• ホーム
  • 学ぶ
  • どうしてバイリンガル教育に失敗するのか理解できません

どうしてバイリンガル教育に失敗するのか理解できません

レス383
(トピ主17
お気に入り431

趣味・教育・教養

よもぎ

子供3人、三か国語の四技能全く問題なく育てました。
現地での成績もよく、優秀な大学へ行きました。

お子さんが小さいうちはバイリンガルがまだ完成していないため「できなかった、失敗した」など勘違いがあると思うんですが、それは成長過程。続けていればきっと日の目を見ます。外国人だって二年くらい勉強すれば読み書きもこなし、流暢に話せるようになるんですから。

でもそのまま成人しちゃって失敗しちゃった例を聞くにつけ、「親の怠慢かな」と思わずにはいられません。
「うちは現地の勉強を優先させました」も言い訳にしか聞こえません。
私の周りでもたくさんいる失敗例の方たちは親が努力していないんですから。

あと「大学も日本じゃないし、成人して日本語忘れちゃったみたい」も信用できません。
子供の頃家庭でしっかり日本語を習得させていれば成人してから忘れるなんて考えられません。

うちの子たちは日本へ帰国も数年に1回、日本人も周りにはおらず、日本語は私一人で教えましたし、お金もなくて教材もそんなに買えたわけではありませんが、その中でも教科書や参考書、本などをもらったり安く手に入れたり、何らかの方法を常に探して教えていました。
なので「お金がないから、帰国できないから」も言い訳だと思います。

あと「仕事してるから時間ない」も言い訳です。私も仕事してますから分かります。忙しい時は1日30分でいい、時間ある時に1日中付き合ってあげればいいんですから。

諦めないで親が根気よく子供と向き合えばバイリンガルは子供が大学へ進学する前に絶対になれます。

ユーザーID:2293845866

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数383

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どうかなぁ

    とりあえず、子供は親がコントロールしたように絶対なるっていうことなのかと思いますが、とても反発を感じます(笑)

    母国語であっても、言葉に関心のある子とない子ははっきり変わりますし、両者の間で複数言語の習得能力に差があるとしても不思議じゃないでしょう。

    たまたまトピ主さんとご主人との間には優秀なお子さんしか生まれない組み合わせだっただけで、お子さんがバイリンガルになったことについてもトピ主さんの努力の有無は全く関係ないかもしれませんよね。

    いずれにしても、一人として同じ人間が存在しない以上、偏った環境で結果を出したにすぎないトピ主さんがおっしゃったようなことは断定できるはずもないとおもいますよ。
    いろんな親を持つお子さんをおひとりで100人ぐらい失敗なくバイリンガルに育ててからおっしゃってください。

    ユーザーID:5448840053

  • 才能かな?

    単にトピ主さんのお子さんが天才だったのでしょう。
    それに皆が皆、子供をなにがなんでもバイリンガルに育てようと思ってるわけじゃないし。
    そもそもバイリンガルになれなかったら、子育てとして「失敗」なんでしょうか?

    ユーザーID:7541005607

  • 冷たさそうな人ですね

    私の子供たちも3ヶ国語を使いこなしますが、読み書きが十分でなかったり、兄弟で差がついたりしています。
    トピ主さんにとって子育てて一番大事なことは何だったのですか?
    バイリンガル教育をしていい大学に行くこと?
    それぞれの子供に大切なことを優先するために、親と子供の人間関係、子供の情緒や、その時に応じた家庭の問題を優先するために、バイリンガル教育の優先性が変わった家庭をいくつも知っています。
    このトピは、自分への奢りと冷たさを感じます。
    嫌なトピですね。

    ユーザーID:8270477161

  • レスします。

    ただの自慢なのでしょうか?
    頑張っても失敗することや、意に沿わない結果にしかならないこともあります。

    トピ主さんは学力を上げる教育には成功なさったみたいですが…他の教育はいかがでしょうね。

    ユーザーID:5335494593

  • 語学力は、親の怠慢とは関係がない。

    子供3人、三か国語の四技能全く問題なく育てました。
    現地での成績もよく、優秀な大学へ行きました、とありますが「?」です。

    三か国語のうち、二か国語が文法的に類似しているとある意味、全く違う文法をもつ二か国語を制覇したのと同じレベルだと思いますが。

    それはさておき。

    バイリンガル教育が失敗したかどうかは、仕事で使えるようになったかどうかで判断します。

    大学出たくらいで、判断はできません。
    そもそも大学だって、使用していたのは1か国語のはずでしょう?

    4技能全てのレベルも疑わしいです。
    問題なく、ではなく、問題には気が付かず、の間違いでは?

    海外にいるならそのままでよいと思いますが、日本にいるとしたら3か国語は必要ありませんね。

    他の親御さんが怠慢かどうかは、そのお子さんたちの語学との相性もありますから、そういうさげすんだ、軽はずみな発言を見ると、あなたの教養レベルを疑いますね。
    あなたのお子さんがそういった価値観を踏襲していませんように。

    ユーザーID:8524409822

  • 何でそんな皆様は要領が悪いの?

    そういうのを言いたいわけでしょ。

    トピ主さん性格悪いかもしれません。

    言わないでいいことですよ。
    語学は相性ですよね。
    タイミングもある。

    語学勉強好きだけど、どうしてもロシア語、タイ語は読む気になれないし、
    その言語が面白い人もいる。


    自慢&見下しって、リアルではできないから?
    多分、いつも周りにしてるんでしょうね。

    ユーザーID:2339347930

  • ずいぶん挑発的なトピですね。

    言語の違うカップルから生まれ育った子供がバイリンガルにならない、失敗、なんですか。何が失敗なんですか。

    二言語で何の問題もなくコミュニケーションがとれ、プロフェッショナルなレベルで社会に貢献できているのは素晴らしい事です。でも、あなたの様な思想の子育てって、言語教育以前にかなり問題あり、ですよ。

    人ってそれぞれ事情があるって単純な事実、認識できてますか。

    自分が成功したと感じているからといって、その他の家庭の事を失敗呼ばわりする神経、理解できません。

    我が家は、貴方風に言うなら失敗作の子供です。でも、他人に思いやりがあるし、人間それぞれ個性や違いがあって当然とおもっている常識的な子供達です。偏狭な思想の持ち主にならなくてよかった。ほっ。

    ユーザーID:0118112973

  • 何が言いたのかさっぱり分からん

    えーっと、私すごいでしょ?世の中の親はできそこない、ってことが言いたい、
    で合ってます?

    三か国語ならトリリンガルとかじゃなかったっけ?笑

    なんの疑問も持たずに
    言われたまま、親の支配のまま従って言うことを聞いてればトリリンガルもお勉強もできるでしょう。親の努力ありきだけど。

    うちの親は怠慢ってことでいい?
    私はトリリンガルです。日本語も英語もドイツ語も話せます。
    英語は仕事でも使ってますというか周り外国人しかいないので。
    日本語は、、それなりの日本の大学には行けました(MARCHよりは上)、
    ドイツ語は現地で暮らせるぐらいは大丈夫。
    あなたの基準で行くと私の親は怠慢で私は失敗作ということでよろしいでしょうか?

    なぜこうなったか、私はいろんなことに疑問を持ちました。
    アメリカで育ったのになぜ日本の大学なの?とか、
    私はアメリカ人なの日本人なのどっち?とか。
    自分のアイデンティティが分からなくて社会人になってからも随分悩みました。
    結局出てきた結論は、アメリカ方向で進むということです。
    家では日本語、外では英語(会社)。

    一生懸命育ててくれたのに、親も私も全否定された気分です。

    ユーザーID:3860359190

  • すごいですね。

    素晴らしいですね。自信たっぷり。

    あなたのご家庭と、私の家庭で違う所があるとすれば、子供の人数ですね。そこは、視野に入ってないのでは?

    うちは1人なんです。(意図してではなく、結果としてそうなりました)
    色々試みましたが、軽い日常会話に留まってます。
    現地語(子供にとっては母語)の成績もあまりよくないので、言語に向いているタイプではないようですね。

    でね、私なりに成功されてるご家庭を見ると、まずは、子供の素質による所が大きいと思いますが、比較的に家庭内に人数が多いと会話が成立しやすいのか、成功されていますね。

    語学というのは一方方向ではなく、会話を聞いて両方向の流れを確認するのが習得の近道となる部分は大きいと思います。

    で、こんな風に簡単に「親の怠慢」といわれてしまうと腹が立ちますね。現地校の成績、本人のアイデンティティ(本人が思う自分の国籍、友人との交わり、学校以外のスポーツや音楽などの活動)の確立、色々考えた上で今の状態があります。そして、これで終わりでもないと思っていますが、最終的には本人の考え方次第ですしね。

    上から目線ご馳走様でした。

    ユーザーID:5625806364

  • 何様でしょうか?

    イギリスで子育てしています。

    ご自分はバイリンガル教育に成功しているし優秀な子育てをしたから、すごい!それ以外の方達は親の怠慢とか言い訳とかおっしゃっていますが何様でいらっしゃいますか?

    いくら優秀なお子様に育ってもトピ主の様な母親に育てられたなら先が見えますね。

    家庭、家庭によって状況も違いますし子供の育て方も違うのです。海外にいるからってバイリンガルにしなくてもいいのでは?

    私の娘達は英語のみですが(日本語は多少分かる程度)現地のグラマスクールに入学が決まりました。人様の家庭まで文句を言われるのは筋違いかと思いますが。

    ユーザーID:5230540993

  • それは

    バイリンガルにするには、日本人の親と外国人の親がそろっていて、それぞれが自国語だけで子供とコミュニケーションをとらなければいけません。そうでなければ、それは偽者のバイリンガルだと聞いたことがあります。もちろん、バイリンガルに近いところまで到達することは環境によって、また努力によって可能かもしれませんけどね。トピ主さんは、おそらくアメリカに住んでいるのでしょうが、アメリカ人はそういう点においてはかなりシビアな考え方をする方が多いですよね。例えば、発音や文法などの間違いを指摘する人も多いですからね。

    トピ主さんは、日本語を教えているというのですから、当然日本人でしょうが、トピ主さんの日本語はかなり怪しい部分もありますよ。それは、トピ文を読んでも明らかです。そのトピ主さんが日本語を教えて、お子さんはどの程度日本語を習得しているのか、非常に興味があります。トピ主さんの考える水準は、かなり低いものではないだろうかと感じてしまうのです。

    ユーザーID:8464642116

  • 怠慢といえばそうだが

    >「親の怠慢かな」と思わずにはいられません。

    確かに子供をバイリンガルにすることへの努力が足らなかったのでしょう。

    でも、それは怠慢というよりも、バイリンガルにするということをそれほど重大視していないだけの事ではないでしょうか?
    バイリンガルになることが万人にとって最優先事項であるとは思えませんし。

    ユーザーID:4788067699

  • あの、だから何?

    その、失敗しちゃったの、の方は 社交辞令で
    そういってるだけですから。
    もしくは、日本語ができない、ことにそれほど
    重点を置いていないんですよ。。。
    恥ずかしいので、バイリンガル!バイリンガル!
    うちの子はバイリンガル!と叫ばないで…
    諸外国では、2、3ヶ国語話せるのは
    それほど珍しいことではないですから…
    夫も 英 日 独 仏 伊 と話しますよ?

    私の子も英語、フランス語、日本語の中で
    育っていますが、普通にどの言語も話します。
    だんだんと理解しています。
    別に、1日30分!とかキリキリとしなくても
    普通ですけどね…。

    ユーザーID:3775386545

  • 主様の勘違いは、

    多国語環境に居るなら他国語を話す人間に育てるべきなのにそうしなかった親は失敗だと
    思い込んでることです。私は日本人で夫は中国人でアメリカ国籍、子供は3カ国のパスポートを持っていたこともあります。
    アメリカ在住30年、4カ国語を話す夫そして友人達もそういう環境です。
    が、多国語を話す人たちがどうなって行ったかを見て感じたことは、話せる、ことを仕事に活かせない人達が
    本当に多いという事実です。
    4カ国語話せる、、だけ。というか、、ようは、人間関係の構築、コミュニケーション術、
    其れがあって話は始まるんです。
    私は、アメリカで生きて行く子供達には、先ず自国語、英語で人間関係、自分の思い、を
    意思疎通出来るようになってほしい、というのが一番でした。
    つまり、日米、中国語、を話せるだろう環境にあっても、たいしたことではない。
    と考えたんです、そして、アメリカでTOP7に入る難関大学に入学、
    今は自分で始めた会社も順調で親は一安心というところです。
    日本では、英語ができるだけで凄いみたいな感じですが
    世の中で2,3,または4カ国語話す人って結構います、が、人間としてどうなのか。
    が大事。

    ユーザーID:3376450901

  • えーと

    自慢?

    ユーザーID:1449092241

  • 他人の育児にいちゃもんつけない

    トピ主様が成功したから言えることでしょう。
    お子さんが優秀でトピ主様も熱心でたまたま教育法がお子さんに合っていたのでしょう。

    外国語を二年くらいの勉強でマスターできる人ってどれだけいるのでしょうか。
    何年いてもたどたどしい方はたくさんいらっしゃいますよ。
    私自身某国語を20年以上勉強していますが、トピ主様ほどの自信は持てません。

    他の方がさも努力をしてないかのように言うのはどうかと思います。
    このトピ文を読まれて不快に思われる方もいらっしゃるでしょう。

    自分の子育てが成功し自慢したいのは分かりますが、他人からしたらどうでもいいことです。
    それと同時に自分の子育てにいちゃもんつけられたくはありません。
    そういったことは思っても決して口に出してはいけませんよ。

    ユーザーID:6134072904

  • もしかして、

    トピ主様のバイリンガル(トリリンガル)の基準が低いのでは?
    >外国人だって二年くらい勉強すれば読み書きもこなし、流暢に話せるようになるん>ですから。
    この文を拝見して、そう思いました。

    ユーザーID:8798629308

  • 求めてるレベルに差があるのでは?

    どのレベルをもってして◯ヶ国語習得と言えるのか、
    その基準がそれぞれ違うのではないでしょうか?
    と、トピ主さんの日本語文を読んで思いました。

    ユーザーID:5058806517

  • レス1

    バイリンガル教育を自分が出来たのだから、皆できる筈。
    出来ないのは親の努力が足らないからだということでしょうか?

    国際結婚で生まれた現地語しか話せない子とその親を見下すバイリンガルの母親っていますよね。
    トピ主さんのレスを読んで、なんとなく分かる気がしてきました。

    私は子供に日本語で話して欲しく、勿論生まれた頃から日本語でした。
    でも、言語の遅れがあったのか三歳過ぎても、五単語程しか話せず、
    四歳になって話し始めたのですが、同じ年の子供と比べると、簡単な言葉が出るのみ。会話では無かったです。
    小学校に入り先生から言葉の遅れを指摘され、家庭内でもっと現地語で話す様に言われました。
    学校の送迎時に日本語で子供に話しかけていたら注意されました。

    下の子は、言葉の飲み込みが良く、二歳の頃には四歳だった上の子より話せていました。
    その時に思ったことは、下の子は言語の発達が上の子に比べ早く、一度聞いた言葉を頭に記憶して話せるのだと。

    ユーザーID:7526577911

  • どなたかへのレスでしょうか?

    全くバイリンガルとは無縁なものですが、バイリンガル教育に挫折することを何をそんなに理解する必要があって、怠慢だとトピまで立てて叩く必要があるのかがよくわかりません。
    特に子育ては各々の家庭の親の考え方次第ですので、ご自分がやれたし◯◯できないのが理解できないとわざわざ殊更に非難するって、なんかそっちの方が私には理解できませんが???

    ユーザーID:5049921695

  • レス2

    続きです。

    下の子が二歳の時に上は四歳で、下の方が上手に話していました。
    このこが先に生まれていたら、すんなり日本語で会話出来たんだろうなと思いました。
    上がどうしても現地語しか出てこず、下が日本語の単語を言っても上は日本語が全くでてこず、
    兄弟の会話は現地語のみ。
    その当時は夫と義理両親の家で同居しており、いろんな意味でストレスな生活でした。
    日本には事情があり帰省できず。

    私の周りで二カ国話している子供は、皆3、4歳になる前に毎年日本に帰省して長く実家に滞在しているパターン、
    又日本から祖父母が遊びに来て長期滞在し日本語漬けのパターンです。
    あとは日本人の集まりに参加したり、日本語のテレビをみせたり。

    私が思うに、主さんのお子様はもともと頭が良かったのではないですか?
    現地校で成績優秀、良い大学に行かれたのだから。
    だから1日30分でバイリンガルの子供になったのではないですか?
    もともと子供に素質があったのに、いかにも母親である自分が努力したみたいに言いますよね。

    私の子供は二カ国語はなせませんが、失敗したと思いません。
    私なりに精一杯でしたから。

    ユーザーID:7526577911

  • うちの子は5ヶ国

    うちの娘は、ほったらかしてたけど
    いつのまにかバイリンガルです。
    今のところ4ヶ国語で、広東語がまだ微妙で、コレがバッチリだと5ヶ国語だそうです。

    親の私は英語ですらままならないってのに。

    どんなに親が頑張っても失敗する事もあろうし、
    親がほったらかしていても上手く自分で学ぶ子も居るだろうし。

    先ずはお子さんの才能じゃないかな。
    トピさんのお子さんも才能があったんですよ。

    ユーザーID:2763512043

  • 孤独でさみしかったのかな?

    トピ主は、同じような情熱をもった親子に出会えず、さみしかったのではないでしょうか?

    相談し合ったり、競争し合ったり、よきライバルになれそうな親子と仲良くなりたかったのに、なにかしら理由をつけて様々な親子に断られ続けた末の、この投稿かな?

    もっと素直になりましょ。

    ユーザーID:3930969002

  • ご立派!


    主さま、ご立派です。
    お子さん達は、皆さま優秀で、親の希望の道を進まれているようで、
    本当にお幸せですね。

    羨ましく思います。

    でも、よそ様のご家庭のバイリンガル教育にまで、
    口を出すのは如何な物でしょう。

    私は努力が足りなかったようで、子供達はバイリンガルではありません。
    私の怠慢ですね。
    主さまと違い、お金も時間も掛けましたし、専業主婦です。
    子供に強制するのが嫌でしたし、発達障害もあり、
    負担を減らす為やめました。
    子供達は皆、日本が大好きです。
    そう思う気持ちがあれば、十分だと思っております。

    バイリンガルに育って欲しかった思いはあります。
    でも、事情がある人も多いのではないでしょうか?、
    事情の説明は無意味なので、「現地の教育を第一に〜」等と、言っているのかな?
    という、考えを、持つ事は出来ませんでしょうか?

    海外在住なら、子供はみんなバイリンガルは当たり前!
    という考えが、普通に見られているようですが、
    各家庭、いろいろ事情がある事も、ご理解下さい。

    ユーザーID:8851963257

  • トライリンガルもバイリンガルも

    お子さん全員トライリンガルで、トリプルリミテッドにならずに優秀な大学へ行けたのは、トピ主さんの努力とお子さんの頭脳とが揃ったからでは。

    下手をすればダブルリミテッドになるので、あえてバイリンガル教育に力を入れない方も多いのでは。

    皆に勧められるかというと疑問です。

    ユーザーID:5484143559

  • 語学も才能だと思います

    同じように育ったはずの、兄弟達の語学力の差は、どこから来ると思いますか?

    語学は親の努力というより、持って生まれた才能じゃないですか?

    語学に長けている子、芸術関係に長けている子、スポーツに長けている子、いろいろですよね。

    また、どんな外国語で何処で、学んでいるかにもよりませんか?

    例えば、日本で英語を話すと、羨望の眼差しで見られ話せる本人も嬉しい、就職にも役立ちます。反対にアメリカで日本語を話しても誰も褒めてもくれませんし、就職にも役立ちません。(日系に勤めるなら別ですが)また、アラビア語やカンボジア語など、あまり人気のない言語でしたら、子供も(親が話しても)なかなかやりたがらないです。

    ユーザーID:0068734302

  • トピ主です

    >子供は3か国のパスポートを持っていたこともあります
    違法ですから大っぴらに言うことではありません。

    できてる人はもちろん当たり前、ここではできてる方の話はしていません。
    できない人は「親の怠慢でしょ」と言いたいんです。

    またたくさんの言い訳がいっぱい出てますが、実際お子さんの立場からしたらできないよりできたほうがいいに決まってます。
    「どうしてもっと頑張って教えてくれなかったの?どうしてもっとちゃんと環境整えてくれなかったの?」って思ってるに決まってます。

    うちの子はトリリンガルで難関大学にも合格できたのに、バイリンガルなんて2カ国語なんだからできないわけがない、まさに「なんで皆様そんなに要領が悪いの?」と言いたいんです。

    子供の素質云々も関係ありません。実際うちの子たちは3人3様ですし、周りのきちんと教育されているお子様は皆ちゃんと数カ国語話しています。話せてないのはやはり怠慢の親のお子さんです。
    あと「頭いい人は性格悪い」とか「数カ国語できても他の教育できてない」とか子供のような意見を言う人のレベルはもう恥ずかしいですね。

    ユーザーID:2293845866

  • 素晴らしい! ぜひ!

    その体験を本にして出版してください。

    11歳で大学に入学したお子さんをお持ちの親御さんとかもみなさんそうしてますよ。

    ユーザーID:6884298205

  • セミリンガル

    子供が、帰国子女が3割ほど居る高校に通い、英語は、帰国クラスに入れていただいて、そのかわりしごき倒されました。

    ここで感じたのは、セミリンガル/ダブルリミティッドの恐ろしさです。

    一部の優秀な人は、小学生時代あるいは中一くらいで英検一級を取得し、日本語もまったく問題ない。夏目漱石に関する評論で全国作文コンクールに入賞したりする。
    しかし、一部の人は、セミリンガルに苦しんでいました。一見、英語も日本語もまったく問題ないのです。しかし、英語は、友達同士で会話できても、新聞や小説は読めない、エッセイは書けない。日本語も、友達間はともかく、公のスピーチやレポートなど、言葉の誤用が多すぎ、漢字のストックが少なすぎる。
    こうなると、自分で自分の限界を感じとり、メンタルをやられたりして、極めて深刻です。

    まず、お子様が、本当のバイリンガルか、セミリンガルか、チェックなさることをおすすめします。

    ユーザーID:7896571853

  • そういった類の意見は古すぎるし、聞き飽きた

    せっかく海外に住んでいるのに、いろんな環境の人がいるということが目に入らないのは
    残念なことだと思います。
    言葉は話せても、コミュニュケーション能力とは別物です。
    トピ主さんが認識されていることは実は島国で育った日本人特有の考え方ですよね?
    皆同じ、皆努力すればできる、、、。
    そもそも親から押し付けられバイリンガルになることは子供にとって幸せなんでしょうか?
    またバイリンガルになれなかったことは人生の失敗者なのでしょうか?

    お子さんは優秀でいらっしゃるようですが、トピ主さん自身は???って感じです。
    自分がなり遂げられなかったことを必至で子供に教えてきた感が読み取れるような気がします。
    子供の自立が親にとっても幸せなことなのではないでしょうか?
    トピ主さんのお子さんのこうなりたいという希望ってそこにあったのでしょうか?
    一流大学を卒業しても就職できるとは限らないのが今の時代です。
    それに本当に優秀なお子さんは親が四六時中トピ主さんのように手をかけずとも子供の意志で
    バイリンガルになっているからです。

    ユーザーID:0418181776

レス求!トピ一覧