腎不全猫の治療

レス34
(トピ主9
お気に入り71

心や体の悩み

夏子

我が家には推定11歳程のメス猫がいます。
腎不全で、2年ほどまえから治療をしています。

症状は悪化して、今では体重2キロほどで歩く姿もヨロヨロで、点滴後は重みで転んでしまうほどです。
水もご飯もほとんど自ら口にせず、口内炎も酷いです。

多分通院しなければ1週間ももたないのではないかとすら思います。

今回のご相談ですが、飼い猫で腎不全の子を看取った事がある方、最後まで通院されましたか?
どこかの時点で通院を辞め自然に任せたりしましたか?

といいますのも、昔糖尿病の子を看取った事があるのですが、ガリガリで寝たきりの状態になっても最後まで病院に連れていっていました。
今思い返すと、あんなボロボロになってまで無理な延命を続けていたことは逆に可哀想だったと思い返すたびに胸が痛みます。

どうしてあげるのが一番猫にとっていいのでしょうか。
ご意見、アドバイスなどいただきたいです。
宜しくお願いします。

ユーザーID:3261414358

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何が一番いいのか

    うちにも16歳の腎不全猫がいます。
    どうしてあげるのが猫にとって一番いいのか、本当に難しいですね。
    大事な猫との別れは、何をどうしても「ああすればよかった」と後悔が残ってしまうものです…。

    皮下補液や点滴は延命行為ではなく尿毒症の苦しさを楽にしてやれる方法なので、できたら続けてあげてほしいです。
    テレビで見た獣医師さんも、腎不全の点滴をかわいそうだからと中止してしまった飼い主さんに対して「同じ死ぬにしても体が楽だなと思って逝った方がいい」と言って点滴を続けていました。
    通院がストレスになるようでしたら、自宅でできるか病院で相談してみてもいいかもしれません。

    ユーザーID:8882692729

  • うちの子は

    15歳で慢性腎不全と言われ、通院を開始しました。
    とても点滴上手な子でした。
    最期はほとんど動くこともできなくなり、垂れ流し状態でした。
    でも3匹飼いで、この子のことをとても好きに思っている子がいましたので、
    一日でも長く生きて貰いたいと思い、最後の最後まで通院を続けました。
    19歳でお空に旅立ちました。
    4年の通院生活でした。

    ユーザーID:3680598417

  • 究極に難しいです

    最後まで通いました。
    病院というか外出が酷くストレスになるのを承知で、でも点滴をやめる決断ができないままでした。
    苦しめたと思いますが…いまだとひとつの妥協点を考えだせます。
    主さまの通っている病院は往診はしてませんか?
    たいていの病院がやっているのではと思いますが、処置の決まっている猫ならば場所が辺鄙でない限り家まで来て点滴してくれると思います。
    もちろん猫ちゃんは怖がるでしょうが、慣れた家でなら格段に負担は少ないと思いますがいかがですか。

    ユーザーID:4332156260

  • 家で看取ってあげて欲しい

    姉が飼い出した猫でしたが、姉は途中から養育放棄、最期もほったらかしでした。18歳と高齢でしたので、死んだことは当たり前ですが、最後は病院のいいなりになって、不味い処方食にしたこと、助かるかもと思って入院させて、誰がそばにいるわけでもなく、一人で旅立たせてしまったことを深く後悔しています。誰の猫なのかあやふやで、わたしも強く言えなかったのですが、絶対に家が良いのだと今は分かります。今は悪徳獣医師とも手を切り、わたしの犬たちと暮らしています、最期のときには、往診以外は頼まない覚悟です。

    ユーザーID:8046092874

  • 腎不全の猫、飼っていました

    5年前に16歳の猫を亡くしました

    私が結婚する前から実家で飼っていて、
    久しぶりに実家に帰ったらガリガリに痩せてて、慌てて翌日に病院に連れて行きました

    でも、その時には、『手遅れ』と言われてしまいました。

    でも、先生には2日に一度[皮下補液]を点滴するように指示されたので、自宅でやっていました。
    点滴の後は体が楽そうに見えました。伸びをしたりしていました。

    なので、皮下補液だけはやってあげた方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:3182452401

  • その状態で通院は可哀想ですね。

    腎不全末期の外猫を保護し、10ヶ月後の2011年4月に看取りました。

    最後は朝晩と1日2回の補液をしてました。
    仕事をしているので、通院は私にも猫にも(金銭的にも)負担が大きいので
    動物病院で点滴のやり方を教えてもらい早々に在宅点滴に切り替えました。

    腎不全の猫ちゃんでしたら、補液はなるべく最後まで続けて
    少しでも苦痛を取り除いてあげて見送って欲しいなと思います。

    治る病気なら通院や強制給餌も良いと思いますが、そうでないのであれば
    猫が猫らしく過ごせる環境の中で飼い主さんやご家族に見守られて
    暮らせる(旅立てる)のが良いと思います。

    命あるものには必ず終わりが来ます。
    その終わりが近づいているのであれば、延命治療や強制給餌は
    苦痛以外のなにものでもないと思ってます。

    旅立つ準備をしている命の邪魔をしてはいけないのではないだろうか、、
    と、今年ガンの猫を見送った際に感じました。

    あ〜でも、口内炎の痛み取ってあげたいですね。
    トピ主さんの心中お察しします。

    ユーザーID:8025432399

  • 追伸

    先のレス、ちょっと紛らわしかったかもなので、、。

    にゃんこさんと同じで
    皮下補液は延命が目的ではなく、少しでも体が楽になる様に続けて欲しいです。

    ユーザーID:8025432399

  • 愛猫を看取りました

    心中お察しいたします。

    我が家の愛猫は二週間前に虹の橋に逝ってしまいました。
    17歳でした。
    たった二ヵ月の通院でしたが。
    食べなくなったことで病院に連れて行き、検査で腎不全が見つかり、
    また高齢ということでそれなりの覚悟はしました。

    治療は皮下輸液のみです。
    週に1〜2回通院していましたが、自転車で連れて行くのも限界で、
    後半は自宅で点滴をすることを申し出ました。

    最期が辛くならないように・・
    覚悟の上、自分で点滴(皮下輸液)をしました。

    延命というより、猫が苦しまず逝くために
    自宅での皮下輸液にしました。

    自分でやれることの限界はやった・・
    最期は苦しまずあっという間でした。

    悲しいけれど、
    命あるものの寿命(天命)は決まっているのだと思います。

    主さんが後悔されないことに尽きると思います。

    ユーザーID:3533590075

  • 自宅で皮下輸液

    今年の2月に愛猫(2歳)が身罷りました。
    皮下輸液を始めてから身罷るまで約2週間
    3回ほど病院で4回目からは自宅で行いました。

    最後は、点滴にしろ輸液にしろ
    延命治療というより緩和治療かと思います。
    愛猫の様子を見て
    続けるか止めるか判断したらいかがですか?

    ユーザーID:1593313751

  • 6歳で発症、現在9歳

    我が家の猫は6歳で慢性腎不全すでに、片方の腎臓は萎縮して機能しておらずもう一方は肥大していつ破裂してもおかしくない状態でした。

    毎日、点滴に通いました。見る見る痩せていきました。

    どうせ死んでしまうのなら楽にしてやりたいと思い点滴をやめました。

    その時に、どうして点滴をしないとだめなのかを考えました。
    同じ水分なら経口摂取ではだめなのかと思ったのです。

    経口摂取水として水素水なるものに出会い、100均で注射器型のチューブを買い少しずつ口から水分を与えてみました。

    正直、大変でした。5ミリ程度ずつ24時間家族で交代で与えました。

    点滴は200ミリ〜250ミリだったので1日で40回以上に分けて与えました。

    うちの子には当たりだったようで、点滴なしで病気発症前より太ってしまって現在では肥満管理すらしています。

    ちなみに今は25ミリずつ与えているので楽になりました。

    一度、水素水について調べてみてください。たくさん載っていますよ。

    お大事にしてあげてくださいね。

    ユーザーID:2670566881

  • 経験者です

    我が家の猫も腎不全になりました。
    点滴は、病院に通うことがストレスになるようなので
    自宅で私が行っていました。

    腎不全用のキドナという食事を強制給餌してました。
    ご飯が食べられないことが
    より腎不全を悪化させます。
    キドナをメインにリーナルケアを飽きないために与えてました。

    結局、7月に亡くなりましたが
    もう1匹の腎不全の猫は、今では自分で御飯を食べるまでに
    なっています。
    その子の体力もあると思いますが、
    一度、強制給餌されてはどうかと思います。

    上手にシリンジであげるコツを獣医師さんに教わると
    案外嫌がりません。
    自分で食べるようになった猫は、とても上手に飲みます。
    完全に治ることはないですが、
    少しでもラクな状態にしてあげてください。
    あと、お水をあっちこっちにおいて、いつでも飲めるように。
    少しでも良くなりますように
    心から祈っています。

    ユーザーID:3331644524

  • 治療は止めました

    今年の5月に16歳になる直前の男の子を見送りました。とても元気だったのですが、突然食欲が落ちたんで病院に連れて行ったところ、末期の腎不全との診断でした。

    もっと早く気づいてやればとか、飼い主失格とかさんざん悔やみましたが、そんなことも言ってられず治療を始めました。

    主治医からは回復の見込みはないと告げられて、点滴等は勧められませんでした。だから投薬のみの治療でしたが、ある日、薬を飲ませようとすると今までに聞いいたこともないような声を上げて嫌がりました。嫌がる薬を毎日繰り替リ返し飲ますのは辛い思いをさせるだけだと感じて、結局投薬も止めました。

    その後は更に痩せて顔が腫れてきましたが、苦しむこともなくじっとしてました。最期の日もヨロヨロとどこかに行くんで後を追うとトイレでした。寝床の近くに置いた小さなトイレよりもお気に入りの衣装ケースのトイレを使いたかったようです。

    異変に気づいて病院に連れて行ってから一ヶ月足らずで旅立ちました。点滴や薬であと何日(何ヶ月)か
    生きられたかもしれませんが、苦しい思いをさせるよりは良かったのではないかと思うようにしてます。

    ユーザーID:6476887348

  • 自宅での補液も。

    2kgを切り始めると、背中のお肉もほとんどなくなり点滴が本猫にとっても大変苦しくなってくる時期です。口内炎なども併発されているというこなら、続けた方がよいかもしれませんが、体調も個体によって違いますよね。
    病院によっては、飼い主さんに実技レクチャーを行った後、輸液セットを継続的に処方してくれるところがありますので、飼い主さんが猫の健康状態に合わせて自宅で輸液補給を行うことができます。かわいい猫のためなら自分でやってあげるのが怖いなんていってられませんしね。それにより私と家の猫は検査以外は通院が減り精神的にも経済的にも救われました。また通針を極端に嫌がり痛みを感じる猫には私はQOLの低下を優先して輸液はもう行っていません。

    ユーザーID:6713175456

  • トピ主です

    まとめてのお礼になってしまいますが、たくさんのコメント本当に有難うございます。
    とても参考になります。


    ちなみに数年前に看取った猫は腎不全ではなく糖尿病でした。
    点滴は延命治療とは違うのですね。
    勉強不足でした。
    苦しみが和らぐのであれば続けてあげたいです。そして自宅で自ら点滴された方も多いのですね。一度聞いてみたいと思います。通っている病院は往診もあるようです。
    教えてくださった方々、有難うございます。


    ちょうどこのトピを書き込んだ時、シリンジ補給が上手くできてなかったせいかいつの間にか口内を傷つけてしまい、血混じりの唾液を垂らしている猫を見て看病している母と共に落ち込んでいました。


    食事は病院で点滴をしてもらう際に、食欲増進薬と口内炎の薬を入れてもらっています。
    食欲増進の薬は効くときと効かない時があります。
    基本、ブドウ糖を飲ませて補っています。


    数日前、水を飲もうとしては辞めることを繰り返していたので、食べたい飲みたいけれど口内炎が痛いのかもしれません。


    続きます。

    ユーザーID:3261414358

  • トピ主です2

    このまま落ちていく一方かと思っていましたが、昨日今日と少し持ちなおしてくれたみたいです。
    多くはないですがご飯もたまに自ら食べ、違いうろうろ歩き回っていました。
    この子はまだまだ生きようとしているようとしているんだなと思いました。

    皆さん最後まで治療を続けた方が多く、私もこの子が少しでも楽に生きれるよう、酷なことにだけはならないよう頑張ろうと思いました。

    そして治療中の貴重な情報も有難うございます。
    水素水やキドナ、調べてみます。
    他にも腎不全初期と腎臓数値がギリギリの子もいるので、役立てたいです。



    >秘書さん
    本当に、お辛いですね。
    状況は違いますが、過去に事故の子を看取れなかった経験があります。
    独り息を引き取った瞬間を想像をすると、何年たっても胸が締め付けられます。
    この子は絶対に看取ってあげたいです。
    秘書さんに大事に想われ続ける猫さんは、きっと不幸ではないですよ。

    ユーザーID:3261414358

  • レスを拝見して。

    先程、キドナをおすすめしたまるこです。

    シリンジ補給がうまくいかなかったとの事。
    シリンジの先に柔らかいチューブを付けてあげてください。
    病院で分けて頂けると思います。
    注射器の先につけたいとおっしゃれば、医療用チューブを
    分けてくださると思います。
    注入の方法は、口の端にそっとチューブを入れると嫌がりません。
    キドナもそうして与えています。
    キドナは高カロリーで、病院から勧められました。
    ネットで安いところを探してください。
    ブドウ糖では追いつかないと思います。

    私も糖尿の猫を看取りました。
    インスリンを朝と晩にうって、寛解したのですが
    結局癌で亡くなりました。
    多頭飼いなので、いつも誰かの治療をしています。
    口内炎は2週間持続する抗生物質の注射がよく効きました。
    辛いですよね。
    私は未だに思い出すと涙が出ます。
    体重管理をして、点滴の量を調整したりしていましたが、
    病院で処置の仕方を教えていただいて
    自宅でしたほうが経済的にも安価ですよ。
    猫ちゃんのストレスも減りますし。
    少しでも良くなりますように

    ユーザーID:3331644524

  • 辛いですよね

    腎不全ではないですが、肺腫瘍で去年に愛猫を亡くしました。
    今でも涙が出ます。どうしてやればよかったのかと。

    強制給餌を我流でやっていましたが思うようにカロリーを取れずどんどん痩せてゆきました。
    キドナなどとても参考になります。少ない量でカロリーを取る方法があったのですね。

    ネットからの抜粋ですが、

    「動物を脱水や飢餓状態にすると脳内麻薬であるβエンドルフィンやケトン体が増えます。
    これらには鎮痛、鎮静作用があります。自然な看取りで亡くなった方にも同じ事が起こっているはずです」

    最後は特に苦しまずに死ねるそうです。

    うちの子は最後、強制給餌をやめました。
    何も入って行かない気がしたのです。かえって強制給餌で苦しむ気がしました。

    今、うちには腎不全と肝臓の悪い2匹の愛猫がいます。
    腎不全の子は2日に1回100ml点滴(家で、私が)まだ初期なので今の所、調子は良いです。

    肝臓の子はつい最近食欲がガタ落ちになり体重がどんどん減り、慌てて強制給餌しました。おかげで持ち直し、体重も増え元の体重になりました。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:1522389966

  • トピ主です。

    引き続きコメント有難うございます。

    >まるこさん
    色々参考になります。キドナ検索しました。
    予想の数倍のお値段でしたが、腎不全用のご飯ということで注文してみました。
    届くのは来週ですが、期待したいです。
    猫ちゃん、調子は安定している気もするのですが、相変わらず口内炎が痛いみたいで…
    我が家も多頭飼いで、他にも尿管結石の子や恐らく事故による身体傷害持ちの子達がいます。
    お互い頑張りましょう。


    >もう一人のまるこさん
    脱水症状にはそんな効果もあるんですね。本当に駄目なときは自然に任せてあげたいと思いますが、なにもせず見守る強さを持てるかも少し自信がないですが、今は少しでもよい状態に持っていけるようにしたいです。
    まるこさんの猫さんも悪化しない事を願っています。

    ユーザーID:3261414358

  • 主さま、頑張って

    私も腎不全の猫を18歳で看取りました。
    寝たきりになってからも頑張って食べ、生きました。

    他の方も書かれていますが、自宅での点滴は
    通院の疲れとストレスがないのでオススメです。
    慣れれば簡単ですよ。

    キドナもかなり効果がありました。
    シリンジで難しい場合には、ペースト状の餌に混ぜると
    よく食べます。
    それと、デビフのカロリーエースプラス→猫用の流動食
    デビフは病気の猫用の病猫食を他にも数種類出しています。

    なるべく通院せず、ストレスをかけず、自宅で安らげるよう
    お辛いでしょうが、頑張ってください、猫ちゃんも、主さまも。

    ユーザーID:3574632888

  • ゼオライトは?

    ゼオライトは試しましたか?

    猫の腎臓病に効果があるそうです。

    ユーザーID:3918269054

  • 熊笹エキス

    すみません猫飼いでは無く犬飼いですが気になってしまい…

    うちのも一時期、腎臓の数値が悪化して慢性腎不全と診断された事があり
    幸いにも原因不明でしたが一過性ものだったらしく現在は数値も正常値に下がり
    経過観察中なのでキドナをご存知無ければ、もしかしてとと思いレスしてしまいました。

    腎臓用の治療薬では無いので劇的な効果が期待出来る訳ではありませんし人間用の
    商品ですが犬猫の腎不全の飼い主さんが割と使われているので一定の効能は期待できると思います。

    あと金銭的な問題がネックにはなりますがホモトキシコロジーと言う東洋と西洋医学の
    中間のような治療法もあり特に猫の腎不全の方が症例も多く効果も高いそうなので
    もし興味があれば検索してみて下さい。

    ユーザーID:1385007430

  • トピ主です

    仕事がたて込んでいたためなかなかお礼ができなくてすみません。
    暖かい励ましや情報有難うございます。

    ここ数日少し元気がなく、またあまりご飯を食べなくなってきました。体重も1キロ台になっています…。
    なのでキドナをシリンジであげていましたが、嫌がるのでなかなか量があげられなかったのですが、ようやくコツがわかってきました。腎不全用のものでさらにシリンジであげられるのは有りがたいですね。
    口内炎は薬が効いてか良くなったので、もう少し頑張って体重を戻してあげたいです。


    >デビフのカロリーエースプラス、ゼオライト、熊笹エキス、ホモトキシコロジー

    自分でも調べたつもりでしたが、病院でもらうもの以外にこんなに色々あるとは知りませんでした!ここに質問して良かったです。有難うございます!
    自分でもどういったものなのか調べたのち試してみたいです。
    流動食も、とろみがあるものだと自ら口にすることがあるので良さそうですね。

    昨日の夜は布にくるんで外を散歩してみましたが(田舎です)嬉しそうでした。
    食べないぶんキドナをたくさんあげることになるのでご褒美に散歩を日課にしようかと思います

    ユーザーID:3261414358

  • 腎不全のお薬

    「セミントラ」というお薬があります。
    慢性腎不全によいそうです。(ネットでは評判よい感じがします)
    水薬で、シリンジで飲ませるのですが、味がおいしいらしく、うちの猫は嫌がりませんでした。
    獣医さんがお使いにならないので、夏子さんのお宅の猫さんにはあわないお薬かもしれませんが、みなさんのお返事にはまだ出ていないようなので書いてしまいました。

    お外に連れて行ってあげた時の嬉しそうなご様子、鼻の奥がツンとしました。
    猫さん、闘病で大変ですが、夏子さんに大事にされて、幸せなコだと思います。
    看病にお仕事と夏子さんも大変と思いますが、よい方に向かうのをお祈りしています。

    ユーザーID:1788316424

  • 水素水、デビフ購入(トピ主)

    水素水H20を注文、デビフ流動食を最寄りのペットショップにて購入しました。
    昨日、少し自分からも缶詰を口にしましたが、昨日の夜に嘔吐してしまっていました…
    キドナと流動食をあげようか迷いましたが、吐いた直後は胃が疲れているかもしれませんので暫く様子見します。

    多頭飼いのため金銭的な問題もありまして、皆様に教えていただいたものを少しずつ試していこうと思います。
    最近冷えてきましたので、それも体調に影響があるのかもしれません。
    少し前は元気になったので、まだまだ諦めずに一緒に頑張りたいです。

    ユーザーID:3261414358

  • 辛いですね

    私も多頭飼いしているので、金銭的な問題も含め、
    よく分かります。

    猫さん、かわいそうに。
    うちの子の事を思い出してしまいます。
    キドナは、ちょっとずつ、本当にちょっとずつ、
    在宅されているなら、何回かに分けられると良いと思います。

    1回に0.3ccなんて時もありました。
    獣医師さんがそれでも良いとの事でしたので。

    無理せず、嫌がるなら様子をみて
    できるだけラクにしてあげてください。
    そばにいることが、一番嬉しいと思います。
    私の猫は、ずっと私を追いかけていました。
    もっとそばにいてあげられてたらと後悔ばかりです。

    少しでも辛さが和らぎますように、心から祈っています。

    ユーザーID:3331644524

  • その後。

    その後はいかがですか。思わぬ、温かいことばありがとうございました。
    水素水は効きます、わたしも愛用しています。

    先日、ワンちゃんを飼ってノイローゼになっている方がレスを停止したり、高齢犬を手術するトピを読んで絶句してしまましたが、、、、夏子さんのネコちゃんは幸せですね。いつも思うんです。飼い主は選べないと、わたしも今闘病中の犬を抱えておりまして、、、がんばろうと思いました。ありがとうございました。

    ユーザーID:8046092874

  • トピ主です

    その後ですが、体重がとうとう1.7キロまで落ち込んでしまいました…
    1.7に落ちてから数日経つのですが、それ以降は落ちておらず、先生いわく落ちるところまで落ちきったのだろうとのことでした。
    母は看病中にしょっちゅう泣いています。
    缶詰等は自ら口にすることはなくなってしまったので、今はキドナと水素水、ブドウ糖をシリンジで与えています。
    口が痛いのかもにゃもにゃもとしたり舌を痛そうに動かすので、なかなか量はあげられませんが…。
    出来ればキドナをしっかり食べさせたいのですが、水素水やブドウ糖に比べて口に刺激があるようです。

    少しの時間なら歩きまわることもあり、トイレも自分でしています。
    トイレの回数が減ってきたのが心配です。

    昨日は少し体調が良さそうだったので、猫ベッドごと抱えて深夜に散歩しました。普段いかない場所にを歩いたのでベッドの中から首を伸ばして興味津々に景色を見ていました。

    まだまだ希望は捨てていませんが、もう良くならないのかもとも不安が過ります。でも頑張りたいです。

    ユーザーID:3261414358

  • トピ主です


    >中身おっさんさん
    新しい情報有難うございます。こちらも初耳です。水薬はシリンジに混ぜたりと使いやすいので非常に有りがたいです。
    早速調べてみます。


    >まるこさん
    量をあげられていないことに焦りを感じていましたが、まるこさんのコメントに少しほっとしました。ちなみにキドナですが、まるこさんは1日でどれくらいあげられていましたか?体重的には1日一袋くらいが理想のようですが、全然です…

    >秘書さん
    秘書さんの犬さんは水素水効果てきめんだったのですね!水素水は実はまだ効果がわかりませんが、普通の水よりは確実に良いので期待して続けていきたいです。
    小町を読んでいると、胸が痛むトピが多いですよね…。題名だけで怖くて開けないものもあります。せめて自分達の子たちは最後まで幸せにしてあげなくては、と思います。
    秘書さんもお辛いとは思いますが、お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:3261414358

  • まるこです

    キドナが食べにくそうにしているとのこと。
    その場合、もっと水の量を多くしてあげたら良いと思います
    水素水で溶かしてみても良いかもしれません
    うちの猫もサラサラにして飲ませてました

    うちも推奨量の1日1袋も全然ダメでした。

    現在もキドナを与えている猫がいてるのですが、
    例えば、連続してあげると嫌がるので
    1〜3回ほどシリンジでちょっと与えて、ちょっと用事をして
    また1口与えてとか。
    嫌がる前にやめて、またちょっと与えるをしています。
    1口くらいなら、猫も「え?」という間に終わります。
    うちの場合は、心臓の薬をキドナに混ぜているので
    一瞬の間にしないと嫌がります。

    病院からシリンジを分けていただいていると思いますが、
    毎日使って、洗剤で洗うと
    プラスチックのシリンジは滑りが悪くなって
    直ぐに廃棄になると思います
    その場合、ゴムの黒い部分とシリンジの入口にちょっと
    ワセリンを塗ってあげると使用回数が増えます

    あげなくてはと焦るより、今日は沢山食べられそうやねと思うしかないと思います
    日々の体調に合せるしかないかなと。
    辛いですが

    ユーザーID:3331644524

  • 我が家の腎不全猫にはこうしました1

    我が家の4匹の猫のうち1匹が5月に腎不全と診断されました
    まだ5歳のトラ柄オス猫です

    3月ぐらいに少しやせたなぁと思ったんですが元々6kgあり、獣医師から少し
    体重落としたほうがいいと言われていたのであまり気に留めてなかったんです。
    でも4月後半に急に食べなくなりじっとしていることが多くなりました。
    目に生気がなく、これは重症だと思い連休明けをまって病院にいくと、
    BUN120、クレアチニン8.2で腎不全を起こしていると診断されました。 
    この時体重3.9kgでした

    この日から2週間ほど毎日皮下点滴に通いましたが臆病な猫なので通院のストレスが心配なことや対処療法しかないこと、月に何万円も治療費にはかけられない
    我が家の現状を考え何とか家で快適に過ごせるようにならないかネットで
    調べました。

    色々調べた結果、腸内環境を整えるのが一番重要という結論になり、まず
    市販の胃腸薬を一日3錠飲ませました。
    もうよれよれの状態でご飯をぜんぜん食べないので膝の上にお腹を上に向けて、
    (続きます)

    ユーザーID:0822833233

レス求!トピ一覧