中島みゆき

レス29
(トピ主3
お気に入り55

生活・身近な話題

まる子

投稿させていただきます。
中島みゆきファンの40代です。
正直なところ、若い頃はみゆきさんの歌にさほど興味を抱いていませんでした。
母は昔からの熱狂的なファンで一人で何回も夜会を観に行ったりしてました。
年を取るにつれて、人生表も裏もみたり、思ってもみないどん底にはまったりすると、みゆきさんの歌がこれでもかっと言うくらいグサグサ胸に刺さります。
みゆきさんの詞は一つ一つが物語なんだと思うんです。だから人生の節目、節目で重ね合う事が出来て、共感し涙するのだと思います。
40年近くも歌い続けて今もなお人を感動させることが出来る歌手はみゆきさんしかいないのでは?なんて思ったりもします。
今の私がはまっているのは
Maybe、泣かないでアマテラス、重き荷を負いて、風の笛、二艘の舟です
好きな曲は他にもたくさんありすぎるくらいあります。
皆さんが、人生の節目でグッときた中島みゆきさんの曲は何ですか?

ユーザーID:3541560532

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「本日、未熟者」

    >みゆきさんの詞は一つ一つが物語なんだと思うんです

    「本日、未熟者」

    タイトルを見ただけで、衝撃を受けました。

    >皆さんが、人生の節目でグッときた中島みゆきさんの曲は何ですか?

    「竹の歌」「二艘の舟」「本日、未熟者」「背広の下のロックンロール」「永遠の嘘をついてくれ」「ファイト」「命の別名」「麦の唄」・・・

    逆の意味で

    「パラダイスカフェ」

    など。

    モモイロクローバZさんに提供した

    「泣いてもいいんだよ」

    を、モモイロクローバZさんで初めて聴いた時に、歌い出しで、泣き出しそうになりました。

    ユーザーID:3815012192

  • ファイト!ですかね

    阪神大震災後のコンサートのアンコールで歌われた「ファイト!」はほんま泣けました!
    あと「この世にふたりだけ」失礼後に心に染み入りました。

    ユーザーID:5083002985

  • デビューからファンです

    みゆきさんより少し年下ですがずっと聴いて生きてきました。「昔から雨は降っている」「永久欠番」「雪」「肩にふる雨」も名曲だと思います。妊娠中も2回目か3回目の夜会へ行きました。生まれた息子も大ファンでコンサートに欠かさず行っています。強い心を持つ素晴らしい歌姫です。

    ユーザーID:5863543637

  • しいて1曲あげるなら

    「世情」に震え、
    「誕生」に涙し、
    「時代」に勇気をもらい、
    カラオケでは「あした」を唄う40代後半の男です。

    10代の頃から聴いていました。
    ライブにも何度か。
    CD「歌暦」は、元となるライブを生で聴きましたが
    生で聴いた「縁」は、今まで行ったほかのミュージシャンの
    ライブを含めても、いまだ、忘れられない1曲です。

    しかしその一方、彼女をどうしても「みゆきさん」とは言えず、
    「中島みゆき」と言ってしまう距離感の者です。すみません。

    さて。名曲だらけの中島みゆき。
    難しいのを承知で、しいて1曲あげるなら、ワタシは

    「月の赤ん坊」

    です。

    いわゆる「みゆき節」ではない分、かえって染み入ります。

    ユーザーID:7259497368

  • 40年近く聴いています。

    みゆきさんより5才下のアラカン女性です。
    高校時代、ポプコンでグランプリをとった「時代」に衝撃を受けて、大学に入ってからは、出るアルバムは次々と、全部聴いていました。

    一番多感な年頃に聴いたものだからか、
    私にとっての中島みゆきは、「私の声が聞こえますか」「みんな去ってしまった」「あ・り・が・と・う」の最初の3枚がベースです。

    初期の作品は、今とはまた趣が違い、さまざまなジャンルのバラエティ豊かな曲が多いです。
    「海よ」「踊り明かそう」「夜風の中から」「忘れられるものならば」「うそつきが好きよ」「勝手にしやがれ」「サーチライト」「時は流れて」そして「ホームにて」。「ホームにて」は、同い年の主人も好きです。
    この歌は、70年代に中島みゆきを聴いていた人には「時代」や「アザミ嬢のララバイ」同様、
    ものすごくスタンダードな1曲だと思います。

    今のようにカラオケなんかない時代、ユーミンやサザンやイーグルスとともに
    毎日のようにギター片手に歌ってましたね。
    みゆきさん、元気でずっと歌い続けてほしいです。

    ユーザーID:2261820743

  • ファイト

    人生の節目というわけではありませんが
    「ファイト」という歌を初めて聞いたとき
    その詩に、文字通り戦慄を覚えました。

    ユーザーID:4272798002

  • 補足

    >「本日、未熟者」
    >タイトルを見ただけで、衝撃を受けました。

    「未熟者」は、特定な人に対する定まった評価として使われがちですが、それに対して、「本日、」という非常に短い時間の形容をする事で、逆に「未熟者」の概念を壊してしまっている事に、タイトルを見た時に気づかされました。

    なぜ、衝撃を受けたかと言うと、「未熟者」という言葉は使わないにしろ、ついつい、他人をそのような目で見る事がある自分に気づかされたからです。

    恐る恐る曲を聴いてみて、「未熟者」と言われたくなくて、他人をそう見ている自分を見つけました。

    そして、他人を正しく見れるよう、気を付けなければと、反省させられました。

    あくまでも、私の理解ですが、そのような事を教えられた気がします。

    曲自体が楽しいから、素直に、そんな気になれます。

    ユーザーID:3815012192

  • 胸にジンと染みた

    糸。ですね。

    ユーザーID:2038692699

  • 「怜子」でした。

    「時代」や「ひとり芝居」の時は子供でしたので、
    ふ〜んっていう反応した。
    大学生になってこの歌に出会って本当に心をゆさぶられました。
    「元気ですか」の暗くぼそぼそとしたモノグノーム。
    レコードに針を落したのに、いつまでたっても曲が始まりません。
    え?え?何言ってんのと耳をそばだてると、
    なんとも居心地が悪い女性の悲しい恥ずかしい独り言。
    やめてくれー!って叫びだしたくなるころこの歌が始まります。

    他人の不幸を願うようにだけはなりたくないと願ってきたが・・・・

    打ちのめされました。

    みゆみさんの歌は全部好きです。
    何から何まで思い出があります。
    でもとにかく、この玲子だけは。
    本当にこの怜子だけは心のなかの居所を決着付けることができません。

    ユーザーID:7160070518

  • ありがとうございます

    トピ主です。
    皆様お返事ありがとうございます。
    それぞれの年代や立場などで思い入れの曲は違いますが、みゆきさんが凄いのは、全ての年代の人達がが昔の歌も今の歌も聴いても共感し、涙し、勇気をもらい、時には自分を奮い立たせるところですね。
    時代は変わっても変わらぬ人の心の普遍性といいましょうか…。
    歌手と言うよりは天才的な現代詩人だと思います。
    今日は今年のみゆきさんのコンサートの先行予約がネットと専用電話で始まります。
    ファンクラブでさえも一日分のチケットを取るのがやっとで、争奪戦になりそうですね!
    今日もDVDを見て癒されようと思います。

    ユーザーID:3541560532

  • 続きです

    「夜風の中から」と「こんばんわ」は男バージョンと女バージョンから書かれた歌ですが、
    私の子供時代に「夜風の中から」をCMで聞いたような記憶があります。
    お酒のCMだったでしょうか?
    私の思い違いかもしれませんが、知ってる方がいたら教えて下さい。

    ユーザーID:3541560532

  • 北海道の誇り!!

    中島みゆきと同じ年齢の北海道のオジサンです。
    まさに、北海道の誇りですかね!
    中島みゆきは、帯広市出身で、私も青春をその地で過ごしました。
    すぐに、東京で活動され、「時代」等を次々に出し不動の位置を
    築きましたね。
    凄いところは、その時代時代に合わせて曲を作り歌って行けるところ。
    若い頃は、「別れうた」「悪女」・・・意味シンで女性らしい歌でした。
    「地上の星」は、あの時代にピッタリの作品です。
    最近では、「麦」ですね。この2曲は、哲学的で「時代」の曲想と
    通じるものがありますね。
    感動でドキドキします。
    まだまだ、元気になる曲を作れる彼女は、「北海道の誇り」です。

    ユーザーID:2039763275

  • 車運転中は

    いつも、中島みゆきの曲です。
    どれもすきです。
    よし!と勇気をもらったり、泣けてきたり、しみじみしたり・・・

    今繰り返し聞いているのが、YAMANEKO。
    曲のテンポの良さと、
    ♪天からもらった贈りものが、この爪だけなんて〜この爪だけなんてぇ〜♪
    がお気に入りです。

    ユーザーID:6192900595

  • レスします。

    大ファンって程ではありませんがそこそこアルバム持ってます。
    気分が下がっている時に聞きたいです。

    「with」
    歌詞が素晴らしいです。

    最近のものだとTOKIOに提供してご自身でも歌っている「宙船」の歌詞は
    力強くやる気になりますね。


    因みに小室哲哉さんが大流行していた頃が青春時代だった世代です。

    ユーザーID:2155759787

  • 人生の応援歌『宙船』

     中島みゆきさんの曲が好きになったきっかけが、テレビドラマ『家なき子』のエンディングに流れた『空と君のあいだに』でした。
     しかし、それよりも胸にグッときたのが『宙船』でした。ラジオで、中島さんの『宙船』を聴いた時には、パンチがきいてて素晴らしかったのです。自分の人生を船に例えるなら、自分でオールを漕がなければ前に進まない。私にとっては人生の応援歌です。

    ユーザーID:8925371904

  • ファイト

    主様初めまして。

    私は就職してからまた学校に行き直したことがあります。
    大学は出して貰っていた為、勿論就職した時の貯蓄が資金源です。

    ですが・・・・
    あそこまで周囲の知人からパッシングを受けるとは思いませんでしたね。
    このどうしようもない碌でなし!〜に近い扱いで、友人関係を切られました。
    その周囲の沸々とした怒りたるや、思い出したくないです。


    他人と違う道を選ぶ。
    群れから自分の意思で離れる。
    孤独に耐える。

    殆ど孤立無援状態で、自分で自分の未来を・・・有るんだか無いんだか予想も出来ない『未来』を『あるんだ!!』〜とやせ我慢して信じるしか選択肢がなかった20代の頃に特によく聞いていました。

    この時の頑張っていた若い幼い自我の自分のお陰で今があります。

    40代の現在でも時々サビの所を口ずさみます。

    もう少し他人に頼れば楽だと思いますが、その辺は今も変わらず不器用なままです。

    ユーザーID:6588115799

  • 力強い歌声が好きです

    わかれうた、土用波、海猫、命の別名が好きです

    ユーザーID:4901867267

  • 昨年の紅白

    心が震える、という体験を久しぶりにしました。
    歌唱力、歌詞、みゆきさんの歌を愛する思い、エンターテイナーとしてのオーラが我が家の小さなテレビが50インチくらいになったようでした。

    言葉豊かな日本の国に生まれて良かったな〜と、しみじみ思いました。

    ユーザーID:6841919732

  • いろいろ

    カラオケで、時代を歌います。好きな曲は、ファイトです。
    四十路の私、よくラジオを聴いていました。都合がつけば、コンサートに行く予定。私は、ライブでなく、コンサートです。

    ユーザーID:0196522655

  • 「時代」と「ファイト!」それから「友情」

    小中学校の頃、いじめ・・・というか孤立していました。
    その頃みゆきさんの歌に出会いました。なけなしのプライドで親にも話せない思いを抱えた私を支えてくれたのが、わずかな親友たちとみゆきさんの歌でした。

    なので、人生の節目でグッときたというとどうしても古い歌になってしまいますね。
    ただ今の歌も大好きで、どれを選べといわれたら本当に沢山ありすぎて無理です。

    ユーザーID:4567707441

  • ファン歴40年・・

    私は中島みゆきファン歴40年です。アザミ嬢のララバイから好きで、その時はわからなかったんですが、加藤登紀子さんの「この空を飛べたら」グラシェラスサーナさんの「さよならの鐘」いい曲だなあと思ったら後からにみゆきさんの作曲だったことがわかって、さすがっと思いました。

    私の好きな曲は、あした、with、六花、ラバーズオンリー、まだまだありますが、曲はわかっているんですけど、タイトルが思い出せません。

    余談ですが、今年のみゆきさんのコンサートは東京と大阪だけですよね。遠方なので行けません。

    ユーザーID:2571194751

  • アルバム寒水魚の曲

    最初にすごいと思ったのは、悪女の入ってるこのアルバム。

    歌姫、時刻表、捨てるほどの愛でいいから、どれもこれも素晴らしいです。

    ユーザーID:9267069997

  • 慟哭

    みゆきさんの曲いろいろ好きですが、お題である「人生の節目でグッときた」曲としてならば「慟哭」ですね。

    ユーザーID:6867357222

  • 糸とホームにて。

    オールナイトニッポンを聴いて、はまりました。あと、もう、手元のレコードはないのですが、遠く遠く遠くと始まる初期のころの歌も、題名は忘れましたが、好きです。

    ユーザーID:6396645362

  • 「恩知らず」

    かなり直球の分かりやすい歌詞ですが、
    なんというか、「正確すぎる」。

    いつの間にそんなにボロボロになってたの
    まだ続けるつもり・・・?

    離婚した私のどストライク。

    ユーザーID:2717126433

  • ありがとうございます

    たくさんのお返事ありがとうございます。
    みゆきさんがこのトピを読むわけはないけれど、こんなにもたくさんの人の心のなかに、言葉を残してるってホントにすごいですね!!
    「ファイト」がお気に入りの方が多いように思えますが、私の中の「ファイト」のイメージは若い人の歌でありがちな「お前も頑張れよ」的な上から目線の押し付けがましい「ファイト」出なくて、自分が自分の心のなかで小さく呟く「ファイト」なんだと思います。だからみゆきさんが「ファイト」と歌うときは優しく可愛らしい「ファイト」なんだと思います。
    これはあくまでも私の持論なので人それぞれ感じ方はさまざまだと思います。
    「恩知らず」私も大好きです。
    女性側からの男性への別れ、恩知らずと思われることで全てを絶ちきる潔さ!!
    「悪女」に通じますね。
    私もそんなカッコ良い女性になりたいです。

    ユーザーID:3541560532

  • 海よ、歌姫などなど。

    初期の頃の歌にも、色々ありますね。あと、世情。金八先生に流れた時、涙こぼれました。これからも、応援し続けたいです。

    ユーザーID:6396645362

  • 詩に打たれる

    みゆきさんの詩に綺麗事はありません。

    でも、残酷でも美しい、ゾッとするけどホッとする、何かそういう表裏一体の真理が胸を打つのだと思います。

    そしてあの歌唱力。昔より低音も高音も出ているそうですね。作曲家、作詞家であられながら、それを届ける力もある。

    みゆきさんを観ると、フランスのルーヴルにある「民衆を導く自由の女神」を思い出します。力強く、人を心から奮い立たせることが出来る、そんな希有な方だと思います。


    私が良く聞いていたのは「ララバイSINGER」です。

    この曲を聞くと、心がスッと落ち着きます。


    キツネ狩りの歌には笑って、ゾッとしました。命のリレー、地上の星などエネルギッシュな名曲から、ヘッドライト・テールライト、糸のように優しく響く名曲……もう数えきれませんよね。

    ユーザーID:2649675400

  • 人生の羅針盤

    みゆきさんを聴き始めて30年以上、若かった私に「内省」ということを教えてくれた、偉大なアーティストです。岐路に在ってくれた曲は数えきれないけど、若い頃には「世情」「夜曲」「歌姫」など、大きな困難に当たったときには「Maybe」「ローリング」「EAST ASIA」など、最近は「麦の唄」ですね。この秋のコンサートはファンクラブ先行で確保できたので、それを楽しみに頑張ってます。ファンクラブ歴も28年にたなりました(笑)
    いつもいつも、みゆきさんに背中を押してもらってます。きっとこれからも!

    ユーザーID:2688004356

レス求!トピ一覧