• ホーム
  • 話題
  • 「先」を考えて「今」を味わえない。どうしたら?

「先」を考えて「今」を味わえない。どうしたら?

レス22
(トピ主1
お気に入り59

生活・身近な話題

だんどり鳥

30代女性です。

「先」を考えて「今」を味わえません。

たとえば、
映画やお芝居を観ていても、
「観終わったら、○○に寄って〜〜を買って、○○で〜〜を済ませて、○分までの電車に乗って、○時までには帰って、帰ったらまず〜〜をして、・・・」
と考えてしまい、目の前のスクリーンや舞台に集中できません。

ケーキを食べていても、
「食べ終わったら、洗濯物取り込んで、下ごしらえしておいたアレをアレして、その間にアレして、コレして、・・・」
と考えてしまい、目の前のケーキに集中できません。

このように、常に「先」の段取りを考えてしまいます。

ひとからは、「まじめ」「きまじめ」「几帳面」「完ぺき主義」などと言われますが、
今を味わえず、先の段取りばかりに気を取られて、せかせかあたふた、時にイライラしている、単なる馬鹿だと思います。損だと思います。
目の前の映画やお芝居やケーキをしっかり味わい、集中できる方が、幸せだと思うのです。

このような私に、
「先」にとらわれず「今」を味わう秘訣、心がけ、コツ、教えていただけませんか?

性分は簡単には変えられないことは承知しています。
この性分のせいで、得をしたり、ひとさまの役に立っていることも、あるかもしれません。
でも、何かしらを心がけることで、何かしら自分の人生に良い変化を起こしたく思っております。

どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:1221468813

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「先」ではなく、「その先の先」

    私もちょっと似た傾向があるので分かりますよ。
    行き当たりばったりも嫌だし、時間も無駄にしたくないのですよね。

    対策ですが、

    ・映画、舞台 → 観る前に、観終わった後の予定を決めておく。
    ・ケーキ → 食べる前に、食べた後の予定を決めておく。

    です(笑う)

    なんなら、全日にだいたいのイメージ作っておいたっていいのです。

    でもこれって、優柔不断な人には向きません。
    決めた通りに動けないと、意味がないので。
    決断力がある人なら、できます。

    ユーザーID:2583988339

  • おんなじ人がいたんだ

    ホッとしましたよ。
    私は小さい頃からそんな性格でした。
    小学校の遠足に行っても、心のなかでは「作文に何を書く?絵はどこの場所を描こう?」
    てな具合に、いつも先を先を見つめて生きてきました。
    本当に、心が落ち着かないのです。
    今は子供らも巣立ちましたが、子育て中も常に現在に集中満足出来なくて、何かの心の病気なのかなあ?と思ったりもしました。
    トピさんのレスで安心しました。

    ユーザーID:5705170428

  • メモしてます。

    だんどり鳥さん、お気持ちとってもよくわかります。
    私はいつもではないのですが、たまにそんなときがあるので、
    メモすることにしています。
    (オーバー50になってから特に)
    段取りをメモすることで安心して目の前のことに集中することができます。
    たまにメモしたことを忘れたり、メモをどこに仕舞ったかを忘れることもあるのですが、とりあえず、今を楽しむことはできますよ。
    お試しあれ!

    ユーザーID:9700205588

  • 先に予定を紙にかいとくとか

    TODOメモにさっと書いて、それから映画みたりケーキたべたりしたらいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0339421170

  • 時間ずらせば?あとスイッチ

    考える時間をちょっと前倒しすればいいんじゃないの?
    映画観ながら考えるんじゃなくて、観る前に考えればいいだけ・・
    ケーキ食べながら考えるんじゃなくて、ケーキ食べる前に考えたらいいだけ・・
    忘れるなら書いときゃいいじゃん

    切り替えが下手なのかな?
    あ、バカにしてないですよ笑 傷つかないでね
    私の会社の後輩、切り替えが下手で、会社に来ても家にいるみたいにダラダラやる気もなくて期限過ぎてから提出または無言、
    帰れ!って思います
    そんなのに比べればあなたは随分優秀だと思います

    (別に自慢じゃないですが、)私は会社の一歩外に出れば仕事のことなんか全部忘れます笑
    翌日会社行ったらさっきまで仕事してたかのように仕事を開始します。
    会社に行けばすぐに思い出せるようにいろんなところにメモしたりして工夫してるからです
    で休日はアホみたいに遊びます

    要するにスイッチ(頭の切り替え)です

    スイッチが多いほど器用な人ですね
    私自身は人並み・・・

    プライベートであるとすれば家事スイッチぐらいしかないです

    ちょっとした工夫で変わりますよ
    そんな重たく考えないでね

    ユーザーID:7983322831

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 荒療治

    私も似たような性格でしたが、ストレスで鬱病になって変わりました。
    身体が思うように動かない、予定が立てられない、計画が狂う、周りに迷惑をかける、やりたいのにやる気が出ない。
    少しずつ改善してきたとき、「あぁ自分で自分を縛りすぎてたなぁ」としみじみ思ったんです。
    人に迷惑がかからない事なら、やろうと思ってたことができなくていいじゃない。
    過去をクヨクヨして、未来にセカセカして、何を焦ってたんだろうと。

    トピ主さんも荒療治をしてみたらどうでしょう?
    開き直るんです。
    自分の性格万歳!その性格が役立つこともあるんだし!

    1週間、1ヶ月先の予定まで細かくガンガン決めちゃいましょう。
    朝昼晩の食事メニュー、着る服、スーパーで買う物、見るテレビ、とにかくなんでも。
    年末年始は何しよう、来年のゴールデンウィークや夏休みは?帰省の手土産を探しに行こう。

    茶化したりバカにしてるんじゃありません。
    とことん気の済むまでやり尽くして、大げさなくらいやって、
    「もう無理!私何やってんの?!」と心底嫌気がさして投げ出すくらいしないとダメじゃないでしょうか。

    ユーザーID:8565019527

  • 行為を複数回行えばいいのです。

    どうしてもと言われるのなれば方法はあります。
    対象となる行為を先を考えなくなるまで繰り返せばいいのです。

    映画を例にとりますと、一度目に見たときにはいろいろと考えるのは仕方ない。
    でももう一度同じ映画を見ればどうでしょうか?意思決定と考察は前回だいたい
    終了しているから考える必要性は低下します。結果、注意は映画に向きます。
    更に進めて、同じ映画と朝から晩まで何回も見ることを考えましょう。
    4回目以降となれば、映画に集中するしかすることはなくなるでしょう。
    そして4回目に考えることは、「これを次も見るのだわ...」。
    なれば映画に集中していることになります。すっごく嫌になりますよね。
    嫌になるということは対象事象に集中して「今」を味わっていることになります。
    また哲学的ですが、今の先の事象を今のものと同一にすることによって、
    「今」と「先」の区別が曖昧になっていくでしょう。それを繰り返せば、
    「先」を考えることが苦痛になり、段取りをすることは無くなっていくと思います。

    この方法はどうでしょうか?

    ユーザーID:9820326967

  • 褒められてない

    >ひとからは、「まじめ」「きまじめ」「几帳面」「完ぺき主義」などと言われますが、

    これ全て褒められてないです。
    周囲の人は気の毒、めんどくさい、息苦しい人と思ってます。
    オブラートに包んでいるようで包んでいません。

    トピ主さんみたいな人って、その立てた計画が完璧に行かないと勝手に落ち込んだり、不機嫌になるんですよね。
    自分で完結してくれるならいいけど、だいたい周囲の人も焦らせるんですよね。
    私の母と姉もそうです。
    付き合わされる方が本当窮屈で理不尽だなーと思います。

    とりあえず意識して何も考えないことから始めましょう。
    無意識に考えた予定をあえてしない。
    ケーキを食べた後は寝っころがるとか、グダグダする。
    気が向いたらやることをやる。

    計画道理じゃなくても何とかなることを脳に叩き込むんです。

    ユーザーID:1508110226

  • 「これが最後になるかもしれない」と思いながら味わう

    東日本に住んでいます。
    4年前から、トピタイトルのような気持ちで物事に臨むことが増えました。
    西日本にお住まいで、ある程度の年齢以上の方も、
    20年前に実感なさったことではないかと思います。

    「いくら準備をしても、計算どおりの未来がくるとは限らない」
    「人間には残念ながら未来を100パーセント予想する能力はない」
    たしか、ロシアの民話にもこんな内容のものがあったと思います。

    人間はそもそも完璧ではないのですから、
    トピ主さんも完璧な準備なんてしなくていいんですよ。
    人間は命に限りある生き物なのですから、
    命あるうちに(それは今日までかもしれないので!)、
    楽しめることを楽しみましょう。
    ね。

    ユーザーID:7778904696

  • 私も似ているタイプだと思います

    私もです!次の行動を計算して上手くやろうとして、なんだかすべてが中途半端になってしまう事もしばしば。

    いつだったか仏教の僧侶の方のエッセイだったかな。今自分がやっている事を客観的に見る事が今を見る事になるみたいな内容がありました。
    例えば、食事をする時なら私は今箸をとりあげた。右手でおかずを運び口に入れた。今かみしめている。とその都度行いをなぞるんです。

    映画なら「今私は座席に座った。」「このような映画を見ている。」「この映画の伝えたいことは・・」等々自分を実況中継すると、今を味わうって事になりませんか?

    とはいえ、私もなかなか実戦出来ていないんですけどね。

    ユーザーID:7431418522

  • 方法は2つ。

     まずは一つ。皆様のレスにあるように、予定を決めてしまう。必要ならメモしてしまう。そして予定通りに動くこと。そして、思考をあえて中断。考えることをそこで切ってしまう。
     もう一つは、映画などは難しく、ビデオなどにして、その後は寝るだけの状態にする。なにもする必要の無い状態にしてから、楽しむ。
     どちらかできますか?

    ユーザーID:6586645944

  • 今を生きる

    トピ主さんの気質、よくわかります。
    主さんはきっと仕事面でも着実にこなす方、
    他人に迷惑をかけない方だとお見受けします。
    私の連合いに似ています。
    段取りに気を使い、その段取りどおりに事が運ばない
    事態が発生したときイライラし出します。
    もちろん段取りを練るのは非常に重要な事だと思いますが、
    段取りどおりに行かない事は多々あり得る事です。
    私は主さんほどではないですが、例えば明日の予定、
    来週の予定、いろいろ考えるうちに、
    「では今の状況どう考えるのか」と問われると
    有効な分析、対策が実はできていないのではと
    気づくときがあります。
    まさに「今を生きていない」のでしょうね。
    今と向き合う、今がなければ先は無い
    重要なのは今なのだという考えをもっと大切に
    してみたいと思います。

    ユーザーID:9267008731

  • あ、間違えた…

    × トピタイトルのような気持ち
    ○ レスタイトルのような気持ち(=「これが最後になるかもしれない」)

    失礼しました…

    ユーザーID:7778904696

  • マインドフルネス

    どなたかもレスされてますが、今という状態を細かく味わう訓練が有効だそうです。

    詳しくは、「マインドフルネス」で検索してみてくだい。

    私は、小さい頃より、落ち着きがない子でした。
    器用になんでもすばやくこなしますが、ポカも多い。
    無駄な動きが多く、そそっかしいとよく言われました。
    仕事は早いので、便利に使われる反面、なにか軽んじられてました。

    こんな自分を変えたいと、であったのがマインドフルネスです。

    あえて、ゆっくり深呼吸をおこなうことと、今という状態を細かく観察することで、集中力が少しついた気がします。

    ユーザーID:9854041093

  • 訓練でなんとかなります

    『マインドフルネス』をおすすめします。とにかく客観的に内観してみる方法です。最初は思考のうずが止まらないですが、それもあるがまま受け止めて・・・とやっているうちに、だんだん思考に振り回されることが少なくなっていくと思います。
    私も以前は頭の中が雪崩と鳴門うずのような思考でいっぱいでしたが、マインドフルネスを心掛けてだいぶましになりました。セミナーとかもたくさんあるようですが私はネットで自分で調べて自己流でやりました。最初は『じっと座っていられない!』と半泣きで自分のうるさい思考と取り組みましたが、継続していたらいつのまにか以前と違う境地になりました。

    トピ主さんは良い変化を起こしたいとか、心がけやコツを知りたいという前向きな気持ちがおありですのでこの方法をおすすめしたいです。

    段取り思考に振り回され過ぎない日がくるのをお祈りします。

    ユーザーID:1455493047

  • ウルトラソウル

    「結末ばかりに気を取られこの瞬間を楽しめない」という歌詞を思い出しました。

    「今こそ胸を張りましょう!」ですね。一瞬後に生きているかなんて、分かりませんよ。

    ユーザーID:4391447517

  • わかりますよ

     私も似たようなことがあるので、気持ちはわかりますよ。

     私の場合はそのあとの予定は、ざっくり決めておきます。
    それで、、時間がくるまで(例えば映画を観終わるまで)は、それ以上、かんがえないようにします。


     今は→映画 を「味わう」映画が終わってから次の行動を考える と、心掛けていると出来るようになると思います。 

    ユーザーID:0936445892

  • 考えることを減らすと考えがまとまる

    トピ文を拝見した限り、主さんは「先を読んで行動」するタイプというより

    「一度、決めたことをなかなか変えられない」
    「考えが色々なことに向き、まとまらない」と
    いう印象です。

    段取り優先の方は
    「朝か、その前日の夜にシミュレーションし、その場に応じて段取りにあわせ行動する」ことが多いからです。


     ・家事などルーチン化して考えなくてもいいようにする
     ・目の前にあるものに興味を持つ
     ・浮かんだ考えを全てメモする
     ・書いたメモをみながら内容をまとめる練習をする


    頭の中を一つの伝言板として使うのではなく
    いくつかに区切って

    「今やっていること」
    「一日の流れ」
    「一週間の予定」

    をメモや写真で埋めていくイメージです。

    いきなり色々は難しいので、

    まずは「目の前にあるものを『これは何からできてるのかな?』と興味を持ってみてはどうでしょう?

    ユーザーID:5726140286

  • 朝起きたら計画を紙に書く

    結局段取りが決まってないから考えてしまうのだから

    朝起きた時コーヒーでも飲みながらその日のやるべき事を

    紙に書き出して優先順位や効率を考えておくのです。

    買い物でもたくさんあるとメモをとって回る店の順番を決めるでしょう。

    それと同じです。

    また棚上げボードというのを作って急ぐ物と急がない物を区別して

    いちいち細かい用事で動かず後でまとめてやるという方法も

    私はしています。

    ユーザーID:0104682556

  • 同じ人、いたんですね

    私も仕事もそうですが、外出日や休みの日は、計画を立て、予測しないと何も手につきません。仕事ではケース別に対応を決めるので、上司にはうっとうしがられています。
    もちろん、旅行なんて、大嫌いです。

    深呼吸程度では落ち着きませんよ。
    もう、やらないと気がすまないのですから。

    子どもが幼い頃は大変でした。イレギュラーな事態ばかりですから。
    出来ないなら、私は私自身も全て放り投げてしまうタイプなので、厄介です(しかも頑固…)。
    辛いですね。

    皆さんもレスされてますが、反復経験が一番だと思います。
    計画をより正確に立てられ、ほぼ間違いありません。
    諦めることは、電車の運転見合わせと急激な天候変化による遅刻位です。
    これが起きたら、飲み物を買って、お休みタイムと習慣付けているので、パニックになりません。

    行き当たりばったりの性格の方が羨ましいです。

    ユーザーID:7871403403

  • 参考になりました

    ぱてるとん様・ぴぴこ様、トピ主でなく、レスしたオカリナです。
    マインドフルネスの情報を有難うございました。
    早速調べて今日からやってみます。
    小町ありがたいわあ!

    ユーザーID:5705170428

  • トピ主です、ありがとうございます

    皆様、こんなにもたくさんのレス、アドバイス、ありがとうございます。
    御礼遅くなり、申し訳ありません。

    1ヶ月、2週間、1週間、3日〜1日単位で、
    to do リストを作り、
    その順番、その段取りを考えるのが習慣です。
    そのリスト、スケジュールを実現させていくことに達成感、やりがいを感じます。
    それ自体は、悪いことだとは思いません。
    そのおかげで、自分の人生において収穫も多くあると思います。

    でも、過ぎたるは猶及ばざるが如しで、
    「より良いリスト、より良い順番、より良い段取り」
    を、考え続けてしまいます。
    頭の中に、常にリストがあり、常にスケジュール表があります。
    「今、この瞬間」を味わう、楽しむことがおろそかになりがちです。
    また、柔軟性にも欠けていると思います。

    こちらで、具体的なアドバイスをたくさん頂きました。
    ぜひ実践し、取り入れ、
    自分の人生に、何らかの、良い変化、良いことを起こしていきたいと思います。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:1221468813

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧