発達障害の子の育児と、親自身の問題と

レス53
(トピ主13
お気に入り75

妊娠・出産・育児

ららら雑巾

広汎性発達障害の5歳の子がいます。
同じような子を持つ方たちとお話できたらと思いトピ立てます。

わが子は他害はありませんが人見知りが激しく、母子分離が出来ていないのか、外出先では必ずといっていいほど親にべったりです。
先日は仕事関係の来客がありましたが、その際はソファの後ろに隠れて出てこず、声も何も出さない状態でした。
3歳前後で似たようなことがありましたが、5歳になっても変わっていないのかと…やるせない気持ちになりました。
また、娘も話したことのあるご近所の方にお呼ばれした際には、小1時間お邪魔していましたが、ずっと私の後ろに隠れてベッタリで、
挨拶はもちろんできないし年齢を聞かれても答えない、しまいには「帰ろう」と私に耳打ちして、私がその場に集中できません。

本人は不安からくっつくのでしょうが、最近では触れられることにイライラしてしまい、抑えてはいるもののたまに避けるようにしてしまって良くない傾向にあります。


また、2歳下の兄弟と喧嘩し、そもそもの怒っている理由も理不尽というか、下の子が悪くないことがほとんどです。
マイルールというのでしょうか?それを押し付け、守られなければ「ダメ!・違う!・そうじゃない!」ばかりで、
守ったとしても新たなマイルールを繰り広げ、下の子がやりたいように遊べず、下の子への影響も心配です。
ちなみに下の子は昼間は預けています。


療育には通っています。
そのうち成長するとはわかっていても、他人と会うとわが子の反応を目の当たりにし、その後数日は落ち込むという日々で、わが子のことを受け入れられていない自分がいます。



続きます

ユーザーID:3422085044

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数53

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じ障害です。

    我が家の次男の時より、ずーっとましですね!障害うんぬんより、あなた自身の問題ですよ!下の子供に対してのルールですが、あなた自身してませんか!違うなら 落ちついて欲しいです。あなたが、ルールを決めて下さい!子供達共通のです。娘さんである彼女が、何故?いけないの?と質問されたら、うーん難しいですね。それぞれ独特的な価値観や考えの彼らに対して 一般的な事を伝えるのは、専門家と相談して下さい!我が家は、問答無用で、小さい頃から人として、やっては、行けない事は、その都度、諦めないで伝えました。

    ユーザーID:5457377288

  • 続き1

    子どもには適切な育て方をしていってあげたいと思う一方で、この子の性格を受け入れきれていない自分に悩んでいます。


    思い返せば自分も幼いころに周りに冷たくされた記憶があり、当時は相応に傷つき、しかし理解はできずに大人になりました。
    その経緯もあり、わが子が理解できるように対応してあげたいのですが、結局はわたしも感情が先走った対応になってしまいます。

    余談ですが、私自身も人間関係から逃げてきましたが、出産を機にこのままじゃいけないと真剣に人と向き合うようになり、今ごろになっていろいろと分かってきました。
    以前の自分は、いじめとも取れるようなことをされていても、それすら気付いていないような子でした。
    しかし、気付いていなかったため大して傷ついていないというメリットもあったと思います。


    すみません、もう一度続きます。

    ユーザーID:3422085044

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 続き2

    夏休みは一日中一緒、謎の一方的な会話にも疲れました。
    最近は一方的な会話はスルーしがちですが、下の子とは普通に会話できるのでちゃんと向き合えており、兄弟間での扱いが違うことに親として問題があると自覚しています。
    本当なら時間を割いてこの子に手をかけてあげれば、この子も満たされて下の子にも優しくしてくれると分っているんです。
    ですが感情がついてきません。できれば離れる時間を設けたい。夏休みが苦痛です。
    園が嫌い、友達と遊べない、1人遊びも苦手で、放置すれば延々とTVを見ている5歳。自発的に何かをしません。


    育児イコール自己嫌悪の日々です。家庭の事情があり、療育も10月まで先延ばしにしてもらいました。
    療育では解決策を提案してくれるかもしれませんが、親自身の問題には向き合えていません。
    こういった子を持つ親同士のサークルも用意してくれているようですが、興味はあるもののこちらもやはり今はまだ行けません。


    文章にまとまりがなく申し訳ありません。
    皆様はどのように乗り越えていったのでしょうか。
    同じような経験をされてきた方、今まさしくお悩み中の方、お話を聞かせてください。

    ユーザーID:3422085044

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 続き前ですが…

    そんなに考えこまないで下さいね。
    発達障害がなくても、親にべったりで挨拶が
    できない子供なんてたくさんいますよ。
    診断がついてしまうことの弊害がコレです。
    なんでも、発達障害だからダメなんだと思って
    しまいがちです。
    嫌なとこばかり目についてしまうようになります。

    私の子供は高校生になってからの診断だった
    ので、その間は『不思議ちゃん』扱いでした。
    ちょっと変わってるな〜、でも平凡な子供より
    楽しかったですよ。
    発想が奇抜で、絵が上手くて、過集中といわれる
    集中力で勉強もトップでしたよ。
    当時は過集中なんて知らなくて、一体いつまで
    勉強をやめないんだろうと心配してました。
    絵のコンクールで賞をもらった事もあります。

    いま、発達障害が広く知れ渡って、早くから
    調べて診断が確定されて、お気の毒です。

    もうあなた自身がお子さんを普通に育てられ
    ないのだから、こうなったら発達障害の事を
    勉強して、勉強して、勉強しまくってどうし
    たら、お子さんが輝けるかを考えて下さい。

    余談ですが、うちは弟がいたから社交性が
    身についたんです。
    二人でゲームとかするようになると、留守番
    もできますよ。

    ユーザーID:8397798272

  • 続き前で申し訳ないけど

     いくらなんでも要求水準が高すぎやしませんかね?

     普通の5歳児ですらもきちんと挨拶できるか怪しいですよ。発語が少なかったり、言葉がものすごく遅れているわけでなければ、小学生になれば敬語受け答えしてでばっちり挨拶できますよ。うちの子もそれくらいでしたね。

     ちなみに、隠れるのは彼ら特有の環境の変化に対する弱さでしょ。新しい環境は基本苦手でしょう?予告しておいてあげるだけでも少し違いませんか?それに我慢してその場にいることができるんだからそこは褒めるところですけどね…(うちの子は逃げ出しましたから、お子さんよく我慢していると思います)
     ちなみに、うちの子も帰ろう言いますねえ(しかも声でかい)…「皆が楽しいってやっているところにそれを言ったら、他の人が嫌な思いをするよ」としばらく教えていたら、最近(小3)になってようやくコントロールできるようになりました。


     ご兄弟の件をご心配されているようですが、そこは安心していいと思います。うちも2歳差ですが、下の子はたくましいもので反撃・上の子のコントロールの仕方を覚えるものです。下の子に障害がなければご心配の事態は起きないと思いますよ。

    ユーザーID:7097338813

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 耳打ちするなんて賢いお子さんです。

    同じ障害の娘がいます。うちなんて来客が来ようものなら「早く帰って。いつ帰るのーー」と喚き散らし、小一時間どころ30分が限界なので、空気を読める賢いお子さんなんだなあと感心しました。小2でコレです。(苦笑)

    でも、夫がいるとそ別人のように落ち着いて過ごします。なので、うちの子なりに空気を読んでます。学校では発言するときの大きい声(コントロールできないからだけど)、集中力は半端ないので、天才かも、と親バカながら思っています。

    三人兄弟の真ん中です。下の子と2歳差なので主さんと同じです。ソーシャルスキルを磨けるのはいいけれど、毎日大げんかが半端ないので、放課後デイを利用して夏休みは離しています。私は下の子と上の子のお母さんでもあるから、人の力を借りています。親の会は、療育の情報や他のお子さんの様子を聞くと笑ったりウルっときたりするので、年に一度でもいいから参加するのも悪くないよ。後、夫に二人共を預けてたまにはフラッと出かけましょう。

    愛せていないのかなってかなり長く悩んだけど、この子と毎日向き合って来た日々こそが愛情そのものだったと思います。きっと、主さんもそう思える日がきますよ。

    ユーザーID:8995221098

  • つらいですね1

    わかります。うちはグレーと言われましたが、まあ、大方同じような感じです。
    現在小学1年生、男児です。

    なんというか、親として自分の心持ちが一番辛いというか、私この子をほんとに心から愛してるだろうかと思ってしまう所が私は一番辛かったですね。
    親は見返りを求めずに子に愛情を注ぐとは言いますが、それでも、笑顔や、愛着や共感など親が子から受け取っているものは実際には多いわけで、このタイプの子たちからはなかなかそういうものが返って来づらくて、なんというか戻ってこないボールを投げ続ける辛さのようなものがあると思います。

    >夏休みは一日中一緒、謎の一方的な会話にも疲れました。
    >園が嫌い、友達と遊べない、1人遊びも苦手で、放置すれば延々とTVを見ている5歳。自発的に何かをしません。

    分かります。同じでした。
    何か自分から熱心に取り組んでくれないものかと私もよく思っていました。
    テレビも注意がそこだけに向いてしまってもう、普通の子がテレビ見てるのとは入り込み方が違いますからね…

    つづきます。

    ユーザーID:5348657573

  • つらいですね2

    つづき。

    うちの現在ですが、未就学時代から比べると格段に楽になりました。

    うちの場合、手先が少し器用になってきたころに(5歳くらい)、プラモデル作りにはまりだし、少しは集中する時間が取れるようになっていきました。

    それから、6歳の夏頃から熱心に図鑑を読んでくれるようになり、これでテレビから離れる時間が多少取れるようになりました。

    小学校入学前にチャレ○ジタッチをはじめて見たところ、電子機器好きの我が子にはこれがたまらなく嬉しかったようで、勉強にも関わらず自主的に長時間取り組むようになりました。

    そういったもので少しずつ、集中したり、自主的に取り組んだりといったことが出来るようになってきて、今年の夏は私はずいぶん楽に過ごせました。
    私が楽になっただけでは?とお思われるかもしれませんが、私に余裕があることで子どもにも優しく接することが出来るようになっていったように思います。

    それと、子どもと離れる時間は絶対必要ですが、こどもと二人っきりでたっぷりと甘えさせてあげる時間をとることもすごく効果的でした。うちはたまにですが、子どもと二人っきりで映画を見にデートにでかけています。

    ユーザーID:5348657573

  • 療育にせっかく行くなら積極的だと良いですよ

    私は自分も発達障害を持っているので
    療育でお話ししたカウンセラーの先生には、私の問題とそれに伴う子どもの問題をお話ししています。

    子どもをとりまく環境として母親は重要な位置づけです
    親が「ここがやりにくい」と言えば、かならず向こうは真剣に考えてくれます。

    療育は子どものものと考えず、そして貴女も子どもにとって環境の1つだと考えて
    自分自身が感じる問題を人へ話しをしてみてください。

    療育は病院ではありません。
    医者の指示通りにしていれば良い場所ではなくて、自分の子がそれによってどう変わったか変わらないか、親はどうかを伝えられれば良いと思います。

    我が子を受け入れられないという気持ちは恥ずかしいことではありません。
    勇気を出して療育センターの人へ相談してみて下さい。
    きっと貴女の気持ちに寄り添ってくれるはずです。

    ユーザーID:5350843523

  • 連絡会とか家族会への参加

    トピ文、追加トピ文を拝見した印象では、トピ主さん自身が
    発達障害(自閉症)について理解していらっしゃらないように
    感じられます。酷いことを言ってご免なさい。

    身内に自閉症の子供がゐますので観察することがあります。
    自閉症のお子さんは、自らコミュニケーションを働き掛けて
    来ることが少ないように思います。

    また感情的な反応を嫌うように思います。しかし、理性的な
    思考は優れているようです。我々は、どちらかと言えば、過
    剰に感情的な遣り取りをしているのではないでしょうか。

    彼等を新しい人間のタイプだと考えて私達が対応する必要が
    あるのではないかと思うようになりました。
    話が飛びましたが、発達障害のお子さんをお持ちの家族会や
    地域の連絡会に顏を出してご覧になったら、対処法について
    何か得られるのてはと思いますが。

    ユーザーID:5860287931

  • 子育ての辛さは定型も発達障害も同じなんだけどね…

    うちも発達障害と定型児がいますが、発達障害がある子の方が扱いやすくて好きですよ。
    定型児はペアレントトレーニングみたいに扱い方を教えてもらえないし、悩みを共有できる先がないし、手がかかること!
    発達障害児は母親にベッタリな分、トラブらないから楽。笑
    定型児は我が出るから、友達とはトラブり、意地悪されたり、友人関係の調整が難しくて、私が登園拒否したいほどでしたよ。

    夏休みだから、発達障害児が一日中兄弟の行動や遊びを束縛して、ギャアギャア奇声を発して怒るし。
    次から次に、発達障害の周辺症状が出て、心配が尽きないし。

    療育仲間がいても、自分の方が大変だったり、色々比べてしまいますから、人によっては療育仲間を作ることは合わないだろうし。
    療育で親の心理面談はしてないですから、扱い方を教えてもらって、苦労を共感してもらうぐらいがせいぜいですしね。
    根深い部分の悩みや不安は、解消する場がないのが現実ですよ。
    サポートは受けても、一人で踏ん張ってる感じ。
    家族にも、療育関係者にも、まして友人は絶対に、深い悩みまでは語れないから。

    救いは、この子が可愛くてしょうがないこと。

    ユーザーID:5988381688

  • 夏休みはつらいですよ

    長時間相手をするの、とてもつらいと思います。
    私もたぶん定型児(でもADDっぽい)と、知的障害を持つPDD児を育てています。二人とも小学生です。
    下の子が療育と放課後デイサービスへ通っています。

    お母さんも夏休みは長時間一緒にいるから、煮詰まってくるし訳の分からない話の相手をしてスルーしながら、熱い中食事の支度をしなきゃならないです。相手できなくても無理はないです。

    親子の間にも距離が必要だと思います。そして、子供は子供同士のつながりの中で学ぶこともあるので、私はどーんとデイサービスへお願いしています。
    わが子も洗濯物を干す間も、ゴミ捨てに行く時間mの離れてくれなかったです。小学校へあがってからは、「僕もできるようになりたい」という気持ちも芽生え、友達や先生が励ましてくれてモチベーションを維持しています。

    私はデイサービスへお願いするようになってから、上の子との時間をとれるようになり、上の子と下の子がガチで喧嘩をしたり、思うことを私へぶつけたり我慢をさせないように配慮できる余裕ができました。

    ユーザーID:7456389090

  • 発達障害っていうより、育児障害と言う方が適切かも

    なんか、特性とか母子分離とか難しい言葉が色々書かれていますが、人見知りも「マイルール」も挨拶が出来ないのも5歳の子だったら、全然何も珍しくもなんともない、あくびが出るほどありふれた話だと思いますよ?

    仕事関係の来客なんて、普段見知っている園の先生や、近所や親戚のおばちゃん、お友達のママ達と違って、子供の扱いに慣れていないだろうし慣れていたとしても、ビジネスモードの態度と口調ですよね。そんな大人相手に、怖がらずに接することの出来る子供が居たら、むしろそれはそれで警戒心がなさすぎで心配だと思いますよ?大体、仕事関係の来客が来ている間、ソファの後ろに隠れる以外、何をしていてほしかったですか?大人の会話を遮って、園で習ったお歌でも披露すれば良かったんでしょうか??

    大体、3歳で出来ていなかったことが、5歳になって突然できるようになるはず、ないじゃないですか。

    「知らない人」と会う機会と、名前や年齢を着替えたら返事を促すということを、少しずつ少しずつでも繰り返し重ね積んでいくことで、子供も知らない人からの質問に答える等のことが出来るようになっていくんだと思いますよ?

    ユーザーID:6896166722

  • 発達障害っていうより、育児障害と言う方が適切かも2

    トピ文と続きを読んで、トピ主さんは子供と接する機会はもちろん、子供の面倒を見たことがないまま子供を産んだので、子供とはどういう行動をとるものか、ということを、全然知らないだろうなと思いました。

    別に、非難するつもりも批判するつもりもありません。私も歳下のきょうだいの面倒を見たこともなければ、近所に自分より一回り歳下の子が居て、一緒に遊ぶという名目のもと子守をした、なんていう経験もないまま、親になりました。

    だからこそ、発達障害とか何とか「子供の異常」に目を向けるのではなく、子供の本来の性質とはどんなものか、小さい子供の面倒を見たことがない人間が親になって核家族で育てるという、「現代社会の異常」に目を向ける方が、解決策が見えてくるのではと思います。子供を変えようとするより、何十年という知識と経験を持っている大人が変わる方が、手っ取り早いと思いません?

    あと、発達障害うんぬん関係なく、親というものは下の子供の方を甘やかしがち、かつ女親は男の子を贔屓しがち、ということを肝に銘じる必要があると思います。

    ユーザーID:6896166722

  • 良い子じゃん!

    >小1時間お邪魔していましたが、ずっと私の後ろに隠れてベッタリで、
    >しまいには「帰ろう」と私に耳打ちして、私がその場に集中できません。

    いや〜、定形でもこんなお行儀よくできませんよ!
    大人の話を遮りもせず1時間近く我慢して、耳打ちで「帰ろう」!!
    素晴らしいです。
    幼児にどれだけの行動を求めているんだか・・・

    >2歳下の兄弟と喧嘩し
    >マイルールを繰り広げ

    これ、定形でも当たり前です。
    ま、程度問題もありますが・・・

    兄弟がいるってありがたいですよ。
    コミュ二ケーションの練習がたくさん出来ます。
    お母さんが一緒に3人で遊べばいいのに!
    私は 沢山遊びました。遊びながら、気持ちの伝え方とかルールとか教えました。
    他人様に迷惑をかけず家庭内で物事が完結するので長期休暇は気楽でした。

    発達障害児の子育て方法は定形の子にも良いです。
    下の子に影響なんて心配いりません。
    2歳差なら精神年齢にすると双子のようなものです。
    そう思って育てましょう。

    療育 個別にしてもらったら?
    母子共に 良いこと尽くめですよ!!

    ユーザーID:2305915973

  • トピ主です1

    お返事が遅くなり申し訳ありません。
    環境が変わっていろいろとゴタゴタしてしまい、なかなかお返事ができませんでした。


    同じ障害を持ったお子さんでも、本当にさまざまなタイプがいるんだなと感じました。
    うちの子は恥ずかしくて人前で声を出せないので、それゆえに耳打ちになってしまうだけで、周囲に気を使っての行動ではないです。
    おいおいさんの「うちの子は逃げ出した」というのは、私からすれば逆に凄いと思います。うちの場合は母親から離れるなんてできないでしょう。

    何名かの方が自分の子と比較してマシだとおっしゃってますが、
    障害児の親は他の児と比べて優劣をつけられたとしても、悩みが軽くなるわけでも、問題が解決するわけでもありませんし、
    それは障害児を育児されてきた方ならおわかりかと思います。

    また問題のある行動すべてを書けるわけではないこと、ご理解いただきたいです。
    一部だけ切り取って、定型児でも当たり前などと批判されても、
    療育に通っていて園でも孤立していることに変わりはありません。
    叱っている最中に笑いだしてこちらの感情を逆なでするなど、あまり書きたくないことだってありますし、
    (続きます)

    ユーザーID:3422085044

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • トピ主です2

    書いた文章を小町に消されてしまったものもあります。
    書くことによって悩みが明確になる半面、わが子を批判しているように感じ躊躇しているところもあるんです。ご理解ください。


    夏休みに行ったキャンプや川、遊園地などの写真を見返すと、楽しそうな下の子とは相反して不安そうな顔ばかり映っています。
    いくら声かけしても抱きしめてあげても、彼女の不安はあまりぬぐえないようです。
    ただ手をつないでずっと一緒にいてあげることしかできません。


    下の子は愛嬌がありどこへいっても笑顔で楽しんでいて、人を笑わせるのが好きな子で、下の子の育児は定型児の中でもかなりラクな部類だと思います。
    当然のように可愛がられる下の子と、気を使って接しなくてはならない上の子。気を使うのに疲れ、離れたいと思うこともしばしば。
    わかるよさんや、かもめさんの「この子を愛せているのか」というのが私も本当に悩みでした。
    「でした」というのは、お二方のお返事をいただいて、他の親御さんも同様に思い悩み、しかし乗り越えられたと聞き、
    おかげで気楽に構えられるようになりました。ありがとうございます。

    ユーザーID:3422085044

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • トピ主です3

    長くなって申し訳ありません。これで終わりです。

    2学期が始まり、さっそく園から連絡がありました。今後のことで相談をしたいそうです。
    今はあまり身軽に動けないため園へ行くのは来週になりそうです。

    仕事をしていたこともあり、療育へ行く時間がなかなか取れなかったのと
    恥ずかしながらわが子がここまで問題を抱えているとは思っていませんでした。
    小町への書き込むことになった背景に、夏休みと同時に休職し、子供と向き合う時間が増えて問題点が浮き彫りになると、
    今度は私が抱えきれなくなりました。
    しかし夏休みも後半になると、下の子に対する態度や一方的な会話などの状況が良くなってきました。
    理由はわかりませんが、気長に向き合っていきたいと思います。


    最近漠然と考えていることがあります。
    本人に障害があることを伝えたほうがいいのかどうなのか、です。
    伝えるとしても、本人がヒミツに出来るまでは伝えるつもりはありませんが、
    そういった面で悩んだ方はおられますでしょうか。

    ユーザーID:3422085044

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 4歳 自閉スペクトラム症の娘

    我が家にも、自閉スペクトラム症の診断を受けた4歳の幼稚園年少の娘がおります。

    人見知りと場所見知りが激しく、3歳から週に一度の療育に通い始めました。

    療育先でも母親から離れられず、みんなが楽しく先生とやり取りをしていても娘だけは表情がこわばり、私から離れずにいました。

    でも、療育に通い始めて3カ月くらい経ったころ、少しずつですがみんなと一緒に体操したりできるようになり、幼稚園入園のころには人見知りもだいぶなくなってきました。

    早期から適切な療育を受けたおかげだと思っています。

    お仕事でなかなか療育に通えなかったとのことですが、療育先に相談し、時間をかけて母子分離することを目標に再度計画を立ててもらうのはいかがでしょうか?

    お母さんべったりは精神的に本当に大変ですよね。イライラしてつい感情的に怒ってしまったり・・私も反省です。

    不安なことや心配なことは療育の先生にどんどん相談した方がいいですよ。
    発達の問題は幼稚園の先生ではなかなか理解してもらえない部分も多いので・・

    ユーザーID:7065468012

  • お疲れ様です

    大学生の息子が発達障害を抱えています。
    お嬢さんと違って寡黙な子です。

    うちも下に定型発達の子がいます。
    笑いの絶えない子です。
    その子を見て癒されたり、ホッとすると同時に上の子を不憫に思います。
    下の子にように楽しめない、不安ばかりに押しつぶれそうになっていて、さぞかし大変な思いをしているだろうと。
    だからせめて側にいます。少しでも心が休まるように。

    休みの後半に状態がよくなったのはお母さんの気持ちがわかってきて安心してきたのと、休みに入るという環境の変化に慣れてきたからではないかと思います。

    障害の告知は少しずつ状態を見ながらした方がいいと思います。
    「あなたがあなたであるために」という本を書かれた吉田夕子先生がおっしゃるには、ちゃんと前向きに捉えられるような告知をした方が思春期を乗り越えられやすいようです。自分で気づくと下手をしたらマイナスイメージだけ受けて自己肯定感を下げてしまいます。
    自分と他者の違いを意識する事で社会での振る舞いも理解しやすくなると思います。
    吉田先生は思春期にはいる前、小学校高学年ぐらいから何回かに分けて告知してらっしゃるようです。私はそうしました。

    ユーザーID:0373777265

  • それでも命の危機がないだけましなんですよ

    >私からすれば逆に凄いと思います。うちの場合は母親から離れるなんてできない

     そうですか。でもね、うちの子それで駐車場に飛び出しましたからね(しかも1回や2回の話ではない)。車もきていたので下手をすれば命に関わるところでした。家を唐突に出て行き行方不明になったこともあります。それでもあなたはその行動をすごいと言えるのですか?死ぬところだったんですよ?

     工作をしようとしてカッターで指を切って5針縫いました。

     小学校初の運動会3日前に転倒して小指の骨を折り、細心の注意を払いながらの運動会となりました。

     幼児期だったころは常に命の危機と隣り合わせでした。私から言わせればそれがないだけでも十分マシなんですよ。


     現在うちの子は支援学級在籍中の小学校3年生です。
     今でも時計が読めなかったり(目に見えないものの概念をとらえることが難しい)、初めてのことのとっつきが悪くて、単元が変わるごとにぐだぐだ言う。などなど、障害に振り回されている状態です。
     ちなみに、自分が何が苦手で何が得意。支援学級で勉強しているわけを彼は知っています。下の子が普通学級で入学したからです。(続く)

    ユーザーID:7097338813

  • 本人への告知(?)について

     私にも定型発達の子が下にいます。どちらにも愛情は注いでいるつもりですが、現実上の子のほうが手がかかり、下の子には随分負担をかけているなとは思います。が、下の子はどうやらそれが当たり前と思っているようです。下の子も上の子に苦手な部分があって支援学級で勉強しているということを知っています。だけど、苦手な部分があるからどうこうというのは全くなく、お互い得意な部分と苦手な部分を補うような対等な関係を築いています。

     ちなみに、ボクはどうして支援学級にいるのと聞かれたとき、「あなたにはこういう苦手な部分があるでしょ?だからその苦手部分で困ったことにならないように行っているの。普通学級単品で勉強するのと今の支援学級に行きながら普通学級に行くのとどっちがいい?」と聞いたら迷わず「支援学級に行きながらがいい」と答えました。

     そういうのが芽生えてくるのは小2〜3だと思います。あまり今から言うこともないでしょう。ただ、周囲の保護者や先生には「こういうことは得意で、ここが苦手ですのでご迷惑おかけしますが宜しくお願いします」くらいのご挨拶くらいはしとくべきでしょうね。

    ユーザーID:7097338813

  • お母さんべったりな子もいます

     うちの場合はお母さんべったりなのは定型発達の方の子(小1)です。ストーカーのようです。トイレにまでついてきます。

     なので、べったりされるのにもうんざりなのも何となく理解できます。


     ただね…障害があってもなくてもいつまでもそのままじゃないんですよね。小さい時期は限られています。なので、今の時期はべったり歓迎じゃあ〜と思うことにしています。自閉(小3)はもうオカンにひっつかれるの嫌がるので…そのわりには何かあるとタックルしてくる(本人は抱きついているつもり)のが難点ですが…まあ、さすがに中学生になればやらなくなるだろうし、それはそれで寂しいのだろうなと考えることにしています。

    ユーザーID:7097338813

  • 私も受容できていません

    私も4歳の発達障害児と2歳の定型児を育てています。
    上の子は、言葉は達者なものの、自閉症スペクトラムです。
    3歳の頃、診断されましたがまだ受容できてるとは言えません。
    うちは逆に積極奇異型で遠慮がありませんが、トピ主さんにとても共感しました。

    あのこだわり、生産性の無い一方的な会話、つらいですよね。
    あの奇声やエコラリア、繰り返す同じ質問を聞いているうちに、だんだんノイローゼになってきます。
    定型のお子さんと比べている人がいますが、全く違うものです。
    「憎らしい」と思う気持ちが強くなるときもあり、完全無視を決め込むこともあります。
    叩かないようにするために、ABA的に合理的で有効な方法でもありますが、
    実際は存在を無視しています。
    下の子には応対するのに、上の子にはネグレクトのような態度を取ってしまって、
    自己嫌悪に陥り鬱になりそうです。
    「かわいくてしょうがない」と言う方がうらやましいです。

    昨年は大学のPCIT、今は病院のペアレントトレーニングに通っています。
    療育以外に親子関係の相談ができるところがあると、心強いですよ。
    お互いに遠いところで頑張りましょう。

    ユーザーID:3725217541

  • mさん

    mさん

    どうしても引っかかったので言わせてください。

    大人が変わるほうが手っ取り早いのは確かですし、実際親である私たちは理解しようと努力しています。
    が、成長していくにつれて優しい人ばかりではないことに気付き始めるでしょうし
    この子と関わるすべての大人が変わるのは不可能です。

    最終的には本人が適応していくしかないのです。
    そして本人が少しでも生活しやすくなるように、親は下地を築いていってあげる必要があります。
    だからこその早期療育でしょう。

    今でさえ担任に「わざと泣いているんじゃないか」と言われるくらいです。
    一体どれだけの大人が変われるんでしょうか。




    ちなみに私は20歳を過ぎてから姪・甥たちをよく泊らせ、子守していましたよ。
    今はその子たちがわが子を見てくれます。

    ユーザーID:3422085044

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 健常児でも悩みがあるっていう人は。

    そんなことくらい、誰でもわかっています。根本的な悩みが違うんです。人を追い詰める言葉であることを知ってください。

    親亡き後のこと、夫婦で障害受容をすること、友達ができるのか、療育、進路のこと、二次障害のこと、就職し自立できるか、結婚できるか、健常の兄弟がいればその子への負担はどくれくらいのものなのか、そういう問題が一気に押し寄せます。子育てをしたことがあるなら、そういう親御さんのお気持ち、少しは理解できませんか。

    ユーザーID:8956569966

  • いやいや…

    >最終的には本人が適応していくしかないのです。そして本人が少しでも生活しやすくなるように、親は下地を築いていってあげる必要があります。だからこその早期療育

     ここの部分には完全に同意です。


    >大人が変わるほうが手っ取り早いのは確かですし、実際親である私たちは理解しようと努力しています。が、成長していくにつれて優しい人ばかりではないことに気付き始めるでしょうしこの子と関わるすべての大人が変わるのは不可能


     ここはとても疑問です。息子と関わった人は、最初難色を示す人もいたとしても、最終的には理解してくれる人も沢山いるのです。子ども、大人限らずです。
     もちろん理解してもらえるだけの勉強を親がしてそれを息子に関わる人にお話したり、彼がやりやすい環境をできるだけ整えていることもあります。が、彼は基本的には普通学級にいる時間の方が長く、定型発達の子と混じって習い事をこなしています。彼がいることで、周囲は優しくなります。でも基本は対等なのです。実にいい関係を築いていますし、周囲には感謝です。

    ユーザーID:7097338813

  • それと受容受容いいますが…

     障害児のお母さんだって聖人君子ではありませんから、そう完璧に子どもを受容できる人なんていないっつーの。トピ主さん真面目すぎでしょ。
     かく言う私も、かつては感情的になったこともありますが、今はコントロールするように努めています。時々しくじりますけど、それは人間なのでしょうがないと思っています。

     以前、療育先で言われました。「あなたは一人で抱え込みすぎ。人は誰だって完璧ではないのだから周囲を頼りなさい」と。実際、困ったときに相談すれば助けてくれる人は案外いるということを知りました。
     療育の助言の時に「子どもとはできるだけ腹を立てずに冷静に話をしてください」と言われた時、私そうとうおかしな顔していたんでしょうね。その後続けて「あ、私が今すっごい難しいこと言っているのよくわかってます。私もできないことがあります。できるだけでいいんですよ。できるだけ」と言ってくださった方がいました。


     自分を責めても時間のムダです。障害に関して知識をつけて、日々楽しく試行錯誤したほうがずっと建設的です。まだ来ぬ未来を思い煩うなら、今できることをこつこつとやっていくしかない。それだけのことです。

    ユーザーID:7097338813

  • 育児の悩みを深刻に考えてしまう人たちの特徴として

     総じて、真面目で、融通がきかなくて、責任感の塊で、完璧主義を地で行くのような人ですね。思考も「○○せねばならない」とがちがちな人が多いです。

     トピ主さんをはじめとする、受容できなくて自己嫌悪って言っている人ってだいたいこれに当てはまるんですよね。で、視野や思考が狭くなって追い詰められるってパターンが圧倒的に多かったりします。

     「○○しなければならない」って思うのちょっとでもやめたら少しだけ楽に育児できるのにね〜と眺めています。


     うちも定型発達の子に比べたら、比べ物にならないくらいの心配事はあります。「親亡き後のこと、夫婦で障害受容をすること、友達ができるのか、療育、進路のこと、二次障害のこと、就職し自立できるか、結婚できるか、健常の兄弟がいればその子への負担はどくれくらいのものなのか」このことを考えていないわけではなく、いろいろ先手を打つこともあります。後手に回ることもあります。が、そのことに気をとられすぎて、今現状できることに支障をきたしては何の意味もありません。

     親としてやれることをやる。これだけでいいのでは?あまりごちゃごちゃ考えてもホント時間のムダです。

    ユーザーID:7097338813

  • あと、私はすべての人に理解してもらおうとも思ってません

     やっぱり、どうしても理解できないって人も中にはいます。…が、幸いにも理解してもらえる人がそれなりにいるので、別にそういう人もいるよねでオワリです。ま、合わない人もいるんですよ。

     「本人が適応していくしかない」とトピ主さんはお考えのようだけど、実は個々に合った職業や社会もそれなりにあるんですよ。子どもが今後生きていく社会や職業はトピ主さんが考えている以上にいろいろあるのです。
     「○○するしかない」「○○すべきだ」という考えはこんなにも生きる世界を狭くし、人を追い詰める。

     いつだって、人を最終的に追い詰めるのは、他人や自分の子どもではなく、その人自身の考え方です。人生や育児をつまらなくしているのはその人自身なんですよ。

    ユーザーID:7097338813

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧