、子どもの交友関係に親が関わる頻度も少ないし、仕事する親も増える。

    サキさんはきっと今まで私みたいな人付き合いで苦労したことないんでしょうね。
    だから「この程度」で精神的に追い詰められている。
    「女の世界にはよくあること」と割り切って、短時間のパートするとか習い事するとか、幼稚園以外の時間を充実させて、自分の暮らしを楽しんで。
    リエさんのことなんてどうでもいいと思えるように持って行けばいいと思います。

    ユーザーID:5298837829

  • ジュースのコップの色など

    どうでもいいことです。
    高学歴とはいえ主張していることはレベルの低いいいがかりです。

    また主人公は、臆病で自己肯定感が低く自分に自信がなく、加えて被害妄想的な人なのではと思ってしまいました。

    私なら「あー、そうだったんだぁ。」で、終了です。
    それが正しいとは言いませんが、いいがかりには自分に都合のいい適当な言葉で返すと思います。


    人に合わせてしまうから疲れる、そのイライラは自分のせいだということ。
    それに気づけないから正しい意思表示もできない。きらわれたくないから、子供がいじめられるから、
    と、どうでもいい理由をつけて、結果正しい自己主張や行動ができなくなってしまう。
    今までもおそらく、自分よりも他人の顔色をうかがうことを重要視して行動を重ねてきた主人公なのでしょう。

    他人の立場になって物事を考える想像力、他人や家族ですら思いやれるスキル、
    自分と他人の価値観の違いを把握し、互いを尊重することや、本来の他人との正しいおつきあい、礼儀作法、また自己主張はするべきところで、できることは親として必須だと思います。

    偉そうなこと書きましたが、私も対人スキルを学び中です。

    ユーザーID:8600697597

  • どんなムカついても「無視」は虐めだよ

    「リエさんの気持ちが分かる」という人が結構居て、さらに「リエさんは悪くない」って人も出てきてかなりビックリしています。

    リエさんはサキさんにムカついたんだろうし、結局はリエさんは自分の発言した言葉で(たとえ湾曲したとしても)嫌われたわけです。
    だからと言って、子どももいるようないい年の大人があからさまな無視はダメです。
    周囲の人が気づくぐらいですから、かなりハッキリしているんでしょう。
    これだけの行為をしているリエさんを擁護する人は、理由があればイジメをしていいと言うのでしょうか?
    リエさん擁護の人は、我が子が「○○ちゃん嫌いだから無視するの。」と言いだしても容認するのでしょうか?

    人それぞれ好みがあるし、気に入らない人もいると思います。
    主人公の行動に落ち度があると思う人、それ自体は否定しません。
    が、相手が嫌いというだけで無視するのはダメです。
    大人なら無視はせずとも距離をとればいいだけだと思います。


    実際にリエさんのような人がいたとして、皆さんは仲良くしたいですか?
    私なら怖くて、徐々に距離を置きたいですけどね。

    ユーザーID:5298837829

  • ミイちゃんに罪はないけれど

    ミイちゃんがママの発言をお友達の前でペラペラ垂れ流してしまったことも、事がこじれた一因では…

    サキささんには、これを機に学んでほしい。
    子供というものは、言葉の真意を捉えらきれずに自己流解釈をしてしまう天才だということを。
    ○○さんが△△さんのことをこう言っていたよと、△△さん本人の前で無邪気に話してしまうことがあるということを。
    子供の言うことだから…と受け流せる人ばかりとは限らないということを。

    サキさんはリエさんに対して「そんなつもりで言ったんじゃない」「事実を確認もせず子供の言うことを鵜呑みにして」と憤るばかりですね。
    もう少し内省が欲しいです。
    決してミイちゃんを責めないのは立派ですが
    不用意な言動によって○○さんも△△さんも傷ついてしまうこともありうるということ、
    それを幼稚園児に教えるのはたいへん難しいですが、だったら自分がより一層気を引き締めて
    少なくとも「ママはあの人のことを悪く言っている」と受け取ってしまう余地のある言い方はやめるべき。

    単なるいじめ物語で終わるのか、一人の女性の成長記となるのか、最後まで見守りたいです。

    ユーザーID:4743293529

  • サキの夫に頑張ってほしい

    第2章(5)まで読みました。
    子供の幼稚園時代を思い出しながら、毎回興味深く拝見しております。

    当時下の子の入院や通院でバタバタしてたので、他のママたちとは挨拶程度で余り交流できませんでした。
    うち以外の皆で遊びに行ったり旅行に行った話で通園バスの停留所が盛り上がっていたことが何回もありました。
    代表が遠方へ会議に出向かなくてはいけないような役職に決まっていたこともありました。

    これっていう神対応なんてなかったけど、一喜一憂せず淡々と粛々と役割をこなし夫婦で協力しながら乗り切りました。
    それだけにサキさんの夫にはちょっと期待してたんですけどね(笑)
    うちの夫は帰宅したときに疲れて寝てしまってる妻がいたら、自分でインスタントラーメン作って食べてるような人です。

    ユーザーID:3041107794

  • 理由はない、が持論

    あったあった、そんなこと。
    「わかってる、次のターゲットは私」と思ってたら、やっぱり私だった(笑)。
    だから、理由などない、というのが私の持論です。
    しょうがないから、その次のターゲットが追い出されるのを待つことにして諦めてたら、その人、離婚してどっか行っちゃった。
    そのあと、各方面から、さんざんその人を悪口を聞かせていただくはめに・・・(笑)。
    なんだったんでしょうね。
    意地悪は、されましたよ。無視だけじゃなくて、PTAの仕事の押し付けとか(←いろいろ経験できたから、かえってよかったけどね。)

    ユーザーID:1628273908

  • 小出しにされてるマンガだから読み返してしまうと、

    悲しくなってきた。

    主人公の様子。主人公が考えてしまうこと。嫌がらせや嫌味を言われて「ごめんね」と言う通りにすること。
    距離を上手く保てていれば、防げた悲劇だったのかもしれない。
    仲良しにならなければ…。と頭の中が溢れてしまう。

    マンガを一気に読んでたら、また、違う感想になると思うけど。

    本当に、これがマンガではなくて、実生活だったら、もう主人公は、ミィちゃんが小学生になっても、噂話で「こんな事をしたんだって」とある事にない事、ない事にない事。「ミィちゃんと遊ばせないほうがいい」や「主人公は(誹謗、中傷)みたいらしい」と「近寄らないほうがいい」と言われてて、主人公も多少なり気にしたまま、佐山さんみたいな感じの良い人とも、まともな対人関係が出来なくなる。リエさんの影響力や周囲が噂話が好きとかなら、もう暗い人生。
    悪い噂話を聞いただけで、ミィちゃんと遊ばせないママもいる。本当にどういう訳だか分からないけどいる。

    何度も嫌な思いをすると思うよ。

    神対応、回避法になるか分からないけど
    ・その場に居ない人の話はしない。悪口を話してなくても、悪く受け止められる様に話してたよになるから

    ユーザーID:0065256965

  • 著者にお願いしたいです。意地悪な人との関わり方。

    ママ友トラブルって、ある日突然もあり、仲良くなり過ぎて重たく感じた方が距離を置いて、置かれた相手が「なぜ?」もあり、悪口を言いだす事も、あります。こんなことでトラブル?とかもあります。

    トラブルになって、マンガみたいな感じだと。。。
    噂に噂で、推測し合ってそうです。(噂話をしている人は、罪悪感はあまりない)

    意地悪なママがいた。このままだとトラブルの予感、上手く距離を置いて離れたい。
    ママ付き合いには、子どもが絡んでるし、一方的な嫉妬もあり、独身時代よりも悩むだろう。独身時代なら相手も距離を置いても、置かれても、そこまでは意地悪な人に変化しない。

    ママ友で意地悪する人の関わり方があれば描いてみて欲しい。
    一方的で身に覚えのない意地悪なら、「あなたは悪くない」と思ってもいい。
    子どもは親の意地悪を見てます聞いてます。
    今は意地悪して楽しいかも、でも子どもがいつか人に同じようにやる。

    何かの悪い噂話を聞いて、一緒に意地悪なことしてくるなら、その人も心に問題があるんだと。
    噂話を鵜呑み。噂話を聞き込んでは広めてた。もう罪がありますよ。と、認識して貰わないと。

    ユーザーID:0065256965

  • 第二章5読みました

    声をかけてくれた男の子のママにも親切な人だろうけど、もはやもう期待しないも・たれ掛からない・くっつかない頼らない。これがコツだと思います。

    そうしないと、今度はその人をターゲットから切り離すだけという理由でもっと酷い虐め攻撃が始まる場合があるからです。

    本音を聞かされも、聞き流しましょう。そうそう連中のメンバーから聞かされたとしても他のママから聞かされたとしても。

    徹底的に裏方に縁の下の力持ちに徹するべきです。そう思います。

    数年後には、久保田さんは離婚しているかもしれない。自営業の夫が嫁をほったらかして俺の足を引っ張ることが無ければ放置タイプなら、その間柄はずっとそのままだろうけど。サキさんの旦那のようなら、すぐに家に帰り旦那の世話をしていないと不満が溜まりやがて浮気や不倫の本気や愛想を尽かされる可能性が生じますから、アフターの打ち上げに付き合っている場合じゃないし、会場として自宅を提供するべきじゃないです。

    ボッチは好都合です。

    私はそう思います。

    幼稚園を境目にして離婚する家庭が多くなかったでしょうか?そういう考えです私は。

    ユーザーID:2629363290

  • いい対処法あります。

    答えは簡単。
    ズバリ、「自分だけのテリトリー」を作ること。
    この漫画を見る限り「サキちゃん」は子育てどころか時間の過ごし方そのものを楽しめていませんので、育児オタクレベルで育児に専念するもよし、趣味を持つもよし、ひたすら読書をするもよし。
    職種に贅沢さえ言わなければ短時間パートをするという方法もあります。
    今の時点で「サキちゃん」は完全に「リエちゃん」に時間を支配されている状態ですから、まずは自分のテリトリーを確保することが大切です。
    この、「リエちゃん」は「サキちゃん」の歩み寄りたいという心理状態に付けこみ、あのような辛辣な態度をとるのではないでしょうか。
    人は、「欲しい」という気持ちを前面に出せば簡単に相手に付け込まれます。

    「ボッチで結構♪」と開き直ってみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1786665757

  • いい対処法あります。続き。

    ついでい言えば、「リエちゃん」の辛辣な態度を何もせずに静観するといいでしょう。
    更に言うなら「サキちゃん」は、子どもがいじめられることを心配していますが、心配ご無用。
    子どもは子どもで勝手に人間関係を構築します。
    「リエちゃん」の差し金で「サキちゃん」の子どもがいじめられるようならそれこそ幼稚園の出番。
    幼稚園に速やかに相談するのです。

    最後になりますが、家庭円満かつ家内安全のママさんは「ママ友いじめ」なんてしませんから。
    「ママ友いじめ」に走る人のほぼ100パーセントは、家庭内に一物抱えている人ばかりですよ。
    経済的な問題だったり、夫婦が不仲だったり、嫁姑だったりね。
    「リエちゃん」は家庭内の一物を「サキちゃん」にぶちまけてストレス解消したいだけなのです。

    ユーザーID:1786665757

  • へぇ〜〜〜

    びっくりの内容です。
    いい大人なのに、人の親なのに、こんな事で悩んでる人いるんですね。
    サキさんにもリエさんにもびっくりです。

    私の周りではこんなことないし、聞いたこともないですね。
    ママ友も、べったりお茶やランチなんてしない、もっと大人な付き合いです。

    ユーザーID:9394771386

  • お子さんのフォローをしなかった結果ですよね

    とぴ主さんはわが子のことしか考えていない
    だからののチャンとのトラブルも
    そういう結果になったんだろうなと思います。

    まだ年中さんですもの
    ののちゃんの愚痴を言ったら
    同調せず
    フォローを入れないと
    やっぱりののちゃんは意地悪だと
    お子さんは思い込むじゃないですか。
    仲の良い友達だったんですから。


    悪いのはずべて人のせいでみんな意地悪
    悲劇のヒロインになりすぎでは?っと

    役員もまだ何もしていかかったのが主人公だけだったんですよね。
    なのに押し付けられた被害者意識が強いのはなぜでしょう?

    ユーザーID:6641721908

  • どっちもどっち

    サキさんは悪くないけどちょっと無神経なところがあるし、リエさんはまともに仕事した事ない人ですよね。

    リエさんは誰でも入れる販売で仕事もしないで後輩いじめてダラダラしたり、バイトしかなれないのにそのバイト先でみんなに迷惑かけて、仕事したくないから専業になったタイプです。

    この漫画じゃ専業がみんなママ友トラブルやってるみたいなイメージですが、実際はそういう能力がない働きたくない専業だけですよ。
    きちんと働いてた専業主婦は、紙コップでも中身がわかるように工夫しよう!って言うかもしれないし、中身なんてわからなくていいよ、たかが幼稚園行事でって言うと思いますよ。

    サキさんも子供に「サキはメイちゃんが好きなら仲良くするといいよ」って言うだけでよかったし、メイちゃんのところに子供が行った時も別にリエさんにバイバイって言わなくてもよかったのに。

    あとは、役員断るときも旦那が忙しいって理由はおかしいですし、断り方もなんか雑。

    しかも、結局自分の子供に陥れられたのに、一方的にリエさんが悪いとか、どうして?って思うのがおかしい。

    ユーザーID:7348900886

  • はからずもご回答を頂きましたので・・・1

    まい様、ありがとうございました。未熟さや自己責任の視点から子ども同士と大人のトラブルを同列に語れないというご意見に、異論ありません。
    とくに
    >至らないところはフォローすると同時に…教育します。

    これは同感です。しかしこの漫画の例のように、どの年代においても子のトラブルに親が冷静に教育的対応をとることは極めて難しいです。とくに第1子の親にとっては、全てが「初めて」なわけですから、咄嗟に適切な対応が取れないことが多い。
    この漫画で言えば、サキさんもリエさんも「子どもの言うこと」に対する、経験が少なかったため、お互いに行き届いた対応ができなかったのでしょうね。

    ところで先のつぶやきで私が言いたかったのは、親が子に見せる背中がそれでいいのか?ということです。

    リエさんを肯定する人は、サキさんへの突然の、長期にわたる無視という行為についても肯定するのかな?つまり、自分が傷つけられたと感じた時、様々な選択肢の中から、上記の行為を選び、他人に行うことは、正当で当然と思い実行するのかな?。(りえさんのはプイっというレベルではない。) 続きます。

    ユーザーID:1601328360

  • はからずもご回答いただきましたので・・・2

    そうであるなら、万一ご自分のお子さんが学校等でサキさんの立場になったら「理由は関係なく、無視される者に落ち度があるのだから。受け入れよ。」と子に伝えざるを得ないと思うけど、どうなんだろう?

    自分の子が無視する側なら、やって良しと、その正当性を説くのかな?というつぶやきだったのでした。

    子は親のすることをよく見ています。園児でも。深く深く見て覚えています。(ちなみに他のママさんも、リエさんの態度はしっかり見ていると思いますがリエさん大丈夫ですかね。)

    自分が感情のままに人を無視して憚らない親であった場合、子が《 無視という行為 》を含んだトラブルに直面した時(当事者でも傍観者でも)、どの面下げて教育的指導をするのでしょう。

    極端な例ですが、ののちゃんが中学生になった時、リエさんと同じ行為をした結果、相手の子が自ら命を絶ってしまったら…リエさんは何を語るのかな。

    リエさんのショックな気持ちは判りますが、この対応は最悪です。

    背中を見られている親という立場の一人として、リエさんの行為を肯定出来ないです。立派な背中じゃなくてもいいけど、これはない。

    ユーザーID:1601328360

  • 誘われなかった時の心の持ち方としては

    私は自分が誘われず困惑した時は「逆に誘われなくてよかった。誘われなかったことで得た時間とお金を、自分の自由に使うことができる」と自分の気持ちを切り替えるようにしています。

    さて引き続き連載もレスも拝見していますが、同じ連載を読んでいるのに、色々なものの見方、色々な感情の湧きあがり方が、人によって違いがあるものだなと興味深く拝見しています。でもこの価値観違いこそが人間関係に厄介な影を落とす事もあるのかも?と考えさせられます。

    私自身は、人間関係で嫌だなと思った時、私はこんな嫌な思いをしているから別の形で「相手に不愉快な思いをさせてやろう」「相手に嫌な思いをさせてやろう」という風に問題の本筋から目が離れて別方向に行ってしまわないようはしたいなぁと思っています。でもショックを受けた自分を認めるのは辛いし痛いし、蓋をして人のせいにしていた方が楽なんですけどね(汗)

    りえさんもモヤモヤする気持ちはわかるけど、サキさんの言い分を聞く機会を持ってほしいとは思う。もしかしたら話合う機会さえも与えたくない理由があるのかな・・・。

    あとやはり集団対1関係は共感はできないかな。

    ユーザーID:2106917293

  • 深く考えない

    ママ友とうまくやっていくには「深く考えない」に尽きると思います。ちょっと言葉の選び方を間違うことって誰にでもあるし、表現の拙い人っています。いちいち「え!それって◯◯ってこと?ムキーっ」とやっていたら、うまくなんていきません。ましてや子どもから伝え聞いたことなんてアテにならないし。

    深く考えない。あれ?なんかおかしいな、と思っても気にしない。だって、今まで育ってきた環境がまるで違うんだもの。異文化だもの。

    ママ友コミュニティって、海外の日本人コミュニティに似てると思います。出会った最初は「わあああ、仲間!」って仲良くなるけど、そのうち感性の合わない人というのがわかってきて、そのうちトラブルが発生して。でもね、例えばそれが自分の学生時代に出会った同年代の人だったら、多分最初から挨拶程度にしか関わらなかったんだろうと思うんです。「日本人だからあなたお友達よね」の感覚がトラブルの元。「同級生のママだからあなたお友達よね」の感覚がトラブルの元。相手に過度な共通性を期待せず、気持ち良く挨拶。おつきあいは気の合った人と。それを守っていれば「神対応」なんて出番すらないと思います。

    ユーザーID:9490182026

  • 現実に即してほしいなぁ

    最後はわかりあって王道とか、そういうのはやめてほしいです。
    現実に即した話じゃないと、勘違いする人もでてくるし(嫌われても押して押して押していけばいいのね!とか、話し合えばわかるはずよ!とか一方的に突き進んじゃう、みたいな。現実それって泥沼ですよね)

    やっぱり、サキが孤立して遠くに引っ越さざるを得なくなる。
    当然、単身赴任か家を売るかとかいろいろ問題が発生。
    サキの自業自得から始まったことだから、離婚問題も発生。
    義両親ともぎくしゃく。当然実両親とも。
    さて親権はどちらに?
    ……って感じかな。

    ユーザーID:6750802937

  • 2―(5)まで読みました

    孤独なわけじゃなくて、佐山さんっていう話してくれるママさんがちゃんといるじゃん。
    サキは、「女の子ママ」にこだわり過ぎなんだなと思った。
    私もママ友付き合い苦手だったけど、話せる人とは話していたから、
    気の合わない人とは疎遠になったし悪口も言われたけど、あえて接点を持たず気にしなかった。

    サキもそれくらい図太ければ良かったのかもしれない。
    佐山さんと、おしゃべりしてれば良かったんだよ。

    リエですけど、私はリエみたいな人はやっぱり苦手だな。
    悪いとかそういうことじゃなくて、「性格が合わない」です。

    気に入った人には親切にし、仲間に入れ、
    気に入らなくなったら排除して仲間囲って悪口。
    こんな人、一人二人はどこにでもいますね。

    本当は自分に自信が無くて寂しがりや。一人でいられないタイプ。
    家に帰ったらブスっとして悶々としており、そのストレスを
    弱者(サキ)にぶつけてるだけ。子どももきっと何か問題持ちだと思う。

    私も、リエ目線のマンガ、是非読んでみたいです!

    なぜなら、リエみたいな人がいなくなれば、
    ママ友いじめも劇的に減るんじゃないかなと思うから。
    どういう心理なのか知りたいわ。

    ユーザーID:0917496424

  • いじめじゃないですよ

    ちなみにリエさんのなさりようがイジメではないかとのご意見があるようですが…
    イジメではありませんよ。

    なぜなら日本におけるイジメの定義は
    「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、
    心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」
    児童でも生徒でもないサキさんはイジメの定義には当て嵌まりません。

    むしろサキさんが「イジメイジメ!」と騒いだりしたら
    「ああ、ああいう方だから周囲から避けられちゃうのね」と
    周りに納得されるだけでしょう。
    無視されたからイジメ、だなんて、まさしくサキさんのその子供っぽさ、
    楽しい部分はしっかり楽しみ、裏方の仕事はしなくてもいいと思っている
    その無責任な無邪気さが避けられている原因なのです。

    ユーザーID:6597095981

  • コップは買いなおさなきゃよかったですね

    第二章5まで読みました。コップを買いなおさなきゃよかった。もっと堂々と、「白でもなんとかなるんじゃね?」とか言えばよかったなと思う。
    買取なんかダメ。相手の思うつぼ。
    同じ幼稚園である限りあいさつはすべきだろうけど、向こうからしてこないことに気がついたのなら、
    「あの人は挨拶をされるのが嫌なのでは」と解釈し(本当は、「自分は挨拶しなくても、相手には挨拶された方が気分がイイ」とはわかっているんですけどね)
    次からは、「視界に入っていない」扱いにすればよかったかも?他人に指摘されたら「向こうから無視してきた。挨拶されるのが嫌なんだと思って、私もしない事にした」と言う。
    主人公は挨拶をする→無視されるを毎日2回は繰り返している。絶対ストレスが大きい。いくら「女性は強い」のであっても病気になりそう。家族にも迷惑かける。
    「とりまき」もリエ同様幼稚。
    つきあうべき人達、友達になるべき人は他にいる。家族も他の友人もいますよね。

    ママ友に限らず、親類に意地悪な女性がいる(現在70代前半)から、
    こういうリエのような小中学生レベル(かそれ以下)の行動、何度となく見た事あります。

    ユーザーID:8565602210

  • 悪口を言っているかどうかはわからない

    サキさんはリエさんが周囲のママ友にサキさんの悪口を言っていると想像しているけれど、果たしてそうかどうか。リエさんがあからさまに誰かの悪口を言うようであれば、たいていの人はリエさんとは距離を置こうとすると思います。

    他の方達はリエさんと楽しそうに付き合っているのだから、リエさんが何かとサキさんの悪口を他のママさんと言い合っている・・・とは思えません。単に、リエさんがサキさんを避けているだけでしょう。

    仮に、リエさんが他のママさんたちと一緒にサキさんの悪口を言っているとして、そんな人達と仲良くしたいと思いますか?リエさんもですがそれに同調する人とも私なら距離を置きたいです。

    リエさんとの楽しかった時間に固執しているのはサキさんではないでしょうか。また元のように戻りたい、一緒に楽しく過ごしたいと思うから、リエさんの様子が気になるのでしょう。

    私の悪口を言っているに違いない、と思い込んで自分で自分を落ち込ませているだけのように思います。

    ユーザーID:5983315383

  • 誰もそんなにりえさん支持はしてないですよ。

    今のところ、
    マンガ内では、りえさんの決定的意地悪とか、
    無視とか出てないので、

    みんな、さきさんの捉え方次第と思うのでは?

    今のところ、
    さきさんの思い込みでしか、
    りえさんがえがかれていないから、
    いまいちりえさんの本心が分からない。

    さきさんは、本心はりえさん大嫌いで、
    見下してる。
    小さいひと、とか。
    見下し、嫌い返しすることで、
    自分を守ろうとしてる。

    今は、まだ、読者には、
    むしろ、さきさんがこわい、やばい人に見えてます。

    表面上笑って挨拶、内心は怨みで真っ黒。
    まさにこわいママ友です。

    相手は自分を映す鏡。
    相手がこわいとき、それは、
    自分が相手にこわい思いをさせた証拠。

    まずは、自分をかえりみるべきときです。

    自分が北風だったから、相手はマントをしっかり着たのです。

    同族嫌悪。
    主人公は、まずは自分をかえりみてみて。
    そんなに自分は、完璧で、魅力あるママかどうか。

    ユーザーID:9600669631

  • 他の友人を見つける

    どちらかというと、私はリエさんタイプかも。

    何だか、サキさんの今の感じ、男に振られた未練たっぷりの女みたい。
    ふられた理由はいろいろあるのだろうけど、泣き終われば、「よし、女を磨いて、次行こう!次」と思いません?空元気でもね。

    幼稚園や小学校の人間関係は、近所の人が多いし、子供が学校に行っている間は顔を合わすことがあるのだから、トラブルを起こすわけにはいかない。
    だから、この人とはうまくいかないなと感じたら、さりげなく身をかわさないと仕方がない。
    わざわざ無視や意地悪をすることはないけど。

    ママ友って、子供が介在するから本当に難しい。
    私も経験があるので、サキさんの気持ちも分からないではないんだけど、人間関係なんだから、自分がつきあいたい人に必ずしも好かれるとは限らない。

    幼稚園には他のママもたくさんいるのだから、サキさんも、リエさんにこだわらずに、自分が気の合う人を見つければいいだけのことじゃない?

    ユーザーID:5985509436

  • コップの中身がわかる・・・について

    リエママの意見はもっともな話。

    『正論』と言えば『正論』。ほうほうと勉強になります。

    でも穴が絶対無いわけでもない。
    論理には論理で対抗が筋でしょって事で・・・


    「そうだね〜。流石リエママ!!

    でも『子どもの手って小さい』じゃん。
    商品を比較したら透明コップってどうしても大きくなる。

    他にも玩具やお土産、色々自分で持つわけでしょ?
    片手で必ず『誰でも』持てる物がいいと思うの。

    年長さんだと大丈夫かも知れないけど、年少さんやもっと小さい入園前のお子さんには難しいんじゃあないかな?

    大きいとこぼしやすいし。子どもには結構ショックよ?。

    紙コップは可燃ゴミに捨てられるし。
    係の方の手間が省略されて良いんじゃあ無いかな?。
    でないと2日間、可燃・その他〜でゴミ出しにかかるし。可愛そうだよ。

    紙コップだとマジックで名前書いたりシール貼ったり、絵とかも可愛い。透明だと折角のそれ見にくくない?
    転倒でコップが折れて、縁で指を切る子もいるかもしれない。

    リエママの着眼点、本当に素晴らしいと思う。
    今年は実験的に、白い紙コップバージョンでやってみない?」



    個人的意見でした。

    ユーザーID:2548024181

  • 「距離を取る」と「無視」の違いってなんですか?

    >リエさん擁護の人は、我が子が「○○ちゃん嫌いだから無視するの。」と言いだしても容認するのでしょうか?

    質問自体がおかしいです。
    そんな子いますか?
    普通の子なら「○○ちゃん嫌いなんだけどついてくるの。どうしたらいい?」でしょ。
    親は「どうしても必要なことだったらお話して、それ以外はなるべく○○ちゃんから離れるようにしたらいいと思うよ」じゃないですか?
    まさか「嫌っちゃだめよ」とか「どこが嫌いなの?(話を聞いてそれはもっともだ)それはちゃんと○○ちゃんに嫌いな理由を言わないとね」とか具体的に解決策を言うんですか?そんなことしたら余計こじれません?

    大人も同じことです。距離を取る。それが結果として無視なんでしょう。どこが違うんですか?きれいな言葉に言い換えているだけではありませんか?

    ユーザーID:1957697551

  • 夫には言う

    第二章6まで読みました。
    サキさんは人に弱みを出すのが苦手な人なのかな。

    マンガのモノローグ(心の声)を全部夫に言ったらいいんですよ。
    ママ友には言えない気持ちはわかるけど、夫にまでその態度では理解しようにもできない。

    挙句、「孤独だ」とか、え?という感じ。
    孤独にしているのは自分でしょうに。

    「そんなに簡単に夫に言えれば苦労しない」と言われるかもしれないけど、そうやって「苦労」して伝え合っているんですよ、理解しあえている夫婦は。その積み重ねでしか信頼関係は生まれないです。

    辛い時に支えてほしければ、最低限、きちんと伝える努力が必要でしょう。どんなに優しい人であっても言わなくてもわかる訳はないんです。

    ユーザーID:9496797207

  • 転園レベル

    サキさんの場合いじめが過ぎるので転園します。
    えげつないです
    紙コップが買い取りとか。役員決めのときとか。
    園長や先生は気づかないの?

    悪質すぎてリエに同意してる人の気がしれません。
    普段からいじめをしてるママさん達なのかな?

    挨拶無視くらいならまあほっときます。
    こちらも無視していればいいし。
    ですが役員関係のいじめは許せないな。
    幼稚園て別にいくらでもあるし保育園でもいいし変えたらいいのに。
    精神を病んでまで続ける意味って?
    多分サキさんのお子さんにも影響でてますよね。
    ひとりだけ誘われないとか。
    女って陰湿だから集団はタチ悪いですよ。
    関わるとロクなことない。
    個別な付き合いがベストです。
    一番いいのは親の手伝いがまったく無いバス通園を選ぶことですね。
    いじめするほど接点ないですから。

    ユーザーID:2328560470

  • 黒いセンサーを持つ女、リエ

    最初は本人とはタイプの違うおとなしそうな友達とつるんでベッタリ依存していたのに、いつのまにか社交的で目立つグループに鞍替えし、それでは飽き足らず最初の友達をバカにしたり陰口のターゲットにする女というのは下は幼稚園児から、上は婆さんまでいます。リエさんもおそらくその類。

    こういう人は強いコンプレックスを抱えているので、はじめから社交的で目立つ人には近寄りません。だから最初は地味でオドオドしたサキのような人に善人面で近づいていきます。そうやってママ友ゼロではないアリバイを作りつつ、次に食い込めるママたちを物色します。次のステージが確保できる見通しがついたら最初に踏み台にしたママ友はお払い箱です。あとは踏み台ママに非があるようなストーリーを新たなママ友たちに手土産として吹き込めば乗り換え完了。引越しや子供の進学などで環境が変われば、また踏み台を嗅ぎ分け同じことを繰り返します。

    こういう人はどこにでも生息していますが、愛想よく近づいてきて急に距離を詰めてくるママには警戒するというのが私なりの神対応です。

    ユーザーID:8461787280

  • 過ぎたからわかること

    私の一人娘はすでに成人していますが、マンガを拝見して今はこのようなことが懐かしくさえ思えます。
    サキさん目線ではリエさんは意地悪と書かれていますが、リエさん目線で書いたならサキさんはとてもうっとおしく面倒くさい人なのだと思います。
    サキさんが孤独で辛いのは何故でしょう。それは『自分』というものがないからではないでしょうか。役員も押し付けられた形で大変なのにかわいそうな私、行事で大変なのに夕飯を作っていないことを責められてかわいそうな私、二人目ができないことを責められてかわいそうな私、コップの色にいちゃもんを付けられてかわいそうな・・・(以下略)。
    でもね、前年の夏祭りで買い出しなどをしてれた人がいたのですよ(それがリエさん?)そういう人に少しでも感謝したのかしら?休日出勤の前に手伝ってくれたご主人にも、仕事で忙しいのに電話で助言をしてくれた委員長さんにも(これまた以下略)。
    サキさん、自分で自分を被害者に仕立てています。だから辛いんです。
    自分を被害者に仕立てれば、悪いのは周り、自分は悪くないと言えますからね。とてもずるいのです。
    ・・・って私も意地悪ですか?

    ユーザーID:8155864149

  • 過ぎたからわかること・続き

    あ、『神対応』のことでしたね。
    神対応、と言えるかどうかわからないのですが、ある人から言われてはっとした言葉があるのでご披露します。

    10人の人がいたら、3人は味方、3人は敵。残りの4人はどちらでもない。

    つまり、10人のうち敵は3人、敵でない人は7人で圧倒的に敵でないほうが多いのです。でも往々にして、その3人の敵にばかり気を取られてしまい、味方が3人、味方でない人が7人もいる、と思ってしまうのですね。

    3人の敵をどうにかするより、4人のどちらでもない人を味方側に近づけるほうがずっと楽なのに、ね。

    サキさんの周りにもその4人がいるようですから、どうかそのことに気付いてほしいです。

    ユーザーID:8155864149

  • 同じ価値観の人を探すのが手っ取り早い

    幼稚園の保護者の世界って、公立中の人間関係と似ていますね。
    躾も教育も、経済的な面も、雑多な人が多く、価値観の幅が広い。
    だから、揉め事が多い。

    漫画を読んで、サキが悪いから今の立場も当然と思う人が多いのも、中学生の世界に似ているなと思った。似た価値観の多くなる高校、大学になると、多少失言があろうと、イライラさせられる面があろうとそれを理由に攻撃することは下品だという認識が標準という環境なので、結構びっくりです。本人のいる前での無視や「○○しろっつうの」なんて言葉を発するだけで、もうリエのような人は逆に周りから顰蹙をかいます。

    ということで、こんなに価値観が違う人とは付き合いたくないので、さっさと色々な人と話したり観察して、価値観が合う人と付き合うのが一番。サキは違うグループと早くコミットした方がいいです。前の集団を意識しすぎ。保護者はその集団だけじゃないはず。

    公立中に行くにあたり、娘に贈った言葉と同じことをサキに贈ります。「にぎやかで楽しそうな目立つ集団は気が強い子が仕切ってて、やりづらいよ。大人しくても面白くて優しい友達とグループ作ると平和にすごせるよ」

    ユーザーID:4964878279

  • 誰のどこが悪いじゃないと思う。周囲の対応と回避法だと思う。

    主人公とリエさんの問題だと思う。第三者が「あの人が悪い」と悪者探しは違う
    リエさんは無視を選んだ。なぜか周囲は同意や共感した。無視はそれぞれが決めること。リエさんも「主人公無視ね」など女子のやり取りでもなく、その場に居た誰も「冷静な判断することが出来なかった」ことが残念です。

    リエさんは子どもの事を悪く言われて頭に血が昇った。冷却期間や周囲が「まあまあ」とかあれば違うと思う。

    ランチもリエさんが開催すれば、主人公は誘われないと思う(怒ってる間は特に)
    リエさん以外の人がランチを開催すれば、主人公を誘ってもいい。主人公が参加するならリエさんは会いたくないなら、ランチを断ればいい。
    それだけなんです。みんなで無視して、一人だけ外すがちょっと…。ずっとですよね。嫌味まで言うようにリエさんなっているので…。やり過ぎ。笑顔で挨拶が気に触るのかも知れないけど、やり過ぎ。

    リエさんからの無視だけなら、なんとかその内があるかもしれない。周囲も「まあまあ」で、どちらにもつかない。付く必要ありますか?話を聞いた自分で判断したことを忘れてはいけない。

    リエさんと主人公の一対一で良いと思う。

    ユーザーID:5525064324

  • 意地悪な人の心理は

    意地悪する人が弱い。弱いから相手を威嚇します。弱い犬ほどよく吠えると言うように、「自分はここにいるぞ、それ以上近付くと噛み付くぞ!いいのか?」と吠えるのです。(分かりやすく意地悪)(嫌味を言う)意地悪な人が脅威に感じる者を群れを作って排除しようとする。
    排除を望まないなら、分かりやすく意地悪はない。嫌味もないかも。無視か会釈してスルー。

    意地悪な人のストレスをターゲットにぶつけて困る表情や仕草を楽しみます。楽しいらしいです。そこが意地悪な人の心理だと思う。シツコくてなかなか辞めない。自分が嫌われるって考えはない。周囲からどう思われるかも、あまりないけど、「自分は悪くない、あの人があんなこと…」を広めていたりする。

    意地悪な人の場合、必要最低限の会話か会釈をしてスルー。それでも、あなたに近寄り意地悪をするならば、無視しかない。あなたに意地悪なことをする人の対応策は相手にしないんです。
    「ん?理由?」話すと意地悪されるからです。だから話し合いしたりして解決する相手では無い。根本的に意地悪なんですよ。

    ユーザーID:5525064324

  • 無視はそりゃ良くないですけど

    今日の漫画の内容、サキさんに欠けているのはそこなのにな。
    って思います。

    誰もわかってくれない。知ろうともしてくれない。

    それをし続けてきたのはサキさんです。
    他者の大変さや頑張りや気持ちを、わかろうとはしない知ろうとはしない。
    自分の事だけ考え続けた結果がこれです。

    今は精神状態が悪いからとはいえ、
    自分は全くしてこなかった事を、他人はしてくれない。
    では周囲から愛想を尽かされても致し方ないかと。

    サキさんを気遣って言いにくい事も話してくれた
    佐山さんに対し、言いたい事言えるのはタイプの違う男の子だから。
    なんて考えるなど、本当に自己中の悲劇のヒロイン気取り。

    神対応など人間関係にはありえないと思いますが、
    サキさんは周囲への気遣いを心がけることで
    今後の人間関係がこじれる可能性が減るのでは?

    ユーザーID:8732712726

  • いじめでないならモラハラで

    リエは明らかにサキを狙ってサキが周囲から孤立するよう、嫌われるように、ささいなミスを取り上げ、ミスをつつき、サキの挨拶を無視し、周囲に目くばせし、1人だけ打ち上げに誘わないなどの嫌がらせ行為を重ねています。

    サキは請け負った仕事をちゃんと果たしているのに、ミスをつつくことでいつも非協力的でミスが多く楽(ラク)をしているという扱いから一歩も出さず認めない。

    いじめは児童生徒にしか該当しない単語だというのなら、特定の人間に精神的苦痛を与えているモラハラ行為と言い換えましょう。
    モラハラなんてない、と言いはる人もいそうですけどね。


    リエみたいな人がいるとその傘下に入ってサキをいじめるか、徹底的に距離をおいて空気になるしかなくなります。
    クラスの女王様として生きてきたリエ。
    場所が変わっても人が変わっても人を苦しめた上で地位を得るという方法で君臨していくのでしょう。

    ユーザーID:5331259549

  • ママ友とは距離があるくらいがちょうどいい

    40代、子供は大学生が2人います。
    昔を思い出しながら読んでいます。

    皆様の感想で、リエさん擁護の方が多いことにも驚きましたし、
    だからこそ、こういう大人のいじめも無くならないんだと納得もしました。
    例え相手にどんな非があったとしても、リエさんのような行動を取ることを、
    まともな大人が認めるのはどうなのでしょうね。

    振り返るとママ友関係の悩みは、つきあいが濃いことが原因だったと思います。
    孤独な育児から鬱になったり、悩んだりという問題もあるので、
    各メディアでママ友の大切さ、近所のつながりを密接に・・・と声高に言いすぎて、
    逆に「ママ友いないとダメだ」「濃厚な近所つきあいしないとダメだ」と追い込まれていたかも。

    私がそういう面で気持ちが楽になったのは、末子が年長の時にパートに出てから。
    行事や子供の病気で大変な面もありましたが、違う世界があるのは良かった。

    また、子育て終わってもリエさんみたいなことをしている方もいるので、
    そういう方とは早々に離れるのが正解かと思います。
    結局家庭が上手くいってない方が多いし、お子さんも学校でいじめをする側になっていた。
    子は親を見て育つ。

    ユーザーID:3511720373

  • 虐めじゃない、と言う間違った見解について

    大人の社会にも虐めは存在します。ハラスメントという言葉が使われる事のほうが多いかもしれませんが、虐めは子どもの社会だけの問題ではありません。
    文科省が出す虐めの定義を出して「大人には虐めは当てはまらない」とビックリ解釈をされてる方がいますが、それは間違いですからお気を付けになったほうがいいですよ。
    無視は虐めです。
    会社内などの話ではないので罰則はないでしょうし、違法性もないでしょう。でも行為自体はハラスメントであると言えます。その認識は持つべきです。

    レスの中には客観的な視点が欠如しているな…と感じてしまうことがあります。
    女性にはそういう方が多いのでしょうか。
    リエさんもそういう女性みたいですね。
    物事を客観的に正しく見ようとする感覚が欠如していて(だから真偽を確かめない)、己の感情に行動が支配されているんです。(ムカつく、だから虐め)

    そもそも「嫌いな相手と距離をとる」だけで十分なのに、なぜわざわざ相手をいたぶる行為をするんでしょうか?
    こういう人の心理、私には理解不能です。

    もしかしたら虐めでストレス発散=楽しい…
    のかもしれませんが、やっぱりその心理って怖いですよね。

    ユーザーID:5298837829

  • リエは嫌な奴かもしれないが、断罪することにはためらいがある

    私はサキさんに対するリエさんの長期にわたる無視行為を決して称賛する者ではありません。
    そしてどちらかというとリエさんのような人は好きになれない。
    が、リエのような行動に出る人は実際いると思うし、もしじっくりとリエの言い分を聞く機会があれば
    「なるほど」「やむなし」という感想を抱くかもしれません。

    肯定しているのとはちょっと違います。
    正しい選択、と言い切るわけでもない。

    でも、色々な人がいる世の中なんだから、人の数だけ、幾通りもの道理や正解があるのかもしれない。

    こういうことを書くと
    「あなたの子供がリエみたいなタイプの子に学校で無視いじめをされたら受け入れろって教えるの?」と仰る方もいるでしょう。
    私は、相手の行為を「受け入れろ」ではなく「受け止めろ」と教えます。
    「受け止める」っていうのは、やられっぱなしになることとは違います。
    黙って服従することとも耐え続けることとも違いますよ。
    受け止めた上で、反撃するのも抗議するのも、逃げ道を探すのも、
    自分にも落ち度があるという結論を出して態度の修正をするのも、本人の自由です。

    ユーザーID:4743293529

  • いじめですよ

    リエがサキの事が嫌になって、個人的な付き合いを疎遠にするのは理解できます。
    でも、人前であからさまに無視、意地悪発言はNGですね。
    そこはリエがコドモで馬鹿だと思います。
    リエの行為はしっかり人に見られてます。
    リエに賛同するママ友もいるでしょうが、リエの行為を見て不快に思うママもいると思います。現に五章で出てきた男の子ママがそうでしょう。

    リエは自分で自分の評価を下げてるんですよね。
    そこに気が付いてない。
    リエもムカついて頭にきてるんだったら、まずはサキに問い正せばいいのに。
    それをせずグループを巻き込んで(ここが特に嫌)無視、嫌がらせは女子特有の陰険さですね。

    そうそう、大人だけじゃなくて子供もリエの行為を見てますよね。
    子は親の鏡。
    ののちゃんがムカつくからを理由に無視、意地悪する子になったら、リエの責任と思います。
    その時自分の愚かさにリエは気が付くんでしょうか。
    いじめじゃないと書いてる人がいますが、いじめですよ。
    個人的に相手を疎遠にするのと、意図的に無視、意地悪は別だと思います。

    ユーザーID:0208435582

  • 嫌いな人ばっか、敵ばっか、味方も友達もいない

    主人公から見て、嫌だなって思うことばかりですね。

    旦那は思いやりがないと感じるし、旦那の親のことも嫌っているみたい。
    年少のときの仲良くしていた友達(リエさんとその友達たち)とも今は疎遠で、
    誰も仲良しはいないみたい。
    それは、本人も「このくらいがちょうどいい」とか言ってるから、いいのかもだけど。

    主人公は「私は悲劇のヒロイン」って感じだけど、
    自らすすんで不幸になっているように見えます。

    心の持ちようで違うのに、
    わざとネガティブ思考で自分から、自分を不幸にしているような。

    また、周囲の人に恵まれない!
    私の周りは思いやりがない!配慮が無い!と嘆く人は、
    本人に原因(本人も思いやりや配慮が無い)がある場合が多いと聞きます。

    今のところ、主人公のいいところがほとんど出て来ていないので、
    ただの「自分のことばっか」な人にしか見えないです。
    だから周りもそれなりの扱いをする。

    大人の性格って、本人がここがいけないと気づいても、
    本当に変えるのって難しいですよね。

    サキさんが困るべき相手は、リエさんではなく自分の心根なのでは?

    ユーザーID:8082692699

  • 親の背中を見て子供は育つ

    リエとののちゃんって、母と娘でやってること同じですよね。
    新しい友達を輪に入れてあげなかったり、誰かを排除したりしようとする部分が。

    ママがそうだから子もそうなのかなーって思いました。

    まわりを見ていても、母親が意地悪なところは、子供も問題があるケースが多かったと思います。

    ユーザーID:5448204624

  • 1パックが298円かな白い紙コップは

    ×4パック=1192円+8%の消費税=1287円くらいかしら。

    これは幼稚園に寄付だな。幼稚園で使うだろうから。

    保護者会とかそんなので。

    それでいいとおもいます。

    ユーザーID:2629363290

  • サキさん援護の人はそういう人の被害にあったことがないから

    >例え相手にどんな非があったとしても
    言って伝わるような人なら苦労はしません。そもそも問題にもならないと思います。
    私の職場にもそういう人がいて、同じように孤立してとうとう最後まで自分は無視されたと言ってました。
    無視って被害者ぶれていい言葉ですよね。
    いつまでも自分は被害者だという顔をしているから、はっきりいってうんざりしていました。
    こちらはどっちかというと本当は罵声でも投げつけたいところ、我慢していたんです。
    その人がいなくなった後のほっとした皆の顔、忘れらせません。
    そういう人もいるんです。
    きっと、サキさんに否定的な人はそういう人の被害にあったことがあるんだと思います。

    思い出しちゃうんでしょうね。私もそうですから。忘れたいのに。リエさんの対応は正しい、そう思います。

    ユーザーID:6815017256

  • リエみたいに周りを巻き込む人って本当に多い

    リエみたいに周りを巻き込む人って本当に苦手です。
    自分が気に入らないなら自分一人で疎遠にすればいいのに、なぜ周りを巻き込むのか…。

    こういう人って、絶対1人2人どこにでもいます。
    親戚などにもいるし、ターゲットになった人も、間に挟まれた人もたまったもんじゃありません。
    勝手に一人でやってくれればいいのに、なぜ仲間を作ろうとするのか?いい大人なのに。

    リエみたいな人に影響されて意地悪になる人もいます。
    だけどこういう人は、リエみたいな人から離れるとなぜか普通に親切だったりします。
    こんな感じでその場のムードメーカーに左右される人もけっこういます。

    親戚の間に挟まれてずっと嫌な思いをしてきた私としては、リエみたいに悪口で仲間を作って、どちらかの側につかせようとする人は本当に迷惑です。どっかで一対一でやって!

    ユーザーID:1196413039

  • サキ苛めのレスが多い

    サキが感謝をしらない?周りのことを気遣えない?配慮できない人間?

    なんとしてもサキを「そういう人間としてイメージダウンしておけばこっちのものだ」とばかりに心の持ちようや感謝の問題にこじつけているレスには疑問です。
    苛めっ子特有の「いじめられる方に問題がある」「根暗が悪い」「自分で自分の首締めちゃってるんじゃない!?くすっ」展開と同じものがありますね。

    「立候補しろっつうの」
    (ねえ?)
    (そうそう)(リエさんが言ってるよ)(あーまたサキさん?)(ニヤニヤ)(迷惑で困るわよねあの人)(リエさんも愛想尽かしたみたいだから私たちもね)(リエさんに従っておけばわが身は安泰だからね)(みんなに気を遣わせてるよねサキって)

    そんな囲い込みでサキ苛めを方向づけているのはリエでしょ。

    リエの人間性の問題は、イベントリーダーで役員をやっているからといって免除されるものなのですか?
    「自分大事」というのならサキを悪役に仕立て上げて自分を防御しているリエも同罪なのでは??

    ユーザーID:6104150754

  • 他の世界を見つけてね

    わたしがサキさんと同じタイプらしく、サキさんの気持ちがわかります。幼稚園ではないけれど、リエさんみたいなママさんにあからさまに無視されたり(わたしが行事の当番をした際に)これ聞こえよがしに嫌味を言われたりしましたしね。
    そして、第2章の5、6のように、旦那も解ってくれず、同じような態度をされて大人げないですが泣いたこともありました。

    どなたかもおっしゃってましたが、女の子のママにリエさんの様なタイプが多かったです。下の子(男)の時のママ友さんは比較的付き合いやすい人が多かったですし、今でも学校行事などに行くと男の子のママさんと世話話をすることが多いです。

    サキさんにアドバイスするとしたら、習い事でも良いし仕事でも良いので「幼稚園の他に世界を持つこと」かなぁ。現実逃避な様で根本的解決にはならないかもですが、他に自分が楽しく過ごせる居場所を見つけて幼稚園の時間だけそれもあと1年だけ我慢すると割り切れば気持ちが楽になりますよ。

    ユーザーID:2143709494

  • りえさんをここで非難しても、なんにもならないから

    車にハネられた人がいたとして、
    どうしたら交通事故に合わなくて済んだのか?、
    とか、
    今後事故に合わないためにはどうしたらいいかな?、
    と悩んでいるときに、

    ハネた相手が悪いんだよ!って、
    言う意味は、
    あんまりないからじゃないですかね?

    人をハネる車は毎日いっぱいいる。

    でも、全員が、
    その車にハネられたわけじゃない。

    全部が全部じゃないけど、
    歩行者が、横断歩道じゃないところを渡ってた、
    自転車が無灯火でハネられた、
    音楽聞いてて、周りを見てなかった、
    みたいな場合は、

    あ、そこを注意しとけばよかったね、
    ってなる。

    だって、どうしたら、
    ハネられるリスクを減らせるか?、
    自衛出来る点は何か、って話をしてるんだから。

    そこで、ハネた運転手を責めないからと文句言われてもね〜。

    ハネる運転手はいる。
    だから、どうすればハネられない確率を、
    少しでも上げれるか?って話ですよ。

    だから、みんなハネられた人のどこがまずかったか、
    アドバイスメインになる。

    気を付けたほうがよかった点や、
    まずかった点がなければ、
    不運だった、100%相手が悪かった。
    だけで終わる。

    ユーザーID:9600669631

  • 多様な価値観を受け入れることは大事です

    リエからのサキに対する虐めやハラスメントだと仰る方もいますが、本当にそうでしょうか?
    もしリエが周囲の人に、サキを無視しよう!と扇動したのなら、それは虐めでありハラスメントだと思いますが、周囲が同情して自発的にリエ側に着いていたなら、名誉毀損の訴訟を起こしてもサキは負けるでしょうね。
    日本は民主主義・資本主義です。色々な価値観があり、その中で主張したり、競争して生きていくもので、その処世術を身に付けるのは当然です。それぞれ違う主張を持ってもいいですし(この漫画では子供の発言やリエについている人達など)、何もしないで利益は得られません(この漫画では役員や周囲を楽しませることなど)。
    そして上のような発言をすると、「福祉の側面から弱者は救済すべき!」という人が出てくるのですが、福祉的に弱者というのは、本人や扶養の必要な近親者が心身の問題を抱えている、あるいは就学前の乳幼児を抱えたひとり親など、通常の生活ができなくなる状況にある人だと認識してます。
    つまりサキは今の社会に適応する努力もしてないのに、社会的弱者のように扱ってほしいというとても甘い考えをしているのです。

    ユーザーID:3690294678

  • 周囲が間違った対応や回避法をすると、主人公みたい…

    なってしまう場合もある。

    主人公は無視され、不安になります。自分が何かしら悪い事をしたのか?と自分を責めていきます。周囲に聞くと「あなたがそう言ってたと聞いたから」です。事実が事実とは違う。主人公は仲良しのリエさんなら話し合いをすれば誤解が解けると思い、連絡を取ろうとしますが、リエさんは頭に血が登り、主人公と話したくない気分だったのかも知れない。文句を言ってしまいそうだったかも?

    リエさんが一人だけ無視を貫くのはとても難しいと思います。リエさんがグループに参加出来ない時(主人公に会いたくない避けるのは自分だけ)があるからです。周囲が冷静に判断していれば「こんなことで怒った私はなんて愚かなんだろう」と気付くかも知れない。主人公に歩み寄ったりもするかも。周囲がどちらにも付かない、話を探らないことだと思う。リエさんは怒って感情に身を任せて話すかもしれない。周囲が聞かない姿勢も必要かもしれないですが、リエさんは話したいから話すかもしれない。聞いても聞き流して「まあまあ」を貫く。リエさんは話を聞いてくれる人を探すかも知れない。

    冷静さを失い一緒に冷酷になるのは、どれだけの話術だったの?

    ユーザーID:5525064324

  • リサさん、それ完全に仲間はずれ!いじめ!

    誰にだって言葉足らずだったり、間違った言い方をしたりするではないですか。
    それをいちいち悪意にとっていたらリサさんとはおちおち会話もできないです。
    「えっ?」と思ってもそれを悪意に取らないようにできたらいいのに!
    リサさんはすぐに悪意にとってしまうのですね。
    それもまたつらそうです。

    サキさん、
    自分が一緒にいて楽しい人と友達にになりましょう。
    子供の社会で自分の社会を作らないことにしたら気が楽になりますよ。
    仕事や趣味で忙しくしているとママ友同士の小さな出来事なんて気にならなくなります。
    自分で自分をしあわせにしよう!

    子供はこれからもっともっと自分の世界を広げていきます。
    サキさんも自分の世界を持ちましょう。
    ママ友社会なんて所詮は小さな一時的なつながりなのだから。

    上手に気分を切り替えて乗り切りましょう。

    あと、お姑さんのことも同じ。
    お姑さんの言葉もいちいち悪意にとらないで仲良くできませんか。
    黙って無視するのでなくて自分の感じたことを正しく伝えましょう。
    人の言葉をすぐに悪意にとって無視したりするのはリサさんと同じってことに気づいてくださいね〜。

    ユーザーID:7525311421

  • 大人の対応って?

    嫌いな人がいることは仕方ないし、疎遠にしたり距離をおくことも仕方ないと思う。

    でもあんなに積極的に意地悪をしてるのに、擁護する人がいるというのはビックリした。。

    リエも適当にサキに挨拶して、あとはスルーで十分だと思うんですけどね、大人なら。

    サキも至らなかったかもしれないけど、リエの行動も十分に幼稚だと思う。

    ユーザーID:1841633206

  • お金がかかりますが、具体的に手を打つとしたら・・・

    優先順位的に言うと。

    1。登園方法を園バスに。

    2。自動車学校に行き運転免許を取得。

    『ペーパードライバー』だったら練習用のコースに申し込み、自宅の車を自在に運転できる様に自身を訓練する。

    自動車学校に行き始めれば超絶忙しくなって。
    ネガティブ迷宮から、祝脱出!!になりそう。

    3。先方が『お受験』するか情報を集める。アンテナを張る。

    小学校が違えばこの先のリスクが減る。後数ヶ月の我慢。

    アンチ受験組でしたら、上手に我が家を逆に『お受験』のレールに乗せる。
    例え上手くいかなくても、小学校に入学後成績上位陣にくい込める。

    何だかんだで優秀な児童には、学校は甘い。
    その上で一年生から『役員』を引き受けるなど着々と人脈を広げ、のんびり過ごせるよう先手を打つ。

    サッと思いつく神対応??としてはこんな感じ?。


    気になった点。
    「ミイが男の子だったら」と妄想していましたが甘い!甘すぎる。

    (漫画だけど)佐山さんの息子さんが絶対にモテない筈ない。ありえない。
    其方の対応で陰で佐山さん相当苦慮してると思う。
    そんな部分を主人公に見せてないだけじゃないのかな?

    ユーザーID:2548024181

  • 面倒くせーぇぇぇ

    コップの底が抜けて無いならどっちでもいーじゃん!面倒くせぇ!
    女子力足りない私のような人間には解らん世界です

    園に限らず学校、職場、どこへ行ってもこうした女同士のトラブルは
    ある気がします

    価値観違うのは仕方ないし合わないなら適度な距離とって上手く付き合うか
    スルーすればいいのに、周囲を巻き込んで個人叩き…
    陰口やイヤミが無ければリエさん寄りの意見も納得出来ましたが
    これは完全に徒党を組んだ「嫌がらせ」です

    サキさんはこうしたトラブルにあったことが無い人なんだろうなぁ
    …と推測しました
    だとしたら、今までは集団の中でそこそこ上手くやってこれた人なのでしょう

    ママ友は自分の友達じゃない 
    一つ勉強になったところでこの際仕事でも始めて、つまらん世界の外側へ
    飛び出せば良いと思います

    私は寧ろののちゃんのことが心配です
    「ママだってサキママに意地悪してたじゃん」って言われたら
    …リエさんどうするんだろう

    ユーザーID:6618581146

  • 執着しすぎで怖い

    主人公は、学生時代に人との関わり方を学んで来なかったのでしょうか?
    あまりにもりえちゃんに個室し過ぎで気持ち悪いです。
    もしりえちゃんが本当に意地悪なら、他のママがさきちゃんに味方してくれるでしょう。
    一人だけに孤立し、皆がりえちゃんと仲良くしているなら、さきちゃんに問題があったのでは?と考えてしまいます。
    どちらにしろ、距離感がなさすぎでお付き合いしたくないタイプの方です。

    買い出し係だって、いつも同じ人がやるのは不公平。
    やってない人に頼むのはある意味当たり前。
    それを意地悪しているという捉え方をするのはどうかと思います。
    今後の展開で実際どちらに非があるのか明らかになるのかもしれませんが、さきちゃんに同情できません。

    ユーザーID:2841168296

  • 「たったそれだけ」ではないような気がします。

    リエさんは「主人公が離れて行く」と感じたのかも?
    そこで「意地悪子」を聞いてしまい怒った。主人公がよそよそしい不安から怒りもあったのかも。
    主人公はリエさんに対して、表も裏もなかったのかも。なんでも話せる友達として、リエさんを信用して共通の話してたのかもしれない。

    他にも何かありそうですが。二人の歯車は音を立てて回り続けている。

    リエさんはリエさんで主人公の事を信じていた。信じていたのに「意地悪な子」そういえばよそよそしくなったかも?
    この辺りはなんとも言えない。

    主人公からするとリエさんは無視と急変するトゲのある言葉。仲間外し。孤独感を与える。主人公の弱味を攻撃する?

    不妊って、簡単に人に話すのですか?どちらか先に授かったら?結構、仲良しだと辛いですよ。また、私は孤独になる。かと思います。

    ・人に自分のことをたくさん話さない。
    ・人に聞きすぎない(根掘り葉堀り)
    ・重たい話は人にしない。聞かない
    仲違いした後、相手が「あの人が〜こんなこと話してた」と悪く話されてます。相手も話してるのですが全く違う話に聞こえる。「重たい話をし出す人」と印象付ける。本当は聞き探ってたもある。

    ユーザーID:5525064324

  • 逃げてもSNSで繋がってるこんな世の中じゃ…

    他の世界をつくる、とかなんとか言ってる人もいますけど
    今はSNSとかいろいろありますし、あっという間に「あ〜サキさんね……(意味深)」と言っただけで
    多分居場所なくなりますね。

    それ以前に専業主婦・30代のサキができる仕事なんてあるの?

    ユーザーID:6750802937

  • ウジウジしすぎ

    サキは卑屈過ぎて同情できない。仮にリエがいじめをしているにしても、それを非難する人も何人かはいるはずなのに、味方らしき存在が一人もいないというのが謎。
    夫の仕事が忙しいという理由で役員を断るのも、やる気のなさが半端ない。全部が後手に回っている印象を受ける。

    サキから見ると無視されていると感じているのかもしれないけど、相手は関わりたくないだけかも。コップの色すら聞けないサキはすべてにおいて消極的なんでしょう。

    去年まであのグループの中に自分もいたのに。。。とサキが回想するシーンがあったけど、自分がいたときも他人の悪口三昧だったのかしら?それとも、自分が抜けたとたんにグループで他人の悪口ばかり言っていると想像しているのか。被害者意識が激しすぎる人のことは理解できません。

    ユーザーID:0416655260

  • 求む!リエちゃんサイドのストーリー

    私自身はサキタイプなので、リエタイプの方及び中立の方のコメントが大変勉強になります。
    マンガでは、是非リエ側のストーリーを描いていただきたいです。
    サキの言動がリエにとって気に食わない、リエが立腹した、傷付いたということは分かります。
    でも、リエが単独でサキと距離を取るのならいざ知らず、なぜグループ全体でサキを無視することになったのか。リエが周りを巻き込んだ?それとも、リエは巻き込むつもりが無かったのにリエに同情した周りが勝手に「私たちもサキさんが悪いと思うわ!」と盛り上がっちゃった?
    リエはサキとただ距離を置くだけでいいと思うのに、どうして嫌味や言い掛かりでわざわざつっかかる?
    そのへんの経緯や心理を是非!

    問題の出発点は、サキとリエが本来は合わないのに仲が良くなりすぎたこと。
    たぶん、敏感なリエが先にサキとは合わないと気付き始めたんでしょうね。サキはどうだったのかな。
    サキタイプの私は、合わない相手でも「だって同僚だし・ママ友だし・あの人は魅力的な人だし」と、無理に合わせたり距離を縮めようとして、結果サキのような言動で嫌われるという経験をしてきました。過去の私、ダメダメでした。

    ユーザーID:3369496362

  • 30にもなっておいて

    >受け止めた上で、反撃するのも抗議するのも、逃げ道を探すのも、
    >自分にも落ち度があるという結論を出して態度の修正をするのも、本人の自由です。

    でも30過ぎてるのに、しかも親なのに、自分がすべき正しい方法を選ばず、サキの耳をふさいでいる姿ってどうですか?大人として。
    本人の自由っていいますけど、上記の方法でサキがとるべき道は
    >自分にも落ち度があるという結論
    を出して、リエに謝罪するってことでしょ?

    ユーザーID:3872698539

  • 挨拶くらいしようよ

    どんなに腹の立つ相手でも、挨拶くらいはしましょうよね。リエさん、なんでわざわざわかりやすく無視するんでしょうね。そんなことをすると自分の評価が下がりかねないのに。

    気の合わない人とは挨拶だけしておく。いちいち考えないし、逆に文句(紙コップの件みたいな)を言ってからむこともしない。にっこり笑って、こんにちは。さようなら。以上。

    サキさんもこだわらずに挨拶だけしてしれ〜っとしていたら良いのに。ひとりが苦手な人って、ママ付き合い大変ですね。

    ユーザーID:1167308448

  • リエの罪は重い

    リエからすれば「は?私がなんで悪いの?」でしょうけど。

    子どもは親の背中を見ています。
    子どもが学習するのは、「サキとサキの子を、はぶったり虐めることは正しいんだ」です。

    リエは【情報共有】と称してサキの悪口をばらまく。
    聞いた人はサキに反感を抱き、虐めに加担する。
    親が虐めているのを見聞きした子どもは、今度はサキの子を虐めはじめる。
    「ちょっとお伝えしたいことがあるんだけど、サキさんっているでしょ?なんかやらかしてない?」
    吹き込むのはこれだけでも十分毒になる。

    サキの子は幼稚園でも小学校でも「この子虐めていいんだよね?」と仲間外れにされ蹴られたり殴られたり無視されるようになる。
    泣きながらポツーンと1人で遊ぶサキの子。
    リエは「そんなつもりじゃなかったし、悪意はないし、情報を集めていただけ」と舌を出す。
    たった一人、リエという毒女のせいでサキ一家は地域から憎しみ抜かれて壊れてしまう。

    ユーザーID:6330300103

  • 私も挨拶していない相手が・・

    本来なら挨拶ぐらいしたほうが良いかも知れないけれど・・・
    幼稚園で一緒だった人なんですが、考え方があまりにも違って付いていけず
    今は子供には話しかけるけれど、お母さんは空気のように扱ってしまいます。
    でも、そのうち自分もそんな態度取られる時があるでしょうね。

    でも、ひとりって気楽ですよ。
    友達のことより、家族大事にしたほうがいいと思うなぁ
    特に、他愛のない気持ちのすれ違いからの仲たがいだし
    それを悶々とするより、自分の時間や身近な人を大事にしようと
    漫画を読んで思いました。

    ユーザーID:4601482926

  • 主人公は、誰かに話してないから

    リエさん以外、トラブル後、主人公は心を解放していないし、頭の中で呟く程度なので読者しか分からない毒です。
    リエさんと主人公の会話、個人的に話したことは、リエさんが話したらリエさんに話すとだだ漏れな人とも言えます。デリケートな話を暴露?とも言えます。

    主人公は周囲のママたちとも、距離を置いてるのか、あまり交わろうせずなので、実生活の場合、噂話として、リエさんが個人的な会話や重い話を暴露したら噂話が大好きな人は楽しんで主人公のことは話されますが、リエさんの分かりやすい意地悪、嫌味、トゲ言葉は、「リエさんが夏祭りの集まりで主人公に聞こえるように(トゲ言葉)こう言ったんだって、同意したのが◯ママで、リエさんが主人公に夏祭りに紙コップのことで嫌味言って買いに行かされたらしいよ。何人かの人が目撃したんだって、元は仲良しだったらしい。主人公がこんな話をしていたらしいよ、外されてずっとらしいよ」と噂話は駆け巡るのです。

    保育園ママさんも小学校で合流。「あの人がリエさんよ」「リエさんと一緒になって意地悪した人たち」「孤独感あるのが主人公よ」と暇な人の寂しい口を潤す。

    興味を持った人の方に色眼鏡。

    ユーザーID:5525064324

  • リエに固執しているサキがダメ

    読んで思わず落ち込んでしまいました。

    いやいや、思わず引き込まれたけど、最終的に固執しているのはサキ。壊れた友情を云々言っても仕方がない。もう挨拶だけしてサキもスルーしとけばいい。また無視されたとかうじうじ考えているのはサキ。子どもの親としか付き合いがないのもサキ。今の自分が嫌なら、環境を変えればいい。

    子どもが幼稚園に通いだしたらパートするって人も多かったです。うじうじしてないでもすればいいのに。忙しくてそれどころじゃなくなると思うよ。

    子供同士や職場、家庭内のいじめは、その人間関係に関わる時間が長いし逃げ場がないから問題だけど、ママ友なんて会う時間は一日30分くらい。悩むほどのことじゃない。

    小学校に行って児童数が少ない地域なら困るけど、それなりにいるなら数人からハブられたって何てことない。小さな絶望・・・小さすぎて絶望にもならないです。小さいトゲ程度です。

    私はぽつんの方で、近所に仲の良いグループがあったけど入れなかった。スルーするしかないからスルーしてます。

    スルーしない・固執するサキが悪いと思う。

    ユーザーID:1228764455

  • いやいや〜、父親除外なのはなぜ?

    幼稚園でも、保育園でも、子供に関することは夫婦で対応しましょうよ。

    働いていても、関われる程度のイベント、保護者会にする改革が先決では?

    女性はどうしても相対評価で、男性は絶対評価になりがちです。
    相対評価だけの世界では、「大奥」みたいになるのは、想定内でしょ〜。

    子供の教育に関わる事は、男女親とも関わるべきです。
    まず、母親だけお迎えに行くのがおかしい!
    乞う、父親の参加!

    ユーザーID:9341317117

  • リエの公私混同

    リエ擁護の人の中にも、この行いは賛同できないという人が多くてホッとしました。

    ところで幼稚園の夏祭りですが、目的は何でしょう?

    園主催にしても、保護者主催にしても、おおかた「子ども達のお楽しみのため」「保護者同士の親睦を深めるため」「売り上げの寄付」あたりが目的と思います。

    リエは夏祭という公のイベントでさえも、恥ずかしげもなく自分の個人的な嫌がらせを果たすための場として使っています。
    本当にイベントの主旨を理解してボランティアに参加するなら、打ち上げには手伝いに参加した保護者全員に声をかけるべきでしょう。

    また嫌がらせの一つとして暗に、サキにボランティア活動を無理強いするような発言をしています。

    夏まつりのボランティアは大変でしょうが、そのご褒美は子ども達の笑顔で十分なはず。
    自分が大変だったから、手伝いをやらない人はずるいという発想は、ボランティア精神としてはいただけません。

    むろんママたちの世界でそんな筋や理屈が無力なことを本能的に皆さん分かっていますから、早めに係をやってしまおうするわけですが。

    続きます

    ユーザーID:1601328360

  • リエの公私混同・・・2

    正直なところリエみたいな感覚の親が増えた時点で、夏祭りは辞め時だと思います。

    一人の保護者としてこの体たらくを目にしたら、園に今後の夏祭りの開催中止を提案しますね。

    >子どもがお世話になっている幼稚園の行事、雑用をママたちで分担するのは当たり前ですよね。

    これは個人の考えとしては判らなくもないですが、人に強制することではないですし、
    果たして本当にそうでしょうか? 随分独善的で視野が狭い考え方であると感じます。

    上記の考えが先に行って学校のPTA活動の場へも持ち越され、
    学校のお手伝いは当たり前、前年踏襲も当たり前、やらない人はずるい、ありえない、と大騒ぎになる。

    トピずれなので詳細は控えますが、そういう思考停止した保護者が、公の場で実は本来の活動の一番の負担になっているということは良くあります。

    自分達のしている活動の意義や目的を理解することもなく「みんながやってるから」と付和雷同でしか動けない人に限って、
    リエのように平気で公私混同な振る舞いをしますね。

    そして「自分はちゃんとやっている!!」と大威張り。滑稽です。

    ユーザーID:1601328360

  • どちらかと言えばリエが幼い

    嫌いならスルーでいいのに、いつまでもサキに執着して、ネチネチと嫌み、仲間はずれ。
    わざわざ自ら関わるようなこと言わなきゃいいのに。


    「意地悪」発言されたときもただ感情的になって怒り、
    「うちの子、他の子に意地悪したのかな?仲間に入れてもらえなかった子は悲しかったろうな」という反省さえしない。
    それどころか親である自らがイジメの先頭になる始末。

    サキが会おうとしても電話をしようとしても耳を塞いでいる。
    相手が悪いからとイジメを正当化して、恥ずかしいことをしていることにも気づかない。
    感情だけでつっぱしってて、幼いとしか言いようがない。

    サキの悪いところはいっぱい出てるので、リエの悪い部分を書いてみました。

    嫌いな人がいるとき、個人でスルーする人と、周りに悪口を言ったり嫌みを言う人がいとしたら、神対応してるのは前者の人だと思う。

    ユーザーID:7184580133

  • 読者から見ても不思議です

    リエさんが表立って、主人公に分かりやすい意地悪。嫌味、トゲ言葉を投げ付けても、リエさんは自分で自分を貶めている行為を証明しているので、読者からすると「?」です。

    どう理解するべきなのか、分からずじまい、ここまで物語は進んでいる。
    裏でリエさんを操る人がいるのか?とも考えるくらいです。

    ですが、表立って言えば言うほど、リエさんが汚れて行くだけです。
    裏に回っても、一人だけ外してるだけで感じ悪いと思う。

    みんなで集まるのに声すら掛けない。主人公じゃなくても、こんな集まり参加しても、ちょっと…。

    リエさんが無視しているだけなら、もう、刺激しない方がいいだと思う。チャンスを逃すかも?と思う。
    リエさんと仲間たちなら、クラスの打ち上げには声を掛けるは、主人公が来るなら、私たちは不参加もちょっと…。分かりやすい意地悪?
    主人公は、もう声を掛けても参加しないと思うけど。
    ちょっとやり過ぎで付いていけない。二人でどうぞ。リエさんが判断して「私、打ち上げ不参加」とか、「なら参加」とか、できないのかな?頭が冷えるまで。
    読むと心が痛い。
    子ども育ててるママたちがここまでする意味とは?

    ユーザーID:5525064324

  • リエは・・

    サキに苦痛を味あわせてやると決めている。仲間外れ。
    公衆の面前でのケチつけと揚げ足取り、ミスつつき。

    リエに同調する人は「サキを虐めぬいて苦しめることでリエから安全をいただける喜びと優越感」にわくわくしてる。

    大人なのにねぇと思うも、リエ派は「サキが○○ではないから悪い。大人のくせに」とまたサキを攻撃する。

    タブーを重ねているのはリエだけど、リエ派は巧みに悪者はサキ、性格が悪いのはサキ、生かしておけないのはサキサキサキ!と誘導している。このトピでもいますよね。

    ユーザーID:5375519607

  • サキ自身も何が問題なのかよくわかっていないのでは?

    第2章の7話まで読みました。
    サキが何を求めているのか、ちょっと混乱してきました。

    ・無視されたり意地悪されたりして不愉快な思いをしたくない。
    ・友情を復活させたい。
    ・直接口頭で誤解を解くための説明をしたい。
    ・リエとかママ友とかもうどうでもいいから、とにかくわが子が集団生活の中で不利益を被らないという安心がほしい。
    ・夫にもっと寄り添ってほしい。
    ・義母に無神経な発言をしないでもらいたい。
    ・ていうか早く二人目がほしい。
    ・心を開ける愚痴仲間(作中では「幸せと孤独を共感しあえる人」と表現されていますが)と支え合いながら日々の暮らしを送りたい。

    サキ自身、自分が何を求めているのか、何に苦しんでいるのか、よく見えていないのではないかと思います。
    気持ちにひっかかっていることを全部書き出してひとつひとつ考えてみると、
    悩むべきことと悩まなくてもいいことの整理がついて、道が開けるかもしれないですね。

    ユーザーID:4743293529

  • リエがしているのはいじめ

    リエさんは小学生の頃から多分口が達者で生意気でオシャレに敏感な、所謂クラスの女子ボスグループにいた人。

    こういう派手女子タイプで勉強が出来ない子は中学生時代に淘汰されるが、比較的勉強出来た子はその性格のまま大人になる。
    リエさんは大卒で大手企業勤務だったので、何事もそつなくこなす人なのだろう。

    ノリが良いから人も寄ってくるし、明るくて人脈作るのも上手いから、大体の人は仲良く出来る。
    こういう人を怒らせると怖い。

    リエさんはサキを友達と思っていたと思う。多分、「一緒に役員やろうよ!」友達と一緒に係をやりたくて誘ったんだろう。
    いつもお茶したり一緒に遊んだりしていた友達に断られる事など考えていなかった筈。

    なのに、あっさり断られた。リエさんにとって結構ショックだったと思う。
    友達なのに、断る時はあっさり。しかもその理由はそれ程の事でもない。

    その他の「皆で仲良くしなきゃダメじゃんね」も、リエさんの娘を否定している。
    もっと、違う視点から考えて口に出すべきだった。
    リエさんみたいな元女子ボスは、こういう虐めのベテランなのだから。

    ユーザーID:6020371362

  • 読者の誰もその場に居ないから…

    リエさんが「意地悪な子」で怒ったシーンを読者は誰も見て居ない。
    主人公が人伝で聞いてる様子を見ているのが読者。
    対応と回避法
    ・これが実生活だったら、噂話に首を突っ込んでいて、ギロチンの刃が落ちてくるのを察することはできる読者たち。スルーな話だったりする。
    ・本人に陰の様子を教える人の「私が言ってたなんて言わないでよ」も聞く。
    ・マンガのような出来事を話をしてくる人は回避したほうがいいと。

    人伝で「リエさんが怒っちゃったから」で他のその場に居たであろうママ友の呟きを聞く主人公。
    マンガが頭を駆け巡る。深い深い。

    「仲良しになり過ぎたんだね。間違いや勘違いはあるよ。」など、励まし言葉にもならない、言いようがない。
    ・主人公の近くに、聞き込みに行く人が居ないのは救いだと思いたい。
    ・言うのがリエさんだけ(仲良しだった主人公からするとショック大だけど)
    ・トラブル後にやってはいけない対応だと思う。

    ユーザーID:5525064324

  • いろんな価値観の中で

    リエはサキを徹底して苛め抜いてやると決めた。噂を流して孤立させて子どもまで巻き込んで園生活をズタズタにしてサキの子ごと突き落してやると決めた。
    それがリエママの価値観。
    リエに同情する人は、本当に同情してるわけではなくリエについたほうがお得だと判断した。
    悪者になるのは嫌なので、私たちに正義があると訴えるためにもサキのあらさがしに積極的に加担し、無視と目くばせしあうことを「よし」として生きている母親たち。
    でも「私たちは協調性と感謝のないサキと比べて大人だもん」と胸をはっている。そんな「大人」。

    夏祭りの役員はあくまでも「自主的に保護者が立候補する」かたちで運営されているはずなのに、子どもたちのために役員を一生懸命やっているママが発言力をもち、サキを無視することを含めおかしなパワーバランスが発生している様子。
    レスにも「サキが全部悪い。リエが正しい」という人が少なからずいるのだから、リエと合致できる「大人」はそれだけ多いのだということ。
    一方でリエたちを「うっとうしい」と面従腹背で嫌いぬいている人たちも大勢いる。

    ユーザーID:1359263697

  • 横ですが・・・

    主人公サキや、リエママの通園している幼稚園って変わってる。

    夏祭りなどの園庭や園舎で行うイベントって、園長先生以下、特に主任先生がガンガンに目を光らせていませんかね?

    この手のトラブルがあろうものなら速攻『厳重注意』。
    大体が会場の売り子などのメイン係は担任の先生方の役目でした。

    一部のママ達に主導権があるはずもなく、あくまでも『縁の下の力持ち』的存在でした。
    どんなイベントでも例外はありませんでした。

    因みに子ども達が通園していた園では、保護者主催のバザーも禁止。
    ママ達が独自に行う『クリスマス会』『お別れ会』も基本認められませんでした。
    トラブルを排除する為、徹底的にそれくらい神経を尖らせた幼稚園でした。

    ママ達の『打ち上げ』情報が先生方の耳に入った日にゃあ。
    園長先生・主任先生直々に後日、「ちょっとこちらへ」ニッコリと別室で、静かな丁寧な口調で何言われるか・・・怖いよ。


    現実だったら先生方のお耳には、今回の顛末、まるっと情報は行っている。

    来年度から夏祭りのシステム、さりげな〜く全面的に変更されるだろうとみた。
    リエママ。新年長さんの保護者から恨まれるだろうなあ。

    ユーザーID:2548024181

  • パートに出る

    パートに出れば?
    とアドバイスします

    ママ友が厄介なのは、子供に影響が及ばないか心配なところ
    ここさえクリアできれば、自分のママ友なんてどうでもいいですよね
    皆が皆グループで遊んでるのではないし、そうでないお友達も多いですよね
    お子さんの交友は、小学校に入れば広がるし
    あまり心配する必要もないと思います

    問題はママのメンタルですが
    パートに出て外の世界で必要とされて欲しいです
    中学生がいじめで絶望するのも、同じように狭い世界しか見えてないからではないでしょうか

    幼稚園であってもパートママはいるし
    仕事と育児の兼ね合いなどの共通の話題で話もできます
    そういう人は暇じゃないので、人をいじめる暇もありません

    ユーザーID:6266543816

  • ママ友のフシギ・・・

    先ず以てリエの無視や嫌みは大人げない。周囲は加担しないほうが、今後の身のためだと思う。

    が、サキもいかがなものか。
    係未経験者がするべきと言うのも一理あると思うが、それを意地悪された、と思うことはどうかと思う。車がなくとも通販、タクシーで対処できる。どうしても無理なら、その場で弁明しそれ以外の協力を申し出れば良い。

    コップその他必要物品については、事前に候補をピックアップする、昨年の写真にジュースを持った子供もうつっているだろうし、それも添付資料として、メールなり会議なりで諮ればいい。当日、不備があったところで「来年への課題」で納めればいい。

    もし飲み会に誘われていれば、出勤前に協力した夫の夕食も作らず参加したのか?という疑問も残る。父親だって娘の楽しそうな姿は見たかっただろう。どうして夏祭の菓子の一欠片でも持ち帰って、父親に話を聞かせてあげようと思わなかったのか。

    そもそも、子供が安全に楽しく過ごせることが夏祭りでの保護者の役割であって、親がはしゃいでどうするつもりだろう。疑問である。

    ユーザーID:4196759701

  • 身近な人に不満や文句ばかりの人同士が仲良くなると

    リエさんもサキさんも、本音トークで、
    身近な人に不満と、文句ばっかり感じている人みたいですね。
    回想を読むと。

    世間では「文句ばかり、不満ばかり、愚痴ばかり」の人は要注意と言われていますが、
    2人はそういうこと、知らないんでしょうかね?
    知らなそう・・・

    人間関係や処世術を考えたことがないんだろうなあ。

    一番身近な人に不平不満だらけの人と仲良くなるとどうなるか?

    当然ですが、今度はお互い同士に対して、
    不平不満だらけになるのでは?

    サキさんは、旦那さんや義母に不平不満だらけのようですが、
    最初は、旦那さんをいいと思って結婚したんですよね?

    でも、身近な人になったら、不平不満だらけになった。

    身近な人に、感謝や愛を保ち続けられない人同士、
    近い人にほど、嫌悪を感じてしまうもの同士、
    似た者同士だから、憎しみ合っている感じです。

    主人公は自分を反省して成長する・変わることが出来るのか、
    それともリエの離婚・引っ越し(伏線あるので)で、あの頃は大変だったな、
    でも親切にしてくれた人もいたな、嬉しかったな、で終わっちゃうのか。

    ユーザーID:8082692699

  • 世界が狭い

    私自身学生時代、よく無視という行為でいじめられていました。
    家庭もあまり良くなく、居場所がありませんでした。
    社会人になって家を出て地元を離れ自立した時、友人というものを信用するのをやめました。
    会社での付き合いはあくまで会社のみの付き合いです。決してそこで心を全部開くようなことはしません。びっくりするぐらい人間関係がスムーズで、楽しい職場環境となりました。学生時代にいじめられていたとは誰も思わないと思います。

    今ならわかります。なぜ私がいじめられていのか。だからといっていじめらて当然だったとは思いません。この話を読んでみて思ったのが、世界が狭いんです。
    学生時代、家と学校は私の世界のすべてでした。しかも親もクラスメイトも担任も自分では選べないんです。どこにも逃げ場がない。本当に絶望的な日々だったと思います。
    社会人になって、あぁあんな狭い小さいところだったんだと思います。
    一人で自分で稼いで、自分の世界を自由にどこへでも持っていけることに気がつきました。サキもリエも幼稚園と家庭という小さい世界以外どこにも逃げ場がない。本当は違うのに。

    ユーザーID:9209331868

  • 世界が狭い 2

    私がいつも心がけているのは、嫌なら逃げればいいです。
    仕事が嫌ならやめればいい、友人が嫌なら付き合いをキレばいい
    ダンナが嫌なら離婚すればいい。。。
    その為には、貯金しなきゃいけない。スキルを磨かないといけない。
    しがらみのある人とは深い付き合いはしない。
    離婚するかもしれないなら仕事はやめられない。
    です。不思議なことに、仕事も友人関係も家庭も円満です。
    嫌になったら辞めてやるとつぶやくことは何度もありますが、

    唯一例外はやっぱり子供です。これだけは絶対無二のものですから。
    さからったら子供がいじめられるかもしれない。その気持ちはわかります。
    だけど、良く考えてみてください。起こるかもしれないことに悩むのは無意味なんです。
    実際に起こってから真剣に向き合えばいいんです。
    あえて対立する必要はありませんが、委員長などちゃんと理解してくれている人がいますよね。サキさんは自ら孤独をより深めているように見えます。
    ご主人が理解してくれない。これも良く聞く話です。でも、ちゃんと理解してもらう努力をしていませんよね。ちゃんと悩んでいると話をしなきゃわからないんですよ。

    ユーザーID:9209331868

  • サキだけの一人称じゃわからない

    冷めた私にはサキの一人称語りだけではわからないな〜という感想です。

    本人は自覚なくっても相手にすごい不愉快なことをポロッと言う人います。
    これまで実はリエにとても失礼な言動があったのかもしれない。
    我慢の限界だったのかもしれない。しかもそこに自覚がない、可能性もある。

    サキは状況を変えるとしたら、自分が変わるか自分が行動するかしかない。
    他人を変えることは困難です。

    子どもが大きくなった今だから思うのですが、幼稚園っておそろしく狭い閉鎖的な世界です。
    あんな鼻の穴くらいの小さな世界で悩んでいるのは、本当にバカらしい。

    下の子がいない今だからこそ、放課後の時間をお出かけしたりお稽古ごとしたり思い切り楽しめばいいのに。
    悩んでも仕方ないことは割り切って捨てる。自分を理解してくれる優しい人、サキの周囲にもいますよね。そういう人と細々つながっていればいいじゃない。

    いや〜母親の私から見ても理解できないです。

    ユーザーID:5218419764

  • 悲劇のヒロイン気取りが気に障る

    お茶したかったら、自分から一緒に行きたいと言ってみる。紙コップだって、わざわざ買い替えるほど重要な事でしょうか?

    気に入らないなら、気に入る品を買ってくるように頼めば?

    「いいのよ、私が我慢すればいい事だから…」と言って、何でも相手の顔色を伺う。

    こういうサキみたいな人って、皆関わりたくないと思いますよ。今回はリエのむかつく思いと周りの人の関わりたくない思いが一致した結果と思われます。

    …ところで作者の方の著書は、皆実体験からくるものですか?

    ユーザーID:1838250625

  • 読んではみたけれど

    私も小学生と保育園児の母やってます。
    正直、ママ友なんて数えるほどしかいませんしそれで困ったこともないので
    主人公の気持ちに「共感!」ってほど寄り添えませんでした。

    あくまで「ママ友」なら、その程度のお付き合いでしょ?
    自分の「友達」なら、それなりに配慮したお付き合いになると思います。

    「友達」のつもりのくせに、距離感だけは「ママ友」なんて都合が良いというかなんというか。。


    単純にこの主人公の対人折衝能力が低すぎるだけで、
    ママ友トラブルとは関係ないでしょ、これ。

    ユーザーID:6582694531

  • 本読みました

    最後まで読んだ感想としては…、ゾッとしました。
    一番最後の一コマが。

    3歳の娘が来年幼稚園ですが、気を付けたいな〜と思わされる本でした。

    読んで良かったです。

    ユーザーID:2003736023

  • 未来のリエママ目線で・・・(主人公のターン)

    卒園後、2人は全く接点を失う。サキが遠い夫の実家で義母との同居を決めたからだ。

    去る者日々に疎し。リエは幼稚園での様々な出来事を改めて振り返ることもなくなった。
    待望の第二子、しかも男児を授かったからだ。

    リエも色々あった。長女が幼稚園時代に夫の浮気が発覚。きつく当たってしまった人物もいた。
    名前も忘れた。最後は喧嘩別れだった。何でそこまで荒れたのか思い出せない。
    遠い昔の事だ。

    愛する息子はリエが果たせなかった夢、地方局だがアナウンサーとして就職も決めた。
    感涙にむせんだ。


    息子が大学時代からお付き合いをしている同期生の彼女のご家族と初対面の日。

    同じ年の彼女に夢中。暫く前プロポーズをした。
    感じの良い娘さんでリエは一目で気に入ってしまった。
    でも何処かで会った様な気がするのは何故だろう・・・


    会場のホテルのレストランに現れた彼女の両親にリエは言葉を失った。

    「『こんにちは リエちゃん』。お久しぶりね。」
    「ののちゃん!」成人したミイ。

    絶句するリエ。


    「親戚ね。『リエちゃん』。」

    サキはニコッと笑った。



    サキさん闇落ちって事で(ファイト!)。

    ユーザーID:2548024181

  • これは典型的なモラハラだ

    たとえばコップの件。
    リエはサキがどういう態度をとろうが全否定してやると決めているのですから、サキがどうすればよかったのかなんて関係ない。

    サキがコップの色を役員に尋ねたことを説明した上で、今回はそれを使って下さいとお願いする
    →「ハァ?なにこいつ!すぐに買ってくるのが筋でしょ!」「開き直った・・・信じられない」「ふつうは責任もって去年の写真まで調べるよねぇ」

    透明コップを買ってくる
    →「最初に気がつけっつうの」「私さえ我慢すればの悲劇のヒロイン?うっざ!」

    サキが買ってこない
    →「信じられない自分のミスを他人にぬぐわせるなんて!無責任すぎる!」「中身のわからないコップで困惑している子どもたちが可哀相!」

    サキ以外の人がやったことなら
    →「これでいいよコップの色なんて誰も気にしてないって〜」

    なにがなんでもサキに『察してチャン』『関わりたくない人間』のイメージをつけてやればサキ虐めの正当な理由になりますからね。
    リエも、リエに味方してサキ虐めに加担している優良ママたちも、何ひとつ悪いことなんかしてないわって人生を終わるんでしょうよ。

    ユーザーID:2280877471

  • サキの神対応はコレ!

    働きに出る!
    ヒマすぎるのよ〜サキは。
    だからリエの気持ちや思惑なんてどーでもいいことウダウダウダウダ考えちゃうの。
    その考えも被害妄想入っちゃってるし、このまま考えたところで建設的な結論なんて出るはずない。
    だったらもうスパっと考えるのやめましょう。

    「小さな子どもを育てる孤独感」というけれど、ミイちゃんも来年はもう小学生。
    もう、ひと時も目を離せなかった赤ちゃんではないのです。
    ミイちゃんが小学校に上がるのをきっかけに、サキも働きに出ればいい。
    最初はミイちゃんが小学校に言っている間だけパートタイムでもいい。
    そのお給料でミイちゃんに習い事をさせてあげたり、ご自分も公民館活動など始めてもいい。
    そうやってご自分の世界をどんどん広げることです。
    そうすれば、リエみたいな対応をする相手も、あの人とは合わないのね、とさらっと流せるようになりますよ。

    ユーザーID:6597095981

  • ホトケの顔も3度まで


    私なら、3回まではこちらから挨拶しますが、漫画のような母親みたいにガン無視するような、子どもっぽい母親は、一切相手にしません。

    保護者会も、意地悪のつるし上げとわかっているなら、「風邪を引いて熱が出て行けない」と欠席しますし、祭りの係りなんてぜっったいに引き受けたりしません。

    主人公のママさんは、心が優しすぎるんだろうなと思いました。

    が、自分の子どもが幼稚園に通っていたころどうしていただろう?と振り返ってみましたが、意地悪には意地悪で仕返しをしていました。

    根拠のない悪口を言われたり、挨拶してガン無視されたり、色々ありましたが、面倒くさくなり、ぼっちでいいや!!と開き直りました。

    ぼっちでも、必ず話しかけてくれる人がいましたし、係りをしなくて、文句を言われようが何を言われようが、「できないものはできない」を通しました。

    あと、「私の悪口言っているんだろうな」と思っても、私の耳に入ってこなければ、私には関係ない。耳に入ってきたら、私もそれなりの仕返しはしていました。

    保護者の中では、扱いにくい保護者だったと思いますが、そこまでしたおかげで、たくましくなれました。

    ユーザーID:7135870523

  • 気の毒には思うけど・・・

    私はコレまでのところ運が良かったらしい。
    こういう人と深く関わらずにこられた。
    そりゃあ、多少の軋轢はあったし、
    内心面白くないと思ったこともあるし、
    私がそう思わせたこともあったろう。
    でも、それに執着したこともされたこともない。

    無視や嫌味も恥ずかしい振る舞いだけれど、
    それをやたら気にかけ捉われるのもどうかと思う。
    愚かな人だとなぜ切り捨てないのか?
    まともに相手するに値しない人、と割り切ったらなんでもないことでは?

    たかが紙コップの色ごときで、
    嫌味を言う方も言う方だが、わざわざ買いに走る方も走る方。
    どこまで子供じみているんだか…。

    「分かり合えた」という感覚が懐かしい…?
    でもそれは錯覚よ。
    誰もがみんな「裏事情」は抱えているもの。
    それを一々詳らかにしあう必要はない。
    遠慮しあって、気遣い合って、
    気持ちの良い距離感が保たれるんじゃないか、と。

    はっきり言って、サキのような人は、理解不能。
    手放しで心を委ねてしまって、
    リエの存在に気持ちを揺さぶられすぎている。
    大人のすることじゃない。
    気の毒には思うけれど、
    痛い思いをして成長するのかも。

    ユーザーID:4072592652

  • ママ友

    いらないですよ。私は保育園でしたが、ずっと一人でしたよ。仲間ハズレにされたとかじゃなく、普通に一人でいました。話しかけられたり、挨拶はしてましたけど、それ以上の関係の人はいませんでした。しかも母子家庭で子供も一人っ子なので、運動会も一人。いないものはいないので、仕方ないです。小学生になっても同じ。今中学生ですが、今でも同じ。でも特に困りません。小学校と、中学校は、運動会はお昼は給食なんです。なので、競技を見るときだけは一人だけど、みんな帽子とかストールとか巻いてるし誰が誰だかわからないし笑。それに、ママ友いっぱいいて、常に中心にいるようなママでも、家庭内や夫婦で色々あるようでしたよ。なぜわかったかは省略しますが。嫌なら体調が悪いとか、下の子が熱出したとか嘘ついて欠席すればいいじゃないですか。私もそうしてますし笑。無理に行く必要ないです。どうしても行く時はマスクしていくといいですよ。私は最低限しか学校などは行きません。ちなみにうちの子は成績も今のところは学年で一位で運動部でも頑張ってます。子供のことだけ考えて!!ママ友関連に使う時間やそのことを考える時間がもったいない。

    ユーザーID:0878217288

  • レスします

    ここまで読んだ限り主人公に落ち度なし。無視する人間が当然悪い。仮に主人公に非があったとしてもまともな人は無視なんてしないよ

    ユーザーID:5406807327

  • やっぱりね

    お遊戯のセンターって先生が決めたんじゃないの?おいしいとこだけちゃっかり とか書いてる人いるけどよく読みなはれ。保護者が決めていいならリエの子がやってるでしょ

    ユーザーID:7849572519

  • 「浅く広くお付き合い」に限る

    最初から「友達作らなきゃ」と思って深くお付き合いすると痛い目にあいますよ。
    ママともは学生時代のような友達ではないですから。
    スポ少にでも入ったら子供同士ライバルならママ同士もライバルになってしまうし、
    嫉妬の嵐です。まずは当り障りのない会話からすこしずつ近づいて相手をよく見極める必要があります。

    にこにこしていても何考えているかわからなくて本当に怖い人いますからね。

    ただ、一人もママの知り合いがいないというのも困ることになります。学校の事など
    ちょっと先生に相談できないことを相談できるママは絶対にいた方が良いです。

    浅く広くお付き合いが正解ですね。

    ユーザーID:4397079474

  • もともと交わらない二人

    単に子ども同士が同じ幼稚園で仲が良いだけで、親同士が「親友」と思ってしまったことが失敗。
    リエさんはアナウンサーにはなれなかったけど、大手企業に勤めたということは、偏差値としては上位グループの大学卒業でしょう。
    一方でサキさんは専門学校卒。
    お互い、小学校、せいぜい中学校までしか同じクラスで学ぶことはない、別のヒエラルキーの人たちです。
    もしも同級生でもおそらく仲良しグループは違ったでしょう。

    子どもがぐずったり、夫のこと、姑のこと、いろいろ悩みで共感できたかもしれないけど、結局は育ちもポテンシャルも違う二人。
    それが親友ぶったって無理がある、歪みが出てくる。

    お互いの生活環境が違うのだから、そのうち子ども同士も離れます。(すでにミィちゃんとののちゃん、別のグループですよね)
    それまで我慢するしかない。
    私からみると、キツイ言い方ですが、サキさんはちょっと上のランクのママと知り合えて有頂天になっていたように思えます。

    ユーザーID:6771243154

  • サキは

    誰かがおっしゃってましたが、「自分がない」のだと思います。

    自分はどうしたいのか、そのためにはどういう行動をしたらよいのか、
    自分で考えて行動したことがあまりない人生を歩まれてきたのかも。

    幼少の頃から、虐待されたか厳しく抑圧されて生きてきたのか、、、またはその反対で、
    なんでもやってもらえる、いやなことから守られてきて、嫌なことや面倒ごとはすべて逃げてきた人なのかと思いました。

    なんでも与えてもらえて、やってもらって当たり前の人に、他人の苦労は理解できないし想像もできないと思います。
    だからささやかなことにも感謝もできないし、他人に気遣いができない。
    苦労に対しての免疫もないから、精神が弱すぎる。嫌われるのが怖いから、受け入れるしかない。
    結果自分の思い通りじゃないから、不満ばかりがたまって悪循環。

    自分で考えて意見し、行動し、価値観の相違に対処できれば、
    大人が雨の中泣きながら飛び出して、その辺を歩きまわるなんて奇行はしないと思いました。

    また、リエのような発言や行動をする人とは、個人的な友達になりたいとは思えません。

    ユーザーID:8600697597

  • 2度目です。

    保育園でセンター、ありました。思い出した!
    子どもが、すごい豪華な衣装でピンのセンターでした。
    代役もいないので、私が気を付けたのは、健康管理だけ。

    保育園の先生が全員で毎晩遅くまで手縫いで衣装を作ってくださったそうです。園長先生が大きな声で説明してくれました。「○○くん、素敵でしたねー!!ここ数年で一番の出来でしたよ!」と、他のお母様方の前で…。

    他の先生からもお褒めの言葉を頂き、そりゃー、もう冷ややかな視線が私にグサグサと突き刺さってました。


    さらに、記念写真では、園児に着替えさせずそのまま、写真を取りました。ママがドレスを持参していたのに、ゴミ袋の衣裳のまま、撮影の子もいました。

    あれ、園の嫌がらせだったのかな〜?
    問題があるママのお子さん達が、ゴミ袋でしたから…。

    その後、小学校に入っても、そのお母様方とは私とはお付き合いは、ありません。

    ママ達って、すごく疑心暗鬼な環境ですよね。
    周囲も助長させたりして、なんか、陰湿です。

    ユーザーID:9341317117

  • サキも必死なんだろうけれど1

    この時点でサキが悪いリエが悪いと論じたところで
    これはお話なのでどう展開していくか作者次第なんですよね。

    今までのトラブルを考えてみるとどれも特別なことではなく
    どこにも転がっている小さな出来事のように感じます。
    その場で解決できることも多いと思います。

    ・誤解から無視・悪口
    自分にも他人にも誠実であろうという気持ちを忘れないのが大前提ですが
    謝罪を受け入れてもらえないなら諦めるしかありません。
    時間が解決してくれることもあります。
    事が起きたときは悪口愚痴もあったかもしれませんが
    数人固まって毎日毎日一人の人の悪口を言っているとは考えられません。考えすぎです。

    ・買い出し
    荷物が多いなら複数人の担当者を選ぶもの。数人ならその中で相談もできる。
    一人に任せるのは委員長はじめ委員会のミス。

    ・コップ
    中身が見える見えない程度の問題なら白でも覗けば見えます。
    どうしても横からでもわかるようにする必要があるなら
    白コップを無駄にせずマーカーやシールで色分けする方法もある。
    委員長の話をさえぎり委員会内で相談もせず、リエの一言で買いに走るのはサキのフライング。

    続く

    ユーザーID:8785515545

  • サキも必死なんだろうけれど2

    ・打ち上げ
    委員会の打ち上げではなく、仲良しの仲間内の打ち上げ。
    無視されている人たちに誘われるはずがない。行っても楽しいはずがない。
    サキ自身「大嫌いな人たち」と思っているのに誘われないことを気に病む意味が分からない。
    それと、子供に「元気な人だけ(行く)」は余計なひと言。
    それが子供からまたリエたちに伝わったらどう取られるか。
    サキも学習しない(苦笑)

    ・ご主人とのこと
    何も話さずにいたら夫だって何もわからない。
    イライラだけをぶつけてもご主人は戸惑うだけ。
    幼稚園の事を話せば夫ももっと気にかけてくれると思う。
    勝手に孤独ぶっているだけ。

    ママ友と言っても保護者同士のお付き合いで
    職場や習い事、ご近所付き合い等と同じですよね。
    仲良しが集まればグループになりますが結局個々のお付き合いです。
    サキはグループに執着して保護者一人一人を見ていない気がします。
    現にサキに話しかける保護者もいるし傘まで貸してくれる人もいます。
    孤独ではないと思うんですけどね。
    気の合わない人に執着するのをやめれば気が楽になると思います。

    ユーザーID:8785515545

  • ミイちゃんが最大の被害者

    一度流された噂は絶対に取り消せないし、聞いた人の口からどんどん広がってしまいますからねぇ。

    「サキさんのこと」と言うだけで人はさーっとサキの周りからいなくなり、ミイちゃんとは遊ばないようにわが子に言い含めます。

    子どもは大人たちの態度を敏感に察しますからね〜。
    ミイちゃんはこれから学校があがっても陰湿に苛め抜かれて楽しいはずだった人生を苦しみにのた打ち回りながら過ごすことに。

    うまいこと毒をたらしサキ一家を不幸の谷底に突き落すことに成功したリエママはどうかな。
    虐めて欲しいなんて頼んでませ〜んって顔して、私は感謝を知っているから〜と平然と言い放ち、生きていくのでしょうねー。
    うちの子を差し置いてセンターなんかになるんじゃないわよ。

    ユーザーID:6034222245

  • 怖いわ

    りえは悪くない 問題ない 自衛と書いてる人は嫌いな人は躊躇なく無視しちゃうんだろうね そんな人の子はやっぱり人を簡単に無視するようになるだろうね 他人に無視されたことないのかな?なくても普通想像できるよね、無視されたらどんな気持ちか。嫌いな人には何してもいいなんて怖すぎ。そういう人には子育てなんて無理だよ ロクな子にならない。第一、なんで◯◯ちゃんのママを無視するの?と聞かれたらどう説明するんでしょう

    ユーザーID:1003476163

  • 傘かしてくれた人は、いい人?なんかリスク管理が甘い?

    近所に知り合いが多いのに、
    夜に、
    はからずも雨の中、
    泣きながら歩く、幼稚園の顔見知りママ。

    私なら気づかないふりでほっとく。

    わざわざ近づいてくる人は、
    うわさ大好きママってことはないの?

    明日には噂ばらまかれてるんじゃない?

    私は幼稚園入園後は、
    幼稚園ママの目にめっちゃ気を付けてるよ。

    雨の中、泣きながら歩く、
    別に仲良くもない幼稚園のママさん。
    格好のネタにならない?

    さき、危機感とかないの?
    知り合いの誰が見てるか分からないとこで泣くのは、
    リスク管理が甘すぎる気がするんだけど

    ユーザーID:9600669631

  • 神対応なんて、ある訳がない

    どんな人間関係においても、親子関係においても、「神対応」や「マニュアル」のようなものなんて、ある訳ないです。
    どの人間にも個性があるのだから 全てがマニュアルに当てはまる訳がない…

    傷ついた時、サキのように気持ちを内にこめて鬱っぽくなってしまうママもいれば
    傷ついた時、リエのように攻撃的に出るママもいる。

    相手が自分に距離を置いている時(嫌われている時)は、無理に近づかない方がいいと思います。サキ・リエ 両方の味方になってくれて両方の幸せを考えてくれる共通の友人がいて、仲裁してくれれば解決する事もあります。
    どちらか片方だけの味方になる人が間に入ろうとすれば、悪化します。
    言えるのはこのくらいでしょうか。

    ユーザーID:6173749576

  • 加担する人がいるから

    「同志」と寄って行く主人公は確かに重い、重すぎる。重いママはいる。
    「話し合いがしたい」とヌトーッと顔を出してくるママ。
    無言でじとっとこちらを見て、「元気なことだけを確認しました」と訴えてくる不気味ママ。
    情報収集して悪口仲間のところに告げ口しに行く横走りのママ。
    グチグチグチグチ顔をツッコむチャンスをうかがってつきまとい
    「でも私はわかり合おうとする勇気と善意があるから」とお涙ちょうだいの自己弁護するやつ。

    対するリエさんはやり口が汚い。お仲間を使って主人公を孤立させる手腕に長けている。
    このレスで言うなら「サキは感謝をしらない、苦労をしらない、自分がない」決めつけとかもそうですね。こじつけだろうと。サキを憎まれて当然の対象に下げるテクニック。そしてそれに釣られる人もいる。

    感謝や善意という尊い良い言葉を他人にレッテルを貼って孤立させたり見下すためにうまいことと利用している汚い人。
    虐めに加担しホイホイ釣れる『自分のない人』とは、お近づきになりたくないものです。
    ママ友関係は誰とも仲良くしないのがいちばん賢い。

    ユーザーID:9851986423

  • やはり多数で無視?って良くないような

    リエさんだけ冷たかったらだったら、主人公もそんなに悩んで無かったのかも。

    主人公が「どうしたんだろう」「私は何かした?」と悩んでいても、リエさんが冷静になったら「酷いことをした」となりそうで、今回はリエさんが妊娠したと園の子どもから聞いた主人公。
    挨拶はすると決意した主人公は立ち話していたリエさんたちをスルー。

    周囲もちょっと大人になろうと何度も思った。

    二人の問題であり、リエさんが「意地悪の子」他にも何かありそうだけど、と突然、冷酷な一面を見せて、嫌味を言う。主人公と不仲にならなかった言わなかったかも。
    主人公が役員を逃げ回ってると、思わなかった

    今年はできないと夫を理由に言っても私は、別に気にならない

    私が、実生活で思うことは「あっちがダメならこっち」など「こっちがああ言う。なら、こっちよりあっち。の人がいて、自信が無いって、そういう人だと思う
    主人公は、今考えてるんじゃないかな?

    誰にでも「合わない」って、感じる人は居ると思う。でも、その人と接する前、何も無いうちから「無視」や「みんなで外しに参加」をする人は、自信ない人で、他人の言葉に流されやすいと思う。

    ユーザーID:5525064324

  • マンガ本がどうなるか分からないけど。

    ・その場に居ない人の噂話、人伝には、別の話に聞こえることが多々ある。推測や憶測まで、その場に居ない人が噂話の該当者が言ってたよ。になってたりする。
    人の持つ一面だけを取り上げて、噂話をしたりしてたり、グループだと、そんな感じ。

    ・無視は良く無いです。良く無いけど、更に良く無いのはみんなで無視する。噂話を聞いて仲良しのママ友同士の噂話だけで、無視したり外したりするなら、その内、誰かが外される。リーダー格は別の人気者?が現れたら、リーダーの座は無くなる。

    ・意地悪されるのに話しかけても、意地悪が酷くなる。だから話しかけなくなる。かけれない。

    ・近所に友達が欲しい。ママ友が居ない。と、悩んでる人もいるのですが、大概は子どもの為に我慢している。相手に合わせてたりもする。合わせていると相手が勘違いする。

    ・仲良し同士だと思ってたら、実は子どもが仲良しだったからと、我慢して付き合いをする人もいます。外野から見てたら凄く仲良しに見えます。内心は、「実は嫌だった」なども言う人がいて、聞いた人は驚く。「嘘?」と。

    ユーザーID:5525064324

  • ミィちゃんが虐められる

    春にママ友虐めから2人の母親が命をたちました。「母親失格」と虐めた側は学校と協力して真実を闇に葬ったようです。

    このようにリアル世界ではサキの子も虐めに遭います。噂は広まって虐めが盛り上がります。

    噂を流された母親の子どもは尾ひれがついて広まる悪い噂の中でめった打ちにされます。「うちのママがお前のママを要注意と言ったから」「自業自得」と噂をうのみにした親の態度をピックアップ、虐められている子どもの背中を蹴り、、砂場に転んだところをまた蹴り、痛さに泣いているのをみて嗤います。それが親から教えられた正義だからです。

    幼い子どもがよってたかって大人からも鉄のスコップで殴られたり無視されて傷を負うこと。それが「あの人気をつけてね」の「情報」を流した人間の優越感になります。虐め協力者はせっせと噂を流した人のご機嫌をとり新情報をもたらします。「母親失格だ」と、事件と同じことを言ってリエに謝らないのが悪いと言っているレスもありますよね。

    噂にきいたんだけど、と我が子に教え込む協力者が大勢うまれ、リエの仕込みによって噂されたママの子まで憎しみの的として虐められます。

    ユーザーID:3095123074

  • ありがち

    問題は仲間はずれにされてショックを受けてしまう事。
    いい年して幼稚な人たちはこっちから御断り!と思えないのは、
    結局そこしか居場所がない、楽しみが見つけられないから拘ってしまうのかな。
    パートにでるとか、趣味の習い事すれば、新しい人間関係も広がる。

    そういえば、いまスポーツジム行ってるけど、平日午前中でも
    子育て中のお母さんって皆無。
    幼稚園帰りにままともとつるむぐらいなら
    ジム行って発散したほうがよほどいいのになあ〜
    平日日中限定会員なら安いですよ!

    ユーザーID:4205987181

  • リエママはあまりにもひどい

    こんなママ実際いるんでしょうね。無視や陰口言ったり、これ見よがしに攻撃したり…。
    ママ歴20年弱ですが、幸いこんなひどい人に会ったことはありません。
    というか気付かない?たまたま接点がなかったか、攻撃されなかっただけか。
    こんな人間が子供にどんなしつけをし、何を教えるんだろうかと恐ろしい気もしますね。

    ただね、無視する人になぜ毎日挨拶する必要があるの?
    本当にサキちゃんもしっかりしてよ!です。

    誤解があった時点で、電話やメールでなく直接捕まえて言いたい事言うべきだったし、
    無視され始めた時も黙ってないで怒るべきでした。「無視なんて幼稚な攻撃はやめなさい!」って。
    それでも話合いが皆無だったら、サキも言いたい事言ってやれば良かったんです。
    でリエママはもう無視でそれ以外には愛想よくし、自分の居場所を作るの!

    それは相手の土俵に立つって事ではなく、自分と家族を守るためにするべきだったと思います。
    言いたい事言わずにいい子ちゃんしてても結局心が悲鳴をあげているよ。
    吐き出さないと、戦わないとだめです。負けちゃダメ
    自身で自分の心を守るんです。家族のために

    ユーザーID:9070818951

  • 神対応レシピ

    ・深入りしない。興味をもたない。

    ・噂話と悪口にはのらない。広めない伝えない。

    ・ベテランになると噂話をもちこむ人間が一番ヤバいとわかるようになる。
    詮索ママ最大注意。

    ・情報通で交友関係が広くて明るいからといって良いママとは限らない。

    ・優しいママは距離感のないグイグイ系の大好物。最初が肝心。相談に乗らない、さっさっと帰宅。

    ・児の名前もママの名前も覚えない、記憶しない。知らない人だらけで卒業するまでやり過ごす。


    大人の陰口や噂、苛められているママの子供への攻撃を見聞きすることは子どもたちの人生にも暗い陰を落としてくる。
    リエを支持する人たちは処世術に長けた勝ち組かもしれないが、後々自分たちにやったことが返ることをしらない。

    ユーザーID:1836523403

  • 失恋しても、いつまでもこだわってると、幸せを逃す

    主人公が最初にできたママ友にこだわって
    失恋した後も、他を見ないでこだわり続け
    自らを不幸に追い込んでるような話


    不幸の元は、小さな誤解が元で、他のママ友を作って去って行った相手ではなく、
    いつまでもその人しか見てない自分の心にあると思う


    心理的ストーカーをやめて、新たな友情を開拓すれば良いのに

    ユーザーID:7179758152

  • 神対応なんてあるわけないに同意

    うーん、編集部としてはもっと共感が得られると思っておられたのでしょうか?
    著者やKADOKAWAの担当者の方からのレスもあるということで、ここでの感想をどう受け止められたのか楽しみに待っているのですが。

    サキとリエの関係は、我が家の子供が中2の時にクラスであったトラブルとまったく同じです。(子供は当事者ではありませんでしたが)何気なく言った一言が相手の癇に障り、無視が始まった、と。先生の仲介で解決したようですが、サキもリエも精神的には中2から成長してないみたいですね。


    仕事もしてなきゃ子供も一人、委員を断る理由が「ダンナの仕事が忙しいから」っていったいそれ何?要するにヒマなんだよね。佐山さんみたいに仕事しながら幼稚園の行事の委員長してたら余計なこと考えてるヒマもないのにね。

    子供は絡むけれど、基本的には職場などでの人間関係と同じ。相手が不愉快にならない程度に、つかず離れず。神対応なんてないですよ。サキみたいな人は仕事辞めたらいけなかったんだと思いますね。

    ユーザーID:5956565782

  • りえの『復讐』

    サキの悪口を言い広げてサキを孤立化させることに成功したリエは、それもサキのせいにするでしょうね。

    勝手に怒って勝手に孤立してる被害妄想のきっつい人、とね。

    リエ派のママたちは増々リエにくみして「私たち絶対に悪くない」とサキとサキの子の落ち度を粗探ししていじめにかかる。ミィのやつも気に食わないからついでに殴っておこう、わっしょい。だってサキって噂のあるママだしね。

    めぐりめぐって悪意を持った人間の耳に噂がはいれば、ミィの命も危ないかな。

    ユーザーID:2369465075

  • ママ友なんて言葉要らない!

    続きが気になって結局本を買い、最後の落ちまで読んだ二児の母です。そして、下の子が幼稚園の年長です。

    幼稚園に関わり、4年半・・。
    その間にあるママ友の思惑でバス停ママから母子共に仲間外れにされ、
    私たちを仲間外れにしたママ達も年長で仲間割れ。
    その後、そのママ達の一人が私が仲間外れに合った後、何が起こったか教えてくれたり、
    私を仲間外れにした元ママ友も一時は私を無視したりしていたにも関わらず、「小学校でもよろしくね。」とか言ってくる・・、
    といった、まるでこの話のような経験をしました。

    他にも、「うらやましいほど仲がいいなあ。」と思っていたママさん達が年長当たりから何組か仲間割れしているのを見たりして、
    「ママ友」って言葉本当に要らないなあと思う今日この頃です。

    「ママ友」っていう言葉があるから、私は友達のようなママさんを見つけないといけないと思い続けていた気がします。
    そして、私と生まれや育ちが全然違う元ママ友に自分のことをあれこれ話したりして私は彼女と友達になったつもりでいたのですが、
    私は彼女の私に対する違和感や妬みをその間に募らせていたんだなと、今になって思います。

    ユーザーID:1358144400

  • まとめてみました

    「リエ」
    人徳がある
    「いじめ」は大人には適応されない
    「弱者」でもないサキは努力せずに楽しもうとしている甘い人間
    『察してちゃん』のサキをみんなが嫌ってリエについただけ
    大人のくせに耳をふさぎ正しいことを行わない
    落ち度は自分にあると認めてリエに謝るべきなのにやろうとしない
    去年の祭りの様子を観察してしっかりリサーチしてなかった
    紙コップのミスは重罪

    「サキ」
    感謝をしらない
    苦労をしらない
    嫌なことや面倒なことから逃げてきた、人任せにしてきた嫌な人
    ママ友にしかすぎないリエを心を開ける同志だと思ってきた
    嫌われてるのにつきまとって挨拶。隣りに座ろうとした
    紙コップのミスは重罪

    寄せられる意見はやはりサキが悪くてリエが素晴らしい人だとリエ支持派が圧倒的か。
    アドバイスの内容も「サキは感謝を知らない、苦労を知らない、気遣いができない女なのだ」という断罪から(でも私は感謝を知る心がけの良い最高の女なのですよというアピールか?)、
    「私ならリエを無視する」「転園レベルの意地悪」「挨拶はしようよ」まで、ばらつきがあって何が正解ともいえませんね。

    ユーザーID:3405382397

  • こんな園は嫌〜

    時系列的に言うとソロソロ『入園申し込み』が開始時期よね?

    新入園の親御さん達は、だいたい入園を決める時ってラスト2つまでに絞って、最終候補のA園とB園のどちらにしようかな〜と言ってらした。

    運動会、夏祭り系イベント、朝夕の送迎の様子。
    そこで先生の動きや雰囲気のチェック。厳しいですよ。


    サキさんリエさんの園で起きている事って、第三者から見るとバレバレなんだよね。
    気がついていないのは今回の様な得意満面な登場人物達だけ。リエさん達だけ。

    一部の保護者が群れて騒いで、延々と立ち話。
    ああ〜〜ここってママ達の派閥があるんだ〜〜〜〜人間関係がとっても面倒くさそう!!
    ・・・で最終候補から落選。当たり前です。

    加えて言うならば。

    「この園は一部ママ達の暴走を食い止める自浄力が無い。
    つまり指導者達の力量不足。
    トップに統率力、求心力が無い。」

    私だったら絶対子どもを預けない。
    周りにも「あの園は絶対にやめときなさい。」と申し送りにします。

    ただでさえも少子化や幼保の改革で、保育園と違い幼稚園は相当不利な立場に置かれてるのに。
    ・・・・この園の責任者は何やってんだか(呆)。

    ユーザーID:2548024181

  • 神対応はないと思います。

    ママ友付き合いが、どうしてもダメなら、フルタイムで働くのが1番関わらなくて済むと思います。

    クラス委員とかは、仕事でできないけど、家でできる事や、イベントで当日のお手伝いはする。低姿勢なワーキングママは陰口をたたかれる事もなく、その場限りの世間話のみされてますよ。

    ユーザーID:9479241841

  • こういうのもうやめなよ

    こういう関係もうやめればいいのに。
    ホントに。
    3章目入って腹立ってきた。
    どうせ勝ち負けで考えてるんでしょう?人と比べる前に自分の言動思い返せと思う。
    それに、逃げたっていいんだ!!
    (でも旦那さんからは逃げちゃダメ)

    話し合うべき相手と、逃げるべき相手見直せ。

    ユーザーID:5230646620

  • 期待三割

    人付き合いの極意として聞いた話です。
    付き合う人に対して、期待が大きいから失望するのです。
    みんな自分が一番大事なのです。
    相手に期待しすぎて、依存、甘えなどの感情をいつのまにか持ってしまい、
    理想的な友人であると、幻想を抱くからおかしなことになるのです。
    どんなに素晴らしい人であっても、自分の利害にことが及べば、豹変するのです。
    自分だって、いい人を演じている事があるし、嫉妬の感情を抱く事もあるから、相手だってそうです。
    夫の職業、収入、家庭環境など、似通っていなければ、なかなか話も進まないものです。
    人に過大な期待をせず、3割くらいがちょうどいいのだそうです。
    そうすれば、おおきく傷ついたりしないで済むし、相手が自分より仲のいい人ができたとしても、気になりません。
    自分だって、相手より仲のいい人が出来る可能性もあるのに、相手にそれを許さないとか、視野がせますぎます。
    なんだか、20代30代になっても中学生みたいな感性のひとが多すぎます。
    無理矢理友達作ろうとしなくても、縁があれば自然に出来ます。

    ユーザーID:8328520780

  • サキさんっ!(涙)。思いつめないで。

    新作読んで、
    サキさんの表情に慌ててしまいました。

    サキさんの味方、リエさんの味方、
    漫画を俯瞰で(上から目線ともいう)見る人、
    寄せられたレスに考察付ける人、
    色々ですが、実感伴うな〜と。

    サキさんを主役に持ってきたのは、
    サキさんタイプがやはり、
    リエさんより「悩む」タイプだからだと思います。

    ユーザーID:0737851917

  • 2度目です。

    様々な方がいて様々なご意見があり面白いです(笑)
    渦中の人は冷静に読んで他人事(他人ごとですが(笑))のように全て真摯に受け入れるといいと思います。そこから自分にあった意見を取捨選択すればいいのです。

    私は常に子供に関連付けて考える癖があります。自分の子供はリエ派かサキ派か…。どんな子供時代を過ごすのか、どんな大人になってもらいたいか…。そうすると自分の家庭環境は上手くいっているのか?夫婦の仲はいいのか?ちゃんと話しやすい家庭か?ひとりひとり問題は抱えていないか?と自分への問題提起です。

    マンガを読んで自分自身の反省、客観的な見方、いろんな方向からの多様な意見を聞き入れるといったことをすると少なくともサキとリエの間のような問題が自分には降りかかってこないかなと思います。あと、子供も同じことがいえます。それがそれぞれの幸せに繋がるといいですね。

    ユーザーID:8325085127

  • 幼稚園でつまづくのはマズイ…

    あの頃の私は前へ進むことだけを考えて生活をしていました。
    幼稚園で最初の役員を経験したことで、不安そうだった息子が度々顔を出す私を見て嬉しそうにダッシュしてきました。
    だから私も幼稚園のお手伝いが楽しくなって、子供を園に送ってきて役員仲間の今でいうママ友と話し込んでいて、気が付いたらお迎えの時間になっていたということが何度もありました。

    バブルの豊かな時代でした。
    大企業の社宅の奥様ママ達のドラマのような上下関係を垣間見たり、料理や裁縫が実はプロ級のママとの出会い、最大の課題である我が子の話よりママ本人の上昇志向があったあの頃…
    だから、話題に事欠かなったのかも…
    人をあまり羨ましいと思わないママが多かったと思います。

    だから幼稚園のママ友のことで悩む人はいなかったと思います。
    子育て時代が楽しかったら後の人生で少々嫌なことがあっても痛くないはず…

    孤独は心の持ちよう…無視される人は自分の価値を自分で下げていると思います。
    不得意なことをしてこそ価値があると思います。
    娘さんの卒園まで今までの思考をガラリと変えることに成功したら大逆転するはずです!

    ユーザーID:5582278895

  • 感想です。

    ・人と人とは近過ぎ過ぎると傷つけ合う。
    ・人と人とが知り合いになるとお互いを知ろうとする。
    ・お互いを知ろうとするのはいい、でも、人にはどんなに親しくても立ち入り禁止ゾーンがある。
    ・何の気なしに言ったこと、言われたこと。自分や相手が意識して気にしてることがある。
    ・人伝には、どういう訳だか尾ひれが付く。
    ・意地悪が目的な人には近付かない。

    マンガの場合、理由はなんであれ、目撃者多数の主人公に意地悪なことをした人として、名を残す。
    そんな二人にハッピーエンドがあるのかな?「ない」と思う。周囲を巻き込んで無視することで団結したなら(リエさんから話を聞いても、悪口?愚痴?相談?として受け流し、周囲は主人公を無視する必要性もなく、「二人の問題」として、リエさんとも主人公とも接するのだったらいいけど。
    周囲も一緒になってさける、一部、意地悪の片棒。
    リエさんが分かり易く意地悪して、仲良くしていたら周囲は「なんで仲良くなってるの」だと思う。

    マンガ本を読んでないけど、周囲は噂好きなんだと思う
    一時的の意地悪な人もいる、一人の人に狙い定めて意地悪な人もいて、前者は多数いる。後者はたまにいる。

    ユーザーID:5525064324

  • 読みました本日のを

    あるわね、こういう勘定←もとい感情は。(ふー最近は金勘定に追われているので変換しても勘定になっちまうわ〜)

    ありますよ。追いつめられれば誰でもこうなる事でしょう。こうならない人が自死に至ったりうつ病を発症したり引き籠ったりアルコールに逃げるんだと思います。
    私はそう考えています。

    登場人物がもしも実在していてそれを目撃したら、熱が冷めた頃に身内だとしたらこう声をかけておきますよ。身体に良くないので。

    むかし学生の頃リエさんみたいなのがおりましたわ。
    その人は、人が集まる・会話も面白い・楽しい事を思いつく・男子からも人気があり毎年数名から告られる・彼氏という存在有り・下級生からも慕われる。しかし上級生からはマークされていた、一部の教師からは面白がってチェックされていたし、今になってこうして思い出してみると協定みたいなのが敷かれていたようだ。
    しかし、卒業するとか別れたとか関係が無くなると、知っていた人に会えば取り巻きだった人たちは悪口言っていました。不思議なんで取り巻いていたんだろう?聞けばよかったかしら。

    だから明日からスッパリ切って新たに出直した方が良いよ『次に行こう!』。

    ユーザーID:2629363290

  • 育児中の専業主婦が陥りやすい闇の一例

    悪いのはサキか、リエか、周りの人か、そういうことではなく、誰もが迷い込む可能性がある育児中専業主婦の闇について考えるといいのかなと思いました。
    育児の全責任を負うのが母親ひとり、という状況が、母親たちを追いつめているのではないでしょうか。
    夫は働き盛りで忙しく育児にノータッチ。例え「イクメン」でも、育児の大半は妻まかせ。
    実家は頼れない。独身時代からの友達はライフスタイルが違ってくる。近所に気安く話せる人もいない。我が子は可愛くて仕方ないが、まだ大人の会話なんてできない。
    初めての育児は分からないことだらけで不安ばかり。かかりつけの小児科医や地域の保健師さんに、そうしょっちゅう相談できない。
    と孤独感に苛まれ、「子の月齢が近くて同じ地域在住」だけが共通点のママさんと知り合い、悩みを分かち合える「友達」になれたと錯覚してしまう。

    一緒に育児をする身内が大勢いたり、自身が仕事などで忙しかったり、元々「おひとりさまが当たり前」のタイプなら、恐らく陥らない闇。
    でもそうでない場合、世界が、視野が狭くなり、孤独になってママ友にしがみつく故のトラブルか。
    決してサキやリエが特別なのではない。

    ユーザーID:6034855697

  • こわい

    本当に怖いママ友は
    りえではなく主人公のサキだった。

    私を無視するくせに
    いつも中心にいて楽しそう
    おまけに二人目も妊娠して
    と逆恨み。

    ユーザーID:2466124845

  • これは・・・詰んだ

    胃薬飲んでる場合ですか、しっかりして下さいよ!

    感謝ができない、気遣いができないと噂の立った女の子供なんて誰も大切にしてくれませんよ!

    後でいくら訂正しても噂の末端までは届きませんからね。鵜呑みにした人からミィちゃんが狙われます。

    リエには人徳があります。
    いくら名誉棄損だと訴えたところで、リエに気にいられるためにミィちゃんをつけ狙うことは「リエに恭順する優越感」につながるのですよ!


    しっかり立ち直ってサキ!

    ユーザーID:0442237365

  • 明日で掲載は終了ですね

    まず、サキさん傘は早く返した方がよいかも?

    明日で掲載は終了ですね。で、最後に少し感想を書かせて下さい。

    正直、リエさん擁護!リエさんは悪くない!の多くの声は、私にとっては衝撃的でした。私にはリエさんのやっていることはイジメのように見えたし、イジメとまで言わないとしても意地悪の度が過ぎると思えたので。もちろんリエさんのモヤモヤした気持ちは理解はできる部分はあるけど、リエさんのやり方は、共感が全く出来ませんでした。
    サキさんも確かに最初配慮が足りなかったことはあるけれど、私は発言小町でもっと強烈な人達の話を見てきたせいか、サキさんがそんなに非常識をしているようには思えなかった・・・。
    其々読者の価値観物差しが違うってことなんでしょうね。

    そもそも義務教育で「相手を尊重しながら自分の気持ちや意見を言う」「相手と自分の妥協点を探す」などのあえてコミュニケーションを学ぶ継続的な授業が子供の頃から必要なのかも。察する文化は美しい半面、自己主張が下手で変な方向にストレス原因の相手を攻撃してしまうような気がするので。もちろんそれだけで解決できるわけではないですが。

    ユーザーID:2106917293

  • 変なのは園

    役員や夏祭りの委員って毎年刷新されないんでしょうか。

    リーダーシップをとれる「人徳」のあるリエママが(私にはそうは思えませんが)毎年のように仲間と陣取ってしまっているんですか?

    うちの園では原則として未経験者が次の年の役員や委員になります。

    仲のいい人同士で立候補することもありますが、園がしっかりと目を光らせて手綱をとっています。

    個人の悪い噂を流したり個人情報収集しているようなママがいたら、私ならそちらと縁を切ります。

    生まれて数年の無垢なわが子が「あの人には悪い噂があって」などと人を苦しめる噂をながして恥じない、無責任な悪しきものに染まるのは絶対に御免ですから。

    ユーザーID:9621658309

  • 3−(2)まで読んで

    サキが、写真を切って燃やすシーンがありますね。
    私はお皿を割ったことがあるよ(笑)

    サキはリエを意識するあまり…
    後は、やっぱりこういう女性関係に慣れていなかったんだと思った。
    慣れている人は「こんなこと、案外あるのに」って思うと思うんだけど
    学生時代からこういう関係に無い場合は、免疫がないからコロっとサキみたいに毒されちゃう。

    でも、それにしてもちと弱いかなぁ…
    一人も話す人が居ないのかと思ってみていれば、
    この時点で二人は個人的にでも話してくれる人いますよね。

    自分のことを出して申し訳ないんだけど、
    私はママ友トラブルに巻き込まれてから、本当に話しかけてくれる人なんか一人もいなかった。
    サキはいるじゃん…いいなぁ ってちょっと思ったくらいだよ。

    だからま…サキはさっさとリエから、
    話してくれる人とだけ話そうと切り替えちゃえば良かったかなって。
    まあ…遠くから見てるだけだから思えること…なのかな。
    あそこまで黒くなること無かった。自分が辛いだけだから。早く気づくといいね。

    追い込むママさんは、自分はそんな自覚ないと思うんだけど、
    本当に辛いんでやめて欲しいって切に願います。

    ユーザーID:0917496424

  • 神対応って言われても

    トラブルが起こった後の神対応なんてなかなか難しいでしょう。

    だって、りえはもう無関心を装うことに決めているから(要するに無視をすると決めたのでしょうから、存在そのものを否定している訳で)
    そんな人にどう語り掛けようと、どう行動しようと受け付ける余地はないのですから。それを解決するのは自分だけでは無理でしょう。

    だけど未然に防ぐことはもちろん可能です。
    人との関係で大切なのは距離感です。
    腹6分ぐらいでちょうどいいのです。
    そっけないなぁ、ぐらいでいいと思います。
    それ以上だと自分が疲れ、相手にも詮索され嫉妬や誤解を招きかねないから。

    あとは、自分の世界がそこにしかないと思い込むととても辛いと思います。
    さきの「孤独」という言葉に引っかかりました。
    それがりえへの執着の現れなのかなと思いました。

    子供が幼稚園の時は不安定な人が多いのでしょうか?
    以前から、公園デビュー、ママ友、そんな特有の言葉が出てくるぐらいですから。
    私はこの話を見て、春菜ちゃん事件を思い出してしまいました…あまり覚えていませんが、いつの時代でも、問題は出てくるのですね。

    ユーザーID:4795373610

  • 私もサキ擁護ですよ

    サキには悪意がない。リエには悪意がある。この差は大きいです。

    私には、サキがそんなに気が利かないとか感謝のない人だとは思えませんし。一体サキの側の落ち度ってなんなんですか?私にはさっぱり分かりません。

    ここまで多くの人がリエを擁護することに、驚き、呆れ、恐怖さえ覚えます。

    ユーザーID:1167308448

  • 漫画の情報少ないからね

    サキは気づかいできないように見えないし、感謝がないって、委員を率先して引き受けないからですかね?

    イビられてちゃ立候補しづらいよね。

    旦那が忙しいからと断ったのは、活動の時間帯にミィの世話をする人がいないから。

    今は共働きが多いから、集まりがいつも夜だったりする。その時間旦那が仕事だと、親(ばーば)のサポートでもないと難しいよね。

    中途半端じゃ他の委員に迷惑かけちゃうし。これもある意味気遣いだし、リサーチしてるよね。

    委員長は、親のサポートありかもしれないし。漫画の情報だけじゃなんともね。

    それにボランティアは自分の心意気の問題。やれる人がやれることを…が基本だと思うよ。

    感謝しろとか、やらない人ずるいとか、あいつにやらせろとかって揉めるなら、

    保護者の手に余るんだから、お祭りを辞めればいいと思うよ。

    水面下でドロドロした祭りなんか楽しくもないし、なくったって誰も困らないもんね。

    多くの方が言っているように、こんな狭い世界に捉われることない。

    あと、リエに「人徳」っがあるって考えは、怖すぎる。

    ユーザーID:1601328360

  • くだらない感情に振り回されない

    2回目です。
    写真を燃やしたり・・・ってばかばかしい。
    リエさんの幼い対応(無視やイヤミ)もばかばかしい。
    リエさんの人徳?ないですよ。とりあえず、世間話などが上手な人
    その人(サキ)は普通に考えが合わないから
    話さなくなっただけです。
    サキさんだって他の人は話しかけてくるのに、その存在忘れないでって思う。

    親のそういった関係が、子供の世界にそれが関係してくるか?といったらほとんどないし
    あったとしても、好都合。
    結局は子供同士も性格的に合わなくなるような気がします。

    第3者からみれば、サキさんの黒い感情爆発させているところも、リエさんのさりげなく避けるところも
    引っかかる要素、でもサキさんの黒い感情爆発のほうが引くかな。
    そうしてみればリエさんの無視のほうがすごく合理的に感情爆発させているんだなぁ・・・と思います。

    子育てしてると、子供の居る場所だけが自分の世界になってしまうけれど
    子育て以外のことに目を向けるって大事なことだと思う。

    神対応、、、自分を見失わないことですね。

    ユーザーID:4601482926

  • サキの落ち度は

    >一体サキの側の落ち度ってなんなんですか?
    サキの落ち度は、大人として果たすべき責任を自ら進んで果たそうとしないところです。
    たくさんの方がご指摘なさっている、専業主婦で、暇そうにも関わらずリエから話を振られないと幼稚園の仕事の分担を引き受けようとしないところ。
    サキはいつもこういうノリで、嫌なこと、面倒くさいことは人に押し付けて、しかもそのことに無自覚だったんだろうなと思います。

    リエについてですが、この漫画に描かれてある通りの人物であるならずいぶんと大人げない意地悪な人だと思いますが、それだったらもっとサキに同情も集まると思いますし、多くのママがリエにつくことが不自然。
    そもそもこの漫画がサキの主観で描かれていて、サキの主観には、幼稚園の仕事の分担を求められたときに「イジワルのつもり?」と思っていることからうかがえるように、かなり被害妄想が入っているので、客観的に信用できかねます。

    リエ視点から一連の出来事を見たら、全く違うストーリーが見えてくるのではないか、リエの人物評についてはリエ視点の章を待ってからにしようと思っていたのですが、ないままなのが残念ですね。

    ユーザーID:6597095981

  • サキさんがんばれ

    SKさんに激しく同意。私もサキさんは普通にいい人だと思う。これだけ陰湿にいじめをしているリエではなく、サキのことを逆恨みするこわいママだなんて思う人がいるなんて。そういった思考の方がよほどこわい。

    ユーザーID:5845317090

  • 第3章2回目まで読みました

    私も仲の良かった友達に無視された経験があるので、気持ちはよくわかるのです。
    子供の前で無視と言うのは大人げない。良くないと思う。
    でもどっちが正しくてどっちが悪いと言う問題ではないのかもと。

    まずは家族ですよね。家族仲良しで、幸せな家庭なら、
    「孤独」なんて思う必要はない。家族がいるんだから。
    夫と不仲になるなんて本末転倒もいいところです。
    家族仲良く楽しければ子供にとってもそれが一番。

    母親として大事なのは、子供をしっかり育てること。
    社会人として一人立ち出来るようにちゃんと育てること。

    こう言うトラブル関係の話では、一般的に社会性に乏しい、世界が狭いと感じます。
    世の中のことをもっと知るべきだし、社会の一員と言う意識を持つべきだと思う。
    そう考えたらコップの色なんてどうでもいいことではありませんか。

    自分と子供の感情優先で考えないこと。
    裏目に出たり、相手に伝わらなかったりすることもあるし、皆、価値観や考え方は違います。
    傷ついたと言うのを最大重要事にしない。
    広い視野をもつ。子供をそう言う人間に育てた方が、
    社会全体がやりやすくなるのではと思うのですけど。

    ユーザーID:3641932100

  • 神対応というほどの策じゃないけど

    嫌いな人がいたらできるだけ避け、避けられない場合はビジネスライクに接しておけばよろし。
    社会に出れば嫌いな人を避けられない場面なんていくらでもあるわけで、
    そんなときはビジネスライクに接するなんてこと、誰もがやってることだと思ってた。
    集団無視や嫌がらせはダメよ、大人なんだから。

    こういうのって冤罪問題や戦争にも繋がることだと思う。
    政治の世界でも、その国のリーダーがおかしいと国民全員が左右されたり、とばっちりを受ける。
    母親みずからが悪い見本を子供に見せちゃおしまいだ。ののちゃんが意地悪なのは母親譲りか?

    ユーザーID:8214624668

  • 気持ちの問題でしょ・・・

    >イビられてちゃ立候補しづらいよね。

    だから、自分の世界で耳塞いでるより、イビられようが何だろうが立ち向かうのが親が子供に見せるべき顔でしょって。

    >旦那が忙しいからと断った

    言葉足らず。何でも相手が察してくれると思ったら大間違い。
    誰かのサポートがないと……って、ちゃんとやってる人もいるんだから甘え。
    忙しいって主張するなら旦那にもママの忙しさを知らしめるべき。
    ええと、専業主婦の年収2000万ですよね。もっと主張しないとしょせん「(笑)」って言われるだけですよ。

    >感謝しろとか、やらない人ずるいとか、あいつにやらせろ
    大人が率先してやらないと子供にも悪影響でしょ。言われるのは当然のこと。

    リエさんに人徳があるのは、リエさんに同調する人が多いのは漫画でも事実だから仕方ない。
    もしリエさんが本当に悪い人なら誰かがちゃんと指摘して流れが変わるはずだった。

    ユーザーID:1957697551

  • リエにあるのは人徳じゃないかも

    人徳じゃなくて、ムードメーカーってやつかな。

    必ずしもそういうタイプが人格者ではないと思う(ノリでいじめをする人もいる)ので、人徳があるとは思わないです。実際幼稚なことをしているしね。

    でもリエが悪質だとはあまり思わない。実際にされた悪いことって挨拶をしないことだけ。夏祭りの準備委員とか紙コップのくだりとか思ったことをはっきり言いすぎる人ともとれる。

    それよりサキの方がストーカーみたいでよっぽど怖い。

    ユーザーID:1228764455

  • 視点を変えてみると。

    きっとリエ視点でサキの事を相談したトピックがあったとしたらまた違った展開になるのでしょうね。

    子供を通して知り合い、リエもサキのことを自分の友達が出来たように最初は思って居たのでしょう
    所々幼かったり、ちょっと「うん?」と思うことがあっても仲良くしているのが楽しかったから目を瞑れて居たのでしょう

    それがある日、子供を通じて悪口を言われて居たと知った時に、積もり積もっていた小さな不満が溢れ出す。
    あの時も、あの時も私は小さい事と目を瞑って来たのに!
    表面上は今までと同じように仲良くしていたのに裏ではそんな風に思って居たなんて!

    リエからの話だけを聞いた別のママ友達は「なにそれ酷い!FOしなよ」
    小町でよく見かける展開ですよね。
    実際トピ主の報告なんてのは自分に都合のいい事しか書かない人が大半でしょう。
    リエの様に挨拶を無視してたり、人前でつるし上げたりして居たとしても隠すでしょう。

    そして自分のトピックに来ればサキ酷い、FOして良かったですね等々の書き込み。
    それを見てやっぱり自分は正しかったのだと安心する。

    ユーザーID:1980836949

  • あああぁ〜もうダメだ。

    もうダメだ、イライラする。
    この主人公何なんだ?勝手に抱えて勝手に悩んでかってに黒い感情に埋もれてて。
    あのリエって人は、もう人として論外だけど、こういうどうしようもない人間に囚われる人間(サキ)にも心底イライラする。
    何でわざわざ自分を付け狙う相手に拘るの?何でわざわざ不快な思いするの?
    私の地域にもすぐボスママに狙われて心を痛める弱々しいママいましたけど、いちいちボスママの嫌味を真っ向から受け止めちゃうんですよね。
    自分が尊敬出来ないような人の意見を間に受けるその心理が私には意味不明です。
    自ら虐められようとしてるとしか思えない。
    自分の価値観、自分の判断で全て決めたらいいのに。
    まぁ、それが出来ないタイプだから強いモノにすがって巻かれるんだろうけど。
    何と言うか、この弱さ、親がどうこうより子供が一番の被害者なんだよなー。

    とりあえず公衆の面前でサキが自分で声をあげることを期待します。

    ユーザーID:6369690585

  • 悪意がないことは免罪符にはなりません

    サキは悪意なく周囲にトラブルを引き起こしてますよね
    一言一言が稚く、一挙手一投足が幼い
    なんというかサキは子どものような人なのだと思います
    またそうであることを「良いこと」のように認識してきたのではないでしょうか
    サキの夫もまるで部活帰りの中学生のような言動ですし…

    子どもは純粋で奔放でも良いのですが、子育てしている大人が子どもと同じではやっぱり困ります
    子どもには子どもは育てられませんから

    悪気があってのことではないし…と我慢してきたけれど、もう耐えられない
    そうした一部の人がリエに象徴されるような人々のような気がします
    もちろん「我慢できない耐えられない、だから報復」というのも同じく幼稚なのですけどね

    ママ友への対応とは少し違いますが、自分の子どもとの会話では主語を明確にして話すと良いですよ
    例えば漠然と「仲良くしないとダメだよねー」ではなく
    「『あなたは』お友だちと仲良くできているのね。『ママ』嬉しいな」
    などと表現できていれば良かったのではないでしょうか

    我が子との会話は学生時代の友だちと話すようなノリとは違うことをサキは覚えたほうが良いのかもしれません

    ユーザーID:4139913426

  • 神対応 = 話し合い

    リエさんは、相手を誤解してそのまま無視。
    サキさんは、誤解をとく勇気がなくて、淋しく不安な気持ちのまま我慢。

    ママ友関係は、子供が同じ学校に通っている間だけなので、そのまま放置でもいいわ!って人も居るけれど
    サキさんの場合はかなりストレスになっていて、お気の毒です。
    ママ友トラブル回避法は「節度をもったおつきあい」「悪意のあるうわさ話はしない」「人を傷つけないよう、言葉に配慮をする」
    こんな感じでしょうかね。なかなか難しいですけれど。

    このお話しの場合は、サキさんが頑張って勇気を出してリエさんとお話ししてみれば、良い方向にむかうと思います。
    無視したままでは誤解もとけないし、お互いに気まずいままですから。

    ユーザーID:0754228611

  • この世界だけがすべてじゃない。

    わたしも仲良かったグループからはぶかれぎみになったとき「べつにここだけの世界がすべてじゃないもんねー。」と、思ってほかの人たちと仲良くしたり一人遊びをしたりしてました。

    自分は意地悪なことや人を貶めることをしてない、見てる人は必ず見てくれてる、と確固たる自信があったのでサキさんみたいに落ち込みませんでした。

    後になってはぶくリーダーの人は孤立し、グループはバラバラになったのを知りました。だれかの悪口を言い合う仲間なんて信頼しあえませんものね。

    ユーザーID:7389351048

  • あれ?え?…リエって別にいじめてないよね?

    この話、サキがリエにいじめられてる話なんですか?

    私は小町の連載で読んでるだけなんですけど
    サキがリエのお子さんに言ったことが悪口に聞こえたから、リエが怒って
    口を聞かなくなっただけなのかと…
    その後もサキは謝罪訂正さえしてないよね?

    で、リエの方は他のママ友を作って楽しくやってるけど
    サキは他のママ友もできずに、ボッチになっただけなんじゃないの?


    リエのママ友たちは、もともとサキと親しくないから、遠くでリエがおはようございますとか言っても
    話に夢中で聞こえなくて、挨拶を返さないだけかと思ってた
    リエも子供に悪口を言われたって思った当初は、サキのことも悪く言ったかもしれないけど
    普通に楽しくやってるから、その後はサキのことなんか忘れてるし、話題にも出ないんじゃない?

    買い出しとかは、わざわざ、サキがリエの近くに座ろうなんてしたから
    リエは、もうサキとは親しくしたくないアピールで、嫌味で押し付けただけかと思ったけど…



    これをイジメという人が結構多くて、マジでビックリ

    親しくない人、好きじゃない人を相手にしないだけなのに、ママ友いじめっ子軍団にされたら
    たまんない気が…

    ユーザーID:4944581006

  • 本、読みました。

    気になって、結局、本で全部読みました。

    本では、後半は
    リエ目線で描かれてありました。

    私は、たぶん、サキタイプなので
    リエタイプの人に、急に冷たくされた経験もあり
    ああ、そういう風に見られていたのかと
    納得するものがありました。

    そして、小町の方々は
    リエタイプが多いように思います。

    ユーザーID:9826564945

  • ふーん

    >誰かのサポートがないと……って、ちゃんとやってる人もいるんだから甘え。
    >忙しいって主張するなら旦那にもママの忙しさを知らしめるべき。
    >ええと、専業主婦の年収2000万ですよね。もっと主張しないとしょせん「(笑)」って言われるだけですよ。

    リエの「人徳」は、こんな嫌味と恨みで固まったような人たちに支えられている「人徳」なんだということがよく分かりました。
    どっから出たのか不明ですが「ええと、専業主婦年収2000万」、にこめられたドロドロした黒い心がすさまじい。
    ママにも階層がありますからね。
    あ、年収じゃないですよ。
    人徳あるリーダーリエの束ねている母親たちの質がよく出てる。

    >しょせん「(笑)」
    これだけでも「人徳」あるリエの周りにいる母親の程度がしれます。

    ユーザーID:3480334197

  • 神対応は離別一択

    サキに評価できる点があるとすれば他人を巻き込んでいないことくらい。
    園ママやリエのテリトリーにまで押しかけて「どうしてなんでリエちゃん」「話し合いがしたい」「最後に一言だけ」「リエママの情報クレクレ」と騒いでいないのは評価できる。

    ヨコですが3日レスの翠さん、現状になにか大きな不安と不満、くすぶる怒りがあるのかな?
    貴女のレスの方がマンガの中の誰よりも怖いです。

    それに「リエさん」って(笑)

    さん付けまでして、骨の髄まで「人格者リエ」に心酔している子飼いの手下根性に笑えますが大丈夫? 
    リエ「さん」が本当に人格者で人望があるのなら、貴女のような人が真っ先にハブられるはずなんですけどね。雰囲気が合わないからね。

    ユーザーID:4157710681

  • リエに人徳なんてないでしょ…

    リエに人徳があるから人が集まってるんじゃなくて、人を巻き込む性格だから、みんな巻き込まれてる(あわせてる)だけ。

    私の前の職場にもリエみたいな人いたけど、陰ではかなり面倒くさいやつと思われてた。
    そういうふうに見られてたから、好きで回りにいるひとなんていなかった。
    そんなの、人徳があるからまわりに人が集まってたのとはぜんぜん違う。

    この話を読んでて一番悪いのは、リエの取り巻きたちだと思う。
    リエ一人にそんな力ないのに、リエにつく取り巻きたちが、リエに力があるように思わせている。それでリエが嫌になると、リエから離れていく。
    本当にタチが悪い。

    サキは、私から見れば普通にいい人だと思う。
    確かにちょっと打たれ弱いところがあるのかな〜とは思うけど。
    女ばかりの職場で働けば、リエみたいな奴らはいたりするけど、考え方を変えれば、話をしなきゃいいだけのことなんだから、こっちも必要最低限の会話だけしてればいいだけ。

    本には、この続きはリエ側の話が書かれてるけど、いや〜、怖い。
    そりゃいつまでたってもいじめはなくならないよな〜と思わされる。

    ユーザーID:2003736023

  • なんとなく結末がみえたような・・

    委員長さんや、傘貸してくれた人、警報機鳴ったら駆けつけてくれた人などの存在を感じ始めた主人公、今までの狭い世界(リエと仲間たち)以外に目を向け始めるのではないかな・・と思われる。

    3章のお題から見ても、ひとり悩み落ち込み、リエのこと考えているのが馬鹿らしいとわかるのではないか。

    夫の前でもキレて出て行ったのだから、そろそろ夫も気づいて何か声でもかけてくれるのでは。胃薬そんなに飲んでいるなら食事量も減り、やせて顔色も悪いだろうし。

    リエは苛めてないという人たちと同じで、本人もそう思っているのでしょうが、目の前で挨拶しているのに無視し、バザーの時もこれみよがしに嫌がらせ、取り巻きには「子供の悪口陰でいっている」と触れ回る。自分の中で憎悪を消化せずに周りにふりまいている以上、取り巻き以外からはそろそろ敬遠される存在になるよ。

    そして、周囲の変化にリエが気付いた頃には、サキは別のグループでなんとなくやっていることでしょう。

    というのが、現実社会でよくある展開。本の結末はわからないけど、リエみたいな程度の低い人には関わりたくないから、どうでもよいのですが。

    ユーザーID:4964878279

  • 翠さま、ご指摘をありがとうございます。1

    たかだか幼稚園の夏祭り委員に、スマートにかかわり損ねたことが、叩きのめされて当然の落ち度とは思いません。立ち向かう必要も皆無です。

    幼稚園のボランティア、PTA、育成会や子供会等の地域活動は、子ども達の健全な育成のためよりよい環境づくりという主旨で行われています。参加は義務ではなく任意、有志です。

    ですからボランティアへの不参加を理由に差別したり、非難したりするのは主旨からも外れますし、それこそ子どもへの悪影響と思われます。

    役員や委員をいくつか経験しましたが、実感として公的な活動の場で一番足を引っ張るのが、リエのように活動の主旨を無視した、排他的、懲罰的な思考の人です。
    独善的で個人感情を何より優先させるタイプですね。結果的に、行事を衰退させます。
    衰退は構わないのですが、任意のボランティアを「大人としての責任」と、他人に強制までする方達が、無自覚に活動を潰す様は滑稽です。悪口を言われるからと、いやいや参加する行事なら当然の結果ですね。

    また、園ママにも色々な人がいて、キャパはそれぞれです。ある人が苦も無くできることが、様々な理由でできない人もいる。 続く

    ユーザーID:1601328360

  • 本、読みました。

    思った通りでした。リエが攻撃する理由、人を平気で傷付ける事が出来る性格の人って、大体こんな感じですよ。

    この手のママ、いますよ。共通部分がある。
    ひがみっぽくていつも自分が一番でないと気が済まない。そういった環境で大人になってきたのでしょうね。そして、少しでも自分を非難されるような事があると逆上。「我慢」や「流す」、「相手を理解しようとする包容力」がない。

    小町の方って、「人とつるんでいるママ」は無条件に信頼して、
    「疎外される人」はその人に問題ありっていう意見の方が多いんですね。

    それって、子供の世界でいうと「いじめられる人は、その人に原因ありだから加害者を悪者にするな」って事ですよね?
    リエタイプのママが、そういう理屈を言っていました。自分の子供がいじめ問題で学校に呼び出されていた時、「いじめられる側にも問題あるよね」って、自分の子供を擁護していました。

    ユーザーID:6173749576

  • 翠さま、ご指摘ありがとうございます。2

    他の人はできたから、あなたもできるはず。やらないのは怠慢、甘えだとなぜ断定できるのでしょう。また、任意のボランティアに参加しない理由を説明する義務はありませんので、言葉足らずとの非難も筋違いです。

    さらに漫画では今のところ園ママは数人しか登場していないので、園全体の人間関係を俯瞰するには明かに情報不足ですが、サキの味方はいないと重ねて断定する根拠は何でしょう。

    ところで2次元夏祭ですが、家庭を圧迫してまで開催する必要はないですから、やはり廃止ですね。子どもにとって夏祭りより、ママの心身の健康の方がずっと大事です。多くの場合ママは一番重要な環境そのものですから。

    率先して参加しないママさんは悪く言われて当然だと思うほどに、翠さまがボランティア活動を重要だとお考えなら、北風より太陽になった方が、自然に人が集まると思いますし、貴女の「人徳」も鰻登りだと思います。
    翠さまは出来る御方とお見受けしますので、その高い能力を円満な地域活動に活かされては如何でしょうか。

    最後に、神対応ではないですが、リエのことは園長に相談もありですね。ではこれにて退散致します。

    ユーザーID:1601328360

  • これは、どんなママにも起こり得る問題…ではないよ…ね?

    自分の意見をハッキリ表現し、快活で、リーダーシップに優れ、空気を読むのが上手なムードメーカー。
    そういう子が集団の中のボスになるのは、女子の世界では小学校時代から散々繰り返されてきたこと。
    親しさの程度にかかわらず、ボスの意向には付和雷同すべし!という不文律ができてしまう。
    その権力構図に加わらない子は、いわゆる「浮いた子」となる。

    人生ステージが進むにつれて、上記のような女子的世界から自分の意志で降りていく人が増えていく。
    集団の中で浮かないように頑張らなくてもさして困らないのだと気が付く。
    自分自身にも他人にも、多様な生き方を許容できるようになる。

    抜けたくても抜け出せないのか、居心地が良くて敢えてそうしているのかはわからないけれど、
    いくつになっても女子的世界の住人で居続ける人もいる。

    降りた女性達は、サキにもリエにも感情移入できなくて、この作品をどこか冷めた目で読んでしまう。
    何が悩みどころなのか、今ひとつ理解できない。

    ユーザーID:4743293529

  • 小町で予習

    いやー、面倒くさい!
    サキもリエもひたすら面倒くさい人間ですね!
    という感想しかありません。

    小2の女子がいますが、10年以上の小町ユーザーなので予備知識はばっちり(笑)
    預かり保育が充実した幼稚園に入園し、短時間パートを始めました。
    園では「選択的ぽつん」だったので、行事で挨拶したりクラスの懇親会に出席する程度のおつきあいで、大きなトラブルもなくすみました。

    小学校は楽ですよ。幼稚園に比べてみなさんあっさり。
    クラスのライングループもあるけど、持ち物確認しか使いません。
    自分の友達は市のママネットワークで探し、であえて違う学区の方と仲良くしています。利害関係ないと本音トークもしやすい。

    神対応はその場その場で違うけれど、サキも小町で色々なパターンを予習しておけばママ生活が楽だったのにね。

    ユーザーID:5274562204

  • 一番の対応は

    当たらずさわらず、だと思います。
    このような状況に陥っている幼稚園ママは殆どこれだと思うのですが、違うかしら。

    神対応なんてしたら目立ってしまって噂になるし、逆恨みの反撃が怖いですもん。
    目立たずひっそりさようならの時が来るのを待つ、消極的なようでもっとも効果的だと思います。

    ユーザーID:3866681091

  • リエさんタイプは別の路線がどうしても出来ないと思います

    たぶん路線変更する時点で自身はこの人生のレールから外れたとか、それだけで敗北を意味するんだろうと思います。

    リエさんタイプはキツイ生き方だよなと、私は思います。

    小さいころからそうやって来ていたのでしょうから、それでずっと就活以外は負け知らずだったんでしょうから、今更自分の生き方オレ流を変える事は無理な事なのかもしれません。

    サキさんみたいな生き方は自由なんだと思います(今はリエママとのことで煮詰まっていますけど)。あとは己(自身を)を取り戻せばいいのよ、こっちのほうが気楽。最初からこの2人は違うタイプだったんですに1票です。

    あと余計なお世話で一言、サキさんへ〜そのやり方は間違えています、正しくはトイレにトイレットペーパーなど水に溶ける紙に書いてから流すんです、特にに大をした後で一緒に流すのじゃ〜、(すみません余計でした)。

    ユーザーID:2629363290

  • サキは疎外されていないでしょ?

    幼稚園中の保護者から無視されているのではなく、ごく一部の人たちから仲良くされていないだけ、じゃないですか?
    リエに人徳があるかないか?はここだけではわかりませんが、少なくとも周りに人を集めるタイプのようです。
    サキと仲が良かった時のエピソードでも、イベントや役員は率先するし、子供あしらいも上手、お料理好きで仲良しさんには差し入れまでしちゃう人。
    回想のBBQのシーンを思い出してください。
    お肉を焼いて子供に運んでいるのは誰?ほかのママたちはその時何してた?リエはその時「私ばっかり働いて、みんなは座って食べて飲むだけ」なんて思っていたのかな?誰かが、「リエさん(ちゃん)も座って食べなよ」って代わってあげたのかな?サキは絶対にそういうことをしない人(だと思う)。
    無視は大人げないですよ、そこは否定しません。
    でも同じくらいサキは幼いです。
    人はそれぞれ良い面と悪い面を持っています。その上で、私は一緒にいたいと思うのはサキではなくリエです。
    (でもリエの『取り巻き』連中には要注意、ですね)

    ユーザーID:8155864149

  • 本を買ってしまいました

    話の流れは想像通りだったな、と。面白かったです。
    結局、スカッと感が皆無な終わり方でしたが、現実はこんな感じだろうなと。

    そして、よくまあ、こんないやらしい人間ばかり集めたな、と思います。
    でも考えてみれば登場人物全員が「普通の主婦」で
    それぞれの「いやらしい面」は誰もが普通に持っている面なんですよね。

    サキもリエも、手の平返しのママも、強い者に従属してしまうママも、
    傍観者を気取って優越感を抱いているママも、本当に全く無関心なママも、
    みんな普通に存在しているし、
    逆に現存する人間のほとんどが、これらのどれかに属していると思います。

    この本に出てくる人物について、個人的な好き嫌いはありますが
    誰が良い、悪いとは言えないです。
    たまたま悪い要素が重なって、悪い方向へ流れてしまったとしか言いようが無いです。

    もしこの本を手に取ることがあるなら、
    自分の普段の行動や思考がどの登場人物に近いのかを考えてみると
    良い自己反省の材料になりそうですね。

    ユーザーID:6000286850

  • たくさんのアドバイス、ありがとうございます! 野原広子です。

    毎日、「ママ友がこわい」をお読みいただき、ありがとうございます。
    また、このトピへ寄せられたたくさんのレスは、とても参考になりました。ありがとうございました!

    マンガを読まれた方のこれまでの経験や受け止め方によって、登場人物の性格や物語の世界が過去・未来まで広がっていくのを興味深く拝見させていただきました。

    みなさまのレスは、これからの人間関係でも役立ちそうなものや、家訓として貼っておきたいようなものまであり(ついついメモしちゃいました!)、現実にママ友トラブルに悩んでいる方には、ヒントになることも多いのでは、と思いました。

    最初にマンガの編集さんから「ママ友をテーマに描いてみませんか?」というご提案をいただいたとき、正直「ママ友…?!」と躊躇した自分がいました。そこ、踏み込んじゃっていいのかな〜と。
    取材を始めてみると、ほとんどの方がトラブルがあってもなくても、表には出しにくいことが多いのか、なかなか話していただけませんでした。みんな平和に穏やかに暮らしたいと、細心の注意をはらっているのかな……。でも、結んだ口の奥には、なにか思いもよらないものがひそんでいる気配を感じました。そこに興味をひかれて、このお話を描いてみました。

    ママになる前にだって、いろいろな人間関係の中でさまざまな経験をしてきたはずなのに、ママ友との人間関係で生まれた「思いもよらない感情」にこんなにとまどうなんて。
    自分だったらどうするだろう。おさえられる? 上手にきりかえる? それとも……。
    「ママ友がこわい」は誰の言葉なのか、それは読む方によって違ってくるかもしれません。

    本日で連載は終わりますが、この後もよろしかったらぜひ書籍でお付き合いいただけるとうれしいです。

    ご愛読、ありがとうございました。

    ユーザーID:9615070463

  • よかった

    黒い感情を洗い流せ、前向きになれたので良かったです・
    りえママがどういう人かはわかりませんが

    ここで連載されている内容だけでは
    そこまでひどいいじめとは言えないと思ったし
    仲間外れにあう前は、主人公だってあの華やかな中にいて
    その中に入れない、とぴ主さんは顔も覚えていないママもいたんですね。
    紙コップも意地になって買いなおす必要はなかったんです。
    役員も、来年はやろうかなとご自分がおっしゃっていたわけですしね。
    でも、前向きになって終りになったので良かったです。
    神対応なんてないですね。
    しいて言えばスルー力ですね。

    ユーザーID:2466124845

  • 私は

    50代女性です。幸いなことに、ママ友トラブルなどは一切無縁の生活を送ってきました。皆さんのレス、非常に興味深く読みました。

    リエはいじめていない、リエはとんでもなく意地悪、両方ありましたね。私は、意地悪だとは思いますが、まあよくあるタイプだろうと思いました。とんでもなく意地悪とまでは思いませんでした。こちらが適度な距離を持ってお付き合いしていれば、大丈夫なタイプかもと感じました。それに、サキも、当初はリエと同じように文句を言ってましたよね。深入りしすぎたから、裏切られると痛手も大きかったのでしょう。

    サキ自身は、自分に自信もなく、周りの人に期待しすぎで、依存傾向が強いように思いました。また、自分の言動に対して責任がなさ過ぎるようにも感じました。子供に対して、思ったままを言って大丈夫かどうか、普段からもっと考えるべきです。子供には純粋な面があり、言われたことをそのまま信じてしまうことも珍しくありませんから。リエに対しての執着も酷く、燃やしたシーンではぞっとしました。正直、リエよりもお付き合いしたくないタイプかもしれません。(いじめられる理由があれば仕方ないとは思いません)

    ユーザーID:3348806163

  • ママ友って大変ですね

    ママじゃないから本当のところはわからないけど
    人間関係のこじれはどこでもあるよね

    主人公は世界が狭すぎるから思いつめちゃってるんでしょう。

    そもそも世界が違うよ
    主人公=専門卒、小さい会社勤務、旦那は営業マン
    リエ=大卒、大手勤務、旦那は経営者

    主人公の依存心がうっとうしい。

    リエはアナウンサー志望してたってことで社交的だろうし、大手勤務だった、旦那は経営者となれば周りに人は集まると思う

    それにしてもママ友って面倒くさいね

    ユーザーID:2486362817

  • コミック買いました!

    連載は今日で最終回なんですね。
    ちょうどコミック半分くらいの掲載でしょうか?
    後半部分にリエの状況や心情が描かれていて
    こうやってママ友は関係が悪くなるんだと思いました。

    ユーザーID:2920704197

  • 終わったんですか?

    最終回だったんですね・・・。

    でも、残念ながら主人公に共感できないままでした。
    私は二人の子の母親です。
    色んな家庭や親御さん達がいましたけど、
    それこそ「ママ友」と言う定義すらよく分かりませんでした。
    このお話しでも出てきましたが、「子供の同級生の親だから」
    が、なんだと言うのでしょうか?
    結局は関係無いですよ。
    単に個人個人で気が合うか合わないか、職場でも学校でも変わりないのです。
    子供の同級生でも付き合えない人は付き合えません。

    この主人公さんは、元々お友達付き合いが苦手なのでは?と感じます。

    それに、この話の相手の方くらい強烈なら、
    逆に普通の感覚の人なら付き合わない人も多くいると思うなあ。
    紙コップの事件もありましたけど、どうしてもっと堂々としないんだろうなあ。
    別にそんな奴に挨拶する必要あるんかいな?
    とか、自分や、また自分の周りの親御さんでは、
    主人公含め、ありえないです。

    神対応なんてぜーったいないですもん。
    神様って不公平なんですから。

    ママ友と思うから無理なんだろうなって感じました。

    ユーザーID:2087620486

  • 私は…

    子供が中学生です。保育園小学校共にママ友問題なしでした。それは私が社交的だからではないです。必要最低限しか絡まなかったからです。学校行事の時は、孤独を怖がらず一人で楽しんでました(笑)どこにも属さなかったので、誰かしらが話し掛けてくれたりしたので大丈夫でした。一人で海外行った時、孤独感に押し潰されそうになりましたが、日本なので、困ったら、言葉通じるので大丈夫でした。気が合わない人と、つるむ時間は勿体ないです。免疫力も下がってしまうので病気にもなりやすいです。ダメです。お母さんは元気で笑顔。家族が一番喜びます。その為に、避けられるイヤな事からは逃げます。やらなきゃいけない事は沢山あります。

    ユーザーID:3225848371

  • 神対応など無い

     人と人の関係にどれにでも使える神対応なんてありません。みんなそれぞれ、いろんなことを考えて一生懸命生きているから、一つひとつのケースがすべて違っているのがあたりまえです。
     ママ友との人間関係で苦しむのは、悪いことばかりでは無いと思っています。それは我が子も、特に女の子の場合は、そういう人間関係のいろいろなことで悩む日がくるかもしれないからです。なぜ、こんな思いをさせられるのかわからなくて泣いている我が子を抱きしめて「わかるよ。わかるよ。お母さんはいつだってあなたの味方だからね。」と言ってあげられるからです。殴られたことの無い人には殴られた人の痛みは分からないと言いますが、足を踏まれた人は殴られた痛さを想像してあげることはできます。お子さんの苦しみと、自分の苦しみは違うかもしれないけれど、寄り添って理解してあげることができるはずです。
     ママ友トラブルで、自分を失うなんて馬鹿げています。でも、未熟な母にとって、そういう人間関係の難しさや痛みを経験することは親としてひとつ成長することかもしれません。悲しいときには、家庭に戻ることです。青い鳥は近くにいるものです。

    ユーザーID:9823798103

  • リエに人徳なんてない

    たしかにサキはいつまでもリエに執着して悲劇のヒロインぶってる所があってどうかと思う。

    でも毎回挨拶を無視、聞こえよがしに「さっさと立候補しろ」だの言うリエとは一番お近づきになりたくないです。
    そういう人がいるだけで雰囲気悪くなりますよね。
    リエに人徳なんてない。似た者同士が集ってるだけ。

    私の周りにはリエのような人はいませんね。
    いたとしたらかなり浮くでしょうし同調する人なんていないと思う。

    いい大人なんだからいちいち子供の言うことなんて気にしないし、何となく合わないママとは挨拶位でアッサリとした関係する。
    これを出来なくて世の中やっていけないと思うな。

    ユーザーID:1073542004

  • これがママ?

    最後まで主人公に共感できませんでした。
    他人との距離の取り方も知らず、特定の個人との関係に依存し、相手に対して毅然とした態度を取れない。
    こういう人にはイラっとします。

    主人公は、世の中の母親を代表するような姿なのでしょうか?


    これで人の親になろうとするとは・・・。世も末というか、情けない限りです。

    ユーザーID:7424135386

  • ラストは

    ラストはどこかの情報で知ったんですけど。

    人付き合いには神対応ってのはきっと無くて、
    ドラマのタイトルじゃないですが、
    渡る世間は鬼ばかりだから、
    それを「渡る世間は鬼はなし」という本来の意味にするには、

    サキさんは、
    世界を広げて、
    あちこちに感情を分散する、

    人には、逃げ場所が、
    たくさんある方が良いんですよね。

    そんな気がします。

    ユーザーID:4360063975

  • ぴぴさんに同意

    年長児一人がいる専業主婦です。

    一通り読みましたが全く共感できませんでしたし、正直理解できませんでした。

    ぴぴさんの意見に同意です。

    『親』であり、『大人』でしょ?。

    …もっと他に考えるべき事あるでしょ?

    ユーザーID:8615750867

  • 作者さまへ

    ネットで読めるのは途中までで、後は本を買ってね、ですって。
    は?いやな感じ何様のつもりなのこの人?
    小町の意向?
    だったらはねつけたらよかったのにしなかったのは自分でしょ? 察してちゃんなんじゃない?


    と、このようにしてママ友トラブルは起こるのですよ。
    嫉妬心をもってる人がいたら、しめた!とばかりに「些細なことにも感謝ができない、気遣いができない、『自分がない』人」とイメージ拡散して噂盛り。

    うちの小学校にも悪い噂がある大人しいママがいて生徒もポツンでしたけど、やはり陰にいましたね、3日の翠さんや「人徳」リエみたいな性悪ママが。

    ママ友トラブルは悪評があっという間に共有されるうえに子供まで巻き込むから罪が重い。
    だから噂好きがいたら距離をおきます。
    いいふらす噂の協力者にもいずれその子供さんにきつい罰が下ることでしょう。

    ユーザーID:7371182950

  • そんなに悪意にとらなくてもよいのでは

    本が出てすぐに買ったくちです。
    そんなに悪意にとらなくてもよいのではないですか?
    買いたくなければ買わなければよいだけですから。

    私は大手小町で連載が始まってすぐに興味を持って予約しました。買う前には本の総ページ数を見て、大手小町上で5章のうち3章も大手小町で公開してしまうことを知り、ずいぶん太っ腹だなぁと思っていましたよ。それでも私は早くすべて読みたかったので買った次第です。しかもいつまでどこまで公開するかについては最初から明示されていたわけですから、野原さんのレスに対して悪くおっしゃるのはいかがなものでしょう?

    映画だってほんのわずかな予告編で「あとは見に来てね」なわけですし、スーパーでの試食だってちょっと食べてみて美味しかったら買ってね、ですよね。

    それに比べたら今回はとっても良心的と思います。でも公開部分はやはりサキが悩んだ後に吹っ切れるまでのサキの視点からでしかないので、本全体を読まないとリエの態度の理由やその後の展開は分からない構成になっています。それを買って知るかもう十分と思うかは読者一人一人が判断すればよいことであって、著者を悪く言うのは筋違いと思います。

    ユーザーID:9986318795

  • 買っちゃいました

    そしてこう思いました〜『ママ友』を手放してみたら、かえって楽になりました〜と、

    ママ友は、友の字は、あれは良くないですね。

    友の字は曲者だと思います。

    ユーザーID:2629363290

  • 読みました!

    結末が気になって、コミック買って読みました。

    ホント、ラストの一コマでぞ〜〜っとしました。
    絵は可愛いから、不気味さはないかもしれないけど、私にはかえって怖かったです。

    ユーザーID:4861249434

  • Kindleで読みました

    無料で読める分だけだとモヤモヤしますが、最後まで読むとすっきりします(宣伝ではありませんが)。
    「神対応」って…。そんなものないでしょ。とにかく本にも書いてありましたが、単なる母親同士なのに親友みたいな気になるからいけないと思います。地方から嫁いで来たりで他に友達が居なくて寂しいんですかね。
    舞台は田舎で中学までは皆一緒(後半に記載あり)、多分幼稚園も一クラスしかないみたいなので、頑張らなきゃ!ってなるのかな。
    ちなみに私もぴぴさんに同意です。漫画に共感できないので完全に第三者目線です。

    ユーザーID:4149711211

  • AP様に同意

    子供3人います。
    今年で全員成人します。
    それにしても最近の母親とは、こんなに幼いの?
    園児と変わらない幼稚さに驚いてます。
    私の娘がサキみたいだったら、肩揺すって「いい加減にしろ」って怒るよ。
    どれだけ人間関係で揉まれてないんだか。
    エリママみたいな人、周りに沢山いましたよ。
    嫌味まがいのこと、チクチクなんて日常茶飯事に言う人いましたよ。
    でも別に何かされたわけでもなし、私は気にしなかった。
    だって、そんなことくらいで私は明日健康を害するわけでもなく
    夫も子供も元気で健康。両親も健在。
    これ以外に大事なものなどないと思ったから。
    スルーできる力が乏しいと気になるものなんでしょうかね・・

    ユーザーID:6160880055

  • 結局どっちもどっち

    リエさんは 子供の言うことを鵜呑みにしてサキさんを無視しはじめた。

     →リエさんはサキさんに どういうことなのか聞くべきだったと思う。
      (無視したり嫌味言うくらいならね)


    サキさんも 人づてではあるけどリエさんが怒っている理由がわかったのだから
    誤解を解くべきだったと思う。
    (たとえリエさんが許さなくても)


    二人とも直接対決が勇気が無くて出来なかったことが 事を大きくしたと思う。



    それは誤解だよと なぜ言えなかったのか。
    許してもらえ無さそうだから?嘘言っていると思われるから?

    相手がどう解釈するかはもう相手に任せて、誤解であるという主張はすべきだったと思う。

    二人とも大人の対応じゃあ ないよね・・

    ユーザーID:8504588464

  • 共感できなかった皆様へ

    この漫画に共感できなかった方は、このようなもめ事にご自身が巻き込まれることは無いと思います。
    もし、身近な方がこんなトラブルの渦中にいることに気付いた時は、「それっておかしいよ」と一声かけてあげてください。
    とても親しい間柄なら、an様のように肩を揺すって「いい加減にしろ」と怒ってもいいかもしれません。
    そこまでしなくても、「なんか変なの」などと、一言さらっと声をかけるだけでも十分だと思います。

    トラブルの最中の心理って、真っ暗な洞窟に迷い込み、パニックになって出口と逆方向に走り出している状態かもしれません。もしくは、出口なんて無いんだと勝手に思い込んで動けなくなっているのかもしれません。
    そんな人に、「出口はあるよ。自分で探してごらん」と言うだけで、本当に違ってきますから。
    その後は、自分で自分の状態を客観視して、自分で這い上がってもらいましょう。

    ということで、あなたの親しい人がこんなわけの分からない闇に誤って落ちてしまったら、その時はこの漫画を思い出して、小さなきっかけを作ってあげてほしいな、なんて思います。

    ユーザーID:3369496362

  • 今まさに地獄

    今年度から、毎日バスの送り迎えの気疲れで
    重苦しい日々を送っています。

    バス停で同じく今年度入園者は数名います。
    みんな合いません。

    ひとりはボス的で統一を好む排他的主義
    ひとりはそれの腰巾着
    ひとりは会話続かない上に地雷だらけ
    ひとりは孤独を好み何を考えているのかわからない

    などで、毎日腹の探り合いのようで本当に疲れます。

    せっかく母子二人きりの世界から
    外の世界にデビューしたのにと非常に残念です。
    最初は悩みもしましたがあきらめています。

    漫画のお話は
    仲良くなりすぎて壊れているよう見えますが
    自分の場合はそれ以前で
    あの人たちがこれまでどうやって生きてきたのかとか
    どこの部屋に住んでるのかさえ知りません。

    人が人に対していじわるになるのは
    日頃、同等か下に見ている人から
    蔑にされたと感じたことに対する
    「仕返し」だと思っています。
    仲良くなりすぎなければ
    いじめもないと思い踏み込めません。

    幸いうちの幼稚園はママに優しいというか
    行事はすべて家族単位の行動に考えられていて
    役員や行事の手伝いもなく友達がいなくても困りません。自分に合う幼稚園選びは大きいと思います。

    ユーザーID:4826443596

  • 昨日完読しました

    読んだ後、そういえば小町で見たな、、、と思い出しました。

    私も女の子の母ですが、こういう事態に巻き込まれる人というのは負けん気が強い人なのでは、、と感じました。私は子供の頃からワガママな妹に振り回されたので、我が強そうな女性はすぐ分かります。そして適正な距離を取ります。
    肝心なのは、問題ありそうな人に限らず誰に対してもなるべくフラットに接することと、噂話には全力で関わらない、です。
    耳が遠い振りをしてでも、噂話には関わらない。

    神対応なんて無いのでは?ただ「1人では寂しい」と思わないことは大事だと思います。
    挨拶以外、誰とも口を聞かなくても寂しくない。困ったことがあれば園に直接相談。
    一人でいることの耐性が低すぎるとトラブルが増えるのでは?
    私は妹から解放される1人の時間が至福だったので、私以外のお母さんたちが固まってしゃべっている横を1人で帰るのも苦痛を感じませんでした。
    そう思うと、子供の頃や学生時代に人間関係で苦労した経験があるか無いかは大きいのかも。
    疎遠にしてますが妹に感謝ですね(笑)

    ユーザーID:1847484656

  • 子供がらみは大変でした。

    完了形みたいですが、長男…>現在社会人、次男…>春から高校生。いろいろありました。
    ママ友でも睨まれると怖い人はゴロゴロ。
    あいさつ無視なんて数知れず、子供がらみのトラブルがあればとたんにですからね。
    相手の立場にたって話が出来ると言う、やんわりとかわす神対応とはどうも無理だった気がします。結構群れるの苦手なんで。

    ユーザーID:7848304772

  • これは、新対応を求めるトピではなくて…

    トラブルになる様子を、漫画で書かれてるだけ。
    主人公が「ママ友は自分の友達ではない」と気付いただけの話を描いてる。孤独感?はもっと夫と話し合うことだけ。夫が妻の気持ちを聞き、上手く立ち回るだけ。

    あのね、トラブル相手のママ友と話し合っても、「なによ!(私は悪くない。傷ついた)」しかないんだよ。

    ママ友特有の集団無視?意味が分からない。噂話だけで…。無視。読者も誰が被害者で加害者かとか、探りを入れてしまう。
    何が正しくて、どれが間違いなのか?悪者探しを判断することではなくて、どうしたらよかったんだろうと答えを探すのもいいと思う。「子どもが主人公がああ言った」を聞いた保護者が「陰でそんなこと言うんだ」と鵜呑み。

    その時、その子どもに言えるのは保護者として「そういうことを聞いたからって人に言わないんだよ。勘違いしてしまう人、傷つく人がいるからね」という対応もできただろうに。

    ママ友って、ちなみに陰口や噂話って結構ある。「陰でそんなこと言うんだ」って、聞いてる皆さんも「陰でそんな話を聞くんだ」なんです。
    間違った正義と言う無視に参加してしまう人。
    自分の正義を押し通す人。同意する人。

    ユーザーID:5525064324

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧