• ホーム
  • 働く
  • 県庁か区役所、結婚しても働きやすいのは

県庁か区役所、結婚しても働きやすいのは

レス21
(トピ主1
お気に入り53

キャリア・職場

こぐま

初めまして、現在大学4年女のこぐまと申します。

就職活動で公務員試験を受験し、県庁(一都三県の)と区役所(東京都内)に合格しました。

当初は業務内容の幅色い県庁に就職しようと考えていました。
しかし、ネットを見ていると、「県庁は激務・転勤ありで女性は働きにくい」、
「区役所は女性職員も多く結婚しても続けやすい」といった書き込みが目立ちます。

現在都内に勤務する交際相手がおり、私としては結婚できたらいいなと考えています。
しかし相手の職業は非常に激務(民間)なため、通常の公務員同士の結婚のように家事育児を折半することは難しそうです。

このような場合、やはり県庁で勤務しながら結婚し、子どもを育てることは難しいでしょうか。
小町は公務員やその配偶者の方が多くいると思われますので、ぜひアドバイスをいただきたいです。

ユーザーID:6930066693

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 区役所

    悩む事なく区役所でしょう。転居の必要がないのですから。

    特別区・政令都市の競争率の方が高いでしょう、都道府県に比べて。

    特別区・政令都市で公務員になるのが、一番良いですよ。

    ユーザーID:8254434561

  • 区役所

    嫁が市役所、息子が県庁です。
    県庁は転勤が有り大変だと言うのは本当です。部署によっては激務で、残業手当は全額は出ないのが現状です。県外の一週間近い出張も担当業務により何度も有ります。
    嫁は転勤はありませんが、部署は変わります。しかし庁舎の中の事です。残業手当は満額出ます。福利厚生はどちらも整っていて産休、育休、子の看病休、親の介護休等困らないようにしていただけるそうです。又、不妊治療中毎日夜中までの残業が続き困り果てて上司に相談した所、残業禁止命令を出していただけました。
    保育園から「熱が出た」等の電話が来ると、どちらかが迎えに行けます。
    私の主人は市役所でしたが、転勤が無く助かりました。
    こうして見ると、女性は区役所の方が働きやすいと思います。子供を連れて転勤するとか、夫と別居とかできるだけ避けたいですよね。
    家の息子は転勤覚悟で、県庁にも市役所にも3分で行ける所にマンションを借りました。妻子を置いて転勤しても安心な所を選んだそうです。嫁の両親にも呼び掛けて近所に住んでもらいました。
    総合して考えると区役所の方がお勧めです。

    ユーザーID:8064296483

  • 区役所勤務について。

    地方小都市(人口二万)の元市役所職員です。
    苛酷な仕事がありますから、紹介します。
    防災→二十四時間対応、避難所派遣あり。
    生活保護→常識の通用しない保護者がいます。
    税滞納整理→財産差押え事務あり。
    公共事業の用地交渉→相手方の意向を損ねると、公共事業が頓挫する可能性あり。
    公有地、公共用地管理→境界紛争の裁判沙汰を覚悟しなければならない。
    水道等のライフライン→こちらも二十四時間対応。
    ごみ処理→不法投棄物の処理のため、現場作業あり。
    女性であっても、上記職場に配属されます。
    ちなみに、自治体職員が裁判沙汰に巻き込まれた場合の訴訟費用を賄う、専門の保険があります。

    ユーザーID:0668021513

  • 区役所

    県庁は県内全域を対象にした転勤があります。
    通勤の範囲が広いため、通勤時間も長くなります。

    場所によっては引っ越しが必要になります。
    転勤のたびに引っ越す独身者も多いです。

    妻帯者の場合は、持ち家や子どもの学校の関係で、
    遠距離通勤が多くなります。
    単身赴任をしている人もいます。

    その点、区役所は転勤の範囲が狭いので、
    転勤に伴う引っ越しをする人は少ないです。

    我が家には県と市に勤務する家族が複数います。
    仕事はどちらも大変で忙しいですよ。
    楽な職場はないと思ったほうがいいです。

    結局はトピ主さん次第。
    どうせ苦労するなら、本当に行きたいと思うほうを
    選んだほうが後悔しません。

    ユーザーID:5205356757

  • 私は県の職員です

    子供を産んだ今となっては、市役所にしとけば良かったな〜と思っています。
    仕事の忙しさは配属される部署によるので、区役所でも忙しい所があるだろうし、県でも時間にゆとりのある所があります。
    ただ、通勤時間。
    区役所なら勤務先は限られてくると思いますので、近くに住めれば通勤時間を短くできますが、県は勤務先が多いですから、遠い部署だと大変。
    本庁にずっといられれば勤務先は変わらないけど、激務だし。
    私は今、シングルマザーかつ子供が保育園児という理由で自宅近くであまり忙しくない部署にいさせてもらってますが、いつまでもつか、戦々恐々です。
    同じ職場の公務員同士の夫婦よりは融通してもらえますが。
    自分がメインで子育てする事を考えれば区役所かな。
    でも将来どうなるかなんてわからないですよ。

    ユーザーID:8443922240

  • 県庁でも区役所でもありませんが…

    たぶん、トピ主さんが合格した一都3県のうちの、どこかの市役所で20年働いていた元公務員です。

    >県庁で勤務しながら結婚し、子どもを育てることは難しいか

    …って、友人や職務上で知り合った多くの女性が、それをしながら結婚・子育てをしていますから、あなた自身の気持ちの問題です。

    ただ、どこの役所にも共通しているのは、土日休みの職場ばかりではありませんし、事務職でも変則勤務を要する部署もあります。
    また、大規模災害時はもちろんですが、部署によっては台風や大雨時の対応で定時帰宅が出来なかったり、夜中や休日の呼び出し、他部署のイベントや選挙対応の休日出勤はあるので、子供がいたらそれに対応できる体制が取れるは必要でしょう。

    また、そういったこと以前に、彼との結婚ありきで考えるのではなく、都道府県と市町村では役割が違うので、あなたがどう仕事をしたいのか、公務員として何がしたいのかを考えるべきだと思いますし、社会に出れば考えや生き方、見える世界も違ってきます。

    自分の人生、仕事をまず第一に考えて、選択するべきことだと思います。

    ユーザーID:7411517093

  • どちらかといえば区役所

    元県庁勤務です。
    県庁で仕事と家庭を両立させている人はいくらでもいます。
    民間に比べて福利厚生が充実しているので。
    ネックはやはり転勤です。
    勤務地が県内全体と広く、転居を伴う転勤があります。
    それは女性も同じで、昇進すると確率が高くなります。
    それと比べて区役所は勤務地が狭い地域に限定されるので通勤がうんと楽です。
    仕事のやりがいは県庁の方が上だと思いますが。

    ユーザーID:5375888120

  • 参考までに

    一般事務職に合格されたことを前提にすると、

    給与・福利厚生は、県庁も区役所もほとんど変わりはないです。
    こぐまさんは民間に勤めている方と交際しており、結婚を希望しているとのこと。
    仕事を続けながら結婚、子育てが可能ですかという事ですが、
    県庁勤務は、少なくともその県の中で異動は必ずあります。
    居住地によりますが通勤が難しい場合が多いですね。

    県庁は激務との事でご心配ですが、人員削減されて区役所も相当忙しい部署が多いです。

    結婚し子育てをして、将来まで共稼ぎを希望するだけなら福利厚生(育児休暇等)が同じで異動地が近い、区役所がお勧めですね。

    ユーザーID:2972112687

  • 公務員って言ったっていろいろあるから

    本県では県庁が激務といっても、結局は公務員ですから本人次第です。仕事を効率よくこなせれば問題はありませんし優遇ありです。少子化ですから職員の産休育休に不満は言えません。言われるのは本人の心がけが悪いからです。

    市町村レベルは、普段から直接市民と接触するので県より大変かと思われます。県は、県税、保健所(随分と市へ移管されました)、などは県民との接触はありますが、県事務所などは随分と少なくなります。

    市民ランナーの学校事務の方がいますよね。あの人があの職場にいるのは休暇が本人次第で取れるからです。県立学校はいろんなところにあります。通勤に時間をとられないのはある程度子どもが成長するまでは必要です。

    別に県の職員と言ってもすべてが本庁にいる訳ではないので、独身のうちは本庁での業務内容を知り、年度末の育休復帰で自宅近くに転勤すればすむことです。

    市の職員だった父親に県の職員が合格したときに、「県は、市町村というクッションがあるからそっちになってよかった。」と言われました。

    激甚災害時に先頭指揮をとるのは区となります。家族がいるからと出勤しないわけにはいきません。よく、考えてください。

    ユーザーID:5918681567

  • 私は県職員です。

    ご存じのとおり、激務です。
    しかし、女性は、能力があれば必ず昇進できます。(ここが、市役所とは異なるかもしれませんね。)
    その代わり、家庭は優先できないでしょうね…。

    私は、一生独身のつもりで県職員になりましたが、結婚してしまいました。
    子供もいるので大変です。
    時短勤務を希望することはできますが、その時間に帰れません。
    何のための制度でしょうか…(呆)。

    しかし、周囲には能力のある職員がたくさんいるので、刺激にはなります。

    ユーザーID:5577955748

  • 区役所かな

    やっぱり転勤の範囲がネックですよね。
    続かなかったら意味ないですから。

    私は都内ではなく一市町村ですが仕事はは多いというか、増えたと思います。
    やはり県から「委譲」という名のほぼ丸投げの下請状態で仕事が来ますから、
    県の方がラクなんじゃ?と思ってしまうこともあります。
    ウォークマン様のおっしゃる仕事内容はとても参考になりますよ。
    災害派遣で被災地に配属されることだってあります。


    今の方と実際結婚するかも分からないのだし、
    優先順位を働き方、やりがいなど自分軸でお考えになった方がよろしいかと思います。
    育休もマルッと3年取れる空気の配属先ばかりではないですから、
    それでも6年くらい来ない人もいますが、元々戦力としてはカウントされていなかったレベルの人が多いです。

    ユーザーID:8974912434

  • やりたいことも視野に入れて

    県庁と区役所での仕事の違いも念頭に入れてください。
    区役所は県民対応の最前線です。県庁も県民対応はありますが、区役所に比べると比較的少ないです。
    人と接するのが好き。ストレス耐性もあるなら区役所の方が転勤範囲が狭くオススメかとは思います。

    県庁は本当に県内全域ですし、やる仕事も部局でガラッと変わります。本庁よりは地方機関の方がまだ楽な部署が多い印象ではあります。
    県庁で残業代が満額でないことは多々あります。だからと言って本当に区役所は満額でるのか?と聞かれるとそれも疑問がありますね。

    生涯給与やの違いは調べてください。
    ラスパイレス指数も参考になります。

    県庁でも共働き夫婦は普通にいますが、やはり通勤時間は長くなってしまう場合もあります。
    通勤時間1時間半までは通勤可能圏内らしいので。

    ユーザーID:4600009059

  • 県庁選ぶ人が現実的には多い

    県庁ではなく都庁と区役所情報ですが
    都庁の方が難関で給与が良いです。
    おっしゃるように激務ですが民間と比べたらそうでもありませんし
    将来性を考えても県庁かなと。

    埼玉県庁、神奈川県庁に勤めている、それも正職員、
    とてもステイタスがあると思います。

    都庁は既婚率が高いです。
    女性も多くが若くて結婚して育休とって復職しています。

    ユーザーID:6064342658

  • 二回目。単なる例示ですから。

    訴訟対策保険を紹介したのは、それだけのニーズがあるからです。
    公共事業には住民同意が必要ですから、事業着手前の計画や構想の段階で、住民説明会開催は必須です。
    テレビのニュースで、住民の賛否が拮抗する事業の計画説明会の有り様をご覧になったことはありませんか?
    担当者は、反対派から怒号を浴びせられる立場です。
    昨今の自治体は人件費削減のため職員数を減らしており、採用する側は新人であっても少数精鋭の即戦力として扱います。区役所職員なら、苛酷な現場に立たされることを念頭に入れて下さい。紹介した事例はホンの一部に過ぎません。

    ユーザーID:0668021513

  • 通勤時間や転勤の範囲

    女性が辞める理由の1番大きいのは、そこですよ
    選べるのは、一度だけ
    良く考えてね


    合格おめでとうございます

    ユーザーID:4924386419

  • 区役所職員です

    区役所職員女性です。
    親が県職員です。

    ウォークマン様に同意です。
    区役所の利点はただ転勤がないことだけ。
    でも実際には年単位の福島への派遣がまだ続いています。


    区民対応の最前線ということは、
    毎日毎日毎日毎日、理不尽に怒られまくるということです。
    精神を病む職員が非常に多く、その職員の補充も無く、
    残った若手が大量のクレームの最前線に立たされるということです。
    そして毎日22〜23時までの残業。

    上司?50代以上はほんの一部を除いて全く使い物になりません。
    産休?育休?妊娠して周囲に叩かれてストレスで流産した職員もいますよ?

    転勤がないことだけが最優先なら区役所をどうぞ。
    業務内容は、絶対に県職員がいいですよ。

    ユーザーID:6735132013

  • 区役所

    育児を考えれば転勤のある県庁はお勧めしません。
    各県のHPで出張所とか支庁の場所を確認し、通勤を考えた方がいいと思います。
    それと、業務範囲が広く云々ですが、希望のところに行けないことの方が多いので期待しない方がよいです。

    ユーザーID:6757408956

  • 結婚「できたらいいな」ですよね?

    正式に婚約しているわけではないですよね?
    そして、大学4年ということは、新卒ですよね。

    悪いことは言いませんので、長く勤められてキャリアを積める方に行くべきです。
    結婚や育児は、その時になってから考えればいいのです。
    どちらも公務員ですから、民間より精度が整っていて、働きやすいと思います。

    確実ではない結婚の可能性にとらわれるあまり、一度しかない新卒の選択肢を間違えないように気を付けてくださいね。

    ユーザーID:8342331395

  • 私なら県職員がお勧め

    市役所に勤務していますが、女性だからといって手加減されることはありません。

    システム関連の部署に配属されたとき、一日16時間勤務、夜中の3時ごろに帰宅することもしばしばありました。

    生活保護の担当になれば、人間不信になるかもしれません。

    福祉部門はどこも激務で、毎日22時終わりの休日勤務が普通のところもあります。

    残業代は、2時間越えなければ付けられない慣習があります(私の勤務しているところは)。

    窓口はクレームが有って当たり前の世界です。
    5時間連続で一人の人のクレームを延々聞き続けたことがあります。

    滞納整理に行って、脅されたこともあります。

    県職員も激務とは思いますが、直接市民の方に関わる訳でないので‥‥

    ユーザーID:2574369988

  • どっちに魅力感じますか?

    県庁や区役所どちらも長短あります。それを全て承知した上で自分でどちらが魅力感じるか、行きたいか判断して下さい。
    県庁であれば県全体なので、辺鄙な所に転勤はあります。区役所はその区だけなので、県ほど負担はないと思います。

    子育てが出来ないのではないです。誰かの協力を得れば出来ると思います。一般企業に勤めても同じ事です。自分一人で解決しようとすると無理がきます。夫や義母に頼れないなら、シッターやファミサポに協力をして貰うのが良いと思います。

    あくまで私見です。ご自分が良いと思われる道を選んでください。
    ここで意見を聞いてもその人の意見に過ぎません。

    ユーザーID:9870604607

  • トピ主です

    トピ主のこぐまです。
    たくさんのコメント、ありがとうございます。
    大変興味深く読ませていただきました。

    やはり県庁と区役所、どちらを選んでも仕事と家庭の両立は簡単なものではないと改めて感じました。
    交際相手との今後に関しても、ご指摘を受けたとおり、先のことはまだわかりません。
    考えた結果、当初から志望しており、やりたい仕事分野のある県庁に就職することにしました。

    最後は結局自分で決めるということになりましたが、皆様からのアドバイスおかげで自分の気持ちを整理することができました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6930066693

レス求!トピ一覧