海外小町シングルの方の老後

レス90
(トピ主3
お気に入り308

生活・身近な話題

まる

豪州に住みシングルマザーで子育ても終わり、ふと我に返るとこのままこの国で死んでいくのかぁ?と、不安になってきました。
老後がどのような状態でやってくるのかまだわかりませんが、施設に入ることを考えると、そこでいい友達なんてできそうもないし、ましてや毎日の食事が口に合うとは思えない。
食べることが一番の生きがいの私が死ぬ前には、なんの味もしないゆで過ぎの野菜やパスタ、サンドイッチ、ローストなんかを食べて、生き納めとなるのかと思うとやり切れない気持ちになってきました。
やっぱり死ぬ前は日本がいいな、日本人として死んでいきたいなと思うこのごろです。
海外小町の皆さんは自分の老後をどのように考えていますか?

ユーザーID:3457807639

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数90

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • シングルでもダブルでも同じでは?

    と思いますが、シングルの方が身軽なだけ、日本へ帰国する可能性が大きい、つまり、迷うのでしょうか?私もシングルですが、迷います。どうにも動けなくなったら、、、こうすれば良い、と言っても、何時そう成るか分らないし、そう成ってからでは遅い!どうしよう?と思うんですよね。

    そして、食べ物。トピ様と同じ様に感じます。私も食べる事が大好きで、ひたすら日本食をこちらで再現して暮らしています。疲れた時の自作の日本食は最高です。でも、どうにも動けない様になったら、今の食欲は無いだろうなぁ。とも思います。

    自分で料理が出来なくなったら、多分オシマイです。そう思えば、何としても自分で作るぞー!と頑張るかもしれない。それなら、此処に居ようかな。

    帰国というには、余りにもこちらの生活に思い入れがあるし、帰ったら又こちらに来たくなる、そんな生活も嫌だなぁ、、、

    そんな思いの繰り返しです。多分、私はこちらで人生を終えるような気がします。

    ユーザーID:9600295407

  • Positive way of thinking...

    シングルマザーではないのですが、
    私も豪州在住で、子どもなしの50代。
    将来的にはおそらく独居老人になると思っています。

    ただ、考え方はトピ主さんとかなり違います。
    私は死ぬまで日本人ではありますが、
    豪州で死ねることが私にとっては幸せなことで、
    ある意味ものすごい幸運だと思っています。
    昔からこの国が大好きだし、私が住む街の気候は、
    暑すぎず寒すぎず、理想的です。
    毎日のように広がる澄み切った青空を見ると、
    気分も晴れやかだし、
    雨の日には「雨」のありがたさまで感じます。

    死ぬときにはポックリ逝くのが目標ですが、
    そううまくいくとは限らないので、
    自分の食べたいと思うものくらい自分で作れるよう、
    もちろん最後まで努力をします。
    食が元気でいるためのモティベイションになるのなら、
    それも素晴らしいことですし。
    それでもどうにもならなくなったら、
    和食を作ってくれるヘルパーさんを探すとか…。

    とにかく、
    日本の高齢者施設にはあまりいいイメージがないせいか、
    ここで死ねるなら、本当にラッキーです。

    ユーザーID:6726970977

  • 英国在30年のシングルです

    前夫とは離婚、その後パートナーとは死別。 子どもなし、孫なし、日本に家族多数。
    しかし、よく言えば親切、悪く言えば干渉が多い日本に帰る気はありません。 幸か不幸か英国の医療はお粗末で延命治療なんて庶民には縁がないみたいですので、物が食べられるうちは自宅に居て、食べられなくなったらあっさり逝けるのではないかと楽観的に考えております。 身の回りが不自由になったらこちらにいる日本の学生にパートで通ってみてもらえばよいと。 ご参考にはなりませんわね。 すみません。

    ユーザーID:7704815659

  • 最終的には自分で決めて

    今日本からですけど、ご自分しだいですね。
    日本がいいと思うなら帰ればいいじゃないですか?

    ユーザーID:7596084821

  • 元海外在住ですが。

    20代初めにヨーロッパ某国に留学してから約20年その国に在住し、最後の10数年は研究職に就いて大学で働いていました。

    生活にも収入にも人間関係にも仕事にも文句はなかったのですが、ある時歳をとればとるほど転職の可能性は低くなるなあと
    考えはじめ、なんとなく母国日本にもう住まないかもしれないことが寂しく感じるようになりました。高齢の両親のことも気に
    なっていました。

    今しかない!と思い、日本にいる同業者の知り合いなどに可能性を尋ねたりしている間に、転職先が見つかり、1年後ぐらいに
    東京に帰りました。仕事は忙しいですが、なんといっても食事は美味しいし(毎日のことなので、これは大きいです!)、
    両親のヘルプもできるし、後悔していません。

    疲れた時などは、また別の国に転職してもいいし!なんて思っちゃうこともありますが、今のところハッピーです。前に住んでいた
    国にも年に1、2回は出張を含め行けるので、向こうの友人たちとも会ってます。

    ユーザーID:7282434684

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 既婚でも悩む

    米国在住で既婚(日本人夫婦)ですが同じ事を感じます。仕事のために米国にいますが、言葉の壁は依然としてありますし、食べ物も美味しくない(和食党ではないですが米国の食文化のレベルは低過ぎる)ので、体が弱った後で米国で施設に入るのは考えられません。

    できれば引退したら日本に帰りたいと思っています。現在の円安が続けば、英語圏の先進国で引退まで働けば十分以上の蓄えができると思いますし、何より日本は国民皆保険ですから経済的な心配はありません。

    心配の種としては、娘が米国人として生きて行く場合に、子育てなどで自分たちが近くで助けてあげたいということでしょうか。

    子供がいない場合は大半の日本人が帰国するという話を聞きますが、子供がいる場合は独身、既婚を問わず悩ましい問題だと思います。

    ユーザーID:4981926726

  • 私も悩んでいます

    どうしましょうね。私も同じ悩みです。
    海外生活で一番の悩みは食生活なので、やはり老後は日本へ戻って日本食三昧かな。と。
    でも海外生活が途方もなく長いので、老後に帰国する事が不安です。
    又1から何もかも始めなくてはいけないですから。
    両親も他界したし、兄弟もいないので、何処に帰るか・・・悩んでしまいますし。
    帰るなら未だ体力のある内に戻るべきですよね。
    お互いに悩みますね。

    ユーザーID:7660645171

  • ハワイかな

    米国生まれ育った者です。現在も米国の東海岸にいます。(親は日本に帰国済みです)
    老後をどこで過ごすかは永遠のテーマですね。
    米国半分、日本半分が理想と思ってましたが。私が日本に帰国するのは家族・大学の頃の友達に会いたいからで。年とったら、親はいないだろうし。妹には家族があるだろうし。友達も何人生きているか疑問だし。日本が合わないから海外にいるのであって、死ぬ間際もそのスタンスは変わらないと思います。

    食べ物だけなら日本人のヘルパーを雇えばいい話で、お金で解決できそうな気がします。
    中でもLAやハワイは日本食や日本人の人が東海岸より多い気がするので、人件費も安く人を雇うことができると思います。
    その点、豪州はワーホリの方が沢山いていいですね。

    でもトピ主さん日本にご帰国されるなら、日本の政府にきちんと還元してからお世話になることをお忘れなく。

    ユーザーID:4319462066

  • イギリスですか?

    > ゆで過ぎの野菜やパスタ、サンドイッチ、ロースト

    を読んでイギリスにお住まいかな?と思いました。そしてロンドンから離れているのでしょうか?? ロンドンだと、いろいろ美味しいチョイスはありますからね。

    私は、子どももいない独身(40代)なので、本当にどうするんだろうなーって思います。いつかは日本に帰りたくなるのかな・・・。

    まぁ、イギリスと日本は協定があるので、年金もどちらでも受け取れるので、あんまり考えていないのが現実です。

    それよりも、親と一緒に暮らせないのは寂しい。かといって、日本に帰る気も起こらない(長時間労働に絶えられないのと、暑さや地震が・・・)。もっと2つの国が近くだったらなぁー

    ユーザーID:1771967520

  • 分かります

    こんにちは。
    私も大学は豪州で、その後就職を米国で、今に至ります。
    日本を離れてからもう20年以上が経ってしまいました。
    こちらでの生活に現状不満はありませんが、これから歳を取り
    身体にガタが来る事を考えると、できるだけ早いうちに日本に帰りたいなあ、と
    思います。思ってはいるものの、実際に行動に移すとなると
    今の歳でも日本に帰って、今と同等以上の仕事を探すのは難しそうですし
    子供達が将来日本に住む事は考えないだろうし、そうすると
    頻繁に逢えなくなるだろうし・・と、現実問題山ほどあって難しいですね・・
    日本にはとても仲の良い姉妹や友人もいるので
    将来は日本で温泉旅行でもいきながら、医療費の心配をせず(米国の医療費は
    殺人的に高額です・・)好きなものを食べて暮らしたいな、とは思います。
    本気で考えるなら、「老後」と言ってないで今から動かないと駄目ですね。
    海外で結婚までしちゃったときは、自分の老後のことなんて
    漠然とか考えていませんでしたよ・・人間誰でも歳は取るのに。

    ユーザーID:1973126899

  • ボケたら英語を忘れます

    海外在住の頃、80歳代の日本人女性の話し相手になって・・・と、お茶に誘われ
    たのですが、いろいろ考えさせられました。

    仕事で彼の地に来て50年、お子さんも3人いる女性ですが、70歳代から認知症に。
    現地企業で働いていたので堪能だった英語ですが、櫛の歯がこぼれるように忘れ、
    最近は、出てくる言葉のほとんどが日本語に。

    お子さんたちは、日本語をだいたい理解しますが完全ではなく、話す方はいまひとつ。
    親子・夫婦であっても話せなくなるのは辛いですね。切ないなと思いました。

    ユーザーID:1560512089

  • シングルでなくても・・・

    結婚していても、女性の場合、確率的には配偶者と死別、ということがありますので、あまりかわらないのでは・・・。

    私の場合、和食じゃなくても、いわゆる施設で出てくるご飯、というのどの国にいても好きではないので、自分で料理ができなくなったら終わりだなあ…と感じています。

    ところで、昔読んだことがあるのですが、NYやらLAなど、日系一世の方々が高齢になったころから、ボランティアで和食を作って高齢の方のところに届けて、日本語でおしゃべりする…という組織がありました。これは1970年代のお話しですが、今でもきっと存在するのでは。こういう組織を立ち上げてみてはいかがでしょうか。

    私のいる英語圏の国では中国系の高齢者向けデイケアがあるそうです。ただ、香港出身者が圧倒的に多いので、すべて香港式。知り合いの台湾人の方が、「父を連れて行っても、台湾の食べ物じゃない・・・といやがるの。」といっていました。

    日本も、一口に和食、といっても地方によって味付けが違いますし…。私も黒いお味噌汁を毎回食べるなら、ヴィシソワーズのほうがいいわ!なんて思うかも。

    ユーザーID:2625979803

  • 私は独身ではありませんが

    子供が高校を卒業するのに合わせて再来年日本に戻る予定です。
    夫は仕事がありますが、義理の母も私の両親も年老いてきて心配もありますし、私自身ももう疲れました。50代になり年齢の変わり目でいろいろ精神的にもきています。
    仕事はネットを使ってなので私自身がどこにいても何とかなるのではと思います。
    絶対戻ろうと思ったのは70過ぎの永住の同じく日本人ご夫婦がご主人が体調を崩されもう飛行機には乗れないとなり、結果的にここで最期を迎えざるを得ないとおっしゃったからです。それまでは年1,2度日本に戻られてました。先日奥様だけ日本に戻りいろいろ今後のことを決めていらっしゃいました。急に年齢を重ねると体調の変化はおこるのだなと実感しました。夫は60から65歳できっぱり仕事をやめて日本に戻ることにしたと言っています。それまではともに行ったり来たりになれればよいなと思ってます。

    ユーザーID:8900803656

  • 似たような境遇にいる者です

    似たような境遇にいる者です。
    私も今住んでいる国に特別な思い入れがあるわけでもないし、最終的にこちらのホームに入ることを考えるとやるせ無くなります。
    日本のような丁寧な対応はまず期待できそうにないですし、こちらで生まれ育った忍耐強い義母でさえも食事やサービス(ケアのされ方)に不満を漏らしていました。

    もし日本に帰国するのであれば、私は五十代のうちの方が良いかと考えています。
    新しい環境に入る時に、他人に助けを乞うばかりのお年寄りでは、すぐに鬱陶しがられ孤立してより寂しい生活を送りがちだと聞いています。
    身体が動く五十代のうちであれば、こちらもなにかと人様のお役に立てることもまだ出来るだろうし、時間をかけて多くの方と深い信頼関係を築いていけば、少しばかり明るい老後が期待出来ると信じています。近くに信頼できる人が家族以外にいることが、老後どれほどの活力になるか計り知れません。
    人間最期は本音、日本に骨を埋めたいという思いが少しでもあるのなら、私のアイデンティティはまだ日本人として残っているものと促がえます。
    トピ主様はいかがでしょうか?

    ユーザーID:2843428363

  • トピ主です

    沢山の方からレスをいただいて有り難うございます。

    こちらに移住して22年。今はとりあえず仕事もあるし、健康だし、少ないながらも友人もいます。子育てに必死の時期は、シングルマザーで育てるにはこの国はとてもいい環境だったので、郷愁など考える暇も気持ちもありませんでした。娘が旅立ち、一人残されてしまった今、自身がこの国にいる意味がわらなくなってしまったというのが、本音です。

    海外に住んでいる方は少なからずの差別を経験したことがある方が多いのではないでしょうか?ここ豪州のマルチカルチャーが成功していると言われている都市でも、世界中の人種の方々住み、それぞれに生活をしていますが、表面的にはマルチカルチャーに見えても、ミックスカルチャーではなくそれぞれが独自のカルチャーの中で主張し合っています。パートナーや仕事関係を除いた個人レベルのパーティーで本当にミックスカルチャーのパーティなど、とても少ないと思います。
    そんな中で、めいっぱい日本カルチャーに浸っている自分(友人、食、本、テレビなど)が、終の住まいはここでいいのか?との疑問が生まれてきたのです。

    ユーザーID:3457807639

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 帰ります!

    在米30年以上ですがもうすぐに日本に帰ります!

    理由は、年取ってから、いつまでもピザとか激甘のお菓子を食べたくないから&医療費の心配、そしてバカ高い家賃です。
    大都会なのでお金を出せばおいしい日本食はいくらでも食べられますが、何せ高いし、一人で外食ばかりもイヤだし。
    魚貝類が好きなのですが、自分で料理するにしても、おいしい魚貝類が売ってない!(高級グルメストアなども含め)

    今住んでいる都市では市内の平均家賃は月3800ドルくらい。コンドミニアムを所有している友人達でさえ、ローンを払い終えたあとでも管理費は月1500ドル以上です。
    ばっかばかしー!

    先週行った病院では、CTスキャンと初診料で1500ドル(日本円で18万円以上)。日本なら保険なし料金でさえ10分の1くらいですね。

    日本に家族はいないけれど、友達(しかも独身の)はまだいっぱいいるし、みんな私が帰るのを心待ちしてくれています。

    帰国したくなったきっかけはパートナーとの関係解消ですが、もはやアメリカに全然未練がありません!
    あー、早く日本に帰りたーい!!!

    まあ子供がいる方は違うのかもしれないですけどね。。

    ユーザーID:8623487589

  • どこでも住めば都

    この国ではどこそこ住んでみましたが、どこもそんなに悪くない。 誰でも最後は独り暮らしになるので、悩みは日本でも同じ。趣味を通じての良い友達もそんなに不可能ではないみたい。健康な間は自分の好きなものを食べて、好きな友達と交遊し、読書、音楽、ハイキング、ガーデニング、等楽しむのはこの国の方が容易く自分に合ってると信じています。もし、自分で自分の世話ができなくなったら、いくら金があり、良いケアが得られてもその悲しみはどこでも同じと思う。だから、今を楽しんだらよいだけ。明日は明日の風が吹くのです。

    ユーザーID:0142118745

  • 考えますね

    移住してまだ14年、40代です。

    私はアジアなんですが、食べ物はこちらの食べ物の方が好きですが
    晩年は和食が食べたい、と思うのか、あと現地語忘れて日本語しか出てこない、というのも切ないですね、、、。


    もし日本に生活の基盤が残されているのなら 老後の帰国も有りかと。

    住居、家族、仕事、、色々クリアできれば可能かな。

    私自身はまだ老後の身の振り方については未知数ですが、今からゆっくり考えておかないと、と思いました。

    ユーザーID:4691902949

  • コミュニティの活動

    私はまだ海外に住み始めたばかりなのですが、先々こういう思いになるかもしれないと読んでいて感じました。
    日本にいる母は、父が他界してからしばらくは塞ぎ込んでいたものの、コミュニティがいろいろなサークルを安価もしくは無料で開催しているようで、今では毎日いろいろなアクティビティ参加しています。いつも忙しそうで、そこで出来た友達と旅行へ行ったり、いつも私の世代に負けないくらいハツラツとしています。
    今はまだ何もかもが新鮮で、こちらでの生活も楽しんでいるのですが、そんな母を見ていると、こちらで迎える老後は私は母ほど楽しめないかもしれないと無意識に考え始めています。

    ユーザーID:0569774222

  • 帰る準備を始めています。

    豪州在住、20年以上の日本人夫婦です。

    日本の生活を楽しむ為に50代になったら本帰国すると決め、
    来年中に今の住居を売って、本帰国する予定で準備しています。
    老後生活に便利な終の棲家も決めてあります。

    豪州の気候や福祉は日本よりよいと思いますが…
    医療面では、救急搬送されても、すぐに見てもらえない不安があります。
    言葉の壁は、もちろんですが、車社会の不便さもあります。

    そこがクリアーできるなら、豪州も悪くないと思うのですが…
    リタイヤメントヴィレッジとかもありますしね。

    こちらで入院した友が、食欲無いのにポタージュやパンは食べたくない。
    おかゆや、みそ汁が欲しいとよく言っていました。

    シドニーでは、日本人のナーシングホームが出来るかも?って噂も聞いたことがあります。
    もし、ボケて英語を忘れても、食事の面も安心でしょうね。
    それか、日本人のケアラーがいるホームもいいかもしれませんね。

    この10年で義父、私の父、昨年義母を見送り、
    その度に、物理的にすぐに会いに行けないことを痛感。
    今は、母と一緒に時間を過ごして、日本で見送ることを最優先で、
    帰国の準備をしています。

    ユーザーID:7725850999

  • 帰りますよ

    この国に来て楽しい思い出もたくさんできました。
    でもやはり私は日本人で
    子供達も日本が大好き
    この国も好きだけど、ずっとこのまま一生かと思うと閉塞感と孤独感でウツに。

    やはり日本が楽だし懐かしい
    完全に分る言葉で生活したい同じ文化と言葉の友人と楽しみたい
    日本料理を食べておいしい外食したい。
    国内の小旅行とか温泉とか夜の居酒屋とか夜中散歩しても安全な街。
    安心の医療に信頼置ける同国人。

    あのまま日本に居たらずっと文句ばかりで退屈していたけど
    こうして海外生活も長くなって日本の良さが見えました

    子供達と一緒に帰ります。

    ユーザーID:1575002261

  • 骨は日本に

    アメリカに30年以上住んで、日本人の主人を
    看取りました。その時の経験で最期は日本で迎えたいと
    思い、永住帰国しました。

    健康保険は、国民健康保険にすぐ入れるし、65歳以上には
    介護保険もあるし、何といっても医療費の安さには驚いています。
    それに、日本語で話せる安心感!”腹水”とかの英語が日常語に
    なっていたので、旅行者の”日常会話位しゃべれる”という言葉に
    反発を感じていました。

    コンビニは24時間営業で、食べ物は安くて新鮮でおいしいし、
    公共の乗り物は清潔で安全だし、、、

    帰ってきて大正解でした。もしできることなら永住帰国を
    お勧めします。

    主人に最期はお粥を食べさせてやりたかった、と後悔しています。

    ユーザーID:4403064803

  • 迷惑です

    よく最近このようなトビが立ちます・老後は日本で暮らしたい。でも貴方は自分の意思で日本以外で生活をしていたのでしょう? その間日本に納税の義務をどれだけ果たしてきましたか?日本にどれだけ貢献し、納税してきましたか?自問自答して下さい。異国で収入があれば日本の家族に送金してきましたか?
    企業の駐在員家庭なら所得税も日本に納税するでしょう。でもそうでないなら貴方は具体的にどの程度税を負担してきたのでしょう。25才から65才までとして40
    年間の日本に負担した金額を調べてみて下さい。
     人生の出がらし茶になつてから日本に帰ってこられても、もう税を負担するよりも税を浪費する側でしょう。もちろん金融資産を一億ほどもって日本に帰られるのなら相続税が期待できますし、消費も期待できるでしょう。でもそうでないのなら
    介護、医療、さらに利用する社会システム等の貴方の費用は我々日本にいた人間が
    負担していたのです。我々が45年間負担していた税・年金等がその間外国にせっせと税負担をしていた貴方の老後の為に使われるのは社会正義に反すると思うのです。

    ユーザーID:0085634827

  • トピ主です

    バロンさんのような意見をお持ちの方もいらっしゃると思っていました。そのお気持ちは単純にいいとこ取りの人生しないでよ、の感覚だと思います。もし、私がずっと日本に住んでいたら、そう思ったかもしれません。

    ただ今や数々の国の人が、各国に移住し、また日本にも各国の方が住み、それぞれの思いや事情でそれぞれの終わりを考え選択することはいけないことではないと思います。

    高齢者になっても、海外での生活の経験を生かし、ボランティア活動やコミュニティの活性化の一員の担い手になるとか、それぞれの国に培った言葉や習慣の良い部分を子供たちに伝えるなど、留学や遊学で帰国した人達とは違った財産を持ち帰ることも可能なのではないでしょうか?

    海外で苦楽を経験したからこそ、日本の良さがわかる、日本の良き文化を大切にしたいと思う気持ちが、また新しい日本を創っていけるのではないかと思うのは、現実を直視していないことでしょうか?

    ユーザーID:3457807639

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ごめんなさい、私も嫌です。

    国際結婚で30年来ずっと在外の姉がいます。
    お互い老後がそこまで見える年になってきてやはり老後は日本で暮らしたい、医療や言葉、そして病気になった時にお粥が食べたいし、夫に先立たれたらすぐ戻ってきたいとこの頃電話でもメールでもよく書いてあります。
    さすがにその場でハッキリとは言えませんが、正直、もう実家もないですしじゃあ不動産を借りるにしろ買うにしろ保証人はどうなるのか、施設に入るにしろ介護サービスを受けるにしろこれからは子供に何かと書類面などでの手を煩わせることが増えてくる年代です。
    正直それをうちの子供をあてにしているのでしょうかと聞きたいし、高齢者を一人受け入れる側のことも考えていただきたいです。
    前に投稿されていた方のように社会的に大きな目で税金や社会システムについてまで全体を見渡した意見ではありませんが、正直少子化でただでさえ高齢者を支えるのが大変な世の中なので、自分の勢いがいい時は楽しく海外で過ごし、不在中の親の面倒その他はスルーして、自分の老後は楽に過ごせそうな日本へというのは非常に自分勝手に思います。

    ユーザーID:2882726014

  • バロンさん、お気持ちはわかります。

    でも外国で子育てをしている日本人は、
    現地政府から(手厚く)支援されているので、
    日本の納税者の負担にはなっていません。
    日本では現役時代には税金の還元が少なく、
    引退後からの還元のほうが大きいのも確かです。
    私もシングルマザーで子供は二人おり、
    欧州大陸に永住していますが、
    ここに骨を埋める予定です。
    肉食系なので食物はいまのところ大丈夫で、
    自足自給率が高いので野菜や果物も新鮮でおいしいです。
    日本では食物はおいしいかもしれませんが、
    輸入に頼っているわけで、
    急激な円安になると飢饉が発生する可能性があります。
    私は逆に日本での老後は考えられません。
    最大の原因は(少子)高齢化です。
    若い世代はこれからどうやって年寄を支えるのでしょうか。
    うちの子供達は日本に住むことはないと思うので、
    私が日本に移住し、動けなくなったら、
    よそのお子様のお世話になることを期待しなければなりませんが、
    お世話になれる保証はありません。
    迷惑をかけることがあれば、子供達に最初に打診したいです。
    あと、日本のコンクリートの建物と電線が目障りです。
    そして美しい日本の文化は絶滅の危機に瀕しています。

    ユーザーID:6007151828

  • 横ですが、バロンさん、間違っています。

    バロンさん、駐在員家庭の所得は、日本で課税されませんよ。

    高齢の低所得者は、日本よりも、カナダにいたほうが、いいです。

    全額税金で賄われてる低所得者向けの年金がカナダにはあります。

    日本の高齢の低所得者は、生活保護申請になりますよね?

    カナダの年金を日本に送金する時、カナダの銀行から日本にあるアメリカ系銀行に送金し、日本の銀行に送金することになると聞いています。

    カナダの銀行、アメリカの銀行、日本の銀行に手数料を取られ、カナダドルからアメリカドル、日本円に為替のリスクもあり、手元に残るのは、わずかになるでしょう。

    国民年金には、海外在住者も任意加入もできますが、それだけでは生活できませんよね?

    カナダでは、自宅を売却した時も課税されず、Probate Feeはありますが、相続税は、カナダではありません。

    子供が、将来、どこにいるかわかりませんが、遺産を残すことを考えると、カナダにいたほうがいいですよ。

    カナダから日本に老後帰国する人は、相応の資産は持っていると思います。

    ユーザーID:0541066215

  • 帰るに決まってます

    もちろん帰りますよ日本に。


    年を取ればとるほど日本が懐かしくなって苦しいくらいです。


    現地人夫がいて帰るに帰れない日本人を気の毒に思います。

    ユーザーID:9653715370

  • 横の横ですが

    バロンさんは間違ってないですよ。
    大半の駐在員の方々は、現地と日本の両国で給与を受け取ってます。
    現地で発生した給与は日本では課税されませんが、当たり前ですが日本で発生した給与は日本で課税されます。
    赴任先によっては日本で発生した給与にも課税してくる国がありますが、二重課税の部分は会社が補助してるんですよ。

    で、終の棲家。
    多分、在住国になるんだろうなぁ、と、漠然と思ってます。
    というか、夫よりも私のほうが先に逝きそうだし。
    日本に帰っても親しい友人はいないし、家族もいなくなってるだろうし、おかゆもいいけどスープとパンでも問題ないし。
    オバちゃんがビキニ着るだけで叩かれる国だし、夏は親の仇のごとく暑いし、冬は寒いの通り越して痛いしセントラルヒーティングがないのがツライ。
    遊びに行くのは大好きですが、年を取ってからかなりのブランクを経て帰るって場所じゃないなぁ。

    ユーザーID:1291665384

  • 日本には、帰りたくない

    私の場合、年をとるごとに、
    日本ではないこの国に住めてよかったという思いは、
    強くなります。
    日本を出てから、20年です。

    私をこの地にいざなってくれた、
    現地人夫にも、感謝の気持ちでいっぱいです。
    いわゆる、健康寿命はこの国のほうが高いと常々思っているし、
    福祉も医療もしっかりしています。
    手術や入院は無料で、夫が心臓の手術をしたときには、
    救急搬送されたせいか、
    手術(ステント)までの待ち時間はありませんでした。

    日本の国民年金を払い続けていますが、
    将来的に、それを日本で受給する予定はありません。
    日本のシステム(住民登録、印鑑証明、仕事やアパート賃貸には保証人等)、
    その種のものなしでも十分に回っている国に住んでいると、
    日本は、あまりにも不必要なことが多すぎるとも感じます。
    私は子どもがいないので関係ありませんが、相続税もないですね。
    それがいいのか悪いのかは、わかりませんが。

    まわりに干渉されないのも、本当に心地よいです。
    日本人コミュニティーに縁がないからかもしれないですが。

    ユーザーID:6857119033

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧